マン拓のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:マン拓

  • 2019/07/25突撃リポート

    立体じゃないと興奮できない!出会い系で見つけた女性のオマンコ模型を作り続ける男女性のオマンコから実際に型取りして制作した女性器の模型です。マン拓でも写真でもなく模型。私がこれを長年にわたり作り続けているのは、言うなら、立体へのこだわりでしょうか。写真やテレビ画面では表現できない、生々しい存在感は立体模型ならではです。こだわりのコレクションをこ覧になりながら、しばし話に耳を傾けていただきたいと思いま...

    記事を読む

  • 2019/06/03奴隷ちゃん調教

    今日もいつものように時ち合わせをしてホテル今日は、マン拓をとるそうです。でもマン拓ってなんだろう。魚拓みたいて言われたけビ、イマイチ理解できむくて…でもビダヒダもちろん形がわかっちゃうんだよね。見られるだけでも恥ずかしいのに。まずはお詳服を脱ぎ脱ぎ。この瞬問はドキドキしちゃいます塗り終わりたら紙を貼り付けていっばい擦り付けて、剥がす。そんなと剥がすと、おまんこがくっついて声でちゃいました(笑)とっ...

    記事を読む

作品中の女優とハメ撮りOK・前代未聞の裏ビデオ屋・マン拓のオマンコ模型を作る男

立体じゃないと興奮できない!出会い系で見つけた女性のオマンコ模型を作り続ける男
SnapCrab_NoName_2019-7-25_5-46-56_No-00.png
女性のオマンコから実際に型取りして制作した女性器の模型です。マン拓でも写真でもなく模型。私がこれを長年にわたり作り続けているのは、言うなら、立体へのこだわりでしょうか。
写真やテレビ画面では表現できない、生々しい存在感は立体模型ならではです。こだわりのコレクションをこ覧になりながら、しばし話に耳を傾けていただきたいと思います。
踊り子さんのアソコに震えるような衝撃
子供のころは戦車や飛行機などの模型作りに熱中し、大学卒業後はプラモデルのメー力ーに就職。元来モノ作りが好きな人間でしたが、それ以上に女性器に対する執着心も強かったようです。大学生のとき、たまたま入ったストリップ劇場で、踊り子さんのオマンコに出会い震えるような衝撃を受けました。
当時は女性器を見る方法など裏本ぐらいしかない時代。キレイな女性が生のオマンコを見せてくれるのだからたまりません。中でもお気に入りは、踊り子とポラロイド撮影できるサービスでした。希望者同士がジャンケンをして勝った者だけに許される貴重な権利。気合で勝ったときは、必ず股間のアップを撮ったものです。
集めたポラはズリネタに使うこともなく、アルバムにファイリングしていきました。その数、ざっと1000枚(70人)。女性器コレクションの始まりです。女性器の模型作りを始めたのは、学生時代に読んだ「実験人形ダミーオスカー」という連載漫画が直接のきっかけでした。外国の自動車実験場にやってきた人形技術者が主人公で、精巧な実験人形を作るため女性を大股開きにして毛を剃り型を取るというシーンの衝撃は、今も脳裏に焼き付いてるほどです。私も造ってみたい。思いは一気に加速していきました。
3人目にしてようやく成功4年前、37才を迎えた私は、思い切って会社を退職、特殊メイクの技術を学ぶ力ルチャースクールに通い始めます。
退職金を全て学費に注ぎ込み、往復6時間かけての通学。全ては女性器の模型を作りたい一心でした。ー年間、ハリウッド仕込みの型取り技術をマスターし、いよいよオマンコの型取りに挑戦することになりました。
最初のモデルは、同い年のセックスフレンドです。ところが型取りの当日。いうものようにラブホテルでセックスを終え、いよいよ型取りの瞬間というとき、思わぬ問題が浮上しました。陰毛です。陰毛の上から型取りの素材を塗ると、毛が絡まってボロポ口になってしまうのです。
だからと言ってパイパンにすれば、彼女のダンナに浮気がバレてしまう。悩んだすえ、大陰唇の周りだけ剃りこみ、恥丘上部の毛はテープで留めーる方法で対処しました。結果は惨憎たるものでした。陰毛問題もさることながら、モデルさんの陰唇が大きすぎ重なり合ってしまうのです。
SnapCrab_NoName_2019-7-25_5-49-6_No-00.png
2人目のモデルは、地元のテレクラで見つけた19才の援交女でした。今度は首尾よく剃毛に成功し、若くツルリとしたビラビラまでキレイに再現。とここまではよかったのですが、その場でもうう型を複製すべく、乾燥した石型に寒天状の素材を塗ったのが間違いでした。素材がこびりつき、型が使い物にならなりません。またも失敗です。
そして3人目。携帯の出会い系サイトで見つけた翌才の女子大生は、実にモデルに適していました。まずは彼女自身がもともと陰唇周りの毛だけ処理していたこと。さらに好都合なのは、小陰唇が小ぶりだったこと。これら型取りしやすい条件のもと、私はようやく念願の完成にこぎつけたのです。
型取り作業の後、大興奮でセックス石膏型さえあればいくつかの複製はききます。私は模型をオークションに出品することしました。
陰唇が重ならないよう外科用接着剤でモデルさんのビラピラを両脇に固定してある
モデルは32才フリーター。片足に障害を持っていたせいか、片方の小陰唇だけ肥大している商品として価値があるかどうか。もし売れたら、材料費やホテル代の足しになってくれるだろう。その程度の気持ちでしたが、結果は2万5千円で落札。予想以上の高値です(それ以降は6千円に値下げ)。
調子に乗った私は、その後もテレクラや出会い系サイトで見つけた女性をモデルにオマンコ模型を作りオークションで販売していきました。ちなみに、モデルの女性とは一度セックスした後、型を取るのですが、作業中の“モヤモヤ“は相当なもの。
私はもちろんのこと、女性も特殊な状況に置かれて股間をいじられているのです、型を剥がした瞬間うーっと糸を引くことも珍しくなく、そのままセックスする興奮といったらありません。しかしそれも最初のー、2年だけでした。40代の声を聞き、自分の性欲が衰えたこともありますが、しだいにセックスへの興味は薄れ、型取りそのものに情熱を注ぐようになっていきました。
他にも自分と同じように外性器に興味を持った人間がいるかもしれない、何か情報交換できるかもしれない。そんな思いで外性器模型工房を立ち上げたのは3月のことです。狙いは的中しました。
ー力月もたたぬうち、多くの交流が生まれ、材料を安く仕入れられたりモデルさんを紹介してもらったり。また、自分と同じ趣味を持つ人たちにも数多く出会いました。
女性の全身の型取りに挑戦している人、リアルドールの股間に私の模型を移植し完全な観賞用ドールに作り変えてしまった人、腔口の再現にまでこだわった外性器模型を制作している人。中でも最近出会ったSMの女王様は興味深く、自分の模型を分身として奴隷たちに持たせるという計画をお持ちの方でした。現在、私が作った外性器模型のコレクションは四作品を超えました。今後は福マン女性や外国人女性など、何かテーマを持った模型作りを心がけていきたい所存です。
作品中の女優とハメ撮りOK・前代未聞の裏ビデオ屋の行く末は・・・
SnapCrab_NoName_2019-5-24_15-22-12_No-00.png
永作博美似のヒトミをぜひ自分で撮ってみたい
「K駅近くにイイ店ができたんだよ。場所教えるから行ってみな。オマエならマジで気に入るからさ」友人の芝田からそんな話を聞いたのは昨年12月の半ばころだ。イイ店といっても、美味いレストランなんかじゃない。裏ビデオ屋である。
オレも芝田も、その道ではちょっとした収集家。新たな店がオープンしたと聞くと、いてもたってもいられないクチだ。芝田から教えてもらったビデオ屋は、JR山手線のK駅近くのマンションにあった。エレべータを3階まで上り、×××号室の扉を開けると・・
いるいる。レンタルオフィスとおぽしき6畳ほどの店内に4、5人の男どもがひしめき合うように、テープのラベルとニラめっこしていた。みな、ウワサを聞きつけて来たのだろう。確かに、ここなら歌舞伎町に比べて客の出入りが少ない分じっくり選べるし、品揃えもサービスも良心的である。しかし、なによりオレが注目したのは、壁に掛かっていた貼り紙だった。
〈オリジナルビデオをお買い上げの方、ご希望により撮影モデルを紹介しています〉
よくわからないので、店番のオヤジに聞いてみる。
「すいません。これ、どういうこと?」
「ああ、それね。うち、オリジナルのビデオ作って売っとるんですよ」
「オリジナル?」「そこですよ、そこ。お客さんの後ろ」
振り返って見ると「アヤ力20才調教日記」、「志願・カリン24まな」など、いかにも素人が撮った風のタイトルが20本ほど並んでいる。
「そこのビデオに出とるコたち、結構バイトしたがってるもんやから。まあ、常連のお客さんしかあんまり紹介しませんけど」
オヤジによれば、ビデオを見て気に入った女のコがいれば、ハメ撮りの相手として紹介してもらえるとのこと。なんとも画期的なシステムである。その日は、試写を重ねた末に5本のビデオを購入。内訳は、3本が女優の最新流出作、ー本が洋ピン作品、そしてもうー本がオリジナルビデオの「ヒトミ22」だ。改めて見てみると、ヒトミが出ているビデオ自体はおもしろくもなんともない内容だ。オナニーシーンが続くだけで、カメラワークもきわめて単調である。
もし、店の貼り紙にあったように、本人を紹介してもらえるのなら、ぜひ会ってハメ撮りしてみたい。数日後、再び店へと足を運び、オヤジに頼んでみた。
「すいません、あのう、こないだヒトミちゃんのビデオ買ったモンなんですけど、彼女紹介ってしてもらえませんかねえ」
「ヒトミ・・か。ちょっとムリかもしれないなあ。ま、当たってみますけど」
ひとまずこちらの携帯番号を教えると、ー週間後に店から電話がかかってきた。
「ヒトミの方は明後日の夜なら時間が空くって言うんですけど、大丈夫ですか」
「ええ、なんとか」ここで断れば後はないと思い、ソク承諾。念のため、金のことも確認しておくべきだろう。
「で、いくらなんでしょう、お金の方は」
「4つくらい、渡してくれませんかあ。お客さん」4万と来たか。正直、高いと思ったが、OKするしかない。待ち合わせの正確な時間や場所は追って店側が説明してくれるという。
それから2日後の夜7時。渋谷駅近くに現れたヒトミは、ビデオで見たのとまた違い、予想以上に清潔感溢れる普通の女のコという感じだった。
「はじめまして。ノドかわいちゃったんで、冷たいもの飲んでからでいいですかあ」
その辺のコギャルより礼儀正しい。こんなコが力メラの前で・・。想像するだけでも興奮してくる。その後、歩いてラブホテルに入り、いつしょにシャワーを浴びた後、ベッドへ。ハメ撮りは過去に何度か経験があったが、相手が超好みだけに、この日ばかりは緊張しっぱなし。いつもは軽いデジタルビデオカメラが、やけに重く感じてしまう。それでもなんとか持ちこたえてインサートすると、スグに萎えて中折れする始末。
一方、ヒトミは慣れているのか、そんなオレをののしりもせず、あれこれと注文に応じてくれた。結局、約3時間ほど撮影しただろうか。最終的に納得のいく作品は作れなかったものの、好みの女と濃密な時間を過ごせたことにオレはいたく満足した。
★こんなに楽しい店があるなら、何度でも通い詰めよう。そう思っていた私だったが、ー月の半ばごろ、店の番号へ電話をかけてみると、「おかけになった番号は現在使われておりません」というアナウンスが。もしや逮捕の危険を感じて移転したのか、それともパクられてしまったのか。それ以来、K駅には足を運んでいない。裏ピデオ好きとしては実に残念だが、気に入った店に限って捕まったり、ツブされたりするのが常。やはりこの世界、過剰なサービスは短命の原因になるのだろうか。
※この記事はフィクションです。読み物としてお読みください。

奴隷ちゃん、おまんこのマン拓をとりなさい

1_2020011815401452b.jpg2_20200118154015f9e.jpg今日もいつものように時ち合わせをしてホテル
今日は、マン拓をとるそうです。でもマン拓ってなんだろう。魚拓みたいて言われたけビ、イマイチ理解できむくて…でもビダヒダもちろん形がわかっちゃうんだよね。見られるだけでも恥ずかしいのに。まずはお詳服を脱ぎ脱ぎ。この瞬問はドキドキしちゃいます
塗り終わりたら紙を貼り付けていっばい擦り付けて、剥がす。
そんなと剥がすと、おまんこがくっついて声でちゃいました(笑)
とったものをみると、意外とちゃんとうつってるんですねー・これは恥ずかしい。
嬉し恥ずがしい気持ち。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます