ラブホのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ラブホ

  • 2018/12/07援助交際・パパ活

     ラブホ代のみ。『エッチしませんかぁ。ラブホに女の子2人でいますっ 連泊しちゃったからちょっとタカメだけど条件は他にありません』なんとも妙なカキコミがあったのは、いつものワクワクメールでした。ラブホに連泊している女の子2人組が、宿泊料金を出してくれれば3Pしますよ、と誘っているのです。気にならないわけがありません。すかさず値段を尋ねたところ、2万円との返信がありました。3Pの価格としてはお買い得...

    記事を読む

  • 2018/11/23素人エロ画像

         巨乳は肩がこるそうです。重力でぐいぐい引っ張られるせいで、首の後ろが痛くなるそうです。だから喫茶店ではテーブルに乗せちゃうんです。どっこいしょ、はぁ〜、楽チン楽チン、ってなワケですね。お嬢さん方、そんなことされたら、こっちは落ち着いてお茶飲めないんですけど。ラブホのカラオケってあんまり使ったことないんですけど、皆さん歌ってるものなんですね。しかも全裸で。にしても陰毛ユ...

    記事を読む

  • 2018/10/27出会い攻略

      「酔いが冷めるからコレ飲みなよ」と、ポカリをグビグビ飲ませるのが正解。いかにも酔い覚ましの効果がありそうなポカリだけど、実はアルコールの吸収を促す作用を持っているのだ。昔からナンパ師たちが、焼酎のポカリ割りをよく飲ませるのもそのためだ。何を言ってもウソくさい。女でもいるんでしょと勘ぐられる。なのでここはいったんOKするように。「うん、大丈夫だよ。今日は弟、帰ってこないはずだし」コンビニ...

    記事を読む

  • 2018/10/18出会い攻略

     ナンパバーに連れていくと女が頼れるのはツレの男だけちょっとした規模の町なら、ナンパが盛んに行われていることで有名なバーが一つくらいあるだろう。店内にはギラついた男が跋扈しており、目を輝かせてターゲットを探している。仮に一人女なんていようものなら、もちろん放っておかない。それこそピラニアのような勢いで。ぼくは出会い系にせよお見合いパーティにせよ、狙う女はどちらかというとウブなコが多いのだが、そ...

    記事を読む

  • 2018/10/03その他

     ふらっと入ったラブホでデリ嬢を呼んで一発ヌく。若いころならこういう遊びも決して悪くはないんだろうが、齢を重ね、いろんな社会経験を積んできた俺のようなオッサンには、どうもそれだけでは味気がない。同じフーゾクで遊ぶにしても、もっと情緒のある、落ち着いた環境でのプレイにより心が引かれてしまうわけで。こういう考えに賛同してくれるご年配の同志はきっと少なくないだろうが、ならばそういう方たちのために、ぜ...

    記事を読む

  • 2018/09/20裏情報

     ラブホの歯磨き粉をクリトリスに塗ると悶えまくりますラブホの備品で作れる媚薬がある作り方は簡単水で2倍に薄めたローションにチューブ1本分の歯磨き粉を投入こいつをクリトリスに塗ると…5分後…歯磨き粉の中のメントール成分がクリトリスの血流を増加させるのだ指でこねくり回すと悶えまくる歯ブラシにつけて優しくこするのももちろんアリだただし歯磨き粉は必ずローションで薄めること直接塗ると大変なことになるのでご...

    記事を読む

  • 2018/09/08SEXテクニック

     精液たっぷりがマンゾクの証だという誤解を利用せよヤリ飽きた女でも婚活パーティでモテやがるとまた抱きたくなるいくら可愛い彼女でも飽きてくるもんだ(お互いに)そんな感情を吹き飛ばすため彼女をココに連れていってる......

    記事を読む

  • 2018/08/04裏情報

     ドライブ中にラブホへ入る口実として、もっとも説得力のあるものとは何か。人によって様々な答えがあるだろうが、俺だったら迷わず「車酔いした女を気遣う」に1票を投じる。気分が悪いならちょっと休もうよ。この台詞より説得力があり、かつ自然、かつ優しさに満ちた理由があるならぜひ教えてほしいものだ。え、そんな都合良く助手席の女が車酔いしてくれるかだって? するに決まってるだろ、あの己斐峠をぶっ飛ばせば。昔...

    記事を読む

  • 2018/07/30出会い攻略

     イヤらしいことしてるカップルだらけの居酒屋ターミナル駅から近い全席完全個室の和食居酒屋で、ナンパ師仲間の間では「最初に女を連れ込む店としては基本中の基本」と言われてる場所です。値段のわりに料理や酒もそれなりのレベルだし、全ての部屋がいい感じに狭く、どんなタイミングで女を連れ込んでも密着しながら酒が飲めるので、女をその気にさせたいときは使い勝手がいいんです。隣の部屋からヒソヒソ声の猥談やアエギ...

    記事を読む

  • 2018/07/18その他

     漫画喫茶に誘われたくらいで警戒する女はいない。シートに並んで漫画を読むくらいなら危険性もなさそうだし。しかしオレの場合、いざ連れて行くのはこの「ファミリールーム」だ。畳ばりでコタツがあって、まるで1人暮らしの部屋みたいな空間である。まるでゴロゴロせよと言わんばかりの。寝転んで漫画を読みつつ、ちょっかいをかけるには最適だ。部屋自体は完全個室、もしくは天井が開いてるなど、店舗によってまちまちだが...

    記事を読む

ワクワクメールにラブホで3P希望の女性・どんな女?

0126_20181207103847f29.jpg 0127_20181207103848d93.jpgラブホ代のみ。『エッチしませんかぁ。ラブホに女の子2人でいますっ 連泊しちゃったからちょっとタカメだけど条件は他にありません』なんとも妙なカキコミがあったのは、いつものワクワクメールでした。ラブホに連泊している女の子2人組が、宿泊料金を出してくれれば3Pしますよ、と誘っているのです。気にならないわけがありません。すかさず値段を尋ねたところ、2万円との返信がありました。3Pの価格としてはお買い得といえるでしょう。約束の総武線、小岩駅からメールをすると〈○○(ラブホ名)だよ 303号〉とのこと。受付を無言でスルー(そんなことができるなんて!)して303号をノックします。「いらっしゃーい」登場したのは、場末のスナック嬢のような華のない女です。「ねえねえ、来たよ」奥では、ずいぶんなデブ女があぐらをかいて、焼き肉弁当を頬張っていました。「ちーっす。ちょっとメシ食ってからでいい?」工務店の親方のような挨拶に面食らう私に、スナック嬢が微笑みます。「ごめんね、この子お酒飲んだ次の日ってすごい食べるんだ」「別に構わないけど…。2人は友達?」「うん、小1からのね」「今いくつだっけ?」「27 」
7才からの20年間それぞれ違う道を歩んだであろう末、ラブホに連泊して出会い系男と3Pするという地点にたどりついた2人に、ちょっとした感慨を覚えずにいられません。食事を終えたデブがタバコを吹かしながら、スナック嬢に提案します。
「ああ、旨かった。…そうだ、味噌汁食わない?」「いいね」インスタント味噌汁の封を切ってから、何かを思い出したかのようにデブが備え付け電話の受話器をとりました。
「おじちゃん、お椀持ってきてくれる? うん、ごめんねぇ」どうやらこいつら、ラブホの従業員を我がモノ顔でこき使っているようです。こうして長いランチが終わり、ようやく3Pに突入したわけですが、下手なダブルフェラと、わざとらしいアエギ声、そしてデブの口から漂う、焼き肉弁当の残り香のせいで、ついぞ射精には至りませんでした。

ラブホで全裸カラオケ

0006_201811231744002b2.jpg 0007_201811231744026f8.jpg 0008_20181123174403fef.jpg 0009_20181123174405ea6.jpg 0010_20181123174406947.jpg 0011_20181123174408e91.jpg
巨乳は肩がこるそうです。重力でぐいぐい引っ張られるせいで、首の後ろが痛くなるそうです。だから喫茶店ではテーブルに乗せちゃうんです。どっこいしょ、はぁ〜、楽チン楽チン、ってなワケですね。お嬢さん方、そんなことされたら、こっちは落ち着いてお茶飲めないんですけど。ラブホのカラオケってあんまり使ったことないんですけど、皆さん歌ってるものなんですね。しかも全裸で。にしても陰毛ユラユラさせて、落ち着いて声を出せるんでしょうか。ビラビラ丸出しでラブソングなんぞ歌えるんでしょうか。実にナゾです。毎日こんなシーンが見られるから結婚したいか、どうせこうなっちゃうから結婚したくないか。ま、普通に考えりゃ自分のヨメさんのパンツ姿なんてどーでもいいっすわね。友達のおとなしそうな奥さんも、家の中ではこんな感じなのだと妄想しながら眺めてください。

ラブホや自宅に連れ込むには言い訳を与えよ

0227_20181027094817334.jpg 0228_201810270948192aa.jpg 0229_20181027094820ec1.jpg
「酔いが冷めるからコレ飲みなよ」と、ポカリをグビグビ飲ませるのが正解。いかにも酔い覚ましの
効果がありそうなポカリだけど、実はアルコールの吸収を促す作用を持っているのだ。昔からナンパ師たちが、焼酎のポカリ割りをよく飲ませるのもそのためだ。
何を言ってもウソくさい。女でもいるんでしょと勘ぐられる。なのでここはいったんOKするように。「うん、大丈夫だよ。今日は弟、帰ってこないはずだし」コンビニで酒やつまみを買出しして、ホテル街からさほど離れていない適当なマンションへ。灯りの付いた部屋を見上げて、
「あれ、帰ってきてる。ゴメン」わざわざここまで手の込んだこともしてこないだろうと、女も疑惑を持たず、しかも買い出ししてしまった以上はどこか室内へ入るしかない。選択肢はラブホのみだ。女のコといざヤル展開になって、あらかじめ用意しておいたゴムを取りだすと、こんな風に言われることがある。『何でコンドームなんか持ってんの?』いかにもハナからヤルつもりだったことがバレ
バレである。なのでこのセリフを。『いつ使うってわけじゃないけど、もしこういうことになったとき、相手の子を大切にしたいから』絶大な紳士アピールにはなる。 それでもヤリチン疑惑はあまり薄まらないが、絶大な紳士アピールにはなる。ラブホはヤルこと前提の場所なので、女を口説き落としてからじゃないと誘いにくいが、自室への連れ込みなら壁は低い。ただ唐突な誘いもおかしいので、居酒屋の段階であらかじめ写メなどを使って伏線を張っておこう。
「ほら、これウチで飼ってる熱帯魚」
「この前パンダのDVDもらったんだよ」別に何だってかまわない。居酒屋を出たところで
「さっきのDVD見に来る?」 あくまで部屋に行く目的はエッチではなくてDVDなのだと、女の子に言い訳を与えてあげるわけだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

漫画喫茶・ビジホのツインはラブホ代わりになるぞ

0065_2018101819055381c.jpg 0066_20181018190554716.jpg
ナンパバーに連れていくと女が頼れるのはツレの男だけ
ちょっとした規模の町なら、ナンパが盛んに行われていることで有名なバーが一つくらいあるだろう。店内にはギラついた男が跋扈しており、目を輝かせてターゲットを探している。仮に一人女なんていようものなら、もちろん放っておかない。それこそピラニアのような勢いで。ぼくは出会い系にせよお見合いパーティにせよ、狙う女はどちらかというとウブなコが多いのだが、そういうタイプをオトすときは、あえてナンパバーへ連れていく。そして頃合いを見計らい、「電話してくる」と言い残し、女を一人にして外へ。10分以上時間をつぶす。どうなるかはお察しのとおりだ。格好のターゲットになり、ピラニアだらけの川に落ちてしまうウブ女ちゃん。もちろんホイホイとナンパについていくわけもなく、対処に困って不安を抱く。そこに外から戻ってくるぼく。彼女は安堵し、少なくとも精神的には完全に寄りかかってくる。ナンパ野郎どもよりダサい男ではあっても、一緒に入店したツレってだけで“身内感”があるのだろう。その後は彼女を守るように肩を抱くなり密着するなりして、イチャイチャ度合を増していけばいい。ホテル行きはもうすぐだ。
漫喫を知らない女はまさか完全個室だなんて想像していない
漫画喫茶に行ったことのないという女は意外にも多く存在する。会話の中でそれがわかれば大チャンスだ。気軽に誘ってみよう。彼女らもマンキツがどんな場所なのか、なんとなくイメージは持っている。ブースが並んで、ソファに座って漫画を読むとこだろうな、ぐらいの。まさかセックスできる場所だなんて想像力までは持っていない。なので十中八九、断られることはない。ソフトクリーム食べ放題なんてことでもうたえば、ちょっとした探検気分で楽しそうについてくることだろう。そんな女を『Dice』や『カスタマカフェ』といった完全個室フラットシートに連れ込む。女は驚くだろうが、かといって引き返すわけにもいかず、入室するしかない。そこからは自力でなんとかしよう。ボディタッチから進めばなんとかなるはずです。
もし狙ってる女が、漫画喫茶に一緒に入るくらいはできる仲だとすればイイ方法があります。
まず選ぶべきは、フラットタイプのカップルシートです。密室系が望ましいです。で、部屋に入ったらネットを見るなり漫画を読むなりして紳士的に接します。手を出す素振りも見せません。そして次にゴロンと横になって「仮眠しよう」と眠ります。備え付けのブランケットでも使って、短時間でいいから眠っちゃってください。くっついて寝る必要はありません。本気で30分ほど眠りましょう。ていうか、女を眠らせることが肝要です。あなたは起きててもいいです。これを成功させるためにもアルコールの力は借りたほうがいいかもです。重要なのは起きてからです。そっと抱き寄せてキスでもかましてみましょう。なんと、抵抗されません。むしろ積極的に舌をからめてくることに驚くはずです。そうなんです。女っていったん眠ったあとはウェルカムな状態になるんです。寝ぼけてるからじゃなく、神経が安らぐからだと思われます。お試しあれ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

大人の男はラブホでなく温泉宿にデリヘルを呼びたいものだ

0012_201810032230235ae.jpg 0013_201810032230241f9.jpg
ふらっと入ったラブホでデリ嬢を呼んで一発ヌく。若いころならこういう遊びも決して悪くはないんだろうが、齢を重ね、いろんな社会経験を積んできた俺のようなオッサンには、どうもそれだけでは味気がない。同じフーゾクで遊ぶにしても、もっと情緒のある、落ち着いた環境でのプレイにより心が引かれてしまうわけで。こういう考えに賛同してくれるご年配の同志はきっと少なくないだろうが、ならばそういう方たちのために、ぜひオススメしたいものがある。
『ホテルDEデリヘル』なる口コミサイトだ。デリヘルが呼べるシティホテルやビジネスホテルの情報が都道府県別に集められたきわめて便利なサイトなのだが、実はホテル以外に、温泉宿や温泉ホテルの情報も多数、掲載されていたりする。つまり、ゆっくり温泉に浸かり、晩酌を楽しんだそのあとで、デリ嬢と落ち着いた和室でしっぽり、などという贅沢な大人の遊びが可能なわけだ。静かに一人旅を楽しむもよし。あるいは男友だちを誘ってにぎやかにやるもよし。いずれにしろ、オッサンの温泉旅行が数倍グレードアップすること間違いなしだ。
単独でやってくるパパ活オンナにエンコーを切り出す
ナンパ場として相席系飲み屋が大はやりだが、オッサンにはなかなかハードルが高いというのがオレの印象だ。主流の居酒屋タイプでは、何度ホゾを噛んだかわからない。このタイプは2対2でのグループトークが基本なので、十八番のエンコー提案も切り出しにくいし。しかし、オレは狙い目の店舗を見つけた。近ごろ都市部を中心に増えつつある、ラグジュアリーな内装で高級感をウリにした『相席ラウンジ』である。システムは、居酒屋系とだいたい同じで、男は有料、女はタダ。そしてポイントは、1人客の女がやたら多いことだ。ここなら得意技を出せそうでしょ?実際に向かってみたところ、状況は期待以上だった。豪華な内装の雰囲気に釣られてか、パパ活オンナが集まってきており、援交が切り出しやすいのだ。おっさんが向かう相席系飲み屋は、ラウンジタイプで決まりです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

ラブホの歯磨き粉をクリトリスに塗ると悶えまくります

0086_20180920214041d5f.jpg 0087_20180920214043ffe.jpg
ラブホの歯磨き粉をクリトリスに塗ると悶えまくります
ラブホの備品で作れる媚薬がある
作り方は簡単水で2倍に薄めたローションにチューブ1本分の歯磨き粉を投入
こいつをクリトリスに塗ると…
5分後…歯磨き粉の中のメントール成分がクリトリスの血流を増加させるのだ
指でこねくり回すと悶えまくる
歯ブラシにつけて優しくこするのももちろんアリだ
ただし歯磨き粉は必ずローションで薄めること
直接塗ると大変なことになるのでご注意を
東南アジア発のハーブ「カバカバ」を飲めばいつもより感じやすく
東南アジアのカバカバというハーブ
リラックスと興奮作用、そして感覚が敏感になるのが特徴だ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

SEXの相性いいよねと言い続けると無茶なプレイに応じるようになる

0104_20180908201142a01.jpg 0105_20180908201143e94.jpg
精液たっぷりがマンゾクの証だという誤解を利用せよ
ヤリ飽きた女でも婚活パーティでモテやがるとまた抱きたくなる
いくら可愛い彼女でも飽きてくるもんだ(お互いに)そんな感情を吹き飛ばすため彼女をココに連れていってる
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

ドライブ中にラブホへ秘策「回転メス殺し」

0183_20180804103629ead.jpg 0184_20180804103630cd0.jpg
ドライブ中にラブホへ入る口実として、もっとも説得力のあるものとは何か。人によって様々な答え
があるだろうが、俺だったら迷わず「車酔いした女を気遣う」に1票を投じる。気分が悪いならちょっと休もうよ。この台詞より説得力があり、かつ自然、かつ優しさに満ちた理由があるならぜひ教えてほしいものだ。え、そんな都合良く助手席の女が車酔いしてくれるかだって? するに決まってるだろ、あの己斐峠をぶっ飛ばせば。昔から心霊スポットとして名高いこの山道は、S字カーブやヘアピンコーナーがこれでもかと連続する、モナコGPも真っ青なルートで、初めての者は必ず車酔いする「魔の峠」として有名だ。さらに、己斐峠の先にある山頂は、広島市を一望できる夜景スポットになっている。ということはつまり、夜景を見る名目で、行きは己斐峠とは別の道(県道71号線)を使って山頂へ向かい、帰りは急カーブの鬼ルートを通過して市街地へ戻ればいいのだ。女が我慢の限界に達しかけたころ、ラブホひしめく市街地へ。以上、地元の不良の間で代々受け継がれてきた秘策「回転メス殺し」の全容である。
いわゆるお洒落個室のあるバーです。ロフトつきの部屋は6名以上でないと入れないので、漫画のような大人数の合コンのときにその威力を発揮します。考えてみれば酒+カラオケ+ベッドがついてる個室ってのは言ってみればもはやラブホに近い形ですから、ロフトでごにょごにょする以外にも隠れていちゃつきやすいです。個室内にあるトイレに一緒に入っちゃうなんて荒業もオススメですね。乱交まではいきませんけど、全員乳繰り合ってる状況になったこともありますし、ほんととっておきの店です。

大阪・デートでエッチに持って行けるバー・居酒屋

0175_201807300847467da.jpg 0176.jpg
イヤらしいことしてるカップルだらけの居酒屋
ターミナル駅から近い全席完全個室の和食居酒屋で、ナンパ師仲間の間では「最初に女を連れ込む店としては基本中の基本」と言われてる場所です。値段のわりに料理や酒もそれなりのレベルだし、全ての部屋がいい感じに狭く、どんなタイミングで女を連れ込んでも密着しながら酒が飲めるので、女をその気にさせたいときは使い勝手がいいんです。隣の部屋からヒソヒソ声の猥談やアエギ声が聞こえてくることもしょっちゅうです。ただし店員の細やかな気配りなんてものは期待できないので、いきなり料理を運んできた店員にイチャコキを見られて気まずい思いをすることがあります。注意しましょう。
どんな体位にも対応可能なふかふかマットレスのカラオケ
このカラオケ、デパートのキッズコーナーで見かけるような柔らかいソファマット敷きの部屋ばかりなので、二人で寝転んでイチャ付くには最高の使い心地
だ。室内にはカメラもなく、店もそれほど混んでいないので店員が部屋の前を通る頻度も少ない。他人の目を心配することなく柔らかい床の上で女の子と寝転がっていれば、誰だってごく自然とエロい雰囲気になってくるものだ。正直、俺の場合はほとんどラブホ代りに使わせてもらっていて、正常位でハッスルしても膝が痛くならないのがうれしい。
本格カクテルが飲み放題なのでみんなグデングデン
2600円で飲み放題食べ放題ができる、貧乏学生には非常にありがたいお店です。しかもマティーニやジンライム、ホワイトレディなんかの強いショートカクテルも飲み放題なので、コンパにはもってこいです。その手の甘くて強いカクテルを一度に大量に頼んでテーブルに並べておくと、自然と女の子たちの飲むペースも早まるので、あっという間に泥酔女子が出来上がります。近くにはラブホテルもあるので、うまくチームワークを使って引き離しましょう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

ラブホはイヤだけどシティホテルならOKの女は意外と多い

0136_20180718090521fbf.jpg 0137_20180718090522b82.jpg
漫画喫茶に誘われたくらいで警戒する女はいない。シートに並んで漫画を読むくらいなら危険性もなさそうだし。しかしオレの場合、いざ連れて行くのはこの「ファミリールーム」だ。畳ばりでコタツがあって、まるで1人暮らしの部屋みたいな空間である。まるでゴロゴロせよと言わんばかりの。
寝転んで漫画を読みつつ、ちょっかいをかけるには最適だ。部屋自体は完全個室、もしくは天井が開いてるなど、店舗によってまちまちだが、少なくとも覗かれるような心配はない。気をつけなければならないのは、部屋数が少ないこと(1店舗平均3部屋ほど)。あいにく先客がいる場合は、「ファミリールームが空いたら教えてほしい」と店員に告げておくことを忘れずに。
まず最初に知っておくべきは、世の中には我々男性が思っている以上に、ラブホテルにマイナスイメージを持っている女が多いということだ。いかにもセックス目的って感じがイヤ。自分が安く見られてる気がする。とまあ、いろいろ理由はあるみたいだが、見落としてならないのは、決してセックスそのものを拒否しているわけじゃないってことだ。つまりはラブホではない、もっとオシャレで高級な雰囲気のところであればOKなのである。具体的にいえば、シティホテルだ。ということは今後、狙った女すべてをシティホテルに誘えば、失敗の確率もグッと減ることになるわけだ。もっとも、ラブホテルより割高な点がネックだが、全国には格安料金でデイユース(日中での休憩利用)を設けているシティホテルは数多くある。下にデイユース有りの主なシティホテルを列挙した。今後の活動に役立ててもらえれば幸いだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます