ナメのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ナメ

  • 2019/10/17SEXテクニック

    本来ならフェラチオまでしか許されないファッションヘルスにおいて《本番行為》を志向する男の目的は、大きく分けて次の2つだと考えられる。1つは、何はともあれ我がペニスで腔内のヌルリとした感触を味わいたいとする、本能的欲望の充足。そしてもう1つは、店の捉を破ることによる禁断の悦び。この両者が相まって、ヘルスでの本番行為は他に類のない幸福感を与えてくれるのだ。かくいう僕も、過去3度ばかし、ヘルスでの本番を体験...

    記事を読む

  • 2019/07/06エッチ体験談

    私のアパートで姉妹と後輩1名計4名での送別会が開かれた。これが最後の飲み会とわかっているのだろう。みな最初からぐいぐいとあおり、実にハイテンションだ。隣のノリコもすでにほんのり頬が赤い。ラストチャンスだ、行け。「ちょっといい?」彼女を隣室に引っ張り込む。抵抗する気配はない。肩にそっと毛布タかけ試しにキス。と、アラ不思議。ビンタを放っどころか、私の舌をムミーっと吸い出すではないか。うーん、先日の告白が...

    記事を読む

愛撫しナメまくることで、ヘルスでタダ本番の確率は高まるか!?|エッチテク

0152_20181212202723a91_20191016072354940.jpg0153_20181212202724f3b_20191016072355100.jpg0094_201906072338469f4_20191016072809f49.jpg0095_20190607233848277_2019101607281076d.jpg0096_201906072338512f3_20191016072812498.jpg0097_201906072338538e0_20191016072813acc.jpg本来ならフェラチオまでしか許されないファッションヘルスにおいて《本番行為》を志向する男の目的は、大きく分けて次の2つだと考えられる。
1つは、何はともあれ我がペニスで腔内のヌルリとした感触を味わいたいとする、本能的欲望の充足。そしてもう1つは、店の捉を破ることによる禁断の悦び。この両者が相まって、ヘルスでの本番行為は他に類のない幸福感を与えてくれるのだ。
かくいう僕も、過去3度ばかし、ヘルスでの本番を体験したことがある。なぜ可能だったのかは、今でもよくわからない。流れの中で自然に入ってしまった、というのが実状に近いだろう。逆に、無理矢理挿入しようとして拒まれたことは、その10倍以上ある。ここはそういう店じゃないから。ソープ行けば?店長呼びますよ。もっともな説教を食らってあえなく退散する情けなさときたら、そりゃもう…。
いったいどうすれば、高確率で本番に持ち込めるのか。ヘルス嬢の気分や素養などに左右されるのではなく、確固としたノウハウを用いて挿入に持ち込む術はないものか。その答として、あの店のほとんどのコは指名稼ぎのために本番やってるよといった本番ヘルスの噂や、あるいはどこそこの誰々ちゃんはいくら払えばヤラせてくれるよといったヘルス嬢個人に関する噂を耳にするが、それはあまり意味のないことのように思う。
ヘルスで本番することの意義は、できるかできないかわからないところで、運良くスルリと滑り込む偶発性にある。むろん、金を払うなんてもってのほかだ。僕たちに必要なのは、いついかなるときでも本番成就に近づくための方法であり、どんな相手にでも試せるテクニックなのだ。そこで僕は1つの仮説を立てた。
本番への最短距離は、女を感じさせることにあり
女が挿入を許すのは、自らも欲するからこそであり、そのためには十分な肉体的快楽を与えてやればいいのではないか。早い話が、ヤリたくさせてやろうじゃないかということだ。どうだろう。本質を突いてはいまいか。愛撫、愛撫、愛撫、ナメてナメてナメまくることで、ヘルスでタダ本番の確率は高まるに違いない。
平日の朝、僕は新宿歌舞伎町のファッションヘルスに飛び込んだ。特にこれといった特徴のない店だが、「ナメ攻撃」の効果を試すだけならどこだって構いやしない。指名から料金支払いを経て、個
室へ。お辞儀をして待っていたのは、中島朋子似のスレンダーな女性である。
「いらっしゃいませー」「あ、どもども」「今日はお休みですか」「うん、そうそう」
人畜無害な会話を交わし、脱衣、シャワーと、自然な流れに身を任せる。まだ本番の欲望を露にするには早かろう。全身を石鹸でヌルヌル洗われ勃起しても、まだ我慢だ。僕が本番への伏線を張り始めたのは、バスタオルで体を拭きベッドに横たわった直後だった。体を覆いかぶせてキスをしようとする彼女に、こうささやいたのである。
「あ、隣に寝てよ」普段なら、彼女の舌技を味あわせてもらうところだが、あえて序盤から攻めに向かう。時間はわずか30分、守勢から攻勢に回ったのでは寸手のところでタイムアウトになる恐れがある。ピチャピチャピチャ。乳輪と乳首を丹念になめ回し、下腹部へ舌をはわせる。彼女のロからかすかな鳴咽が漏れるが、これはまだ演技の段階と考えたほうがいいだろう。
客相手にこんなに早く感じるわけがない。が、たとえ仕事であっても、ナメられ続けることによって女の顔は上気し、股間は濡れるはず。僕は舌を尖らせ、小さな肉の真珠を中心に円を描いた。1分、2分、3分。舌がつりそうになりながらも、ときに強く、ときに意を立て、その複雑な造りの各部を丹念に丹念にナメ回す。「ウーン、アーン」どれくらい経っただろうか。かなり長い問ナメていたような気がする。証拠に、すでに女の股間は甘い蜜でテラテラと光っているではないか。
外の次は中。今度は腔壁に刺激を与えんと、クチュクチュと意を立てながら中指をゆっくりと・。次の瞬間、彼女のロから短い言葉が漏らされた。「指はダメー」狐につままれる感覚とでも言おうか。さっきまでアンアンと感じまくっていたはずの彼女は、手のひらを返すかの如く冷淡な調子で指入れを拒否するのだ。
「え?」「指は入れないで」「でも」過去にも同じようなヘルス嬢に遭遇したことはある。日く、傷がついてて痛いから、生理前だから、単純にイヤだから。そして朋子似の彼女もまた、同じような理由で指の侵入を拒んだ。
「あ、そう」指が拒絶されてチンチンが歓迎されるはずもない。あえなく攻撃は終了した。
に加え、指入れもOKとある。よしよし、こうでなければな。個室内でちょっと疲れたOL風情のヘルス嬢と対面したときは、「少し身持ちが固そうかな」と心配した僕だが、これがこれがもう大変な乱れようであった。脚を開いて軽く突起を吸うだけで、腔口かb溢れ出した液体は尻の穴の方まで潤し、中指をグリグリと入り口付近で遊ばせた後ゆっくり中に忍ばせると、アッという小さな声を発して彼女は苦悶の表情を浮かべた。そのままピストン運動を続ける。
「アッー、アー」中指の関節を曲げて腔の上部を強く擦ると、ベッド上のバスタオルにまでハチミツは浸透を始めた。ここまで濡れるヘルス嬢というのも珍しい。そろそろか。そう判断した僕は、そっと彼女に耳打ちした。「入れていい?」努めて紳士的に尋ねることで、無言のうなずきが返ってくると僕は期待した。しかし。「ダメだって」「どうして」「ダメだよー」
これだけ感じておきながら、これだけ濡らしておきながら、なぜ欲しがらない?こんなことなら黙って挿入しておくべきだった。それで上手くいったかどうかはわからむいが、無粋な質問をするよりはマシだったろう。入れていい?というあの一言が彼女を現実に引き戻してしまったのだ。本番をするにしても、成り行きでそうなってしまった、という言い訳を彼女らは欲しているに違いない。
すでに本番欲どころか性欲そのものも失われつつあるが、こんな中途半端なままでは終われない。3軒目のヘルスに突入だ。
本日3人目の相手。名前は失念したがモー娘の小柄なコに似ていて、なかなかの美形である。
「アー、アーン、アー」少し大きめのクリトリスから大小の陰唇、睦口にいたるまで縦横無尽に舌を動かすことで、彼女は十二分に潤った。さっきのコのような派手な洪水は起きないが、それは愛液の粘性が強いためだろう。
そして指入れ。この辺りも何ら問題はない。中より外が感じるタイプなのか、指ピストンに移ってからは、声がアーンからウーンという低く落ち着いた調子に変化し、その余裕を利用してモー娘は僕のチンチンを引き寄せ、勢いよくほおばり始める。クチュクチュ、ビチャビチャ。今現在の2人は、ヒザ立ちする僕と、身体を横にくねらせた体勢でフェラチオしながら、同時に両足を開いて股間を弄ばれる彼女、という状態である。
シックスナインに移行するには容易な型だが、本番のためにはいったんフェラを中断させて、彼女の脚の間に身体を割り込まなければならない。自然にそれができるか。勝負のポイントはそこにありと見た。幸いすでに本日2度も絶頂に達した僕、勃起こそすれ射精に至る気配はない。彼女の頬を両手でつかみゆっくりとペーースを抜き取ると、素早く身をかわして好ポジションに回り込み、睦にペーースの先端をあてがった。そして黙って、強く突く。ニュルッとした独特の感触を伴い、肉の棒が奥までぬめり込む。
「アーン、ァーッ」%隣の部屋に聞こえないよう配慮した彼女の押し殺すような声と、きしむベッドの意。バレないかと心配しながら腰を激しく動かす。ああ、これだ、これこそがヘルスで本番する醍醐味なんだー
基本戦略が間違っていなかったことを確信した僕は、この日4軒目のヘルスに入店した。まだ1勝2敗。せめてタイに持ち込んで、ナメナメ戦法の正当性を証明しておきたい。指名したのは、ヘルス嬢になってまだ3日目という新人の女のコである。新人だろうがベテランだろうが、女は濡れる。しかしそれでもまだ新人の方が、激しい攻撃に慣れていないだけに崩しやすいのでは、という読みがあった。マーーュアルのような動きで乳首をなめ始める彼女を制し、例の如く隣に寝かせる。
「オレ、ナメるほうが好きなんだよ」余裕をかましてその台詞を言おうとした矢先、新人ちゃんが先制パンチを食らわせてきた。
「今、生理中だから、タンポン入ってるの」生理中?生理中にヘルス?しかもタンポン?半信半疑、右手を股間に持っていくと、指先に細いヒモの感触が。マジかよ。これでは、ナメるどころじゃない。試合前から勝負はあったも同然じゃないか。ナメるのが好きと言った手前、おざなりに乳首を口に含んではみたが、やはり血まみれの局部をなめる気にはなれない。すぐさま攻守は交代した。成す術なしである。
ところが実は、ここからの展開が想像を超えていたのである。太股の付け根から墨丸を経てサオに舌をはわせた彼女は、単調なロ内ピストンを繰り返し、そのままゲームセットに持ち込もうとしているように思われた。しかし彼女はロを離し、またしても乳首へと攻撃を転じたのである。レロレロレ口。何故に?「気持ちいい?」あどけない表情でそう聞かれ、気持ちいいよと答えると、笑顔の彼女は騎乗位にならんかの勢いで僕の上にまたがってきた。おや、この体勢は?
腔とペーースの距離、わずかに数センチ。彼女がほんの少し腰を沈めるだけで、凹凸はめでたくドツキングと相成る。いや、すでに亀頭の先端は柔らかな肉にチョロチョロと触れているではないか。なんなんだこれは。入れていいのか。いやいや、先客のタンポンはどうなる。やはりまずはタンポンさんに出てもらってから、それではお邪魔しますとゆっくり入るのが筋ではないのか。そんなことを考えるうちも、亀頭はヌラヌラとした湿地帯に引き寄せられていく。そして僕の腰は動いた。
先客を残したまま、我がペニスの先っちょが瞳内にぬめり込む。「ダメー」「え、でも」「ダメだったら」「もう少しだけー・」
不安定な結合体勢のまま、進退問題について話し合う2人。このまま進むべしと主張する僕と、退陣を要求する彼女。最終的には物理的な問題が立ちはだかり、僕の主張は却下されることになった。やはりタンボンの鎮座する場所にペーースは入れられないのである。半挿入にて終了。
★指入れすらできないようでは話にならないが、相手が不感症でもない限り、ナメナメ攻撃はまずまず有効なのではないだろうか。さらに今回の体験で、僕はタダ本番のためのいくつかのノウハウを得たように思う。最後に列挙しておこう。
いつどんなときでも背後から攻めれば女は悦ぶ
これぞ未知の感覚!ぐるぐる回転するバイブ
男の愛撫ってやつは得てして、以下のようなものじゃないだろうか。右の乳首をなめたら次は左の乳首へ、でまたクンニを2、3分、それかおもむろに手マンを、といった具合だ。同じ場所をしつこくしつこく、何度も繰り返し攻めてやることで、少しずつ感度か高まってくるわけだ。したがって、体の部位をあちこちをせわしくなく動きまわるようた愛撫など、女にしてみればフラストレーションがたまるだけ
「せっかく気持ちよくなってきたのになんでもう止めちゃうのよ」ってなもんだ。
では、ひとつひとつの登撫にたっぷり時問をかけるとして、どのくらいの長さが必要なのか。5分?いやいや、ぜんぜん短い。10分でも嶋合によっては不十分だろう。推舞タイムはずばり15分だ。キスにしろ、乳首ナメにしろ、クンニしろ、試しに15分以上やってみるといい。信じられないほど女は乱れまくるハズだ。

純情ビッチ美人姉妹と2穴ナメの3P体験記

0132_2019070620490079f.jpg0133_201907062049023be.jpg
私のアパートで姉妹と後輩1名計4名での送別会が開かれた。これが最後の飲み会とわかっているのだろう。みな最初からぐいぐいとあおり、実にハイテンションだ。隣のノリコもすでにほんのり頬が赤い。ラストチャンスだ、行け。
「ちょっといい?」
彼女を隣室に引っ張り込む。抵抗する気配はない。肩にそっと毛布タかけ試しにキス。と、アラ不思議。ビンタを放っどころか、私の舌をムミーっと吸い出すではないか。うーん、先日の告白が効いたのかしら。いや、そんなことはどうでもいい。いったいどうしたことかノリコは積極的 に私の股間をまさぐっている。早く応えてやらなければ。うおガマン汁もドクドクだあー。ソッコーで彼女を全裸にし下腹部に舌をぬらぬら
くー、イイネー
「シャワー浴びてないからダメー」
そんな声など無視し、マンコ、アナルをガッガッ祇め回す。このアンモニア臭がたまらねえ。
なんて興奮し過ぎたのがマズかつたか。挿入を始めるやいなや、わずか30秒でノックダウン。コンドームの先端が呆れるほど大量の精子で濁っていた。それから2時間後、奇跡が起きた。
酔いつぶれた後誰が隣室で大イビキを上げ、ノリコもシャワー室へ。傍らには酔いつぶれ、スースー寝ているユミだけ…。
背中を向けるユミの後から、そ-つと胸を操んでみる。
「ちょつと、なにするのお」
ユミが気づいたと同時に唇を奪った。ブチュー。酒の勢いとはいえ、妹にまで手を出すとは。やっぱやめとこか。そう思った私が甘ちゃんだった。申し訳程度の抵抗を見せたユミが、何を思ったか、いきなり舌を絡めてきたのだ。マ、マジつすかあ
すかさずアソコの中に指を滑り込ませると、お-やだ。生暖かい汁で、ずぶ濡れじゃないですか。
今しがた、姉と一戦を終え、今度は妹のアソコをグリグリ。夢のような状況の中、瞬く間にチンポがギンギラギンにいきり立つ。
私は、姉と同様、2穴ナメで妹を責めた。
「ナメやすいよう、自分でアソコを広げろ」
「・・うん」
ヒワイな命令に素直に応じるユミ。感極まった私は、M開脚の中央めがけ、勢い良く、腰を沈めたのだった。
今思い出しても、ガマン汁がしたたるくらいの経験。これからの人生で、再びあんなオイシイ思いができる日は来るのだろうか。私は現在、ヨメさんと3人の子供に囲まれ、静かな、何の刺激もない暮らしを送っている。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます