マニアのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・セフレの作り方・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:マニア

  • 2018/08/07突撃リポート

    「特集・最新エロ犯罪の手口」でも紹介したように、世の中には、美人局とかデート商法とか、われわれ男の下心に付け込もうとする輩が跋扈している。そうわかってるはずのオレも、うっかり鼻の下を伸ばして一杯喰わされたことが何度あったことか。最近は、『ナンネット』という変態セックスマニアが集う掲示板で三度も立て続けに泣かされた。「ヨメは部屋にスタンバイさせてます」ある晩、『ナンネット』で見つけたのはこんな書き込...

    記事を読む

  • 2018/06/01裏風俗関係

      豪華な部屋で豪華なバニーちゃんにしゃぶってもらう甘ったるいプレイがウリですマニア垂涎コスプレ100種以上!服ぶっかけもOK!コスプレ好きさんは行ってみてください...

    記事を読む

  • 2018/05/26裏情報

    トラックドライバーという仕事柄、日本全国の混浴温泉を巡ってきた。もちろん目的は女性の裸や美味しいハプニングだ。全国には変態が集まる混浴温泉がいくつか存在する。たとえば埼玉の『百穴温泉』は、サイトを介してマニアが集う場所だけに無法地帯と言ってもいいほどの状況だが、あまりにあからさまなのでショーを見ているような虚しさがある。群馬の『宝川温泉』も若い女性が多く訪れる名湯なので、多くの裸にはありつける。し...

    記事を読む

  • 2017/03/03裏風俗関係

           お腹がパンパンに膨らんだ婦、もしくは出産まもない授乳ママさんだけを集めた何ともマアックなホテヘルだ。在籍してる女性たちはどういう感覚をしいるのだろうか。 実際に何度か遊んでみた。あ日は妊婦に激しく手マンした後大きなお腹に精子をどぴゅっ。ある日は「赤ちゃんと間接キス!」んて言って母乳をチューチュー下品なプレイを散々やったが、女らは特になんとも思ってなさうだった。ママさんって大変なですね。女の....

    記事を読む

変態セックスマニアが集う掲示板で甘い誘いに乗って泣かされた話

SnapCrab_NoName_2018-8-7_22-31-30_No-00.png
「特集・最新エロ犯罪の手口」でも紹介したように、世の中には、美人局とかデート商法とか、われわれ男の下心に付け込もうとする輩が跋扈している。そうわかってるはずのオレも、うっかり鼻の下を伸ばして一杯喰わされたことが何度あったことか。最近は、『ナンネット』という変態セックスマニアが集う掲示板で三度も立て続けに泣かされた。
「ヨメは部屋にスタンバイさせてます」
ある晩、『ナンネット』で見つけたのはこんな書き込みだった。
︿今からうちのマンションに来れる方いませんか? ヨメを抱いてやってください﹀
一般的にはどうかしているとしか思えないが、こういう変態プレイ募集が並ぶのがこの掲示板の特徴だ。連絡を取って向かった場所には、大きなマンションが建っていた。入り口には一人の男の姿が。
「セントウさんですか? 今日はどうもよろしくお願いします」
男はニヤっと笑うと、マンションの上階を指さす。
「ヨメは部屋にスタンバイさせてます。肉便器の設置完了なんで」
「…はい」
「私は外にいますんで、お一人で部屋に行って公衆便所みたいに好きに使ってください」
さすがは変態掲示板の住人である。
「それと…。こういうのは大人の遊びなんで、多少負担してもらいたいのですが」
「負担?」
「場所代ってことで1万円お願いできませんかね。朝までいてもらってもいいんで」
すんなり納得はできなかったが、すでにチンコはムズムズしている。財布から金を取り出した。
「じゃあ、部屋は504なんで。カギは開いてます」
オートロックはないので、一人で部屋に向かったところ、なぜかカギが。何度ピンポンと押しても反応がない。もしや!慌てて1階に戻ったときにはすでに男の姿は無かった。
『ナンネット』には乱交パーティの告知も多い。その書き込みは、男女十数人が全裸で絡み合っている写真付きでこうあった。
︿都内のホテルにて乱交の宴を開催します。カップルさんも多数参加予定。今回もかなり盛り上がりそうです﹀
会費は一人1万5千円とあったが、「カップルさんも多数参加予定」の一文に居てもたってもいられなくなった。当日、会場のホテルを訪ねると、中から主催者の男が出てきた。
「どうぞ。もう始まってますんで」
先払いで会費を払って中に入る。そこには目を疑う光景が広がっていた。参加者は男が約10人、女は安ピンサロにいるような熟女一人だけなのだ。どこにカップルがいるんだよ!他の男たちも一様にビミョーな表情をしており、何人かはやけくそみたいな感じで熟女の体をまさぐったりしている。トホホ…。一緒にエロ〜く盛り上がりましょう
最後はこの7月の出来事である。
︿今夜、エロ飲み会やります。会費は6千円。都内のお洒落なバーで一緒にエロ〜く盛り上がりましょう﹀
当然、飲めや脱げやでドンチャン騒ぎ、フェラ大会が始まったりするようなイベントを想像したのだが…。夜、指示に従って駅から電話をかけると、会場の場所を伝えられた。飲食店ではなく、単なるマンションの一室だ。部屋から出てきたのは、ごつい熟女…かと思ったが、よく見ると、カツラと化粧で女装したオカマだった。
「どうぞ入って」
「はぁ・・・」
オカマのいる理由がよくわからないが、とりあえず中へ。通されたリビングルームは、バーカウンター付きのお洒落な部屋だった。サラリーマン風の男性陣が飲んでおり、女の姿はない。何だかおかしな雰囲気だ。オカマが近寄ってきた。
「システムは2時間飲み放題なんで。何飲みます?」
「…じゃあビールで。というか今日ってエロ飲み会なんですよね」
「そうそう。普段はできないような下品な願望でも何でもしゃべって大丈夫なんで」
え、エロトークし放題って意味だったの?
「… 女性はいないんですか?」
「あ、女のコは、まあそのうち来ると思うんで。とりあえず、あちらで他のみなさんとエロいお話を楽しんでもらって」
ソファのほうを見ると、サラリーマン軍団が微妙な表情で会釈してきた。騙されて入ったぼったくりスナックで、後からやってきた客を見つめるような雰囲気だ。予想通り、その後2時間、女は一人も来ず、やるせない男飲みに終始した。途中、オカマに「お料理でーす」と出されたもやし炒めが虚しかったの何の。みなさん、『ナンネット』の書き込みにはうっかり騙されないように気を付けてくだ
さいね。って、オレが一番注意しなくちゃいけないか。

従順なメイドがドアの外でお見送りフェラ

0048_20180601181719ca9.jpg 0049_20180601181720e13.jpg 0050_201806011817223f8.jpg
豪華な部屋で豪華なバニーちゃんにしゃぶってもらう
甘ったるいプレイがウリです
マニア垂涎コスプレ100種以上!服ぶっかけもOK!コスプレ好きさんは行ってみてください

変態マニアが集まる混浴温泉

SnapCrab_NoName_2018-5-25_18-34-22_No-00.png
トラックドライバーという仕事柄、日本全国の混浴温泉を巡ってきた。もちろん目的は女性の裸や美味しいハプニングだ。全国には変態が集まる混浴温泉がいくつか存在する。たとえば埼玉の『百穴温泉』は、サイトを介してマニアが集う場所だけに無法地帯と言ってもいいほどの状況だが、あまりにあからさまなのでショーを見ているような虚しさがある。群馬の『宝川温泉』も若い女性が多く訪れる名湯なので、多くの裸にはありつける。しかしあくまで一般客なのでお触りハプニングが起こる確率は低い。栃木の『不動の湯』も有名だ。運がよければ変態カップルに遭遇できるが、場内が暗すぎることが欠点か。このように、これまで数々の混浴温泉をエロい視点で探訪してきた俺だが、現時点でナンバーワンだと確信できるのは、岡山県『湯原温泉の砂湯』だ。過去2回、裏モノ誌上でも取り上げられていたので気になっていたのだが、実際に行ってみると、これが大ヒットだったのだ。タオル無しで場内を練り歩き・・・
 平日の深夜0時近く。湯船には地元民らしき若いカップルや年配のカップルなど5、6組の男女が浸かっていた。平日の深夜にこれだけの女体を拝めるとは驚きだ。どれも近隣の旅館に泊まってるごく普通のカップルや夫婦といった雰囲気で、皆さん静かに語らいながら温泉を楽しんでいるようだ。が、奥の方に明らかに不自然な雰囲気のカップルがいる。男性は40代、女性は30代前半でタオルも付けずスッポンポン。そしてその脇に40代の男性がもう1人、べったりとくっついているのだ。ゆっくりと数メートルの付近まで近づいてみるとくっつき男が上を向いて気持ち良さそうな顔をしている。どうやら女性がお湯の中で股間を触ってあげているようだ。その後もハプニングは続いた。30代の女性3人組が来て、タオルを組み直す瞬間に乳首を拝ませてくれたり、そのうちの1人が完全にタオルを外して温泉のヘリに座りだしたり、さらに別の若いカップルもタオル無しで場内を練り歩いてくれたりと、とにかくお宝の宝庫のような温泉なのである。すっかりここの魅力の虜になった俺は、翌週も訪れた。同じく平日の深夜だ。湯船には6組ものカップルと4人のワニの姿が確認できた。平日だというのに相変わらずの盛況ぶりだ。
 キョロキョロしながらしばらく浸かっていると、なんとなく怪しい雰囲気の中年カップルさんを発見した。少しづつ近づいてみたところ、旦那さんがコチラにアイコンタクトをしてくれたので、思い切って話しかけてみる。
「ここはよく来られるんですか?」「そうですね〜。週に2回は来てるかな。家が近いんですよ」
 奥さんはそっぽを向いて話には加わってくれないが、色白の和風美人で濡れ髪がエロい。
「普通のカップルさんも多いけど、12時すぎるとね、俺たちみたいな常連が結構よく集まってくるんですよ」
2人は砂湯の情報を教えてくれた。温泉で身体を温めてすぐ脇の駐車場の車内でスワッピングする連中や、人目に付きにくいダムの裏あたりで手でシコシコしてるカップルなど、様々なエロカップルたちがここには集まるそうだ。
「そこの橋の裏にもちょっとした死角があるでしょ?」
「あ〜はいはい」
「あの辺で手でやってあげてるカップルさんとか多いんですよ」
「そうなんですか」
「よかったらウチのにさせましょうか?」
「えっ!?…いいんですか?」
「もちろんですよ」
とようやく奥さんがコチラを向いて、ニコリと笑顔を返してくれた。何てエロい表情なんだ!一気に股間に血流がまわり、ビンビンに勃起したままタオルで前を隠すようにして2人の後をついていく。死角になるあたりで湯船に座ると、奥さんが外の景色を見る素振りでそっぽを向きながらこちらに近づいてきた。無言のまま湯船の中で右手を伸ばし、ビンビンに勃起したペニスをぎこちない手つきでしごきだす。まわりの視線を気にしながら、まだ一度も会話してない人妻の裸体を眺めながらの手コキ。温泉でこんなに興奮するのは初めてだ。間もなく絶頂感が訪れ、湯船の中にたっぷりと精液を放出させてもらった。
女性の質、素人っぽさ、興奮度合い。すべてにおいてここが混浴露天風呂ナンバーワンであることは間違いなかろう。混浴ファンの読者の皆さん、いつか湯船でお会いしましょう。
カテゴリ

ぶっかけマニアや母乳マニアにうれしい風俗

akl059_20170303122523c9e.jpg akl060.jpg akl061.jpg akl062.jpg akl063.jpg akl064.jpg akl065.jpg お腹がパンパンに膨らんだ婦、もしくは出産まもない授乳ママさんだけを集めた何ともマアックなホテヘルだ。在籍してる女性たちはどういう感覚をしいるのだろうか。
 実際に何度か遊んでみた。あ日は妊婦に激しく手マンした後大きなお腹に精子をどぴゅっ。ある日は「赤ちゃんと間接キス!」んて言って母乳をチューチュー下品なプレイを散々やったが、女らは特になんとも思ってなさうだった。ママさんって大変なですね。女の生理と言えば、男にとっては汚れるしモノでしかのスタンス真逆である。ここ、ここ、生理中の女のみ出勤させているマニアックなデリヘルだ。
なかできないプレイが私みたいな変態にはる。
あの独特の臭いや味。私なんかはいつも、股間に顔をつっこみたっぷりクンニで生理をきっちり味わわせてもらっている。
ラブホやレンタルルームに女の子がやってきて、水着に着替えて一緒にシャワー、ベッドでの軽いマッサージの後に手コキフィニッシュが基本コースだ。こで注目すべきはシャワータイム。いわゆる洗体というヤツで、体中に泡を塗りたくって女の子が洗ってくれるのだが、途中での水着尻コキがなんとも気持ちいいのである。我慢してベッドで手コキ発射でもかまわない。「パウダーマッサージ」と呼ばれるテクニックです。お客の体にベビーパウダーをふりかけ、手が触れるか触れないかのフェザータッチをするという、早い話がジラ技。これ自体は回春店ではよく取り入れられている技術です。
触られただけで、声を出してのけぞるほどに。マッサージを1時間も続けるのだから驚きです。やられている方は皮膚感覚が鋭敏になり、冗談じゃなく全身が性感帯になります。フィニッシュの手コキに体に電流が走ります。

山の手線を一周する間(60 分) ずっと飛びっこプレイを楽しんでから、ホテルへインという内容だ。
スタート場所の駅(山手線内な らどこから出発してもオーケー)に、、女は飛びっこを仕込んだ状態でやってくる。リモコンを受け取り、一緒に電車へ。
たとえば渋谷から乗るなら、乗客の多い数区間は、スイッチを入れっぱなしにして人目を集め、新宿あたりでいったん座って休憩を。もちろんオッサンの隣だ。座りながらもときどきモーター音を響かせ   やり、池袋以降、乗客が減ってきたら車内を歩かせてみるのもよい。
上野、東京、品川と経て、いよいよ渋谷に近づいてくれば、最後のダッシュとばかりにスイッチレベルを最大に。どうせその場限り、バレたって構いやしない。このように、ころころと様変わりする車両の様子に合わせて、たぷり楽しみ終えるころには、女のアソコはグショグショのビッシャビシャ。こんなことのために山手線を一周してるコンビも、まずいないだろう。
女にナブられたい願望を充足すべく、私が足しげく通う風俗店がここだ。選ぶ無料オプションは「M格闘」。
 このコースでは、本格的なレスリングマットの上で、女子プロレスラーに扮したS気質の高いコが、コブラツイストからキャメルクラッチまで、密着度の高い技をかけてくれる。
 今、かけてくれる、と書いたが、この感謝の意味がわからないようでは本物のMとは言えないだろう。私など、絞められながらいつもチンポ汁が出まくってしょうがない。
 一通り嬢からナブられた後は一転、試練を乗り越えたご褒美よろしく至極の抜きタイムが待っている。羽交い締め状態でスリーパーホールドをかけられながらの足コキ、なんてされた日には涙が出そうになる。
若いオンナをカラオケ店に派遣してくれるお店です。単なるコンパニオンサービスになぜ僕がハマっているのか。説明しましょう。通常の「さわやかコース」はキャバクラ的にオンナが隣に付いて一緒にカラオケしたり、お酒の相手をしてくれるだけです。
 でも、これより上のランクの「恋人コース」では、なんとオサワリまでできちゃうのです。密室でオサワリ、しかもアルコールが入るとあればコトがエスカレートするのは当然。乳舐めや手マンはもちろん、なかにはフェラや本番に応じるコ
もいたりします。しかもチップ無しで。
扉を開けると、アイマスクをした女が無言で立っている。ロングコートの下は全裸だ。小学校のときに通学路に現れた「変態露出男」の女バージョンと思ってもらえればよい。
 オレが遊ぶときは、まず玄関でコートを剥ぎ取って即クンニからスタートし、ひざまづかせて口にチンポをねじこむ。もちろんアイマスクは着けさせたままだ。視界を奪われた女は、ヒーヒー欲情しながらむしゃぶりついてくる。
 床に押し倒し、さらにマンコを唾液で濡らしてやった後は一転、アイマスクを外させてベッドでまったり恋人プレイを楽しむ。硬軟おりまぜた攻めテクに、女たちはメロメロだ(と思い込んでいる)。ぽっちゃりをうたいつつも実際はデブばかりというのが、この業界の悪しき慣習です。もう一度ハッキリさせておきましょう。ぽちゃとは磯山さやかや深キョンのレベルであって、それ以上はデブです。
 ここに在籍しているのは正真正銘のぽちゃだけ。ぷにっとした二の腕やお腹が幸せな気分にして
くれます。これがデブだと殴りたくなりますけど。
 女は勘違いして誰もがガリガリに痩せたがるけれど、我々男が本当に好きなのはこういうムッチリしたお肉ですよね。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます