チンコのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・セフレの作り方・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:チンコ

性欲激減・チンコの萎える女のセリフ

0242_201809151239111e0.jpg 0243_201809151239126d5.jpg 0244_20180915123913301.jpg 0245_201809151239154ac.jpg 0246_201809151239163f3.jpg 0247_201809151239187a1.jpg 0248_201809151239199d0.jpg 0249_20180915123921bb1.jpg 0250_2018091512392296c.jpg 0251_20180915123924509.jpg 0252_20180915123925929.jpg 0253_20180915123927570.jpg 0254_20180915123928722.jpg 0255_20180915123930cae.jpg 0256_20180915123931238.jpg 0257_20180915123933123.jpg 

バックのときにチンコを奥まで届かせるテクニック

0066_20180826124533711.jpg 0067_2018082612453521b.jpg
通常のバックの場合男はこんな感じで
ヒザ立ちの姿勢になるが僕が提唱するバックはこういうスタイルになりますわかりますか?
女の腰に手を回してケツを太ももの上に乗せるような形で抱きかかえ
このバックのいいところは通常のソレよりチンコがマンコの奥に届く点です
つまり子宮にチンコがバンバン当たりまくると
口内フィニッシュは騎乗位からだと楽チン楽チン
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

ウェブカメラ会話中に突然チンコを見せるチン凸イタズラの女の子の反応

201506112.jpg 201506113.jpg 

【読者様の投稿】ジャニーズコンサートの男子トイレに駆け込む女性に勃起チンコを見せつける変態

SnapCrab_NoName_2018-8-8_21-12-11_No-00.png
趣味はチン見せだ。ガチガチに勃起したチンコを見知らぬ女に見せて反応を楽しむ、至高の遊びである。この趣味を持つ人間にとっての主戦場はずばり、トイレだ。
たとえば昼間、公園のトイレ。入口の目隠しが少ないところを選び、立小便をしてるフリをして、近くで子供を遊ばせる人妻なんかに勃起させたチンコを見せつける。この方法でときどき、本当に稀だが、素晴らしい反応を得ることもある。オレの顔を見て、続けて視線をチンコにやり、ギョッとした表情を浮かべて小走りで去って行く姿といったらもう。
 が、大半はそしらぬ顔で、まるで『ワタシは何も見てませんよ』ってな具合に歩いていってしまう。というより、なかなかこういった条件が揃ったトイレも少ないし、タイミング良く通りかかるターゲットも少ないのが現状だ。トイレ清掃婦もターゲットにはなるが、多くはおばちゃんで、しかもオレみたいな輩に慣れているのか、ギンギンのチンコを見ても何食わぬ顔で掃除を続けがちだ。もっとぞくぞくするような反応を得られるイイ場所はないものか。それは、チン見せマニアにとって永遠の課題である。そんなある日、朝のニュース番組で「嵐」のコンサートのリポートが流れていた。テレビ画面に映る観客は9割以上が女性だ。まあ、ジャニーズのコンサートの客なんて女しかいないよな。この人たち、トイレに行くときはやっぱり並ぶんだろうなぁ。その一方で男子トイレなんてガラガラだろう。待てよ、ってことは…。うん、絶対そうだ! 男子トイレも女子が勝手に使ってるに違いない。
 これは使えそうだ。男子トイレなので、いくらガン立ちの息子を出してようが文句を言われる筋合いなんてないし、そもそも大好きなアイドルのコンサート中に揉め事を起こす女もいないだろう。さっそくこの妙案を実行にうつすべく、ジャニーズのライブスケジュールをかたっぱしから調べる。
「キスマイ」だの「セクシーゾーン」だのは、観客がガキんちょばかりだろうし除外だ。 やっぱりチン見せ相手は大人のしっとりした女性に限る。そう考えればあの5人組が妥当か。
個室のドア前でチンコを出してやれ!
コンサート当日。ダフ屋から2万円で買ったチケットを手に、会場のドーム内へ。周りは20代から40代の女ばかりだ。そしてライブ開始から30分ほどで、男子トイレへ向かった。ここで女が並んでなければ計画はパァなのだが… うわ、すげえ! めっちゃ並んでるじゃん!逆に男子のほうはガラガラだ。あとは待つのみである。小便器の前に立ってズボンを下げ、チンコに手をやる。スコスコスコ。これから起こるであろう光景を妄想するだけでフル勃起だ。
1分、2分と時間が過ぎていく。途中で男が入ってきたのでチンコを隠した。まだかな、女の子、早く入ってこないかな…。その男が出て行ってすぐ、女2人らしき会話がどんどん近づいてきて、ついにその姿が視界に入った。「あっ!」
二人とも20代後半だろうか。トイレのど真ん中で勃起チンコを露出した男を前に、一瞬の間が空いた。視線はオレのチンコにくぎづけだ。
「すいません、行こう!」
みるみるうちに二人の顔が赤くなり、目をぐるぐると回しながら駆け足で去っていった。イイ、イぞ
!!あっ、ヤバイ、出る!
……なんとリアルな反応だろうか。しかも謝ってたし。勝手に男子トイレに入ってきたんだから当然か。個室に入って精子の処理をしていたら足音が聞こえてきて、そのまま隣の個室に入っていった。男か女かはわからない。個室から出たオレは、そのまま小便器へ。チンコはすでに回復を見せている。あとは個室から出てくるのが女であることを祈るのみだ。チョロチョロと音のあと、ティッシュのガサゴソ音が。女であってくれ!それ、個室のドア前でチンコを出してやれ!
ガチャン。
ドアが開いて出てきたのはメガネをかけたOL風の女性だった。キツめの目元がオレのチンコをはっきり捉えている。
「あああ… すいません!!」
彼女は目を手で隠してそそくさと出ていった。手も洗わずに。眉間にシワが寄る瞬間がはっきり見えたし、チンコを二度見までしてくれた。ああ、最高のオカズだ!結局オレはライブ中のほとんどの時間をトイレで過ごした。女の子が男子トイレに入ってくるのはコンサート開始から1時間ほど経ったころがピークで、2,3分に1人が入ってきてチンコを見て逃げていった。全部で30人くらいには見せられただろうか。気にかかっていた通報はなく(誰も注意しに来なかった)、これだけの成果が得られたのだから上出来だ。
※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。

美人女医に合法的にチンコやアナルを見せつける

0244_20180529005059548.jpg 0245_201805290051003d5.jpg 0246_20180529005102af5.jpg 0247_201805290051032b6.jpg 0248_201805290051058ec.jpg 0249_20180529005106060.jpg 0250_201805290051088c7.jpg
美人女医。その言葉を聞いただけで股間が疼くのは私だけではないはずだ。エロい女の代名詞として君臨するナースよりもさらに格上の存在。エロス界の高嶺の花だ。頭脳明晰で美人とくれば、男なら誰だってあらぬ妄想をかき立てられてしまうだろう。ああ、そんな美人女医たちに、私のヤラしい部分を見せつけてやりたい! まずはアナルだ。 
恥ずかしいポーズでアナルのヒダを診断される惨めな自分を想像しただけで、チンポの先が濡れてきそうです。ネットで肛門科の女医さんを発見した。数ある医療ジャンルの中から肛門科を選ぶぐらいだから、よっぽどアナルに興味があるんだろう。しかもこのクリニック、スタッフ全員が女性らしい。素晴らしい。見せ放題ではないか。 平日の午後、病院に向かった。受付で若い看護婦さんから問診票を受け取り、症状の欄に「肛門が痒い」とだけ書いて手渡す。看護婦さんにもアナルが痒い男だと知られたかと思うと、尻の穴がムズムズしてくる。
「タネイチさん、こちらへどうぞ」 診察室のドアを開けると、女医さんが白衣姿で座っていた。
「どうされました?」
「肛門周りの痒みが取れないんです」
「それはいつぐらいからですか?」
「もう1ヶ月以上になりますね」
「排便の時の痛みはどうですか?」
「特にないです」 
問診はスムーズに進んでいく。こういう患者は珍しくないのかも。
「じゃ拝見しましょうね。そちらのベッドに移動してください。ズボンとパンツを膝まで下げた状態でお待ちください」 
いよいよ、アナルご開帳の時がやってきた。心臓が高鳴る。 カーテンで囲まれたスペースに移動すると、ベッドの横に若い看護婦さんが立っていた。パンツを降ろしてベッドに横たわる。まもなくして先生が登場した。ラッキーなことに若い看護婦も一緒だ。女医とナースの2人とは、なんて贅沢な露出プレイなんだ。「はい、じゃ診てみますねー」先生はベッド脇の丸椅子に座り、私の尻肉を左右に押し広げた。ああ、タネイチはいま、女医と看護婦に視姦されて…痛てててて!
「はい、チカラ抜いてくださいねー」 
視姦される喜びを噛み締める間もなく、アナルに先生の指がグイッと挿入された。スゲー痛いんですけど。
「あー左側に小さいのがあるね。イボ痔ですね」
「えっ?」
「はい、もうズボン履いて大丈夫ですよー。小さいイボ痔がありますね」
俺、イボ痔だったのか。くそ、そんなこと知りたくなかったよ。もっとじっくりアナルを眺めてほしかったのに。毎日、何十、何百ものアナルを見ている女医さんが相手では、感動が薄い。そこで次に選んだのが、脱毛やホクロ除去などをしてくれる美容クリニックだ。その手のクリニックは女性患者ばかりなので男のアナル耐性が低いはずだ。見せがいがある。都合のいいことに私の肛門周りには大量の毛がビッシリ生えており、小さなホクロもある。美容クリニックに行く理由としては十分だ。某ターミナル駅から徒歩5分のビルへ。エレベータが開くと、リゾートホテルのロビーのような雰囲気の受付に、美形のお姉さんが座っていた。 
すぐ脇の待合所ではモデル風の長身美女が帽子を目深に被って雑誌を読んでいる。こんな雰囲気の病院でアナルを開帳できるなんて!   モデル風情の横に座り、問診票に「臀部のホクロ、ムダ毛」と書き、いよいよ問診へ。診察室にいたのは、かなりの美人女医だ。歳は40代半ばぐらいか。
「お尻のホクロと脱毛ですね」
「はい。気になっちゃいまして」
「なるほど。ではちょっとそちらを向いて立っていただいて、見せてもらっていいですか?」四つん這いになりたかったのに!背中を向けてズボンと一緒にパンツを同時に降ろす。ああ、先生の表情が見たい。「このあたりですね。ホクロはどれですか?」
「ありませんか?」肛門を見せつけるように尻を付き出す。どうだい先生、おれの汚い尻の穴は?
ひょっとして、男のアナルなんて、まだ一度も見たことがないのかな。おそらく先生は、地元の進学校を卒業するまで、毎日勉強漬けの日々だったんだろう。苦労して入った医学部時代、研修医の彼氏と一緒に裸になって、診察ごっこぐらいはしたかもしれないけど、まじまじとアナルは見ていないだろう。でも、いまこうして、見も知らぬ男のアナルを診ているんだよ、貴女は。
「この程度なら気にする必要ないと思いますけどね。はい、結構ですよー」
先生は淡々とした口調のままだった。もっと声、震えると思ったのに。続いて精神科に向かうことに。チンコやアナルを見せつけるのではなく、性的な悩みを相談すると見せかけて、
ヒワイな言葉でセクハラするのだ。さらにどうせなら、先生の口からもヒワイな言葉を聞き出したい。診察当日、受付で渡された問診票の症状欄には「性嫌悪症」とだけ書いておく。
「タネイチさん、どうぞー」
診察室には、白衣の和風美人が座っていた。正直タイプだ。
「性嫌悪というのはたとえば?」  私は胸を張って答えた。
「実は、クリトリスが怖いんです」
「え?」
「学生時代の先輩にですね、クリトリスを舐めろと強要されたことがありまして、それ以来、恐怖感が…」
「え、ホント!んー…」
一瞬、驚きの表情でこちらを一瞥するも、すぐに手元のカルテに視線を戻す先生。さあ、ここからが勝負だ。先生にもクリトリスって言わせてやる!
「それ、付きあってた彼女?」
「いえ、仲のいい先輩という感じでしたけども」
「んー…、それは一度だけではなかったの?」
「まあ、2度、3度とありまして。それが原因で、誰のクリトリスも舐めれなくなったというか」
「ホントー、んー、付きあってたわけじゃないんだ。んー」 
かなり動揺してるようだ。でもクリトリスとはなかなか復唱してくれないな。
「いまだにクリトリスを目の前にすると、わーって思いまして」
「んーなるほど。わーって思う。それじゃもうセックスはできないですよねえ」
どうにか「セックス」の一言には辿りつけたが、クリへの道はまだ遠い。
「ただ、オナニーは普通にできるんですよ」
さらなる展開を求めて、オナニーの話に持ち込んでみる。クリよりは復唱しやすいだろう。
「女性が嫌というわけではないんですか?」「そうですね。女性そのものは好きなんですけど」
「んー、なるほどねー」 
オナニートラップにも引っかからない。なかなか手強いぞ、この先生。
「やっぱりクリトリスへの嫌悪感をなんとかしたいんですよ」
「そーですねー。うーん、女性器そのものっていうのがねー、単なるセックスレスではないなって感じですよね」この後も一進一退あったが、「女性器」止まりで終了した。無念。ラストはチンコだ。それも患者のブツを見慣れている性病科ではなく、再び美容系のクリニックを攻めよう。 
またしても都合のいいことに、俺のチンコには、竿の脇に小さなホクロがある。こいつを取り除きたいと相談してみよう。問診票には「お尻などのホクロ除去」とだけ書いて提出した。ペニスとまで
書くと断られかねない。まもなく名前を呼ばれ、診察室へ通された。
「はい、そちらにおかけください」
先生は斜めに構えて座っていた。低い声とキリっとした表情は、宝塚の男役にいてもおかしくない雰囲気で、なんとなくSMの女王様っぽくもある。汚らしいチンポを見ていただくには、これ以上ないお相手だ。
「いくつか取って欲しいホクロがあるということ?」
「はい。お尻とペニスに小さいホクロがありまして」
ペニスと口にした瞬間の彼女の表情に注目したがまゆ一つ動かず話にうなずいている。クールだ。
「うん。はい。じゃ、そこのベッドに俯せになってもらえますか。お尻出して」
まずは肛門まわりのホクロチェックだ。
「はい、えーと、お尻はこれのことですね」
「はい」「そんなに目立つものでもないけどね」
相変わらずのクールトーンで話しかける先生。まあいいさ。ケツはすでに何度も見せているので、軽く流してて結構。勝負どころは真打ちペニス様だ。「で、ペニスのホクロなんですが」と、言いつつベッドの上で回転して、チンコを引っ張り出した。
「この部分です、この脇のココです」先生の顔がチンコに近付いてきた。ああ、ついにこのときが。この情けないフニャチン、いかがですか?
「それ自体は生理的な現象で結構できたりするものですよ。そこまで珍しいものじゃないし、悪いものじゃないので、取らなくていいと思うけど」
珍しくないってことは見慣れてるんだ?なーんだ、ツマんない!

女のほうから男の乳首やチンコを触らせる方法

201312178.jpg 201312179.jpg 201312180.jpg 201312181.jpg
裏モノではこちらから攻めると嫌がる子には相手のほうからチンコを触らせるのが良いと書かれていますがいざやってみても変態あつかいされてしまいます
そうよね、別に乳首は汚くはないものね
あとは大げさに感じてやるざます
あ、それすごい気持ちいいかも
やだー
もうちょっとコリコリして
こう?
どれだけ堅い女でも男の乳首をいじることには興味を持つものざます
わかるかも。
ちょっとイタズラ心が芽生えちゃうのね
この階段を一歩のぼっておきさえすれば、次にチンコ触りに持っていきやすいざますよ
あんたたちの乳首は毛がボーボーだからイヤ!
カテゴリ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます