ラブルームのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ラブルーム

  • 2018/08/19出会い・モテ攻略

     ヤフー知恵袋でこんな質問を見つけた。〈投稿者ID:○○○/旦那とのセックスが無くなってもう8年以上経ちます。完全なレスに、どうしたものかと悩む日々。何か気を紛らわせる趣味を持ちたいと思うのですが、お勧めを教えてもらえないでしょうか?〉んなもん、不倫に決まってるじゃん…。ひとまず、挑発するような回答をしてみる。〈諦めたらそこで終わりだと思います。できる努力は全てしましたか?〉 投稿者から返信が。〈...

    記事を読む

  • 2018/06/24出会い・モテ攻略

    人妻ナンパに限らず、狙った女を落とす上でもっとも重要な要素の一つは、相手との共通性だ。趣味、仕事、出身地、母校、交友関係など。こういった取っかかりがひとつでもあれば、女は途端に親近感を抱き、ガードを下げる。その意味で大変重宝するのが、グリー、ミクシィ、モバゲーの3大SNSに共通して存在する『ご近所系』コミュだ。都道府県、あるいは市区町村ごとに立てられたコミュニティのことで、登録者も当然、そのエリア...

    記事を読む

  • 2018/06/14セフレの作り方

     出会い系というよりは、むしろお見合いサイトよりの真面目なノリで、それだけに婚活に焦った、脇の甘い女が多数見受けられる。登録は無料。ただしそのままでは女性にメールを送れないので、有料会員になる必要がある。月額3980円(1カ月コースの場合。3カ月なら少し割安に)は、やや高い気もするが、これでワンセックス、ツーセックスできると思えば安いものだ。では、具体的な手順に入ろう。プロフ作成で念頭におくべ...

    記事を読む

  • 2018/05/06漫画

     絶対に買っちゃいけない未〇年立ちんぼは、基本的に夜22時ごろにいっぱい立っている。明らかに見た目で判断できるので、避けるべきだ。それ以外にも20代前半や、女子大生なんかもちょこちょこいる。だが中には歳を偽ってくる(JDと言ってきたりする)女もいるので、身分証を見せてもらうのが手っ取り早い。......

    記事を読む

  • 2018/04/09セフレの作り方

     同級生でも仕事で知り合った女でもなんでもよい。フェイスブックで既婚女と「友だち」になったら、彼女が更新するタイムラインをしっかり観察しよう。もし真昼間から「一人で」ワインを飲んでいる女がいれば、すぐにロックオンだ。この手の女はたいてい子供もおらず、そこそこの生活水準で暮らしているのだが、まず間違いなく退屈な日々に飽き飽きしている。危険な冒険をしたいと思っている。偏見ではない。昼間ワインをアピ...

    記事を読む

  • 2018/03/04出会い・モテ攻略

     出会い系チャット・ラブルームセックス相手を探すツールはゴマンとあるが、手軽にヤレる女を見つけ出すなら、俺の愛用するラブルームがベストだ。この老舗無料ツーショットチャットサイト(スマホにも対応)には、なぜか昔から出会い目的の女ばかりが集まるため、会話の盛り上がり次第で即日、もっといえば開始から2、3時間後に女と会えるなんてことがフツーに起き得るのだ。オススメの攻略法は攻め(女の開設したルームに...

    記事を読む

  • 2017/12/28セフレの作り方

     かつては未成年がうじゃうじゃいた、秋葉原などのリフレ店ですが、最近では在籍している女の子のほとんどが18〜20才です。そんな若い子とタダでセックスしまくってるのが私です。その方法をご紹介します。まず、個室に女の子が入ってきて簡単にルールを説明すると思います。「ハグが3千円で〜、ビンタがいくらで〜」と。この時点でその話を遮るようにこう言ってください。「は?何言ってんの?そんなの全然興味ねえよ。セッ...

    記事を読む

ヤフー知恵袋でも出会いにつながった

0034_20180819094713bbf.jpg 0035_20180819094714525.jpg
ヤフー知恵袋でこんな質問を見つけた。
〈投稿者ID:○○○/旦那とのセックスが無くなってもう8年以上経ちます。完全なレスに、どうしたものかと悩む日々。何か気を紛らわせる趣味を持ちたいと思うのですが、お勧めを教えてもらえ
ないでしょうか?〉
んなもん、不倫に決まってるじゃん…。ひとまず、挑発するような回答をしてみる。
〈諦めたらそこで終わりだと思います。できる努力は全てしましたか?〉
 投稿者から返信が。
〈ご指摘、ありがとうございます。ただ、旦那に対して自分自身、もうそういう気分になれないというのも本音で〉
旦那に飽きたレス女。狙わぬ手はない。そこで目を付けたのが、投稿者IDだ。デフォルト設定のままなら、@マークの前にIDを入れれば、本人のヤフーメール
(○○○@yahoo.co.jp)になる。ダメ元でメールを送ってみることに。
〈ヤフー知恵袋に回答させていただいた、山村と申します。不特定多数に見られる場では言いにくい気持ちもあると思います。よかったらメールで相談に乗らせて下さい〉
〈初めまして。メールありがとうございます。旦那に対して愛情はあるんですが、話せば長くなりまして〉
面白くなってきたぞ!彼女はノリコさん、静岡在住で現在42才。8年前、2人目の子供の出産と同時に、3人目はもう作らないと決めて避妊手術をしたのだが、その直後より旦那とのセックスがなくなったそうだ。つまり、彼女の悩みの元には、せっかく中出しオッケーな体を作ったのに…ってのがあるわけだ。そのあたりをやんわりと掘り下げて聞いていくと、核心にたどり着いたのか、彼女からこんな告白が。
〈実はこの8年で、10人以上の男性と不倫しました。その全員の精子を中で受け止めました〉
これ、心の堰が切れたと見ていいのでは。もっとしゃべりたくなっているのでは。このタイミングを逃す手はない。
〈こうやっていろいろ話を聞いているうちに、ノリコさんにお会いしてみたくなってきました。こちらから静岡まで向かいます。一度、ご飯でもどうでしょうか?〉
これが、私の不倫体験のアポまでの流れだ。本人は、どこにでもいるような生活にくたびれた感じの四十女だった。食事が終わって「私の泊まるホテルへ来ませんか」と誘ってやると、かなり照れ臭そうにしていた。が、いざセックスでは、貯め込んだ性欲をむき出しにして、積極的にモノを受け入れてくれる。もちろん中でたっぷり発射させてもらった。
出会い系アプリ『ASOBO』の掲示板に、以下のメッセージを書き込んでみた。
「同世代の40才以上の方と会いたいです。仕事が自営なので、時間の都合は付きやすいほうかと。よかったら、体で会話をしましょう」
最後の一文は少々下品かもしれないが、熟女にはこういうストレートな表現が響くだろう。週1で同じメッセージを投稿すること1カ月。ついに一人の女性から連絡が!
45才の人妻さんだった。やりとりをしてみると、昼はダンス教室の先生をしており、夜は旦那が店主を務める居酒屋を手伝っているという、けっこう忙しそうな方だった。アポを切り出すと、すんなり応じてくる。その気で連絡してきてくれているようだ。当日、待ち合わせ現場にやってきたのは、ひざ上のスカートを履いて、ダンスで鍛えた美脚を出した熟女だった。俄然、こちらのテンションも上
がってくる。24時間営業の居酒屋の個室に向かい合って座り、しばし世間話をした後、行動に出るこ
とに。テーブル下で足をぐいっと伸ばし、スカートの中に侵入させ、指先で股間をつついてみる。普通に会話を続けながら。
「へー、ダンス教室の生徒同士も、いろんな人間関係があるんだ」
「そうなんですよ」
触らせたままだ。ノリがわかってるじゃないか。1時間ほどで居酒屋を出ると、もちろんまっすぐラブホへ。では、本格的に体で会話しましょう。彼女は抜群のセックスを披露してくれた。さすがはダンス教室の先生というだけあり、体が柔らかいうえ、手足や腰の使い方がわかっており、テクニックが素晴らしいのなんの。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

ご近所系コミュは出会いやすい!?

0096_20180624103842594.jpg
0101_2018062410464897a.jpg人妻ナンパに限らず、狙った女を落とす上でもっとも重要な要素の一つは、相手との共通性だ。趣味、仕事、出身地、母校、交友関係など。こういった取っかかりがひとつでもあれば、女は途端に親近感を抱き、ガードを下げる。その意味で大変重宝するのが、グリー、ミクシィ、モバゲーの3大SNSに共通して存在する『ご近所系』コミュだ。都道府県、あるいは市区町村ごとに立てられたコミュニティのことで、登録者も当然、そのエリアの住人やゆかりのある者ばかり。こういう場ではいきなり直メを送ってもさほど警戒されないばかりか、共通の話題にも事欠かないため、話ベタの私でも、自信を持ってアプローチできる。
オススメ人26才会社員
【オススメのカレー屋があれば教えてください。僕は駅裏に最近できた店がオススメです。ルーが独特でかなり旨いです】
【僕も●●中学の出身だよ。体育の●●先生って今どうしてるのかな。怒るとめちゃめちゃ怖かったよね〜】
てな具合に。 ただし、本格的に人妻を口説くにはこれだけではもちろん不十分だ。ナンパ慣れした人は、メールだけで簡単にアポが取れてしまうのかもしれないが、私の場合は相手とそこそこ打ち解けた段階で、主戦場をサイトから現実世界へ移すことにしている。ありがたいことに、ご近所コミュ
はどこも大抵、飲みやランチなどのオフ会が頻繁に開催されている。そこへお目当ての女を誘い出すのだ。
【今度、ランチオフ会があるらしいんだけど、もし良かったら一緒に参加しませんか?できれば●●さんの友だちも誘ってみんなでワイワイやりましょうよ】
最後の一文はギラつき感をカモフラージュさせるための方便だ。また、オフ会の目的はあくまでも相手との関係性を深めることにあるので、本当に友人を連れてきたところで不都合は何もない。とにかく楽しい会話を心がけることだ。ここまで来ればゴールは目と鼻の先。あせることなく、もうしばしメールのやり取りを続けよう。さすれば、夢のセックスはオートマチックに転がり込んでくる。

コロニーな生活PLUS

コロプラと呼ばれる携帯ゲームがある。GPS機能を使ったスタンプラリーのようなものだ。指定のチェックポイントでハンコを押すかわりに携帯のボタンをプッシュ。すると、GPSが作動し、そこにプレイヤーがやって来たことが認識される。チェックポイントは各都道府県の市や区の数だけあり、東京だったら、今日は世田谷区、次は杉並区と、クリア箇所を次々と増やしていくワケだ。しかもその多くは30代の主婦だ。携帯ゲームといっても実際は自分の足を使わなければならないのに。ヒマな人妻は思いのほか多いようだ。 では手法を教えよう。
まずはご近所検索で近場のユーザー探しだ。そこから女性をピックアップしていくのだが、ここでひとつ問題が。不便なことにコロプラのマイページにはプロフ的なものが一切なく、年齢はおろか、性別さえもわからないのだ。面倒でもひとつひとつ個人掲示板の書き込み内容を見て、判断するしかない。先ほど書いたように、コロプラのメインユーザーは主婦。女であれば人妻の可能性はソートー高い。 複数のターゲットを選定したら、同時並行でアタック開始。最初は掲示板へのコメントだ。
【ご近所コロニーをたどってきました。フィールド(マイページのこと)のデザイン、素敵ですね】 
反応があれば、さらに数日コメント付けを繰り返してから『私信モード』に切り替える。掲示板への書き込みを第三者に見られなくする機能のことで、メールと同じ役割を果たすのだ。以後、シコシコと私信のやり取りを続けていてもある程度仲良くなれるが、手っ取り早く距離を縮めるには、もうひと工夫ほしい。各チェックポイントで入手できる仮想アイテム『お土産』のプレゼントである。
【先週は北海道に出張でした。お土産を買ってきたので(ゲットしたという意味)あげま〜す】
お土産はエリアによって獲得できる種類が違う。遠い地域のものほど有り難みが増すのは言うまでもない。アイテムを活用するのは詰めの段階でも同じだ。コロプラには、チェックポイントでゲットできるアイテムとは別に、スポンサー店(民芸品屋など全国90カ所以上)で平均5千円以上の買い物をするともらえる特製カードがある。コロプラユーザーには当然、魅力的な品だ。
【○○さんってコロカ(カード)持ってる?】
【ううん。欲しいけど高いし】
【こんどスポンサー店に行こうと思うんだけど一緒にいきません?○○さんの分、僕がプレゼントしますよ】 ほら、アポの名目ができた。
既婚者向けの掲示板、『メル友募集BBS』『悩み相談BBS』といったジャンル別の板があるほか、チャット機能も備わっている。が、ナンパ目的でここを使うなら、やはり『オフ会BBS』の利用が手っ取り早い。いちおう全国版だが、常連ユーザーが関西や東海地方に集中しているためか、該当エリアでの開催がやたらと多いのが特徴だ。いずれもペースは月に1度といったところか。毎回、参加者5、6人(男女比は同じ)の小規模な飲み会になる場合がほとんどのようだ。既婚者同士がオフ会に足を運ぶ理由は、互いに出会いを求めているからだ。参加さえすれば、よほどのコトがない限り、人妻の1人や2人、簡単にゲットできる。ここでひとつ自慢話を。つい先日、オフ会で初顔のヤングママ(24才)と知り合った。体型はややぽっちゃりしていたが、愛くるしい顔立ちの女性だ。 
その日が初参加ということもあり、最初は緊張していた彼女も、次第にアルコールが回ってきたのだろう。場所を二次会に移したあたりから、だんだんと態度がアケスケになっていった。
「奥さんとやってはります?」
「全然。半年に1回とか、そんなもんやで」
「まだマシですよ。うちなんかここ2年でゼロですもん。ダンナとなんか二度とやりたくない。でもうち、セックスめっちゃ好きなんですぅ」とにかく体中の穴という穴から、ヤリたいオーラーが噴出しているのだ。てなわけで二次会の帰り、さりげなく彼女の手を引いてラブホへ向おうとしたのだが、そのとき彼女が言い放った台詞は今でも忘れられない。
「こんなこともあるかと思って、ダンナには泊まりだって言ってあるんです。だから、たっぷり楽しみましょ」 はぁ〜。これだからオフ会は止められない。この楽しみをはやく皆さんにも味わってもらいたいものだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

出会い系より真面目なお見合いサイトの方がセフレを作りやすい説

0024_20180614185712357.jpg 0025_20180614185713e00.jpg
出会い系というよりは、むしろお見合いサイトよりの真面目なノリで、それだけに婚活に焦った、脇の甘い女が多数見受けられる。登録は無料。ただしそのままでは女性にメールを送れないので、有料
会員になる必要がある。月額3980円(1カ月コースの場合。3カ月なら少し割安に)は、やや高い気もするが、これでワンセックス、ツーセックスできると思えば安いものだ。では、具体的な手順に入ろう。プロフ作成で念頭におくべきは、そこそこ経済力があり、仕事も充実しているのに、女性との出会いだけ恵まれていない男性像をアピールすることだ。職業なら上場企業のサリーマンや公務員、年収は700万程度がちょうどいい。逆にそれ以上プロフを盛ると、途端にウソくさくなるので注意だ。顔写真は不細工でもいいので必ず掲載すること。ここは出会い系とは違うので、ルックスの善し悪しはあまり結果に影響しない。普通の、善良な人間であることが伝われば十分だ。準備が整えば、あとは好みの女に手当たり次第、メールを送りつけるのみ。私の場合、離婚歴のある子持ちの女(ちゃんと相手プロフにそれぞれの申告欄がある)と、プロフ写真にプリクラを使用している女を重点的に攻めることで釣果をあげている。前者は競争率が低いわりに、なぜか美人度が高いから。後者は確率的に軽いノリの女が多いというのがその理由だ。ぜひ参考にしてほしい 。
オネーチャンと仲良くなりたいなら、このジャパン・キューピッドを強くオススメします。在日外国人向けの出会い系サイトで、オーストラリアの企業が運営しているせいか、登録ユーザーの過半数を外人が占めているのです。僕はこのサイトを使って、過去、20人近くの白人ネーチャンを食ってきました。さっそく、そのノウハウを紹介しましょう。
 まず、サイトに登録すると、無料会員と有料会員(1カ月約2300円)、いずれかを選択できますが、たくさんの女とヤリたいなら、迷わず有料会員を選びましょう。続いて検索機能を使って、自分の住むエリア内の女をリストアップしたら(検索オプションで、探す人種の項目を白人のみと設定しておく。でないと日本人女性も一緒に表示されてしまう)、相手のプロフをチェック。狙うは、次のような女です。日本語を勉強している、あるいは、日本語しか話せない男性でも交際の対象としている来日して2年以内最終ログイン2日以内
これらの条件を総合すると、ターゲットは、日本語に興味があり、日本人のボーイフレンドが欲しいけど、なかなか見つからないのでまめにサイトを利用している女となります。そして素晴らしいことに、このサイトにはそういう女がゴロゴロいるんですよね。東京なら、軽く200人以上も。にもかかわらず日本人の男性ユーザーは多くない。需要と供給がアンバランスなのです。だから、こちらから送るメッセージも、さほど凝る必要はありません。ひらがな多めの日本語で簡単な自己紹介を添えて、素直に友だちになって欲しいとメールすれば十分です。返信率に限っていえば8割を超えるでしょう。白人ネーチャンは日本の女と違い、おおむね積極的です。やり取りが2往復以上続くようなら、割と早い段階でアポに進みます
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

ワリキリチャットや立ちんぼで歳を偽ってくる若い女の子にはご注意

201510_000104.jpg 201510_000105.jpg
絶対に買っちゃいけない未〇年立ちんぼは、基本的に夜22時ごろにいっぱい立っている。明らかに見
た目で判断できるので、避けるべきだ。それ以外にも20代前半や、女子大生なんかもちょこちょこいる。だが中には歳を偽ってくる(JDと言ってきたりする)女もいるので、身分証を見せてもらうのが手っ取り早い。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

退屈な人妻が釣れるキーワード

201504083.jpg 201504084.jpg
同級生でも仕事で知り合った女でもなんでもよい。フェイスブックで既婚女と「友だち」になったら、彼女が更新するタイムラインをしっかり観察しよう。もし真昼間から「一人で」ワインを飲んでいる女がいれば、すぐにロックオンだ。この手の女はたいてい子供もおらず、そこそこの生活水準で暮らしているのだが、まず間違いなく退屈な日々に飽き飽きしている。危険な冒険をしたいと思っている。偏見ではない。昼間ワインをアピールしてくる人妻とはそういうものなのだ。何度も言うが偏
見ではない。事実だ。すぐに「今度○○(おしゃれな店)にランチにでもいこうよ!」とメッセージを送ってみよう。昼間からワインをガンガン飲ませてやれば、昼下がりのラブホで一汗かけることだろう。ウソだと思うなら逆に、周囲の不倫している人妻のフェイスブックを見ればいい。昼間ワイン、飲んでないだろうか?
セフレ探しの場としてよく知られている掲示板サイト「ナンネット」。このサイト内に隠れる引っ込み思案な変態人妻をいかにして掘り起こすのか。オレはその方法を知っている。いくらナンネットと言えど、彼女たちは毎日変態男からのメッセージに辟易している。こういう女には誠実に一人の女性として興味をもちました、という体で近づくのが一番だ。送るべきメッセージはこんなかんじだ。
「軽く食事しましょう。それだけで満足です。こちらは41歳会社員、仕事と家庭の連続で毎日がつまらないので、色んな人と会話したいのです。営業職なので平日の昼が都合いいです」
 もちろん、スーツ姿をプロフィール写真にし、信頼感を抱かせることも忘れない。メールが届いたらちょっと小ぎれいなカフェレストランみたいな場所でランチを済ませ、帰り際「一目惚れしてしまった。家庭を壊すつもりはないので一回きりで…」と半ば強引に関係を持ってしまおう。以降、連絡先は聞かずナンネット内メールでのやりとり(ダンナさんに迷惑かけたくないからと言って)に終始し、会うたびにセックス関係に持ち込めばよいのだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

処女専用出会い系サイトの実態

0048_20180304174649c60.jpg 0049_2018030417465037f.jpg

出会い系チャット・ラブルーム

セックス相手を探すツールはゴマンとあるが、手軽にヤレる女を見つけ出すなら、俺の愛用するラブルームがベストだ。この老舗無料ツーショットチャットサイト(スマホにも対応)には、なぜか昔から出会い目的の女ばかりが集まるため、会話の盛り上がり次第で即日、もっといえば開始から2、3時間後に女と会えるなんてことがフツーに起き得るのだ。オススメの攻略法は攻め(女の開設したル
ームに入る)と待ち(自分でルームを開設し女を待つ)の両面作戦だ。
 まず「攻め」で狙うべきは、こんな類のメッセージを掲げている女だ。
〈テンポよく会話できる人いませんか?〉
(真意・サクサク会話をして効率よく相手を吟味したい)
〈お腹すいた~。ご飯おごってください〉
(真意・アポッた男がタイプじゃなかった場合、ホテルに行かないための予防線を張っている)
 中にはストレートに〈遊ぼう〉的なメッセージを書いてる女も少ない。その手合いを見つけたらむろん即アタックだ。そして「待ち」では以下のようなメッセージを載せる。
〈ジャンケンしませんか? 負けた方はそのたびに勝った方の命令に従うルールです〉
〈本当の自分はSなのかMなのか教えてあげますよ〉
このサイトの場合、男のメッセージは9割がエロもろ出しの内容だ。場合によってはそれで釣れることもあるが、ベストは例のように、下ネタの要素も少し残しつつ、同時に女の興味を引く内容にすることだ。食いつき度が格段に上がるだけでなく、ライバルとの差別化もバッチリOKだ。
またラブルームのゴールデンタイムは週末に偏っており、金曜なら夕方から夜9時ごろ、土日の場合は昼から夜9時ごろがもっとも女の数が多くなる。念頭に入れておくべし。

出会い系アプリ・ペアーズ

出会い系アプリを見ると、どの書き込みもエンコー目的のセミプロ風俗嬢みたいなデブス女ばかりで、大学生やOLなどのごく普通の女の子たちと、ごく普通に会えるものは意外に少ない。その点、このペアーズは、プロフに自分の顔写真を載せるのが基本なので、ルックスが極端に悪い女もいないし、フェイスブックとヒモ付けされているからか、カフェや美術館巡りを趣味にするような、ごく普通の女の子が圧倒的に多いのだ。
 お互いのプロフを見て、気にいれば「いいね!」ボタンをプッシュ。互いに「いいね!」が押されればメールのやり取りができる仕組みで、軽く数回のメッセージのやり取りを交わすだけで「1度会って、お茶でもしましょうか」という流れになる。出会った直後にラブホに行くとか、カラオケでフェラしてもらうなんて過激な展開はないかわりに、普通にカフェや居酒屋で食事デートをして、友だちから恋人同士に発展したり、セフレになったりと、ごく自然な男と女の出会いが溢れている。それが俺がこのアプリをプッシュする一番のポイントだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

リフレ店のピュアっ子をセフレにする方法

00074_20171228234857ea4.jpg 00075_20171228234858333.jpgかつては未成年がうじゃうじゃいた、秋葉原などのリフレ店ですが、最近では在籍している女の子のほとんどが18〜20才です。そんな若い子とタダでセックスしまくってるのが私です。その方法をご紹介します。
まず、個室に女の子が入ってきて簡単にルールを説明すると思います。「ハグが3千円で〜、ビンタがいくらで〜」と。この時点でその話を遮るようにこう言ってください。
「は?何言ってんの?そんなの全然興味ねえよ。セックスはできんの?」
女の子は「えっ」と一瞬戸惑う表情を浮かべますが続けてください。
「いや、オレはセックスがしたいの。セックスできんの?」
こう言うと、女の子の表情が一気にこわばりますが、それでもまだ本気で迫るんです。
「ここでできないんなら用はないわ。外出てからじゃないと話になんないな」
めっちゃ意外でしょうが、これで連絡先を教えてくれる子がいるんです。本当ですよ。
外で会ったらカラオケでもホテルでもいいので誘ってみるんです。話のトーンは変わらずオラオラなかんじで。それでも「え〜」という表情を浮かべたら「じゃあいくらでやってんの?」と聞いてください。この人は冗談が通じない人だな、と判断して本当の額を言ってくると思います。たとえば1万円とか。でもそんなのには応じずに「オレはお前のこと本気でヤりたいって思ってんの。金なんて払わねえよ。わかる?」。信じられないかもしれませんが、こういうオラオラ作戦がリフレ店の女の子にはめちゃくちゃ効くんです。普段、気弱なオタクばっかり相手にしてるからでしょうか。
ハゲ散らかっていて渇いたボロ雑巾のような顔をしている50才のオヤジに、セフレが4人もいる。信じられない方はこの方法を試してみてください。
向かうべきは婚活パーティです。ただし40才以上など参加者が高年齢の人に限ったもの。こういう場に来る熟女は、男に飢えてるので狙いやすいですよ、なんていう単純な話ではありません。こんな場にも、しっかりイケメンと金持ちは潜んでいるもので、彼らがまともな女性は全部さらっていってしまいます。でも、ちゃんと私にも恩恵があります。狙うは、フリートーク中に誰もつかない、顔が残念なかんじの不人気女です。話してみるとわかりますが、こういうコは離婚歴もなく、そもそも恋人がいたことすらなく、ほんとうにモテない人生を40年以上過ごしてきてます。なので、私のようなボロ雑巾が話しかけてくるだけでも信じられないほどに明るい表情を浮かべるんです。
「キレイですね」「まだ結婚してないでよかったです」「ホントに恋人ができたことないんでか?」など、歯の浮くようなセリフを並べても彼女たちはなんの疑いも持たないばかりか、どんどんこちらに惚れ込んでいきます。すぐに食事に行き、その場で「付き合って欲しい。この出会いは運命だと思う」と真剣に話してみてください。相手は即答ですよ。あとは、そんな「彼女」と都合のいい時だけ会ってホテルに直行するだけです。相手は惚れ込んでいるのでまったく離れません。現在、私にはそういう「彼女」が4人おります。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます