201502082.jpg 201502083.jpg
出会い系サイトならもキレイと言えないよが、女がお世辞にってきたらこの方法がイイ。うな写真を送あらかじめラインなどで「俺、けっこうSって言われるんだよね〜」と伝えておく。この段階でじゃあイヤだってなことにはならないのでご安心を。
次第に『朝起きたらギンギンだった!』とか『オナるからエロ写真プリーズw』などと下の話に移っていき、じゃあメシでも、と誘う。ここまで1週間ぐらいか。ここからが重要だ。約束が決まった段
階で、声を聞いておきたいからとライン通話を持ちかける。繋がったらテレセだ。
「やべえ、声聞いたら興奮してきちゃった。●●のこと電話で犯しちゃっていい?」
拒否するヤツも当然いるが、イヤがらなければ徐々にSMチックなテレセに持っていく。実際によくやる会話を挙げよう。
「手錠かけてやるよ、ほら」
「えー、はい」
「ほら、口だけでしゃぶれよ」
「こう? あむあむ」
「もっと激しく頭を動かせよ」
「はい。あむあむあむ…」
「イイ子だ。じゃあ洗濯ばさみあるだろ?」
「…はい」
「乳首をはさめ。その状態でしゃぶれよ」
あくまで電話だからこそ言えるセリフだが、ここまで来ればOK。文字で打つよりは実際に会話するほうが効果的のように思う。いざ会うとき、ブサ子ちゃんは間違いなくこれを期待してやってくる。というかブサじゃなければこんな非常識な人間に会いにこない、とも言える。
できる人は思いつくかぎりの陵辱プレイをやれば奴隷のできあがりだが、オレみたいなノーマル人間だったら、とりあえず洗濯ばさみを持っていけばいいだろう。
写メ交換をせずにアポったとき、予想してた以上のブスがやってくることは多い。出会い系ってのはそういうものだ。そんなとき、いいから帰れと捨ててしまうのはもったいない。ブスにはブスなりの利用価値があるわけで。オレみたいな地方在住の人間はクルマで待ち合わせることが多い。そのまま助手席に乗せてドライブ開始。まったく気乗りしないだろうが、とりあえず適当に会話をしておく。目的はカーセックスだ。だが、俺は人ない山奥なんかにはいかない。あえ気て人目に触れる危険のある場所にクルマを停める。たとえばボーリング場の駐車場や、国道沿いに路駐したりだ。そこでガバっと襲いかかる。当然オンナは言う。「ちょっと、見られちゃうよぉ」と。だがそこで止めてはいけない。恥ずかしいかもしれないが、おっぱじめてしまうのだ。名づけて人前カーセックスである。なぜこんなことをするかといえば、コレをなんだかんだで受け入れるブスってのは、明らかにドMで従順なメスブタだからだ。これにて何でも言うことを聞く便利オンナの完成だ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ