ラブホテルのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ラブホテル

露出狂や相互観賞マニアの噌好にピッタリの噂のラブホテルに入ってみた

0003_2019052121280059b.jpg0004_20190521212802cda.jpg0005_20190521212803465.jpg0006_20190521212804789.jpg0007_20190521212806756.jpg
新大久保。新宿・歌舞伎町の目と鼻の先にあるこの街は、アジア系外国人が密集するエスニッタウンであるとともに、ラブホテル街としも有名だ。
その中のひとつ、「A」ホテルの存在を知ったのは、あるホームページの掲示板がきっかけだった。力ップル喫茶やスワッピング関連の情報が並んだ中に、妙な書き込みを発見したのだ。
「9月×日、新大久保の『A』ホテルに午後1時17時までいます。窓あけてまってます」
通常、この掲示板では「関西在住の方、一緒にスワップしませんか」といった、力ップル同士のいわゆる、お誘い系メッセージが多くを占めている。むろん、件の書き込みもその一種には違いない。しかし、ラブホで窓を開けていったいどうするんだろう・アエギ声を拝聴させてくれるとでもいうのか。さっそく本人にメールで問い合わせてみると、なんでもこの「A」ホテル、隣あった部屋同士の窓を開けると、互いが丸見えになるらしい。つまり、彼らは相互観賞プレイの相手を探していたのだ。ただ、そうした部屋は限られており、ー階は105と108、2階なら205のいずれかに入る必要があるという。栗たしてそんな都合のいいホテルがあるんだろうか。窓を開けると、互いが丸見え。ウレム、そんなとこあるかあ?まあ、せっかくのお誘いである。これは力ノジョを誘ってでも覗いてみるしかないだろう。
当日の午後2時、パートナーを連れて山手線の新大久保で下車し、そこから歩くこと約3分。「A」ホテルはスグに見つかった。外観を見る限り、今ドキの力ップルが好き好んで入るような雰囲気じゃない。「いらっしゃいませー」中に入ると、フロントからオバチャンの声がした。「好きなお部屋、選んでね」オバチャンに促され、空き状況を示すパネルに目をやる。ほとんどの部屋に明かりがついている中、相互観賞部屋らしき211号室は消えていた。客が入っているのだ。すかさず、211と対面している205号室のボタンをプッシュ。サービスタイムの料金4千円を払い、力ギを手に2階へ。
205号室は、これまた何の変哲もない部屋だった。隣が丸見えだと?ありゃたぶんウソだな。半ばあきらめかけて、正面の障子と窓を同時に開けたそのとき。そこには、待ってましたと言わんばかりに濃厚なディープキスを交わすカップルの姿が。相互観賞OKのホテルは本当に存在したのだ。「あっ、メールくれた人?」「そ、そうですけど」「こっちはテキトーにやってるからさ」慣れているのか、男女とも別段恥ずかしがる様子もなく、キスからペッティング、やがてフェラチオ、シックスナインへと移行していく。もうホレボレするほどの見せっぶりなんすよ、これが。
状況がよくわからない人のために、もう一度脱明しよう・前ページに掲載した部屋の見取り図を見てもわかるように、この「A」ホテルは一種の、コの字形になっており、互いの棟の距離が非常に近い・したがって正面で向かい合った部屋(2階なら205と211)の窓を開ければ双方が丸見えになるのは、必然的なのだ。単なる設計ミスか、それとも故意なのか。いずれにせよ、この奇妙構造が、露出狂や相互観賞マニアの噌好にピッタリきていることは間違いない。しからば、他にもこのホテルを利用している力ップルだっているはずだ。さっそくスワップ&乱交系のホームページに、片っ端から「Aホテルでお会いしませんか」とのメッセージを入れてみた・すると、翌日にはこんなメールが。「男50才、女22才のカップルです。新大久保のAはよく利用してますが、あそこはみんなヘンに窓を閉めちゃうんですよ」ヘンなのはどっちなんだという話はさておき、携帯番号を交換、アポを取った。当日、約束の午後2時に先方へ電話を折れると「もう入っちゃいましたよ、211に」とのこと。急いで205号室に駆け込み、窓を開けてみると…。「ちいーっす」男が腰を振りながら、こちらに軽く会釈を送ってきた。女の方は「アッアッ」とすでに上気している。見るからにヤクザとその情婦風。なんかメンドウなことになってきたぞ、オイ。
ちゃんと見てあげないと怒られるんじやないか・そんなこっちの心配をよそに、窓越しの2人は次々と体位を変え、黙々とエッチを続けている。「2人でこっちに来ない?」一息ついたところで、男が誘ってきた・確かに、窓から窓へひょいと渡れるほどの距離だ・当然ここはイクしかないっしょと力ノジョを説得してみたがゴーサインが出ず、結局はここでお開き。
せっかくだからスワップしたかったようなヤラなくて正解だったような

ラブホテル代わりカラオケHは格好の覗きスポット

0012_201905042151121e2.jpg 0013_20190504215114997.jpg実は今、東京・新宿歌舞伎町の1軒のカラオケ屋が格好の覗きスポットとして話題になっているのをご存知だろうか。
セントラルロードでキャバクラの客引きをする事情通は語る。
「Hって店でしよ。この界隈じゃ有名ですね・夕方過ぎにはスカウトマン、朝方にはホスト、週末
には学生サークルの連中がラブホテル代わりに使ってますよ。個室から乱れ髪のオンナがトイレに駆け込むなんてしょっちゅうですから」
ちなみにこのカラオケ屋、なんと、あの鬼畜集団「スーフリ」もしばしば利用していたという《ハク付き》の店。この目で確かめないワケにはいかない。
薄汚れた茶色のビルには、入り口が2つ。向かって左方が一般団体客用、地下に下る右方が「カップル専用ルーム」だ。
「あの〜、カップル専用ルームって空いてます?」
「…すいません。カップルルームは、男女ペアじゃないと入れないんスよ」
バイトの兄ちゃんのしかめっ面を見ながら、俺は客引きのことばを思い出す。
「一般用ルームでも乱れてるヤシらは乱れてますよ。この前も、AV並みの集団レ〇プをしちゃってる5人組がいましたし」すぐさま一般用個室へ移動し、待機。対面の部屋にカップルが入場した。
福山雅治似のなかなかのイケメンと社長秘書風のエロエロっ娘。さて、舞台と役者は揃いましたな。
トイレに行くフリをし中を覗いてみると…おお、早くもチチクリ合ってるではないか!
唇を吸い合うクチュクチュ音が今にも聞こえてきそうな臨場感だ。
恥ずかしそうに乳房を押さえる秘書に福山が襲いかかる。Gカップはあろうかという釣り鐘型の乳房がユサンユサンと余震を起こしていたそのとき、ガラス越しに火照り顔の彼女と目が合った。ヤベ〜ところが、この2人、行為を中断するどころか、ますますエスカレート。…ん?いつの間にか俺の真横にホモっぽい男がいるじゃんよ・鼻の下を伸ばしてまくってるけど、もしやお仲間?
「いやぁ…いいねえ。グフッ」
まあ、いいか。福山が秘書の身体に覆い被さり、いよいよ半尻状態で腰をフリフリ、カッカッ。く〜、タマらんねえ。にしても、なぜこの店、こんなコトになつちまってるのか?その理由は個室を調べればすぐわかる。監視カメラの類いがない上に、「マイククリーナー」と称したピンサロ風のオシボリまで常備、部屋によっては毛布まで用意されている。
特にカップル専用ルームは、トビラのガラス窓に内側からプライドが降りるから、中の様子はまるでわからないのだ。

ぺアーズPairsで絶対出会える口説き方・デートの誘い方(5人の成功例)

0122_20190422094810687.jpg0123_20190422094811a97.jpgここ1カ月、ペアーズの調子がますますいい感じです。以前までは、マッチング後に軽くメッセージを交わしてLINEに移行、アポを取り付けて食事へ、その後ホテルへ、という流れ(ここまででだいたい2週間)でしたが、最近はマッチングから3日ほどでアポ、さらには食事を挟まずに即セックスという例が増えてきました。
 その原因を今回即ヤリできたベッキー似でハーフ顔のせりな(30歳。デパート勤務)のケースから解き明かしていきましょう。
ポイントは全部で3つあります。
一つは、地方出身で上京が比較的遅かったこと。全国展開する某美容系メーカーの販売員をする彼女が上京したのは29歳のころと遅めでした。出身は岡山で、大学卒業後すぐに上京した場合、比較的友達が多いものですが、彼女のように中途半端な時期に上京すると友達がいないケースがとても多いのです。
ふたつめは、女性だけの職場なこと。出会いはありません。にもかかわらず、プロフィールを見るとお酒は「よく飲む」で、かなりアクティブなことがわかります。
さらに3つめ。不定休とありますから、一緒に飲みに行く異性は皆無に等しいでしょう。
 こういうコには例の「食べログ」作戦がよく効きます。ほかの男たちは彼女の人となりを知るべく少しずつ会話を進めて世間話から距離を縮めようとしますが、今すぐにでも異性と会いたい彼女には最短距離で攻めるのが正解です。
最初のメッセージで、こんな内容を送りました。
「せりなちゃん東京へようこそ!(笑)好きな食べ物、すっごい一緒みたいだし、来週飲みに行きましょ! ココとかどうですか?ワインもサングリアも日本酒もあって、おまけにスイーツもめちゃおいしいんです(^^) https://www........」
すると…。
「はじめまして! 来週大丈夫です! おいしそ?!
新宿なら場所もいいかんじです(^^)でも、迷子になるかも…(´・ω・) 」
 はい、一発でアポを取り付けました。
アポ当日までは適当にメシの写真やこれまで撮った突っ込みたくなる写真(ヘンな張り紙とか)を送って場をもたせることに徹します。そして迎えたアポ前日に「明日、早く飲めるから15時とかでもいい?」と提案。どのみち仕事が休みなのでOKしてくれます。
着いたら「ごめん、昨日徹夜で家帰ってなくて、シャワー浴びてないから浴びていい? 新宿ならラブホがいいかな。仕事でもよくサボるときに使うんだよね」と提案。ここで帰る女性はまずいません。いかにも「これが東京で働いてると普通なんだよ」というテイで言えば、あっさり「あ、そっか、はーい」となんともあっけない返事がかえってきます。
あとは写真のとおり、1時間ほどセックスしてホテルを出たら「大事な仕事を思い出した!」で撤収です。平日休みのコには「仕事の合間に会ってる」という設定にしておけばこういうことがしやすいんですよね。
セフレ扱いで処女を卒業した子と出会い系で会う
0116_20190402163505b2a.jpg0117_20190402163506b53.jpg突然ですが問題です。1年前に彼氏と別れたばかりの女と10年間彼氏もおらずセックスもしてない女、どっちがヤリやすいと思いますか?素直に考えればセックスへの抵抗が少ないであろう前者だと答えたくなるでしょう。が、実はそうとも限りません。前者の場合、わりと出会いがあるので男を選別する基準が厳しく、ペアーズで会えたところで「なんかそういうタイプじゃないんだよね」とNGを食らってしまうケースも少なくないからです。
一方の後者は、ピッタリとハマれば長期的なセフレになり得ます。職業にかかわらず、彼女たちの多くは出会いがなく、男と出会うための積極性もない。男側からも、10年彼氏がいない女は何か欠陥があるんじゃないかと敬遠されがちです。よって、ライバルも少なく「ずっと彼氏いない系」は安定したセフレ供給元となっているのです。
関東の女子大を卒業後、大手メーカーの子会社で働く30歳のサヤカはまさに後者のタイプでした。大学時代にバイト先で出会った店長と一瞬付き合って(たぶんセフレ扱い)処女を卒業。その後は男性との付き合いが一切ないということでした。つまり経験人数は1人。彼女とのメッセージのやり取りからは性的な匂いがいっさい感じられません。話題は「今日寒いね」「鍋食べたいね」「二度寝って気持ちいいよね」とか、他愛もないものばかり。それでもメッセージが続くのは、男からのいいね数がわずか10とライバルが少ないからに他なりません。 
迎えた一回目のアポは普通の焼鳥屋。彼女の年齢を考慮し、こちらも結婚を意識していることを匂わせ、そこから逆算して俺たちは付き合ってエッチしたほうがいいよねという話題にもっていきます。
「長く付き合ったり同棲してから結婚すると、結婚後のドキドキがなくてつまらないって聞いたことない?」
「聞いたことある!」
「5年付き合って結婚した友だちがね、結婚してからレスなんだって。それってお互い愛情があるのかなって思うよね。楽しいのかな」
「ラブラブな家庭がいいな」
「だよね。俺たち、もう年齢も年齢だし、ダラダラ付き合ってもしょうがないと思うんだよね。こうやって食の趣味も合うし性格も合うし、もし結婚できたらずっとイチャイチャできると思うんだよね。たぶん長く付き合ってるカップルより全然ラブラブになれると思う」
いま出会ったばかりの2人の状態が逆にメリットだよね、と提案して「まだ会ったばかりだし」というグダを崩します。なお、10年セックスしてないことに対する彼女の不安には「エッチがしたいっていうより、サヤカちゃんとくっついてたいだけだから」と言えばすんなりと通りました。
いきなり脱がさず、ほっぺにキスしたり、いちゃいちゃ自撮りをしたり、くすぐったりと軽くスキンシップを経て抵抗をなくしたところで素のチンポを見せたところ、10年のブランクを感じさせないほど素直にくわえてくれました。
出会い系アプリで即ヤリ出来る手法
0118_20190410181127444.jpg0119_20190410181129192.jpgこの連載を始めてから何人かの読者さまから、「ペアーズに登録したけど、結局メッセージのやりとりが面倒で続かない」という相談を受けました。
たしかに、忙しい毎日の中で女性とマメな連絡を取ってメシを食ってつまらない話を聞き、セックスまで持ち込むのは本当に面倒ですよね。ということで、誰でもいいから即ヤリしたい!面倒な会話とか全部したくない!という方のために、アポから食事もせずにいきなりセックスする方法を紹介します。今回は本当に「即ヤリ」のための方法ですよ。
まずは、プロフィール文をとにかく充実させます。たとえば、こんなかんじ(右参照)。
年収は1000万円以上に設定し、徹底的に「待ち」の戦略をとります。足跡やいいねだけをつけまくり、向こうからのメッセージを待つわけです。
狙うべきは、いいね数が60以下、33歳以上、体型が「普通」「やや太め」「太め」の女性。
簡単に言えば飢えている女です。
毎日、ひたすら足跡といいねをつけていると、3日に1回くらいのペースで女性側からメッセージが届きます。たとえば、今回セックスしたぽちゃ女性の看護師・小百合34歳はこんなかんじでした。
〈プロフィール読みました! 恋愛リハビリ(笑)私も一緒です! よかったら仲良くしてください!〉
 こんな連絡が来たら、一か八かで以下のような返信をしてください。
〈ありがとうございます(^^)恋愛セカンド処女ってことですね!(笑)メッセージとか、正直慣れてないので、よかったらリハビリ兼ねてお茶しましょう!〉
〈いいですね! 私もメッセージってなかなか続かなくて…平日でもいいですか?〉
 たった1往復でアポを取り付けました。そんな運びでアポになったら、会うやいなや堂堂と「じゃあ、ホテルでゆっくりしましょうか」と提案します。時間は食事には中途半端な16時がベストです。
 相手は一瞬「え?」となりますが、ここまで出てきたコスト、その日の予定がなくなることなどを考慮してちょっと迷ってしまうんですよね。そしたら手をつなぎながら、とどめにこんなセリフを。「こっちだって、緊張しているのは一緒だよ?たぶん、いま小百合ちゃんと考えていること一緒だと思う。とりあえず寒いから移動しようよ」
コンビニでお茶を買い、ホテルへ入室。ソファに並んで座ったら、「チューってどんなかんじか覚えてる?」と聞いてそのままスタート。信じられないかもしれませんが、即ヤリしたいなら絶対に試してみてほしい手法の紹介でした。
ペアーズで会う女性のほとんどは婚活中のアラサー
0122_20190501102706c0a.jpg 0123_201905011027077ba.jpgペアーズで会う女性のほとんどは婚活中のアラサーなので、2人で会っているときは基本的に「俺たち、もう付き合ってるみたいだよね」と言いながら和みモードでいちゃつく恋人プレイをしたほうがすぐにセックスに持ち込めるのですが、今回セックスしたあきな(30歳・アクセサリーショップ店長)は違ったパターンで即ヤリできたので、その手法を紹介します。
 最初のメッセージやりとりの時点では、いつものように他愛もない話から入って次第にグルメの話に移行。牛肉が好きというので昼から豪快にステーキが食べれる店に行こうと提案したところ、あっさりとOK。次の休日に原宿でアポとなりました。
 事前に「せっかくの休みだし、赤ワインも一緒に飲みたいね!」と酒を頼むのを匂わせるのも忘れません。もちろん、あきなも「うん! 休日っぽくていい!」と、ノリノリです。
 当日、ステーキと赤ワインを2杯飲み、すっかりほろ酔い気分になったところで「食べすぎたし、ちょっと散歩しようか」と手をつないで神宮外苑を散歩します。「ごはんはおいしかったね。あきなちゃん、今日すっごく晴れてるし、俺らいいかんじに昼から酔っ払ってるし、なんかダメな奴みたいだけど最高だね」
「わかるー! いいかんじだよね! 充実した休日ってかんじ」
「わかる? なんかいつもと違うよね、多幸感がやばいもん(笑)」
「わかるわかるー!」
 さて、ここからがいつもと違う展開です。ベンチに座り手をつなぎながら、次第にこんな話を。
「てかさ、今日まだ言ってない大事なことがあるんだよね」
「なになに?」
「あきなちゃんと会った瞬間に、かわいすぎて俺チンピクしちゃったんだよね」
「ちょっと! なに言ってんの」
しかし、既に手をつないで心を許し合ってるため、彼女はまったく嫌がるそぶりを見せないどころか楽しそうに笑っています。
「てか、ずっと興奮してて、マジ勃起してんだよね」
「えー!」
「まじまじ。嘘ついてもしょうがないから。ほら」
 そう言って彼女の手を自分の勃起チンコにあてます。
「うっそ! ウケる!!」
「ホントでしょ? もうヤバイから。これエッチしろって意味でしょ」
「えー!」
楽しく返事する彼女の姿を見ていけることを確信。すぐに手をつないで立ち、歌舞伎町のホテルへと直行しました。冗談っぽく「興奮してきちゃった!」と言って服の上から勃起チンポを見せたり、触らせる作戦は、ノリがいいコには効きますよ!
相手の海外コンプレックスを見抜きおだてて出会う
0118_20190522180540a51.jpg0119_201905221805429da.jpg
ペアーズでは、海外の写真をアップしている女性をよく見かけます。ハワイだかグアムだか知りませんが、大抵は水着でサングラスをかけてピースしている、アレです。
で、プロフィール文を読むと
「海外で生活していたので、海外勤務の方や同じ経験をしている人とつながりたいです」
 こういう海外かぶれの女性は真っ先に避けてしまいがちですが、攻略法がないわけではありません。今回アポった女性であるアパレル販売員のミサキもその一人でした。なんでも、過去にアメリカ人と付き合ったことがあり、2年ほどニューヨークで暮らしていたといいます。
この手の女性とのアポを繰り返してわかったことは、そもそも海外かぶれてますアピールをしている女性の大半は、逆説的に純粋な日本人だということです。だって、海外生活が本当に長い人は、わざわざ海外行ってますアピールなんてしませんからね。
 聞けば、彼女の実家は群馬県で農家を営んでいるそう。20歳のころ東京に出てきて、クラブで出会った男と付き合ってアメリカに行ったといいますから、単なる欧米コンプレックスであることが伺えます。なので、こちらが軽く海外慣れマウンティングをかませば、コロリと態度を変えてきました。
〈アメリカに行ってたんですね! 僕も小学校のときまで父の仕事の関係でアメリカに行ってたので価値観が合うかも (^^) 今でもたまにあっちの友達とFacebookで連絡をして会いに行ったりしてます!〉
〈そうなんですね! いいな〜! あーまた海外行きたくなってきた!〉
 こんな調子でマウンティングしつつ、もし日程が合えば今度のGWにアメリカに行くので現地で落ち合ってごはんでも食べようよ! と提案します。「それめっちゃいい!!」とミサキ。彼女たちは、こういうシチュエーションが本当に大好きなんですよね。
 というわけで「あっちの話できる人ってなかなかいないから貴重だね、まずは東京でランチでもしようよ」と、表参道のテラス席のあるイタリアンでランチとなりました。昼にアポを提案すると彼女たちはなぜかすぐについてきます。
「せっかくだし」と白ワインで乾杯し、「なんか日本人ぽくないよね。職場とかで気が合う人あんまりいないでしょ?」とおだてると、彼女は喜んで「そう!もう日本脱出した〜い!」といいます。もう少し飲みたいからカラオケに移動を提案するとあっさりOK。手を繋いでカラオケに入り、再び白ワインを頼んだところで肩に手を回しキス。「すっごいセクシーだから興奮しちゃった」と勃起ちんこを触らせてフェラへと誘ったのです。
相手のコンプレックスを見抜き、そこをうまく利用したのが今回の勝因と言えるでしょう。

靴はめ込みにイヤホン型・これが隠し撮りマニアの手口だ

0073_20180813110635438.jpg0074_2018081311063604e.jpg0075_20180813110638f39.jpg0079_201807281435541b0.jpg 0080_2018072814355628d.jpg
0094_20181108214708ae1_20190810162553809.jpg0095_20181108214709138_201908101625547a9.jpg0096_201811082147106b0_20190810162556e72.jpg0097_20181108214712519_20190810162558b2c.jpg0098_2018110821471345a_20190810162559f5e.jpg0099_20181108214715c47_20190810162600818.jpg0100_20181108214716990_20190810162602f4f.jpg0101_20181108214718b4a_20190810162603743.jpg0102_2018110821471926a_20190810162605cab.jpg0103_20181108214721d45_20190810162607eb8.jpg0104_2018110821472266e_20190810162608570.jpgマニアが仲間内で交換して楽しむのがせいぜいだったビデオは、ここ数年誰でも入手できるようになった。マニアが撮影したビデオを買い取り、市販するようになった。質のいい、客に売れる映像を撮れば買い値も高くなるためここ数年のマニアの手口は飛躍的に発展してきたのだ。ここでは、フロフエッショナルともいうべきマニアたちがどんな手法で行っているのか、その実態を紹介しよう。
エッチを繰り広げる男女がいればノゾキがやってくるのは自然の摂理というもので、例えば東京では代々木公園、日比谷公園、新宿中央公園などでは日々カップルとノゾキの戦いが続いている。こんな格好の対象をマニアが見逃すはずもなく、公園に出没するマニアは思いの他多い。では、彼らのテクニックを紹介する前に、夜間撮影の原理について解説しておこう。通常、ビデオで撮影する場合、暗ければライトで照らし光を補って撮る。だが公園で行うときにそんなことをしては相手にバレバレ。そこでカメラレンズとして暗視鏡と呼ばれる装置を使う。赤外線カメラと呼ばれるのがその代表的なモノで、見えない赤外線を対象物に当て、反射してきた光を映像として捉える仕組みになっている。
つまり、投光機の付いた赤外線カメラをビデオカメラにつなげば、暗闇でエッチにふけるカップルの姿を気がねなく撮影できるというワケだ。となれば、カメラを持ってあちらの公園、こちらの広場と歩き同れぱいろいろなカップルを撮れそうな気がするが、そうはいかない。実は公園はノゾキのボスを頂点に、キッチリしたシマ分けがされている。そのため、公園をホームグラウンドに撮るマニアはほとんどがノゾキ出身。茶色やえんじなどの黒っぽい服装を着用し、月光などに反射しないよう腕時計をはずすのはもちろんのこと木の影に沿って歩くといった公園のルールを身につけた者ばかりだ。彼らは、機材を身につけ、例えば街灯や通路から離れたベンチなど自分の持ち場を撮影ポイントと決めお客さんが来るのをじっと待つ。カップルが座り、イチャイチャし始めたところでカメラのスイッチを入れ、撮影スタート。ただ、赤外線投光機は赤外線を発射するとボーっと赤く光る。本番が始まってカメラが局部をアップで映しても、自分の目は必ずカップルがどこを見てるのかをチェック、2人のどちらかがカメラの方を向きそうだと思ったらスイッチを切らなくてはならないという。中にはカップルやノゾキがいるのを知った上で局部を見せつけてくる露出癖のあるカップルもいるが、毎日通っても、本番までいくアベックはそう多くないらしい。そのため彼らは、自分の撮影スポットにお客さんを呼び込む工夫をこらす。例えば、自分の体を隠して撮影するために穴を掘ったり、逆に木の上から撮れるようハシゴをかけたりするのはもちろん、移動しても音がしないよう公園に行ったら
まず枯れ葉などのゴミを掃除。さらに、他のベンチにゴミを置いて自分のところへ座りやすくしたり、カップルがその気になるようベンチの周りに木を移植したりするという。「ナイトショット」機能が付いたハンディカムの登場で、素人でも手軽に可能になったのがこのジャンルだ。ラブホテルには照明器具や音響装置など様々なものが置いてあるので、カメラの設置場所に苦労することはない。天井から吊り下げられたスピーカーの網の中や照明装置の傘、さらにはカメラを仕掛けた防災用の煙探知機の偽装品などを置いても怪しまれない。が、仕掛ければ簡単にできるというものでもない。バッテリーを充電してもカメラの作動時間は2,3時間がせいぜいだから、仕掛けた部屋にタイミング良く客が入るかどうかは運次第。その上、仮に客が入ったとしても、部屋にいる間中ずっとセックスしているわけではない。酒を飲んだりカラオケを歌ったりと、意外にそれ以外の時間の方が多かったりする。さらに、いざエッチを始めても明かりを落とされたり消されたりしたら撮影不可能。満足いく映像を撮るには、何より忍耐力が必要なのだ。
隠し撮りマニアのグッズ
つま先の上部にレンズが埋め込まれているカメラ付きシューズだ。外からは単なるスニーカーにしか見えず、カメラが入っていることなどまったくわからない。埋め込まれたレンズは天井の方を向いている。一体、何の目的に使われるのだろうか…
iphoneの形をしているが、おかしな角度から撮影できるカメラだ。そう、裏面ではなく側面にレンズがついているのだ。見た目は本物のiPhoneと見分けがつかないほどに作りこまれているため、漫画のような状況で、一体誰がレンズを向けられていることに気づけるだろうか。
従来のボイスチェンジャーはどうしてもロボ声のような不自然さが出てしまうが、こいつは誰が聞
いても本物の女性としか思えないレベル。ネットでは神ボイスチェンジャーの異名を持つ。クリック一つで、若い女性、セレブ、赤ちゃん、老女など細かな設定が選べるあたりも実に憎い。
ソニーのビデオカメラなどに付いたナイトショットモードは、夜間の撮影に対応した便利な機能だが、内臓の赤外線ライトが弱いため、暗闇ではわずか1メートル程度までしか撮影できない。しかしこのランプ、強力で目に見えない赤外線を照射できるので、7〜8メートル先の被写体まで撮影可能だ。サバイバルゲーム愛好家や、隠し撮りマニアに利用者が多いのもうなずける。

カップルのSEXが見れる・相互鑑賞の出来るラブホテル

0003_20181014151258221.jpg 0004_20181014151259ca8.jpg 0005_20181014151301b6e.jpg 0006_2018101415130212e.jpg 0007_20181014151304839.jpg
当日の午後2時、パートナーを連れて山手線の新大久保で下車しそこから歩くこと約3分。「A」ホテルはスグに見つかった。外観を見る限り、今ドキのカップルが好き好んで入るような雰囲気じゃない。

ラブホテルに連れ込む正しい会話術|エッチテク

0134_20180717083621740.jpg 0135_20180717083623472.jpg0132_201807170836192c8.jpg 0133_20180717083620457.jpg
「見られちゃう」グダを崩すにはカラオケ館の〝ファーストクラスルーム〟
1年365日、全国各地のカラオケボックスで発生していると思われるトラブルがある。個室で手を出そうとしたけど、「ドアの窓から見られちゃうよ」と拒絶されるアレだ。お教えしよう。カラ館にはだいたいどこの店舗にも、〝ファーストクラスルーム〟と呼ばれる大部屋がある(通常料金プラス400円)。かなり広いので、入り口の窓からは部屋の隅々まで見渡すことはできない。漫画のような感じで。いいでしょ?
上も下も空いてないから堂々と手を出せる完全個室のマンガ喫茶
一般的なマンガ喫茶は上が空いていたりドアの足下から廊下が見えたりで、安心していちゃつけないのですが、全国各地にあるこのチェーンには完全個室があるので堂々と手を出せます。店舗によって「シアタールーム」「グループフラットシート」「ファミリールーム」など、呼び方は様々で、また小さい店舗によってはこれらの部屋がない場合もありますので、地元のアプレシオを調べてみてください。
「ホテル行こう」というストレートな誘いを断るコには他の名目で誘うのがよい、なんてのはそこらへんの雑誌を開けばどこでも書かれている話ですが、このラブホテルはまさにその「名目」がつくりやすいです。このラブホテルは全国各地にあって、店によってその設備は様々です。たとえば私が利用する福岡のココナッツは一階にバーが入っているので、「なんかさ、バーのあるラブホがあるんだって。バーだけでも覗いてかない?」なんて言いながら誘い込めるわけです。他の地域では無料でスイーツが食べられるところもあったりと、誘い込む名目づくりには困らないでしょう。またどこも外観は、まるでなんとかランドのようなジャングルみたいな雰囲気になっているので、ちょっと見に行くだけ行ってみようと誘うのもいいでしょう。
たとえば県境の峠道。あるいは町外れのうら寂れた国道沿い。そんな田舎道を車で走るとき、必ずといっていいほど目に付くのが、我々の心の憩い場、ラブホテルだ。それも1軒だけじゃない。現れて
は消え、また現れては消えを繰り返すのが、おそらく全国共通のパターンだろう。狙いをつけた女に一発ブチこみたいとき、わざとこういったラブホ街道を走るのもひとつの手である。むろん無言ではいけない。気まずい空気が流れてしまう。話の流れをあらかじめ決めておいたほうがいいだろう。
「この辺りはホント、ラブホテル多いよねぇ。あ、まただ。ほら反対側も」
まずはこんな台詞をしばらく続け、ラブホという単語を出すことがヤラシクない空気を作る。そして、「ラブホ行ったことある? おもしろい部屋とかあった?」
と、女にもラブホの思い出を語らせる。答えは「ない」でもかまわない。それまでシモの会話すらしてこなかった二人が、軽い雰囲気で過去のセクシャルな体験を語ったという事実だけでOKだ。ラブホ街道が便利なのは、話題が転じようとしても、また看板をきっかけにラブホ談議に持ち込めることだ。「あ、ホテルニューヨークだって。どこがニューヨークなんだよ」とかなんとか言いながら、とにかく話題をラブホ一色に染め上げる。そして唐突に、
「あれ、あそこ、なんか変わってるね。おもしろそう」
とハンドルを強引に切ってしまおう。
「えっ、何よ、どうしたの?」
「いいからいいから、ほら、ちょっと見ていこうよ」
駐車場に停めてしまえば、後はどうとでもなるものだ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます