ブローカーのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ブローカー

親が子供を売り飛ばすマグロ漁船ブローカー|人生ドキュメント

0131_20181115222504381_201910052315122b0.jpg0132_20181115222505a69_20191005231513e0b.jpg0133_20181115222507330_201910052315158c8.jpg0134_20181115222508ffb_20191005231516cd7.jpg0135_2018111522251092b_2019100523151868a.jpg0136_20181115222511641_2019100523151937a.jpg0137_20181115222513641_20191005231521a1c.jpg0138_20181115222514647_20191005231522d79.jpg「マグロ漁船ブローカー」といえば、借金で首が回らなくなった人間を船に乗せ、百万単位の手数料をピンハネするというもの。だが、漁師の人手が余るこの不況に封叫え、マグロの乱獲が国際問題となり減船が進む現在、素人のにわか漁師が船に乗り込めるスキなどほとんどない。いやもし仮に乗れたとしても、人生をやり直せるほどの金が稼げる仕事ではなくなったはずだ。
稼げたけど、今ごろそんなの金にならんよ。オレがやってるのは、子供に自分の地位や名誉を汚されたくないっちゅう親の依頼を受けて、そいつが二度と両親の目の前に現れないようにマグロ漁船に乗せるって仕事℃だから本当は、『マグロ漁船ブローカー』って言うよりフィッシングスクールなんだ。ゆったりしたスーツを少しくずすように着こなし、一見、ヤリ手の青年実業家といった風貌の橘氏から、恐怖の物語が始まった。
前に、戸塚ヨットスクールってのがあったの覚えとるか?太平洋横断のヨットレースで優勝した男が、ヨット訓練は障害児の矯正に効果があるって大々的にプチ上げて、預かった登校拒否や家庭内暴力の子供が5人死んじゃつたって事件。校長やコーチが傷害致死や監禁致死罪なんて容疑で逮捕されたけど、結局、執行猶予付きの判決だった。しかも裁判をやってる最中だってのに、校長が保釈された途端に子供を預ける親が現れて、スクールはすぐに再会されたんだ。そうなるとさ、どう考えたって子供をスクールに入れるのは更正させるのが目的じゃないだろ。ただ自分の前からトラブルが消えてほしい、誰かに任せちゃいたい、ってそれだけなんだ。つまりさ、親の中にはロクでもねえ子供がいたら誰かに預けて、万一、命がのうなっても構わんっちゅうのが結構いるってわけだよ。
オレ、ピッときたね。こりや、金になるんじやねえかってさ。で、いろいろ考えたよ。オレの大学の先輩には大臣をやってる先生や政治家の秘書なんかがいて、何々先生の息子や、幹部の孫が手に負えないとか、そういうことをよく聞いてたんだ。女の子に悪さしたに始まって、クスリやってるとかオヤジ狩りだとか、果ては強盗したなんてのもおる。そういうヤツらが17、18才のうちはまだいいけど、20才過ぎたら新聞に実名報道されちゃうわけだ。そうなった場合には親の名誉に傷が付くんだよ。そりゃ、そこいらのサラリーマンの子じゃ親の地位も何もあったもんじゃねえけど、政治家や名士と呼ばれてる人物にとっちゃスキャンダルは命取りだろ。防衛庁長官にまでなっても息子が大麻所持で捕まれば議員を辞めざるを得なくなる。政治家もそうだけど、後援会の人たちも地元で大きな商売をしよる場合がほとんどだから、子供のデキが悪いとなったらそりや頭痛めてるわけよ。そこで、昔知り合った千葉の勝浦の方で元締めをやつとるヤクザから聞いた話を思い出したんだ。マグロ漁船は過酷な労働条件で、年間、何人もの漁師が海に落ちて行方不明になってるんだぞって言ってたのをさ。ニュースにすると漁師の成り手がいなくなるってんでテレビや新聞にはあんまり出ないってことだけど、ホントに危険な仕事らしいんだ。だからオレ、そういう船に親が見捨てたロクでもねえ子を乗せちゃえば、いい金になるんじゃないかってひらめいたのよ。マグロ漁船の確保ができても、依頼がないことには仕事になんないんだから。けど、こんなヤバイ仕事、三行広告を出して客を募るなんてお手軽にやるわけにいかん。全部みうちでやるしかない。そこでさ、金と地位を持ってて子供に手を焼いてる親ってのが「うちの息子はどうしようもなくて」なんて愚痴を言ってたら、その人にオレを紹介してくれるよう根回ししたんだ。××大臣って知ってる?あの人の秘書も大学の先輩だよ。関西一円で○○の店を商ってるのもお得意さんだし、オレって顔は広いんだ。そういうネットワークから、紹介紹介でオレんとこまで話がくるようになったわけ。もちろん、仕事を受けるときには最終的にオレが直接親と会って話をする。「私に依頼するんだったら息子は戻って来ん可能性の方が高い。それでもいいですか」って。そこですぐに「はい」って言うたらそれでいいし、ちょっと待ってくれって言われたら素直に待つ。こんな話するとショックかもしれんけど、息子さんは生きて帰れませんよってハッキリ言っても、8割の親は「お願いします」って頭を下げるのよ・待ってくれって言った親も、改めて頼みに来るしね。信じられない?そりゃそうだる。実際、人に話しても、いくら
悪くても自分のお腹を痛めて生んだ子を見殺しにする親がいるわけない、ってみんな言うよ。けど、本当のことなんだから仕方ない。政治家とか代々続いた商家ってのはさ、世間の人たちと社会的な地位とか名誉のレベルが違うんだよ。自分や親だけじゃなく、ご先祖たちが一生懸命築き上げたモノを例え我が子にでも壊されたくないって思うんだな。これは理屈じゃなくて血なのよ。自分を含めた一族の人生を、その子と引き替えにできるかどうか計算するんだ。もちろん、政治家や金持ちの子供がみんな悪いってわけじゃないから、こんな仕事、そうボンボン依頼が来るはずない。いままでやったのは全部併せても100人ぐらいじゃないか。実際のとこ、中には政治家や社長さんの子供とかってのだけじゃなく、芸能人とか暴力団の組長の子なんてのもいたし。そりゃ名を汚せないっていう点でいけば、ヤクザも一緒よ・組長っていったらそれなりの人望も必要なのに、女を輪姦したとかバラバラにしたとか、あるいはそういうことをしかねないとなったら、頼んでくるもんよ。そういう親との会話はテープに録っとるよ。じゃないと後でそんな話聞いてなかったなんて言われても困るからね。依頼される子供の歳は、事件を起こしても少年Aで済む17ぐらいから19までのティーンエージャーがほとんどで、最年長は24才だったかな。ま、どっちにせよ25才過ぎなんてめったにいない。仕事を引き受けたら翌日の晩にでも、すぐターゲットをさらいに行く。自宅におらんでも、交友関係を洗えば、いつも街のどこいらにどういう奴らと運んでるなんてのはすぐわかるからな。顔写真なんていらんよ。そういうヤシらってのは暴走族とかチーマーみたいにだいたい群れて行動しとるし、少なからずスジの人間と関係しとるからね。それぞれの地元の組関係者に聞けば簡単にわかる。政治家や名士の息子なんかヤクザだって目をつけとるから「あそこのせがれは今頃あの辺におるって、すぐ場所は割れるんだ。で、一番理想的なのはもちろん1人でおるときだけど、そんなの待ってたら時間がもったいない。どうせオレも下の連中4,5人ぐらい連れて行くから、相手が4人までならそのまま友達もさらってきちゃう。人とかって大人数になると車に入りきらんから少し減るまで待つけど、そんなヤツらに時間かけるのバカらしいだろ。だから見張りなんか立てずに周りを囲んで、スタンガンをビつと当てて塊ごと車に乗せる。そりゃ誰かに見られる可能性もあるよ。でもチンピラの小競り合いぐらいにしか思わない。みんな見ないプリして通り過ぎてくよ。で、友達っていうか仲間連中はすぐに建設現場に放り込む。今なら長艮川上流の岐阜の方とか、秋田の角館、熊本の八代なんかにタコ部屋があるからさ。もし仮に女が混じってても、やっぱりタコ部屋送りだ。実はああいうとこにもさ、一発やる部屋ってのがあってな・女はそこに監禁しちゃうんだ。山ん中で男ばっかりが働いてるんだから溜まっちゃうだる。1回2万とか取っても盛況らしいよ。いや、もちろんガキにも女にも金なんか入らないよ。オレらが放り込むとき現場のまとめ役に1人につき100万ぐらいもらうだけで、ヤシらは一切金なんか手にできない。それどころか、逆にメシ代だなんだって借金だけ膨れ上がっていって、ずーつと一生出られないままだから。逃げようと思ったって人家があるとこまで歩いて7,8時間はかかる山奥だし、最初にある家は監視役の人間の家だろ。野犬に菱われずに運良くそこまで辿り着いても、またすぐ逆戻りだよ。親の依頼だって話したら舌噛んで自殺しかねない
「友達ごとさらっちゃえばいいんだから」
いとも簡単にそう言う橘氏のことばは、あまりにも現実離れして聞こえ、そんなバカなと一笑に付
したい気持ちでいっぱいになる。というか、ウソでありますようにと、祈りたいくらいだ。が、対面
してる氏の顔を見れば、それが事実だということはヒシヒシ伝わってくる。気が付けば、さっきまで上着を濡らしていた汗が一気に引いている。喫茶店の中の温度も、2,3度下がったような感じだ。
肝心の依頼を受けたガキの方は、さらってからいちばん出航が近い船に乗せるんだ。網元や漁師たちに話がついてる船は土佐の高知、静岡の焼津、千葉の勝浦あたりから出るんだけど、そう毎日出てるもんじゃない。だから、普通で2週間、長くて1カ月ぐらいは事務所で監禁しとくことになる。
その間は何もしないよ。ガキは手錠されてメシ食うだけ。それを2人ぐらいが交代で見張っとく。オレはやったことねえから知らないけど、世間話程度はするらしいよ。けど、間違っても親から依頼を受けたとかマグロ漁船に乗せるとかは言わない。ってのはさ、ガキは自分がいなくなったからには親が血眼になって探してるだろうと思ってるわけ。ああいう連中は、それまでにも事件を起こして親がもみ消してくれたり、友達と3人で捕まったのに他の子は少年院に行って自分だけ保釈されたなんて経験してるから余裕こいてるんだ。自分は何しても許してもらえる、親が尻拭いしてくれるってさ。中には、オレの親が誰だか知ってんのかなんて大見得切るヤシもいるし。だからさ、その親が自分をさらうよう依頼してきたなんて知った日には希望なくして自殺しかねない。舌でも噛んで死なれたら後始末が大変だろ。下の連中には何を言ってもいいけどそれだけは口にするなってうるさく注意してるよ。ま、そうこうしてるうちに船が出る日になるよな。だいたいマグロ漁船ってのは夜中に出航するから、その日の夕方とか夜になって車で連れてって船に引き渡せばオレたちの仕事は終わり。後は組んでる網元や漁師がうまくやってくれるよ。船に乗る間際にもワーワー騒いだりするのもいるけど、漁師ってのは凄い体してるからガキなんかひとひねりだ。四の五の言わせず連れてっちゃう。
船の上で何をやるかって?マグロってのはさ、はえなわ漁っていって何百、何千の釣り針にアジとかイワシのエサを付けて放り込んで一挙に何トンのマグロを獲るんだ。だからやることはいっぱいあるよ。魚を引き上げたり獲った魚の内臓を取り除いたり、話のわかってる漁師がマンツーマンで付いて
仕事させるから、それこそ寝るヒマもないくらい忙しいんだ。オレが乗せるのは遠洋漁船で、いったん航海に出ると早くて1年、長けりや1年半ぐらい帰らんわけ。当然、途中で燃料や食料を補給するだのなんだので海外の港に停泊することもある。そういうとき漁師たちは陸に上がって女買ったり酒飲みに出たりするけど、乗せたガキだけは見張りがついて上陸させない。大使館なんかに逃げ込まれたらコトだから、漁師に金やってずっと監視しててもらう。そうされてもさ、ガキどもはいずれ航海が終われば家に帰れると思って我慢するらしいんだ。けど、家には二度と帰れないから。碓かに荒れる10代は社会的な問題になっているが、ここまで親が非情になれるものだろうか。もし仮に親が見捨てたとはいえ、突然、地域の子供が何人もいなくなれば問題になりそうだが。子供がいなくなって騒ぐのは警察でも近所の人でもない。親だけなんだよ。けど、その親が知ってるんだから事件にも何にもなりっこない。もちろん、失腺届なんか出さないし戸籍もそのまま。知り合いにどうしたって聞かれたら「ロクでもない息子で地方をプラプラしてるらしくて」なんて言っとけば誰も関知しないよ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます