交際クラブのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:交際クラブ

  • 2019/10/03援助交際・パパ活

    仕事も頑張ってきたし、カネはそこそこある。しかし風俗は飽きた。キャバはヤレないからつまらない。そんな贅沢な悩みを抱えている諸兄もいるんじゃないでしょうか。そんな貴方こそ交際クラブへ行くべきです。入会すると回覧可能になる女性のプロフィールは、パネマジ、詐称なしの詳細なもので、素人の女子大生からグラビアアイドルまでバリエーションも豊富。どの子と遊ぼうかな…と眺めているだけでも1日潰れちゃいます。何より...

    記事を読む

  • 2018/11/01エッチ体験談

    体重を明かすデブ満載デブ専ダイヤルやデブ専ホテトルがあることからもわかるように、世の中には思いの他デブ専の男というのがいるようです。そんな折、デブ専門をうたう交際クラブの広告を見つけました。体重130キロのレディたちを紹介してくれるようです。私自身はデブにはまったく興味がありませんが、興味本意で資料を送ってもらうと、そこには次のようなことが書かれていました。覆せていることがあたかも特権であるがごとき...

    記事を読む

エッチな淑女たちを紹介しましょう交際クラブの女性写真|パパ活体験談

0207_2019062315364023b_201910021714194ae.jpg00_2019060813084025b_2019100218540347a.jpg1_20190608130842275_20191002185358221.jpg2_20190608130844800_20191002185359650.jpg0112_20181110011116d6b_20191002185400f14.jpg0113_20181110011115b09_20191002185402215.jpg
仕事も頑張ってきたし、カネはそこそこある。しかし風俗は飽きた。キャバはヤレないからつまらない。そんな贅沢な悩みを抱えている諸兄もいるんじゃないでしょうか。そんな貴方こそ交際クラブへ行くべきです。入会すると回覧可能になる女性のプロフィールは、パネマジ、詐称なしの詳細なもので、素人の女子大生からグラビアアイドルまでバリエーションも豊富。どの子と遊ぼうかな…と眺めているだけでも1日潰れちゃいます。何より最高なのはNGがほとんどないということです。昼間、一緒にランチを食べて買い物へ出かけ、その後ホテルでセックス…なんてその辺のエンコー女じゃ絶対に味わえないプレイもできちゃいます。いい女を連れて街を歩く快感といったらもう。それにベッドでもあれできないこれできないと言われることがないので、過激なプレイだって思いのまま。
ただし、入会金やセッティング料、相手に渡す交通費(セックス代含む謝礼のこと)を含めると一番安い女子大生クラスでも6万前後かかりますけどね。それに見合った楽しさは絶対あります。最後に私からアドバイスを。会費をケチって安い交際クラブを選ぶとロクな女が来ないので必ず後悔します。「ユニバース倶楽部」や「青山プラチナクラブ」といった大手の交際クラブを利用しましょう。
エッチな淑女たちを紹介しましょう交際業者の女性写真
問い合わせると届く場合もあって、今やこの業界は百花績乱のエライことになっておると。
ただ昔から変わってないのが、マヌケなんだけどね。
今回はそのウサン臭い交際業者の女性写真を集めたと。
そういうこと。たぶん読者のみんなの家にも届いたことあるんじゃないかな。
なかなかいい女じゃないですか。
うん、30には見えないな。ポーズも決まってる
彼女は何をしてくれると言ってるんですか。
ええと、まずボディスーツを扱う職業柄、社長夫人や女医さん、女性実業家などの知り合いが多いと。
若い人はボディスーツなんて着そうもないですしね。
で、そっいつエッチな淑女たちを紹介しましょうといつわけだね。
え、ェッチ?なんでエッチなんですか。
知らねーよ。
しかも足利市でしょ。エッチな女性実業家なんてそつそついないでしょ。
突っ込むなよ。いるってんだからいるんだろ。
彼女は女性用アダルトグッズの通信販売会社を経営しているらしい。全国のエッチな女性と知り合って悩み相談に乗っているうちにサークルを作るに至ったと。
会員にはやっぱり社長夫人や女医さんなんかが多いそうだね。
んなわけないでしょ。
どこですか、ここは。ずいぶん開放的な場所ですが。
日本じゃなさそっだな。中国揚子江とか、そんな感じだよ。
どう見たって、観光中のスナップショットですね。こんな地味な人まで紹介業やってんですか。
広告の仕事をして、交際会に深い関心を抱いたんだとさ。
あ、そっですか。
私はブスだけど、そのぶん応援するねだって。
仲介する本人は美人よりブスのほうがリアリティーがあると考えたんでしょうか。
ちなみに彼女、名古屋の守一山区と千種区に住所があるんだ。
違う住所から同じ手一紙が来てるんだよ。家を2軒持ってるっでことだろ。いろんなお客さんと知り合いになることが多いのでってパターンでしょ。くあ、正解。大正解。
わかりますよ、それぐらい。でも言っておきますけど、金持ちの淑女はバス旅行なんてしませんよ一、おっかしいなあ。女医や社長夫人が多いって書いてあるぞもう、どうしてどこの交際クラブの女もそんなに金持ちばっかなんですか。
というわけで、男に夢を与えてくれる女神たちを紹介したわけだけど、どうだったかな?松どうもこうも、これじやあ実際に入会しようと思えないですね。信懸性に欠けるというか。
いや、ひょっとするとひょつとするかもよちなみにオレは1つのサークルに金送ったんだけど、まだ返事がないんだが
デブ専交際クラブの女に会ってみた
デブ専交際クラブの投稿を読んだ女性からハガキが届いた。
私、あの写真の中の1人です。ちゃんと交際成立してますよ
リスト(下の写真)の女性は業者のデッチアゲではないかとの推測に対する反論というわけだ。まさかあの写真の中に裏モノ読者がいたなんてと素直に驚きたいところだが、実はその数日前に当の業者から、ウチはまともだとの強いクレームがあったばかり。なんだか怪しい。あまりにタイミングがよすぎやしないか。ひょっとしてクレームじゃ将があかないと考えた業者が作戦を変更し、女性の名前
でハガキを書いてきたんじゃないの?というわけで、その女性本人に会ってみることにした。
リストに載っていた写真の1人だって言うんだから見ればすぐにわかるはず。取材当日、約束の時間に駅で待っていると、遠くから》ズシンズシンと物音が(ホン卜に聞こえたんですよ)。本人がバスの階段を降りてきたのだ。いや、ホントに太っておられますよ。お顔を拝見すれば、確かにあの5人の中の1人。いや、一段とふくよかになった感も…。
彼女、2年ほど前にレディコミでクラブの存在を知りこれまで男性と会ってきたらしい。
写真だけ貸してるサクラなんじゃないの。と、この段階でも疑っていた私だが、話す内容のリアリティやときおり見せる彼女の様子からして、どうやら仕込みではなさそうだという気がしてきた。
「交際っていってもほとんど援助なんですよ」やはり男女交際といえど、少なくとも彼女に関しては純粋な付き合いになることはないらしく、毎回3万円をきちっともらっているとう。だいたいの男が胸フェチか尻フェチ、あるいはマザコンなのだそうだ。知らない世界があるもんだ。クラブにはちゃんと女性会員が存在し、出会いもセッティングされている。

デブ専門をうたう交際クラブと女性の部屋に不法侵入してオナニーする男

0110_20181101003640bbc_20190930171939123.jpg0118_20181101003637de3_20190930171941f7d.jpg0119_201811010036383eb_20190930171942780.jpg
体重を明かすデブ満載
デブ専ダイヤルやデブ専ホテトルがあることからもわかるように、世の中には思いの他デブ専の男というのがいるようです。そんな折、デブ専門をうたう交際クラブの広告を見つけました。体重130キロのレディたちを紹介してくれるようです。私自身はデブにはまったく興味がありませんが、興味本意で資料を送ってもらうと、そこには次のようなことが書かれていました。覆せていることがあたかも特権であるがごとき悪しき風潮が蔓延している現代にあって、女性は本来豊満であるべきであり、その大地のごとき神聖な存在に憧れる男性たちと、往々にして太っているだけで不当な扱いを受けている女性たちが(以下省略)
かつて、これほどまでにデブを美化した言葉があったでしょうか。まるでキング牧師のような白い草です。その言葉を裏つけるように、同封されていた会員女性のリストには、正面を見据えてポーズを取る、自信に溢れたデブ女性の顔写真。伏せるべき体重も明記され、中には130キ口とかいう巨漢までいます。いやー、どうなんでしょうか、これ。普通、デブだろうと痩せだろうと、女性が不特定多数の男性に顔写真と体重を明かそっとするでしょうか。私には、この業者、デブ→誰にも相手にされない→出会いのためにはプロフィールを明かすことも辞さない、との偏見に基づいてデッチアゲのリストを作成したように思えるのです。「ここまで大っびらになれるのはデブだからこそウィークボイントを売り物にする」。
リストに並ぶのは確かに太めの女性ばかり。もしデッチアゲだとしたらこんなに失礼な話もないよな
出会えるなら、これはこれで興味深いので、調べてみる価値はあると思います。何度も叫言いますが、私はデブに興味がないので遠慮しておきますけど。
殺人、インターネットへのレ〇プ依頼など、最近アブナイ事件が続々しているが、かくいう私も、もうあと一歩でお縄になっていたヤバイ経験を持っている。あるー人の見知らぬ女の部屋へ不法侵入しオナニーしてしまうという変態行為を、2年間にわたって続けていたのである。何が楽しくて、と思うかもしれないが、そこに通常では得難い快感があったのは事実。懐かしきあの日々を、少し振り返ってみよう。
干したパンティをペニスに
女は、オレが通勤に向かう道の途中にあるアパートに住んでおり、以前かり顔だけは知っていた。ショートカツトが似合う、ちょっと細身で色白な20才。正直なところ、かなり好みのタイプだ。出かける時間帯が似ていることから、彼女もどこかの会社でOLをやっているのだろう。最初はその程度の認識しかなかった。ところが、たまたまその日、彼女か部屋から出てくるところを目撃。ドアの前に置かれていた植木鉢の下に何か隠しているのを見てしまった。何をしているんだろう。最初はわからなかったが、通勤電車に乗っている最中に気がついた。力ギだ。モノを落としやすい性格ゆえか、いつでも部屋に入れるためか、理由はわからないが、彼女はあの植木鉢の下に力ギを隠しているのだ。そう直感した私は、翌日朝、少し通勤時間をずらし、植木鉢を確認してみた。するとどうだ。予想どおり、植木鉢と皿の間に力ギが置かれているではないか。
少し迷った後、私は会社に「体調が悪いんで、午後から出社します」と電話をかけた。理由は言うまでもなかろう。合い鍵を作るためだ。それから3日後の朝10時、私は彼女の部屋の前に立った。マズイと思いつつも、部屋に入ってみたいという欲望には勝てず、わざわざ有休を取りここまでやって来たのだ。しかし、いさ入るとなると、ブルブルと震える手が止まらい
極度の緊張状能発。とりあえずチャイムを鳴らしてみる。当然ながら反応はない。周囲を確認した後、意を決して力ギを入れた。まずは玄関に突っ立ったまま、気配を探ってみる。よし、誰もいない。靴を障警、中に入ると部屋は非常に汚なかった。キッチンには洗い物が散乱し、床にはレディースコミックが散らばっている。ユニットバスはカビまで生えていた。あの女、見た目と違い、かなりルーズなようだ。奥の部屋に洗濯物が干してあり、その中にパンティがあった。と、それを見たらペニスが熱くなる。洗濯機の中を覗くと、あるある。汚れの付いたパンティが何枚もあった。思わず、それを手に取り、臭いを嘆いでみる。クサイ。が、何とも言えない興奮が私を襲う。
ああもう我慢できない。私はズボンのチャックを下ろし、使用済みパンティの臭いを嘆ぎつつ、干してあった下着をあそこに巻き付け、しごき始めた。何という快感、何という征服感。こんなに興奮するオナニーは何年ぶりだろう。私はすぐにイキそうになり、白いパンティに思いきりザーメンを放出した。出した後は、そのパンティを洗い、前と同じ場所に干しておく。私の精液が付いたパンティを、彼女が再び履くと思っとタマラナイ―
以後、私は月にー回程度の割合で彼女の部屋に侵入し、オナニーする時間を楽しんだ。最初のうちは、出したらそそくさと帰るという感じだったが、だんだん大胆になっていく
口紅にあそこをこすり付けたり、ヘアブラシで陰毛フラッシング。他にもスキンクリームにペニスを突っ込んだり、水で薄めたザーメンを注射器でタンポンやナプキンにかけてみたりもした。徐々に彼女個人のことも知りたくなり、部屋にあったアルバムや日記を見たこともある。
「好きな人がいるんだけど、振り向いてくれない」なんて書かれている。あんなイイ女に振り向かないなんて、どんな男なんだ。しだいに彼女への関心が深まり、ある日の夜、帰ったころを見計らい電話をかけてみた。が、あいにく留守番電話。その後、何度もかけたがいつも留守電だった。彼女自身、部屋の様子が何か変だと感づき、電話に出ないようにしていたのかもしれない。彼女にもっと接近したいけれど、これ以上エスカレートするいい方広が見つからない。そんな悶々した日々が続いていた昨年4月、実にヤバイ状況か訪れた。いつものように部屋でマスをかいていた平日の昼間、彼女が突然、帰ってきたのである。ドアの向こうで声がするので、近寄ってみると彼女の声がする。よくわからないが、大家らしき人間と立ち話をしているようだ。血の気が引いた。ドアを開けられたら終わりである。私は、大急ぎで玄関の靴を手に持ち、部屋を片つけ押入に隠れた。もしバレたら開き直るしかない。そう覚悟した。
5分ほどしてドアの開く音。さあ気つくか。緊張しながら潜んでいると、そのうちテレビが付き、彼女が誰かと電話で話しだした。他愛のない会話からして、どうやら気ついていないようだ。ひとまず安心。30分ほどすると、水が流れ出る音が聞こえてきた。シャワーを浴びているらしい。出るなら今しかないだろう。私は勇気を出して、そっとふすまを開けた。ラッキー。バスルームのトアは閉まっている。このまま急いで逃げようか。と、思った瞬間、目の前に脱ぎたてのパンティが飛び込んできた。思わず手にとると人肌の下着は暖かく、なんとも言えないアソコの香りが漂った。手がブル。フルと震え、すこい緊張である。オレは猛然とペニスをしごき始めた。なぜ、こんな大胆なことができるのか、自分でも不思議だった。いつ彼女がバスルームから出て来るかわからないという緊張のなか、シャワーの音を聞きながらするオナニーは格別だった。もし彼女が出てきたらその裸にザーメンをかけてやろう。ギャーと騒がれたら襲っちまえ。自分の中の異常が爆発しそうだった。果たして、彼女には見つからなかった。というか、私自身、興奮しすぎてものの30秒もたたない内にイッてしまったのだ(このときはティッシュに出した)。放出すれば、とりあえず興奮は収まる。私はそのまま、気つかれないように部屋を出た。
それかり間もなく、私は彼女の部屋への不法侵入をヤメた。恐くなかったからじゃない。私自身は、もうどうなってもいいと、さらに行為をエスカレートさせるつもりでいたが、彼女がある日突然、引っ越してしまったのだ。中に入り、家財道具がなくなっている部屋を見たときは、ショックだった。もちろん、彼女の後にまた若い女性が引っ越して来ることを期待したが、その部屋に次に入ったのは学生風のムサ苦しい男だった。私の変態行為は、こうして発覚することなく終わった。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます