マニアックのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:マニアック

  • 2018/12/30裏風俗・風俗体験談

    1、つい先日、この店に遊びに行ってきました。値段は4万円と高いんだけど、一度、フィストファックってヤツを味わってみたかったんですよね。ホテルに来たのは、30代のぽちゃ気味の女性です。生粋のドMとかで、ヘルスプレイをしながら、言葉責めをしてやったら、たちまちアソコが濡れ出しまして。じゃあそろそろ入れてみようかと、拳を作ってアソコにズブズブ…って、マジかよ! 手首から下が全部、埋まっちゃったじゃん! こ...

    記事を読む

  • 2018/06/01AV女優になった理由

    松野るかは1988年、神奈川県に生まれた。父と母、一つ上の姉の4人家族。おとなしい性格の姉とは対照的におてんばな女の子で、毎日外で元気よく遊んでは、服を泥だらけにして母親に怒られた。「幼いころは男の.みたいだったけど、クラシックバレエを始めてからは急に女に目覚めて、大人ぷるようになりましたね。幼稚園ではクラスのリーダーとしてみんなを仕切ってて、なんというかマドンナ的存在だったんですよ」元々近所でも...

    記事を読む

フィストファックや本番エステが体験できる東京のマニアック風俗体験談

0069_20181230095911ae6_201910232111381b4.jpg0070_20181230095912d0e_201910232111407d3.jpg0071_20181230095914f28_2019102321114285f.jpg0076_201812301009233ee_20191023211144639.jpg0068_20181230095909251_201910232111374c2.jpg1、つい先日、この店に遊びに行ってきました。値段は4万円と高いんだけど、一度、フィストファックってヤツを味わってみたかったんですよね。
ホテルに来たのは、30代のぽちゃ気味の女性です。生粋のドMとかで、ヘルスプレイをしながら、言葉責めをしてやったら、たちまちアソコが濡れ出しまして。じゃあそろそろ入れてみようかと、拳を作ってアソコにズブズブ…って、マジかよ! 手首から下が全部、埋まっちゃったじゃん! こんなにデカイものが入るなんて、ちょっと神秘的ですらありますよ!アッケに取られながらも、腕をガンガン動かすと、女がよがりまくります。なんだこれ、怖い! でもオモシロイ!
2、テコキ店は安くサクっと抜けることが最大のウリです。店舗型が規制される6年半ほど前までは、テレクラのような個室で、若くてそれなりの女のコが3~5千円程度でシコシコしてくれたものです。
ところが、時は移って2012年、テコキ店は派遣型がメインとなり2千円程度のレンタルルーム代が必要に。プレイ代を含めると総額7~8千円近くかかることも珍しくありません。そんな状況下、なんと、レンタルルーム代が700円、プレイ代が2千円(20分)と、総額2700円で楽しめる店があるのです。まさにありえない激安価格といっていいでしょう。値段が値段ゆえ女のコの質に過度の期待は抱けませんが、にしてもこの安さは貴重。ビデボでオナるくらいなら、ここに駆け込むほうが遙かにお得と言えるでしょう。
3、木村沙織のような大女にイジメてもらおう
オトコは基本的に自分よりも背の低い女の方を好むもの。自分が女を見下ろせる位置にいることによって、相手を支配してる気になるからかもしれません。しかし、逆に支配されたい男にとっては、長身の女が魅力的に映ります。精神的にも、肉体的にも、上から目線でとことんイジメられてみたいんです。願望を叶えてくれるのは、下は170センチから、上は180センチオーバーまで、長身ばかりを揃えたこの店です。もちろん、ボクがHPの指名写真で選ぶのはいちばん背の高い女でホテルに女のコがやってくると、その圧倒的な背の高さに度肝を抜かれます。筋肉質でシマった体は、まるでバレーボール選手のようなド迫力。どれだけ自分が矯小な存在に思えるか。女は冷ややかな口調で命令してきます。
「カワイがってあげるから、裸でベッドに寝なさい」
「はい」言われるまま寝転ぶと、スラリと長い足で私のチンコを踏んづけてきます。痛くはありません。大きな足の裏にペニスが包み込まれるような快感とでも言えばいいんでしょうか。チンコがソソリたったら、女が上にのしかかり、乳首から脇腹、全身を紙め上げつつ、フェラでフィニッシュ。まるで木村沙織にされたかのような興奮を覚えます。
4、五反田界隈には本番エステが20軒ほどありますが、そのほとんどはポラ写真などで女のコを選ぶシステムになってます。当然ながらパネマジも多い。しかしながら、この店は実際の女を自分の目でナマで見て選べるので、間違いがありません。いやそれ以上に、選び方に独特のおもしろさがあるのです。実はこのお店、客が「遊びたい」というと、自分の店だけでなく、
付近の系列店(ニつある)からも女のコを呼び寄せます。全部で10人はいるでしょうか。それが目の前で一列にずらっと並び、「私を買って欲しい」ってな視線を送ってくるのです。選ぶこっちは、まるで奴隷市に来たような気分。じっくり吟味していると、男の店員が説明してきます。「どのコがいいですか?巨乳なら彼女ね、スレンダーならこのコがいい」
女のコとしゃべることは禁止されてるから、見た目で判断するしかないけど、ま、いいでしょう。相手を選んだら、奥の個室で本番する流れです。また本番嬢は、韓国や中国、台湾などのアジア系が中心(日本人もチラホラいる)私の経験上、デブスはいないので、大一枚の使い道としては、まずまず損はないと思います。

学校中で評判の美少女がAVデビューで鼻フックを|エロ画像

0118_20180601113004ad1_201908161710290db.jpg0119_20180601113006081_201908161710305df.jpg0120_20180601113008e57_20190816171032400.jpg0121_20180601113008be2_20190816171033157.jpg松野るかは1988年、神奈川県に生まれた。
父と母、一つ上の姉の4人家族。おとなしい性格の姉とは対照的におてんばな女の子で、毎日外で元気よく遊んでは、服を泥だらけにして母親に怒られた。「幼いころは男の.みたいだったけど、クラシックバレエを始めてからは急に女に目覚めて、大人ぷるようになりましたね。幼稚園ではクラスのリーダーとしてみんなを仕切ってて、なんというかマドンナ的存在だったんですよ」
元々近所でも美少女と評判だっただけあり、小学校にあがるや人生最大のモテ期が到来する。隣の小学校からわざわざ彼女を見にやってくる男がいたほどのモテつぶりだった。
「でも、このころをピークにそれからはどんどん下り坂(笑)。中学に行っても浮いた話はほとんどなくて。初めて彼氏ができたのも意外と遅くて高校に入ってからですもん」
初カレは、学年で一二を争うイヶメンだった。
ブルセラ時代の友達に効率のいいバイトがないかと相談したところ、「AVでもやってみたら」と持ちかけられた。
「で、今の事務所を紹介されたんですよ。カメラの前で裸になること自体は抵抗はなかったけど、高校時代とポリシーは同じだから、好きでもない男性とセックスはしたくない。どうしようかって」
悩んだ挙げ句、彼女は鼻フックプレイがメインのSM系ビデオに出演することを決意した。これなら裸になるシーンこそあっても男優とのカラミは一切ない。
「一般のAVよりギャラは落ちるけど、自分のカラダを汚すくらいなら、鼻フックの方が全然いいですよ。かなりマーーアなビデオだから知り合いに(しるリスクも少ないし。今後もマニアック系AVだけに出演していく予定です」
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます