ファザコンのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ファザコン

  • 2019/11/01セフレの作り方

    1、オッサンが若い女をセフレにするには、ファザコン娘を探すのが一番手っ取り早いです。実際、25才のスポーツインストラクターをセフレにした俺も、そういうアプローチでした。mixiに、ファザコン好きの女が集まるコミュニティがあります。代表的なコミュを挙げると、★ファザコンですが何か?★ファザーコンプレックス★めっちゃ!年上!年下!これらのコミュを使って、具体的にどう女を引っかけるかというと、私の場合は、こ...

    記事を読む

  • 2019/01/16エッチ体験談

    小さな紙袋が落ちていたので、持ちかえって開けてみるとピンクのTシャツが2枚。センズリのおかずにしようと試した。フェチといえば先日、T誌から女のフェティッシュについて取材を受りた。ヒゲフェチ、胸毛フェチはともかく、力ウパー液フェチ、仮性包茎フェチの女の話まで出てきて、実に愉快だ。「ちょっとお酒を入れてからでいいですか」「イヤだったらいいんですけど。お願いしていいですか」ヤッパ、いきつくところは援助か。...

    記事を読む

オッサンが若い女をセフレにするには、ファザコン娘を探すのが一番

00049_20191101221156403.jpg00051_20171211154529bad_20191101221159d88.jpg00061_20171213172118c28_20191101221200d7d.jpg00050_201712111545273ab_20191101221157ec3.jpg00062_2017121317211909b_20191101221202851.jpg1、オッサンが若い女をセフレにするには、ファザコン娘を探すのが一番手っ取り早いです。実際、25才のスポーツインストラクターをセフレにした俺も、そういうアプローチでした。
mixiに、ファザコン好きの女が集まるコミュニティがあります。代表的なコミュを挙げると、
ファザコンですが何か?
ファザーコンプレックス
めっちゃ!年上!年下!
これらのコミュを使って、具体的にどう女を引っかけるかというと、私の場合は、こんな爆撃メールを送りつけました。
〈●●コミュから来ました。同じ趣味を持つ人とたくさん仲良くなれたらなと思って。
40過ぎのオヤジですけど、よろしくお願いします!〉●●に入るコミュ名は、さっき挙げた
ファザコン系のものではなく、相手の女が入っている趣味系コミュにしました。でないと下心がバレバレですので。
 そうすると、何人かの女から返信が届いたので、あとは普通にメールのやり取りを続けただけ。ホントにごく普通の内容です。昼メシにカツ丼食ったとか、武勇伝風に職場の部下を叱りとばしてやったとか。実際は年上の素敵なおじさまを気取った方が良かったのかもしれませんが、そんなしゃれた文章、自分には思いつきませんし。
でも、さすがはファザコン女というべきか、それでもグイグイ食いついてくる女がひとりいて、結構はやい段階でアポれたのです。それが件のスポーツインストラクターで、食事の後、当たり前のようにホテルに付いてきました。 何でも彼女、中学のときに両親が離婚して、それ以降、父親と別居することになったのですが、そのオヤジさんと私がかぶって見えたらしくて。それも冴えないところが特に似てると言うもんだから、参っちゃいました。まあ、ファザコン女ってのは、みんなそういうものかもしれないんですけど。
2、これまで10人前後のフーゾク嬢をセフレにした方法をご紹介しましょう。
まずは気に入った風俗嬢にこんな話を持ちかけます。
「お店の料金分は払うから、今後は外で個人的に会ってよ」
要は裏っ引き(店を通さず風俗嬢とプレイすること)のお誘いです。完全なNG行為ですが、嬢にとっては店側の取り分もまるまる懐に入るのでわりと気安く応じてくれます。
嬢と裏っ引きの約束をしたら、以後、食事↓ホテルの流れで遊ぶようにします。その際、重要なのは、嬢にこんなお願いをしておくこと。
「外で会うときはいつも恋人プレイしてよ。いいでしょ?」 
食事中も、セックス中もとにかく自分といる間は本物の恋人のようにイチャイチャしてくれというわけです。嬢も仕事ですから、まずイヤだとは言いません。むしろ、精一杯私を喜ばせようと健気に恋人の演技をしてくれます。で、こんなことを3、4回も続けるとどうなるか。いつの間にか、嬢の中で私に対する情のようなものが芽生えてくるのです。
こんなこと、店を通して会っていたら絶対にあり得ません。レストランで、ホテルでと、本当のデートに近い環境で恋人プレイをやってるからこそ起きる現象なのです。女のコに特別な情が芽生えてきたかどうかは、態度を見ればバカでもわかります。そんなフシを感じ取ったら、ホテルに入った直後に思い切って言いましょう。
「なんか俺、オマエのこと本気で好きになっちゃったみたいだわ。もう客とフーゾク嬢の関係やめて普通にセックスできない?」 
ここで断られたらまた最初からやり直しですが、経験上、6割は成功します。
3、東京に住んでいるのだが、仕事でよく出張に行く。出かけるのは九州方面が多いだろうか。そして行った先では必ず、その土地の風俗を楽しむ。ある日、SNS『モバゲー』をやっていたとき、たまたま熊本の風俗嬢のページに辿り着いた。そこでふと、次回の出張のことが頭をよぎる。
『プロフ写真を見てかわいいなぁと思ってメールしました。東京住みなんですが、来週、熊本に出張に行きます。都合あえばお店に行きたいんですけど』
何の気なくメールを送ってみたところ、返事が来た。
『お店に来てもらえるのは嬉しいです。出張は来週のいつ頃ですか?こっちには何日くらいいるんですか?』そのままやりとりスタート。『予定は3日です。オススメの飲み屋さんとかあったら教えてほしいです』『何系がいいですか? やっぱり馬刺しとか食べたいですよね?』
『いいね、馬刺し。辛子れんこんとかも食べたいっス』
『了解です。ちょっと調べておきますね』
というわけで、いざ出張当日、教えられた風俗店に向かうと、彼女は大歓迎してくれた。「辛子れんこんの店、調べておきましたよ!」
「ありがとう。よかったら一緒に行かない?観光案内とかもしてもらいたいし」
「いいですよ」
翌日、一緒に観光地を回った後、流れで普通にセックス。しかも次に熊本を訪ねたときは、店関係なく会ってデートができた。
この一件以降、出張に行くときは、事前にSNSや出会い系、ツィッターで風俗嬢を探してアプローチ。メールでやりとり後、店に会いに行って「観光案内してよ」と誘っている。手応えは悪くない。この作戦によって、4人の現地セフレができた。出張族のみなさん、お試しあれ。
4、フーゾク嬢をセフレにする方法としてよく聞くのは、相手を本気で感じさせる、というやつだ。
間違ってはないと思う。現に私もプレイ中に擬似を持ちかけて嬢をメロメロにし、それがキッカケで彼女たちと個人的に遊べるようになった経験が何度かある。頭から流れを教えよう。
まずは店のHPをチェックしてプロフに「ドMです」と書かれている嬢を指名、プレイが始まるやいなや足の指の間や背中を徹底的にペロペロする。
こういう変則的な場所を舐められて喜ぶドM嬢は本当に多い。マジな話、これだけで軽くイッてしまうコもいるほどだ。とにかくこうして相手の気分をたっぷりと盛りあげてから、ようやく擬似の話を持ち出す。「絶対に痛いことはしないからごっこやらない?もっと気持ち良くなれるよ」
先ほどのペロペロ攻撃のおかげで、嬢はこちらのことを「この人は女を感じさせるのが好きなんだ」と信用している。だからこそ、ちょっと危険な香りのするごっこにも応じてくれるわけだ。
で、あとは嫌がる(素振りの)女をベッドに押し倒し、馬のりになって体の自由を奪い、最後はノドを軽く締めながら本番へ(本番がダメなら手マンでもOK)。 
殴る蹴るの暴力はナシといっても、本気で襲いかかるため、マゾっ気の強い嬢ほど痙攣してイキまくる。あとは連絡先を交換して、今度は外で遊ぼうと誘いだせ!
5、私のセフレゲット法は、かなりシンプルです。よくある無料のセフレ募集掲示板にこういった文章を載せてるだけなのですから。〝中年オヤジに汚されたいドMな娘いないかな?ねっとりとしたイヤらしいプレイで、たっぷりイカせてあげるよ〞普通に考えれば、こんな気持ち悪い募集文に食いつく女はいません。でも、毎日しつこく同じ文面を投稿すると、そのうち絶対に反応はあります。自分の経験からいうと、だいたいこういった、1行程度のぶっきらぼうなメールが多いですかね。
〝イヤらしいプレイって、どんな内容なの?〞
やっと届いた返事だから慎重にやり取りしたい気持ちはわかりますが、ここで紳士的な対応を取るの
は大間違い。最初から終わりまで偉そうで下品なキャラで通すのがポイントです。
〝手錠であんたの自由を奪って、スケベなマンコに俺の汚いチンポをブチ込んでやるよ〞
とか〝強制電マで気が狂うほどイカせたいな。覚悟はある?〞
相手はヘンタイ丸出しの募集文に反応してくるスケベ女ですから、とにかくM心をくすぐってやるのが一番なのです。で、アポった後も、約束したとおりのプレイでガンガン女を責めてやる。この流れでセフレにできなかった女は1人もいません。
6、俺はこれまで3人のフーゾク嬢をセフレにしたことがある。やり方を教えよう。
まずは店のHPで嬢を選び、そのコが勤務終了する直前の時間帯に予約を入れる。
で、嬢がホテルに来たら、やることはひとつ。ストレートに好意を伝えるのだ。
「めっちゃタイプだわ。いや〜君を呼んで良かったぁ」 
こういうセリフをシャワー中でもベッドの中でもしつこく言っておき、プレイ終了後メシに誘う。今日はこれで上がりでしょ?もしこの後予定がないなら軽く飲もうよと。
これだけで気軽にOKしてくれるコもいるが、「飲みの後に絶対セックスを求めない」「小遣いをあげる(3千円〜5千円)」を付け足せば確率はグーーンと上がる。
飲みが終わったら連絡先を交換し、その場でまた食事デートをしようと誘う。最初の飲みで小遣いを払っている場合は次も払うからと約束し、さらにデート日を嬢の休暇中に合わせてやればすんなりウンと言うだろう。
ただし二度目のデートでも下心は見せちゃいけない。必ず食事だけで済ませよう。勝負に出るのは、再び彼女をフーゾク嬢としてホテルに呼び出してから。ここまで来ると、完全に打ち解けているので、プレイ中の本番はほぼ確実に可能だ。そして実際にハメると、なぜかそれ以降、プライベートで会った時にホテルへ行けるようになってしまうのだ。もちろん、金銭を要求されることもなく。多分、2度の食事デートを挟んでから本番したため、仕事とプライベートの区別がうやむやに。

ファザコンに臭いフェチ・ヒゲフェチ・胸毛フェチいろんなコンプレックスを持った女とのSEX

0068_20190116162510f55_201911021629392cf.jpg0069_2019011616251243c_20191102162940c19.jpg0070_2019011616251348f_2019110216294134b.jpg0071_2019011616251474b_201911021629432aa.jpg0072_20190116162516d90_20191102162944c1e.jpg0073_20190116162518ab6_201911021629460fb.jpg
小さな紙袋が落ちていたので、持ちかえって開けてみるとピンクのTシャツが2枚。センズリのおかずにしようと試した。
フェチといえば先日、T誌から女のフェティッシュについて取材を受りた。ヒゲフェチ、胸毛フェチはともかく、力ウパー液フェチ、仮性包茎フェチの女の話まで出てきて、実に愉快だ。
「ちょっとお酒を入れてからでいいですか」
「イヤだったらいいんですけど。お願いしていいですか」ヤッパ、いきつくところは援助か。が、よほど顔つきが変わったのだろう。
女が「違います」と手を振った。買ってやった途端、女が俺の腕をつかみ笑顔をみせた。お父さん、か。正直、戸惑う。これではホテルへ誘いにくい。しかし、心配は無用だった
俺の気持ちを知ってか知らずか「一緒にお風呂なんか入っていいですか」と甘えてきたのだ。
座ると、サチコが小さな舌を入れてきた。顔を離さずしきりに俺のヒゲに頬ずりしている。
「先にお風呂入っててください。あとかりいきます」そう言って、女が白いブラウスのボタンをはずもだ。バスタオルを羽織りルームに入ってくるサチ
脱がせようとする俺。
「そのかわり洗ってあげます」
サチコは異常ともいえる〈お父さん好き〉だった。小学になるまで父親と一緒のふとんで寝ていた上に風呂も入っているのを叱られたこともあるそうだ。「初キッスもお父さんなの」そう言って舌をチョ口っと出すサチコに妙な興奮を覚える。とりあえず、これ以上聞くのは止めておこう。
「ああ、サチコとエッチしたかったなあ」わざと弱い声でいって指でサチコの頬をつつく。
「じゃあエッチしたあと、横にずっといてくれますか」しめたー
「いいよ何時間でも一緒にいてあける」
グレーのパンツの下に陰毛はほとんとなく、尻も乳も固かった。バージンぽい性器を期待したか、陰唇のめくれ具合と着色からみて、それなりの経験は重ねているらしい。サチコの腰の下に枕を敷き、大きく両脚を抱え上げ交わる。中学を犯しているようで、イヤでも気持ちは高ぶる。射精はほとなく訪れた。しばらくして、俺は隣でクークーと軽い寝息をたてているサチコの唇にペニスの先端をあてながらオナニーした。電サチコとは半年くらいあと、千代田線のA駅ですれ違ったことがある。一緒にいた俺よりでっぷりした30才くらいの男は、頭が薄かった。
池袋で会った20才になるデザイン専門校生の涼子はヒゲフェチだ。それも今はやりの若い男の不精ヒゲは嫌いで、チクチクしたのをいじるのがて好きな変わり種だ。スタッフに「40才以上でヒゲの濃い男性が希望だと言っていますが」と内線で伝えられ、「希望が細かい女は絶対できますよ」と薦められば電話を取らないわけにはいかない。
「北海道か九州の男性が好みなの。体に毛深いのはダメでえ、肌がツルんとしてて、え、それで優しいお兄さん」
「ホテル代込みでー枚なら」「ありがとう。タ方まで時間があるから」
女が軽く抱きついてきた。「そっちの言うとおりにしたんだかり、俺のこともきいてくれる」ホテルに入る直前、足を止めた。「なに」「エッチな写真、いい」「アソコとか、顔も」
俺はわざと返事をしなかった・断ったら「約束違反じゃないか」と金を出さなければいい。涼子に、援助女にありがちなシラジラしさはなかった。「スカートめくりするよ」とワンピースをまくり尻を触るとキャーキャー騒ぐ。パンツの上から陰部をつつけば「まだダメえ」と逃げ回るかわいさだ。顔とアソコはNGだと言ってたのに力メラを向けるとvサイン
脚をひらかせても「毛が濃いから恥ずかしい」といってまんざらでもない様子。浜松生まれと聞いていたので「びっこ好き」とささやくと、顔を紅くして「いやだあ」と照れた。
ヒゲフェチ女はキス好き
テレクラのついでに拾った女だ。その日俺は上野の丸井前で20才の学生とアポったのだが、30分待っても現れない。仕方なく帰ろうとした矢先、この女に声をかけられた。真っ黒の口ングヘアはまだいいとしても、なんだこの体臭。やはり家出女だ。こんな女に口説きは無用。「どこでエッチする」とストレートに聞くと、驚くでもなく「オッチャンてスケべなあ」と俺の肩をつついた後「帰りの電車賃くれたらいいよ」ときた。素直な女だ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます