ワニのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ワニ

変態温泉のノゾキ魔ワニたちが女の子の命を救ったちょっといい話

0140_20190828122906e9c.jpg0141_2019082812290428e.jpg関越道. 東松山インタ—からすぐのところに百穴温泉という混浴がある。露出愛好カップルが頻繁に訪れる名所だ。
夏の間、ワタシはほぼ毎日のように通い、カップルや露出サ—クルの痴態を楽しませてもらっていた。湯舟でセックスする2人や、中国人10人ほどの大乱交を目前にしたこともある。
でもやはりありがたいのは、単独男(通称ワニ) のお触りを黙認してくれるカップル客だ。彼女さんのおっぱいをモミモミさせてくれたり、運がよければフェラチオ奉仕をしてくれることもある。
カップルとは言ってもこんなところで見知らぬ男に体を触らせるのだから、愛情などないセフレのようなものなのだろう。そんなある日の夕方、初めて見るカップルがやってきた。見たところ二人とも
20代後半、サラリ—マンとOL女がベタベタと彼氏にくっついている。混浴にはそのカップルとワタシを含めたワニが6人だけだ。
男がおもむろに女のバスタオルを剥いだ。Dカップほどの胸がプルンと飛び出し女は恥ずかしそうにしている。
いつものように様子見のおだて作戦だ。
「キレイな彼女さんですね」
「良かったなオマエ、褒めてもらって」 
彼女は恥ずかしそうにうなずく。経験から言ってこんな軽い会話が成立したときは、単独男が参加できる確率が非常に高い。
「うらやましいなあ」
「そうですか?ちよっと触ってみます?」
男は彼女に確認もとらずにそう答えた。じゃあ遠慮なく揉ませていただきます。八リのある若々しい胸だ。
ワタシに続いて他のワニもおっぱいに触れている。 
「オマエもっと声とか出せよ皆さんが楽しくないだろ?」なんだか険悪な雰囲気だ。彼女、むりやり連れてこられたのか?実はこんなことしたくないのかも。こんなときは我々は空気を読むしかない。
「まぁまぁ。ゆっくり見させてもらいますので、どうぞ」
「なんかスイマセンねえ」
そのまま二人は潜望鏡フェラ、岩場に座ってクンニとイヤラシイ姿を見せてくれた。
彼女さんのノリは相変わらず悪かったが。彼氏がとつぜん言った。
「そうだ。女湯に行ってみようぜ」
混浴の奥の女湯でしたいと言うのだ。前代未聞である。いったいなぜ?
っていうか、いま女湯は一般の女性客がいるはずだ。
「お客さんがいるのでやめておいたほうが…」
「それがイイんですよ。普通の女に見て欲しいし。行くぞ」
彼女の手を引き、彼氏はスタスタと女湯の脱衣所に向かっている。いらしてください」
いいのか?いいのか?
でもなんか楽しそうだし、いっちょ付いていきますか。女湯には3 人ほどの中年女性がいた。カップルとワニ数人がゾロゾロと入ってくるのを目を丸くして見ている。
男は勃起したままのチンコを、立ちバックの態勢で彼女の股間にあてがった。
「ちょっと、ムリだよ」
「いいじやん」
「イヤだよ!みんな見てるし、ムリだってば…」
さっきまではオレたち男しかいなかったが、ここでは一般女性も見ている。それがマトモな彼女にすればツライのだろう。
「いいから足開けよ」
「ヤダ!」
このバトルを見て、一般女性たちが風呂を出て行った。
そりやそうだ。
と、ここで予想だにしない州展開が起きる。
「アアアア〜」
叫びながら脱衣所にダッシュした彼女が、カパンから腕時計を取り出したかと思いきや、ベルトの部分で手首をひと刺ししたのだ。さらにそれ一を横に引く!
「なにやってんだオマエ!」
彼氏の声を無視し、手首を血まみれにしながら風呂に飛び込む彼女。
湯が赤く染まっていく。こんなトコで自殺って…。
出血は、湯に浸かったほうが進行が早い。それを知っての彼女の行動とすれば、本気の本気の自殺である。ワタシたち単独男はあわて4ふためいた。1人がバスタオルを手首にあてもう一人がハンカチで止血作業。そして残りの4人は血でにじんだ湯を桶でかきだす。遊び場を奪われるかもしれないとの危機感が、無言の結束力を発揮したのだ。彼氏はその光景を呆然と眺めていたが、はっと気づいて女に駆け寄った。

覗き魔が集まる覗かれやすい女湯・混浴尻焼温泉でワニになる

a086_2019080722442722e.jpga087_2019080722442937c.jpga088_201908072244302b0.jpga089_20190807224432652.jpga090.jpga091.jpg
0071_20180122185516248.jpg 0072_20180122185511931.jpg
川が流れており、その対岸で紅葉まっ盛りの木々が茂っている。あれれ、川から湯気が出てるぞ。
どうやらこの尻焼温泉、いわゆる「野湯」というやつで、川の一部に温泉が湧き出ているようだ。だから24時間無料で入り放題。
なるほど、変態たちも気軽に来やすいわけだな。駐車場も一杯だし、これは期待できそうだ。
ずんずん進んでいけば、広大な湯があらわれた。バスケットボールコート大の広さで、大人から子供まで30人くらいは浸かっているだろうか。
あれ、女性もいるにはいるけど、水着を着てるやつばっかり…。なんだか拍子抜けだ。川遊びの延長みたいな家族連れ洋服を着たまま足だけをつけてる連中などなど、健全な光景ばかりが広がる。
まだ時間が早かったか?しかしすぐに妙な動きに気づいた。足湯をする女性2人の背後に、一人の若いオトコが立っている。素っ裸の仁王立ちだ。
これに足湯女子が気づき、オトコの股間に眼をやるや、すぐにそらした。まもなくして女子たちはその場をあとにした。
湯の脇にテントが。素っ裸のおっさんが一人で座っている。
夜7時、再び温泉に来てみたらが一様子変していた。子連れ客はいなくなり、ハダカの大人が点々と浸かっているのだ。
周囲には薄暗い街灯がひとつあるのみで視界は極めて悪い。近づかなければオトコか女かもわからないほどだ。
では入浴させていただこう。脱衣所らしき場所はなく、他の客の荷物が岩場に置いてある。
ここでハダカになればいいんだなコケだらけの岩場に足を取られながらお湯に入る。少しぬるめだけどなかなかいい湯加減だ。さて、変態はいるかな〜。おっ、
奥から女の声が聞こえるぞそろりと近づけば大学生らしき男女4人組だった。オトコどもは素っ裸で、女は一人が水着着用、もう一人はタオルを巻いている。
ダブルデートだろうか。水着ちゃんが声をあげた
「こんだけ暗かったらアタシも裸で大丈夫だったね〜いいじゃん、水着脱いじゃえよ!脱げ脱げ〜」
カップル二組はそれ以上過激なシーンを見せず、すぐに出ていった。このあと乱交でもするのかしら。けしからんな。
と、テント氏がおもむろに動きはじめた。なにかターゲットを発見したのか?
後につくオレ。しばらくして動きを止めるテント氏。その視線の先にはカップルの 姿がある
二人とも素っ裸らしく身を寄せてモゾモゾと動いているみたいだ。これはこれは…
その状態で5分ほど経ったところでカップルが立ち上がった。彼女さんの小さめの乳房と濃い陰毛が丸見えだ。
激しい手マンがはじまった。彼女は自らの手で口を押さえている。声が出ないようにしてるのだろうか。うん、エロい!
今のタイミングでの手マンは、どう考えても俺たちギャラリーへのサービスだ。手マンを見せたがる変態カップルなんて初めて見たよ。これ、もしかしたらもっとイヤらしいことしてくれるんじゃない?二人に近づく。「さっきのスゴかったですね」「……」「ボク、チンコ立っちゃいました」「……」
完全無視。単独オトコと絡むような優しさは持っていないらしい。1時間ほど浸かっていたらんと、ずいぶん出入りの激しい温泉であることがわかった。
10分に1組は客がやってくる。女子のみのグループはおらずカップルでやってくる。テント氏が動きだしたので後を追う。再せこの人の嗅覚は頼りになる。岩に隠れるような格好で、カップルが見えた。
あれ、あの人たちは旅館で食事してた夫婦の1組だ。うなじがセクシーな奥さん。
おもむろにダンナさんが立ち上がり岩にもたれた。彼のチンコはギンギンだ。
すかさず奥さんがダンナの股間に顔を持っていく。音こそ聞こえないけどかなりの高速フェラだ。あの小ぎれいな奥さんが、こんなことするなんて、たまらん!!
ぼーっと眺めていたらいつの間にかテント氏の姿が見えなくなっていた。どこ行ったんだ?
いつしかダンナさんがオレに無言で視線を向けている。
「あのさ、あっち行ってよ」
「あ、えっと…」
「見られるのイヤなんだよ。あっち行けって」
ちぇっ。見られたくないならこんなとこで始めんなっての。
仕方なく移動。おや、なんか人が集まってる場所があるぞ。
急いで近づいてみたら、岩場に素っ裸で眠るカップルがいた。何かをするわけでもなく、ただ単に眠っているのだ。ぽっちゃり体型の女性はちょっと脚を開きながらイビキをかいている。
単独男数人がそれを見ながらマスをかいている。ちょっとちょっと、風呂の中に精子を出さないでくれよ?
その中にテント氏もいた。
「あの、皆さんザーメンはどこに出すんですか?」
「あ? 風呂の中はダメだから。出すなら
あっちの草とかでやれよな!」ぶっきらぼうながらも親切に教えてくれる。って、めちゃめちゃシコってるじゃん。アンタなんなんだよ。
夜の11時を回った。この2時間ほどで一気に客が引き、テント氏も帰ってしまった。
湯の中にいるのはオレを含めた単独男3人ほどだ。
仕方ないので仲間とおぼしき一人に声をかける。
「ここ、結構くるんですか?」
「ワタシは毎週来てますよ。そちらは初めて?」
そうだと答えたら彼のマシンガントークが始まった。
なんでも今日はカップルの数が少ないほうらしく、9月の末あたりがピークだったそうな。そのころは混浴乱交サークルみた
いなのがしょっちゅう来ていたとか。「皆さん観賞させてくれるだけだけどね。
普通にエッチする人たちもいましたよ」
「へえ。盛り上がってるんですね」
「今日もあと何組かは来ると思うんですけどね、たぶん」
そんな話をしていたところ、駐車場にクルマが入ってくるのが見えた。下りてきたのは…、この声、オンナもいるぞ!
4人組が湯に近づいてきた。若い男女で間違いない。
「あったけー」
「すごい滑るんだけどー!」
温泉に入ってきたのはすっぽんぽん男2人とバスタオル巻きオンナ2人だ。
キャバ嬢みたいな髪型で、タオルの上から胸の谷間がのぞいている。二人ともすげー巨乳じゃん。
4人はオレたちを尻目に奥に進んでいく。ぎゃあぎゃあ騒ぐので会話が丸聞こえだ。
「オマエそれ(タオル)取っちゃえよ」
「だって他の人もいるしー」
「こんな暗いんだから見えねえよ」
「そうかなー」
オレたちも距離をつめるべくゆっくり動きだす。およそ5メートルほどまで近づいてみれば、女子たちのバスタオルは岩場に投げ捨てられている。
しばらくおとなしかった彼らだったが、男の掛け声で急にせわしなくなった。
「じゃあフェラ大会ね! ほら、やれやれ」
「マジで!??」
「みんな見てるぞ、やれやれ!」
神様ありがとう!
女たちはブーブー言いながらも仁王立ちになった男のチンコにむしゃぶりついている。揺れる横チチと「ポン、チュポン」の
音がめちゃめちゃエロい。いやー、この時間まで待ったかいがあったよ。
しばらくして女が交代してさらにフェラだ。いいなぁ。あっ、あの子、オトコの股の間に入ってアナル舐めてる!
物欲しげなオレの視線に気づいたのか、アナル舐めされてる男が声をあげた。
「あの人らにもやってあげろよ」
「ええー、ムリだって〜」
「いいじゃん、やってやれって」
「ムリムリ!」
まさかの幸運を拾えるかと思ったけれど、女たちの強い拒否でお流れになってしまった。あーあ。まあしょうがないか。
混浴オフ会や乱交パーティの現状
ナンネットの「アダコミ」や、爆サイの地域別出会い系スレッドでは、以下のような書き込みをしばしば見かける。「今夜××公園にカップルで20時以降出没します。相方へのタッチはなしで、見るだけでおねがいします」
「今週の土曜日、○○温泉で混浴オフ会しませんか?」
 その日時に足を運んでみると、そこには予告通りの光景が広がっている。男女が堂々と性器を露出し、卑猥な声をあげ、その周りには多数の野次馬たちがエロい目つきをして群がっている無法地帯っぷりだ。こうしたエロ系の予告書き込みは、露出や混浴以外にも乱交や青姦などさまざまな種類のものがある。言うまでもなく、こうした行為はすべて公然わいせつ罪にあたる。現に、掲示板で乱交オフ会参加者を募集し、実際に乱交パーティを開いた男が逮捕された事例もある。だが、これらサイトは今日まで堂々と存在し続けている。眺めるだけに留めていたほうが身のためである。
女湯ノゾキに精を出す連中がいる。混浴温泉ではない。れっきとした女湯を夜な夜な、いや、真昼間から覗くのだ。彼らの間では逐次、最新の『覗けてしまう女湯』情報がされている。頻繁に名前があがるのは3カ所だ。どれもあくまで偶然見えてしまったと言い訳できてしまけに、女性は注意されたし。
北海道 洞爺湖サンパレス
 こちらのホテルは作りが独特で、館内の大浴場が1階と2階(それぞれの階が男湯女湯。時間帯によって入れ替え)に分けられて 男湯が2階、女湯が1階のときに女性は注意しなけれ2階露天風呂の窓から簡単に女湯を見下ろせてしまうのだから。
岐阜 荒神の湯
 川沿いの小さな露天風呂で、キチンと男女風呂は分けられている。にも関わらず女湯ノゾキがあらわれるのは、男女を分ける柵に問題があるためだ。ところどころにサッカーボール大の穴が開けられており、そこから向こうが丸見えになってしまっている。また、川の対岸からも丸見えのため、双眼鏡を持ち込む輩も絶えない。
栃木 大網温泉 湯守田中屋
 男湯・女湯・混浴と複数の露天があるのだが、女湯はひとつ小高い位置に設置されている。ここのウリは露天から見える壮大な渓谷の景色だ。しかし女湯からはそれが良く見えないため、素晴らしい眺めを楽しむためには湯のヘリから上半身をぐっと乗り出さなければならない。自然と下の男湯から丸見えになってしまうのだ。観光客が多い場所なので被害に合う女性も多発している。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます