ハッピーメールのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ハッピーメール

撮影会の素人モデル・リフレのピュアっ子をセフレに

0051_201712291424256ab.jpg0050_20171229142427c3c.jpg00074_20171228234857ea4.jpg 00075_20171228234858333.jpg00076_20171228234900606.jpg 00077_20171228234901839.jpgヘルス嬢とタダでセックスできる関係になる方法を紹介します。お店選びは特にこだわる必要はなく、普通のヘルス店で構いません。ポイントは素股をするとき。当たり前のようにゴムをつけるんですね。「やっぱり、衛生面とかいろいろ気になるだろうから、オレはゴムつけるね」なんて言って。
その後ヌルヌルのローションでゴムちんこを素股されている最中、事故を装ってするりとマンコに挿れてしまうんです。でも大丈夫。ゴムがついてるので女の子は「ま、いっか」みたいなカンジで特に拒みませんから。そしてプレイ終了後、ごはんに誘うだけです。
ゴム本番でセックスを終えていると、どうしても嬢は情が移ってしまう。女って、好きな人とセックスするんじゃなくて、セックスした人を好きになっちゃう性質があるんですね。みなさんも過去を
思い起こしてください。店外デートできたのって、たいてい店で本番した子じゃないですか?
とにかくいろんなヘルス嬢にこの方法を繰り返してると、そのうちセフレができるはずです。
ラブルームというチャットサイトはご存知でしょうか?素人女性と他愛のない会話をするだけの、なんの変哲もないサイトなのですが、やりようによっては彼女たちとセックスする関係になれるんです。狙うのは人妻一択です。午前10時から正午まで、もしくは午後1時から4時くらいにチャットを始めます。ようするに人妻がヒマで回線をつないでる時間帯です。まずは軽く挨拶したあと相手に質問。「子供はいくつなの?元気?」「近所付き合いは?」「旦那さんとは仲いいの?」どれも本当に他愛のない世間話です。でも、このような話題には驚く程彼女たちは食いついてきます。ほかの男たちがとにかくエロに持ち込もうとしているからでしょうか。
ダラダラ、ダラダラと「大変だねぇ」とひたすらうなずくこと2時間。するとなぜかやけにこちらに親近感を抱いてきます。「なんだか優しいんですね」とか言って。そしたら「近くに住んでるならケーキでも食べながら話そうよ」と言って、連絡先を交換して後日アポへ。 
ポイントはいきなり狙わないこと。ヤリたい気持ちを抑えて、その日は「ありがとう」ってハグだけで済ませるんです。さらに2回目。だいぶ溶け込んでますが、ここでもまたヤらない。別れ際のキスだけに留めてください。 そして迎えた3回目。もうここでは彼女たちも覚悟をしてますので、あとは当たり前のようにホテルに入ってください。がっつりセフレにできます。
かつては未成年がうじゃうじゃいた、秋葉原などのリフレ店ですが、最近では在籍している女の子のほとんどが18〜20才です。そんな若い子とタダでセックスしまくってるのが私です。その方法をご紹介します。
まず、個室に女の子が入ってきて簡単にルールを説明すると思います。「ハグが3千円で〜、ビンタがいくらで〜」と。この時点でその話を遮るようにこう言ってください。
「は?何言ってんの?そんなの全然興味ねえよ。セックスはできんの?」
女の子は「えっ」と一瞬戸惑う表情を浮かべますが続けてください。
「いや、オレはセックスがしたいの。セックスできんの?」
こう言うと、女の子の表情が一気にこわばりますが、それでもまだ本気で迫るんです。
「ここでできないんなら用はないわ。外出てからじゃないと話になんないな」
めっちゃ意外でしょうが、これで連絡先を教えてくれる子がいるんです。本当ですよ。
外で会ったらカラオケでもホテルでもいいので誘ってみるんです。話のトーンは変わらずオラオラなかんじで。それでも「え〜」という表情を浮かべたら「じゃあいくらでやってんの?」と聞いてください。この人は冗談が通じない人だな、と判断して本当の額を言ってくると思います。たとえば1万円とか。でもそんなのには応じずに「オレはお前のこと本気でヤりたいって思ってんの。金なんて払わねえよ。わかる?」。信じられないかもしれませんが、こういうオラオラ作戦がリフレ店の女の子にはめちゃくちゃ効くんです。普段、気弱なオタクばっかり相手にしてるからでしょうか。
ハゲ散らかっていて渇いたボロ雑巾のような顔をしている50才のオヤジに、セフレが4人もいる。信じられない方はこの方法を試してみてください。
向かうべきは婚活パーティです。ただし40才以上など参加者が高年齢の人に限ったもの。こういう場に来る熟女は、男に飢えてるので狙いやすいですよ、なんていう単純な話ではありません。こんな場にも、しっかりイケメンと金持ちは潜んでいるもので、彼らがまともな女性は全部さらっていってしまいます。でも、ちゃんと私にも恩恵があります。狙うは、フリートーク中に誰もつかない、顔が残念なかんじの不人気女です。話してみるとわかりますが、こういうコは離婚歴もなく、そもそも恋人がいたことすらなく、ほんとうにモテない人生を40年以上過ごしてきてます。なので、私のようなボロ雑巾が話しかけてくるだけでも信じられないほどに明るい表情を浮かべるんです。
「キレイですね」「まだ結婚してないでよかったです」「ホントに恋人ができたことないんでか?」など、歯の浮くようなセリフを並べても彼女たちはなんの疑いも持たないばかりか、どんどんこちらに惚れ込んでいきます。すぐに食事に行き、その場で「付き合って欲しい。この出会いは運命だと思う」と真剣に話してみてください。相手は即答ですよ。あとは、そんな「彼女」と都合のいい時だけ会ってホテルに直行するだけです。相手は惚れ込んでいるのでまったく離れません。現在、私にはそういう「彼女」が4人おります。
大手出会い系サイトのアダルト向け掲示板には、その目的別に数種類の掲示板が置かれている。中でもひときわ盛んな書き込みがなされているのが「すぐ会いたい」というジャンルの掲示板だ。なかを覗けば一目瞭然が、その99%がエンコー募集の書き込みとなっている。
「これから新宿でお願いアリで会える人! 詳細はメッセージで連絡しますのでお待ちしてます」
「給料日前でピンチ! だれか助けてくれないかな? 意味わかる人だけメッセージください」
 直接的な表現を用いることによる削除を避けるため、具体的な内容は書いていないものの、こうした書き込みはすべてエンコー相手募集の書き込みだ。東京エリアの場合、この手のエンコー募集メッセージは2~3分に一回の頻度で書き込まれる。休日の夜ともなれば、数秒に一回はアップされるだろうか。
実質、個人売春のインフラとして機能しているこうした掲示板は、「ワクワクメール」や「ハッピーメール」「イククル」など大手の出会い系サイトには必ず設置されている。
撮影会というイベントをご存知だろうか。素人女性がモデルになり、マンションや雑居ビルの一室を使って行われるものだ。
 女性は、1時間ほど個室内でカメラ小僧と2人きりになり、着やコスプレ姿で撮影に応じるのだが、ときには性器を露出したり過激なポーズを見せたりも。だが、こうした撮影会のモデルの収入はわずか数千円に留まる。こうした背景がそうさせているのかわからないが、撮影モデルのなかには、客にエンコーを持ちかける者がいる。相場は手コキが3千円ほどからで、なかには3~4万円で本番をさせる女まで。非モテのカメラ小僧にとっては、目の前で過激なポーズをとっている女性に手コキをしてもらえるのだから応じないわけがない。撮影会主催者側のなかには、これに気づいている者もいるが、事実上の黙認状態だ。

大人トーク・ジョイナス・ハッピーメール・PCMAXで出会える女たち

0032_201808181004533bc.jpg 0033_2018081810045530f.jpg0030_20180818100451f05.jpg 0031_20180818100452701.jpg
『PCMAX』をやることにしたのは、ネットでバナー広告をよく見るからだ。するとサイト内の『ピュア』コーナーに、こんな場所が。〈今からあそぼ〉これからスグに会いたい人間が
書き込みをしている。そこで見つけたのが、平日の夜11時に書き込んでいたこの熟女である。
〈ヨウコ/41才/既婚/今から新宿で飲みませんか〜〉
プロフ写メは椿鬼奴似だが、新宿なら近いし行ってみるか。指定された合流場所の飲み屋前には、写メの女が立っていた。そしてその横にはぽっちゃり熟女と、背広のオッサンが。
「どうも、ヨウコです。で、こっちがサキさん。この男の人は、今、会ったばかりの、名前なんだったっけ?」
「あ、ハシモトです」何だこの展開…?困惑していると、ハシモトとかいう背広がひそひそ声でしゃべりかけてきた。
「ぼくもさっき聞いたんですけど、なんかこの2人は人妻で、それぞれがサイトで男を探したみたいで」
「で、4人で飲もうと?」
「そうそう。ぼくらを財布にしようと企んでるっぽくて。だから自分、何とか口説いてやろうと思ってるんで」
状況はわかった。即席合コンってわけですか。居酒屋に入ると、背広は宣言通り、最初からかっ飛ばした。ぽっちゃりさんの隣に座り、肘でおっぱいをつついたりして。ならばとこちらもアクセル全開
だ。テーブルの下でヨウコの手を握っときましょう。先に動いたのは、オレのほうだった。
「じゃあ自分、ヨウコちゃんをゲイバーへ連れてくことにしたんで。ここまでの飲み代、半分置いて先に出ますわ」
ヨウコの腕を取って居酒屋を出て、そのままラブホ街へ向かう。彼女は「本当にこっちなの〜」な
んて言いながら大はぎゃぎでついてきた。最初からこうなることを期待していたかのようなテンションで。いざセックスではデカイ喘ぎ声を出しっぱなしで、豪快に潮も吹いてくれた。
ハッピーメールの登録時、プロフの書き方について悩んだ。私は53才のスケベオヤジだが、イカした中年と思わせるにはどうすればいいか。考えた末に着目したのが、ブログのように使える『日記』欄である。ここに、趣味の映画についてあれこれ書いておこう。目にした女はあら、素敵な方だわと思ってくれるのでは。そんなわけで、3日に1回のペースで日記を書き、そして〝爆撃メール〞も作成。「会社で偉い人やってます。割と自由に生きてるんで、時間の都合は付きやすいです。映画を見るのが好きで、最近のマイブームは不倫映画です」これを、ターゲット(自分が既婚者なので既婚女性)に一斉送信することをルーティンに。2週間後、29才の女とつながった。相手からのファーストメールには「ちゃんとした方そうだったので」とあった。2通目のメールではいきなり大胆な告白。
「実はまだ結婚して半年なんですが。ダンナとセックスレスなんで。不倫映画なんてヤバいですー」
日記を使った印象付けが功を奏したとみていいだろう。一週間ほどやりとりした後、夜の食事に誘った。行きつけのバーに連れていき、酒を勧めつつ不倫映画についてじっくり語ると、彼女がしなだれかかってくる。一丁あがりだ。私には日記をしこしこ書くようなマメさがあり、それはセックスにも通じる。愛撫は時間をかけてじっくり行い、挿入前に必ず一度イカせる。果たしてこの29 才の新婚とは、月2で会うセフレ関係になりました。
『大人トーク』は、チャットスタイルの無料出会い系アプリだ。「地域」と「年齢」を選んでユーザーを探し、メッセージを送ることができる。深夜、自分のプロフに写メ(実年齢はアラフォーだけど30代前半に見える奇跡の一枚)を載せ、関東エリアの女100人ほどに〝爆撃〞してみた。
「こんばんはー。ちょっとしゃべろうよー」
返事は一通のみ。ま、こんなもんだろう。つながった相手は、42才の美人写メさんだ。互いの趣味の話になり、彼女が語りだしたのは、若いころに車の走り屋をやっていたという思い出だが、途中で急にレスが途絶える。翌日の深夜、メッセージが届いた。
〈昨日は寝落ちしちゃってたw〉
そんなことだろうと思ったけど。
〈ところで今は車は?〉
〈乗ってなくて、チャリのBMX(笑)。最近ハマってて〉
2日目の彼女は、BMXを熱く語りだし、また途中で急にレスがストップ。そして次の日に
〈寝落ちしちゃってたw〉
以降、このパターンでのやりとりが続いていく。どうやら彼女、このチャットアプリをちょうどいい子守歌だと思っているのかも。1週間を過ぎたところで、何気に切り出してみた。
〈よかったら今度、ランチでもどうかな? 時間はあわせるんで〉
〈いいよー。来週なら水曜日のお昼が空いてまーす〉
そうこなくっちゃ!当日、上野で対面した彼女は、かなりムッチリとした美熟女だった。ガード下の浜焼き屋に入り、ひとまずチャットで聞いた趣味の話をもう一度したりしていると、彼女がふっと切り出してきた。
「言ってなかったけど、私、子供がいて…」
「いくつ?」
「高1と中3」
「ダンナさんは?」
「別居してる」そういう状況ですか。そりゃあ気晴らしもしたくなりますな。ならば後はもう突き進むだけだ。別居の理由を聞き、旦那のグチに相槌をうちつつ、酒を勧めていく。頬が赤らんできたところで浜焼き屋を出て、湯島のラブホへ。彼女はもちろん付いてきて、その熟れた体で存分に悶えてくれました。
知り合いから教わった『ジョイナス』というマッチングアプリ。今晩の飲み仲間探しをコンセプトにした、ようするにアポが前提の出会い系らしい。話が早くていいじゃん。夜7時。アプリを起動すると、5人の女の顔写真が出てきた。この中から選べってことか。とりあえず全員にメッセージを送信。
〈おごらせてちょーだい! 場所も合わせます〉
つながったのは、自分より6つ上の49才の熟女だ。指定された六本木の待ち合わせ場所に向かうと、本人はかなり雰囲気のあるオバサンだった。日焼け肌でタンクトップを着ていてメイクもネイルもばっちり。しかもこんな提案をしてくる。
「モータウンってディスコに行きたいんだけど、いいですか?」
元気なアラフィフですなぁ。約束どおり、ディスコ代はオゴってやり、2人でテキーラをあおる。ダンスフロアで向かい合って腰に手を回すと、彼女が股間をこすりつけてきた。このノリの良さ、もちろんその気で来てるとは思うが…。
「おねーさん、結婚は?」
「してるよー」
子供はおらず、友達が経営する天然酵母パン屋でバイトをしているとか。
「ダンナさんは?」
「ダンナは今出張中!」
おいおい、それって、持ち帰ってくれって意味ですよね?そして2時間後、ディスコを出るときにこう来たもんだ。
「私、明日の朝早いんで、帰るんだけど。よかったらウチ来る?」
逆持ち帰りかよ!てか、行っちゃっていいの!?もちろん行くけど。彼女の自宅は、本人のハデな恰
好からは想像もつかない…なんて言っちゃ悪いのだが、かなりのボロ家だった。だからこそストレス
が溜まっているのだろうか、そのセックスは激しかったのなんの。

ブ男がイケメン写真を使って出会い系女をタダマン|出会い系アプリ攻略

201507096.jpg 201507097.jpg 201507098.jpg 201507099.jpg 201507100.jpg 201507101.jpg
実はこの手法、今や一般的にすらなりつつある。さほどに簡単なタダマン法なのだ。がしかし、一応はそれなりのコツがある。どのサイトを使い、どう誘導していくのが近道なのか?
使うサイトはワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXあたりだ。
アホ女が多いからだ。
簡単な紹介のあとはエッチな内容を語っておくこと。
たっぷりエロ関係を温めたところでアポに移る。
そもそもイケメン写真ってだけでのこのこやってきた女なのだ。
賢い逃げ方など知りやしない。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます