パチスロのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:パチスロ

  • 2019/05/05お金の話

         私見で言うならば、一介の人間がパチンコやパチスロで生計を立てる方法は3つしかないと思う。1つはホールの従業員になること。毎月給料が支給され、店によっては住居まで面倒を見てもらえるので、最低限の生活は営めるだろう。もう1つは、台のメーカーに就職すること。大手の社員ともなれば、そこそこ裕福な生活が送れるに違いない。そして最後の1つがパチプロになること、ではない。朝早く起き...

    記事を読む

  • 2019/03/16お金の話

       よく詐欺会社が出しているようなガセネタではない、本物のパチスロ攻略法がある。手順さえ守れば誰でも100%勝ててしまう攻略法だ。攻略法が使えるのはSANKYOというメーカーから出ている「ボンバーパワフル2」という台だ。この台には欠陥があり、チャンスゾーンの待機状態になっているときに、一定の法則に従って押し順ナビを無視するとコインが微増する状態(RT)が永久に維持できてしまうというものだ。手順を...

    記事を読む

  • 2018/12/04お金の話

         新宿歌舞伎町の東通りに、奇妙な店がある。名前は『G』。パッと見た感じは、昔懐かしのスロットを打てるゲーセンみたいなんだけど、表の張り紙にこんなコピーが踊っているのだ。『金の自販機出現』『最高2万円キャッシュバック!』『4号機で遊べる!!』『スロットでボーナスを引くと金箔カードが!』どれもこれも釈然としない文句だが、どことなく匂わないだろうか。スロットの4号機を打って、も...

    記事を読む

パチンコやパチスロで生計を立てるゴト師という仕事

0212_20190505133654355.jpg 0213_20190505133655e7a.jpg 0214_201905051336568c7.jpg 0215_2019050513365846d.jpg 0216_2019050513370054a.jpg 0217_20190505133702aea.jpg私見で言うならば、一介の人間がパチンコやパチスロで生計を立てる方法は3つしかないと思う。
1つはホールの従業員になること。毎月給料が支給され、店によっては住居まで面倒を見てもらえ
るので、最低限の生活は営めるだろう。
もう1つは、台のメーカーに就職すること。大手の社員ともなれば、そこそこ裕福な生活が送れる
に違いない。
そして最後の1つがパチプロになること、ではない。朝早く起きて新装開店に並び、釘を読んで、回転数をチェックし、かつ資金を管理するなんてことは普通の人間にはできやしない。
そう、最後の1つはゴト師になることだ。ゴト師とは、一言で言えば不正な方法で玉やコインを抜く人間を意味する。不正、という点が引っかかる人は多いだろうが、これもまたこの業界で確実に糧を
得る手段の1つだ。
中学卒業以来つい最近まで、常にパチンコ・パチスロのゴトで食べつないできた。とはいえ、それはゴト師グループの中心的存在にいたからというのではなく、流れに身を任せるうちにそうなってしまったというのが実状だ。単なるパチンコ好きの僕がいかにして悪事に手を染めるようになったのか。
町田市で僕は生を受けた。親父が小さな電気部品工場を営んでいたおかげで、幼少期より比較的裕福な生活を送れはしたが、それが裏目に出たのか、地元の公立中学に入学するころには、タバコとシンナーを少々たしなむ程度のちょっとした不良になっていた。
初めてパチンコ屋に入ったのは、ちょうどそのころ。当時、周りの貧乏連中の倍近い月額5千円の小
遣いをもらっていた僕にとって、パチンコという遊びはそれほど魅力的な遊びとも思えなかったのだが、付き合いでやってみたところ、その「ビッグシューター」という台は、どういうわけか簡単にVゾ-ンに玉が入り、小さなドル箱1杯分、約2千円が瞬時に手に入ったのだった。
こうなりや自制心の利かない学生が通い詰めにならないわけがない。学校へも行かず、昼過ぎに起きてはパチンコ屋に向かってコッコッと小遣いを稼ぐ毎日が始まった。
もちろん当時はこの世界で食べていこうなんて腹はさらさらなかったけれど、この世の中は働かなくても食っていけるんだとぼんやり認識し始めたのは確か。親が汗水垂らして会社を切り盛りしているというのに、息子がこれだから困ったものだ。
中学卒業時、渋谷でチーマーと呼ばれる愚連隊の活動が全盛で、僕も友人に誘われる形で、あるチームに属していた。ただ僕のいたチームは、何をするでもなく、ただ街中でだべってるだけ。抗争なんてカッコイイこともなければ、クスリをさばくこともない、いたって健全なグループで、しかも揃いも揃ってパチスロ好きという実に軟弱な集団だった。
その中の1人に、上野のパチンコ店にしょっちゅう出入りしている男がいたのだが、ある日、そいつが常連のおっさんにパチスロ必勝法の情報を売ってやると持ちかけられたとしゃべり出した。カツあげにも薬物にも縁のない我が軟弱チームにはおいそれと手の出せる金額ではないが、いつもコインを山積みにしているおっさんだから信用してもいいだろうとの提案が決め手となり、いつちよ乗ってみようとの結論が出た。普段はただまったりしているだけのひ弱なチーマーも、ことパチスロとなると恐るべき結束力を発揮する。パーティ券などというワケのわからないものをさばいてなんとか工面した僕たちは、いざ上野のおっさんの元へと出向いたのだった。
と、このおっさんが教えてくれた情報というのが、バカでもできるほど簡単な攻略法だった。
本来、スロットは3枚コインを投入してスタートレバーを押すのだが、おっさんのやり方はスタートレバーを押す瞬間に4枚目のコインを投入するというもの。タイミングが合えばこれだけで確実にビッグポーナス(大当たり)が来るというのだ。とても信じられないので、試しにやらせてみると、おっさんは難なく7をそろえてしまう。ひょっとしてあらかじめビッグを入れてあったんじゃないかと(パチスロには大当たりだけど絵柄が揃っていない状態というのがあり、これをビッグの入った状態と呼ぶ)、隣の台でもやらせてみたら、こちらもすぐにスリーセブン(777)。
僕たちは目を白黒させながら、さっそく上野の別の店で試してみた。と、これが出るわ出るわ。ピアスに茶髪の5人組だけが大爆発させている様は圧巻の一言だ。
その後も毎日のようにパチスロ台に向かい続けた僕たちチーマーは、各人それぞれ月に200万円ほど勝ちまくり、財布に万札釦枚ほどを忍ばせては渋谷で散財しまくった。この「4枚がけ」と呼ばれる方法は、コインセレクターという部品の異常によって可能だったらしく、僕たちが知ってから3カ月ほど経ったころにメーカーが気付き、全台回収の憂き目となる。しかしヨンチネンタル」がなくなっても食い扶持はなくならなかつた。上野のおっさんが次々に情報を売ってくれるからだ。
当時のパチスロというのは、簡単な方法で攻略できるものが多かった。「リノ」という機種には、精算ボタンを押しながらスタートボタンを押すポロリンセット(コインが1枚ポロリンと出てくる)
があったし、「スペーススペクター」や「スペースバトル」には、同じような方法で行うバフセット
(パフつと音がする)があった。
専門雑誌でその手の攻略法が紹介され、公になった時点で即使えなくはなっていたが、僕たちの耳に入ってくるのはその数カ月前。たんまり稼がせてもらうことができたのだ。しかし、我が世の春は長続きしなかった。パチスロが4号機と呼ばれる新しい基準に切り替わったことがきっかけだ。
4号機とは、射幸心の煽りを抑えるためにギャンブル性を低くしたもの。つまり大きく負けない代わりに大きく勝つこともできないようになったのだ。まあ、ただそれだけなら良かったのだけど、この4号掃機にはそれまでのような誰にでもできるような攻略法が一切通用しなくなったことが痛かった。僕たちは楽をして勝つことに慣れていたので、4号機用の技術を必要とする攻略にはどうにも馴染めなかったのだ。
ところが悪運は尽きず。ちょうどそのころ、都合よく、中学校時代の後輩の1人が「セットゴトの打ち子をやりませんか」と提案してきたのだ。セットゴトとは、台の裏にある正規ロムを、「ある手順で打つと大当たりが来る」という裏ロムに取りかえて不正に玉を出すことで、今までのスロットの攻略とは、方法が根本的に違う。
喜んで同意した僕は横浜のファミレスで、グループトップの面接を受けることになった。現れた主
犯格は、スーツ姿の男である。説明によれば、グループの大元がヤクザで、店のオーナーとつながりがあるとのこと。勝ち分の一部がオーナーに回されるため、税金対策として機能するわけだ。ただし、店長や従業員レベルの人間は一切このことを知らないらしい。茶色のロン毛にヒゲを生やしていた僕の姿を見て、男はまずヒゲを剃れと言う。
「お前、貧乏でヒゲを伸ばしてるよりは、ヒゲ剃って金になるほうがいいだろうよ」
「はい」
「あと、その頭も目立つから帽子をかぶれ」
「はい」
素直に返事をして、晴れて打ち子グループに迎え入れられた僕は、そのとき20才だった。さてこの打ち子のシステムだが、まず、どこでどう仕込んだのかは知らないが、裏ロムの入っているのは店にある全台の「大工の源さん」の中の8台。そのうち、打ち子が実際にゴトを行うのは1日につき4台のみだ。
当日の朝に「今日はこれとこれで行くから」と台番号が伝えられ、午後1時から5時の中番と、6時から10時までの遅番に分かれて打ちに行く。ただし、裏ロム台だからといって誰がどう打ってもジャンジャン勝てるわけではなく、打ち方に決まりがある。あまり詳しくは書けないが、中出目に「ヘルメット」が出たら打ち出しを止め、その後で2発だけスタートチャッカーに入れて…という複雑なもの。こうして初めて碓変が引けるのだ。碓変を自由に引けるのだから、その気になればいくらでも出せる。ただし、常連客や店員に怪しまれないよう金額にして6,7万円分でストップするのが決まりになっていた。中には、確変がいつまでも止まらなくて狸箱も出してしまった男がいたが、後でこつぴどく叱られていたようだ。このゴトは、途中で打ち出しを数十秒止めなければならず、かといって席を離れると不審がられるので、僕たちはハンドルを握る格好をしながらも手は触れないという姿勢で、その数十秒を凌いでいた。
勝った金は、駐車場で待っているトップの人間に持っていき、いくら使っていくら出したかを申請する。差し引き、すなわち純利益の3割が僕たち打ち子の収入だ。早番遅番2回入ると、だいたい1日で4,5万が手に入った。報告は自己申請だからいくらでも嘘はつけそうなものだが、トップとオーナーがツーカーなのでデータを照会されたら一発でバレてしまう。ある男は、8万円勝ったところを6万円と申請していたのが発覚し、差額の100倍、200万円を要求されたという。結局、ホール主任に発覚してロムが正規のものに入れ替えられるまでの半年間、グループ全体で抜いた額はおよそ1億円にまで上った。

本物のパチスロ攻略法

0077_20190316134724081.jpg 0078_2019031613472678d.jpg 0079_201903161347272f5.jpg 0080_201903161347284cc.jpg
よく詐欺会社が出しているようなガセネタではない、本物のパチスロ攻略法がある。手順さえ守れば誰でも100%勝ててしまう攻略法だ。攻略法が使えるのはSANKYOというメーカーから出ている「ボンバーパワフル2」という台だ。この台には欠陥があり、チャンスゾーンの待機状態になっているときに、一定の法則に従って押し順ナビを無視するとコインが微増する状態(RT)が永久に維持できてしまうというものだ。手順を紹介しよう。
1→チャンスゾーン「ボンバーチャレンジ」に自力で当選させる
2→ナビが出るまで中→左→右で消化
3→押し順ナビが出たら、無視して下の表のとおりに変則押し
●ナビの変則押し対応表●
213→231
312→321
321→312
231→213
4→中段に「スイカ・リプレイ・リプレイ」or「星・リプレイ・リプレイ」が入賞する
5→バラケ目のリプレイ(クレジット欄の下にあるリプレイランプで確認する)入賞まで順押しで消化
6→コインが減らなくなる。上段にリプレイが揃うまで中→左→右で消化
7→上段にリプレイが揃ったらコインが減らない状態は一旦終了。2へ戻り、以後繰り返す
この手順を繰り返すと、1ゲームあたり0.6枚のペースで永久にコインが増加していく。
1日繰り返せばチャンスゾーンを自力で当てるまでの投資を差し引いても約4500枚(9万円)ほどのプラスが見込める計算だ。変則押しによって警告音が鳴り続けるため、注意されないヌルい店を探すのが大変だが、見つければATMを見つけたに等しい。
金を使わずにポイントを貯める、いわゆる「ポイント乞食」と呼ばれる人種がいる。ヤツらがポイントを貯める手口を紹介しよう。まずは、リクルートカード(リクルートカードプラスは不可)・Yahooカード・楽天カードのいずれかを発行する。中でもリクルートカードが1.25%(ほかは1%)で一番還元率が高く、人気がある。審査に通過すると、カードと一緒に口座情報を登録するための用紙が届くが、この口座情報の登録をあえて無視。そして次に、発行したカードを使って、セブンイレブンで使える電子マネー「nanaco」にチャージ上限の5万円を一気にチャージ。この時点で、5万×1.25%=625円分のポイントがカードに付与される。翌月には当然5万円分の請求書が来る。この請求書をセブンイレブンへ持っていき、nanacoで支払いをする。かくして1円も金を使うことなくポイントを貯めたことになる。5枚nanacoを作ってこの方法をやれば、クレカには約3千円分のポイントが貯まることに。さらに上記で紹介したカードを3枚使えば月に9千円の不労所得だ。
コンビニの発券機で、お菓子やジュースのタダ券を大量に発券している奴らがいる。連中がどうやってタダ券を得ているのか、その手口を紹介しよう。まず、yahooプレミアムのアカウントを量産する。初回の入会は月540円の会費が2カ月無料になるので、お金はかからない。しかし、yahooプレミアムは1つのクレジットカードで1アカウントまでしか紐付けできない。これでは量産は難しい。
そこで、ローソン店頭で配布している“おさいふponta”を使う。このカードには、たまったポイントをJCBデビットとして使える機能がついている。そのためクレカとして登録できるのだ。プレミアム会員のアカウントを量産したら、ヤフーが運営している“プチギフト”というサイトにアクセス。このサイトは懸賞サイトで、プレミアム会員だけが抽選に参加できる。景品はコンビニのコーヒーやお菓子などで、高額商品はないものの、高確率で商品が当たるサイトとして知られている。平均して月に10回ほど抽選が受けられ、月に3~4回はお菓子やジュースのタダ券が当たるため、100個アカウントを作ったとしたら、月に300枚はタダ券が手に入る計算だ。

パチスロ換金ゲーセンがあった!?

0108_20181204002327776.jpg 0109_20181204002328a4e.jpg 0110_20181204002330daf.jpg 0111_201812040023317a0.jpg 0112_201812040023339ef.jpg 0113_20181204002334b7e.jpg新宿歌舞伎町の東通りに、奇妙な店がある。名前は『G』。パッと見た感じは、昔懐かしの
スロットを打てるゲーセンみたいなんだけど、表の張り紙にこんなコピーが踊っているのだ。
『金の自販機出現』『最高2万円キャッシュバック!』
『4号機で遊べる!!』
『スロットでボーナスを引くと金箔カードが!』
どれもこれも釈然としない文句だが、どことなく匂わないだろうか。スロットの4号機を打って、もしも当たったら換金してくれる、というふうに読めるのだが。4号機は、ひとたび当たれば連チャン連チャンで、10万、20万とコインがはき出される反面、出ないときも10万単位を飲み込むという、波の激しさが特徴だ。あまりに射幸心をあおるため、07年の規制によってホールから姿を消している。違法な闇スロでは4号機を置いている店は多いけれど、通りに堂堂と面した、換金できるゲーセンのスタイルで楽しめるケースは異例中の異例。もしこれが事実なら大事件だ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます