201504059.jpg201504058.jpg
匿名で色々なお題を投稿できるアプリです。恋愛ネタや日々の生活のお悩みまで、様々なジャンルのお題が出され、そのお題に興味を持った人が自由にコメントを書き込む仕組み。一対一ではなく、掲示板上でコメントのやり取りを行わないといけないので、このアプリを使って人妻さんたちと巡り会うのは非常に骨が折れます。しかも半年ほど続けて僕がお会いすることができたお相手は、すべて40才前後の、あまり綺麗ではないオバサンばかり3人。でも会えたら必ずヤレる。それが僕がこのアプリを利用している最大の理由です。やり方は、まずハッシュタグ検索(#○○で検索する)から。「#既婚」や「#悩み」のキーワードでお題を探します。
『最近、ダンナから雑に扱われてる気がする』
『今日も朝から旦那がイライラ。何もいえない』
 この手のお題を見つけたら、ひたすらいい人キャラを演じつつ、マメにコメントをつけていきます。一番やってはいけないのが、『それなら俺と遊ぼうよ』などとすぐに出会いを匂わせること。どうしたらその悩みが解決されるのか、相手の立場になって真摯な姿勢でアドバイスを続けるのがポイントです。ほかの男たちが我慢しきれず、「会おうよ」と持ちかけて自滅していくので、こちらはひたすらいい人を演じてアドバイスを続けていく。若い男の子などは『おっさんウザイよ!』などと暴言を吐いて勝手に消えてくれるので、こちらは紳士的にメッセージを書き続ける。忍耐が必要です。ある程度スレ主と絡むことができたら、「ところでどこに住んでるの?」と、思い出したように居住地を聞き出します。遠方だった場合は、あきらめて別のターゲットへ。比較的近い場所なら、しぶとくコメントを返していきます。最初はどんなに競争相手が多くても、その日はその女性1人に絞るつもりでじっくりやりとりを続けていけば、深夜を回るころには最後の2人か1人にまで減ってきます。ここまで辿り着くことができたら、ようやく連絡先の交換をしようと持ちかける。じっくり時間を掛けて悩みを聞いてあげているだけに、会ってもいいよ、という展開になるものです。
GPS機能で近場の女を探せる出会いアプリとして使える存在だったが、密かに始まっていたグループチャット機能がオイシイことに気づいたといっても、グルチャ自体は正直それほど盛り上がっておらず、オーナーを含めてわずか数人だけというパターンも多いので、既存のグルチャに参加してもなかなか女性と絡むことができない。が、自分がオーナーになれば話は別だ。ターゲットを絞って効率的に攻めることができる。
 俺の作戦は、既婚者限定の『異性の友達作り』『ランチ会』などのタイトルでグルチャを作り、ひたすら女性の参加を待ち続けるというもの。説明欄に「大人な発言を心がけましょう」とか「卑猥な発言は控えましょう」などと紳士ぶったコメントを付けておく
のが重要なポイントだ。あらかじめ紳士なキャラを演じておけば、警戒心の強い人妻でも、最終的に会ってくれる確率が跳ね上がるからだ。グルチャを立ち上げた直後はなかなか参加者が増えないが、女性が1人でも入ってくれれば、その相手のプロフから一対一のチャットに移ることができる。
「やっぱり結婚しててもドキドキしたいですよね」などと振ってみると、旦那との冷め切った関係や子育ての苦労などを漏らしてくるので、「1度会ってお話してみましょうか」の展開に持ち込める。