ビジネスのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ビジネス

  • 2018/11/08お金の話

         エ口雑誌や夕刊紙を見ると、必ず掲載されているのがツーショットダイヤルの広告。夜中、一人身の寂しさについ電話をかけてしまう男性読者も多いはず。テレクラと違って、自宅から利用できるのがツーショットの良いところだ。電話をかけると最初に流れてくるのはコンピュータの自動音声。その指示従って操作を進めると、すぐに女性とドッキングできる。でも、よく考えてみると、コレって実にオイシイ...

    記事を読む

  • 2018/03/15裏風俗・風俗体験談

    以前の裏モノで取り上げた『JK本番ルーム』の記事は、雑誌発売直後から大きな反響を呼んだ。当然だろう。なにせその店、表向きは、個室で客と女子高生がおしゃべりを楽しむ場としながらも、実際は平然と管理売春を行っていたのだから。このご時世に、そこまでぶっ飛んだビジネスが存在するなんてクレイジーにもほどがあるってものだ。が、歌舞伎町の一角にあったその店は、すでに存在していない。記事に取り上げられたことで摘発...

    記事を読む

ツーショットや伝言・出会い系ビジネスの経営は儲かるのか?

0144_20181108130912a1a.jpg 0145_20181108130913cb6.jpg 0146_20181108130915d1f.jpg 0147_20181108130916915.jpg 0148_20181108130918ac8.jpg 0149_20181108130919b46.jpg
エ口雑誌や夕刊紙を見ると、必ず掲載されているのがツーショットダイヤルの広告。夜中、一人身の寂しさについ電話をかけてしまう男性読者も多いはず。テレクラと違って、自宅から利用できるのがツーショットの良いところだ。電話をかけると最初に流れてくるのはコンピュータの自動音声。その指示従って操作を進めると、すぐに女性とドッキングできる。でも、よく考えてみると、コレって実にオイシイ商売なんじゃないだろうか。まず店舗を構えなくていいのが魅力的だし、男性と女性、それぞれのコールを取り次ぐ作業もコンピュータが勝手にやってくれる。実際、コンピュータとそれを設置する場所さえあれば1人でも開業できるし、そのような業者は多数存在する。あとは発行部数の多い雑誌に広告を出しておけば、ジャンジャン電話がかかってきて、男が銀行口座に金を振り込んで来るのを寝ながら待つだけ…。
コレがホントなら皆が皆手を出してそうなもんだが、それじゃあまりに話がウマ過ぎるというもの。簡単に儲かりそうな商売だからこそ、裏は必ずついて回る。開業の手順を見ながら、説明しよう。ツーショット番組を始めるにあたっての第一歩は、まず、男女のコールを繋ぐためのシステム(要するにコンピュータ)を購入すること。現在、国内にはこのシステムを販売する専門メーカーが数十社あ
り、購入の際には電話回線などもセットで付いてくるので、番組を運営するのに必要なハード面はほ
ぼ揃ってしまう。販売メーカー選びは、どれだけ慎重になろうと、なりすぎることはない。なんせ、ツーショットの心臓部ともいえるほど重要なモノだからだ。多くのメーカーは無想艇極誌などに広告を掲載しているが、中でも有名なのはイーステムやベルウッドといった都内の会社だ。特に前者は、素人でもすぐに使えるほど扱いやすい商品が多く、ほとんどのツーショット業者が採用している。
ただ、システムと一口に言っても、番組の形態によってタイプが分けられてくる。男女がランダムに繋がるねるとん系の番組ならドッキング一忽式、SMなどのマニア向けの番組ならプロフィール方式を採用しなければならない。さて気になるお値段だが、決して人目に触れないモノだけに、安くて100万、高いと1千万円以上と相場はあってないようなもの。メーカーによっては個人レベルで質のよいシステムを安価で販売してくれるケースもあるが、うっかりヘンな販売元から買ってしまうと、言い値でかなりの高額を吹っかけられることも。とはいえ、逆に値切る余地がでてくるのも事実。相手と交渉する際には、希望小売り価格の半額にさせるくらいの意気込みで臨みたいところだ。また、値段ばかりでなく、購入後のアフターケアが充実しているかどうかも販売元選びの大切なポイントのひとつ。特に、地方で開業する場合、トラブルにすぐ対応してくれるかどうかは絶対に確認すべき点である。大家に(したら、一巻のオシマイシステムを購入すれば、それを設置するための物件選びである。実は、これがけつこう厄介な問題なのだ。通常、ツーショット業者は、郵政省の認可を受け、場所的にもテレクラ規制条例(学校などの施設の付近では営業してはならない、などの細かい規制がある)に抵触しない範囲で営業を行うようになっている。ま、実際には無許可で営業しているところも少なくないのが現状だが、ならばどんな物件でも選び放題かといえばさにあらず。ツーショットは最低でも男女各8本、合計でも拓本という大量の電話回線を必要とするため、一般家庭用のマンションの造りでは、とても対応できず、どうしてもオフィス仕様の物件を選ぶ必要があるからだ。
もっとも、家賃の安そうな木造モルタルのアパートの一室を借り、電信柱から直接電話線を引いてく
る、なんて荒ワザもできなくはない。表向き、NTTはそうした危ない工事は受け請っていないが、交渉次第では何とかなってしまうものなのだ。しかし、そこまで寛容な大家がどこにいるだろうか。「マンションヘルス」の事情とまったく同じで「部屋はツーショットに使います」などと馬鹿正直に言えば、門前払いを食らうのがオチ。せいぜい広告代理店などと称して入居し、バレないのを祈るしかない。ヒサンなのは営業中に(してしまった場合。当然ながら、追い出しを食らって引っ越さなければならなくなるが、事務所の住所が変われば、同時に電話番号も変わる。ようやくリピーターが定着しつつあるツーショット番組にとって電話番号が変わることは、死を意味するほど大きな痛手なのだ。この問題をクリアするいちばんの方法は、システムを購入した先の販売メーカーに相談してみることだ。実は、メーカーによってはサクラがロリ声で大人気。宣伝はどんな商売にもつきものであるが、ツーショット広告に関するかぎり、これほど重要な要素もない。男性向けと女性向けの媒体は別々なので、順を追って説明することにしよう。まずは男性から。男性コールを募る上で、最も効果があるのが実話系週刊誌である。ところが、人気の媒体にすぐに広告が打てるかといえば、実際はまずムリ。広告代理店の力関係にもよるが、すでに大手の業者がスペースを確保しており、どれだけ金を積もうが新参者にはなかなか空きが回ってこない。専用スペースを有料で提供または紹介してくれる場合がある。これなら、事務所は別の場所に構えておき、モデムを介して機能を遠隔端末に呼び出すことで業務が可能。自由に事務所を移転できるというメリットもある。そこで、弱小業者は男性ユーザーの目を引くべく、なるべくコピーを過激にしたり、マニア向けの番組を小スペースで掲載したり、他業者の広告に相乗りさせてもらう(よほど相手と親密な関係がないと難しいが)など、苦肉の策を講じている。さらに、他社の伝言ダイヤルの女性用フリーダイヤルからアクセスして自分の番組をダダで宣伝したり、一回くらいはパクられることも覚悟の上で、町中の電柱に捨て看板をくくりつけたり、シールを作って公衆電話に貼ったり、駅前でゲリラ的にティッシュをバラ撒いたりする業者もいるほどだ。続いては、女性向けの広告。といっても、男性と同じ要領で考えるのは間違い。むろん、マジメに素人女性向けに広告を打つ業者もたくさんあるが、ほぼ100%に近い業者が、同時にサクラ募集の広告を出しているのだ。ソレ用の媒体で有名どころと言えば「ていんくる」や「yukai」などに代表される風俗.水商売専門の女性向け求人誌。
たいていは「テレホンレディ募集!在宅でしっかり稼げます」なんて名目で載っており、給料の金額を誇張して掲載するのはアルバイト募集の常套手段。一定の仕事量をクリアして初めてボーナスが加算される能力給制度にしておき、その最高額を載せておく分にはウソにならない。実際の平均時給は、800円から高くて1千円だ。ま、これでうまく集まればシメたもんだが、どっこいそうもいかないのが現状。というのも、テレクラ規制条例の施行以降、素人女性のコールが激減した影響か、後ろめたさが先立つのか、最近ではバイト希望者の数も減っているのだ。そんなワケだから、バイト希望者がナンバーディスプレイをしたまま電話をかけてくれば、たとえ条件面で折り合いが付かなくてもこちらから電話をかけ直して強引に登録させたり、他番む業者もいる。組の男性用回線から入って片っ端一見、非効率的なように思われから引き抜いてくるなど、あの手るかもしれないが、あなどるなかこの手を使ってサクラ確保に勤しれ。1週間かけてゲットしたのが女性専門求人誌を見れば、サクラ募集が腐るほど掲載されている1人だったとして1人だったとしても、人気の高いロリータ声の女の子なら、人分の戦力に相当するのだ。ただ、本物のロリータ娘を使ってしまうと摘発の対象になりかねない。パスポートや免許証など、偽造しにくい顔写真付きの身分証明書をバイト希望者から事前にファックスや郵送で送らせる業者が増えているのはそのためだ。
もっとも、案外と稼ぐので不思議に思って会話をモーターしてみたら、母親が娘に仕事をさせていた、なんてシャレにならないケースあるほど。そんなモン、いちいち会ってられるかとの声もあろうが、1年ほど前には某大手ツーショット業者が青少年保護育成条例の違反で摘発されている。二の舞いにならないためにも、女の子を登録する時は細心の注意を払うべきだろう。
サクラのコツ生かさず殺さず
こうして集めたサクラも、最初のうちは海千山千ではなく、素人丸出しなのは当たり前。もともとしゃべり上手でどんなきわどい会話もOK、なんて女のコはそうザラにはいない。変態オヤジとの会話に辞易して自分から電話を切るくらいならまだいいが仲良くなった客にサクラとバラしてしまえば、客は二度とかけてこなくなってしまう。そこでやはり、サクラの教育がどうしても必要になってくる。全員に職菱忌識を浸透させるために、どの業者もマニュアルを作って郵送しているのだ。マニュアルは、会話のノウハウだけでなく「男性客と会った人間はクビにする」などのペナルティも必要。なぜなら、客と会ったサクラが援助交際をして事件にまで発展した場合、業者側は売春防止法のほう助罪を食らい、営業停止処分どころかブタ箱に入るハメにもなりかねないからだ。そこでいちばん効果的な教育方法は、客との会話をモーターしておき、電話が切れた後で注意を促すという手。余談だが、これを1番の楽しみにしている経営者も少なくない。他人の会話を盗聴できるという喜びもさることながら、サクラとコミニュケーションを計ることで、いとも簡単にお近付きになれてしまうのだ。客に会うのは抵抗があるサクラも、業者の人間には心を開くのだから不思議なもの。客にとっては不愉快極まりない話だが、業者の人間にしてみれば、仲良くなったサクラとヤれてしまうのは当り前の役得なのである。

JKビジネスに現役JKはいるのか、いたちごっこは続く・・・

SnapCrab_NoName_2018-3-15_9-34-6_No-00.png
以前の裏モノで取り上げた『JK本番ルーム』の記事は、雑誌発売直後から大きな反響を呼んだ。当然だろう。なにせその店、表向きは、個室で客と女子高生がおしゃべりを楽しむ場としながらも、実際は平然と管理売春を行っていたのだから。このご時世に、そこまでぶっ飛んだビジネスが存在するなんてクレイジーにもほどがあるってものだ。が、歌舞伎町の一角にあったその店は、すでに存在していない。記事に取り上げられたことで摘発を恐れたのか、ある日突然、閉店してしまったようなのだ。
そこでまた新たな情報が。新宿からほど近い大久保エリアに、JK本番ルームとよく似たシステムの店がひっそりと営業しているらしいのだ。リフレ店を隠れみのに、現役の女子高生が客と本番しまくっているというのだからアナーキーというしかない。この国、マジで大丈夫か?
 平日夕方6時、JR大久保駅北口にやってきた。そこからわずか徒歩30秒の至近距離に古い雑居ビルが建っており、目的の店はその3階に入っているらしい。ビルの入口にはフロアごとの入居業者を表示するプレートがあり、3階部分には店名らしき1枚の張り紙が貼られている。こんな情報量の少なすぎる看板じゃ、何の店なのか想像もつかない。言い換えれば、わかるヤツだけ遊びに来ればいいという店側のメッセージとも受け取れるが。
階段をのぼって3階へ。看板も何もないシンプルなドアを開けた先に、いきなり受付が設置されており、陰気そうなロン毛の男性店員と目があった。
「…いらっしゃいませ」
「初めてなんですけど、ここ女のコって若いの?」
「ええ、うちはみんな新18なので」
新18とは、今年4月以降に18才になったコを指すらしく、高校に通っていれば3年生と同じ世代だ。一応、リフレ店を謳っているにもかかわらず、システムの説明などは一切ない。いきなり店員が切り出した。
「えっと、今日の出勤はこのコたちですね」
示されたボードには約20名の女のコの写真が張りだされており、そのうち出勤中の5、6人分がボードの下部に寄りわけられている。みな高校の制服のようなものを着ているがホンモノなんだろうか。
 とりあえずすぐに入れるコを選び、30分4千円の料金を支払ったところ、入口をカーテンで仕切った個室に案内された。広さ2畳にも満たない狭いスペースで、地べたにはタオルケットのような敷物と枕が置かれている。両隣の部屋にはいずれも先客がいるようで、時折、男女の笑い声や会話が聞こえてくるが、店内には大音量の音楽が鳴り響いているため、内容までははっきりわからない。おまけに照明も、リフレ店にしては不自然なほど暗い。とにかく場末のピンサロかよと言いたくなるほど、ウサン臭い雰囲気に満ち溢れている。いかにも良からぬコトをやっている店というか。まもなくカーテンが開き、女のコが入ってきた。
「こんにちはー」
襟つきの白シャツにチェック柄のミニスカ、清楚な黒髪のツインテール。肌の瑞々しさといい、見た目はまんま現役JKだ。
「こんにちは。この店オモシロイね。女のコみんな新18才なんだって?」
尋ねると彼女はどかっと敷物にあぐらをかき、
「そうそう」と微笑んだ。白い下着がスカートの裾からチラチラ覗いている。
「てことは、いま高校3年生なんだよね?」
「ううん、違うよ。去年、中退しちゃったから」
「え、そうなの?」
「いま現役の高校生ってリフレ店で働けないじゃん?警察にバレたら補導されちゃうし、お店も摘発食らっちゃうから」
確かにその話はニュースで見た記憶がある。JKビジネスで働く場合、同じ18才でも高校生ならアウト、社会人やフリーターならセーフという風に、規制が変わったのだと。ということは、この店で働く他の少女たちも現役JKじゃなかったりするのか?であれば、仮に彼女たちが店内で本番やそれに準じたヌキ行為をやっているとしても、違法性の有無はさておき、スキャンダル性は無きに等しい。だって高校生じゃない18才なんて、デリヘルに行けばいくらでもいるんだし。
「他のコはどうなんだろ。やっぱりみんな現役じゃないの?」
 その問いに、彼女は実にあっけらかんと答えた。
SnapCrab_NoName_2018-3-15_9-34-6_No-00.png 
「内緒なんだけどさ、本当は現役のコ、結構いるんだよね。てか、現役の方が全然多いよ」
 何だよ、やっぱバリバリの違法店じゃん! が、そうなると新18も本当かどうか疑わしいな。実は18未満もフツーにいたりして。
「で、裏オプとかは? そういうのもアリ?」
裏オプとは裏オプションの略で、ヌキ行為を意味する隠語だ。
「まあ、客によるよね。キモイ人には裏オプはやってないよって言うし。でもオニーサンなら別にいいよ」
「本番だといくら?」
「私、自分から金額は言わないんだよね」
「じゃ2万ならやる?」
「いつも最低そんくらいはもらってるかな。たまに3万って人もいるけど」
ちなみにフェラなら1万以上でOKとのことらしい。しばしの沈黙の後、彼女がニコリと口を開く。
「で、どうする? ヤる?」
むろん危険な舟にむざむざ乗り込むつもりは毛頭ない。彼女が本当に“非現役”である証拠は何一つ確認してないのだ。
「うーん、今日は持ち合わせがないしなあ…」
「私、当たりだよ」
「当たり?」
「だってさ、もし、やってる最中に警察が来てもセーフじゃん。現役じゃないんだもん。これって当たりじゃね?」
それってマジで法的にセーフなのか?てか、当たりって。なんちゅうセールストークだよ。とにかく話題を変えねば。
「さっき高校中退したって言ってたけど、それ以前にこういう店で働いてたことはある?」
「あるよ。アンダー(18才未満の現役JK)のお店で」
「ふうん。その店ってどこにあるの?」
「歌舞伎町にあったんだけど、もうなくなったんだよね。最近、雑誌に載っちゃったから、慌てて
閉めちゃったんだって。私も読んだけど、何か10ページくらいのチョー長い記事だったよ」
あの、それって裏モノのことでは? なるほど、キミもあの店にいたのね…。店を後にし、そのまましばらく客の出入りを付近で観察することにした。おれが入店した際にも感じたことだが、そこそこ
人気はあるようで、15分に1人くらいのペースでオッサン客が雑居ビルの階段に消えていく。ビルは3階建てで、2階には男1人では入りづらそうなレストランが入居している。したがってビルに出入りする単独男性は、まずあの店の客と思って間違いないのだ。まもなく階段からスーツ姿のオッサンが下りてきた。おれもたった今店から出て来た客を装って、話しかけてみることに。
「●●(店名)にいましたよね?僕、初めてここで遊んだんですけど、よく来るんですか?」
 やや動揺の色を浮かべつつも、オッサンは足を止めた。
「よくってこともないけど、何回か来てるかな」
「やっぱ裏オプ目的っすよね」
「それ以外にないでしょ。でもここ高いんだよね。みんな2万以上要求してくるから、頻繁には来れないもん」
「ちなみに全員裏オプOKなんですかね?」
「聞いた話だとダメなコもいるらしいけど、俺は拒否されたことないな。もういい?」
そう言って立ち去るオッサンと入れ違いに、またひとり、仕事帰りのサラリーマンが妙にソワソワした様子で雑居ビルの階段をのぼっていった。この場所で“現役”が裏オプをやっているかどうかは、伝聞情報しかないため、確固としたことは言えない。が、限りなく疑わしいとは言えるだろう。また裏モノに載ったことでこの店もすぐ閉店となるのだろうか。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます