仕返しのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:仕返し

  • 2019/03/12エッチ体験談

     安藤氏は自動車メーカー営業職のため、毎日ほとんどが外回り。人間関係も、社内ではなく主に営業先の人たちとの間で築かれる。1年前の夏、よく顔を出す販売店に、女性がパートとして働き始めた。いつものごとく名刺を手渡して愛想を振りまく安藤氏。新車の説明や仕事の段取りを教えるうちに、自然と親しく話す間柄となった。全国すべての営業マンの日常茶飯な出来事である。ただ少し違った部分といえば、彼は仕事のことだけ...

    記事を読む

  • 2018/03/28突撃リポート

     毎回1人のワリキリ娘に「ウン万で遊びたい」と交渉。たっぷり女体を堪能し尽くした後で、約束のウン万を韓国のウォン紙幣で手渡す(2万ウォンなら約2000円)。あとは「円で払うとは言ってないよね。ウソじゃないよね?」の一点ばりで逃げ切りを目指す。「 あれ?  これって韓国のお金ですよ」  「 そうそう、2万の約束だから2万ウォンね」怒り出すかと思いきや、彼女は笑顔を崩さず尋ねてくる。「じゃあ、2万円...

    記事を読む

旦那への仕返しのためだけに浮気をしたい人妻もいる

0104_201903121313342af.jpg 0105_20190312131336102.jpg
安藤氏は自動車メーカー営業職のため、毎日ほとんどが外回り。人間関係も、社内ではなく主に営業先の人たちとの間で築かれる。1年前の夏、よく顔を出す販売店に、女性がパートとして働き始めた。いつものごとく名刺を手渡して愛想を振りまく安藤氏。新車の説明や仕事の段取りを教えるうちに、自然と親しく話す間柄となった。全国すべての営業マンの日常茶飯な出来事である。
ただ少し違った部分といえば、彼は仕事のことだけでなく、ときどきプライベートな話も軽くかわしていた点である。仕事一徹人間ではなく、妻への愚痴や小遣いの不満をこぼし、人間的な甘さを見せる。策略としてではなく、ただ彼がそういうタイプの人物だっただけのことだ。2カ月後、販売店での雑談中、彼女が不満気に口を開いた。
「旦那が浮気してるって言うんです。ケータイに、○○ちゃんは胸が大きくていいね。また会おうよ、ってメール履歴があったらしくて」
かたやメーカーの正社巨具かたや販売店のパート。黙々と業務確認だけしかしてこなければ、こんな話題は出てきようがない・普段から安藤氏のほうから「降りて」いたからこその展開である。
「男ってのはみんな浮気するもんだから深く考えないほうがいいよ、ぐらいしか言えませんよね」
まだ下心はなかった。なにしろ職場の関係者にはおいそれと手を出しにくい。販売店内だけでなく、業務上、彼女を車でショールームへ送り届ける機会が月に何度かあった。もちろん車内は2人きりである。セフレ化への発端はやはりその密室からだった。浮気疑惑を聞いた数日後のこと。「手を握ってもいい?」問いかけたのは彼女である。いくら同じ職場でも、向こうから誘ってきたのなら罪悪感はない。当然のように手を握り、ついでに服の上から胸を操んだが、それ以上は求めず。
「ぼくに好意を持ってるのはわかったので、このときはわざと気乗りしない風を装ったんです。こっちがガッガッすると、立場が逆転してしまうから」
好かれているなら、ゆっくり焦らせ。女が読む小悪魔教本にでも登場しそうな作戦だが、もちろん男にもあてはまる。特に相手が他に出会いの少なそうな人妻なら、焦らせば焦らすほど効果は上がる。3日後の車中、彼女が今度は、運転中の安藤氏のヒザをなでなでしてきた。こうなればハンドルをホテル街へ切るしかない。
旦那の浮気への仕返しのために、浮気で応酬してやる。女がこのスタンスのときは、セックスの工夫など必要ない・女は快楽を貧りたいのではなく、ただ「浮気をしている」という事実で自尊心を保ちたいだけなのだから。案の定、いたってノーマルなセックスで、イッたかどうかもわからぬほどだったのに、以降も関係は続いた。双方既婚者のため電話やメールはいっさいなし(交換すらしていない)
・休日に会うこともできないため、ラブホに行くのはいつも仕事の休憩時間だけだ
・発射してすぐまたネクタイを締める慌しい逢瀬である。
先ほども触れたように、快楽や恋人扱いを求める人妻ならば、この仕打ちには耐えられないはず。彼女はあくまで「浮気」がしたいだけなのだ。証拠に、彼女はセックスが終わると口癖のように言うらしい。「奥さんと別れてとか言うつもりないから安心して」
絶対に本気にはならない自信と、自らの家庭も壊したくない願望の表れだろう。しかしマジメな奥さんだからといって、激しい要求が叶わぬわけではない。
「やったことあるのはアナルバイブと軽いSM・後は、誰もいないショールームでしゃぶらせたこともありますね。やっぱり僕のほうが若いし、こっちが遊んでやってるというスタンスだから、色々やりやすいです。関係をはっきりさせるために、セフレってことでいいんじゃね?って念押ししてますし」遊び慣れた印象を受けるかもしれないが、彼の過去にセフレは1人だけ。それも向こうから誘ってきた営業先の人妻である。自分から探すのではなく、機会が落ちていれば拾う。もっとも安全な遊び方だ。

出会い系ワリキリ娘にされた恐ろしい仕返し

0114_20180328230411fb4.jpg 0115_20180328230412deb.jpg
毎回1人のワリキリ娘に「ウン万で遊びたい」と交渉。たっぷり女体を堪能し尽くした後で、約束のウン万を韓国のウォン紙幣で手渡す(2万ウォンなら約2000円)。あとは「円で払うとは言ってないよね。ウソじゃないよね?」の一点ばりで逃げ切りを目指す。
「 あれ?  これって韓国のお金ですよ」
  「 そうそう、2万の約束だから2万ウォンね」
怒り出すかと思いきや、彼女は笑顔を崩さず尋ねてくる。
「じゃあ、2万円はもらえないんですか?」
「うん、そうなるね」
「ふうん」
まだニタニタ笑っている。なんだ? 逆に怖いんですけど
彼女がメールを打ち出した。気になったので尋ねてみる。
「 何のメール?」
「んーと、報告です。悪質なイタズラをされたので」
「え、報告? 誰に?」
そのままコートを羽織り、部屋を出て行こうとする彼女。
「 ちょっと。いま撮った画像どうすんの?」
「どうしよっかな~。これで仕返しするかも」
意地悪い笑顔を浮かべながら、彼女はドアの向こうに消えていった。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます