0076_201812261238155de.jpg 0077_201812261238164ab.jpg 0078_2018122612381836a.jpg 0079_20181226123819c15.jpg 0080_20181226123821b64.jpg 0081_20181226123822fdc.jpg
世の中には非合法な金貸しが数多く存在する。俗に暴力金融とかヤミ金融と言われる業者だ。滅茶苦茶な金利で金を貸し付け、手段を選ばない荒っぽい手法で回収する。まさに「借りたら終わり」。借金地獄の行き着く果て、終着駅と呼ぶに相応しい。ただ、一口にヤミ金融と言っても、その営業形態は実に様々だ。もともと法律に縛られない非合法な世界なのだから、それぞれのノウハウはあっても、決まったやりサラリーマンなどを相手に小金を貸し付け利息を吸い取るだけの会社もあれば、自営業者や財産を持っている人間を狙い返せるアテのない金を融資、その見返りに会社や不動産を奪い取るアコギな業者もいる。地域によっても商売の方法は異なる。独り者の地方出身者が多い首都圏では短期決戦が主流で、ほんの数十日、長くても数カ月貸し、返させて終わりだ。それでも絶対的な人口が多いから、客足が途絶えることはない。
これに比べ地方では、長期間貸し付けて延々と利息を吸い取るパターンが中心。親と同居していたり実家が近かったりで、いわゆるラクな客が多いせいだ。
もっとも,金に詰まった人間を食うという点では同じようなもの。ここでは、私目身の経験から、個人向けヤミ金の実態について説明しよう。ヤミ金のヤミ金たる所以は、やはり合法的なサラ金などとは比較にならないほど高金利なところだ。借金に縁のない人でも、トイチという言葉ぐらい一度は耳にしたことがあるだろう。トイチ。10万円の融資を受ければ10日で1万円の利息が付くというこの条件は、単純計算して年利365%。
もちろんヤミ金の利息がどこもトイチと決まっているわけではなく、中にはツキイチ、すなわち月
に1割の利息という良心的?なところもあるし、逆にトーとかトサンといって、10日で2割、3割の信じられないような利息を取る業者もある。しかも、これに加えて書類作成料だのと名目を付けて更に金を取ったり、延滞すれば延滞損害金1日1万円とか、利息がどうこうよりも、相手から取れるだけ搾り取るのもよくある話だ。そんな高金利で客が来るのか、商売が成り立つのか、と皆さんは思うだろう。当然の疑問である。わざわざ非合法なヤミ金を営まなくても、普通のサラ金でも十分に儲かるのでは、と思うのが普通の感覚だ。しかし、実際にはへタなサラ金を営むくらいなら、ヤミ金をやった方がよっぽど儲かる。世間ではサラ金が儲かる業種みたいに思われているが、それは客層がいい大手、もしくはそれなりに名前の通った会社に限っての話。小規模のサラ金、中でも街金と呼称されるような零細業者となれば、その経営状態は総じて苦しい。
これは、サラ金業界の構図を考えれば理解しやすい。金に困った人間でも、いきなり名も知れぬ街金から金を借り入れるヤツはいな
い。一般的な流れとしては、まずは大手のサラ金から融資を受け、後は中規模から小規模なサラ金へ
と落ちてくるのが通常だ。そして、街金レベルから借り入れる段階では、多重債務で借金が何百万円と膨らみ、すでに自己破産や夜逃げにリーチがかかっている。逆にいえば、街金にはこうした借金ダルマになった不良客しか来ないのである。つまりは、こんな割に合わない商売をやるぐらいなら、非合法でも高利益が見込めるヤミ金融をやった方がおいしいというわけだ。