ヌーディストのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ヌーディスト

全裸でバーベキューをする伊豆のヌーディストサークル・ゲストハウスのドミトリーは男女の交流がお盛ん

0088_201806201010037dc.jpg
0150_202001021539044b5.jpg0151_202001021539054f4.jpg
全裸でバーベキューをするヌーディストサークル
エロいハプニングはないが特殊な環境で素人女の裸を眺めるのは格別だ
その年の夏、女2人で1週間旅行に出かけたのだが、宿泊先のゲストハウスで散々な目に遭ったのだという。「なんかそこ、長期滞在の男の人が多くてさ、やたら声がけてくんねん。女も軽い子ばっかりで、その日に寝たりしよんねんで。キショいわ」
ウンザリし、別のゲストハウスに移っても状況は同じ。客同士で開く合コンまがいの飲み会に、毎晩のように誘われたらしい。
「ふうん、そうやったんや。けしからんな」
翌年春、3年続けたバイトをあっさり辞めた俺は、ワクワク気分で飛んだ。
事前にネットで調べたところ、ゲストハウスは那覇市内だけで10以上ある。その中から、俺が選んだのは繁華街の国際通りにほど近い『D』。いろんな掲示板でマジメな旅行者から〈タチの悪い男女の宿泊客ばかり〉と書き込まれていた宿だ。さぞかし、尻の軽い連中がたくさんいるのだろう。受付で2週間分の宿泊代、1万4千円(ー泊ー千円)を前払いし、ドミトリーと呼ばれる共同部屋へ。すでに大半が埋まっていた。オーナーによれば、別のフロアにある女性専用のドミトリーもほぼ満室らしい(個室も有り)。にしても、イマイチ肺に落ちない。なぜ沖縄のゲストハウスは、男女の交流がお盛んなんだろうか。過去、北海道や長野の安宿には何度か泊まったことあるけど、そんな状況見たことない。そもそも、女性客すらおらんかったで。その答は、滞在を始めて2日、3日と経つうち、なんとなくわかってきた。Dに限らず沖縄のゲストハウスには、現地で働きながら半年、ー年と長期滞在を続ける男女が大勢いる。憧れの南国生活を始めるため仕事を辞めできた、現実逃避したかった、自分探しの旅に興味があった等、沖縄に来た理由は各自様々だが、彼・彼女らに共通するのは、甘っちょろく、浮ついた性格の持ち主だということだ。そんな男女がー力所に集まって暮らせば、グダグダになるのも当然っちゃ当然。事実、男同士で交わされる会話は、誰それと昨日ヤった、コイツとアイツに二股かけてるなどといったものばかりだ。こりゃ期待できる。来て5日目、ついにチャンスが訪れた。共有のキッチンで自炊していたユウコにさりげなく声をかけたところ、「ゴーヤチャンプル作り過ぎちゃったんだよね。一緒に食べる?」あっさり彼女の個室ヘオジャマすることになった。飯を食った後は、持参した泡盛を2人でグビグビ。実にいい雰囲気だ。
「コッチに来る前、彼氏と別れちゃって・・」
「そうなんや。実をいつと俺もやねん」
こんな会話を小ー時間。それっぽいムードになったところで、俺は静かに彼女を押し倒した。素早く下着をはぎ取り、ユウコの声に注意を払いなたがら激しくグラインドする。ゲストハウスの壁は薄い。隣で他の女が寝ているかと思うと、興奮も高まる。俺は3分と持たず射精した。その後も同じような経緯で元OLの桜井幸子似をゲット。が、さすがにDに居づらくなり、身支度を整えた。こちそうさまー。
ターゲットになるのは何もユウコのような長期滞在者だ
過去、ゲストハウスに宿泊したことのあるリピーター連中だ。気がついたのは、Dから宮古島にあるゲストハウス『T』へ移って2日目のことだ。昼間、海に向かっべく玄関でビーチサンダルを履いていると、大きなバッグを持った女がー人、息を切らせながあやってきた。目はクリクリ。かなりタイプだ。見たところ同じくらいか。
「いまから海に行くとなんやけど、一緒にどう?」
「いいですね。アタシもそのつもりだったんです」「おー、じゃあ待ってるよ」
その日は、海でたっぷり泳いでから、宿近くの飯屋で一緒に酒を飲んでバイバイ。翌日の晩、再び飲みに誘い出し、フラフラにさせたところで、部屋に招き入れる。少々露骨かなとも思ったが、手を握れると、逆に彼女の方から抱きついてきた。いただきます。「あん、アソコ紙めて」「こう?」「うん、そう。あっ。今度はもっと強く」朝まで3回戦。これで吹っ切れた、彼女の方から「ね、やろうよ」と誘ってくる有様だ。まったく軽いやっちゃなあと呆れたものだが、寝物語に「つい最近別れた彼氏とはTで出会ったの」と聞かされれば納得もいく。なるほど、キミもゲストハウスでオイシイ思いをしてたんやね。

オマンコ見放題!フランスのアグドのヌーディストが集まる裸主義者村に行ってみた

0020_20190914082101eb7.jpg0021_20190914082103b71.jpg0022_2019091408210436a.jpg0023_20190914082105b2b.jpg0024_2019091408210716b.jpg0025_201909140821082ea.jpg0026_20190914082110004.jpg0027_20190914082111cb5.jpg0028_201909140821139c4.jpg0029_201909140821146d9.jpg
フランスの「アグド」という地域に、夏になると、世界中から何万ものヌーディストが集まる村があるそうだ。 その名も「Naturist Village」(裸主義者村)。そこでは、老若男女がスッポンポンで外を歩いており、ビーチも裸、スーパーも裸、カフェも服屋も裸、どこもかしこも裸らしい。
普段、この島国ニッポンでパンチラだ胸チラだと騒いでいるのがアホらしくなってくるような話だ。地球の裏側ではオッパイもマンコも見放題ってか。最高じゃねーか。 
行きたい。めっちゃ行きたい。行ったらオレ、もう日本に帰ってこないかもしれないけど。
どうだ、これが日本人のチンチンだ! 
7月末。日本から丸24時間かけて、アグドに到着した。時刻は朝11時。天気はいいし、気温も高い。
まさにヌード日よりだ。まずはホテルに荷物を置き、目的の村へと歩いて向かう。
地図によれば、ヌーディスト村の広さは東京ディズニーランドとシーを合わせたくらい。村全体がフェンスで囲われていて、中へ入るには入場ゲートをくぐらなければならない仕組みだ。
内部は大きく3つのエリアに分かれている。商店やマンションが並ぶ生活エリアと、緑の広がるキャンプエリア、そしてビーチだ。 
地図を見ながらてくてく歩くうち、「Natural Village」という入場ゲートが見えた。なになに、1デイ4ユーロ(約400円)?へぇ、有料なんだ。
入場パスを買って村内へ。目に飛び込んできたのは、リゾートマンションやコテージ、オープンカフェなどが並ぶ生活エリアだ。 
おっ、いたいた!オッサンオバサンの白人カップルが素っ裸で歩いてる。チンコもマンコもモロ出しだ。 あっちには若いカップルも!うひゃー、オッパイ丸出し!マンスジばっちり!
ありゃ、こっちじゃジジババも全裸で歩いてるし。あんたらのは見たくないね。
もう服なんて着てる場合じゃない。オレも脱ぐぞ脱ぐぞ。ほーら、どうだ、これが日本人のチンチンだ!
モデルみたいな美形が黒ずみマンコにピアスを
とりあえずビーチエリアに向かって歩いてみた。
途中、すれ違う人間はだいたいみんな全裸、もしくは腰にパレオを巻いているだけ。服を着てる人間のほうが浮いているような状況だ。人種は白人がほとんどで、あとは黒人と南米系がパラパラだ。アジア人はぜんぜん見かけない。だからだろう、みんながオレを物珍しそうに見てくる。すみませんね、小さなチンコで。
まもなくビーチ独特の匂いがし、目の前に南フランスの穏やかな海が広がった。
すげぇ……。
息を飲んだ。海の青さにではない。浜辺の人々にだ。ケツ、おっぱい、ケツ、おっぱい。海岸線のかなり遠くまで、ヌーディストたちがあふれている。2千人以上はいるんじゃないの!? 
こりゃあ、鑑賞にはいくら時間があっても足りねーな。1分1秒もムダにできん。
さっそく裸の群れにゴーだ。 いやー素晴らしい。どこもかしもオッパイとマンコだらけだ(チンコはわざと目に入れない)ツンと張った美乳、垂れたシワシワ乳、キレイな乳首、黒い乳首。あらゆるおっぱいがユサユサ揺れている。
マンコもいい。たいがいアソコの毛を剃ってるので、様子が丸わかりだ。スッと一本スジが入っただけのおとなし目のマンコもあれば、大きいビラビラがびよーんと伸びたマンコも。モデルみたいな美形が、黒ずみマンコにピアスを付けてたりもする。
見た感じ、若いコ3割、オバハン7割ってとこか。基本的にみんなカップルで日光浴を楽しんだり、砂浜に寝転がって本を読んだり、水遊びをしたり、ごくごく健全な印象だ。
日本のビーチのように、女の子3人組が浮き輪でキャッキャしてるような、オイシイ場面は見られない。 
意外だったのは、家族連れまでいたことだ。いい歳のオヤジが、中学くらいの娘と全裸ビーチバレーってのは、教育上いかがなものだろう。キタキタキター
地中海に精子放出!
歩き疲れたので、ビーチのカフェに入った。
デッキソファに座り、パナマビールを飲みながら、目の前を歩くオッパイやマンコを眺める。ああ、
オレ、一生ここで暮らそうかな。天国だよ。 
当初の緊張感が薄れていくにつれ、オレの体に変化が生じてきた。あまりにも多くの裸体を見つづけたせいで股間にムラムラが溜まってきたのだ。実際ちょっと半勃ち気味になってるし。 
おっ? 海の中に珍しい連中がいた。かなり若い男女グループだが、裸と水着が入り混ざってるのだ。大胆な子に「ヌード村行こうぜ」と誘われてきたけど、恥ずかしくって脱げないみたいな感じだろうか。
男子、ドキドキだろうな。あの女の子の体はどうなんだろう。いずれ脱ぐんだろな。今のチンコには、刺激が強いなあ。うーん、シコりたい…。
チンコを握って飛び起きたオレは、海へ向かって走り、そのままジャバンと飛び込んだ。
ここらへんでいいか。よーし、海に浸かってこっそり抜くぞ。シコシコシコ。水の抵抗がジャマだけど気持ちいい!
我ながらいい作戦だ。キタキタキター、地中海に精子放出!その後も、ビーチを散策してムラムラきたら海でシコるという作業を繰り返し。夕方までにたっぷり4回もヌイてしまった。
生活エリアに戻るころには、すでに太陽は沈みかけていた。もうくたくただ。今日はもうホテルに帰るとしよう。ビーチよりもこういう場所のほうがグッとくる
翌日は、トーストと卵の朝飯を食った後、生活エリアを回ることにした。
まずはスーパーへ。おっ、何だこの光景は。みんな、おっぱい丸出しで買い物をしている。ビーチよりもこういう場所のほうがグッとくるな。
総菜屋では若いコが腰布の間からマンコをチラチラ見せながら肉を買い、服屋では若い半裸カップルがセクシーコスチュームの品定めに夢中だ。でも残念ながら、店員だけはどこも男女ともに服を着ていた。おっぱい丸出しのレジ店員、見たかったんだけどな。
ショッピングモールを出て、今度はコテージが並ぶほうへ向かう。夏の間だけバカンスに来る人たちの居住エリアだ。 かわいらしい小さな家の庭では、全裸の家主が読書をし、公園ではジジババがゲートボールのようなスポーツに興じていた。もちろん全裸だ。
犬の散歩をする女性も、自転車やインラインスケートで走っていくカップルも、誰もが当然のように裸だ。なのに事件なんてものは起きそうになく、とてものどかな空気が流れている。半勃起してる
男すらどこにもいないし(オレ除く)。
ビーチ全裸じゃなく、生活感のある中での裸を見せられ、なんだかまたシコりたくなってきた。海は遠いし、ちょっとあっちの茂みに隠れるか。
緑の生い茂るほうへと歩くと、そこはキャンプエリアの入り口だった。スタッフがなにやらフランス語で言っている。どうやらこの先はキャンプ利用者専用エリアで、すでに満員のため新たな客は入れないらしい。
なーんだ、シコり損ねたよ。にしてもキャンプエリアって、若いのが多そうで気になるな。オッパイとスキンシップする大チャンスだ
海の中でシコった後、ビーチでビールを飲んで横になり、思わず夜まで眠ってしまった。
生活エリアのほうから、低音の効いた音楽が聞こえてくる。何だかやけに騒がしい。行ってみるか。
ショッピングモールのあたりは、昼とは打って変わり、紫やピンクのぎらぎらとした光りに照らされ
ていた。町全体にダンスミュージックが流れている。夜はここ、こんなふうになるんだ。 
あそこはクラブかな? 
入り口から覗くと、服を着た男女が楽しそうに踊っている。楽しそ〜!
「ノーノー!」 
入り口のスタッフが全裸のオレを制した。ドレスコードがあり、男は襟付きのシャツ、女はセクシー衣装じゃないと入場できないらしい。 
急いでショッピングモールでシャツを買って戻ってくる。
「ムッシュ!OK?」
「オーケー」 
よっしゃー、みんな、オレも混ぜてくれー! スゴイ盛り上がりだった。さすがヌーディスと村にあるクラブだけあって、ポールダンスのステージでは女たちが裸で踊り、押しくらまんじゅう状態の中で真っ裸になってるコまでいる。あんた、触られまくってんじゃん!
スゲーぞ、ここは。ずっと指をくわえて眺めるだけだったオッパイと、スキンシップする大チャンスだ。あっちへウロウロ、こっちへウロウロと、おっぱい丸出しちゃんのそばに近寄っては、よろけるフリでバストタッチ!あらよっと。
「×××××××××××!」
そばにいたニイちゃんにすごい剣幕で怒鳴られてしまった。あー、怖っ、テメーの女、そんなに見せ
びらかしといてもったいぶるなよ。
チクショー、オレも女と一緒に来たかったな。どのオッパイもどのマンコも、ショーウインドウの中の高級時計みたいに、ただただ眺めるだけだなんて酷な話だよ。ほら、つんつんっ。もう吸い付いちゃおっかな
3日目。早くも最終日だ。
オッパイとかマンコはもういい。ゲップが出るほど見た。 
むしろ、見過ぎたせいでオレは心寂しくなってるのだ。人肌が恋しくてならない。
極東の島からオレが単身乗り込んだように、世界のどこかから一人きりでやってきた女の子がいても良さそうなものなのだが。全裸同士で知り合えば、後の展開もすいすい進むだろうし。なので最終日は単独ヌーディスト女性の探索に費やすことにした。朝10時。気合いを入れて出発だ。
目を皿のようにしながらビーチを歩く。やはりどこもカップルばかりで、特に若い女には男がピッタリ張り付いている。 
ん? んん〜?
あの黒髪の肌が浅黒い子一人で座ってない? 周りに誰もいなくない?あれれれれ。近寄ってみよう。
「メルシー」
「メルシー」
かなりのボインだ。アソコもつるつるだし。勃起しないように気をつけないと。
身振り手振りで話しかけると、彼女はニコニコと笑ってくれた。よくわからないけど笑ってるんだからイヤがってはいないんだろう。 隣に座って肩を寄せる。
「ユアボディー、ビューティフル」
「サンキュー」「グッド、ボイン」
「ボイン?」
「イエスイエス」 
ふくよかな胸を指さし、その指で乳房をつんと押してみた。
「オー(笑)」
笑ってる。いいね、いいね。彼女も孤独を感じてたところに、おっぱいつんつんアジア人が来てくれて喜んでるみたいだぞ。ほら、つんつんっ。もう吸い付いちゃおっかな。
とそのとき、遠くの方から男の声が飛んできた。
「ヘーイ」
こちらに向かって歩いている。カレシ?あら、そうみたいね。男が目の前までやってきた。どうしよう。
「ヘーイ、こんにちわ」 
がっちり握手をしたところで、じゃあ、オレはこれでドロンさせてもらいます。
「バーイ」
「バーイ」 
気のいいニイちゃんは、別れ際に、彼女とのツーショット写真を撮ってくれた。余裕やのぅ。
黒人男3人が白人女と4P
単独オンナを求め、ビーチを果てしなく歩きつづけたが、まったく見当たらなかった。
なんだかずいぶん遠くまで来てしまった。くそー、引き返したほうがいいのかなぁ…。 
あれ?
あそこのオッサン、何やってんだ。寝そべりながらオバハンに手マンしてるじゃん。わお、あっちにはフェラしてる女もいるし。
この一帯はエロ解禁エリアなのか?
よーく見れば、女に手コキさせている男が何人もいるし。
向こうのほうに男の人垣が出来てるぞ。何だあれは? 
現場をのぞきに行って、ビックリした。何と、黒人男3人が1人の白人女と4Pをしていたのだ。マジかよ。 
まわりを取り囲む男たちは、そのセックスを見ながらマスをかいている。 
よーーし、今回の旅のコキ納めはここに決定だ。オレもシコってやる! 
スコスコスコスコスコスコ。 
ダメダメ、こんなに人がいたら緊張して出ないよ!

ヌーディスト御用達の海岸・女子大生が合宿中に押し寄せる混浴露天|静岡・岐阜

0077_20190204090846a39_20191110085624d24.jpg0144_2018092510103697c_20191110090244829.jpg0145_201809251010370de_20191110090246e0d.jpg0146_20180925101039cfe_201911100902475ce.jpg0147_20180925101040860_2019111009024849d.jpg
1、男女が一つ屋根の下に寝泊まりすれば、オイシイことが起こりやすいのは当たり前。セックスだって難しい話じゃない。じゃあ、その手の場所で使いやすいのはどこか? オレの答は、長野県と新潟県の県境・信越地方の有名ユースホステルMだ。ユースホステルとは、食事の配膳や食器洗いなど、何でもセルフサービスが原則の安宿だが、ゲストハウスによくあるような小汚い二段ベッド部屋ではない。だから女性客が多い。中でもMは(料金1泊3千円)、女性客に人気で、週末はいつも女の子の予約でいっぱいだ。
2、春の信越地方は菜の花シーズン。お花畑目当ての女子学生と出会いに行かなきゃソンですね。
教育県として名高い我が郷土だが、近ごろは時代の流れか、精神の退廃した若者の姿が目立つようになり、古き良き時代を知る私は大いに心を痛めている。荒れた若者。その象徴こそ、夜な夜な北野文芸座周辺に現われるシロート立ちんぼの面々だろう。もともとここら一帯は、プロの立ちんぼが幅を利かしていて、いまでも深夜になると熟女どもが客を取っているのだが、ここ最近、その中に混じって、やけに年若い女性の姿をチラホラ見かけるようになったのだ。確認した限り、5、6人はいるのではないか。ああ、な んと嘆かわしいことよ。さっそくそのうちのひとりと交渉を試みたところ、ホ込み1万5千円でOKとなった。安い。なかなか見所のある若者じゃないか。彼女は現在、市内の専門学校に通っているとかで、たまに友人と一緒に小遣い稼ぎをしてるそうだ。別の日に同じ額で買ったコも学生を自称していた。が、やたらと会話がこなれていた辺り、お茶引きのデリヘル嬢だったのかもしれない。真偽はさておき、ギャル立ちんぼは文芸座近くのセブンイレブン前によくたまっている。お近くにお寄りの際は、気軽に声をかけてみてはいかがだろう。
こんなコが座っていればすかさず交渉すべし
3、人気のビーチなのに更衣室がなければどうなるか?
うざいナンパ野郎が少なく、地元ギャルの間で人気のあるビーチですが、実はここ、近くにだだっ広い無料駐車場がある以外、施設らしい施設が何にもないんです。海の家はおろか、更衣室やシャワーすらも。ということは何を意味するのか。そう、この海水浴場に来る女のコたちは、車などの物陰でこそこそと着替えざるを得ないワケなんですね。恥ずかしげにバスタオルを巻きつけながら、パンティを脱いだり履いたりする彼女たちの姿には、何とも言えないエロスを感じられるし、なかには平気で裸体をさらして着替える連中もまれにいるのでタマげます。
西伊豆・雲見海水浴場の北東は、リアス式になっています。海岸沿いの丘陵にはコテージが建っていて、夏になると客が余暇を楽しみに来ます。海で遊ぶ場合、ここのロケーションは最高です。複雑な地形がブラインドになって、まわりから入り江は見えませんから、プライベートビーチ状態で遊べる。コテージ客はそれを目当てに来るのです。
釣り好きの私、このへんによく出かけるのですが、ごくまれに素晴らしい集団と出くわします。めったに人が来ないから大丈夫と思ってるのでしょう、男も女もみんな素っ裸なのです。最初に見たときは、そりゃあビックリしました。若い女もけっこういましたから。
ただし、エッチなことは一切ない。ビーチボールで遊んだり泳いだり。普通に水浴びしてるだけです。いわゆるヌーディストってやつのようです。
4、若いころからナースが好きで好きでタマらん俺にとっては、聖地とも呼べる場所である。地元で最大規模を誇るマンモス総合病院で、常時勤務しているナースがなんと400人! これだけでもマニアにはタマらんのだが、当院の真のスゴさは他にある。入院病棟の中央に配置された4つのエレベータの右端、もっともサイズの大きなものがソレだ。ここには正午になると昼休みに入ったナースが一斉に乗り込んでくる。その混みようは、ラッシュ時の電車なみだ。
そのタイミングを狙ってエレベータ内にいればどうなるか。四方からナースの乳や尻が迫ってくるのは言うまでもない。ムギュムギュと。息もできないほどに。マニアなら、感激死すること請け合いである。このエレベータ、本来は職員専用であるものの、実際は入院患者や見舞い客などもフツーに使っている。安心してご利用いただきたい。
5、浜松はご存じの通り、ブラジルからの出稼ぎ労働者が多く住んでいる。当然、連中を当てにした店も目立ち、外国のような雰囲気の店やバーもある。このクラブもその一つ。店内に飛び交うのはポルトガル語ばかりだ。日本人が入店すれば、ヨソ者感を感じると思う。ただ、ブラジル人に対してはコワイコワイと悪い評判も多いが、オレの経験上、この店で難クセ付けられたことはない。で、狙うはもちろんブラジル娘だ。サンバカーニバル仕込みでケツをフリフリ、胸をユサユサ。もうエロイの何の。テキーラを片手にイェーイと近づけば、ノリのいい彼女たちは、自分から腰をすりつけてくる。ブラジル人はムードを重要視するので、日本人なら歯の浮くようなセリフが喜ばれる。「ボニータ(かわいい)」「ベレーザ(美しい)」「ボニチーニア(ボニータよりさらにかわいい)」と褒めまくれば、ディープキスも可能だ。浜松駅から徒歩7、8分。東海道本線沿いの塩町公園には、立ちんぼがいる。みんなオバサンだ。30代から50代前半くらいか。それでいくらかというと1万円前後。ぜんぜん安くない。おいおい、もうちょいまけろよ、ということに当然なるわけだ。だからだろう、うっかりオバハンを買ってしまった連中は、せめてホテル代をケチろうと、公園の陰でよく青姦をする。でもってオレはそれをよく覗く。オバハンのセックスも、見るぶんにはなかなか愉快です。
6、女子大生がわんさかの混浴。そんなAVまがいの状況がサマーシーズンにのみ起こる温泉宿だ。ここは、収容人数250人の巨大な混浴露天風呂が有名で、宿泊客以外でも、料金を支払えば入浴できるため、近隣の安宿で夏合宿中の女子大生どもがわんさかやってくるのだ。俺が知っているだけでも、N大の広告研究会、C大のダンス部、A大の演劇研究会などは常連で、毎年のように見かける。あの、若い女集団特有の、きゃぴきゃぴとした雰囲気に包まれるよろこびは、ちょっと言葉では説明できない。唯一、難があるとすれば、女性客のみバスタオルでの入浴が認められていることだが、肌をピンクに染めたJDが、オッサンどものにやけた視線に恥じらう光景は格別だ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます