0076_20190110094129c7a_20191101070252467.jpg0077_201901100941306ff_2019110107025378d.jpg0078_20190110094132b9c_2019110107025585c.jpg0079_201901100941334b1_201911010702564f5.jpg0074_201901100941350fb_20191101070249520.jpg0075_20190110094136099_20191101070250c42.jpg
1、とにかくNGが少ないコですよ! と店員にすすめられたのが彼女でした。アナルファックなんでもござれのSM嬢ということで楽しみに待っていたところ、やってきたのは自分の母親の年齢を優に超すおばあちゃんでした。ゆっくりと手コキをしていただき、さらには戦時中の話もきかせていただき、この人に歴史あり、といったかんじで感慨に浸ってしまいました。一応、赤ちゃんプレイをお願いしてみたのですが、案の定それはお母さんと子供、というよりおばあちゃんと孫。マンコを責めている自分はもしかしていま虐待しているのでは? と不安でしかたありませんでした。
2、彼女、風俗誌の表紙も飾っているほどのスタイル美人で、おまけにハード痴女。性格も良く、とにかくエロエロに責めてくれます。舐めないところはないくらい、足のつま先から目ん玉まで。なんでそんなに責めてくれるんすかと聞いたところ、
「だってエッチなこと超好きなんだよね~」と、ストレートな回答。うーん、ここで紹介したらただでさえ取りにくい予約がもっと取れなくなる・・・。
3、このソープ、有名AV女優も多数在籍する吉原の人気店なのだが、それらのAV女優よりも圧倒的に支持を集める一人の嬢がいます。彼女は、この店不動のナンバーワン。かつて吉原の別の人気店で3億円を稼ぎ(まだ23才なのに!)、引き止める店長を納得させここへ移籍したという伝説のソープ嬢です。その腕前はマットテクニックの指導を受けたい嬢が列をなすほど。加えて性格の良さと抜群の接客態度で、私が紹介した男の99%がリピーターになってます。
4、「元スチュワーデスが在籍」というデリヘルは数多いが、いざその手のコを呼んでみればただ単に制服を着せてみただけというのが現実です。だが、神は我々を見捨ててはいませんでした。航空業界の専門用語をスラスラ答える様子からして、彼女だけはホンモノと信じちゃいたいのですがいかがでしょう。
5、シャレにならないほど濡れまくる子です。手マンしてやると大量の潮を吹くんですが、そもそも触る前から濡れてるんですね。事前にローションでも塗ってんのかと疑っていたら、愛撫の途中でもベッドにシミができるくらい濡れてくるから、そうでもないみたい。フェラチオしてるときに言葉責めすると興奮するらしく、「大好きなチンポ舐めてオマンコびちょびちょに濡らしてんだろう」なんて言ってみると、本当にアソコからポタポタ愛液が垂れてくる。いつもプレイが終るとベッドの上は日本海のようですよ。
6、店長の趣味なのか、この店には肌の白い、黒髪清楚系の女のコが数多く在籍しているが、彼女の色白度合いは頭ひとつ、いや軽くふたつ分は抜けている。はじめて見たときは、体内で蛍光灯が点いてるのかと思ったくらいだ。単に肌が白いのではなくほんのりと光輝いているというか。加えて、顔もかわいく、Cカップの胸も透き通るように白いので、マジな話、そこらのアイドルよりよほどレベルが高い。フェラテクがさほどでもないのは難点だが、そういうシロートっぽさも含めて、絶品のフーゾク嬢であることは間違いないかと。
7、長いことフーゾク遊びをしていると、まれに「ああ、この子は本当にエッチが好きで風俗嬢になったんだな」と思わせる淫乱娘に当たったりするわけだが、その中でも彼女のエロさはピカイチだ。客を喰わんばかりの激しいディープキス、むさぼるようなフェラ。そして手マンの際は、胸のあたりを真っ赤にしてよがり狂い、もう本当に辛抱タマらんといった感じでこう言ってくる。
「ああ、ねえ、ちょっとお願い。入れて、あそこにブチ込んで!」
挿入後、自ら腰をふってイキまくる様は、完全に仕事を忘れ、セックスに没頭しているようにしか見えない。もしあれが演技だとすれば、もう俺は何も信じない。