デリヘル嬢のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:デリヘル嬢

手コキ嬢・マッサージ嬢の胸をタダで揉む・巨乳バンギャをセフレにする

1_201912140845554b2.jpg2_20191214084556d15.jpg3_20191214084558ea8.jpg4_20191214084559d2b.jpg0138_2019121408460140a.jpg0139_201912140847173f1.jpg100円チャリーン法でキャバ嬢の谷間を堪能する
待ち合わせデリヘル嬢をホテルに着くまで揉みまくり
巨乳バンギャを味わうには“名残あり”のフレーズを使え
ある朝、自宅で歯を磨いていると、腰に急激な痛みが走った。ギックリ腰だ。うずくまる俺に力ミさんが駆け寄ってくる。
「大丈夫っそう言えばこの前、駅前でこんなチラシもらったから行ってみたら?」見れば、どうやら駅の近くに鍛灸院がオープンしたらしい。ま、ここは頼ってみるしかないな。
「じゃあ予約しておいて。会社終わったらタ方に行ってみるから」
なんとか勤務を終え、タ方、チラシの住所を訪ねてみると、そこはどこか見覚えのある家だった。誰の家だっけ。んーっと。
表の看板で誠灸師の名前をて、俺はようやく記憶をたり寄せた。白井慶子。小学のクラスメイトだ。
同じクラスだった慶子は、級友の誰もが認めるお嬢様だった。身長が高く勉強もできた上に、家が金持ちなので服装もどこか華やいでいた。6年生の早い段階から、東京の有名私立中学に進むと言っていたほどだ。近所の公立中学に進むのが当たり前の時代に、東京の、しかも有名私立だなんて、子供ながらにも、「あいつは住む世界が違う」と思ったものだ。もちろんモテていただろう。クラス男子のほとんどが、ほのかに惚れていたはずだ。卒業後は東京の中学へ行ってしまった彼女と顔を合わせる機会はなかった。近所に住んではいても学校が変わると疎遠になるものだ。ただ中学時代友達と一緒に、慶子の家に何度かイタズラ電話をかけたことはあった。本人らしき声が出れば、「パンティ何色っ」と尋ねる他愛のないものだ。こんなことをするぐらいなのだから、やっぱり好きな気持ちはあったのだろ1つ。あのころから25年あまり。俺は結婚して実家の近くに家を建て、子供も2人。当然、慶子も結婚してどこかに行ってておかしくないのに、なぜ今ころ実家で鋪灸師をっ認しみながら、俺は院のトビラを開けた。
「こんにちは。やっぱり佐々木君だったのね」
慶子は、俺の顔を見るなり言った。「ほら、予約のとき奥さんが佐々木裕也ってフルネームでおつしゃったから、ひょっとしてと思って」名前だけで気づいてくれたのか。うれしいものだ。もう40目前だといっのに、慶子は水野真紀のような顔立ちをしていた。6年生当時もかわいかったが、今も十分いい女だ。「いやー、なんかギックリ腰でさ」「うん、じゃあそこに寝て」尻までパンツを下ろして鍍を打ってもらいながら、2人で互いの近況を話し合った。慶子は私立中学から短大までトントンと進学し、結婚して子供もできたが、10年前に離婚して実家に戻ってきたそ1っだ。その後、勉強を重ねてようやくこの鍛灸院を3日前にオープンさせたばかりだという。「実は初めての患者さんなのよ」
「え、そうなの」確かにこんな小さな町では、誠灸院の世話になる者など数少ないだろう。俺もギックリ腰にならなければ一生縁がなかったはずだ。帰り際、慶子がケータイ番号を書いた紙切れを手渡してきた。「ここにいないこともあるから、予約のときはこっちに電話して」40前の女とはいえ、水野真紀似である。あの憧れのクラスメイトである。実家にイタズラ電話までしたあの慶子である。男として下心の沸かぬわけがない。鍍のおかげで翌日にはすっかり痛みなど吹っ飛んだ俺だが、その後も週に2度ほどメンテナンスを理由に慶子の元を訪ねるようになった。
「実はね、私、離婚してから相年ぐらい、男の人と何もないのよ」何度目かの通院時、腰をマッサージしながら慶子が大胆にも言った。「もう女として見られてないのかもねえ」「そんなことないよ、まだまだキレイだし」
「またまたー、そんなこと言って」謙遜しながらもうれしそうな慶子。こいつは押す価値ありー「なあ、今日こ飯でも食べに行くっ」「うん、行く行く」食事の後、彼女はあっけなくラブホについてきた。細身の体型は崩れておらず、小ぶりな胸にむしゃぶりつくと、甘い声を上げる。さあ、では脚を開いていよいよ挿入しましょか。
「痛っー」「あ、ごめん」
「10年ぶりだから、やっぱり痛いみたい」ほんとにそこまで久しぶりだったとは。慶子って昔かり真面目だったもんなあ。
★この日から慶子はセフレになった。生真面目な女ゆえ、同窓会や町でバッタリ再会してもこうはならなかったろう。病院の先生と患者といつ関係だからこそ、ここまで親密になれたに違いない。近所の同級生のみんな、ギックリ腰になって横取りするんじゃないぞ。

ソープ嬢・デリヘル嬢・メンヘラ嬢・風俗嬢をセフレにする方法

00101_20180119142139d8d.jpg00098_20180119142140cd4.jpg00102_201801241344108a2.jpg00103_2018012413441112e.jpg00104_201801241344132e9.jpg00105_20180124134409aad.jpg1、デリヘル嬢をセフレにする画期的な手法です。彼女たち風俗嬢がプライベートでセックスをさせてくれる相手は、よっぽどの男前か、お金持ちのどちらかだと思います。男前は無理だとしても、金持ちのフリなら僕にもできる。高級タワーホテルを使うんです。もちろん1泊何万もする高級ホテルなんて普通に予約できるわけありません。僕がいつも利用するのは「じゃらん」や「一休」などの宿泊予約サイトです。ここで『早割りプラン』やご飯などが一切出ない『晩御飯、朝食抜きプラン』などを探せば、通常価格の2〜3割の価格、1万円前後で高級タワーホテルの空室が予約できるんです。あとは部屋にワインやお菓子などを用意して、デリヘル嬢を呼ぶのみ。 デリを利用するほとんどの客は、自宅かラブホテルなので、高級ホテルに来ただけで女の子たちのテンションはかなり違います。「金に余裕のあるビジネスマン」だと勝手に思い込んでくれるので、彼女たちの方からお近づきになろうとしてくることもある。その場では普通のプレイをして、ごく自然に連絡先をたずねると、あっさり教えてくれます。後日、デートに誘いだしてからもお金に余裕のある男を演じていれば、「家に遊びにおいでよ」の誘いにもほいほい乗ってくる。僕の家はごく普通のマンションなので、見た瞬間にアレ?という顔をしてますが、いちいち突っ込まれたことは1度もありませんよ。
2、セフレ関係に持っていきやすい女の子と言えば、間違いなくドM風俗嬢だと思う。注意したいのはSM系専門店の子ではなく、ヘルスなどごく一般の風俗店の嬢を選ぶこと。専門店の子はシステム上、ドMと言ってるだけで、実際には普通の子だったりすることが多い。セフレに持っていきやすいのは正真正銘のドM嬢だ。一般店のHPの女の子のプロフ欄に「ドMです」などと紹介されてる子はリアルM嬢の可能性が高い。そういう子を見つけたら即予約だが、オプション選びがポイントになる。ほとんどの店で、電マやバイブ、ローターぐらいは常備されているので、必ずこのいずれかを追加する。もし、3種類ともあるなら電マオプション一択でもOKだ。 
女の子と部屋に入り、雰囲気や会話からMっ子であることが確認できたら、こちらはとにかくドSのスタンスを貫く。「実は俺、Sでさぁ」と最初に宣言すれば、女の子も覚悟を決めやすい。実際にドSかどうかは問題ではなく、精神的な上下関係が築ければいいわけだ。具体的なプレイだが、最も効果的なのが、女の子自身に電マを使って延々とオナニーさせる方法だ。
「見ててあげるから、これ使ってオナニーしてみな。俺がやめていいって言うまでやめちゃダメだよ」このオナニー鑑賞プレイ、5分や10分では意味がない。最低でも30分以上必要だ。電マの効果は女の子によって当たりハズレがあるが、当たったときの効果はハンパじゃない。5分おきに絶頂に達するような子に長時間電マオナニーさせると、目がうつろになり、意識も朦朧としてくる。
「今、どんな状況か自分の口で言ってみな」
「勝手にイクなよ。イクときはちゃんとイクって言え」
などと言葉攻めで追い込んでいき、女の子の口から「私は淫乱な女です」「言うこと聞くので許してください」と言わせれば、ゴールは近い。この時点で、嬢の中に「この人には逆らえない」という
意識が芽生えているので、「この後メシ食いに行くけど、オマエも来るか?」と連絡先を聞いて誘い出せばいい。相手が本当のドMだと、その後も同じ関係性が続いていくはずだ。
3、風俗で働いてる子には、とにかくメンヘラ(精神を病んだ子)が多い。毎日好きでもない男のチンコやアナルを舐めたりセックスしてれば、誰でも心を病むだろう。元々精神を病んでいるから普通の仕事ができずに風俗に身を沈めたという女も少なくない。慣れてくれば会った瞬間の雰囲気でわかるようになるが、リストカットの痕やタトゥがある子なんかもメンヘラ率は高い。
そんなメンヘラ風俗嬢は、一番セフレの関係になってくれやすい相手だと思う。一番大切なのは、女の子の信頼を得ることだが、なるべく簡単にセフレにしたいなら、「過去に自分もメンヘル嬢と付き合ったことがある男」を演じればいい。メンヘラ嬢は、客の前では仕事モードになっているので、自分がメンヘラだとわかるような発言はしてくれないし、「病んでるの?」とストレートに尋ねても素直に答えてくれない。なので、こちらから「前に付き合ってた女の子が鬱病だったんだよね」と相談気味に切り出しせば、メンヘラ嬢なら間違いなく食らいついてきて、そのうち「実は私も…」と打ち明けてくる。仮にリストカットなどの自傷癖や、統合失調症で幻覚、妄想などの重い症状を持った子だとしても、話を聞いてドン引きしたりせず、「なるほど、大変だね。そうなるよね」と、相手の苦
労を想像し、理解できる男を演じてあげれば、この人は本当の自分を理解してくれる男だと思ってくれる。鬱病、ボーダー(境界性人格障害)、パニック障害、統合失調症などのメジャーな精神病は、原因や症状をざっとおさらいしておくと演技に厚みが出るのでオススメだが、基本的にどの病気でも極度の寂しがり屋で愛に飢えているのは共通なので、連絡先が交換できたら、最低でも1日1回、優しい言葉をかけてあげることを心がければいい。
身体の相性などではなく、女の子の人格を評価してやり、その子が自分になくてはならない存在であることが伝われば、好きなときにセックスさせてくれる都合のいい女に仕上がるはずだ。
4、優れた容姿やテクニックを持った一握りの人間たちは、いとも簡単に風俗嬢とセフレになれるみたいですが、私のようなチビデブメガネのセックス難民は笑えてくるほど相手にされません。
そんな私でも、このワザを使ってからというもの、何人かのセフレができました。中には高級ヘルス店のナンバー1嬢まで。これらの奇跡は、秘技、アナル舐めのおかげなのです。やり方はこうです。ヘルスに行って女の子と対面したら、「俺、アナル舐めるのが好きなんだよね」と伝え、プレイが始まったら女の子からの攻めプレイは拒否し、四つん這いになってもらってアナルをひたすら舐めさせてもらいます。彼女らは客のアナルを舐めることはあっても、自分のアナルを舐められることはほとんどありません。仮に彼氏がいる嬢の場合でも、「アナルを舐めて欲しい」とはなかなか言いづらいですし、ましてお客さんにも言えるわけがありません。いきなり舐め始めると、最初は「え?え?」と戸惑う子もいますが、優しくしつこく舐め続ければ、その新鮮な気持ち良さにハマっていくのです。女の子を気持ちよくさせることが最も重要なので、こちらへのプレイは一切期待しません。ときにはアナル舐めでプレイ時間が終了することもありますが、こちらからは絶対に「フェラして」などとは言わないようにしています。プレイ後、「すごい気持ち良かった〜」と喜んでくれる女の子がいれば、その先に進める可能性は高いと思います。
「俺もすごく楽しかったよ。よかったら連絡先を教えてよ。今度ご飯でも行こう」
と正攻法でお願いすれば、後日、食事デートを経て、ホテルにしけ込むことができます。
もちろん、女の子たちの期待に答えるため、ホテルでのプレイもアナル舐めが中心になりますが、プライベート間では通常のセックスもさもらえます。
5、ライトなサービスでそこそこの時給が稼げる手コキ風俗の女の子
ピンサロやヘルスに比べると、手コキ風俗は確かに素人の比率は多いものの、最近は「オールヌードOK」オプションに対応できる女の子が増えてきた。お店のHPでリストを確認し、脱がないしチンコも舐めない、スレてない子をチョイスすべし。そして、いざホテルで対面したら、普通の爽やかな挨拶のできる、行儀のいい大人を演じればいい。手コキ風俗なんて裏モノ読者の皆さんなら誰でも知っていると思うが、女の子に聞いた話では、実際お店に遊びにくる客たちは、チン見せ(露出癖)、M男、女装プレイマニアなどの変態か、隙あらばセックスに持ち込もうとするヤリ目男ばかりらしい。なので、ごく普通に挨拶をして、普通の話題を口にする男が目の前に現れると「なんだか普通の人が来てくれて感動しましたよ〜」なんてセリフが飛び出すのだ。
普通の話題と言われても思い付かんという方は、最近話題になったオシャレ系の映画、雰囲気のいいカフェやレストラン、ペットの話題の3つが鉄板。予習しておくといいと思う。言い忘れたが、基本的に手コキプレイはしない。無理に断る必要はないが、会話が盛り上がれば女の子もプレイのことを忘れてしまうものなので、いかに楽しい時間を作るかを意識するべし。間違っても残り時間が少なくなってきたタイミングで、「あと10分だし、とりあえず抜いてくんない?」などと言ってはいけない。そう、抜かずに帰るのだ。そして後日、再指名を。前回楽しかったからまた来たというスタンスで接し、この日も抜かない。そして連絡先の交換へ。このパターンで外で会えたら、互いに風俗嬢と客の意識は微塵もなく、ごく普通の男女がデートする気分で会える。1度は2人きりでホテルに入ったことがあるだけに、心理的なハードルが低いのも助かる。
6、色々な種類の風俗の中でも、ソープ嬢はプライドの高い子が多く、口説き落とすのが難しいと言われている。が、格安ソープ店の女の子は別だ。プロ意識もルックスのレベルも低いからか、これでもかと見た目を褒めてあげると喜んでくれ、意外と簡単に店外デートに持ち込めるのだ。格安店と言ってもナンバー1嬢は可愛いので、お店で中くらい程度の見た目の子がちょうどいい。
「どうも初めまして。あら?可愛いね!なんでこんなところで働いてんの?」
「マジかー。こんなとこよりキャバで働いた方がいいんじゃないの?
絶対そっちのが稼げるよ〜」のっけから、あまりに可愛くて驚いてしまった風を装って褒め倒し、プレイ中も可愛い可愛いと連呼する。チョイブスだけに褒められ慣れてないのか、「そんなに私がタイプなんですね〜」と、満更でもない感じになるはずだ。もう1つ、彼女達の反応をガラリと変える重要なワザが、『前の彼女がソープで働いていた』という設定だ。
「実は前の彼女もソープで働いてたからわかるんだけど、この仕事してると、異性とちゃんと付き合えなくなるでしょ?」
「えー、そうだったんですか。確かにそうかも」
ヘルスなどと比べて、ソープ嬢は自分が特殊な仕事をしているという意識が強いので、同じ属性の女を知ってる男は、身近な存在に映るのだ。お店でのセックスは丁寧に、かつ相手を気持ちよくさせて、ネチネチしない。 プレイを終えたら、「ここで働いてなかったら付き合いたいくらいだよ」と、攻めまくれば、「私、じつはバツイチなんだよね」とか「子供いるんだよね」など、素性を話してくれるようになる。ここまで来れば連絡先の交換に進める可能性は高い。ラインやメールのやり取りで、本気で付き合いたいという気持ちを見せれば、店外デートにもすんなり進めるだろう。

手抜きの風俗嬢やワリキリ嬢のサービスが良くなる魔法の言葉|援助交際体験談

0062_20180905113533b26.jpg 0063_201809051135343da.jpg0060_201809051135309c0.jpg 0061_20180905113531677.jpg
たった千円でもプレイは段違いに良くなるものだ
自分はどちらかと言えば無口な性格なので、ヘルスに行っても女の子に気に入られたり、うまく交渉して本番に持ち込んだりなんて体験をしたことがなかった。紳士な振る舞いで通ってたら付き合えると思っていた。が逆に、和柄の服やスタジャンを着て、髪の毛を短髪にし、メタルフレームの色メガネを掛ける、いわゆる「オラオラ風」に変えただけで、以前とは比べものにならないほど女の子たちの反応が上がったのだ。眉間に皺をよせて風俗嬢と対面すると、彼女たちはまるで腫れ物に触れるかのような感じで身構えるので、こちらはただ普通に笑顔で接してあげるだけ。これで評価がかなり上がる。
オラオラ系だけど実は優しい、そんなエグザイルみたいな男を好きなフーゾク嬢は多く、気押されそうな派手目な子でも「優しくて安心しました~」などと擦り寄ってくれる。派手なケンカの話などする必要もないので試してみて欲しい。
マグロのワリキリ嬢がヤル気になる魔法の言葉
短期出張と偽って翌日の指名を期待させるデリヘル嬢ってのは現金なもんで、一見客、つまり今後の指名の見込みがない客に対しては実におざなりなプレイに終始してくるもの。私はその心理を逆利用し、出張ビジネスマンを装っている。まずデリヘル嬢がやってきてカネの受け渡しやらなんやらが終わったところでこう切り出す。
「大阪から出張で来ててさぁ。あと3日もこっちに泊まらなきゃいけないんだよね」
「そうなんですかぁ」
「うん。でもキミ素敵だなぁ。明日かあさって、もしくは両方とも出勤してる?良かったら毎日呼びたいんだけど」
連泊なので翌日以降もデリヘルを使うつもりだと伝えるわけだ。これによって嬢は考える。コイツを喜ばせれば明日あさっての指名がゲットできる。よっしゃ、気合入れてプレイしてやろうか。普段は適当にやってるであろうフェラやら素股も頑張ってくれるし、女の子によってはコチラから言わずとも本番させてくれることだってある。単純に「明日もお願いしようかな」と言うよりも、出張族であると言ったほうが、嬢はこちらの指名を期待してくれるものだ。
風俗嬢はお姫様扱いされると弱いので可愛いなど外見を褒めるのは簡単にできますしダイレクトに喜びますのでやってみよう。褒めるだけで嬢は自信がつき、もっと気持ちよくしてあげたいという気持ちが働きサービスが良くなります。差し入れとかより恋人みたいに優しくしてあげることが一番効果的だ。疲れてる?無理しなくていいよなどと気遣ってあげるとサービスが良くなる。逆にプライベートな質問は論外。どうして援助交際や風俗を始めたの?という質問ももちろんNGだ。

【エッチ漫画】パイパン巨大クリトリスのデリヘル嬢

0242_201908311511106d6.jpg0243_20190831151112f9b.jpg0244_20190831151113b0d.jpg0245_20190831151115b5e.jpg0246_20190831151116ccf.jpg0247_20190831151118571.jpg0248_20190831151119755.jpg0249_201908311511213b7.jpg0250_20190831151122904.jpg0251_201908311511248ce.jpg0252_201908311511253ad.jpg0253_20190831151127151.jpg0254_20190831151128d04.jpg0255_20190831151130f3b.jpg0256_20190831151131e6f.jpg0257_2019083115113354f.jpg

ブロンドの白人女性のヨーロッパデリヘル嬢どんな娘がやってくる?

1_201911262109338b1.jpg2_20191126210934950_20200118110014d68.jpg3_20191126210936058_20200118110015456.jpg4_20191126210937a35.jpg5_2019112621093904c.jpg
時代が移りゆこうと、変わらないものがある。
白人女性への憧れもそのひとつ。ブロンドの髪、透き通るような白い肌、そして豊満なオッパイ。完壁な女体を追求しようと思えば、必ずや行き着くのが白人女性というジャンルではないだろうか。
金髪グラマー都内出張=1行広告欄で見つけたこのホテトル
そんな日本男児の憧れを見事に反映した一例といえよう。しかもアメリ力ではなくヨーロッパ。陽気で派手なエッチより希少価値や知性を求めるアナタへ…とでも言いたいのかもしれない。が、どこか感じる独特の怪しさは何だろう。電話をかけると「60分で3万円。今ですと、ベルギーのコになりますが」との答。英語は通じるか聞いてみると、「いえ、やっばりベルギー語になりますね」という。ベルギーの公用語はフランス語である。ベルギー語などといつものはこの世に存在しない。ま、百聞は一見にしかずと歌舞伎町のホテルにチェックイン。再び電話してみると、やって来たのは一瞬アジア系かと見間違うほどブロンドが不釣合のギャルだった(下の写真)。「ベルギー?」と突っ込んでみたものの、キョトンとしながら暖昧な笑顔を浮かべるだけ。チェンジした後の2人目(左)に至っては「スペインジンョ」と言い出す始末。この2人、どう見ても最近急増しているコロンビア人娼婦にしか見えないのだが、いかがなものだろう。

【エロ漫画】ホストを狙った痴女プレイ超ドエロデリヘル嬢集団

1_20191119101341775.jpg2_20191119101342d25.jpg3_20191119101344ebb.jpg4_201911191013450b3.jpg5_2019111910134720f.jpg6_20191119101348640.jpg7_20191119101350207.jpg8_201911191013517f6.jpg9_20191119101353ef6.jpg10_2019111910135402f.jpg11_20191119101356c06.jpg12_201911191013575f8.jpg13_20191119101359d63.jpg14_201911191014006ed.jpg15_20191119101402205.jpg16_20191119101403c81.jpg

スーパーコンパニオンとデリヘル嬢どちらを呼んだ方が宴会は盛り上がるのか|大人の夜遊び体験ルポ

0020_20181215135008d80_201910171642412ed.jpg0021_20181215135009e27_20191017164241bd9.jpg0022_20181215135010daa_20191017164243487.jpg0023_201812151350129cb_201910171642442c3.jpg0024_2018121513501390e_20191017164245888.jpg0025_2018121513501575b_20191017164249040.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
温泉ライター松本さとし、温泉に浸からず。これもまた時代の流れか。よもや、コンパニオン遊びの行き着く先が我が家にあったとは、想像もしなかった。鍋をつつきながらの談笑が続くばかりで、エンジンはなかなか暖まらない。これなら友達同士で集まったようなものだ。2時間3万円という高額ならば、スタート時から全裸になってもいいぐらいなのに。リーダー格のサチが恩着せがましく言う。「キャミになってあげるね」キャミまでなら、基本2時間でせいぜい下着までか。こいつら、かなりの延長を画策していると見た。不勉強な方のために解説しておくと、『延長』とは、彼女らコンパニオンが稼ぎを増やすための常套手段である。多くの業者は、基本タイムは定額給、延長料金はそっくりそのままコンパニオンの実入りになるシステムを採っており、彼女らにしてみれば、とにかく延長させなければ話にならない。そのため、基本タイムの後半ギリギリまでお色気路線は控えめにするのが手なのである。7時半。約束どおり、2人はキャミ姿になった。とはいえ別にどうってことはない。どうってことのないまま、さらに1時間が過ぎる。用意したビールを飲まれ、ウーロン茶を飲まれ、肉を食われ、しめじゃ白菜を食われ、なのに一向に興奮させてくれないとは。まるで私たちがもてなす側にいるようだ。8時半、基本時間の終了前になって、ようやくサチが腰を上げた。
「野球拳しましょっか。それじゃあ最初はさとしさんとマユミちゃん。はい、みんな立ってくださ〜い」お仕着せの印象はぬぐえないものの、ようやく脱がせるチャンスが来た。さっさと裸にして、やれることはやつちまおう。
「じゃあ行きま〜す。ちやんちやちやんちゃ、や-きゅう〜す〜るなら」
隣室から苦情が来そうなほどだ。

風俗カメラマンが伝授・写メ詐欺を見破るコツとプライベートを知る方法

201508103.jpg 201508104.jpg201508101.jpg 201508102.jpg
風俗カメラマン歴15年の私が、パネル写真の定番ポーズによってデブ嬢を見破るコツを教えましょう。
1 お腹を隠す
ソファや椅子、シャツ、はたまた嬢自身の手を使ってお腹を見せないようにしている写真です。これは後でお腹部分を修正しなくてもいいように考案された、カメラマン発祥のデブ隠しポーズです。
2 ぬいぐるみを抱いている
先ほどのお腹隠しの延長ですが、可愛らしさを演出しつつ、自然な形でお腹を隠したいときに使われます。可愛らしいぬいぐるみの裏には脂肪の塊があるので要注意です。
3 高角度から
高い位置から見下ろすようなアングルで撮影した写真です。あえて女の子の顔と胸を大きく撮ることで、体を細く見せるテクニックです。
4 上着を羽織る
下着の上にカーディガンやシャツなどを羽織ってる子がたまにいます。あれ、寒いから着てるわけではなく、デブの肩肉、腕肉を隠すためです。
5 寝転んでいる
寝転ぶと胸が大きく見える
メリットはありますが騙されてはいけません。体が商品の風俗嬢がうつぶせになって身体を隠すのはデブだからです。
デリヘル嬢とのプレイをこっそり撮影し、後のズリネタに使いたい、と考える人は多いと思うが、実際に案外難しいもの。オレが考案したこの作戦を使えば、比較的安全にできるはずだ。
ポイントはいかにカメラが女の子にバレないようにするかだが、ここが悩みどころ。どんなに小さなカメラだろうが偽装カメラだろうが、どこに隠したとしても、女の子にバレそうな気がして落ち着かない。そこで名案が。嬢が裸になったところで、携帯カメラを向けながら「スゲースタイルいいね。写真撮らせてよ」と携帯のカメラを向けるのだ。ほぼ100%、ダメと言われるので、「わかったよ」と素直に応じ、テーブルの上に携帯電話を置いてしまう。これで嬢の意識は「撮影はもうない」となり、隠し撮りカメラには意識が向かなくなるのだ。
浮気相手といちゃついてたら白いシャツに口紅の跡が。げ、ヨメに見つかったら殺されるよ!
口紅のシミは油性なので水や洗剤じゃまず落ちない。いったいどうすれば!タバコ屋やドンキに走ってライター用オイル「ロンソン」を入手すれば大丈夫だ。なんせこのオイル、最強の染み抜き剤と言われるベンジンと成分がほぼ同じなのだ。口紅だけでなく、油性のマスカラやファンデーションの汚れも簡単に落としてしまう。ライターオイルなら日ごろ持ち歩いていても嫁さんに不審がられる心配はない。有事に備え、常にカバンの中に忍ばせておこう。ちなみにジッポーオイルはロンソンと成分がまったく違うため、口紅等のヤバイ汚れは落ちない。うっかり間違えないように。
デリヘルを呼んで楽しもうと思ってたのに、女のサービスが悪くてげんなりすることってありますよね。フェラもほとんどせずに手コキで済まそうとしてきたり。そもそも愛想が悪かったり。僕はこれを回避するために、やってきた女の子に必ずある言葉をかけています。部屋に入ってきたら普通に挨拶。プレイ代を渡し、女の子が店に電話を入れて、シャワーの準備をはじめたあたりで、これ。
「すごいタイプだから嬉しいなぁ。ここって延長はいくらなの?」
そうすると女の子は顔をほころばせ「えー嬉しい!30 分で7千円ですよん」みたいに言ってきます。
そう。これで機嫌が良くなるわけです。単純に気にいられて嬉しいというだけでなく、店によっては延長料金は全額女の子の給料になるなんてこともあるからです。ま、もちろん延長なんてしないんですけどね。やってみたらわかりますが、このおかげで手抜きされるようなことはほとんどないですね。 風俗で同じ女性を何回か指名すると、LINEを教えてくれることがまれにあります。交換しても営業メールが来るくらいだろ、と思うなかれ。とにかくアイコン写真をGoogleイメージ検索にかけてみましょう。今どきの若いコのなかには、LINEもTwitterもFacebookも、アイコン写真を全部同じモノにしている人間が珍しくありません。夜の仕事の女なんかはめんどくさがり屋が多いため、そんな使い回しタイプが多い。かくして検索結果に、FacebookやTwitterなんかがヒットすれば、金鉱脈を探り当てたようなものです。風俗やってるのに普段はしれっとした顔でおしゃれカフェに行ったりしてるんだ~と、徹底的に漁ってやりましょう。
子連れで水族館に行ったときのこと。薄暗いフロアの一画にクラゲコーナーがあった。水槽にはブラックライトが照っていて、白いクラゲがぼーっと光っている。そのとき、水槽を眺める女性の薄手のワンピースに目が留まった。白いパンツがうっすら透けて光っている。お~、ブラックライト様!
何気にまわりをキョロキョロ見渡すと、タイミングよくまたもや薄手のワンピース女性がやってきた。ほほー、やっぱり透けちゃってますな。こりゃあ面白いパンチラスポットを発見しちゃったぜ。

処女のデリヘル嬢、ヤリマンのフリで純潔を守る|風俗体験談

SnapCrab_NoName_2018-7-12_11-45-0_No-00.png 
デリヘルに勤めようと思い立ったのは1年前、18才のときです。コンビニでコキ使われるのに飽き飽
きし、てっとり早くお金を稼ぎたかったのです。見た目は、まあ、良く言って森三中の黒沢といったところでしょうか。大してカワイイわけでもないかわりに、ブスでもない。ナンパとかはされない、地味めのタイプです。ただ私には他人と違う点がありました。これまで付き合った男性は、中学時代に自分から告白したクラスメイトの男の子だけで、エッチの経験はBどまり。要するに処女です。幸い、デリヘルは本番NGなのでお客さんに破られる心配はありませんが、フェラだってマトモにしたことがない私にフーゾクが務まるのか。不安だらけの業界入りでした。入店から間もなく、最初の客から指名がありました。場所は事務所近くのラブホテル。ごくノーマルな60分コースです。事前に講習などもなかったので、緊張は高まるばかり。うまくできるといいんだけど。ラブホのドアの向こうから出てきたのは…ちょっとキモイ中年男性でした。やっぱ、こういう人が相手なんだ。
「あの、入ってもいいですか?」
「う、うん、どうぞ」
導かれるまま、部屋に入り、店に携帯で連絡。料金の1万5千円を受け取って、2人してお風呂に入ってから、いざプレイとなりました。まずはキスをし、胸をなめあげます。と、反応は上々。気持ちよさそうに目を閉じてます。このくらいならラクショーかも。と思っていたら、心配していたことが起きました。男性が私のアソコに指を入れてきたのです。それも1本だけじゃなく2本目までグイグイと。処女のせいか、私はあまり濡れません。指入れなんて他人はおろか自分でもしたことがありません。こんなので処女膜を破られたら一生後悔する!思わず、私は男性の手をつかみました。
「ごめん、私、したことないから、指は1本だけにして」
「は? 処女ってこと?」
「そう。だから、すいません」
驚いたような表情を見せる男性。デリヘル嬢が処女だなんて、とても信じられないのでしょう。
「…本当に?」
「本当。だからごめんね」
「……」
男性は半信半疑といった様子ですが、どうにか納得してくれ、最終的にフェラでフィニッシュしてくれました。このやり方が通用したのも、最初の数人まででした。処女だというと、逆に本番したがる男性が多いのです。女の私にはいまいちぴんと来ないですが、男性は処女に対して、想像以上に貴重価値を見出すようです。中には、こんなことを言い出す人も少なくありませんでした。
「5万出すから、ヤラせてよ。お願い」
そんなにもらえるならヤラせちゃおうかしら。…いやいや、やっぱお金で処女を売るのはダメでしょ。だって、一生の思い出だもん。ある段階から、私は処女だと告げるのをやめることにしました。バージンを守るにはむしろ逆のキャラでいたほうが利口だと気づいたのです。アソコに指を入れられそうになったら、「いろんな男性に触られすぎて膣の中が傷だらけなの。1本だけにして」と断り、本番したがる客には 「いつもは追加で10万円もらってるんで…」と高慢な女になりきる。この芝居がまんまとハマり、なんとか私は純潔を守りつづけました。さっさとプライベートで破ってもらえばこんな作戦はいらないのに、こんな仕事をしてるせいであいかわらず出会いはなく、私は処女のくせにフェラだけは上手くなっていったのでした。そんなある日、事件がおきました。何の気なにしホテルに行ったところ、超のつくイケメンが待っていたのです。年齢は20代後半。水嶋ヒロをがっちりさせたような感じです。こんな人が風俗に遊びに来るなんて!私は思いました。この人になら捧げてもいい。ずっと処女の後ろめたさを持ちつづけるより、イケメンに破ってもらったほうがどれほどマシか。いい思い出にもなるし。
「お客さん、エッチします?」
「え?」
「ちゃんとゴムつけてね」
やっぱ痛いのかな、血とか出るのかな。あんまり痛がったら引いちゃうかな…。すっかりその気になっていたところに、彼が困ったような顔を浮かべました。
「いやー、オレ、ゴム本番より生フェラのほうが気持ちいいから」というわけで、いまだに私はバージンのままデリヘル嬢をやってます。さっさと出会い系かなにかで相手見つけようかな。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます