下ネタ - 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方
2018/07/10

下ネタへ誘導したいときの最強の誘い文

0115_20180710094732531.jpg 0116_201807100947335db.jpg
会話に詰まればオモシロ画像で茶を濁す
LINEはチャット形式だけに、なるべくテンポよく返事を出した方が女の子の印象も上がる。でも気の利いた言葉が出ないときもあるし、長時間のチャットに飽きてくることだってある。そんなとき役に立つのが面白画像だ。グーグルの画像検索で「面白画像」や「バカ画像」などのキーワードで探せば色々なジャンルの面白い写真が見つかるので、あらかじめその中から何枚かストックしておく。
俺の場合、ハゲたオッサンやマヌケなポーズの動物写真などを、会話の流れを完全に無視して突然送りつけている。安全確実にクスッ程度の笑いが取れるし、会話のきっかけになることもあるので重宝している。
まず大前提として、掲示板で知り合った女子たちは、自分以外の複数の男たちともメッセージのやりとりをしています。ライバルよりも一歩先を行くためには、マメで早い返信が大事。とくに効果的なアプローチが「おはよう」メールです。自分が朝起きたら、繋がっている女の子全員に〈おはよう〉のメールを送っておくだけで一気に距離を縮めることができます。ただし毎日送るのはやり過ぎなので、週に3,4回程度にした方がいいでしょう。特に前日の夜にLINEでやりとりしたときは、翌日のおはようメッセージが効いてきます。
爽やかなキャラ設定でやりとりを始めてしまうと、当たり障りのない会話から抜け出せず、中途半端な関係のまま終ってしまいがちだ。やはり男たるもの、下ネタへ誘導するセリフを覚えておきたい。以下に例文を載せておこう。
〈この前、美容院行ったんだけどさ。美容師に首を触られたらビクっとしたんだよね。そういうことない?〉
こう振れば、ほぼ間違いなく『あーあるかも』と同意してくるはずだ。あとは〈人間の身体って意外なとこが敏感だよね。フトモモとか背中とか〉などと性感帯の話題にシフトしていけばいいのだ。
LINEナンパを続けていると、登録した女の子が増えすぎて誰が誰だかわからなくなってくる。当然、複数の女の子と同時にチャットするようなタイミングでは、メッセージを送る相手を間違う重大事故が発生しやすい。本命の女の子にドエロメールを送ったりでもしたら目も当てられない。そんな事故を防ぐには、一目で誰かわかるよう、画面の背景を変更すればいいのだ。一番いいのは、本人写真を背景にすること。誤送信の危険は限りなくゼロに近づくはずだ。設定方法は、トーク画面の右上をタップして「トーク設定」「背景デザイン」に進み、任意の写真選択で完了だ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?