0060_201810090944196b5.jpg 0061_201810090944206d5.jpg 0062_20181009094421743.jpg 0063_20181009094423808.jpg 0064_20181009094424e8b.jpg 0065_2018100909442663b.jpg
観測地点は八王子およびその周辺エリア。調査員はそれぞれの地域に分けられ、一斉に仕事に取り
かかるらしい。意外と大がかりやのう。「説明は以上だっちゃ・あとは各自、
プリントを家にさ持って帰えって、じっくり読んどいてくれ」
最後にオッサンは参加者を1人ずつ前に呼び出し、本人の名前と勤務時間を再確認、当日の担当地域を告げていった。私の集合場所は東京の西の果て、《あきる野市》である。
「最寄り駅は秋川駅、集合時間は午前6時。(私の自宅がある)杉並区だと始発に乗ってもギリギリだ。明日、よろしくお願い申し上げます」なんで最後だけ標準語やねん。
私は秋川駅のうら寂れたホームに立っていた。さむ〜い。花粉用マスクからは白い息がヒューヒュー漏れている。改札付近は、100近い人間でごった返していた。これみんな調査員予想を遥かに上回る規模である。