バーのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:バー

  • 2018/09/21出会い・モテ攻略

      マクドの深夜時間帯には、シニアの清掃スタッフが常駐してるんです。その理由は、夜を明かすヤンチャな若者たちを相手にするのに都合がいいから。クルーが注意したら角が立ってトラブルになりかねない。「お前らいつつもここにおるけど、ちゃんと家に帰ってんのんか?」帰ってへんよ父ちゃんウザいし!彼らは掃除をしながら女の子たちの悩みを聞いたり、世間話をしたりしている。そんな話に耳を傾けていると、突然こち...

    記事を読む

  • 2018/09/21出会い・モテ攻略

     ここは自分たちで調理を行う変わりダネ居酒屋で、自然とキャンプみたいな感覚になる。しかも、料金が激安(料理は材料費のみ、酒は一杯150円〜)なので、珍しいモノ好きの若い女性客グループが集まっている。となると、やることは一つだ。まずは、男2〜3人組で店に入り、適当な席に座ろう。しばらくして、女のコグループが調理場に向かったら、こちらも材料を片手に調理に行く。その後は、隣併せで料理をしつつ「、それ美味....

    記事を読む

  • 2018/09/16その他

     滅多に来店しないレア美人は夕方5時までにさっさと売り切れる半年ほど出会い喫茶に通い詰めていると、どの時間帯に上玉の女がやってくるか、自分なりの統計のようなものができあがる。客引きに釣られてやってきた本当の純粋っ子もおります『出会い系バー』の女性客は、大半が売春目的である。話が早くてありがたいのだが、言い換えれば風俗嬢っぽい。抱いてもなんだか虚しい。そこで私は、なるべくスレてないコを探し求めて...

    記事を読む

  • 2018/07/31出会い・モテ攻略

     「スイーツどうぞ」とテキーラボールを出してくれますここのマスター曰く、「テキーラボールは酒ではなくスイーツ」だそうで、女連れで店に入るとすぐに状況を察知して、「このスイーツ、美味しいですよ」とテキーラボールを女の子に鬼プッシュしてくれます。実際ゼリー状のテキーラボールをスプーンで食べると甘くて美味しいので、女の子もコロっと騙されてくれるんです。キスもお触りもバレない完全個室のL字型ソファ高級...

    記事を読む

  • 2018/07/30出会い・モテ攻略

     イヤらしいことしてるカップルだらけの居酒屋ターミナル駅から近い全席完全個室の和食居酒屋で、ナンパ師仲間の間では「最初に女を連れ込む店としては基本中の基本」と言われてる場所です。値段のわりに料理や酒もそれなりのレベルだし、全ての部屋がいい感じに狭く、どんなタイミングで女を連れ込んでも密着しながら酒が飲めるので、女をその気にさせたいときは使い勝手がいいんです。隣の部屋からヒソヒソ声の猥談やアエギ...

    記事を読む

  • 2018/07/28出会い・モテ攻略

     まだヤレてもいない女と温泉宿に泊まるのはさすがに無理があるけれど、ドライブ中、日帰り温泉にフラッと立ち寄るくらいなら、まだ何とかなる。ひとっ風呂浴びて休憩でもしねえ? てなノリで。まんまとOKをもらったら、目的の半分は成功したも同然だ。実はこの温泉施設では、完全個室の休憩所をレンタルできるのだ(3時間3千円)。もっとも、女がそばいるときに個室をレンタルすれば警戒される可能性もある。受付に行くの...

    記事を読む

  • 2018/07/23出会い・モテ攻略

     ワインバーはどこにでもありますが、ボトルを700円で出すところはそうないでしょう。まずはグラスワインが100円で飲める時間帯(オープンから20時まで)以降に女と入り、メニューを見ます。そこですかさずこの一言。「あれ、グラスだと500円かぁ。こっちのボトルのほうが安くていいよね」当然ウンとなるでしょう。本当にそっちのほうが安あがりなんですから。グラスをおかわりさせるより、ボトルでぐびぐび飲ませるほうが容易なの...

    記事を読む

  • 2018/05/19出会い・モテ攻略

     大阪の酒飲みの間では有名なバービルで、ビル内にある30軒を超えるテナントのどれもが、客同士が親密になりやすい雰囲気を持った不思議な空間だ。以前は客層が高めだったが、最近テレビなどで取り上げられるようになったからか、若い女の子たちがどっと増え、結果的に俺のようなオッサンと若い子の出会いの場になっている。基本的にどの店も使えるが、女の子といい感じになるには店の選び方が重要だ。その日、1人で飲んでる...

    記事を読む

  • 2018/04/06出会い・モテ攻略

     最近、相席コースを設けているbarや居酒屋が増えている。だが、それらの店が本当に使えるものなのかもう一度考え直してみてほしい。初対面の女と出会い、相席になったとして、彼女たちを笑わせ続けるほどオレたちはコミュ力に長けていただろうか。1~2時間も会話が続くのだろうか。正直に言おう。それはオレたちにとって困難な道のりだ。そう、仮に相席という場が設けられても話が弾まなくてはまったくその意味がないのだ....

    記事を読む

カップリングパーティーもバー主催は密着しやすい

0089_20180921204413485.jpg 0090_2018092120441411b.jpg 0091_20180921204416e4f.jpg
マクドの深夜時間帯には、シニアの清掃スタッフが常駐してるんです。その理由は、夜を明かすヤンチャな若者たちを相手にするのに都合がいいから。クルーが注意したら角が立ってトラブルになりかねない。
「お前らいつつもここにおるけど、ちゃんと家に帰ってんのんか?」
帰ってへんよ父ちゃんウザいし!
彼らは掃除をしながら女の子たちの悩みを聞いたり、世間話をしたりしている。そんな話に耳を傾けていると、突然こちらに話を振られます。
「ちゃんと家には帰らんとあきませんよね、どう思います?いっぺん言うたってくださいよ」
そんなやり取りを聞いてケタケタと笑いながら大きく同意する女の子たち。一瞬で場が盛り上がるのです。そこで彼女たちの話を聞けば、大抵行くところも泊まるところもないような感じなので、メシにでも誘ってあげれば簡単に付いてきます。

ギャラリー兼カフェ&バーで若いアーティストのサブカル友達と出会いの輪を広げる

0130.jpg 0131_20180921093218363.jpg
ここは自分たちで調理を行う変わりダネ居酒屋で、自然とキャンプみたいな感覚になる。しかも、料金が激安(料理は材料費のみ、酒は一杯150円〜)なので、珍しいモノ好きの若い女性客グループが集まっている。となると、やることは一つだ。まずは、男2〜3人組で店に入り、適当な席に座ろう。しばらくして、女のコグループが調理場に向かったら、こちらも材料を片手に調理に行く。
その後は、隣併せで料理をしつつ「、それ美味しそうだね「」醤油貸してくんない?」なんて話しか
ければよろしい。ごくごく自然な出会いなので、一緒の席で飲むくらいにはすぐなれる。
私は荻窪にあるギャラリー兼カフェ&バーをよく利用しています。ここは毎週のように違ったアーティストの作品が飾ってあって、それをきっかけに出会いも楽しめるんですね。方法としては、まず事前に店のHPで作品展示情報をチェックしつつ、若いアーティストの展示日を押さえます。理由はもちろん、大勢の女友達がやってくるからです。とはいえ、自分から女性に声をかける必要はありません。ただボーっと作品を見ていれば、作者から勝手に話しかけてきて、さらには友達も紹介してくれるからです。まったくアートの力は偉大ですね。
また大抵の女のコはお酒を飲みながら談笑してるので、比較的フレンドリーな雰囲気で迎えてくれるのも嬉しい。サブカル系のコが多いのもソレ系がタイプの僕にはかえって有り難いくらいです。
世話焼き系のバーはあちこちにありますが、大抵は店の人間と仲がよくなってからでないと、女のコを紹介してくれないものです。でもここは違います。半年前、初めてボクが1人で店を訪れたときも、若い女性の1人客との仲を取り持ってくれました。店員がカウンター越しにボクと彼女へ交互に話しかけつつ場を盛り上げてくれるので、自然と2人の会話もスタート。と、頃合いを見計らって、店員は別の客のところへ。いたれり付くせりとはまさにこのことでしょう。
世話焼きマスター系のお店というのは、敷居が高いことが多いですよね。気に入られ、常連になってやっとこさ女性を紹介してくれる──。そんな常識を覆すのがこのバーです。男性店員はみなやたらとフレンドリーです。一見の男性客が1人でカウンターに座ろうものなら、常連さん以上にチヤホヤしてくれます。たぶん新規の客が来るのは珍しいからなんでしょうね。そんな状況下、女性の1人客がやってくると、店員さんが両者に話しかけつつ、頃合いを見計らって、2人を相席にしてくれるのです。僕が入店したときもまさにそうでした。さらには仲を深めるべく、横からさんざん盛り上げてくれるのです。以来、こんな体験が3度も…って、あ〜、やっぱ教えるんじゃなかった!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

就活帰りの女子大生のいる出会いバーや出会いカフェ

0070_20180916094353ba5.jpg 0071_20180916094354bf0.jpg
滅多に来店しないレア美人は夕方5時までにさっさと売り切れる
半年ほど出会い喫茶に通い詰めていると、どの時間帯に上玉の女がやってくるか、自分なりの統計のようなものができあがる。
客引きに釣られてやってきた本当の純粋っ子もおります『出会い系バー』の女性客は、大半が売春目的である。話が早くてありがたいのだが、言い換えれば風俗嬢っぽい。抱いてもなんだか虚しい。そこで私は、なるべくスレてないコを探し求めているわけだが…。
『出会い系バー』は、だいたいどこも、店先で呼び込みをしている。
「おねーさん、入場料タダなんで。ドリンクも3杯、フードも2品まではタダなんで、寄っていってくださいよ」
だからときどき、客引きに釣られるカタチで、普通のコもやってくる。こちらがワリキリを持ち掛けると、驚いてドギマギするようなコが。
「えっ、ここってそういう場所なんですか?」
「知らなかったの?」
「…相席のお店みたいなもんだろうと思ってたんですが」
もちろん彼女ら、ワリキリ嬢じゃないので、すんなり援交の話には乗ってこない。「そういうのはムリです」とか何とかかわしてくる。とはいえ、タダ飯のフレーズに引かれてやってきた人種だ。5千円ほど小遣いを出して「とりあえず飲みにでも行こうよ」と言えばまず乗ってくるし、いざ移動した飲食店で2万円くらい現金を握らせれば、心が揺らいでくれるものだ。信じられないかもしれないが、あるお見合い形式の出会いバーでは、かなりの美少女とタダマンできたこともあった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

京都・デートでエッチに持って行けるバー・居酒屋

0179_20180731090305100.jpg 0180_2018073109030659a.jpg
「スイーツどうぞ」とテキーラボールを出してくれます
ここのマスター曰く、「テキーラボールは酒ではなくスイーツ」だそうで、女連れで店に入るとすぐに状況を察知して、「このスイーツ、美味しいですよ」とテキーラボールを女の子に鬼プッシュしてくれます。実際ゼリー状のテキーラボールをスプーンで食べると甘くて美味しいので、女の子もコロっと騙されてくれるんです。

キスもお触りもバレない完全個室のL字型ソファ

高級ホテルの部屋をイメージした、いかにも女ウケしそうなムーディな作りだけに、気取った女でも安めの女でも気兼ねなく誘えるのが嬉しい。狙いは店の奥に数パターン用意された、完全個室タイプの席だ。背の高いL字型のソファが置いてあるので、女の子がどこに座ろうと、ごく自然に隣りに座
ることができ、キスをするにも肩に手を回すにも、自然な位置取りが可能だ。酒や料理を運んでくる店員たちは、入室するとき必ずノックするので、キスしてようが股間に手を伸ばしてようが、余裕で誤魔化せるのがありがたい。あらかじめ料理とワインのフルボトルをオーダーしておけば、邪魔されずイチャイチャに集中できるはずだ。
オープンテラスの目の前でカップルどもが次々とラブホへ
シティホテル内にある洒落たレストランカフェなので、ごく自然にお茶に誘える雰囲気だが、テラス席に座ると思わぬ光景に出くわす。ちょうどカフェの真裏にラブホテルの入り口があるので、真っ昼間からセックスしに行くカップルたちがモロ見えなのだ。嫌がる女を強引に引き込む中年男、ベタベタと腰に手を回して消えていく学生風の男女などなど、色んなタイプのセックス直前カップルが見えてしまう。目の前にそんな光景が広がれば、下系の話題にシフトするのは自然なことだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

大阪・デートでエッチに持って行けるバー・居酒屋

0175_201807300847467da.jpg 0176.jpg
イヤらしいことしてるカップルだらけの居酒屋
ターミナル駅から近い全席完全個室の和食居酒屋で、ナンパ師仲間の間では「最初に女を連れ込む店としては基本中の基本」と言われてる場所です。値段のわりに料理や酒もそれなりのレベルだし、全ての部屋がいい感じに狭く、どんなタイミングで女を連れ込んでも密着しながら酒が飲めるので、女をその気にさせたいときは使い勝手がいいんです。隣の部屋からヒソヒソ声の猥談やアエギ声が聞こえてくることもしょっちゅうです。ただし店員の細やかな気配りなんてものは期待できないので、いきなり料理を運んできた店員にイチャコキを見られて気まずい思いをすることがあります。注意しましょう。
どんな体位にも対応可能なふかふかマットレスのカラオケ
このカラオケ、デパートのキッズコーナーで見かけるような柔らかいソファマット敷きの部屋ばかりなので、二人で寝転んでイチャ付くには最高の使い心地
だ。室内にはカメラもなく、店もそれほど混んでいないので店員が部屋の前を通る頻度も少ない。他人の目を心配することなく柔らかい床の上で女の子と寝転がっていれば、誰だってごく自然とエロい雰囲気になってくるものだ。正直、俺の場合はほとんどラブホ代りに使わせてもらっていて、正常位でハッスルしても膝が痛くならないのがうれしい。
本格カクテルが飲み放題なのでみんなグデングデン
2600円で飲み放題食べ放題ができる、貧乏学生には非常にありがたいお店です。しかもマティーニやジンライム、ホワイトレディなんかの強いショートカクテルも飲み放題なので、コンパにはもってこいです。その手の甘くて強いカクテルを一度に大量に頼んでテーブルに並べておくと、自然と女の子たちの飲むペースも早まるので、あっという間に泥酔女子が出来上がります。近くにはラブホテルもあるので、うまくチームワークを使って引き離しましょう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

名古屋・岐阜・静岡デートでエッチに持って行けるバー・居酒屋・スポット

0167_20180728081157346.jpg 0168_201807280811583ff.jpg
まだヤレてもいない女と温泉宿に泊まるのはさすがに無理があるけれど、ドライブ中、日帰り温泉にフラッと立ち寄るくらいなら、まだ何とかなる。ひとっ風呂浴びて休憩でもしねえ? てなノリで。まんまとOKをもらったら、目的の半分は成功したも同然だ。実はこの温泉施設では、完全個室の休憩所をレンタルできるのだ(3時間3千円)。もっとも、女がそばいるときに個室をレンタルすれば警戒される可能性もある。受付に行くのは、女が風呂へ向かったあとがいいだろう。で、入浴が終わったら、「休憩所を押さえておいたから、そっちで休もうよ」この流れで落とせなかった女は1人もいない。金華山ドライブウエイは全長5キロ弱の山道だ。その途中にある展望公園は、市内でも有数の夜景スポットになっており、週末は大勢のカップルで賑わっている。ま、それだけならどうってことはないが、実はこのドライブウエイ、暴走族や走り屋の進入を防ぐため、夜10時から翌朝7時までの9時間、入口がゲートで封鎖されてしまうのだ。そうなればもちろん、内側の車も外には出られない。もうおわかりだろう。俺はこの仕組みを利用し、いつもオイシイ思いをしている。閉鎖時間を過ぎてから下山し、ゲートを見て「やべぇ、閉じ込められたよ!」とすっとぼけるワケだ。その気になれば、ゲートを乗り越えて女だけ徒歩で帰ることも可能だが、
「この辺、族とか出て危ないし、車で寝ていきなよ」といえば(実際その通りなのだ)、十中八九あきらめる。
テキーラボールを考えたやつは天才だ。酒に弱い女でもホイホイ食えるほど美味いのに、アルコール度数は高いままだなんて。東京や大阪あたりなら、テキーラボールを出す店なんかいくらでもあるんだろうけど、俺の地元岐阜ではここにしかない。しかも普通の居酒屋なので、バーへ女を誘うよりも、ずっと気軽なのが高ポイントだ。ちなみに、俺は東京の複数の飲み屋でテキーラボールを食べたことがあるのだが、それらと比べると、この店のはナゼか格段に味がいい。本物のフルーツゼリーを食ってるような舌触りで、全然酒の味がしないのだ。20%もアルコールが入ってるというのに。道理で女を潰しやすいはずだ。ここ、オレらが女の子との飲み会によく使ってる居酒屋です。
めっちゃいいですよこの店。「学生コース」ていう宴会プランがあって、2 時間で1人3 千円と値段は普通なんですけど、内容がヤバイ。スピリタスっていう酒を聞いたことありませんか? 95度のウォカです。黒ヒゲ危機一髪みたいな名古屋駅から桜通りを進む、300メートル右手、資生堂ビルの脇の路地を入り、すぐ。ゲームと一緒に、そんなブツが出てくるんです。そう、ゲームで盛り上がって負けたヤツが罰ゲームで飲めってことですよ。おかげで、ぶっ倒れる人間が続出、毎回オレ、女の子を送って帰ってますよ。へへっ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

東京・デートでエッチに持って行けるバー・居酒屋

0151_20180723091110a86.jpg 0152_20180723091112ee3.jpg
ワインバーはどこにでもありますが、ボトルを700円で出すところはそうないでしょう。まずはグラスワインが100円で飲める時間帯(オープンから20時まで)以降に女と入り、メニューを見ます。そこですかさずこの一言。
「あれ、グラスだと500円かぁ。こっちのボトルのほうが安くていいよね」
当然ウンとなるでしょう。本当にそっちのほうが安あがりなんですから。グラスをおかわりさせるより、ボトルでぐびぐび飲ませるほうが容易なのは自明の理。ワインってのは地味にアルコール度数が高いので、杯を重ねていくと知らぬ間に酩酊する子が多いです。
まずゲイバーってのは女に喜ばれるジャンルの店だ。テレビでよく出てくるおネエタレントみたいなのを想像しているのだろう。実際にいるのも、まあそんな店員たちだ。この店はそんな2丁目バーのなかでも女を連れていくのに適した店だ。カップルで行ったら、マスターがとにかく下ネタをふってくる。
「アンタたちどうせこれから一発ハメに行くんでしょ?」
「こら、そこの女、もう濡れまくってるのはわかってんのよ」
「ウチのトイレでフェラしてくれば?」
「この人(オレ)チンコでかいわよ。見ればわかるんだから」
口説き落としたいというこっちの意図がわかっているかのようなフレーズに、酒が入った女もその気になるのかもしれない。
「よっしゃ、じゃあラブホ行くか」「えー、そうしよっか(笑)」みたいな流れで店を出て本当にラブホに行けるんだから。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

クラブよりナンパ出来るバー

201506085.jpg 201506086.jpg
大阪の酒飲みの間では有名なバービルで、ビル内にある30軒を超えるテナントのどれもが、客同士が親密になりやすい雰囲気を持った不思議な空間だ。以前は客層が高めだったが、最近テレビなどで取り上げられるようになったからか、若い女の子たちがどっと増え、結果的に俺のようなオッサンと若い子の出会いの場になっている。基本的にどの店も使えるが、女の子といい感じになるには店の選び方が重要だ。その日、1人で飲んでる女のいる店を選ぶのが基本だが、どのバーも扉を開けるだけで
店内の様子が見れるようになっているので、どこでもいいのでお店の扉を開けて店内をチェックし、女性がいなければ扉を閉めて別の店に行く。そうやって片っ端から扉を開けていけば、すぐに女の単独客を見つけられるはずだ。店に入ったら、あとは女性との間に1つ席を空けて座り、黙ってお酒を飲んでいればいい。あとは店員と女性客のトークにただうなずいているだけで「そうですよね?」「お兄さんはどう思います?」などと店員が話題を振ってくれるはずだ。
ちなみに『ホテルアドリアーノ』と『デジカフェ』はどちらも女の子が好きそうなオシャレな雰囲気なので女性の割合が多い。最初にチェックしてみるといいだろう。10年以上前から男女のセッティングを続けてきた老舗の婚活バーとして知られる店で、いつも出会い目的にやってくる客で賑わっている。女性の年齢層は幅があり、美魔女的な30~40代の女性が1人で飲んでいたり、20代前半のピチピチ娘2人組がカウンターで談笑してることもある。お店の一番のウリは、マスターに好みの女性のタイプを伝えて後日セッティングしてもらう合コンシステムだが、普段から来る客がみんな出会いを意識しているうえに、ノリが軽い世話焼き店長さんが、「飲み友達になっちゃいなよー」とけしかけてくれるので、わざわざ合コンに参加しなくてもカウンター席でいつでも合コン状態になれる。店長さんに好みの女性をこっそり告げれば、さりげなく間を取り持ってもくれるので、コミュニケーションが苦手な男でも女の子と仲良く飲むことができるはずだ。俺はいつも男だらけの飲み会の2次会会場として利用させてもらっているが、オイシイ展開になったのは1度や2度ではない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

即日お持ち帰りを決めやすい出会いバー

201506073.jpg 201506074.jpg
最近、相席コースを設けているbarや居酒屋が増えている。だが、それらの店が本当に使えるものなのかもう一度考え直してみてほしい。初対面の女と出会い、相席になったとして、彼女たちを笑わせ続けるほどオレたちはコミュ力に長けていただろうか。1~2時間も会話が続くのだろうか。正直に言おう。それはオレたちにとって困難な道のりだ。そう、仮に相席という場が設けられても話が弾まなくてはまったくその意味がないのだ。その点で、この相席barは頼もしい。芸人をしている店長が相席になった女性との会話を盛り上げてくれるのだ。男を立て、女を飲ませ、笑わせ、連絡先交換まですべて請け負う。この店に来るたび、本当に重要なのはコミュニケーションであることをいつも実感する。 
毎月何回かライブ演奏も行われている100人は入りそうな大箱のライブバーで、渋めのオッサンバンドの時も若手バンドの時も客は比較的若い子ばかりです。店内は薄暗いシブイ雰囲気の内装で、ダーツがあったり料理が美味かったりと普通にいいバーだなって雰囲気ですが、何よりいつもゆったりした動きの名物店長さんのノリが良く、頻繁にバーベキューやら納涼祭やらと銘打ったライブイベントを立ち上げて客同士の横の繋がりを拡げようと頑張ってくれてます。この頻繁に開催されるライブイベントがこの店の狙い目です。イベントの日は「友達の友達」という希薄な関係同士の女性客が多く、ライブ演奏が終わるころにはみんないい感じに酒が回っている。そこにマメに客同士を紹介してくれる店長はじめスタッフの援護射撃が入るので、いつも一見客と常連客が入り交じっての仲良しパーティ状態になります。1人だろうがグループだろうが男同士で行けば女性グループをユルイ感じで紹介してもらって一緒に飲める。そんなわけで俺もここの常連になってしまったんですけど。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます