SnapCrab_NoName_2018-1-18_20-54-4_No-00.png
「フーゾクに抵抗があるから……」と、1カ月前まで手コキのみしかやっていなかったライト店のコが本番を許す驚異のテクニック!足指舐め本番法!フーゾク界に激震が走りますよ! これは!
 ……しかし、もしかしたら初回の1回がたまたまうまく行ったラッキーだったかもしれません。ここはもう何回か試してみたいところです。そこで次は「M性感系」のお店に行ってみることにしました。M性感といえば、基本はSな女のコにイニシアチブを取られて攻められるお店。本番が一番難しいジャンルの店かもしれません。だからこそ、M性感系で本番がデキたら……まさに最強の本番法! 試してみる価値はありますよ!さっそく「M性感」で検索。ここで気をつけなくてはならないのは、「男が女のコに触れない」という店を選んではダメということ。さすがにそこを制限されたら、足指を舐めることができませんからね。一応「フェラ、素股」があって、「攻守交代」が可能な店を探します。
 ̶探すこと1時間。ちょうどいい渋谷の「C」というお店が見つかりました。さっそく渋谷へGOです。渋谷駅から徒歩5分。案内所で細身でEカップというBちゃん
(24歳・松雪泰子似)を指名。入会金2000円、指名料1000円。70分18000円の総額21000円を支払います。ホテルに移動して待つ事5分。あっという間にBちゃんがやってまいりました。「こんちわ〜。この店、はじめて〜?」
やってきたBちゃん。たしかに松雪泰子に似てます。でも松雪よりも目がつり目で、性格がキツそうです。いや〜、なんか第一印象からして本番できなそうだな〜。軽く上から目線だし。部屋に入って来たBちゃんがコートを脱ぐと、タートルネックのピッタリとした白いセーターがボイーーンと膨らんでます。おぉ〜。そのオッパイいいじゃないの! ちょっと触らせて! !ピシャ!!
伸ばした手が叩かれる。え? なに?
「ダ〜〜メ! あせんないの!」
 うわ〜〜〜! イラっとした! フーゾクなのにオッパイさわれないとかなんなの? しかも今の「ダ〜〜メ!」って、超〜頭に来たんですけど! ムカーーッ!
 怒りを顔には出さず、シャワーへ。ウェストはくびれてるのにオッパイはドーーン。顔は、松雪泰子似の美人だけど、態度は最悪です。そういう態度を〝S〞と勘違いしてるタイプですよ。シャワーから出て、ベッドに移動。とりあえず攻められることに。チュッ、チュとフレンチなキスを2〜3度すると、すぐに乳首を舐めてきます。
「あのさ、ディープキスしたいんだけど……」
「ダ〜メ! ディーキス苦手なの」
 ……何だコイツ! ! おまえフーゾク嬢やめろ! 田舎帰れよバカやろうーー!(口から火)
 この女、マジで怒りのリミットギリギリですよ! こうなったら、ダメならダメでいいから、足指本番法をサッサと試しちゃいましょう。挑戦してみて「ダ〜メ!」って言われたら、もう「あ、ハイハイ」って諦めますよ、ボカァ。ティンコに唾液を垂らして、ひたすら手コキをしてるBちゃん。……っていうかコイツ、生フェラもしないつもりでしょうか。あぁ、もういいよ!
「えっと、ちょっと足の指、舐めさせてもらっていいかな」
「……え? 私、舐められたことないんだけど。そういうのが好きなんだ〜? いいよぉ〜」
 そう言ってニンマリと笑う。あームカつくなー。ニヤニヤ笑うBちゃんを仰向けにさせ、Aちゃん
と同じようにふくらはぎから、くるぶし。そして足の指をベロンベロンと舐めまくります。
「あ……なんか、すごい……くすぐったいけど、気持ち……」
 ほう。まずまずの反応です。足裏から指の一本一本まで丁寧に舐めつつ、もう片方の手でムァンコを確認すると、しっとりと濡れています。指を入れてかきまぜてあげると「あぁ……ヤバ…い」と声が漏れる。なんかさっきまでオッパイすらさわらせてくれなかったのに、足の指を舐めながらなら、手マンは楽々クリアです! ……これは、なんか可能性が見えてきたんじゃないの??
 続いて、両足を合わせて、足を◇の形にします。
ジュポンジュポンと、両親指を口にふくんでのベロンベロンがスタート!「ヤバい〜〜」とヒザをガクガクさせながらアエいでますよ。さぁ、前回同様、ムァンコはガラ空きです!
 ここで、町田。あることに気付きました。
 ゴムをしてなかったのです。「もう失敗してもいいや」と思って、コンドームを付けるプロセスをすっとばしてしまいました! 最大のミステイク!! さすがに生挿入は難しいよね??
 ̶でも、ここで流れを止めてゴムを付けるわけにはいきません。……仕方ない。このままイクしか
ない!ダラダラと流れ出るガ汁いっぱいのイキり勃ったティンコをBちゃんのムァンコに押し当てます。いっきま〜〜〜す! !ニュコニュコ、ベロベロ。ニュコニュコ、ベロベロベロ。ニュコ……。
「……ゴム、付けて…」
 えええええーーーーーー????? 今、なんて言ったの? 「ゴム、付けて」って言った?? マジで???
「……入れるなら、ゴム付けて」
 ちょっと潤んだ瞳で、コッチを見ないように視線を外して言うBちゃん。マジかよ??
「え…。いつも本番とか、してるの?」
「……してないし。でも、足舐めながら入れてね…」
 さっきまでの、ムカつく態度はどこへやら! しおらしい表情でボクをチラっと見ました。光りの速さでゴムを装着っ! 気持ちが変わらないうちに挿入、ゴーーーーチッ! ! !ジョッパンジュッパンと、思いっきり腰をブチ当てる! そして足指をベロベロベロ! さらにベロベロベロベロベロベロ!
「あ〜〜〜! スゴイ〜〜〜! ! !」
最後は思いっきり口を開けて、両足のすべての指を口にふくみながら膣奥に射精しましたとさ(ゴムだけど)。