0054_20190321152923427_20191019122609e23.jpg0058_201712182241361f0_20191019122610163.jpg
4_20190805165244a31.jpg1、ワクワクメールやハッピーメールなどの有名どころよりも『イクヨクルヨ』をメインに使っている。以前に都内に住んでいたときはあまり使えなかったけど、群馬に越してからはやけにヒット率が高い。個人的な印象では、地方のイクヨクルヨは女が多いと思う。だがしかし、それゆえの問題もある。女性の募集書き込みを見ていると、
『制服系です。これからすぐ会える人いる?』
『ヤバ若いけど会えますか』
このような書き込みがけっこうあるのだ。興味を持って何回かアポってみたが、どう見ても我々オッサンが相対してはいけない、年端もいかない女の子だったので、逃げ帰ってきた。中にはあっけらかんと「16だけど」と開き直る子もいたし、高校の制服を着て待ち合わせ場所にやってきた女も。いやいや、ダメだから…。とにかくイクヨクルヨには、やけに未成年の女が多いのだ。もしかしたら、未成年専門の援デリ業者がここを重宝しているのかもしれない。この手の女の子のサイト上の年齢を見れば、揃って18才だ。間違いを起こさないために、ひとまず18才表記は避けるべきっす。
2、出会い系サイトの中ではイクヨクルヨが一番アポ率が高い。どういうわけか、有名なワクワクメールなんかよりも人が多いというか、即会える子が多いというか。地方ならではなのかもしれないが。なんといっても使えるのが「ピュア掲示板」の「今から遊ぼう」と書き込んでる場所だ。ここには割り切りなどの子はおらず、『これから飲みに行ける人』とか『ヒマなんで近場の人カラオケ行こうよ』みたいな募集がなされている。
特に深夜はこういうのが多いんだけど、当然彼女たちを狙うオトコも多いわけで、オレは差別化を図るためにイケメン写メでアプローチしている。とはいっても、スマホの画像加工アプリでちょちょっと肌をキレイにしたり、セピア色でオシャレっぽい雰囲気にしたり、目から下のみを写したモノを送るくらいのもんだ。ちなみに使ってる画像加工アプリは『Instagram(無料)』と『PowerCam(¥300)』である。たとえば、これから飲みに連れてってほしいというカキコミには写メとあわせてこんなメールを送る。〝すぐ行けるよ~。マジですぐ動けるし、そこらへんだったら10分で到着しやす☆写真見て不快じゃなかったらぜひオレと飲みましょ!!〟まあなんてことのない一文だが、とにかくすぐ会えることを強調する。女の気は変わりやすいので、「やっぱメンドクサイなぁ」となる前にさっさとアポに向かわせるのだ。
この手法で月に2、3人は会えてる。一度なんてメールしはじめてから20分後にカラオケに入り、そこからさらに15分で挿入までいったこともある。
3、田舎はイククルが強いように思う。出張先の地方でもイククルはよく会える。田舎にだけ特別な宣伝をしているのだろうか。あるいは他サイトの宣伝が弱いのか?それはともかく、イククルにおける自分の攻略法は極めてシンプルだ。まずは、『ピュア』掲示板に書き込みをする。『36才の既婚者です。お互いの関係をきちんと理解しあって不倫を楽しめればと思います。せっかく火遊びをするわけですから、普段味わえないような快感を求め合えればと。それなりのエスコートテクニックは持ち合わせています』紳士的なノリは意識しつつ、セックス相手を求めていることをハッキリ打ち出しておく。写真は不要だ。