リポートのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:リポート

  • 2019/08/08裏風俗・風俗体験談

    形態はセクシーガールズバー、とでもいうのだろうか。女性は全員ビキニ衣装。その衣装がかなり過激で、マイクロビキニとまではいかないまでも、普通の水着より露出度のかなり高いものを着ている。 これだけでもすごいのに店内がめちゃくちゃ狭いもんだから、テーブル席では女の子たちがかなり密着してくる。厳密には隣同士ではなく、斜めに座る形になるのだが、目の前20センチほどの距離で水割りをつくるたびにおっぱいがぷるんぷ...

    記事を読む

  • 2019/08/08裏風俗・風俗体験談

    日本人女性スタッフ在籍のマッサージ店だ。ホームページには「 当店は風俗店ではありません 」とキッチリ記してあるが、店の住所が書 いていない。出張タイプでもないのにどういうことだろう。システムは「 電話予約制 」で、その際に店舗の場所を案内されるようだ。何か引っかかる。そこで先日、実際に電話し、教えられたマンションの店舗に行ってみた。代金 (1 万3 千円 )を支払って個室で待っていると、若い日本人女性スタッフ...

    記事を読む

  • 2019/05/24突撃リポート

    先日、バイトでアダルトビデオの仕事をしている友人からチカンものAVに出てみないかと電話があった。この不況下でサラリーマン生活にも嫌気がさしていたところ。刺激になることなら、何でも試してみたい。「けど、それって本物の電車の中で撮るの」「もちろんだよ」「ヤバイだろ。だいいち他の乗客にバレるじゃん」「だから、オレたちがそれを隠すの。男優が女優にチカンしているときに彼らを取り囲む防壁、つまりガード役だ。てっ...

    記事を読む

  • 2017/08/18裏風俗・風俗体験談

    フリーで入ってもハズレが来ない。それが名店の証若くてかわいい子がそろっている店はサービスが手抜きになりがちだが即シャクOKの子がいると思えば…アナル舐めからごっくんまでピンサロじゃあり得ない!アルコールが飲み放題ってのも地味にありがたいのよね〜ここ、店内がピンサロのわりにやたらと明るいので、ほかの客のプレイが丸見えだ。個室の仕切りが低く、雑魚寝でサービスをうけていると、となりの客のサービスがイヤで...

    記事を読む

  • 2017/03/03裏風俗・風俗体験談

    ぶっかけマニアを自称する男性でも、せいぜい顔射で満足する程度だろう。そんなものは真のぶっかけ好きとは言えない。この店ではイラマチオをさせたあと、大量の精子を顔射。その精子でまみれたオンナの顔をクッサイ小便で洗い流すというド変態プレイが味わえる。これぞまさに本当の意味でのぶっかけだ。痴女に一方的に犯される妄想がかなう店だ。入室後、アイマスクをかけて全裸で寝ていると、入ってきた女にいきなり激しいディー...

    記事を読む

  • 2017/01/31裏風俗・風俗体験談

    日頃から京都のマッサージ店(日本人セラピストオンリー)を巡っている俺が、いま一番オススメしたい名店だ。理由を以下に挙げよう。●セラピストが全員若くてキレイ。さらに巨乳娘もちらほら●客の履く紙おむつはミニサイズで、金タマやアナルが容易に露出する●ソケイ部へのマッサージの際、客はあお向けのカエル状態の体勢に。しかも嬢の手が頻繁に金タマに触れるなど攻撃性が高いとまあ、完全なる健全店にもかかわらず、こうした...

    記事を読む

東京のおすすめ性感エステ・マッサージ・手コキオナクラ体験談ガチンコリポート2

0074_20171027164837521_20190808214920fe3.jpg0075_20171027164839c03_2019080821492134f.jpg0076_201710281627536f9_201908082149237e0.jpg0077_20171028162754329_20190808214924a4f.jpg0078_20171028162756f96_20190808214926c69.jpg0079_201710281627525b5_20190808214927aec.jpg201503053_201908082149297ac.jpg201503054_20190808214930a91.jpg201503070_201908082149325a8.jpg201503071_20190808214933eae.jpg201503072_20190808214935d37.jpg201503073_20190808214936985.jpg201503074_2019080821493810c.jpg201503075_2019080821493931a.jpg201503076_2019080821494147d.jpg201503077_20190808214942e52.jpg
形態はセクシーガールズバー、とでもいうのだろうか。女性は全員ビキニ衣装。その衣装がかなり過激で、マイクロビキニとまではいかないまでも、普通の水着より露出度のかなり高いものを着ている。
 これだけでもすごいのに店内がめちゃくちゃ狭いもんだから、テーブル席では女の子たちがかなり密着してくる。厳密には隣同士ではなく、斜めに座る形になるのだが、目の前20センチほどの距離で
水割りをつくるたびにおっぱいがぷるんぷるんである。
 夜に数回行うショータイムも、彼女たちがカウンターの上に乗っかり股間をこっちにズームしてくる。その距離わずか10センチほどだろうか先日この店のコを自宅にデリバリーしたときの体験をお話します。
 ベッドに寝ると、女の子が身体にオイルを塗って、かるーく全身をもみもみしてくれます。
「この仕事は長いの〜?」
「いえ、冬休み入ってから始めたばっかりなんですよ」
「そっか、学生さんなんだね」
 そんな会話を楽しみながらもみもみされているうちに、リラックスしてきたのか、股間がムクムクとしてきました。
 平静を装っている私に彼女が言います。
「あれ? なんかおっきくなってません?」
「まあ気にしないでよ」
「うーん…5千円くらいだったら手でできますけど」
 思わず「じゃあお願いします」と言いたくなったのだけど、思いとどまった。黒髪の彼女、肌がやたらみずみずしくて、話し方も幼かったからです。ホームページの年齢は18才って書いてあったんだけど、万が一のことを考えて応じなかったのは正解だったと思いたいですね…
昨年、秋葉原を中心にお散歩系の店は一斉に摘発され、焼け野原状態になってしまったが、先日たまたまアキバを訪れた際、この店がまだ生き残ってるのを知り、女の子を呼んでみた。
 やってきたのは自称10代後半の若い子だ。60分以上の長めのコースを予約して、まったりカラオケを楽しむこと
30分。彼女が曲の合間に尋ねてきた。
「ねえ、今日は歌うだけで満足ってカンジですか?」
「というと?」
「お小遣いあれば、もっと色々できますけど…」
「…」
 俺がしばし沈黙していると、彼女は何かをあきらめたのか、カラオケを再開した。「色々」ってなんだったのだろう…/ミラーボールの光で店内が明るく、シートの背もたれが低く、客席の間にさえぎるものが何もない3回転ピンサロです。
 だからとにかく見えまくりでして、目の前数十センチでディープキスするおっさんや、すぐそばでシックスナインに励むニイちゃんなどが数組、否が応でも視界に飛び込んできます。
 普通のピンサロは出入りのときだけ他のシートが見えるものですが、ここはプレイ中もずっと見えっぱなしなので、自分に付いた子がブサちゃんなら他席のカワイ子ちゃんを鑑賞しつつフェラされるのが賢明です。
セクキャバには、プレイルームが大部屋タイプの店がよくある。その手の店では、客同士の席を少し離しているものだ。
 が、ここは電車のように向かい合わせの座席のため、目の前のイチャイチャが互いに丸見えなのだ。まったく、ここまで見えていいのだろうか?

高級アロマオイルマッサージに分類される店だが、ここのセラピストは制服がとにかくエロい。ミニスカ&スケスケピタT姿で、鼠蹊部からアナル周りまで、ヌルヌルネットリ丁寧なマッサージをしてくれるのだから、いつも暴発寸前だ。歌舞伎町は大繁華街なので、朝から営業しているキャバクラはいっぱいある。夜勤明けによっしゃー飲むぞと思ったときなんかでも困らない。
しかし、どうせ楽しむなら生チチくらいは揉める店のほうがいいに決まっている。じゃあ“いちゃキャバを探そうとなるものだが、これが意外とない。オレの知る限り、歌舞伎町ではここのみだ。覚えておいて損はない。女性スタッフがSM女王様の格好をしたガールズバーだと言えばイメージしやすいだろうか。
あの手のボンテージファッションはSMショーで見ても全然ソソらないが、カウンター越しの女のコが身につけてくれると急に生々しくなる。しかもここは、ボンテージそのものも露出度が非常に高く、日によっては乳首にニップレスを張って乳房を丸見せしていることも。パンチラに特化したガールズバーだ女のコに専用コイン(1枚500円)を支払うことによって、様々なエロゲームを楽しむことができる。ミニスカ女子がテーブルの上に乗って、パンツを見せつつ足で肩をマッサージしてくれたり、指フェラしてくれたりこれだけでも十分チンピク度はハイスコアだが、裏メニューにあるゲームはさらにエグい。ラップ越しのディープキス、はたまたTバックのケツを客の顔面に突きつけた状態で、女のコ自身が尻肉を開いたり閉じたりするなど、どこまでも過激なのだ。
捕まるのだけは絶対避けたい。
だけど若い女の子の匂いをずっと嗅ぎ続けていたい。そんなヘタレ系変態男子の僕がとんでもないお店を見つけてしまったのは今から半年ほど前のことでした。
 若いコと遊べるお店をネットで探していたところ、目に止まった一軒のお店。HPをみると若いコと「おさんぽ」できるお店のようです。だったら当然あんなことや
こんなこともできるよね…と想像を膨らませたのですが、それを制止するように大きく注意書きが。
〝当店では女の子とホテル・カラオケ・漫画喫茶に入ることは禁止となっております〞
おいおい、じゃあなにができるんだよ!わけがわからなかった僕が怒り混じりでお店に電話をかけると、店員から思わぬ返答が。
「あの、それはサイトに書いているタテマエなので。事情は察してください、お客さま」
ふむ、なるほどね。当日「おさんぽ」相手として現れたのは、やけに若い黒髪のアイドルみたいな女の子でした。
 カラオケに入った僕は、さっそく膨らんだ股間を指さしてある提案を。
「かわいいから興奮してこんなになっちゃったよ」
「えー」
「いくらだったら手で抜いてくれる?」
 女の子はこちらを見つめて指を1本立てました。
 結果、スマホ撮影込みの1万円で手コキを実現することができました。その後、この店に足繁く通うようになったのは言うまでもありません。
ここは若い子が在籍する稀少リフレ店の一つで、マニアの間ではとても名が知られている。人気の秘密はそのオプションにある。
 このリフレ店のオプションは、店が作っているのではなく、女の子それぞれが自分で設定しているのだ。
 よって、値段もまちまちだしサービスもまちまち。となると、何が起きるのかはスケベなあなたならばもうおわかりだろう。たとえば人気嬢の●●ちゃん。彼女は制
服下に着たパンツをTバックに着替えて馬乗りになってマッサージしてくれる。ほかにも●●●ちゃんも同様の馬乗りTバックをしてくれるオプションがついている。これらの過激オプション、店のホームページをいくらのぞいても一切記述がない。ではどこで見つ
けるのか。実は、店のホームページからリンクが貼られた各嬢のブログにこうした過激オプションについて細かく記述がなされているのだ。
 俺はこのブログを逐一チェックし、過激オプションを用意してくれる女の子を見つけている。これ以上は書けないが、オプションのなかには「若いコがここまでやっ
ていいのかよ!?」と思うものも少なくない。当局にバレたらそう長くは続かないだろう。
都内の風俗好きの間で、江戸時代の遊郭っぽい和風内装のセクキャバ、通称「和風セクキャバ」が評判だ。
 プレイルームがフラットシートになっており、ブランケットも用意されているため、女の子と布団に入って添い寝をする感じでイチャつけるからだろう。こっそり手コキをしてもらったとか何とかいう話をよく聞くものだ。
 このセクキャバ(都内に複数店舗あり)は、そんな手コキの噂が多い和風セクキャバだ。実際どうなのか? 
 何度も足を運んだことがある私の経験から言うと、「女の子によってはアリ」だ。
 どの女の子を選んでも、ブランケットをかければ、パンツの上からのチンコのお触りくらいはオーケーだが、直接タッチはなかなかしてもらえない。
 ただし、指名上位のランカー嬢の場合、手をパンツの中に促せば、高確率で突っ込んでくれるし、単なるお触りではなく、割としっかりシゴイてもらえる。私は早漏気味ということもあるが、実際に過去何度かパンツ内で射精できた。
 ちなみに、女の子たちのこの過剰なサービス、ボーイは察してるっぽいが、見て見ぬふりをしている雰囲気だ
昨年、行き付けの小岩の洗体エステが突然閉店した。紙パンツ一丁でマットに寝転がって女の子に体を洗ってもらう店だ。慌ててネットで調べてみると、こんなニュースが。
「容疑者ら男2人が警視庁に逮捕されました。容疑者らは、男性客に対し、女性従業員に性的サービスをさせた疑いで│」
 まあ仕方ないか…。
 ホームページには「当店は風俗店ではありません」と謳っていたが、実際には女の子が客の紙パンツの中に手を突っ込んでシコシコとやってくれる店だった。料金は8千円(60分)。
近隣のヌキ有り洗体エステよりも安くて使い勝手が良かっただけに残念
 というわけで以降、私はその摘発店の系列の洗体エステ(2店舗あり)に乗り換えた。同じく健全店を謳いながら実はヌキ有りというスタイルで、未だ問題なく営業しているからだ。料金も同じく8千円(60分)でリーズナブルだし。
 しかしもちろん、この系列洗体エステも今後どうなるかわからない。風俗通の友達曰く、近隣の洗体エステに「繁盛しやがって」と恨まれているとのこと。そのうち閉店するかもなオレみたいなしがないリーマン御用達の、熟女系箱ヘルがある。
デリだなんだと違ってその場でヌケるのがいい。こういう店、近ごろ都内でも減ってきたので重宝している。って、オレがここに通いつめる理由はそれだけじゃない。なんといってもそのサービスに惚れ込んでるのだ。地下の店に入ってパネル指名。
店内はお世辞にもキレイとは言えない年季の入った作りで、パネルには30代〜40代ぐらいのエロ熟女が揃っている。ちなみに風俗では常套手段のパネマジだが、ここも多少はある。
パネル写真が100点としたら、実物60点ぐらいの女が多いだろうか。
 ベニヤ板一枚で囲われた超狭くて汚いプレイルーム。と、どこまでも期待薄の状況が続くのだが、ここからがこの店の本領発揮だ。
 ボロさと反比例するかのような手抜きなしの濃厚全身リップ、バキュームフェラ、ドリルのようなアナル舐め。これまでの減点を挽回する特上プレイの数々に思わず
悶絶したところで、嬢が当たり前のように上から乗っかってくる。
コンドームつきの本番だ(中にはナマで誘ってくる子もいるが)。
「アアンッ、気持ちイイ〜! いっぱい突いてぇ!」
 熟女たちの喘ぎ声、それはもうスケベっぽくてイイ。
 経験上ほとんどの嬢がこの調子だ。午前中なら30分7千円で堪能できてしまうのも実にいい。
この近辺で仕事をしてるので、毎日のように彼女らの姿をみている。ドンキ前で「エステいかがですかー」と声をかけまくってる中国人エステ嬢たちだ。
 ここ蒲田ではどういうわけか、新宿や池袋など他地域のチャイエスと違って、若くて巨乳だったり、スタイルが良かったり、話しかけても愛想の良い女の子が多い。やさぐれた雰囲気のおばちゃんなんてのはほとんど見かけない。こんな雰囲気なので、何を隠そうオレは何度もリピートしている。わざわざチャイエスに行くなら蒲田以外はありえないと思うからだ。
 彼女らはキャッチしたらそのまま店に連れて行き、誰かとチェンジするのではなく、本人が客の相手をする。チャイエスってのはどこでも本番ってのがあたりまえだが、ここも多分にもれず1万円ポッキリでデキてしまう。つまり路上で選んだ若い美人ちゃんとハメられちゃうってことだ。
 プレイ中もなんだか中国人らしからぬ様子だ。
「お兄さん、なんだか好きにナッチャイそうよ」とか「ソコキモチイイ!」など、機械的でない言動でめっちゃ満足できてしまう。
 ここ、マニアの間では非常に盛り上がっており、「キャッチされ待ち」の男がフラフラしてる光景をよく見る。キャッチがはじまる時間帯はおよそ夜7時で、上玉チャイナちゃんたちは10時ぐらいから現れる。かなり酔っぱらって歌舞伎町を歩いていたところ、キャッチに声をかけられた。
「 お兄さん、チップ次第では色々できます全員日本人ですよ!」思わず足が止まった。
「 え? 抜きもあるわけ? 」
「 はい、もちろんー・」
酔った勢いもあり、ボッタクリ党悟でそのいちゃキャパヘと入った。早速、つ いたギャル系の女の子の乳を揉みながら単刀直入に話を切り出す。
「 あのさ、もっとエッチなサービスしてくれるって聞いたんだけど: .」
「 え早いもうですかぁ? 」
この返し、マジじゃん。急いで1万円札を差し出す・・・
池袋北口のエンコー女は線路の反対側へ移動した
池袋北口を出た線路沿いは有名な立ちんぼエリアでしたが、昨年ここが一掃されて以降、エンコー女はこっちに移動してます。公園に集う女の子の特徴は、とにかく若いこと。20代はもちろん、話しかけてみれば10代のコなんかも平気でいます。加スてこの公園、出会い系やテレクラでワリキリ募集している若い女のコの待ち合わせスポットにもなっているので、ちょっと観察しているだけでもオッサンに連れて行かれる若い女の子はあっさりとオレのチンコをパクリ。
若いコ好きが集まるリフレ店は秋葉原や池袋に集中してますが、私の活動拠点である新宿でその類の店を探すとすれば、ここが一番です。キャストの数は少なめですが、女の子のレベルがとにかく高い。AKBなんかより平均点はずっと上です。ハンドリフレや肩もみなどのマッサージなのですが、女の子個人でオプションを設定しています。
なので、交渉次第では生着替に始まり手コキなどのプチまで応じてくれるコも何人かいます。最初はただのリフレマッサージと言って店に入ったのに、個室で体を触られてるうち大きくなったチンコを見たメイドが「5千円くれたら手でします」と誘ってきたのだとか。
で、手コキしてもらってたら「 あと5千円くれたら祇めますけど」って言われてまた払い、スッキリしてきたらし い。手コキやフェラの最中、絶対に声を出すなと言われたそうなので、女の子が自主的に裏オプションを設定しているのかも・・・

東京のおすすめ性感エステ・マッサージ・手コキオナクラ体験談ガチンコリポート1

aba1066_20190808214324673.jpgaba1067_20190808214326105.jpgaba1068_20190808214327bad.jpgaba1069_20190808214329ed0.jpgakl062_20190808214330bd7.jpg0062_20171003224539576_20190808214343fb0.jpg0063_2017100322453561d_20190808214345933.jpg0064_20171003224536225_20190808214346a6b.jpg0072_20171027164834687_20190808214348e17.jpg0073_2017102716483630b_20190808214349e49.jpgaba1063_20190808214320bc0.jpgaba1064_20190808214321771.jpgaba1065_20190808214323001.jpg
日本人女性スタッフ在籍のマッサージ店だ。ホームページには「 当店は風俗店ではありません 」とキッチリ記してあるが、店の住所が書 いていない。出張タイプでもないのにどういうことだろう。
システムは「 電話予約制 」で、その際に店舗の場所を案内されるようだ。何か引っかかる。そこで先日、実際に電話し、教えられたマンションの店舗に行ってみた。代金 (1 万3 千円 )を支払って個室で待っていると、若い日本人女性スタッフが現れた。さっそくマッサージが始まり肩、背中、腰と揉まれていく。だが、いつまで経っても、期待するハプニングは起こらない。結局、そのまま最後まで普通のマッサージだった。帰り際、出口で女性スタッフが声をかけてきた。
昨年末、新大久保で体験した出来事である。
 夜8時ごろ、立ちんぼスポットのラブホ街を冷やかし半分歩いていると、40代くらいのオッサンが
カタコトの日本語で声をかけてきた。
「オニーさん、遊び?」
「いや別に」
 客引きか。まったくこいつらってのはどこにでも出没するな。
 無視して立ち去ろうとしたところで、相手がぼそっとつぶやいた。
「あのコ、13才」
「えっ?」
 さっと男の言う方向を見る。おかっぱの少女が座っていた。
「中出しオッケー、3万円」たしかにかなり若い。背は少しあるが、体はかなり細く、ぱっと思い浮かんだのは、新体操選手だ。
「…日本人なの?」
「そうそう」
「…でも13才って」
「別にいいならいいよ」
 男はそのまま去って行った。いったい何なんだ。本当に13才かどうかはわからないが、気持ち悪いっつーの。以降、何となく気になり、声をかけられた付近をたまにのぞきに行っている。その子を見かけるのは、週末の夕方が多いだろうか。ある日は、男と一緒にホテルに入っていく姿も目撃した。実に不気味だ。一時期メディアに大きく取りあげられて大流行した添い寝専門店。が、案の定というか、女の子によっては個人オプションとしてエロいことをして小遣いをもらうなんて状況になっていたこともあり、それらの店はなくなっていった。
普通に添い寝オンリーを楽しんでいたオレとしては悲しい出来事だ。
 しかしいまでも添い寝専門店はわずかに残っている。オレがいつも使ってる店は、下はあどけない
年齢の子から、上は20代前半ぐらいが在籍している。
 さてその店、昨年の後半ぐらいから、妙な雰囲気の子が増えてきた。
 ある日、指定のレンタルルームにやってきた嬢は、いかにも若すぎる感じでクリクリしたお目目が可愛らしい。
 並んで寝転んだところで耳打ちされた。
「アタシ他にもいろいろできるんでオプしてもらえませんか?」
 いろいろ、オプ。明らかにやっちゃイケないことの誘いだ。シャツごしの大きな膨らみのせ
いでついついお願いしてしまいそうになったのだが、どうにかこらえて添い寝のみで終わらせた。彼
女は「手だけなら安くしますよ」と粘ったけれど、泣く泣くガマンだ。
 それ以降、やってくる嬢の半分以上がこんな感じで個人オプションを持ちかけてくる。毎回断るの
はツライけれど、若い子と隣で寝転がれるだけでいちおう満足です
池袋の立ちんぼスポットは、時代とともに様々な場所を移動してきた。かつては池袋駅北口の喫煙所前がその定番として知られていたが、最近はめっきり見かけなくなった。
 先日、東口周辺をウロウロしていたところ、区役所裏手の公園で無目的にスマホをいじっている若い女を見かけた。ほう、まさかこ
の公園が立ちんぼスポットになってるの? 近づいて話しかけてみた。
「きみ、ちょっと遊んだりできる?」
「お願いアリですけど、はい」
 吉高由里子をロリっぽくした彼女がクールに答える。声からしてけっこう若いのは間違いない。聞けば、時間は40分ほどしか取れないらしいが、最後までちゃんとってくれるという。これは買って
もいいかも。
「若いよね、年いくつ?」
「秘密です」
 聞いた瞬間、なにか悪い予感がして言葉が詰まった。なんでも彼女、平日夕方の18時〜22時ごろまで気まぐれでこの公園に立っているらしい。ほかにも40前後のおばさん立ちんぼも見られるが、別の日に彼女以外にもやけに若い子を数人見かけた。この公園、いま池
袋で一番ヤバいスポットだと思う。
制服コスプレの若いコがマッサージしてくれる、表向きはありがちなリフレ店ですが、ここのウリはなんと言っても「30分ハグ」や
「シースルーセーラー服」などの過激なオプションがあること。これらのオプションを同時に試せばどうなるか、ちょっと想像してみてください。
 まず、女のコがシースルー素材でできたセーラー服を着て個室内に現れます。そして客はそんな半裸状態の女のコと抱き合うわけで
す。右手は女のコのケツに、左手はたわわなオッパイに。ハグも30分もすれば、それはもうハグじゃないですよね。
 過去にこの手の店で5秒千円で女の子とハグできるとこなんかがありましたが、この店の30分ハグはペッティング以外の何物でもありません。
 さらにさらに、こんなに過激な衣装とプレイがある店で働いているコたちなだけに、生乳を触ったり、パンツをズラして「具」を見たりしてもまったく動じません。
 ただ、最近女のコがあまりにも若すぎるのがちょっと不安で、ビビって足を運ばなくなりました…
ミニスカから伸びるナマ脚にニーハイソックスが加わると凄まじい破壊力になる。その絶対領域と呼ばれるニーハイ太股が見放題のイベント「ニーハイday」を毎月開催しているのが、この出会いカフェだ。
イベント当日は、スカートで来店した女の子全員にお店がニーハイソックスを貸し出すため、一度に大量の絶対領域をマジックミラー越しに楽しめるのだ。まったくもってイイ試みだ。スタッフの女の子とカウンターテーブル越しにトークを楽しむカフェである。酒も提供しているためガールズバーーみたいな雰囲気だが、そこらのガールズバーよりも格段に客が入っている。理由はずばり、スタッフに現役女子高生が多いからだ。
学校の授業がどうしたとか部活がどうしたとか リアルな学生トークを肴に飲む酒は、僕のような人種にはタマらない。同性愛者のメッカ・新宿2丁目には、レズ向けの飲み屋がけっこ ある。夜な夜な女たちが集まってイチャこいているのだが、だいた いどこの店も男禁制なので、我々野郎は様子を覗くことができない。しかしこのレズバーは、“2部制”なるシステムを採用しており男の入場も可能だ。そこには興味深い光景が広がってます。
過激なセクキャバというと、手コキやフェラのオプションがあるとかないとか、どうしてもヌキの方に目が行きがちだが、この店の場合はちょっと毛色が異なる。
 毎晩、ラストの深夜1時を過ぎると、入り口に鍵がかけられ、延長客と嬢たちがハチャメチャなことをやりだすのだ。
 嬢を亀甲縛りにして、勝手に緊縛ショーをはじめる客。チップ欲しさにどんどん服を脱ぎ、最後は全裸になって店内を練り歩く嬢。そしてその嬢のマン毛を引きむしって大事にポケットにしまう客。とまあ、とにかく乱痴気ぶりがハンパなく、中にはそのカオス祭りだけを目的にやってくる連中も結構いるらしい。
 この店がいつも夜11時以降にやたらと混み出す理由は、まさにそこにあるのだ。
このガールズバーへはじめて遊びに行ったときは、本当にビックリした。カウンターで店の女のコと下ネタトークで盛り上がっていたら、彼女がいきなり言うのだ。
「お客さん私とエッチしたい?これだけ(指を二本立てて)くれたらホテルに行ってもいいよ」
 そんなバカなと思いつつ、お願いしたところ、なんと本当に彼女を近くのラブホへ連れ出し、合体することができた。こりゃいったいどういうことだ?
 女のコに聞いたところ、実はこのガールズバー、大手風俗チェーンが経営しており、夜、グループ店でお茶を引いてるフーゾク嬢を集め、バー店員として働かせているらしい。その間に連れ出し希望の客が現れた場合は、女のコの外出を認めているそうな。
 まったく大胆な店もあったものだが、客としては素晴らしいシステムという他ない。実際はフーゾク嬢とはいえ、ガールズバーの店員として知り合ったコを抱けるなんて、興奮するなという方が無理な話だ。いわゆる「イチャキャバ」という類の飲み屋だ。女の子が横についてお酌をしてくれ、生オッパイとかも触らせてくれ、基本料金は50分5千円。
 だがこの店、行けばついそれ以上使ってしまうことになる。女の子がこんな裏メニューを提案してくるからだ。
「5分5千円で、奥の個室に行けるんだけど」
 かくして個室に移動すると、フェラが始まるのだが、5分で終わらなければ、10分、15分とどんどん金がかかっていく。ニクイ店だ。一応、業態は「カラオケスナック」らしいが、こんなにも
ブッ飛んだ飲み屋も珍しい。客もホステスも全裸なのだ。
 ママを筆頭に、ホステスのノリはとにかくいい。店内が盛り上がってくると、「カギかけて〜」と入り口を施錠して、チンコをしごいたり、軽いフェラも。抜きこそないが、まさに乱痴気騒ぎだ。客もホステスも全裸。ブッ飛びすぎた。
この洗体エステ、最初はもう一つな印象でした。美人ギャルが泡まみれでマッサージしてくれるんですが、抜きは無かったんで。
 でも1回目の帰り際、スタッフが言うんです。
「うちは2回目からは手コキがありますんで。携帯番号を教えてくれませんか?」
 次に来たとき番号を伝えると、抜きが加わるシステムなんだと。
 なんでそんな面倒なことをするのかと訝しく思ってたんですが、そう言われると次も訪れたくなるのが男の性。結果的に二度三度と手コキを味わいに通っています。店のシステムではうたってませんが、手コキが付いてる密着エステです。まあエステの裏サービスとしてはそんなに珍しくはないかもしれません。
 ただこの店、手コキの仕方がひと味違います。ミニスカ+Tバックという格好の女のコが、お客の顔の上に尻を乗っけた逆顔面騎乗スタイルでシコシコしてくれたりしますから。
 歌舞伎町には密着エステがいくつもありますが、顔騎サービスの店はおそらくここだけでしょう年末、歌舞伎町の路地裏の立ち飲み屋に入ったところ、店主のジイさんが〝客引き〞について教えてくれた。
「そのヘン立ってるヤツは騙しが多いよ。まあ付いて行かんほうがいいわ」
「そうなんですね」
「ちゃんとした客引き紹介してあげようか?」
 ジイさんはどこかに電話をかけ、まもなく一人の小太りオヤジが現れた。この人が信用できる客引きなのか…。
 ところが小太りオヤジは、よくわかないことをしゃべり始めた。
「若いコも紹介できるよ。こっちの人によく回したりするんで」
 そう言って、人差し指ですーと頬をなぞる。
「3万でいいわ。今はこっちもうるさいけど」
 今度は握り拳を作ってオデコに当てた。何を言ってんだこのオッサンは? 意味がわからんし止めとくわ。ちなみにこのオッサン、現在も歌舞伎町に立っている姿をよく見かけます。
ホームページを見ると、どこからどう見ても一般的なマッサージ店である。にもかかわらずオレは東京出張の度にこの店を利用する。
 院内マッサージではなく、ホテル出張時に限り「オイルマッサージコース」に手コキがついてくるからだ。
 こうした非公式での手コキサービスをしてくれる真面目なマッサージ店は都内に何軒かあるらしい
が、不満なのはどこも40〜50代の店員が多いことだ。
 でもここの女性スタッフはちがう。ほとんどが30代で、しかもマッサージもうまい。摘発なんてさ
れたら、出張のモチベーションはダダ下がりだ。なんとか生き残り続けて欲しい。

電車の中で勃起するのも楽じゃない僕の痴女AV出演リポート

SnapCrab_NoName_2019-5-22_11-50-6_No-00.png
先日、バイトでアダルトビデオの仕事をしている友人からチカンものAVに出てみないかと電話があった。この不況下でサラリーマン生活にも嫌気がさしていたところ。刺激になることなら、何でも試してみたい。「けど、それって本物の電車の中で撮るの」「もちろんだよ」
「ヤバイだろ。だいいち他の乗客にバレるじゃん」
「だから、オレたちがそれを隠すの。男優が女優にチカンしているときに彼らを取り囲む防壁、つまりガード役だ。てっきり女優にチカン行為ができるものと思っていたが、アマかった。それでも、朝のラッシュアワーから昼までの拘束でギャラは7千円に昼飯付き。オレはこの話に乗ることにした。
某日、朝6時40分に池袋西口前のハンバーガーショップに集合。撮影現場となるのは混雑率が余裕で100%を越えるチカンの巣窟、埼京線。
朝の眠たい目をこすりながら、約束の場所に着くと、電話をくれたオレの友人の他に3人の男かハンバーガーをパクついていた。コンビ二の店長を務める50代のオジさん、20代半ばの少し暗い劇団員、同じく20代半ばのフリーター、これに友人とオレを加えた5人がガード役というわけだ。オレもまたハンバーガーを食べながら、包丸なく外を見ると、満席時のために店が用意したと思われるベンチに女のコが5人座っていた。
セーラー服を着たコギャルタイプが2人、口リコン顔の巨乳がー人、残る2人はいかにも大人の女といった感じのアダルトなムードを持っている。揃いも揃って、なぜこんなイイ女が5人もいるのだろう。オレは不思議に思いながら、友人に聞いた。
「おまえ、どのコがいい?」
「バーカーあれはみんな今日出演する女優だよ」
「プロダクションのコだよ。じゃなかったら、あんな女が朝の早くから5人もいるわけないだろ」
友人の説明で納得したが、それにしても目立つ5人である。通行人もンロジ口と視線を送り、セーラー服姿の2人には特に注目が集まっていた。「それじゃ出発します」ADの先導で店を出て駅に向かう。監督ー人、プ口の男優2人、女優5人、ガード役5人の総勢14人。みんなして駅へと向かっ階段をぞろぞろと降りるその姿は太当に異様で、通勤通学途中の人が不審げな視線を投げかけてくる。
途中、ADが駅構内のキヨスクで足を止めた。
「新聞を買いますので、男優(ガート役)の皆さんはー部ずつ持っていってください」どういうことなのか。友人に聞いてみると、「オレたちが電車内で新聞を大きく広げて読んで、バリケードを作るんだよ」なるほど。でも、この人数で一斉に固まって新聞を読んだら、逆に不審に思われるんじゃないだろうか。
監督か指示した電車は、池袋7時14分発大宮方面行き各駅停車。さすがに混雑率ナンバーワンの路線だけあって、ホームはサラリーマンや学生でごった返している。いよいよ電車がホームへ入ってくる。オレたちは混雑のなか、いい場所を確保しようと必死に乗り込み、ドアのすぐ側に陣取った。
ここなら、他の乗客の視線を遮れるし、窓から撮影のために十分な光量を採光できる。
途中、赤羽から女子学生が2人乗ってきた。ドキッ毎日この路線で通学しているに違いない。オレは彼女たちと目が合わないようにと、必死で新聞で顔を隠した。ー駅ー駅乗客が増えていく。その度にオレたちに不思議そうな視線が注がれた。ましてや、「車内での迷惑行為・・」などとチカン防止のための車内アナウンスまで流れると、不安と緊張で死にそうな気分になってくる。
終点の大宮駅に到着するころ、ようやく2人の女優の撮影が終了。今度は逆に大宮から池袋に向かい、残りの女優の収録を行う。と、ここでハプニング発生。監督の指示に従い、到着した折り返しの電車に乗り込もうとしたとき、中かり制服の警官2人が降りてきたのだ。さすがにヤバイと判断したのだろう。乗るなという合図を目で送っている。
オレたちもそれをすぐに理解し、次に乗ることにした。混雑を極める上り電車の中で、何とか残り3人の女優の収録を終了。池袋駅に降りるころには汗まみれで、心底グッタリしてしまった。ところが、撮影はまだ終わりじゃなかった。別の路線のボックスシートで、パッケージ用のスチール写真を撮るらしい。おいおい、もう勘弁してくれよ。ただ、撮影自体は乗客が少ないせいもあって、精神的にも肉体的にも楽だ。それまではガードするのに精一杯で収録の様子など見る余裕もなかったが、今度は覗き放題だ。男優が、女優のフラを取り、パンティーを下ろし体をいたぶっている。何ともうらやましい限りだが、現実には絶対ありえないンチュエーションである。中年男性の乗客のー人が不審そうな顔でコチラを見ている。一瞬、ヤバイかなと思ったが、そこは都会人の無関心さ。撮影は何のトラブルもなく進行した。
大宮駅のホームで電車を待つ女優を撮り、ようやくすべての収録が完了。時計を見れば、すでに12時を回っていた。クタクタになりつつも、監督にレストランで昼食をおごってもらい、その場でバイト代7千円を受け取る。この肉体的かつ精神的な疲労を考えればワリに合わない気もしたが、見方を変えればこんなスリル、滅多に味わえるもんじゃない。誘いがあれば、きっと乗るだろう。そして、また周囲の視線を気にしながら、女優と男優を必死にガードするのだ。
チカンものAVの撮影現場に体験バイト
SnapCrab_NoName_2019-5-23_10-31-50_No-00.png
チカンAVのガード役の体験リポートか載っていたが、実は俺、その逆の立場、つまりガードされる方になったことがある。ビデオはチカンならぬ痴女モノ。電車の中でスケべなお姉さんにイタズラされるというのが俺の役所だ。オイシイじゃんーそう思う人もいるだろう。
が、皆さんの想像と現実は大違い。いや、マジでドキドキもんの冷や汗体験だったのだ。
危険を冒してもAVに出たい
役所勤務の公務員という、リストラには縁がないものの何の面白味もない仕事に就く俺が、刺激を求めてAV男優募集の雑誌広告に応募したのは今から3年前。どうせダメだろうと思っていた叫ところ、これが運良く採用となり、以後20本の作品に出まくっている。とはいっても、俺に求めらるのはー月号に投稿を寄せていた人と同様、単なる“汁のぶっかけ“である。手こきでナニをしごき、女優の顔に精液をまき散らす。はっきり言ってョゴレ。バイト代も日にー万円、もしくは一力キ5千円がせいぜいだ。が、それでも俺は満足だ。元々好奇心が強いのと、人前でもきちんと勃起し射精できる自分が我ながら頼もしく、休日や一熱叩を利用しては現場へと足を運んでいる。もちろん、このことは誰にもしゃべっちゃいない。公務員がAVの汁男優をやってるなんてマズ過ぎるし、職場にバレたらクビ、とはならないまでも厳しい処分が下されるのは必至だ。そんな危険を冒してまで、AVに出る必要があるのか。なんてことは一白わないでもらいたい。人間、多少リスキーでも止められない欲望のーつやーーつは持ち合わせているものだ。ま、それが俺の場合、汁男優だってところが情けなくもあるんだけど。
本当に電車の中で撮影するのか
昨年8月、俺の携帯に20数回目となる出演依頼の電話が入った。これまで一度も仕事したことのないメーカーである。聞けば、同じ汁男優仲間かりの紹介で連絡してきたのだという。
「8月×日なんですけど、ご都合はいかがですか」
「えーと、大丈夫だと思いま。すけど、どんな内容で時間はどのくらいかかります?」
タ方6時には終わると思いますけど。内容は痴女モノで
「痴女?チカンでなく痴女?」ってことは俺がいたぶられるのか。ずいぶんオイシそうな仕事じゃないか。これでこそ長年、汁男優をやってきた甲斐があるってもんだ。よっしゃ、思いっきりいたぶられてやろうじゃないの。なんせ勃ちには自信があるかならな、勃ちには。と、気合いを入れられていたのは、撮影の前の日までだった。
当日、新宿の居酒屋で、こうつげられたのだ。
「電車の中で痴女に襲われてもらうから。×君と△君は飲み屋で抜かれるサラリーマン、〇君はブティックで襲われる客」
おいおいちょっと待ってくれ。電車?問題は撮影場所だ。電車の中って、まさか本物の車内で抜かれちゃったりするのか。しかも、そのときモノを出していたりしたら俺はどうなるんだ。警察に捕まり、新聞に煮出て、職場もクビになってしまうのか。
うー、想像するだけで恐ろしい。いやいや、いくら何でも本物の電車ってことはないだろう。きっと電車のセットのあるスタジオかどこかで撮影するに違いない。そういっスタジオかあるって聞いたこともあるしな。そうだ、そうに決まってる。しかし、その願いはもろくも崩れ去る。とりあえずスタジオには行った。
しかし、どこを見渡しても電車のセットはなかった。撮影はやはり、本物の電車の中で行われるのだった。もう、これは覚悟を決めるしかない。
一大事発生ーモノが勃たない
某私鉄電車某駅。ホームに電車が入ってくるや、我々撮影隊総勢十数人はすかさず中に乗り込んだ。重内はかなりの混みよう。数駅をやり過ごした後、ようやく撮影しやすい隅の方へ移動する。
さっそく壁役が、俺と2人の女優(北村奈津美ちゃんと荒井由希乃ちゃん)とADの女のコを囲む。ちなみに、ADの彼女はスタッフなのに俺の胸板を触るよう指示されていた。女優でもないのにゴクローサンです。と、思う間もなく、2人の痴女が俺のモノを引っ張り出し手コキを始めた。俺は監督からいわれたように、由希乃ちゃんの美巨乳を服の上からモミながら「やめてください」という表情で必死の演技。しかし、ここで重大な問題が起きた。勃たたないのである。あんなに抜群の勃起力を誇ってきた俺のモノがしょげ返ったままだ。もちろん、原因はわかっている。周囲が気になって仕方ないのだ。壁役がガードしてくれているものの、どうにも勃たないまま数駅を通過、いったん電車を降りた後、逆方向の雷車に乗り、撮影再開。相変わらず勃ちはいまいちだ。
と、そのうち周囲に「いいから早くしろよ」といった空気が流れ始め、ついには奈津美ちゃんに
「いつ終わるかはキミにかかってるんだかりね」とまでいわれてしまった。
このまま勃たなかったらどうしよう。アセるが、神は俺を見捨てていなかった。あまりに俺が哀れだ一ったのだろう、監督が由希乃ちゃんに指示を出し、俺のモノをしゃぶらせたのだ。電車の中でマジかよーと。思いながらもモノはたちまちf勃起。由希乃ちゃんに気持ちよくしゃぶられつつ、俺は何とか撮影を終えたのだった。
★観ると出るのでは大違い。まして電車の中での撮影なんて…お呼びがかかれば、またやりまーす。

石川・金沢のおすすめソープランド・デリヘル体験談ガチンコリポート

0077_2018061211200793d_20190816195032ad5.jpg0078_2018061211200373d_20190816195033883.jpg201311077.jpg0084_20171102202940858.jpg0085_20171102202941000.jpg0083_20171101191658b0e.jpg
フリーで入ってもハズレが来ない。それが名店の証
若くてかわいい子がそろっている店はサービスが手抜きになりがちだが即シャクOKの子がいると思えば…アナル舐めからごっくんまで
ピンサロじゃあり得ない!アルコールが飲み放題ってのも地味にありがたいのよね〜
ここ、店内がピンサロのわりにやたらと明るいので、ほかの客のプレイが丸見えだ。個室の仕切りが低く、雑魚寝でサービスをうけていると、となりの客のサービスがイヤでも目に入ってくるのである。まるで乱交部屋のような光景に、初めて足を運んだ者はまず驚く。さすがパイズリ専門店、Hカップにして張りのあるお椀形の美爆乳娘、Gカップにして色白でスベスベ肌のマシュマロ乳娘など、とにかくデカくてキレイなオッパイの持ち主が多いんです。
しかもパイズリだけでは終わりません。フィニッシュ後も続けてコスコスされるうち、精子とも判断つかない透明の液体が噴射するのです。そう、名付けて「潮吹きパイズリ」。味わえるのはたぶんココだけ。みなさんも試してみてください。立ちVIPというこの店の特殊なシステムを説明します。表向きはセクキャバです。しかし途中で女の子がこうささやいてきます。
「ねえ、VIP席行こうよ」
そっちに行けばもっとイイことしてあげるよという意味です。ちょっと広めの寝転がれるVIP席では手コキやフェラなどのヌキサービスをやってくれます(女の子によってはできない子も)。これは普通のVIP席の話です。立ちVIPとは、その名のとおり、立ったままヌイてくれる部屋です。つまり客は立ちか寝転がるかを選べるわけですね。
そして立ちVIPではいきなりイメージプレイがはじまります。男にねぶられながら嫌々チンポをシゴク女といった具合に。まあ行ってみないとこの良さはわからんでしょうが、女の子けっこう演技がウマくていい感じなんですよね。
この店の評価すべきポイントは何といっても逆3Pコースに尽きるだろう。逆3P。つまり2人の客に対して、嬢が1人つくプレイのことだ(嬢2人、客1人の通常3Pコースももちろん可能)。
年若いギャルを、ともにオッサンである私と友人が、AV男優さながらに、よってたかってネチネチと責め立てる。これがもう興奮するの何の。ひとつの口に2本のチンコを突っ込んだり、一方にフェラさせている間に他方が手マンでちょっかいを出してみたりと、女を完全にオモチャ扱いするあの背徳感は、一度ハマると簡単には抜け出せなくなる。スクール水着専門店の看板を掲げるデリヘルだ。
こういう一部のマニアのみをターゲットにしたニッチ風俗は、あまり田舎では見かけないものだが、にもかかわらず、我が地元で開業してくれたその心意気にまずは拍手を送りたい。
もちろん、肝心のサービス内容は、ロリ心を満足させるに十分なものだ。嬢は20 才前後の若い子ばかり、しかも全員Dカップ以上の巨乳だ(Fカップ、Gカップもザラ)。この、スク水を着た若い巨乳娘というシチュエーションは、ロリ    アニメファンのツボをまさに突い たもので、さらにはスク水を着せたままのプレイも可能ってんだから、よくよく我々の心情を知り抜いている。
先日友人に連れられて入った店は、水着姿の若い女性が接客をする居酒屋だった。友人の話によると、一時は多く見られたこの手の店も、首都圏で残ってるのはここだけになってしまったという。
 パッと見たかんじ、水着を着たホール女性はみな若い。
酒を運んでくる彼女たちの年齢を聞いてみたところ、女の子のおよそ9割が10代であった。
 なかでも、水着の上にスケスケのパレオを着ていたコは特に若く見えた。何かそういうルールでもあるのだろうか。以前から、ある種のマニアたちの間で注目を浴びているデリヘルだ。というのもここ、もともと19〜20才の嬢が充実している店なのだが、中にはHPの年齢表記より明らかに若く見える子がチラホラいるともっぱらの評判なのだ。
 実際、俺も興味本位で利用したことがあるが、ホテルのドアを開けた瞬間、毛穴という毛穴からイヤな汗が吹き出してしまった。その肌つや、そのあどけない表情、これはイカンでしょ!
 即座にチェンジ宣言をしたのは言うまでもないけど、とにかくああいう怖い思いは一度きりで十分だ。昔ながらの民家が建ち並ぶ住宅街に、ぽつぽつと点在する古めかしいスナック群(およそ5、6軒)。実はこれらの店はどれも普通の飲み屋ではない。
 店に入って、ママに遊びたい旨を伝えると、それぞれ付き合いのある置屋からオネーチャンを呼びだしてくれる、一種の売春斡旋所になっているのだ。
 やってくるのは日本人女性が4、5人程度。大半は20代半ばといったところだが、時期によっては19才くらいの若い子も混じっているからなかなかどうして侮れない。あとは気に入ったコを選んで、近くのラブホへ流れるのがパターンだ。
 ネックをあげるとすれば、30分2万の高額な料金体系か。ただし、コスパがいいだけの味気ないデリヘルと比べれば、よほど風情はある。この商店街にはピンサロがいくつも軒を連ねるが、そのうち唯一この店だけは、こっそりと本番プレイを行っている。いや、こっそりでもないか。路上の客引きが堂々と「フルコースで楽しめちゃいます」とか言ってるくらいだし。
 フーゾク店の摘発が盛んなこのご時世に何ともイケイケな営業姿勢だが、ひるがえって客に対してはこれほど誠実な店もそうそうない。60分1万円というコスパの良さ、粒ぞろいの嬢たち。
 が、何と言ってもこの店の良さは、その構造にある。プレイの場所が、本サロではおなじみの個室タイプではなく、仕切りもカーテンもないただのベンチシートなのだ。つまり周囲から丸見えで、行きと帰りは他人のセックスを盗み見することもできる。文句の付けようがない。

東京のおすすめホテヘル・デリヘル体験談ガチンコリポート

akl060_201908082132101c3.jpgakl061_20190808213211770.jpgakl063_201908082132136ac.jpgakl064_20190808213214e5c.jpgakl065_201908082132167ac.jpgakl066_2019080821321775c.jpgakl067_20190808213219954.jpgakl068_201908082132202dc.jpgakl069_20190808213222ca5.jpgakl070_20190808213223861.jpgakl071_20190808213225045.jpgakl072_201908082132267e8.jpgakl073_2019080821322828f.jpgakl074_2019080821322902b.jpg201503069_201908082133016ee.jpg201311074_2019080821330220c.jpg201503068_20190808213304821.jpg201503055_20190808213305d97.jpg ぶっかけマニアを自称する男性でも、せいぜい顔射で満足する程度だろう。そんなものは真のぶっかけ好きとは言えない。この店ではイラマチオをさせたあと、大量の精子を顔射。その精子でまみれたオンナの顔をクッサイ小便で洗い流すというド変態プレイが味わえる。これぞまさに本当の意味でのぶっかけだ。
痴女に一方的に犯される妄想がかなう店だ。入室後、アイマスクをかけて全裸で寝ていると、入ってきた女にいきなり激しいディープキスをかまされる。そのまま足のつま先から首元まで乱暴になめ回され、全身が唾液にまみれていく。抵抗を示しても、女の攻撃は止まらない。そのまま69の状態でネットリとしたフェラチオをされ、こちらはマンコで窒息状態に。最後は激しい腰フリの素股でフィニッシュだ。実際には起こりえないシチュエーションなだけに、この店のマニアは多い。
合コンできるデリヘルです。しかも、在籍している女のコはキャバ嬢みたいにキレイなコが多いんです。彼女たちのような高レベルなコを普通に口説く手間・金を考えたら圧倒的に安上がりですよ。官能小説の朗読のみならず、自作の物語の内容を実際にプレイとして再現させることも可能だ。演技派の嬢が多いのでプレイにリアリティがある。お気に入りは、私が家庭教師の先生にちんちんをつんつんされ、そのまま初体験をしてしまうという流れ。彼女たちはこのストーリーを忠実に再現してくれる。官能小説を読んでくれた「生ボイス」音声をお持ち帰りできるオプションを使えば、家に帰ってからもプレイは続く。
貧乳好きでこの店を知らない人はたぶんいないんじゃないでしょうか。それほどここは有名な老舗の貧乳デリヘルです。常時40人を超すペチャパイちゃんたちがいるから、オキニが消えてもすぐに次の指名相手が見つかります。貧乳っていうと、小さい体でロリ系のイメージで売っている嬢のイメージがありますが、ここは陸上選手のようなスラッとした細身体型のペチャパイちゃんもけっこう在籍してるんですよ。長年支持され続けているのもうなずけます。町中の若い黒ギャルを見て、うざいと思うか、それともイジめられたいと思うか。後者の男性にはオススメです。
ラブホやレンタルルームに女の子がやってきて、水着に着替えて一緒にシャワー、ベッドでの軽いマッサージの後に手コキフィニッシュが基本コースだ。こで注目すべきはシャワータイム。いわゆる洗体というヤツで、体中に泡を塗りたくって女の子が洗ってくれるのだが、途中での水着尻コキがなんとも気持ちいいのである。我慢してベッドで手コキ発射でもかまわない。「パウダーマッサージ」と呼ばれるテクニックです。お客の体にベビーパウダーをふりかけ、手が触れるか触れないかのフェザータッチをするという、早い話がジラ技。これ自体は回春店ではよく取り入れられている技術です。
触られただけで、声を出してのけぞるほどに。マッサージを1時間も続けるのだから驚きです。やられている方は皮膚感覚が鋭敏になり、冗談じゃなく全身が性感帯になります。フィニッシュの手コキに体に電流が走ります。
山の手線を一周する間(60 分) ずっと飛びっこプレイを楽しんでから、ホテルへインという内容だ。スタート場所の駅(山手線内な らどこから出発してもオーケー)に、、女は飛びっこを仕込んだ状態でやってくる。リモコンを受け取り、一緒に電車へ。
たとえば渋谷から乗るなら、乗客の多い数区間は、スイッチを入れっぱなしにして人目を集め、新宿あたりでいったん座って休憩を。もちろんオッサンの隣だ。座りながらもときどきモーター音を響かせ   やり、池袋以降、乗客が減ってきたら車内を歩かせてみるのもよい。
上野、東京、品川と経て、いよいよ渋谷に近づいてくれば、最後のダッシュとばかりにスイッチレベルを最大に。どうせその場限り、バレたって構いやしない。このように、ころころと様変わりする車両の様子に合わせて、たぷり楽しみ終えるころには、女のアソコはグショグショのビッシャビシャ。こんなことのために山手線を一周してるコンビも、まずいないだろう。
女にナブられたい願望を充足すべく、私が足しげく通う風俗店がここだ。選ぶ無料オプションは「M格闘」。
このコースでは、本格的なレスリングマットの上で、女子プロレスラーに扮したS気質の高いコが、コブラツイストからキャメルクラッチまで、密着度の高い技をかけてくれる。今、かけてくれる、と書いたが、この感謝の意味がわからないようでは本物のMとは言えないだろう。私など、絞められながらいつもチンポ汁が出まくってしょうがない。
一通り嬢からナブられた後は一転、試練を乗り越えたご褒美よろしく至極の抜きタイムが待っている。羽交い締め状態でスリーパーホールドをかけられながらの足コキ、なんてされた日には涙が出そうになる。
若いオンナをカラオケ店に派遣してくれるお店です。単なるコンパニオンサービスになぜ僕がハマっているのか。説明しましょう。通常の「さわやかコース」はキャバクラ的にオンナが隣に付いて一緒にカラオケしたり、お酒の相手をしてくれるだけです。
 でも、これより上のランクの「恋人コース」では、なんとオサワリまでできちゃうのです。密室でオサワリ、しかもアルコールが入るとあればコトがエスカレートするのは当然。乳舐めや手マンはもちろん、なかにはフェラや本番に応じるコもいたりします。しかもチップ無しで。
扉を開けると、アイマスクをした女が無言で立っている。ロングコートの下は全裸だ。小学校のときに通学路に現れた「変態露出男」の女バージョンと思ってもらえればよい。
 オレが遊ぶときは、まず玄関でコートを剥ぎ取って即クンニからスタートし、ひざまづかせて口にチンポをねじこむ。もちろんアイマスクは着けさせたままだ。視界を奪われた女は、ヒーヒー欲情しながらむしゃぶりついてくる。
 床に押し倒し、さらにマンコを唾液で濡らしてやった後は一転、アイマスクを外させてベッドでまったり恋人プレイを楽しむ。硬軟おりまぜた攻めテクに、女たちはメロメロだ(と思い込んでいる)。ぽっちゃりをうたいつつも実際はデブばかりというのが、この業界の悪しき慣習です。もう一度ハッキリさせておきましょう。ぽちゃとは磯山さやかや深キョンのレベルであって、それ以上はデブです。
 ここに在籍しているのは正真正銘のぽちゃだけ。ぷにっとした二の腕やお腹が幸せな気分にして
くれます。これがデブだと殴りたくなりますけど。
 女は勘違いして誰もがガリガリに痩せたがるけれど、我々男が本当に好きなのはこういうムッチリしたお肉ですよね。
 先日、友人に連れられて行ったハプニングバーで奇妙な光景を目撃した。入場の際、身分証の提示
を求められた俺たちだったが、後に続いて入ってきた女性2人組への店員の対応があきらかにおかし
かったのだ。
 初めてこの店に来たという見た目20才前後の彼女たちの顔を見ると、店員のニイさんは2人の頭を
ぽんぽんと叩いて一言。「うん、大丈夫そうだね〜! いらっしゃ〜い!」と言ってそのまま中へ通
してしまったのだ!おいおい、ちょっと待って! いま年齢確認してないよな? 動揺して友人にその旨を告げると、奴はヒソヒソ声で一言、「黙ってろよ」。どうやらこの店、女性に対しての年齢確認が相当適当らしい。ハプバーに足を運ぶ女性のなかには身元をあきらかにされることを恐れて身分証を見せるのをイヤがる者が少なくないという。でも、だからといって「顔パス」はないだろう。だって、これで仮に未成年だとしたら…ああ、考えただけでもおそろしい。
かつて新宿の立ちんぼスポットとして有名だったミラノ座前やハイジア前だが、ここ最近はすっか
りエンコー女を見かけなくなった。当局の監視が厳しくなったせいでそれぞれ場所を変えたりネット上で客を募集するようになったらしい。
 ところが、先日酔っ払って歌舞伎町をウロウロしていたところ、奇妙な光景が目に入った。ホスト
街周辺のラブホ前で、何をするわけでもなく座り込んでいる10代後半くらいの若い家出風少女。近づ
いて顔を確認しようとしたところ、彼女が話しかけてきた。
「すみませ〜ん! 一緒に中(ホテル)入りませんか〜?」
 彼女、ラブホ前の地べたに座って客を探す立ちんぼならぬ「すわりんぼ」だったのだ。ていうか、よーく顔を見てみたらどう見てもじゃん!
「ちなみに、いくらくらいなの?」
「ホテル代別で1.5ですね」
 手頃な価格の座りんぼは、歌舞伎町のラブホ街でほかにも複数人見られた。
新宿歌舞伎町の性感生ヘルスを体験する
へルス、イメクラ、ピンサロ、ソープ。日本には種々様々なフーゾクが存在しているが、ことフーゾクほど、自ら足を運ばなければ実態のわからないものはない。風俗誌の巻頭力ラーで紹介されていたヘルス嬢のサービスが実は手抜きだったり、ロが可愛い女のでサービス満点店だったり。レベルの差は店に入った後わかるのがフーゾクというものだ。
では、ワシらはいったい何を信用すればいいのか。どこに頼れば当たりを引けるのか。巷に出回る風俗情報誌か、それともインターネットか。誤解を恐れずに言えば、風俗誌の大半は提灯記事、イコール広告である。写真だって、プロの力メラマンが撮れば当然、可愛く写るし、中には知り合いにバレないよう変な化粧のコだって少なくない。さらには、優良店というフレーズだって信用できるとは言い難い。つまるところ、実際に自分で足を運び、体験してみなければ本当のところは何ひとつわからないのである。しかし、この不況が吹きすさぶ中、個人の財力でそれを検証していくのは極めて難しい。そこで、この企画だ。私(素性はプロフィールを参照)が取材費という名のプレイ代をもぎとり、フーゾク店を徹底調査するのだ。少なくともここに書かれた情報にウソ偽りのないことだけは約束しておく(当連載は、ヌルヌルマット、ソフトSMなど、多岐にわたるフーゾク形能)の中から毎回うのテーマを設定、店舗に潜入し、その結果をミシュラン、皆様の参考にしていただく。
ターゲットは、最も店舗数か多くバリエーションも分かれるヘルス店を中心に、時にはピンサロやソープ、SMクラブも狙う。場所は東京近郊がメインとなるか、機会かあれは名古屋や大阪、福岡、札幌などにも足を延ばしてみたい。女の子はポラ写真での指名を基本とする。実態を解き明かすならフリーで遊ぶのが本筋ではと思われるかも知れないが、それは間違っている。ー万なにがしかのお金を注き込むのだ。他人任せなんかできるか。過去にフリーで入った経験かあるか、地雷を踏む確率はかなり優良店であればあるほど、客が多いわけで、その中で、指名もされずヒマにしている女のコにはなにか原因かあるはず。たまたま指名と指名の間に時間があいた人気嬢に相手してもらえるなんてことは、万馬券に当たるようなものだ。写りの悪いポラで選ぶのでさえギャンフルなのに、さらに敷居を高くしてとうする。
プレイ時間は、毎回40分50分を選択したい
最も短い30分はリーズナブルだが、慌ただしい。特にこちら側から攻めたくなるような女のコに当たった場合30分ではとても足りない。かといって60分のロングコースは、初めての店だとコストパフオーマンスか悪いのでパスだ。後に評価は5つ星で表すことにした。項目は6つ。それぞれ何を基準にしているかは別項を参照してほしいが、総合評価で★3つなら気持ちよくヌケたものと判断していただきたい。というわけで、第ー回は新宿・歌舞伎町、渋谷、池袋、上野の都内4大フーゾクエリアから性感生ヘルスの人気店をー軒ずつピックアップ、その実態を探ることにする。少し手ぬるい感じもあるが、皆さんに当連載の意図をわかっていただくためのプレ企画ということで。
さくら通りをー本入った路地はソープ密集ゾーンで、客引きが多く、これまで一般人はちょっと足を踏み入れがたかった。が、大型パチスロ店ができて以来、問題は解消。いくつかのヘルス店もオープンした。美乳の女神DXもそんな中のー軒だ。
「いらっしゃいませ。当店は初めてですか?」
ピンク色の派手な電飾がきらめく看板の下にある階段を上かると、蝶ネクタイをした若い店員が私の目を見ながら尋ねてきた。なかなか礼儀正しい。さっそく、写真をチェックするとスタジオで撮影したサーピス版とポラロイトが混在している。何でも、サービス版は情報誌に出ている看板娘なのだそうだ。が、ちゃんと彼女たちのポラも貼ってあり、同じ女のコなのに雰囲気が全く違うことに驚かされる。ある意一味、親切だ。写真を入念にチェックした結果「待ち時間は10分です」のYちゃんを指名。入会金、指名料併せて1万8千円也。待合室でちょっと甘すぎる力ルピスを飲みながら待つこと20分、加藤あい似の彼女とご対面。背が高く、肩幅が広い。無駄な肉は何一つ付いていないのだが、くびれという点では今ひとつ。水泳選手のような体つきだ。
「えー、でも運動はからっきしダメエー」
屈託のないその笑顔、可愛い、可愛いゾープレイルームは嬉しいシャワー付き。まずは彼女がイゾジンをロ含み、そのままキス&ロ移ししてきた。思わず飲み込みそうになるところを、おロクチュクチュ。「イソジン嫌いな人が多いから、こうすると、ね?」
んー、やっばり可愛い。ベッドに移動
「寝てイイよ」とYちゃんは言うが、まずはこちら側が攻めねばと、彼女を寝かす。唇かり耳裏、うなじへと舌を」一垣わせば、とたんに吐息が聞こえてきた。胸は決して大きくはないが、手のひらで弄ぶにはちょうどいい弾力で心地良い
ヘソ紙めからクン二へ。彼女の内股が私の顔をギュッと締め付けてきたところで中指を挿入しようとしたら手首を掴まれた。「それはダメー」お互いに無意一味な笑顔を交わし攻守交代。乳首を攻めつつ、袋を操みしだくように紙めてくる。ガマン汁が出たところでパックリ。ツボを押さえて見事な攻めに、シックスナインを要求し、お互い紙めまくること3分。彼女のロに大放出した。最後のシャワータイムでも、再びイソジンロ撃を受け、ギュッと抱きしめられて終了コールだ。店を出る際に「サービスはいかがでしたか」と店員が聞いてきたのを付け加えておく。
女子テニスや女子バレー、はたまたなでしこジャパンすら、ヤラシイ目で観戦してる人もいることでしょう。実際、最近の女子アスリートは美人が多いですし。
その手のスポーツ女子が好きな方はぜひこの店を。なんとスポーツコスプレの数が150 種類以上。つまり巨乳ちゃんにバレーコスを着せて木村沙織セクハラプレイなんてこともできるわけです。
女を抱くなら若いコが一番。てなわけでオレが辿り着いたのがこのデリヘルである。
店側が18才19才専門店とうたっているだけあり、実際に彼女たちの身体を抱くとそこらへんの腐れ切った20代の女たちとは肌の質感がまず違う。実際マジで10 代なんだと思う。首元から自然と若い女のコの香りが漂ってくるし。これって、20代の女じゃまず出てこない。
女の子たちはつい最近まで学生だったこともあり、敬語とタメ語が入り交じって言葉遣いが上手くできてないところもまた魅力だ。
こちらの回春マッサージ店には、私のようなスケベオヤジにぴったりのコースがある。その名も「達人コース」。客側が白衣を着て嬢にマッサージを施すといういわゆる逆マッサージだ。
まずは、女のコをうつぶせにさせ、背中全体にゆっくりとオイルを塗って肩や背中をほぐしてやる。この時点では健全なマッサージなわけだが、ここから徐々に事態はおかしくなっていく。彼女たちのもっとも敏感な部位、すなわち乳房→乳首→股間を、これでもかと丹念に揉み込んでやるのだ。女のコが私のインチキ整体に興奮し、愚息に手を伸ばして手コキでフィニッシュ。このシチュエーションだと、倍は飛びます。

大阪のおすすめホテヘル・デリヘル体験談ガチンコリポート

201311092.jpg201311093.jpg201311090.jpg201311091.jpg201311097.jpg201311099.jpg201311095.jpg201311096.jpgakl087_2019080821555797a.jpgakl088_20190808215558341.jpg
日頃から京都のマッサージ店(日本人セラピストオンリー)を巡っている俺が、いま一番オススメしたい名店だ。理由を以下に挙げよう。
●セラピストが全員若くてキレイ。さらに巨乳娘もちらほら
●客の履く紙おむつはミニサイズで、金タマやアナルが容易に露出する
●ソケイ部へのマッサージの際、客はあお向けのカエル状態の体勢に。しかも嬢の手が頻繁に金タマに触れるなど攻撃性が高いとまあ、完全なる健全店にもかかわらず、こうしたちょいエロが連続するのだ。施術後、脳みそがトロトロになること請け合いだ。
ビル地下の殺風景な飲食店街に、やけにリアルなナース服を着た女の子たちが給仕してくれる不思議なお店がある。看板娘のノリのいい美人4姉妹たち(ママさんの娘)がナース姿で往来する姿は、シュールながらなんともいえないエロさがある。閉店時にはおニャン子クラブの「じゃあね~」の歌に合わせて踊りながら見送ってくれるサービス付き。なんだかよくわからないけどエロくて楽しいお店です。
このショーパブの女の子の衣装は、ニップレスと超マイクロビキニ。そんな格好で腰をフリフリさせて股を見せつけてくるもんだから、クッキリとマンスジが確認できてしまう。
さらに素晴らしいのがショーの合間に行われるフルーツタイム。いちごやパイナップルをくわえて口移しでフルーツを食べさせてくれるのだ。しかも口で受け取ると同時に、女の子の唇や舌をベロベロできちゃうのだから、偉大なお店です。
掘りごたつで浴衣姿のキャバ嬢と並んで座り、マンツーマンで飲む。これの何がいいかって、やっぱ 掘りごたつの下だ。密着して座るので素足がスリスリ当たってきたり、女の子によっては着こなしがラフで、浴衣がはだけて足の付け根、つまりパンティ付近がチラチラすることも。普通のドレスを着たキャバクラよりもよっぽどムラムラしてしまう。いかにもな水商売系の子はおらず、保母さんみたいな素人っぽい子が多いのもイイ。
店そのものはヌキあり風俗なのだが、ヌキなしコースを選ぶ客が多いという意味でラインナップに加えていただきたい。
ヌキなしなのは「ひたすらクンニコース」だ。その名のとおり、時間内ずっと女王様にクンニをし続けるもので上着を着たままの女王様の股間に口をつけ、言葉も発さ ずにレロレロレロ。たまにクチを離そうもんなら檄が飛ぶ。ふざけてるの?休んでいいわけないでしょ!
オレみたいなマニアは多いようで、いつも予約電話をするたびに店員が『クンニコースは大人気でけっこう待ってもらう形になります』と言われるほどだ。
Tバックにスケスケドレス姿のエロダンサーたちが、目の前で腰をクネらせながら踊ってくれるショーパブです。まんまアメリカ映画で見かけるポールダンスバーで、酒を飲みながらチップを女の子のパンツにねじ込んだりできます。この店がすごいのはカーテンで仕切られた個室の中で密着ダンスが楽しめること。しかもドレスを脱いだTバック一丁の姿でクネクネしてくれるので股間は大変なこ になります。女の子へのタッチはルール違反だけに生殺し感がハンパじゃありません。
大阪で最大級のビキニバーです。水着の布の面積が小さいし、女の子たちのサービス精神も旺盛で、「谷間見せてよ」とおねだりすればイヤな顔一つせずに体を屈めておっぱいも見せてくれる。「お兄さんエロいね」と笑いながらら。大手だけあって、在籍している女の子は他の水着バーに比べべて断然可愛いし、どこをとっても大阪一と言わざる得ない最高のビキニバーだと思います。
食べ放題の焼き肉屋ですが、生脚&へそ出しルックのナースやら、鋭い切れ込みのチャイナ服やらを着たコスプレギャルが席について肉を焼いてくれます。お姉さんたちはみな気さくなキャラで、セクハラトークと焼き肉の相性は抜群です
もちろんコスプレのお姉ちゃん目当てで入った店だけど、食べ放題のお店にしては肉の味がいいのも高得点です。
工具用ドリルにバイブを装着したアイテムの威力は絶大。こいつで女の子を攻めると電マ以上にイキっぱなしになる。ほかにも電源を入れると高速で指が振動するゴールドフィンガーなるマシンや、野菜型バイブ(キュウリ)等も用意されている。
客と女の子の両方が、最初から最後まで仮面を付けた状態でプレイするという、独自ルールを採用しているホテヘルです。いったい何のために?
まずは完全顔出しじゃないから、女の子を集めやすいというのが一つあるでしょう。
そしてもうひとつ。シャイな男でも要望を伝えやすいという利点があります。「アナル舐めて」なんて恥ずかしくてお願いできない性格でも、仮面をつけてるだけで強気に出られると。
フーゾク嬢なんてぞんざいに扱ってナンボ、と言い切れるような人にはこの繊細な感覚はわからないでしょう。FカップからOカップまで、爆 乳の女の子だけを集めたヘルス、と聞くと、どうせデブしかいないんだろ? と思うかもしれません。でも安心してください。ここはスレンダー、グラマー、ぽちゃと3タイプ に分類されていて、細身の爆乳ちゃんもしっかり在籍しているんです。ついでにいうと、ルックスの良い子も結構います。パイズリをお願いするもよし、フカフカのおっぱいに埋もれて窒息するもよし。おっぱい星人ならここは絶対にハズせないお店でしょう。関西最大のソープ街、神戸福原の数あるお店の中で僕がおススメしたいのがここです。70分2万円からのいわゆる激安ソープですが、在籍している女の子は皆10 代から20 代と若い女の子ばかりでサービスも激安店とは思えないほど丁寧です。でもこのレベルなら探せばほかにあるかもしれません。注目すべきは3Pコースです。この安さだけは他の追随を許しません。福原で3Pを楽しもうと思うと6万円以上は必要になりますが、ここは4 万円ポッキリで90分も楽しめてしまうんです。ダブル乳首攻め、ダブルフェラ、 2つのお尻を並べての挿入比べ。90分もあれば3Pだって十分に堪能できます。
女の子の平均年齢は20 代後半とやや高めですが、ルックスやサービスはハイレベル。テクニックも折り紙つきです。なによりこの店がすごいのは、4千円で遊べる大衆店なのに地雷が一人もいないということ。5人で遊びに行っても誰1人とし実際、2年前から僕自身何度も足を運んでいますが、いまだに外れクジを引いたことはないし、店内で見かけたこともありません。5人で遊びに行っても誰1人としてハズれないんです。女の子数は全員で20名程度と少なめなので、少数精鋭のお店ってことなんだと思います。フリーで入って、今日はどんな美人が来るかとワクワクできるピンサロなんて、京橋中を探してもここしかないと思います。
人妻フーゾクといえば、三十路前後あるいはそれ以上の、熟れた女ばかりで、公園で子供と戯れてるような若いママ風はまずやってこない。あれだって人妻なのにむしろあっちが好きなのにここは人妻店をうたった激安店にもかかわらず、18 才~20 才の女の子が多く在籍してるという不思議な風俗店だ。若いからといってガチャガチャうるさいわけじゃなく、さすが人妻(ホントかどうかはわからないが)、しっとり落ち着きがあっていかにも「若くして結婚したけどセックスレスだから欲求不満なんです」的な雰囲気が!妄想をふくらませたい方はどうぞ。
車内フェラを売りにした風俗は珍しくありませんが、ここは男の夢、 というか僕自身の夢だったドライブフェラを体験させてくれます。
 ポイントは、車で待ち合わせコースをオーダーするときに、オプションとして「即フェラ」を頼んでおくこと。指定の待ち合わせ場所で女の子を拾って、ホテルへ移動する流れになるんですが、その道すがら、女の子がズボンからゴソゴソとチンコを取り出してパックンチョしてくれます。
運転中のフェラはちょっと危ないですが、信号で停まったときに隣りの運ちゃんの驚いた顔を見れたりすると、優越感と快感でたまらない気分になります。お返しに相手の女性のアソコを指で弄りながらホテルに到着したら、大興奮のままプレイに突入です。どうですか。男の夢、叶えたくなったでしょ?
アナル舐め専門店です。看板通り、30前後のマダムがひたすらアナルを舐め続け、最後にフェラでフィニッシュに導くというのが基本プレイです。僕自身、アナル舐めナシでは満足できないタチだけに、この店は重宝してるんですが、どうしてもアナル舐めの最中はチンコがお留守になってしまい、せいぜい手コキしてもらえる程度です。物理的に仕方ない?いえいえ、そんな不満を解消してくれるのが、3Pアナル舐めコー スなのです!
いえいえ、そんな不満を解消してくれるのが、3Pアナル舐めコースなのです1人のマダムがアナルがふやけるまで舐め続け、もう1人がチンコがふやけるまでフェラし続ける。まんぐり返しの体勢で2人のマダムから責められてみてください。未知の快感なんてレベルじゃありませんよ。1人のマダムがアナルがふやけるまで舐め続け、もう1人がチンコがふやけるまでフェラし続ける。まんぐり返しの体勢で2人のマダムから責められてみてください。未知の快感なんてレベルじゃありませんよ。この3Pアナル舐めコース、金額は少々高く付きますが、いままで抱えていたアナルプレイへの不満が全て吹き飛んでくれました。抱えていたアナルプレイへの不満が全て吹き飛んでくれました。
OLや看護士、女教師たちとイメージプレイできるホテヘルだ。コスチュームやプレイの設定が凝っているので、本当にチカンやセクハラしてるような気分になる。中でも俺の一押しが「トイレちかんコース」だ。お堅い職業の女の子にホテルのトイレで用を足してもらい、その途中で乱入して変質者プレイを。実際にリアルなリアクションで恥ずかしがるので勃起は必至だ。女の子に攻められたい場合は、受け身の逆チカンコースを選べばいい。
おそらく京都でいま一番客を集めているであろう人妻ヘルスだ。何度か遊ばせてもらっているが、確かに女の子はキレイだし、教育もしっかりされているようで、丁寧な接客をしてくれる。ボクにはオキニが3人もいたのだが、さらにこのまえフリーで入った子までオキニになってしまった。いくら貢がせる気だ。 ピンサロの聖地、京橋で30年以上も続く老舗です。古い店内は場末感が漂ってますが、料金は25 分で3900円と割安で、老舗の安心感からか比較的可愛い女の子たちが在籍してます。安くて可愛い子がいれば流行るのは当然ですが、ここにはもう一つ繁盛する別の理由があります。それが素股プレイです。普通のピンサロでは禁止されている素股が、このお店は基本サービスに入っちゃってるんです。何も言わなくても女の子から率先して素股をやってくれるんです!プレイの流れは、キス→乳首舐め→手コキ→素股→フェラ。あれ、ここヘルスだっけ?と勘違いするぐらいだから人気なのも当然です。大阪にいくつかあるコスプレ専門店の中でも、僕のお気に入りはこのお店だけです。450 種類以上ものコスチュームは伊達じゃありません。「働く魔王さま!」のマクドナルドコスや、「アイカツ!」のスターライト学園制服など最新アニメのものまで揃っています。
在籍している女の子たちもアニメやゲームが大好きな子ばかりなので、僕のオタクトークにもしっかりついてきてくれる。ノリノリでキャラになりきってプレイを楽しめるんです。
大好きなアニメキャラの衣装を身にまとった女の子があんなことやこんなことをしてくれるなんてまるで夢のようです。
ウエディングドレスや軍服、婦警など、珍しい一般コスプレ衣装もあるので、オタクじゃなくても楽しめると思います。
ホームページで好みの女の子を探し出し、店頭でパネルをチェック。ワクワクしながらホテルで女の子とご対面。
ところが出てきた女はバケモノだったという経験は誰もがお持ちだろう。いわゆるパネマジだ。
このホテヘル、マジックミラー越しに女の子を選べる部屋があるので、絶対にパネマジに遭うことがない。生身の女を観察すれば、ちょっとした仕草や雰囲気などでキャラもある程度は判別できる。地雷を踏むことはまずないだろう。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます