ミニスカのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ミニスカ

  • 2019/03/16エッチ体験談

     このポルノ映画館の前には有名な立ちんぼがいます。年齢は20 代後半、Fカップの爆乳で、腹もかなり出ている巨体。男が映画の看板を眺めていると、ささっと駆け寄って来て言うんです。「映画よりリアルの方がいいったい」何のコトやらわかりませんが、彼女は周囲の目もはばからずいきなり胸を露出して、自分の両手でモミモミ揉みながら「いくらだったら遊べるの?」と誘惑し、さらに交渉が長引くと、指先で乳首を弄って勃起...

    記事を読む

  • 2019/03/05エッチ体験談

     普段、オレがよく行く松山ドンキホーテのアダルトグッズコーナーにときどき、天使のような露出女がやってくる。30才くらいで一人っきり。カップルではない。陰で男に命令されているのかもしれないが、そんなことはオレたちにはどうでもいい。なにしろケツ丸出しの超超超ミニスカート姿なので、目が飛び出そうになる。行動パターンは決まっている。アダルトグッズコーナーでAVのパッケージを見ながらお尻をフリフリ。ロータ...

    記事を読む

  • 2019/01/05裏風俗・風俗体験談

      ピンクのミニスカで立つことが多いので、ピン子と呼ばれている。ネーミングだけで敬遠してはいけない。当人は細身巨乳でロリ顔と、人気が出る要素が満載の素敵な名物立ちんぼだ。左足にタトゥーがあるのもご愛敬か。基本的には車に乗せてホテルに向かうのだが、生理のときはカラオケでフェラ1万円のこともある。...

    記事を読む

  • 2019/01/02素人エロ画像

     一粒で二度おいしいのはアーモンドチョコですが、一チラ見で二人ぶんの太ももを味わえるのがミニスカの世界です。定理:ミニスカ女子の友だちはミニスカである。たぶん前日にメールで打ち合わせしてるんでしょう。私ミニにするよ! じゃあ私も! お揃いだね!ふふふ、カワイイですね。そりゃ友だちだけチヤホヤされるの嫌ですもんね。なので皆さん、街で単独のミニスカ女子を見かけたら、脚を愛でながらしばらく尾行してみ...

    記事を読む

  • 2018/12/24裏情報

      10代わんさかのセクキャバでキツキツのアソコに指入れするスク水になった女性客としっぽりデュエットたどたどしい料理姿に口元もゆるむミニスカJKを眺めながらのビールはなぜこんなにうまいのか...

    記事を読む

  • 2018/08/18素人エロ画像

       胸の谷間ってのは、張りがありそうなやつよりも、タラーーーンと垂れ下がったやつのほうが、お得な気がしませんか。ママさんたちに多いんですよね。週末は公園へゴー!こういうスカート開発した人は偉いですね。企画会議で反対意見もあったと思うんですよ。こんなのはくヤツおらんやろ、と。でも押し切って作ってみたら、ハイこのとおり。感謝状を差し上げます。...

    記事を読む

超ミニスカで腰をフリフリする単独露出女

0108_2019031621040081b.jpg 0109_201903162103597eb.jpg
このポルノ映画館の前には有名な立ちんぼがいます。年齢は20 代後半、Fカップの爆乳で、腹もかなり出ている巨体。男が映画の看板を眺めていると、ささっと駆け寄って来て言うんです。
「映画よりリアルの方がいいったい」
何のコトやらわかりませんが、彼女は周囲の目もはばからずいきなり胸を露出して、自分の両手でモミモミ揉みながら「いくらだったら遊べるの?」と誘惑し、さらに交渉が長引くと、指先で乳首を弄って勃起させ、
「ほれ、こんななってしまった」
と責任を取れと言わんばかりに迫ってきます。例えこちらがドン引きしようとも、そんなコトは一切お構いなし。まさに重度のKYです。値段は本番で大1枚とのこと。高くはありませんが、安くもありません。おそらく彼女なりに考えた末にたどり着いた、自分なりの売り込み方なんでしょう。ボクは買わなかったけど。
信じられないかもしれないですが、本当の話です。この界隈では、全裸の女がバイクで走ってると話題になってます。彼女は深夜1時ごろに現れます。フルフェイスのメットをかぶっているため、顔はまったくわかりません。体は細身ながら、肉のタレ具合からしたら、40代以上だと思われます。
その人が極小のポケバイに乗って、人気のない国道を疾走しているのです。露出は露出なんだろうけど、見てるこっちは興奮していいやら笑っていいやら。あまりの非現実な光景にただただアゼンとするしかありません。巷の噂では、彼女にはパートナーのオトコがいて、そいつがやらせてるみたいです。このあたりを走るドライバーさん、彼女に気を取られてうっかり事故らないでくださいね。
普段、オレがよく行く松山ドンキホーテのアダルトグッズコーナーにときどき、天使のような露出女がやってくる。30才くらいで一人っきり。カップルではない。陰で男に命令されているのかもしれないが、そんなことはオレたちにはどうでもいい。なにしろケツ丸出しの超超超ミニスカート姿なので、目が飛び出そうになる。行動パターンは決まっている。アダルトグッズコーナーでAVのパッケージを見ながらお尻をフリフリ。ローターを冷やかしながらお尻フリフリ。ときどき下の棚のバイブを手に取るために屈んでくれたりもする。Tバックからハミ出る毛がモッサモサしていて、色っぽいのなんのって。声をかけても無視されるので、とにかく脳裏に焼きつけて帰るのが正解だ。
勤務中にシャブを決めてるデリ嬢なんて全国どこにでもいるのだろうけど、彼女ほどアケスケな風俗嬢はまずいないのではないか。なにせプレイ中、こちらがクスリをやってるようなことを匂わすと(むろんウソだが)、よろこんで注射器の入った愛用のペンケースを取り出すのだから。
「1人で楽しんどるのズルいや~ん。うちも決める」
事実、彼女を初めて指名したときもそうだった。微妙に食い違う会話。落ち着きのない挙動。そしてシャブ中特有の体臭。元乱用者だった自分にしてみれば、あまりにもわかりやすい諸症状である。ちょいとカマをかけてみた。
「あんた、シャブ食うとるやろ。実は俺もさっき打ったばっかなんやけど」
「えーそうなん! ほんならうちも追い打ちしていい?」
ネタを入れた直後の女はケダモノになる。最後の一滴まで精子を搾りとられてしまったのは言うまでもない。ふい~。最後に注意を。彼女、かなり気前のいい性格なのか、自分がネタを入れるとき、相手にも勧めてくることがよくあるのだ。絶対に断らなアカンよ!

超超超ミニスカで腰をフリフリする単独露出女

0109_20190305121555b38.jpg 0110_201903051215571b9.jpg普段、オレがよく行く松山ドンキホーテのアダルトグッズコーナーにときどき、天使のような露出女がやってくる。30才くらいで一人っきり。カップルではない。陰で男に命令されているのかもしれないが、そんなことはオレたちにはどうでもいい。なにしろケツ丸出しの超超超ミニスカート姿なので、目が飛び出そうになる。
行動パターンは決まっている。アダルトグッズコーナーでAVのパッケージを見ながらお尻をフリフリ。ローターを冷やかしながらお尻フリフリ。ときどき下の棚のバイブを手に取るために屈んでくれたりもする。Tバックからハミ出る毛がモッサモサしていて、色っぽいのなんのって。声をかけても無視されるので、とにかく脳裏に焼きつけて帰るのが正解だ。勤務中にシャブを決めてるデリ嬢なんて全国どこにでもいるのだろうけど、彼女ほどアケスケな風俗嬢はまずいないのではないか。なにせプレイ中、こちらがクスリをやってるようなことを匂わすと(むろんウソだが)、よろこんで注射器の入った愛用のペンケースを取り出すのだから。
「1人で楽しんどるのズルいや~ん。うちも決める」
事実、彼女を初めて指名したときもそうだった。微妙に食い違う会話。落ち着きのない挙動。そしてシャブ中特有の体臭。元乱用者だった自分にしてみれば、あまりにもわかりやすい諸症状である。ちょいとカマをかけてみた。
「あんた、シャブ食うとるやろ。実は俺もさっき打ったばっかなんやけど」
「えーそうなん! ほんならうちも追い打ちしていい?」
ネタを入れた直後の女はケダモノになる。最後の一滴まで精子を搾りとられてしまったのは言うまでもない。ふい~。最後に注意を。彼女、かなり気前のいい性格なのか、自分がネタを入れるとき、相手にも勧めてくることがよくあるのだ。絶対に断らなアカンよ!
ショッピングモール「イオン」駐車場の非常階段にとんでもない女がいる。ミニスカで座りながらケータイをいじっていて、人が通ったときに足を開いて挑発してくるのだ。可愛くはないが、俺みたいなスケベ男は当然近づきたくなる。ところが近づいていくといきなり電話をしだすのだ。
「タックン、今ヘンな男がワタシを見てる~、コワーい」
泣きながらそんなことを言うもんだからこっちはいそいそと逃げるしかない。いったい何がしたいんだか。特殊なカップルの羞恥プレイなのか、はたまた女の一人芝居なのか。とにかくオレたちは微妙な距離を保ちながらパンティを見せてもらうしかない。彼女が座りをしているのは週末の昼間だ。オレの住む東区近辺で最高のエンコー娘はこの『菜●』だと断言できる。その理由をあげていきたいと思う。まずはその若さとスレンダー巨乳だ。サイト上のプロフィールはCカップとなっているが、実物はEカップくらいだと思う。とにかくキュッっとしまったウエストと美巨乳のバランスが最
高だ。続いてエンコー代。ラブホだとホ別1万円、彼女の自宅(ワンルームマンション)でプレイする場合は1万2千円だ。他のデブスがイチゴーだの2万だのとふっかけてくるのに、非常に良心的な値段設定といえる。もちろんセックス中のエロエロさも忘れてはならない。この値段で生中出し、感じまくりなのは素晴らしい。それでいてお顔のほうも美人というより可愛い系で、文句のつけようがない。まるで彼女の宣伝係みたいな文面だが、けっしてそんことはない。会ってみればそれがよくわかるはずだ。

ピンクのミニスカで立つ細身・巨乳・ロリ顔の立ちんぼ

0103_20190105141332374.jpg 0104_20190105141333739.jpg 0105_201901051413353c8.jpg
ピンクのミニスカで立つことが多いので、ピン子と呼ばれている。ネーミングだけで敬遠してはいけない。当人は細身巨乳でロリ顔と、人気が出る要素が満載の素敵な名物立ちんぼだ。左足にタトゥーがあるのもご愛敬か。基本的には車に乗せてホテルに向かうのだが、生理のときはカラオケでフェラ1万円のこともある。

ミニスカの友だちはミニスカだ

0142_2019010216343825c.jpg 0143_20190102163439204.jpg
一粒で二度おいしいのはアーモンドチョコですが、一チラ見で二人ぶんの太ももを味わえるのがミニスカの世界です。定理:ミニスカ女子の友だちはミニスカである。
たぶん前日にメールで打ち合わせしてるんでしょう。私ミニにするよ! じゃあ私も! お揃いだね!ふふふ、カワイイですね。そりゃ友だちだけチヤホヤされるの嫌ですもんね。なので皆さん、街で単独のミニスカ女子を見かけたら、脚を愛でながらしばらく尾行してみてください。その先には必ず同じような格好した子がいますから。え、男がいた? そんなときは妄想しなさい。数時間後に目前の太ももが舐め回される光景を。これもまた二度目のおいしさです。

なんちゃって制服じゃない学校帰りのホンモノばかり

0055_20181224160246068.jpg 0056_20181224160247207.jpg 0057_20181224160249af5.jpg10代わんさかのセクキャバでキツキツのアソコに指入れする
スク水になった女性客としっぽりデュエット
たどたどしい料理姿に口元もゆるむ
ミニスカJKを眺めながらのビールはなぜこんなにうまいのか
カテゴリ

ぴったりミニスカの太もも

201507010.jpg 201507011.jpg 201507012.jpg 201507013.jpg
胸の谷間ってのは、張りがありそうなやつよりも、タラーーーンと垂れ下がったやつのほうが、お得な気がしませんか。ママさんたちに多いんですよね。週末は公園へゴー!
こういうスカート開発した人は偉いですね。企画会議で反対意見もあったと思うんですよ。こんなのはくヤツおらんやろ、と。でも押し切って作ってみたら、ハイこのとおり。感謝状を差し上げます。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます