デブのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:デブ

スーパーで胸チラ率が高いのは精肉売り場である

0098_20181202150451761.jpg 0099_20181202150452a55.jpg 0100_2018120215045383e.jpg 0101_20181202150455228.jpg
シャツの隙間を見たければキープレフト! 
本物の揉み心地!「おっぱいアイちゃん」と「ガチでリア乳」
フーゾク指名写真でデブ巨乳を引かない方法

エロ漫画・出会い系でデブやブスが来た時の対処法

201504228_2018072909474243c.jpg 201504229_20180729094743a6d.jpg 201504230_20180729094745db3.jpg 201504231_201807290947464fa.jpg 201504232_20180729094748f56.jpg 201504233_20180729094749c04.jpg 201504234_20180729094751726.jpg 201504235_20180729094752459.jpg 201504236_201807290947542e5.jpg 201504237_20180729094755d8a.jpg 201504238_20180729094757b93.jpg 201504239_201807290947587d1.jpg 201504240_20180729094800b31.jpg 201504241_201807290948011fd.jpg

その日のうちにヤレるかどうかはドライブに誘うだけで判明する

0077_20180630100050fcd.jpg 0078_201806301000512e3.jpg
都市部とは、出会い系アポのとき駅前で待ち合わせし、近くの居酒屋へ入るパターンが一般的な町のことだ。この流れ、ヤレずじまいで終わるパターンが避けられない。さんざん飲み食いして「そんなつもりじゃない」と断られればオゴり損もいいとこだ。悲しい結末にならないために、“即ヤリ”が可能かどうかは、会う前に把握しておきたい。手法はカンタンこう誘うだけだ。『車で迎えに行くね。ドライブでもしようよ』断言しよう。へぇ、車もってるんだぁと喜んでドライブアポを了承する
ような女は、難なく即ヤリできる。逆に「いきなり車は怖いから」などと拒否してくるようなら、居酒屋へ行こうがどこへ行こうがまずヤレない。
 もちろんアポ時はバカ正直にクルマで向かう必要はない。あくまで即ヤリの資質を問うやりとりなので、「道が混んでそうだから電車で来ちゃった」などとごまかせばいい。
地方部においては、いきなり男の車に乗る文化ができあがっているのでこの判別法は使えないが、都市部ならば百発百中だ。
プロフィールの「自称ぽちゃ」を回避したからといってデブを完全に避けられるとは限らない。「体型=普通」とのたまう女が渡辺直美スタイルなんてことは、ままある話だ。かといってさすがに体重を尋ねるわけにもいかないので、ここではジーンズクエスチョンを推奨したい。
まずは自分がジーンズ好きであるとアピールしたうえ、こう問いかける。
「○○ちゃんは、どこでジーンズ買ったりする?」
 答えは3パターンに分かれる。
①……ジーンズは履かない
②……パルコや109などブランドショップ
③……ユニクロなどの大衆店
ジーンズは下半身の体型を隠しづらいため、デブは敬遠する。①は大デブの疑いアリだ。②の場合は、ショップ名をネットで調べよう。女性ブランドは細いサイズのジーンズしかない店がけっこ
うある。109の店などはどこもそうだ。相手が挙げたショップがその類ならデブ回避だ。
 ③「ユニクロなどの大衆店」は、幅広いサイズでジーンズが揃えられているので、腹まわりを推測しにくい。 そこでこう聞く。
『ローライズとかブーツカットとか買ったりする?』
この手のオシャレ系ジーンズは、例えユニクロでも細いサイズしか置いていない。覚えておこう。

デブになったらポチャ専デリヘル嬢で金持ち愛人見つけ大ハッピーになった話

0096_20180523144757816.jpg 0097_20180523144759f9e.jpg 0098_201805231448002fe.jpg 0099_201805231448013f5.jpg 0100_20180523144803615.jpg 0101_2018052314480482c.jpg
都内の私大を卒業した私は、小さな専門商社に事務職として入社した。朝、目覚めると昨晩の夕飯の残りを食べ、メイクをして家を出る。会社では書類作成や経理に追われ、終われば家に帰ってテレビを見てから布団に入る。夕食はいつも自炊だ。手取り14万、家賃6万のアパート暮らしという身分では、外食なんかもったいなくて、とてもする気になれない。OLになれば、それまでのパッとしない人生が変わるんじゃないかと期待していたのに、フタを開けてみれば変化のない日々の連続だった。何かこう、感情がぐわっと高まるような楽しい出来事がまるでないというか。原因はわかっている。私には生まれてからこのかた、彼氏がいたことがないのだ。ただの一度も。理由はさっぱりわからなかった。自分では全然ブスだとは思わないし、料理だって得意。何よりスタイルは、昔から女友だちによく誉められるように、モデル並にイイのだ。なのに、高校時代も大学時代も、全然モテた記憶がない。ホント、意味がわからない。いったいアタシの何がそんなにダメなワケ?とにかく今のままでは、寂しい人生しか待っていない。だから、社会人になってしばらくしてから、私はダイエットを始めた。今よりももっとキレイになって男たちを見返してやる。毎日の食事を半分に減らし、好きなお酒も控えた。夜はサウナスーツを着て町中をジョギング。もともと痩せていたせいか、体重が一気に減るようなことはなかったが、それでも贅肉は少しずつ落ち、最終的に体重は42キロになった(身長158センチ)。タレントの久本雅美のような体型だ。ダイエットの成功でちょっと自信が生まれたある日、突然、好きな人ができた。相手はウチの会社に出入りする取引先の営業マンで、歳は私より4つ上。スラッと背の高い、オダギリジョー似のイケメンだ。これまでの営業マンの後任としてやってきた彼を見た瞬間、一目ぼれした。ほぼ1日おきに職場に顔を出す彼の姿をデスクからそっと眺める。それだけで胸がきゅんと高鳴った。帰宅しても、ふとしたときに思い出すのは彼の爽やかな笑顔だ。いまごろ何してるんだろう。付き合ってる人はいるのかな。できれば一度ゆっくり話してみたい。とはいえ、私の方から積極的にアプローチをかけるつもりはなかった。目が合えば軽く会釈するので精一杯。フラれてばかりの学生時代を経験したせいか、恋愛に臆病になっていたんだと思う。とりあえずは、彼を見てトキメクだけで幸せだった。一方的に相手を想っているだけなら、失恋の痛手を味わうこともないのだから。その日、会社主催の飲み会に参加した私は、どきまぎと落ち着かない時間を過ごしていた。半年に一度行われる、取引先への慰労会を兼ねたもので、そこに彼も同席していたのだ。あいにく互いの席が離れていたので、話しかけるチャンスはなかったけれど、どうせあったところで上手く会話できる自信はない。だからいつもそうしてるように、チラチラと彼の顔を盗み見ては、ひとり悦に浸る私だった。ふふ、やっぱカッコいいなぁ〜。トイレに立ったとき、廊下から聞き覚えのある声が聞こえた。
「まあ、木村さんはないかなぁ」
彼だ。同じ会社の男性と立ち話しているらしい。私の同僚OL木村ちゃんの名前が挙がったので、思わず足が止まった。彼の話し相手が言う。
「へえ、俺は木村さん、結構タイプだけどなぁ。じゃあ、大原さんはどうよ」
え、大原って私のことじゃん。再び彼の声が耳に届く。
「大原さん? ないない、絶対にないよ」
会話の内容からして、ウチの職場のOL連中の批評をしているのは間違いない。そうか、私は彼にとって「絶対にない」女なんだ。あの一件以来、職場で彼と顔を合わせるのが苦痛になった。居酒屋で彼が吐き捨てるように言った言葉が耳にこびりついて離れないのだ。今まで漠然としていた不安が、
はっきりとした形で脳裏をよぎった。もうこの先、恋人ができるとは考えられない。私はずっとひと
りぼっちで生きていくんだ…。そうやってふさぎ込む日が続くうち、やがて私の身体に異変が起こった。なぜか夜になると猛烈に食欲が湧くのだ。特にお腹は空いてないのに、でも食べずにはいられない妙な衝動とでもいうか。一度食べ物を口に入れると、胃がはち切れそうになるまで止まらない。不思議なことにそうやっている間だけは、悲しみや不安を忘れることが出来た。来る日も来る日も冷蔵庫の前にへばりついた。ソーセージ、チーズ、卵、ケーキ。特に揚げ物はスーパーで大量に買い込んで、どんどんチンしまくった。深夜になるとコンビニに走って食料を大量に買い込み、袋を抱えたままついついすぐそばのラーメン屋でタンメンを平らげて、部屋に戻ってからコンビニスナックをちびちび食べた。
 体重は急激に増えていった。1週間で2キロ、1カ月で7キロ。体重計に乗るたび私は悲鳴を上げた。けれど、どうしても過食をやめることはできない。やだぁ〜、どんどんデブっていくんですけど!デブやだぁ!そんな私の異変を、職場の人間が気づかないはずがない。ある日、仲のいい同僚OLがニヤニヤと近づいてきた。
「ねえねえ、あんた最近太ったでしょ?」
「うん、7キロ。超ヤバいんだけど」
「何かあったの? でもアンタ痩せすぎだったし、ちょうどいいんじゃない?」
「えー、マジで言ってんの?」
「うん、しかもなんかキレイになった気がする」
うそうそ、7キロも太ってキレイなわけないじゃん!歯止めのきかない体重増加に頭を悩ませていた矢先、信じられないことが起きた。仕事帰りに新宿をブラついていたところ、生まれて初めてナンパされたのだ。
「ねえ、飲みに行かない? 1杯だけおごらせてよ」
男はいかにもチャラい遊び人風で、日焼けした黒い顔を覗かせてくる。
「カワイイね。飲みに行こうよ」
どうしていいかわからず、私はうつむいたまま足早に男を振り切った。カワイイ? 冗談やめてよ。軽薄なナンパ男のこと、それが心にもないお世辞だというのはわかってるけど、気分は悪くなかった。だって今までそんなこと言って、私に近づいてくる男の人などいなかったんだから。意外にも、街で男の人に声をかけられる機会がちょこちょこと増えだした。
「一緒に遊ばない?」
「連絡先教えて」
「カラオケ行こうよ」
痩せてキレイだったころには見向きもされなかったのに、どういうことだろう。今なんて体全体がプニプニして、体は磯山さやかみたいなおデブさんなのに。ついつい外出の頻度が増えた。声をかけられることに慣れてくると、わざと自分からナンパ男っぽい人の前を通り、向こうから近づいてくるのを待ったりもした。相手がカッコ良かったら、一緒に居酒屋へ行くこともたまにあったけど、それ以上の展開を求められると拒否した。別に後生大事に守ってきたバージンではないとはいえ、その辺のナンパ男に軽々しく捧げるのがシャクだったからだ。
 でもついにその日はやって来た。新宿で声をかけてきた20代後半の男と、飲んだ流れでホテルに入ったのだ。顔は全然タイプじゃなかったけれど、やけに話し上手で、あれよあれよという間にそういう展開になってしまったのだ。ロストバージンの感想は……こんなもんか、というのが正直なところだ。聞いてたほど痛くもなかったし気持ちよくもなかった。でも、ようやく女として人並みの経験ができたことは素直にうれしい。以来、ときどき私はナンパ男に誘われるまま、一夜を共にするようになった。モテてるって状況がうれしくてならなかったのだ。体重が70キロに達して、いよいよ森三中の村上のようなダルマ体型になっても、私は食べ続けた。このころになると自分の旺盛な食欲がストレスによるものなのか、単なる惰性なのか、自分でもわからなくなっていたが、それよりも私にはどうにかしなきゃならない切実な問題があった。お金だ。毎日バカみたいに食べまくるせいで、14万のお給料でやりくりするのはもう限界だ。バイトするしかないか。悩んだ末、選んだのはデリヘル嬢だ。それもポチャ専の。キッカケはナンパだった。
渋谷で声をかけられたチャラ系とエッチした後、彼がベッドで寝っ転がりながら言うのだ。
「生活が苦しいんならデリでもやれば? イイ店知ってるから紹介してやろっか」
 以前、風俗スカウトマンをやっていたから、ポチャ専フーゾクの店長と知り合いなんだと彼。へえ、そんなのがあるんだ。でも私なんかがやれるのかしら。
「自信ないなぁ、アタシ」
「大丈夫だよ。オマエ、デブにしてはかなりカワイイもん。人気出るかもよ」
そうなのだ。実は最近、自分でもそうなんじゃないかと思い始めていたのだ。冷静になって痩せていたころの顔を思い浮かべると、頬はこけ、眼がくぼみ、まるで陰気なユーレイみたいだ。でも現在は、脂肪がついたおかげで顔がふっくらとし、眼もパッチリとなってそこそこの美人に見える。近いところで言うと、森三中の黒沢さんみたいな感じだろうか。こうして私はポチャ専フーゾク嬢となった。23才夏のことだ。はじめのうちはずいぶん緊張したし、ポチャ専フーゾクに来るお客さんってMっぽい人ばかりで取っ付きにくいなというのが感想だった。果たしてこんな仕事、やっていけるのか。でも1カ月もしないうちにドップリとはまっていくのが自分でもわかった。プレイ中は性欲も満たせるし、お客さんはみんなこんな私に夢中になってくれるのだから。
「いやあ、君、ホントにカワイイな。最高だよ」
同じような台詞はナンパ男たちにもしょっちゅう言われたけど、タダマン狙いの彼らと違って、お金を払ったお客さんの言葉には真実味がある。その歳まで女のコ的な部分をちゃんと誉められたことがなかっただけに私が浮かれまくってしまうのもしょうがない。自然、プレイも献身的となり、お客さんが何を望んでいるか、どうしたら喜んでもらえるのかを常に考えながら接客するようになった。ときには本来、オプション料金が発生する顔射などもお店に内緒でタダでやってあげることも。
 かわいいルックス(自分で言っちゃってゴメン!)と濃厚なプレイ。売れっ子の条件が整ったこと
で、指名数は面白いように増えていく。入店3カ月目で会社を辞めたのは、週2ペースの出勤でも、軽くOLの給料をオーバーするまで稼げるようになったからだ。フーゾクに専念するようになってから、私の月収は50万と60万の間を行き来するまでになった。それから現在に至るまで、売り上げ順位がナンバー3以下に落ちたことは一度もない。近ごろ、フーゾクから足を洗おうと考えている。たまたまなのだけれど、3人の金持ち常連客から正式に愛人契約を結んでほしいと言い寄られているのだ。毎月、3人からいただける予定の金額は合計60万。美味しいことこの上ない。このおよそ2年間を振り返るとつくづく思う。デブになって、本当によかった。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます