0020_201802010335129ed.jpg 0021_201802010335136b8.jpg
ヤフーパートナーは、検索でヒットしたカワイイ子にメールを送っても、レスが来る確率は低い。
効率的なのは〝あしあと〟をチェックし、自分のページを見てくれた女たちのみにメールを出す手法だ。女からの訪問を増やすのはそう難しくない。というのもライバルとなる男連中のプロフが、勘違いしまくっているからだ。
『仕事柄、ほとんど女性と接点がなく…』
なんだろう、この暗さは。
『あまり積極的なタイプではありませんが…』
 なんだろう、この卑屈な姿勢は。
 みんな真面目になるばかりに、正直に自己紹介している男ばかりなのだ。とどのつまり、不幸な自分を幸せにしてください、と。誰がそんな男を好きになるのか。逆だ。プロフはアクティブで充実した生活ぶりをアピールすべし。たとえば顔写真は、仲間とのバーベキューやフットサルのときに撮影したものを使う。背景に白い壁でなく、焼きたてのとうもろこしなどが写っているだけで、楽しくやってる雰囲気は伝わるものだ。自己紹介欄の趣味も、単に「旅行」「温泉」「映画鑑賞」など単語だけ並べてもダメ。『先日、高尾山にはんごうを持って上り、頂上でおにぎりを握りました』など、きちんとシーンが思い描けるように書いておく。
 このサイトの女性は真面目なだけに、男の人となりを知ろうとする。人となりとは、無機質な単語ではなく、具体的な活動内容でようやくわかるものだ。仕事も楽しんでやっている。友達も多い。スポーツやコンサートなど活発に出歩く。そんな充実した日々だけど、将来を見据えた恋人だけはまだできていない。そういうキャラの男にこそ、マジメな女性は興味をもつものだ。メール開始後も、このキャラ設定を維持しておけば、向こうから会いたがってくるだろう。ポータルサイトが運営するエキサイトフレンズは、エンコー女だらけの有料ポイント制サイトとは一線を画す正統派だけに、リスクを避けたがる既婚女性の利用者が多い。利用料金も安く(月300円)、サクラや迷惑メールが少ないなど、メリットは色々あるが、私がこのサイトを薦める一番の理由は、その充実した検索機能にある。趣味やライフスタイルごとに検索カテゴリが細かく分類されているので、目当てのターゲットが見つけやすいのだ。
 人妻探しに使えるのは「恋愛相談」と「お悩み相談」の項目。ざっと見ても「夫婦関係」「離婚」「育児子育て」など、既婚者探しのためとしか思えないジャンルばかりだ。そのうちのどれか一つを選び、目当ての地域、年齢で検索をかければ、近隣に住む既婚女性がズラりと並ぶ。そのほとんどが既婚者でありながらダンナや現在の生活に不満を持った不倫願望アリの人妻だ。職業欄を見れば「主婦」「ミセス」と表示されているのですぐにわかるはずだ。
『夫婦仲良しだけどつまんないょ〜好きな人が欲しいょ。同じ既婚者さんがいいカナ』
『育児中のため、即レスは出来ないけど、嬉しい出会いがあればいいな』
 こんな書き込みを見つけたら、片っ端からミニメール(150文字以内)を送りまくる。内容は特別凝ったものを用意する必要はないが、ここに表示された人妻は、全員が子育てや夫婦関係などの問題を抱えているので、自分も同じ境遇だと同調したり、その相談に乗ってあげるというスタンスが最も距離を縮めやすい。
 ただし相手は家庭を持ったごく普通の人妻なので、いきなり会おうと急かしたり下ネタで入っても無視されるだけ。あくまで相談に乗ってくれる紳士を装い、ごく普通の出会いを意識させればアポイントの成功率は上がるはずだ。
 新しい人妻が次々に登録してくるので2カ月もすればメンバーはほぼ完全に一新される。その都度ミニメールの絨毯爆撃を繰り返していけば安定して遊びまくれるだろう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ