体験談のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:体験談

  • 2019/10/23出会い攻略

    1、PCMAXにはどこか頭のユルイ女が多いように思う。いわゆる下流系とでも言うか。だからなのか、この作戦が使える。まずはピュア・アダルト両掲示板の「スグ会いたい」「今ヒマ」コーナーに以下の書きこみを載せる。〈ヒマだから誰かパチンコ付き合って~。もちろんオゴるし。でも、勝ったらメシ行こうね(笑)〉言うまでもなくポイントはパチンコをエサにするところだ。この書きこみに対して反応してくる女は、一見容姿は普...

    記事を読む

  • 2019/09/08素人の本物ヌード

    こんにちわ。買い物中ですか?2年とか付愛は長続きしないタイプ?うん。「あんまり相性がよくないみたいだね」みたいな。そしたら、なんか黙っちゃってた。心中お察しします。歩いて歌舞伎町のホテルへ移動ミキちゃんは何している人?服飾系の専門学校に行ってる。じゃあ、お酒落なイケメン男子たちに囲まれてるんだ。う〜ん、ジャニーズ系とかジュノン系は多いんだけど、タイプじゃないんだよね。芸能人で言うと?向井理とか市原...

    記事を読む

  • 2019/08/18援助交際・パパ活

    このままマヒが進行してペニスにまで及べば、俺のエロライタ—としての人生は終わりである。そうはさせるか。きっと復活してテレクラ女をハメ倒してやる。さて、とりあえず退院後の初エッチをどうするかが問題だ。内科医からは「セックスは禁止です」と言われてるがオナニーしてもなんともないことから、「きつとコイツはレビトラを飲むに違いない」と勘繰って「禁止」と言ったのだ。テレクラに行って新規女を捕まえてヤルか、それ...

    記事を読む

  • 2019/08/17出会い攻略

    1、Facebook連動の出会い系アプリは数あれど、手軽さと実用度の高さでいえばコレしかない(完全無料)。使い方は以前、裏モノで紹介されたアプリ「タップル誕生」とほぼ同じ。画面に次々と表示される登録女性の写真をLIKE(アリ)かNOPE(ナシ)で分類していき、こちらと相手が互いにLIKEだった場合、チャットでのやり取りが可能になる。実に展開がスピーディなのだ。が、このアプリの真の凄さは、女ユーザーの質にある。 全員が...

    記事を読む

  • 2019/08/17裏風俗・風俗体験談

    いつもの高田馬場のルノアールではなく、某イタリアン系のオシャレな立食ビュッフェのお店でございます。「毎年のことやけど、町田は原稿、遅すぎるで、ホンマに!」「すいません……今年こそは早くしようと思ってます!」「ホンマたのむで! で、どんなテーマにしよっかなぁ〜」ワイワイと賑やかな会場で、しばし考えるボクと編集長。次の瞬間、持っていたビールをクイッと飲み干した編集長は口を開きました。「イラマチオ……イラマ...

    記事を読む

  • 2019/08/15裏風俗・風俗体験談

    ハプバーで働いてた若き女子大生が変態カップルの餌食にハプニングバーといえばSМ愛好家や乱交好きが集うマニアのための店というイメージがつきまとうが、渋谷にある日本最大のハプニングバー「N」には、ウブなカップルや女性客など初心者の姿が目立つそうだ。地下一階には15席ほどのバーカウンターと、20人は座れそうなボックス席。その奥にはDJブースとポールダンス用のステージまである。20代から40代の男女10名ほどが暗が...

    記事を読む

  • 2019/08/14素人の本物ヌード

    いや、ちょっとお話をしたいなーと。…はぁ。このへんって、オタク向けの本屋がいっぱいありますよね。オネーさんもオタ?あ、はい。なるほど。オタクの世界にもこんなカワイコちゃんがいるんですね。今日は何か買い物とか?うーん。デアゴスティーニの自衛隊シリーズとかですけど。いいねー。知ってるんですか?いや、ぜんぜん知りませんけど、オタク美少女って何だか魅惑的じゃないですか。はい?実はぼく、雑誌のカメラマンなん...

    記事を読む

  • 2019/08/14突撃リポート

         昔はトイレの落書きだったのだが、今ではすっかりネットにお株を奪われたのが、ヤリマン情報だ。〝○○ってケーキ屋の店員ミチコは簡単にヤラせるよ〞というアレだ。たんなる嫌がらせやネットユーザーへのイタズラも多々あるとは思うのだが、すべてがデタラメと断ずるわけにいかないのは、書き込んだ人間に対して時々、別のユーザーが感謝している様子も見られるからだ。〝情報ありがとうございます。...

    記事を読む

  • 2019/08/13出会い攻略

    1、婚活をウリにしたサイトは数あれど、女の数、出会いの渇望感、そして即セックス&フェードアウトのやりやすさにおいてヤフーパートナーが抜きん出ている。どういう手順でセックスまで到達するのか、オレなりの(といってもごく一般的な人と大差ないとは思うけど)流れを紹介しよう。①プロフィール作成自分の写真を載せるほうが断然返信率があがる。あとは会社員だとか、どこ住みなどを書いておき、趣味に『カフェめぐり』『映...

    記事を読む

  • 2019/08/13出会い攻略

    1、『ぎゃるる』はヘン顔を使って平日昼間の繁華街で起動GPSを使って自分の近くにいる他のユーザーとチャットできるというスマホアプリはいろいろあるが、オレが使っているのは「ぎゃるる」だ。このアプリ、名前が「ぎゃるる」だけあり、派手な感じの女の子が多い。人によっては、女性ユーザーのプロフ写真を見てチョット怯むかもしれない。しかしビビる必要はない。コツさえ掴めば、彼女らは普通の女の子たちよりも会えやすい...

    記事を読む

PCMAXの評判・攻略法・体験談|出会い系アプリ攻略

2_201908051652407bf.jpg0030_20180818100451f05.jpg
1、PCMAXにはどこか頭のユルイ女が多いように思う。いわゆる下流系とでも言うか。だからなのか、この作戦が使える。まずはピュア・アダルト両掲示板の「スグ会いたい」「今ヒマ」コーナーに以下の書きこみを載せる。〈ヒマだから誰かパチンコ付き合って~。もちろんオゴるし。でも、勝ったらメシ行こうね(笑)〉言うまでもなくポイントはパチンコをエサにするところだ。この書きこみに対して反応してくる女は、一見容姿は普通でも、どこかマトモじゃないヤツが多い。パチンコ狂いでタネ銭稼ぎにエンコーをしてる女だったり、ヒマになるたび出会い系で男と会いまくっていたり。そもそもパチンコのために見ず知らずの男とアポっちゃう時点でその人間性は推して知るべしだ。アポってからは適当にパチンコをきりあげて(3千円ほどは打たせてやる)、勝っても負けても居酒屋へ行く。とにかくそういう女なので、酒が入ってからセックスにいたることにさして抵抗がないというか、なんだかすんなりベッドインできてしまうことが多い。以降、またヤリたくなったときも、メールで同じように誘えばホイホイやってくる。セフレというより、安上がりのエンコーの範疇に入るか? でもまぐれで勝てば当日渡した金は返してもらうので、悪くない遊びだろう。
2、『PCMAX』をやることにしたのは、ネットでバナー広告をよく見るからだ。するとサイト内の『ピュア』コーナーに、こんな場所が。〈今からあそぼ〉これからスグに会いたい人間が
書き込みをしている。そこで見つけたのが、平日の夜11時に書き込んでいたこの熟女である。
〈ヨウコ/41才/既婚/今から新宿で飲みませんか〜〉
プロフ写メは椿鬼奴似だが、新宿なら近いし行ってみるか。指定された合流場所の飲み屋前には、写メの女が立っていた。そしてその横にはぽっちゃり熟女と、背広のオッサンが。
「どうも、ヨウコです。で、こっちがサキさん。この男の人は、今、会ったばかりの、名前なんだったっけ?」
「あ、ハシモトです」何だこの展開…?困惑していると、ハシモトとかいう背広がひそひそ声でしゃべりかけてきた。
「ぼくもさっき聞いたんですけど、なんかこの2人は人妻で、それぞれがサイトで男を探したみたいで」
「で、4人で飲もうと?」
「そうそう。ぼくらを財布にしようと企んでるっぽくて。だから自分、何とか口説いてやろうと思ってるんで」
状況はわかった。即席合コンってわけですか。居酒屋に入ると、背広は宣言通り、最初からかっ飛ばした。ぽっちゃりさんの隣に座り、肘でおっぱいをつついたりして。ならばとこちらもアクセル全開
だ。テーブルの下でヨウコの手を握っときましょう。先に動いたのは、オレのほうだった。
「じゃあ自分、ヨウコちゃんをゲイバーへ連れてくことにしたんで。ここまでの飲み代、半分置いて先に出ますわ」
ヨウコの腕を取って居酒屋を出て、そのままラブホ街へ向かう。彼女は「本当にこっちなの〜」な
んて言いながら大はぎゃぎでついてきた。最初からこうなることを期待していたかのようなテンションで。いざセックスではデカイ喘ぎ声を出しっぱなしで、豪快に潮も吹いてくれた。

前戯なんか要らないと言う女子大生のエッチ体験談|エロ画像

0003_2018092214001139f_201909081929235e5.jpg0004_20180922140012604_20190908192924ac8.jpg0005_20180922140013123_201909081929256b7.jpga001.jpga002.jpga003_201909081929293db.jpgこんにちわ。買い物中ですか?2年とか付
愛は長続きしないタイプ?
うん。「あんまり相性がよくないみたいだね」みたいな。そしたら、なんか黙っちゃってた。
心中お察しします。
歩いて歌舞伎町のホテルへ移動
ミキちゃんは何している人?
服飾系の専門学校に行ってる。
じゃあ、お酒落なイケメン男子たちに囲まれてるんだ。
う〜ん、ジャニーズ系とかジュノン系は多いんだけど、タイプじゃないんだよね。
芸能人で言うと?
向井理とか市原隼人とか薄めの顔立ちしてて、筋肉質なタイプとか好きかも。
童顔マッチョ系が好きなんだ。
あ〜そうそう、そうだね。亀田興毅とかも好きだよ。こう抱きしめられたときにガッチリしてるのとかトキメク。
じゃあ、今までそういう人とエッチしてるんだ。初体験とかもそういう人?
よくわかったねえ。高1のときに付き合ったダメの柔道部だったんだけど抱かれ心地がヤバかった。
その人とは付き合ったの?
初めて付き合った人ではなかったけどね。でも、顔はそんなにカッコよくないのにモテまくってて5股かけてたの。
寝技も得意だったんだね。その人とはエッチしたの?
キスだけで、エッチはしてない。
そうなんだ。経験人数はどれくらいなの?
わかんない、それって数えるものなの?知人はいってると思うけど。
じゃあ、その日限りだったりする人もいたり?
高2のときに、私は知らなかったんだけど、好きになった人が親友と付き合ってたらしくて
「もうメールとか辞めよう」って連絡したの。そしたら彼が翌日、その親友と別れたとか言い出して奪う形で付き合うことになったかな。
もう一人
もしかして、ちょっど時間ある感じですか?
いゃ別に・・
警戒しないでしないで。ナンパどかそういうのではないんで。
じゃあ何ですか?まあアンケートというか、ゴールデンウイークの過ごし方を伺ってまして。予定はありますか?
特には。
ないの?
僕はさっき成田から来たましたよ。
まあ旅行はイイですね。
行くならどこ行きたいですか?
韓国。ほほー。買い物したい。なるほビ。でも旅行。てのはやっぱけつこうお金かかるじゃないですか。そうですね。そこでどいうか、実はぼく、いいお小遣いになるバイトを紹介してるんですけど。
…はあ。そのへんでご飯でも食べながらお話聞いてもらえませんか?ま、ちょっどなら。
というわけてまずは居湖星でビールを2杯飲ませてそこで商議成立。ホテルへ
ひとみちゃんは力レシいるの?カレシがいたら脱がないですよ。
他の女のコはそうじゃないんですか?いても脱いじゃうコはけっこういるよ。

あどけない女子大生の手コキオナニーでたまらず発射|パパ活体験談

0124_201908181506437ec.jpg0125_201908181506444f7.jpg0126_20190818150646961.jpg0127_2019081815064712f.jpg0128_20190818150649702.jpg0129_2019081815065017f.jpg0064_20190610075551eeb_20190818150634976.jpg0065_20190610075554432_201908181506352b9.jpg0066_20190610075558414_20190818150637bd8.jpg0067_20190610075601750_20190818150638116.jpg0068_201906100756053da_20190818150640f0d.jpg0069_201906100756047e1_20190818150641b14.jpg
このままマヒが進行してペニスにまで及べば、俺のエロライタ—としての人生は終わりである。そうはさせるか。きっと復活してテレクラ女をハメ倒してやる。
さて、とりあえず退院後の初エッチをどうするかが問題だ。内科医からは「セックスは禁止です」と言われてるがオナニーしてもなんともないことから、「きつとコイツはレビトラを飲むに違いない」
と勘繰って「禁止」と言ったのだ。テレクラに行って新規女を捕まえてヤルか、それとも今まで遊んだ女からヤりやすい女を選ぶか。
新規の女の場合、全く女の体もセックスパタ—ンも知らないから、やりにくい。
やはり、まずは前に遊んだ女にしておくか。心優しくて、適度にユルめの穴の持ち主で、安く済む女。デジカメのハメ撮りインデックスを見ながら女を探す。
5人が浮上した。うち3 人は携帯番号が変わり、1 人とは連絡がつかず、最後の1人は「もうしてない」とのこと。しからばテレクラへ行くよりない。
退院してからちょうど2力月目の発作を起こすキッカケになった前回のセックスから2力月半たったその日の朝10時。新装開店となった池袋のテレクラに入場する。
個室は格段にキレイになり、俺が最も嫌っていた冷房のコントロ—ルも可能になった。ピカピカのハソコンも気分を新たにしてくれる。タバコをヤメたのでガムをかんで電話を待った。
最初のコ—ルは5分後だ。
「今どこ?」
「どこだっていいじゃない」
ガチャ。続いて鳴る。
「こんにちは。おいくつ?」
「いきなり、それってあり?」
ガチャ。ふ—、2 力月半の空白は大きい。
時計をみるとテレクラ時間はなくなっている。気分を変えて出会いの部屋「し」にでも行ってみようか。
電話すると東急ハンズの手前に引っ越していた。1 時間分の部屋代4千円を払って部屋に入る。
すぐに若い女がドアをノックして入ってきた。化粧は薄く、ヤヤミニスカとハー卜模様のシャツで丸顔女子高の夏休みといった感じで好感がもてる。さわやかな太股だ。
「どうも、よろしく。ケンちゃんです」
「はい、さっき力—ド見ました。チカです。あっ、19才で学生ですけどだいじょぶですか?」
「えっ…?」
「慣れてないので、で…」
「いいよ、フ—ゾクじゃないんだから」
俺のかかった病気のことと、さきほどのテレクラ女のことを正直に話すと、女が言う。
「チカのパパってクモ膜下出血で亡くなったの、似てるね」
何でも、女が小5の時に出勤途中で発作を起こしてそのまま病院で亡くなったらしい。
「見ててくれる? 自分でするとこ。それと可愛いから写真撮らせて」
2千円で女はOKした。
写真を2 枚撮って隣に座って抱き寄せると「軽くね」とロを差し出した。
「タバコ吸わない人?」
「病気が怖いからやめたんだ」
「じゃあもつとしていい」
女が目をつむる。健康そうな白い歯を割って舌をからませた。むくむく勃起してきた。ジッパ—を下げてペニスを出しウェットティッシュで拭く。
「出るとこ見せて」
女がペニスに目をやる。腰をかがめた女の乳房が左の股に当たり、興奮が高まる。右手が震えるが、快感には勝てない。
「イクよ」
女がペニスに当てる。その横顔を見ながら射精した。
「出た出た。たくさん」
俺の春の恒例行事〈尻触り千人斬り〉。
コートで尻の感触も柔らかめ、ナマ尻感覚を十分堪能させてもらった。比べて池袋東武は、北風吹きすさぶ埼玉風土のゆえか、客の女の大半が安物のゴワゴワしているコートを着込み、尻はスイ力といえようか。丸井のセールでは、まずLサイズ&デブ専のコーナーで東京中から集まったデ力尻デ力胸女を思い切り触り、その後Dcブランド売場へ足を向けフレッシュな尻をなで回した。
都合のいいことに初日は平日のせいか男は少なく、さらにメンズもレディスもごちゃ混ぜで、通勤時の女性専用電車状態。香水と混ざった若い女の息の匂いに腰はフラフラで、思わず五反田のピンサ口に一番乗りして2回果てた。ともかく、今回わかったのは地域によって女の尻の素材ばかりか、その位置にも格差があることだ。俺の股下は69センチなので伊勢丹女の尻を触るには手をチョイ上げないと肛門あたりに届かない。
ところが池袋女だとそのままでもピタリとあたる。厚底でさえそうなのだから、いかに池袋女の脚が日本的かは明白だ。丸井はその中間ってところか。顔もそうだ。新宿から池袋に戻ると女の顔がデ力く見える。尻、胸、腰も大きい。むろん俺の好みは池袋系の女だ。そういえばデ力胸タレント、優香は池袋でスカウトされたという。
今年は地域別「女の尻調査で」もやってみるか。
処女と言わんばかりのドテっとした体型
小江戸と呼ばれる埼玉県K市のテレクラで繋がったマリコは、典型的ともいえる池袋系の女だ。最初は地元の女かと思い「おいしいモノでも紹介してよ」と誘ってみた。「でも私、ひさしぶりに来たのでよくわからない。お腹がすいているから、何でもいいんでごちそうしてよ」元気のない声だ。
「小江戸見物なの」「ちょっと事情があって」「じゃあ駅前でいいかな」「うん」
ダッフルコートに深めの毛糸のキャップでたたずんでいたマリコは〈彼氏のいない田舎の女子〉といったさえない感じの女だ。
いかにも処女ですといわんばかりのドテッとした体型。教え子にみだらな行為をする教師を想像して俺は燃えた。なんの変哲もないラーメン屋に入り、チャーハンを食べさせた。いかにも美味しげに口へ運ぶ女。相当、腹が減っていたようだ。
「私、家出してきたの」食べ終わったところで女が唐突に言った。未成年の家出女か。埼玉は淫行にはとりわけ厳しい。このまま別れた方が賢明か。
「おじさん、平気だよ。19才だし援助じゃないから」俺の心を察したように、マリコが目を細めて笑う。
「ここは生まれ故郷なの。たまあに来て、一泊して帰るとせいせいする」「なにかワケでもあるの」「なんにもないよ。ただ頭が悪いから学校に行かないだけ」
「親は心配しないの」「喧嘩ばっかしてじゃない」
「だから眠くて」
2人して電車に乗ると、マリコはすぐに俺の肩に頭を寄せ眠り始めた。前に座っていた男が怪詩な目つきで俺たちを見ている。やはりカップルとしては違和感ありすぎか。いや、その観察するような目つきは他にも理由がありそうだ。居心地の悪さを感じなから、終点の池袋に到着。駅近くの喫茶店に入り、マリコがコートを脱いだとき、はっと気づいた。バンツが見えるかと思うほど短いタータンチェックのスカート。これだ。
「さっき電車で前の男がずっと見てたよ」「あ一おじさんも見たいんじゃない」「……」大根足にミニスカートのデカ尻女。さらに頭は悪そうでアレだけは好きでっだ。こんな、年端もいかないアンバランス女は犬いに俺の好み。だ。むくむく発情してきた。
「とりあえず、出ようよ」「どこ」「ゆっくり休めると一」「おじさんて若いコ好きなの?」
「そう、元気でるじゃない」「私はクスリなの?一じゃあお薬代もいい?」
答える代わりに、マリコの尻に軽くタッチしてキス。と、若い女特有のナマ臭い舌の匂いにたちまちペニスが勃っできた。パンツに入れると、
「だめえ、汚れているかもしれない」と言いながらも本気じゃなさそう
これは、素人投稿写真誌にあるような「写真」が撮れる願ってもないチャンスだ。
「軽く撮ってみよっか」「それ、ちょっとヤバくない。あとで撮らしてあげるから、ダメ」
今度は本気っぽい。仕方ない。後のお楽しみにとっておこう。
風呂を出ると、体が温まったせいだろう、女がベッドでいびきをかき始めた。尻をつついても起きる気配がない。
「いいよ、もっとしてあげる」マリコは俺の腰を抱きながら器用に吸った。まったく何でもアリのかわいお返しに舌でウリトリスをつつけばてて性交の催促だ。2回目はいつもので後背位で挿入した。「カップル喫茶って知ってる?」放出した後のベッドで、女が唐突に
「カップル喫茶なら、すぐ近くにある」「なんだ、行ってみたかった」
「だったら、最初に言ってくれればよに」
「言えないじゃん。ヘンに思われるがらあ」
俺のような風采の上がらない男にホイホイついて来ることこそヘンじゃないのか。
「どんなの、そこって?」「作りは喫茶店風なんだけど、かなり暗い照明で・・」
俺が丁寧に説明すると「一緒に行きたい」と女。しかし、もう俺にはその気もなければ金もない。「じゃあ、テレクラに電話して連れてってくれる人探そうかな」
マリコ、本気らしい。「電話するんだったら、身分証明のいらない"R“より、まともな男がいる店のほうがいいよ」そう言って東口にある「P」のフリーダイヤルを教えてやると、
「人に見られながらエッチ」とメモしている「若くてカッコいい人がいいな」、勝手にしやがれ。

tinderの評判・攻略法・体験談|出会い系アプリ攻略

0073_20180118121212724.jpg0103_20180126215938354.jpg1、Facebook連動の出会い系アプリは数あれど、手軽さと実用度の高さでいえばコレしかない(完全無料)。使い方は以前、裏モノで紹介されたアプリ「タップル誕生」とほぼ同じ。画面に次々と表示される登録女性の写真をLIKE(アリ)かNOPE(ナシ)で分類していき、こちらと相手が互いにLIKEだった場合、チャットでのやり取りが可能になる。実に展開がスピーディなのだ。が、このアプリの真の凄さは、女ユーザーの質にある。
 全員がFacebookユーザー、つまり従来の出会い系とは縁もゆかりもなかった女がわんさかいるため、これまたスピーディにアポ取りにこぎ着ける場合が結構あるのだ。出会いツールに耐性がないというのは、さほどにオイシイ状況なのだ。
2、最近、都市部の若者を中心に話題になっている出会い系アプリだ。男子大学生なんかが登録すると、なぜか美女からのアプローチが頻繁に来て、「会いませんか」と誘ってくる。で、喫茶店に出かけていくと、そこには彼女と彼女のセンパイを名乗るニーチャンがいる。
「キミの夢もあるでしょ? その夢を適えるためのお金を稼ぐ方法があるんだけど?」
 現在、このアプリはマルチビジネスの勧誘によく使われているのだ。そこでオレ、あえてTinderのプロフィールに夢や金儲け系の自己紹介を書き込み、勧誘員を待つ。そして接触してきたら、こうメールを。
〈もしかしてキミ、ルビー? サファイヤ?エメラルド?〉
 これ、マルチの階級を尋ねる質問だ。Tinderで勧誘しているような会員は下っ端が大半なので、だいたいあたふたして素性を白状するものだ。
〈あ、私はまだSPです〉
〈ふーん。オレ、エグゼクティブ・ダイヤモンドなんだけど〉
 階級の高い人間になりすまして逆に誘ってやる。
〈せっかくなんだし、会っていろいろ喋らない?〉
 相手は下っ端、目を輝かせてやってくる。会ってボロが出ないかと思われるかもしれないが、意外と大丈夫である。あとはフツーに酒を飲ませて口説くだけだ。

イラマチオでSMプレイ・喉奥までつっこんで喋らせる|風俗体験談

bdb8f24b.png
いつもの高田馬場のルノアールではなく、某イタリアン系のオシャレな立食ビュッフェのお店でございます。「毎年のことやけど、町田は原稿、遅すぎるで、ホンマに!」
「すいません……今年こそは早くしようと思ってます!」
「ホンマたのむで! で、どんなテーマにしよっかなぁ〜」
ワイワイと賑やかな会場で、しばし考えるボクと編集長。次の瞬間、持っていたビールをクイッと飲み干した編集長は口を開きました。
「イラマチオ……イラマはどうや!」
「イラマ……ですか?」
「そうや、町田のデカチンで思いっきりイラマしながら、女のコに質問をすんねや。で、『んーヴーーー』って、言ってる言葉を町田が当てるっていうゲームはどうや?」
 …………え?? なんですかそれ? なに? ゲームって言った???
「題して『イラマチオ、何言ってるか当てましょうゲーム』やで!」……あのー、編集長、もしかして酔ってます? なんですか? その童貞男子が考えそうなゲームは??
「新春と言えば、福笑いにスゴロク、羽根つきに、コ〜マを回して遊びましょ! やろ! ゲームは
つきものやないか! 日本の正月イコール、ゲームやで! アッハッハッハ〜」
ものすごくゴキゲンな編集長。あのー、本当にこのテーマでいくんでしょうか? 正気なの? この人????
………と、いうわけで、フーゾク噂の検証は、なんとイラマチオ伝言ゲームをやることになってしまいました。無理矢理テーマっぽくするのなら、「イラマチオ中、女のコの言いたいことは理解できるのか?」みたいな感じでしょうか? ネットを開き、とりあえず「イラマチオ・専門店」で検索してみます。すると、トップに「即尺&イラマ専門デリヘル」という文字が。見てみると、池袋にある専門店のようです。ほうほう、イラマチオに即尺専門とはなかなか良い店じゃないですか。サイトには、「玄関開けたら2秒でイラマ」の文字。「80分以上で即イラマOK」のようです。値段をチェックしてみると……80分、3万5千円。入会金や指名料、交通費だのなんだのを足していくと、4万円を超えます! ……それに、ボクの大好きな顔射オプションは、なんと5千円! うっひゃー、高すぎるでしょ、コレ!! やっぱり専門店ともなると、ある程度の値段はかかっちゃうみたいです。……しかし、まぁ、80分以上なら、コスプレも無料で付いちゃうみたいだし、時間無制限発射OKみたいだし、スペシャルだし、良いですよね?さっそく電話をしてみます。すいませ〜ん。イラマチオしたいんですけど〜。
「はい、それでしたら、すぐに行ける女のコがAちゃん、Bちゃん、Cちゃんとなっています」サイトの写真を見る。すると、みんな19歳から20歳。ビジュアルもなかなかのカワイさです。3人とも「顔射OK」の文字。いいじゃない!優秀だねぇ。
「じゃあこの、身長160センチ、B84のDカップっていう、スレンダー巨乳のAちゃんにしようかな。このコ、性格はどんな感じなの?」
「はい、性格は優しくて、素直なMですよ。充分に楽しめると思います!」なるほど! いいじゃないですか。顔を見てみると、若干ボカシは入ってるものの、かなりの可愛さです。ちょっとガッキーに似てるし。これはもうAちゃんに決定!「ホテルに入ってから、もう一度電話をしてください」とのことなので、さっそく移動します。
家を出て、近くの新大久保駅近くの激安ホテルに入り、再び電話です。
「先ほど予約した町田ですが、新大久保のSというホテルに入りました。で、コスプレなんですが、スクール水着(大好き)をお願いします」
「えーっと、すいません。スクール水着は、人気のコスプレでして、もしかしたらご用意できない場合がございます。今確実にあるのは、高校生の制服になりますね」
えーー、せっかく正月ってことで、大好きなものを揃えたかったのに!汚いティンコを即尺イラマ↓イラマゲーム↓顔射↓スク水に着替えさせての2回戦っていう流れを計画していたのに! しょうがない。もしスク水がなかったら制服でもいいんで、持って来てください。
「制服ですね。了解しました。それでは、20分ほどで女のコが到着いたします。先にドライバーが伺いますので、お値段4万5000円をお渡しください。その後で女のコにアイマスクをさせて部屋に向わせますので」
はいはい、お金を女のコに渡すと、そのぶん時間がロスになっちゃいますもんね。玄関開けたら2秒でイラマさせたいですもんね。「それと、女のコが到着する前に、おひとりでシャワーを浴びておいてください」
……え? シャワー浴びんの??? それじゃあ即尺じゃないじゃん!!
「いえ、シャワーは浴びていただかないと。それがうちの店の〝即尺〞です」出たよ!! そんなもんは即尺じゃありませんよ! こういうクソみたいな自分ルールを作って、ペレーっと言い放つ。本当にフーゾク業者は。まったく。部屋で待つこと20分。コンコンとノック音。扉を開けると、虎舞竜の高橋ジョージを太らせたようなオッサンが立っていました。
「お待たせしました、町田様。お値段総額で4万5千円になります」金を渡しながら「スクール水着は、どうなりました?」と聞いてみます。大事ですからね、そこんとこ。
「私は、ドライバーなのでわかりません。女のコかお店に聞いていただけますか?」
 そう言って、高橋ジョージは帰っていきました。よ〜し、スク水の件はとりあえず置いておいて、Aちゃんを待ちましょう。部屋に入って来たら、2秒どころか1秒以内にイラマってやるんだから!! 
コンコン、コンコン。ジョージが去ってから3分ほどして、再びノック音。来ました!! 来ましたよ! 扉を開けたら1秒でイラマってやるんだから! これぞ正月!ガチャ。ストレートの黒い長髪。ピンクのブラウスに黒のコート。アイマスクをしたスレンダーな女のコが立っていました。腕を引いて、部屋に入れます。わぁ、急いで座って! 1秒立っちゃうよ! 肩をぐいっと下に向けて押します。
「あ、待って待って。何? 何? 靴脱がさせてよ。あと、カバン置かせて〜」
靴なんて、どうでもいいんだよ! 早く座ってイラマチオさせんかい!とりあえずカバンを受け取り、ベッドの上に投げ捨てる。Aちゃんはもたもたと靴を脱いだかと思ったら、今度はコートを脱いでます。あーーー!!!もう、20秒は経っちゃってんじゃん! なんなのコイツ!?玄関開けたら2秒でイラマって書いてあったじゃん!JAROー!やっとのことで靴もコートも脱いだAちゃんが床にペタンと座る。もう玄関開けてから1分は経っちゃってますよ! こうなったら、しっかりとお仕置きしなくちゃいけません。光りの速さでズボンとパンツを脱ぎ捨てると、ディンディンに硬くなったティンコを口の中に突っ込みます! ずりゃああああ!Aちゃんの白い肌、薄紅色の口の中に、浅黒いティンコがどんどん入っていきます。おや、8分目あたりで、ティンコが止まりましたよ? これがAちゃんの限界でしょうか。……でも、そんなことは許されません。Aちゃんの頭を両手で掴むと力任せにグイっと喉奥まで突っ込みます。ティンコの先が、Aちゃんの喉奥のどこかの部分にグニュっと当たる!! ティンコの根元までズッポシと入りましたよ〜。ちょっと肩をすぼめて苦しそうなAちゃんの顔が良い気味です。はい。
 ̶さぁ、そんなわけでございまして、2014年も始まりました! お正月ということで、『イラマチオ、何言ってるか当てましょうゲーム』のはじまりはじまりで〜す!では、まずどんな風に聞こえるか試してみましょう。
「えーーっと、名前何て言うんだっけ?」
はい、ここで彼女は「Aです(源氏名)」って言うわけです。それがイラマチオをしてると、どんな風に聞こえるのか? さぁ、聞いてみましょう。ジュッポン。
「Aだよ」お、意外とすっごくクリアに聞こえます。……ってバカ! 口からティンコ抜いちゃダメでしょ! そりゃあクリアに聞こえるよ!イラマをしながら答えなきゃダメなの! 再び根元までティンコを突っ込みます。
「このお店、いつからやってるの?」
「………………」
 あれ、黙っちゃったよ。どしたの?ジュッポン。
「声が出せないから! 口の中に入れてるときはしゃべれないんで!」
 ………え? え??? ええええ????何言ってんの? そんなわけないじゃん! なんなのコイツ? 大丈夫だよ。声は別に出せるでしょ??
「だから! 声だせないって言ってんじゃん??」
「いや、『しっかりしゃべれない』っていうのならわかるけどさ、『んー』とか『ヴー』とかなら出せるでしょ? それでいいから答えてよ」
「無理! しゃべれないから! っていうかしゃべりたくない!」
待って待って!!! それじゃあこの企画が水の泡じゃんか! ホテル代合わせて5万円近く使ってるのに、何言ってんだよ! この自己中女のどこが「優しくて素直なM」なんだよ!マジでふざけんな!!!
怒りは完全に沸点を超えています。もうこうなったら、思いっきりイラマって、ガンガンに突きまくってやる! そして、顔にぶっかけて、服をビッチャビチャに汚してやるわーーー!!(般若の顔で)
「っていうか、服、汚れるから脱ぐね」
そう言ったかと思うと、いきなり立ち上がり、紺のカーディガンを脱ぎだしました。なにそれ! ボクの心の声、聞こえたの??「オイオイオイ!! ちょっと待って!!」「え? 無理」
「マジでいいかげんにしてよ! こっちの言うことひとつも聞かないの〜」
「イラマするとヨダレが出ちゃうから、服汚れるんで」
こっちが制しても、まったく服を脱ぐ手が止まりません! うわーーー、もうダメだこりゃ……。
 すっかり裸になり、アイマスクも外したAちゃん。たしかにスレンダーでまぁまぁオッパイも大きいけど……顔は全然ガッキーじゃありませんでした。完全に別人。もうこのパターン、飽き飽きですよ!!こうなったらしょうがありません。とりあえずコスプレをしてもらいましょう。もう、そのくらいしか価値ないですよ、コイツ。
「えーーっと、スクール水着は?」「え? 無いです」
はいはい。やっぱり無かったのね。しょうがない、じゃあ制服でいいや。「はい? 何も持って来てないですけど?」……ウソでしょ〜 だって店員は「スクール水着は用意できないかもしれないけど、制服なら確実です」って言ったじゃん!! それはおかしいよ! ちょっと店に電話して!
Aちゃんが店に電話します。「お客さんが、コスプレ頼んだって言ってるんですけど」と面倒くさそ
うに言うと、ケータイをボクに渡して来ました。
「あ、もしもし、町田ですが」
「すいません、コスプレのほうなんですが人気の商品でして」
「えっと、スクール水着は無いかもしれないけど、制服は確実にあるって言われたんですけど」
「すいません、人気の商品ですので」
「え? じゃあさっきの店員はウソをついたってことですか?」
「すいません、人気の商品ですので」
同じこと3回も言った! なに? こいつはドラクエの街の人?絶望を感じながら電話を切る。なんなんだ?今年40歳。前厄か……これは厄払いに行った方がいいかもしれません。はぁーーー! と、大きなため息をつく。もうこうなったら、このクソ女を痛い目に合わせなくては、気が収まりません。狂ったようにイラマって、首の後ろからティンコを貫通させるくらいにヤリまくってやる!! 
「じゃあ、仰向けになって、ベッドに寝て」
そういって、Aちゃんを寝かせ、逆シックスナインの体勢で、口の中にティンコを差し込みます。そして苦しさのあまり暴れないように、身体の上には丸めた掛け布団を乗せる。そこに思いっきり体重をかけて、セックスするように、思いっきり腰を振ってやる。ジュッパン! ジュッパン!口を使ってセックスをするように、思いっきり突きまくる。腰のあたりを顔に思いっきりブチ当てる。髪の毛をヒザでグっと固定したままガッツンガッツン激しくピストン!!
「ん……ぐ……」苦しそうなくぐもった声。今さらそんな声だしても許しはしません! 死ね!!ぢくぢくと、歯がティンコに当たりますが、そんなことはおかまいなし。喉奥に思いっきり入れまくる。食道方面だけじゃなく、ティンコの角度を鈍角にして、気道方面にも突っ込む! どうだ! 苦しいだろ! 布団の下で力いっぱいもぞもぞと動いてくる。しかし、それを両膝でギュッとホールド! そのまま、さらに腰で顔をぶっ叩くようにアタックアタック!あぁ、なんかイキそうになってきた!!最後の最後、ティンコを気道方面にガガガッと突っ込むと、同時に「ヴっヴ!」と低い声。さらに腰の全体重を顔にかける。あ、イク!!!ティンコを素早く抜き、真っ赤になった顔の真ん中、鼻に精液をズビョビョっとこそぎ出します。いつもとは顔が反対向きなので、なんか新鮮! 鼻の横と頬骨の凹みに、白い液体が湖のようにたまっています。いや〜〜、絶景かな!
「……ティッシュ…ください」
布団から精液だらけの顔だけを出したAちゃんが力なく言います。ダメ〜、精液たらしながら、お掃除フェラしなさい。「……はい」
そう言ったかと思うと、布団からでてきたAちゃん、ティンコをベロベロ舐め始めました。あれ? さっきまでナマイキだったのに、なんかしおらしくなってるじゃない。
「苦しかった?」
「……ちょっと。でも大丈夫です」「へーー。でもAちゃんって、思いっきりイラマしても、あんまりオエッて
なんないほうなんだね」
「いや……最初はなりましたよ。でも、集中すればなんないってわかって」
 そう言いながら顔からダラ〜っと精液がこぼれています。なんかその姿が可愛く見えて来ました。一発ヌイたから、ボクも賢者モードになって怒りが収まってきたのかもしれません。
「イマラって、オチンチンが喉の奥まで押されて入ったり、引いて抜かれてたりして、ピストン状態になるじゃないですか。で、集中して、口からオチンチンが引かれた瞬間に呼吸を吸うと、オエってならないことがわかったんですよ」
「えーーー?? そうなの??」
「だから、奥に入れられてるときに声を出したりすると、集中して呼吸できなくなっちゃってオエッてなっちゃうんですよ」
「そうなんだ。だからさっき、あんなに声を出すのをイヤがってたの?」
「そうなんですよ。なんかすいませんでした……」
ボクが今、賢者モードってこともあるけど、Aちゃんも素直になってきていて、ちょっと好感度が上がって来ました。ずっと、精液だらけでお掃除フェラしてくれてるのも高ポイントだし。
「でもさ、そうやって苦しそうにしてるのを見て興奮する人はいるんだから、ちゃんと声だしてって言われたら、声ださなきゃ」
「うーー、……はい。ごめんなさい」
なにこれ! 素直! じゃあ、とりあえず一発出しちゃったけど、もう一度あらためて『イラマチオ、何言ってるか当てましょうゲーム』やってみましょうか!
「じゃあ、さっきみたいに喉奥までチンコを入れて、俺の質問に答えてね」
ベッドに横になり、股を広げるボク。その足の間にちょこんと座るAちゃん。
「はい。じゃあ頭持って、喉の奥まで入れてもらっていいですか?」なにこれ? さっきと打って変わってイラマをお願いして来ました! お望み通り、後頭部を掴んでイラマります。若干柔らかくなってはいるものの、喉の奥の部分にティンコの先が当たりました。さぁ、やっと今回のテーマを実行することができます! 長かった! では第一問、いきますよー!
「じゃあ、好きな芸能人は?」
「……ヴィバァ」
「…………ん〜」
「……ヴィバイ」
「…………『いない』??」
首をコクコクと縦に振るAちゃん。当たった! 当たりましたよ!! じゃあ続いての質問!!「今、何歳だっけ?」
「ンーン」
 これは難しい! でも、「にじゅーいち」「にじゅーに」のような長さは感じられませんでした。「じゅーく」か「はたち」の可能性はありそうです。もう一度言ってみて〜
「ンーン」
「…………『19』??」
「ンー」
 首を横に振る。あー! 二十歳かー??
「ンー!」と、縦に振ります。チクショー!
 一勝一敗です。じゃあ、次はちょっと長めに答えられる質問を。
「将来の夢とかってある?」
「……フーフフ……」
 ちょっとAちゃんの顔がほころぶ。
「なんでもいいよ。こういう職業に就きたいっていうのでもいいし」
「ンーアンアエエアー」
「……『考えてない』って言った?」
「ンー」(コクコク)
「よし、当たった! じゃあ、結婚とかは考えてる?」
「ンーアアアイ。エオオオオイアアアイ」
「うわ、わかんない! もう一回!」
「ンーアアアイ」
「あまりしたくない?」
「ンー」
 首を横に振る。じゅっぽん、とティンコを口から出した。
「『いつかしたい。でも、子供はいらない』って言ったの!(笑)でも実際はわかんないですよね。誰かを好きになっちゃえばすぐ結婚するかもしれないし。子供できちゃえば産むかもしれないし。恋とか運命ってそういうものじゃない?」
イラマチオをガンガンやられる風俗嬢、Aちゃんはそう言って笑った。……声はクリアに聞こえたけど、何を言ってるのか、まったく意味がわかりませんでした(笑)。

初心者素人娘の集まる日本最大のハプニングバー体験談

0064_20180305195308c6b_2019081319321741f.jpg0065_20180305195309696_2019081319321988c.jpg0066_2018030519531029e_20190813193220108.jpg0067_201803051953122fa_201908131932218e2.jpg
ハプバーで働いてた若き女子大生が変態カップルの餌食に
0120_201907071325336e9_20190813193530926.jpg0121_20190707132534469_201908131935312a7.jpg
ハプニングバーといえばSМ愛好家や乱交好きが集うマニアのための店というイメージがつきまとうが、渋谷にある日本最大のハプニングバー「N」には、ウブなカップルや女性客など初心者の姿が目立つそうだ。地下一階には15席ほどのバーカウンターと、20人は座れそうなボックス席。その奥にはDJブースとポールダンス用のステージまである。20代から40代の男女10名ほどが暗がりの中で酒を飲みながら談笑している2階には、広さ10畳程度のカップル専用のプレイルームがあり、その横の薄暗い廊下にはプレイルームの中を覗くための小窓がいくつか開いていた。俺のような単独男性は覗き窓のある廊下までしか入れない決まりらしい。
「覗いてみます?」モヒカンお姉さんに促されて奥に進むと、真っ暗なノゾキ廊下にすでに数人の先客がいた。中ではすでに十数人の男女がヤリまくっている。あっちでは騎乗位、こっちではバック、フェラ、騎乗位、正常位…床には何本かの電マも転がっている。こりゃすごい。ひと通り説明が終わったところで、ロッカーに荷物を入れて地下のバーに繰り出した。ビールを注文し、周りの様子を眺めてみると、カウンターの隣ではいかにも常連客風の中年カップルが談笑中で、後ろのボックス席では5組のカップルたちが、静かな攻防戦を繰り広げていた。20代らしきカップルは、すでに女の服がはだけた状態だが、周りの目を気にしてか、男性の手を振り払おうとしている。おっ、まさに初心者っぽいアクションだ。
その隣でディープキスしていたこれまた20代のカップルはフェラに突入した。その様子をチラ見しながらクスクス笑っていたスーツ姿のカップルも、女が胸元を揉みしだかれていい感じに顔を上気させている。なるほど、ここは2階のプレイルームで激しく絡む勇気のない連中のための、ペッティングスペースのようなものだ。「こんばんはー」
「おー、いらっしゃい」
まわりを観察してるうちに、隣の空席にセーラー服のコスプレをした女子2人組がやってきた。まさか本当の高校生ではなかろうが、2人とも見た目がやけに若い。
「ここ、よく来るの?」
「私は今日で4回目。この子、今日が初めてなんですよ。この子に手出しちゃダメですからね!」
「この子」と呼ばれた、黒縁のメガネを掛けた地味な女の子がこちらを見てペコリと頭を下げた。メガネの隙間から上目遣いで微笑んでる。オタクっぽいけど、顔は結構カワイイ。2人は学校の友人同士で現在20才。常連がサキちゃんで、オタクっ子がナツミちゃんだ。しばらく2人と会話していると、20代後半と思しき単独女性が割り込んできた。
「2人ともかわいいねー。なんかすごいイジメたいんだけど」 どうやらSっ気が強いようで、2人が放つМっぽさに吸い寄せられたらしい。
「えー、いじめて欲しいな〜」
常連サキちゃんが反応すると、バーテンの男性が自然なタイミングでチェーン付きの首輪をカウンターの奥から取り出した。
「これ使っていいよ」ありがとう。じゃ、ちょっと行ってくるね〜」
一瞬のうちにサキちゃんが連れさられてしまった。取り残されたナツミちゃんがオドオドしている。こいつはチャンスだ。すかさず彼女の隣に移動して話を始める。
「オナニーはしたことある?」
「え〜しないですよ〜」
さすが初心者、ノリが悪い。困ったもんだ。と、そこでマッチョのバーテンがフォローしてくれた。
「オナニーもしたことないの?とっととした方がいいよ。電マぐらい知ってるでしょ?」
「電マ?」
バーテンの兄ちゃんが「これこれ」とカウンターからコンドーム付きの電マを取り出した。素晴らしい。武器を受け取り、コンセントに挿し込みスイッチオン。ブルブルと振動する電マをナツミちゃんの股間にあてがうと、最初はイヤイヤ恥ずかしいと嫌がっていたが、そのうち下を向いたまま動かなくなった。
「あれ、どうしたの?けっこう悪くないでしょ?」「…うん」
そのまま席を立たせて隣の真っ暗な小部屋に入る。中央には分娩台に似たSM用の椅子が。
「ここ座ってみて」
「イヤだ、恥ずかしい…」
立ったまま恥ずかしそうに下を向いてる彼女にキス。ため息混じりのエロ声が漏れた。目もトロんとしている。立たせたままの状態でパンツの中に手を入れると、すでに股間はヌルヌルだ。指の腹でクリをなぞるうち、身体をビクビクさせながら椅子の上に崩れ落ちた。素早くパンツを脱がせて、指と舌で股間を攻めつつ、再び電マ攻撃。彼女は「恥ずかしい恥ずかしい」と連呼しながら、ついに大量の潮を吹いた。
「おおっ、すげー!」
いつしか俺の背後でボックス席のカップルたちが見学していた。
「ナツミちゃん、みんなに見られてるよ」
「ヤダーヤダヤダ、恥ずかしいよ〜」
と言いながらも、股間からは大量の潮吹きが止まらない。素早くズボンを下ろし、ギンギンに勃起したペニスを彼女の口元に持って行くと、むしゃぶりつくように咥えだした。あーもう我慢できん。ゴムをはめて一気に挿入する。
「ああっ、すごい!」
さっきまで後ろで見ていた男の一人が、彼女の口に勃起したチンポを差し出してきた。ナツミちゃんが目をつぶってそいつをしゃぶりだす。さっきまでオドオドしてた子がさっそく3Pだなんて!
一発ぶっ放したところでナツミちゃんをリリースし、2階のプレイルームに移動した。20代後半と思しき育ちの良さそうなカップルが覗き窓にかぶりついて中の乱交を眺めている。話しかけてみよう。
「みんなすごいですね」
「ねー、頑張ってますね」
「ここ、よく来るんですか?」
「いえ、実は今日が初めてなんですよ」
おお、また初心者か。こんな美人な彼女を連れてくるとは、なかなかやるじゃないか。どうにか絡みたいもんだ。しかしまだ2人ともカッチリ服を着ているので、簡単にはハプニングが起こりそうにない。彼氏をけしかけてみるか。
「あの、よかったらお2人のプレイ見せてもらえないですか?あっちの部屋とかで」
「え?」
「僕、離れたところで見てますから」
「どうする?行ってみる?」
しばらく彼女と相談すると、2人は「じゃ」とこちらに目配せして奥のラウンジエリアに移動した。よっしゃ。ソファに座った2人から少し離れた位置に陣取り、酒を飲みながら2人の絡みを観察する。彼女は恥ずかしがってなかなか服を脱ごうとしないが、彼氏がシャツのボタンを外してブラをずり下げると、観念したのか、顔を真っ赤にしてうつむいてしまった。キレイな乳首をコリコリいじる彼氏、ひかえめに喘ぐ彼女。そのうちパンツも膝下までズリ下げられ、そのタイミングで彼氏がこっちを手招きする。待ってました!隣に座り、彼女の乳首をサワサワと触る。さすがに本番まではせてらず、半勃ち状態のままカップルと別れて、地下のバーに戻った。
隣の席には、下着姿の女の子(20代前半か?)を連れた中年オヤジが。くそっ、どこで知り合ったんだよ。オヤジが話しかけてくる。
「さっき楽しんでましたね」
「ええ、どうも。そちらはどうですか?」
「いやーまだこれからですよ。彼女が初めてなもんで」
また初心者かよ!しばらく会話するうちに、オヤジは俺のことを気に入ってくれたようだ。
「じゃちょっと上に行ってみる?」「はい!」
2階に上がるとオヤジは女の子を正座させ、赤いロープで彼女の両手を縛りだした。
「よし、これでいい。どうぞ自由に攻めてみてください」
「え?」
彼女はすがるような表情でオヤジの顔を見ている。いいのか、こんなキョドってる子を自由にしちゃってのか。ではお言葉に甘えて、まずはイラマチオから。のどの奥にチンコを押し込む。彼女は涙目になってオヤジのほうを見ている。うわ、なんだ、この興奮。よし、今度は後ろを向きな。そのケツにブチこんでやる!
ハプニングバー大好き現役大学生の話
今月のレディーは22才の現役の大学生、ミキさんです。
なぜ、うら若き女子大生が裏モノJAPANを読むことになったのでしょうか。
「わたし就活中なんですけど、出版社志望なんですよ」
なるほど、業界研究の途中で本屋で見かけたとか?
「いえ、そうではなくて、ティンダーで出会った編集者の方に勧められたんです」
 へ? ティンダーってマッチングアプリの?
「はい。あそこってマスコミ関係の人が結構いるんですよね。就活の参考にならないかと思っていろ
んな人と会ってるんです」
てことは、ギョーカイ人とエッチして採用にこぎつけようとしてるとか?
「いえいえ、エッチはないですよ。みなさん親切で普通に相談に乗ってくれるんです」
 ふーん。で、唐突ですが、いままでの彼氏遍歴はどんな感じですか?
「付き合ってきた男が変態ばっかりなんです。高校時代の彼氏はエッチの最中に鼻をずっと舐めてき
たりとか」
 高校生にして鼻舐めフェチとは、好事家の元カレさんですね。
「でも、ソイツは開業医の息子で医学部に行きましたよ。やっぱり、高学歴には変態が多いんですよね」
 ほかにも高学歴変態と経験があるような言い方ですな。
「ハプバーで働いていたときに実感しました。変態は高学歴がほとんどです」
 ちょっと! ハプバーで働いてたですって!? 
「はい。といってもアルバイトですけどね。カウンターでお酒を作ったりとか。実際のプレイに参加するってのは、あまりなかったですよ」
 あまり? てことは少しはあったんかい!
「一度だけですけどね。2年前に常連のカップルと…」
 ほうほう、詳しく教えてください。
「えーと、そのカップルの女性に彼氏とヤッてほしいからって誘われたんです」
 彼氏を寝取ってくれってわけですか。いいですね〜。
「でも、エッチ自体は普通でしたよ。私とその彼氏のエッチを見ながら、彼女がオナニーしてるだけ
でしたから」
 それ普通じゃないよ! むしろレアケースだよ!
「このくらいは普通ですよ! 他の人は複数プレイなんか当たり前でしたから」
そんなハプバー勤務経験のある彼女に就活のアドバイスをしたいって方はメールしてみてはいかがでしょうか?

素人歯科助手の再会セックス・ヤリマン童顔オタク美少女|エッチ体験談

5_2019081323152997d.jpg6_20190813231531af3.jpg7_20190813231532085.jpg8_2019081323153466e.jpg9_2019081323153520f.jpg10_20190813231537d2c.jpg11_20190813231538df2.jpg12_2019081323154029a.jpg13_201908132315413c6.jpg14_20190813231543f85.jpg15_20190813231544735.jpg
いや、ちょっとお話をしたいなーと。
…はぁ。
このへんって、オタク向けの本屋がいっぱいありますよね。オネーさんもオタ?
あ、はい。
なるほど。オタクの世界にもこんなカワイコちゃんがいるんですね。今日は何か買い物とか?
うーん。デアゴスティーニの自衛隊シリーズとかですけど。
いいねー。
知ってるんですか?
いや、ぜんぜん知りませんけど、オタク美少女って何だか魅惑的じゃないですか。
はい?
実はぼく、雑誌のカメラマンなんで、町の女のコのちょっとエッチな写真を撮ってまして。
……。
まあ聞いて。バイト代はごにょごにょごにょなんですけど?
……(そんなに! という表情)。じゃあやります。
というわけでホテルへ。
みんなに聞いてるんだけど、初体験はいつなの?
小6です。
早っ!
ですよね。ていうか、あんまりいい思い出じゃないですよね。
というと?
クラスの女の子の家に遊びに行ったときなんですけど、そのコがどこかに出かけちゃって、私は一人で部屋にいたんです。そしたら、その友達のお兄ちゃんがやってきて…。
ニーちゃんはいくつ?
中3だったかな。会ったことはあったから話してたら、いきなりキスされて。
わーお。
「あ、ファーストキスだ!」ってびっくりしているうちにパンツ脱がされて、入れられちゃいました。ヤラれてる最中は、アソコの痛みとかよりも、「私、被害者だわ〜」みたいな悲壮感のほうが凄かったです。
やっぱトラウマになった?
でも、エッチはもうヤダみたくはなかったですよ。中学では文芸部に入ったんですけど、そこでエロSF小説ばかり書いてましたし。
ほほー。ちなみに今までの体験人数は?
30人くらいです。
けっこう多っ!
そのうち
10人くらいはカレシですよ。
でも、
20人とはうっかりやったんでしょ?
うーん、私、お酒を飲むと、目の前の人とすごくセックスをしたくなっちゃうんですよ。
顔に似合わずスゴイこというね、キミは。
最低ですよね?
それはまあ…。よし、とりあえず飲みに行って語り合おう。
ダメです。飲んだらセックスしちゃうから行きません。
ってことは、やってもいい人とだけ飲みに行ってるわけでしょ。てことは、キミの経験人数はお酒のせいだけじゃなくない?
…あっ、そっか。
こんばんわ。
もしかして家出中?
……家出じゃないですよ。
すごく童顔だからそうかなと思ったんだけど。春休みシーズンだし。
……。
高校生?
じゃないですよ。普通に働いてます。
どんなお仕事?
営業です。
ちなみに何系?
投資用マンションの飛び込み営業。
もしかして、けっこう契約を取りまくってたりする?
そう見えます?
その童顔、いい武器になりそうだから。
でも、私まだ研修中なんですよ。
そうなの?
昨日も泊まり込みの研修があって。
ほー。
何かいろいろ難しくて、あーって感じだったんです。
つまり、この先やってけるか不安だし、まだガッツリ稼いでるわけでもないわけね。よしよし。
はい?
実はぼく、いいバイトを紹介できるのよ。
……。
おっぱいの写真を撮らせてくれたら、ごにょごにょなバイト代払うけど。
う〜んんん……。じゃあ、お願いします。
というわけでホテルへ。
初体験はいつなの?
18。
相手は?
一コ上のセンパイなんですけど…。
ん? もしかしてあんまいい思い出じゃなかった?
早くしなくちゃって焦ってたんですよね。
別にカレシとかではなかったし、私は彼のこと好きじゃなかったし。
でも、めっちゃ気持ちよかったみたいなオチは?
ありません!
やっぱないか…。
普通に痛かったし、エッチ終わったあと、相手に「ありがとう。自信がついた」とか言われたんですよ。
次への踏み台にされたわけね。
ヒドイでしょ? おでこにキスして「愛してるよ!」とか言ってもらいたかったのに。
かわいいらしいこと言うね。
初体験だったわけだし、そりゃあ期待してましたよ。
じゃあ、これまでに一番愛を感じたセックスは?
うーん。
出てこない?
というか、酔っ払ってヤっちゃった人を入れても経験人数は5人しかいないんですけど、誰が一番かって言われると…。
じゃあ、一番盛り上がったセックスは?
うーん、私、基本的にマグロなんで。
…キミ、そのマグロスタンスやめたほうがいいと思うよ。愛あるセックスに辿り着くためには。

ネットに落ちているヤリマン情報の真偽を確かめる

0233_20180405214915b3f.jpg 0234_201804052149167e1.jpg 0235_201804052149180cb.jpg 0236_20180405214919836.jpg 0237_201804052149219ac.jpg 0238_20180405214922e72.jpg
昔はトイレの落書きだったのだが、今ではすっかりネットにお株を奪われたのが、ヤリマン情報だ。
〝○○ってケーキ屋の店員ミチコは簡単にヤラせるよ〞というアレだ。たんなる嫌がらせやネットユーザーへのイタズラも多々あるとは思うのだが、すべてがデタラメと断ずるわけにいかないのは、書き込んだ人間に対して時々、別のユーザーが感謝している様子も見られるからだ。
〝情報ありがとうございます。ばっちりいただきました〞
〝ウソかと思ったらマジで簡単にヤレてビビったWW〞
単なるイタズラのためにここまで手の込んだ自作自演をするとは考えにくい。世の中にはヤリマンを教えてくれる親切な男もいるのだ。と思いたい。兄貴のおこぼれ、頂戴させてもらいます!
ドトールは駅の南口近くに1軒だけだった。さっそく中へ入る。いるわ、りょうに似たかわいらしい店員が。身長も年齢もカキコミとズレてない。はぁ、この子がヤリマンっすか。いったん店を出て待ち伏せた。情報どおり、帰りに声をかけるとしよう。待ちに待つこと2時間、ようやく彼女が店から出てきた。すかさずあとを追う。
「この辺に本屋ってない?」
道を尋ねるふりをして声をかけると、彼女は足を止めた。
「ちょっとわかりません」
「学生さん?」
「あ、はい」
「今から帰り?」
「はい」
スラスラと会話が進む。さすがヤリマンちゃん、ありがたいっす。だが、質問に答えてるだけとも言えるけど。改札を入ると面倒だ。もう誘っちゃえ。
「お茶でもどう?」
「ムリです」
「一杯だけでいいから」
「………」
彼女は無言のまま、逃げるように駅の構内に消えていった。
該当のパチンコ屋に着いてがく然とした。ひい、ふう、みい……4人もいるんですけど、女性スタッフが。ぱっと見ただけでは誰がヤリマンなんだかわかりゃしない。しゃーない。こうなったら1人ずつ声をかけまくるか。と思ったけど、やーめた。だって女性の数が合わない時点で、この情報、信憑性ゼロなんだもん。
●●道に頭文字Sの服屋は2つあった。ひとつは古びた紳士服店、もうひとつは若者に人気のセレクトショップだ。20才のYUKI似がいるとしたら後者だろう。店内を物色することしばし、発見した。野●と書かれた名札を。確かにYUKI似の美人だ。このコがドエロ? 信じられん。
「あの、夏物でなんかオススメとかないスかね?」
「あ、はい。ボーダーのタンクトップなどは…」
ヤリマンは職務中はその本性を隠すものである。彼女もまたアナル好きの「ア」の字も感じさせない。「ア」の字の感じ方もわからんが。店が終わるまでのんびりと待ってらんないので、メアドと電話番号を書いたメモを渡しておくとしよう。
「あの、良かったらここに連絡くれない?」
「え?」
「じゃ、待ってるよ」
手に半ば強引にメモ紙を押し込み、店を出た。さあ、どうだ。来るか来るか?
…来なかった。はあ。
勤務地ではなくアドレス付きのパターンだ。こりゃ無駄足を踏まずにすんで助かる。問題はファーストメールの内容だが…。
〝アケミちゃん、おひさです。メアドが変わったのでメールしました。今度飲みに行こうよ〞こんなもんだろう。酒が好きなら、誰だか覚えてなくても食いついてきそうなもんだ。返事はすぐだった。
〝誰ですか?〞〝この前一緒に飲んだマサトだよ文京区のアケミちゃんだよね?〞
ここで返信は途切れた。しつこく誘っても無反応のままだ。
このカキコミ主には、複数の人間から「ヤレました。ありがとう」的なレスがついている。これは期待していいのでは?ワンピースのキーホルダーを握りしめ、該当フロアをほっつき歩いていると、ナースセンターで忙しそうに動く西●さんを発見した。歳はおそらく30手前。メガネ姿がよく似合う、上品でかわいらしい女性だ。しばらく様子を伺い、彼女がひとりになったタイミングですっと近寄り、キーホルダーを差し出す。
「あの、すいません。コレ…」
「何なんですか?」
「はい?」
「何かのイタズラですか?」
意味がわからず聞いてみれば、この2週間で3人の男から、同じようなグッズを手渡されたのだという。先客がいたとは!思いっきり取り乱しながら退散した。くそ、あの「ありがとう」の連中、自分らがダマされたからってハメやがったな!
なんと自宅情報だ。アパート名のほとんどは伏せ字だが、区役所周辺に平仮名のアパートは1棟しかなく簡単に判明した。201号室のトビラをノックする。顔を覗かせたのは70才くらいのバーサンだ。ゲゲ、この人が男好きの超ヤリマン? てかセックスできるの?
「あ、あの〜、田村さんですか」
「ウチは石●ですけど」
ホッ。
ヤリマン情報にはミクシィやグリー、出会い系などのIDが晒されているパターンもある。左5名に〝メル友になりませんか〞とメールしたところ、1人だけ反応があった。④のみゆきだ。
〝いいですよ〞あらためてチェックした彼女のプロフィールには「H目的お断り」と書かれてある。ヤリマンのくせに、お澄まししちゃって。新宿にめっちゃ旨いカフェレストランがあるのですが一緒に行きませんか?もちろん僕のオゴリで〝土日休みなんですけど、それでもいいですか?〞わずか数通のやりとりでアポれたあたり、情報の信憑性は極めて高い。迎えた当日、待ち合わせ場所に繰り出すと、ロングの髪を後ろに束ねた女が見えた。周囲に妙な男がいないか入念にチェックしてから、のそのそと近づく。
「みゆきさんですか?」
「あ、はい。どうも」
振り向いたその顔は、どうせブサイクだろうとの予想に違わず、そこそこのブサイクだった。見事なまでの猪木アゴだ。約束のレストランへ行く道すがら、みゆきは怒濤のトークをぶちかましてきた。
「園長に勤務態度が悪いって文句言われてさ。アタシがちゃんとやってるの知らないくせにマジむかつくんだけど。そう思わない?」
同意を求められても、園長さんのこと知らないし。食事中も、みゆきの口撃は止まらない。料理がテーブルに並ぶたびに、大はしゃぎしてツバを飛ばすのだ。
「スペインオムレツってどこがスペインなの? あ、でもいい卵つかってる。そう思わない?」
コミュニケーション障害か? こんなオカしなのに保育士やらしてちゃ教育上まずいですよ。
「よくサイト使って男の人と会うの?」
「ヒマ〜なときはね」
ふーん、今回はたまたまヒマだったんね。ウソだと思うけど。1時間もかけずに店を出た。さて、H目的お断りと宣言していた彼女だけに、ホテルへ誘うのは厳しいか。でもこのコミュ障害ぶり、いかにもヤラセ体質が漂ってんだよな。
「ねえ、どっかホテル入ろうよ。汗かいちゃったからシャワーしたいし」
「うん、いいよ」
猪木アゴ、いただきます。
ヤリマン=淫乱とは限らず、ミユキのセックスは少しフェラが上手いだけのシンプルなものだった。カキコミ主さんもあっさりヤレたもんだからヤリマン認定しただけなのだろう。結論。ネット上のヤリマン情報は、ほとんどがガセ(特に2ちゃんねるは)で、数少ない真実もさほどオイシクはないようだ。

Yahooヤフーパートナーのヤリ捨て婚活サイトという評判・攻略法・体験談|出会い系アプリ攻略

0080_20181228133301d4f.jpg12_2019101915064752d.jpg13_20191019150648bb4.jpg0053_20180306171346860_20191019150651a77.jpg0020_201802010335129ed_2019081120500033d_20191019150649d9b.jpg1、婚活をウリにしたサイトは数あれど、女の数、出会いの渇望感、そして即セックス&フェードアウトのやりやすさにおいてヤフーパートナーが抜きん出ている。どういう手順でセックスまで到達するのか、オレなりの(といってもごく一般的な人と大差ないとは思うけど)流れを紹介しよう。
①プロフィール作成
自分の写真を載せるほうが断然返信率があがる。あとは会社員だとか、どこ住みなどを書いておき、趣味に『カフェめぐり』『映画鑑賞』と入れておく。どちらもヤフパ女に多い話題のものだ。
②写真を載せてない女に片っぱしからメール
経験上、自分の写真を載せていない女性のほうが返信率が高い。男性からのアプローチが少ないためだろう。さらにターゲットにする女を35才以上の結婚適齢期を逃した層にするほうがこれまた反応がいい。メール文面は簡単に、こんな感じだ。
〈歳が近くてなんとなく気になってメールいたしました。僕のプロフを見て嫌じゃなかったらぜひぜひお話ししましょう♪〉
③メールを1、2日続けてアポへ
適当にメールを続けて(早い段階でラインに移行しつつ)、堂々と正面から誘う。
〈行ってみたいカフェがあって、もし良かったらお時間合わせて一緒に行きませんか? 健全にお昼の時間で、顔合わせ、みたいな感じで(笑)今後のことを考えたら早々に対面したほうがいいと思うんですよね〉
 当然会えない女もいるが、それは切って次に移る。これでやってきた女とカフェ→酒→ラブホの黄金方程式だ。やってくるのは早々に結婚したがってる焦った女で、即座に恋人関係を望んでいる連中が多い。そこで好意を持ってることをストレートに伝えてラブホに入るのが王道だ。
2、ヤフーパートナーは、検索でヒットしたカワイイ子にメールを送っても、レスが来る確率は低い。
効率的なのは〝あしあと〟をチェックし、自分のページを見てくれた女たちのみにメールを出す手法だ。女からの訪問を増やすのはそう難しくない。というのもライバルとなる男連中のプロフが、勘違いしまくっているからだ。
『仕事柄、ほとんど女性と接点がなく…』
なんだろう、この暗さは。
『あまり積極的なタイプではありませんが…』
 なんだろう、この卑屈な姿勢は。
 みんな真面目になるばかりに、正直に自己紹介している男ばかりなのだ。とどのつまり、不幸な自分を幸せにしてください、と。誰がそんな男を好きになるのか。逆だ。プロフはアクティブで充実した生活ぶりをアピールすべし。たとえば顔写真は、仲間とのバーベキューやフットサルのときに撮影したものを使う。背景に白い壁でなく、焼きたてのとうもろこしなどが写っているだけで、楽しくやってる雰囲気は伝わるものだ。自己紹介欄の趣味も、単に「旅行」「温泉」「映画鑑賞」など単語だけ並べてもダメ。『先日、高尾山にはんごうを持って上り、頂上でおにぎりを握りました』など、きちんとシーンが思い描けるように書いておく。
 このサイトの女性は真面目なだけに、男の人となりを知ろうとする。人となりとは、無機質な単語ではなく、具体的な活動内容でようやくわかるものだ。仕事も楽しんでやっている。友達も多い。スポーツやコンサートなど活発に出歩く。そんな充実した日々だけど、将来を見据えた恋人だけはまだできていない。そういうキャラの男にこそ、マジメな女性は興味をもつものだ。メール開始後も、このキャラ設定を維持しておけば、向こうから会いたがってくるだろう。
3、ヤフーパートナー(以下ヤフパ)は、他の出会い系サイトとはひと味違った雰囲気を醸し出している。試しに自分の地域に絞って検索をかけてみて欲しい。いかがだろう、普段なかなかお目にかかれないレベルのブサイク女たちが、ゴロゴロ出てくるはずだ。普通、このレベルのブスたちはプロフ写真をアバターや動物の写真などにしてお茶を濁すものだが、どういうわけかヤフパのブスたちは、ありのままの自分の写真を載せている。天下のヤフーが運営してるなら、写真を出しても安心だと思い込んでるのかもしれない。いずれにしても、俺はその30点以下レベルのブスたちにターゲットを絞ることで、時間をかけず、面倒な駆け引きナシで喰いまくっている。
ただ、いくらブスが相手でも、こちらのプロフィールには最低限の手間が必要だ。顔写真はなるべく写りのいいものを選び、プロフィールも爽やかで無難な文面を心がける。俺がいつも使っているキャラは、音楽、映画、本などを好む文科系の穏やかでゆったりした性格の男だ。プロフィールが完成したら、メール攻撃だ。容姿に恵まれない彼女たちは、普段からプライベートはもちろん、ヤフパ上でも男に相手にされていないので、メールが届いただけで喜んでくれる。そこまで気の利いた文章をひねり出す必要はないが、相手の趣味などに触れてやれば、嬉々として返信をくれるはずだ。2、3回のメールのやり取りを挟めば驚くほど簡単にアポれるだろう。いざ初対しても、気を遣う必要はない。「ぜひ君と付き合いたい」とか「とりえず身体の相性を知りたい」などと適当な口実でホテルに誘ってしまう。まあ、とにかく簡単だ。
4、婚活バツイチ女はエンコーのサイトは主に結婚相手を探す男女が登録している。使ってみればわかるが、非常にリアルで切実な雰囲気の女性が並んでいる。
さらに自ら正直にバツイチと記載している女も多い。オレが狙うのは彼女たちだ。
手法は以下のメールをかたっぱしから送ることから始まる。
〈ホテル代別2万で遊びませんか?〉
なんだエンコーかよと思うだろう。たしかにエンコーはする。でもそれはセフレ化するための布石みたいなものだ。話を戻そう。意外かもしれないが、先のメールに対して返事がときどきやってくる。『お願いしてもいいですか?』『内密でよろしくお願いします』など。彼女らは結婚願望が強いのと同時に、経済的に貧窮しているものなのだ。そしてアポ。約束どおり2万円を渡してセックスする。そこからセフレ化するには、エンコー後に食事をするのがポイントだ。食事のあとにセックスではなく、ヤッたあとに食事。これによって、女の心情は「この人ってセックスしたいだけじゃないんだ」となる。ウソくさく思うかもしれないが、テレクラなどでも、エンコー女をセフレ化する男は、必ずこのステップを踏んでいる。ましてや普段はエンコーなどやってない女が相手ならば、食事することによるデート感は効果的だ。メシを食いながらお互いのしょうもない話をして、また後日、普通にデートの約束をかわせば、今度は金ナシでも簡単に股を開くだろう。

ぎゃるるの評判・攻略法・体験談|出会い系アプリ攻略

0057_20181212145721f46_20191015193702904.jpg
0084_201803121012441d9_20191018205920a0e.jpg
0102_201805181841407f1_201910182104161ce.jpg0062_201806271606275bb_20190811211618309_20191018205919a95.jpg
1、『ぎゃるる』はヘン顔を使って平日昼間の繁華街で起動
GPSを使って自分の近くにいる他のユーザーとチャットできるというスマホアプリはいろいろあるが、オレが使っているのは「ぎゃるる」だ。このアプリ、名前が「ぎゃるる」だけあり、派手な感じの女の子が多い。人によっては、女性ユーザーのプロフ写真を見てチョット怯むかもしれない。しかしビビる必要はない。コツさえ掴めば、彼女らは普通の女の子たちよりも会えやすいと思ってほしい。まずポイントはプロフ写メである。イケメンなら問題ないが、オレはそうじゃない。そこでワザと変顔で顔を崩しておどけた写メで誤魔化す。イメージはオリラジ藤森みたいな野郎だ。そして女を探すエリアは、平日の昼の繁華街。服屋とかをプラプラしてるような子が狙いだ。ターゲットを見つけたら、ファーストメールでこちらがどこにいるかを伝える。〈どもー。今、渋谷のマックでメシくってます〉レスがなくてもさらに続ける。
〈やべー、チキンフィレオめっちゃうまいっス〉〈すんません、聞いて下さい。今、友達からメールが。ドタキャンされたくさいです(汗)〉過去、この方法でオレは4人と会い、うち1人とは即日セックスまでいけた。ぜひ試してみてほしい。
2、ぎゃるる2
今すぐ近くにいるエンコー女子を探すなら
アプリ名の通り、ギャル系の若いコの登録が多い出会い系アプリだ。位置情報と連動していて、近くにいる女がすぐにわかる。ポイントは、金欠のメシおごられ待ち女が大勢いること。「おごるよ~」とメッセージを送ってアポを取り付ければ、あとは漫画のようにあっさりエンコーに応じてくれるコも。
3、GPSで近くにいる子とチャットのやり取りができるアプリだ。名前そのまんま、女性ユーザーの多くがギャルなので、ギャル好きにとってはまさに天国のようなツールと言える。ギャルが相手な以上、1にも2にも軽いノリが必要だ。真面目に装っても引かれるだけなので、メッセージもチャラければチャラい方がいい。僕がいつも使ってる最初のメッセは「今、気づいたら小指立ってた(笑)なんでか分かる?」や「一目惚れって信じる?」といった感じ。この文章をコピペして、出来るだけ多くの女の子に送りまくる。確率としては10人に送って1人から返事があればラッキーかな、くらい。ただ、このアプリの一番の特徴は返信をくれた子が近くにいるってこと。
「じゃそこで待ち合わせしようよ」とわずか3分後に会えたりもする。「おごるからご飯でも行こう」とでも言えばアポ率は一気にアップだ。ちなみに以上は、東京や大阪などの大都市で、かつ街中での使い方。田舎や郊外で立ち上げると、いつも同じメンバーしか表示されないので、すぐに一巡してしまう。
4、位置情報をもとに近くにいるユーザーと自由にチャットできる「ぎゃるる」というスマホアプリがある。他の出会い系アプリに比べて男女ともにレベルが高いのが特長だ。営業を目的としたホスやキャバ嬢の登録が多いからだ。さて問題は、こうした派手な見た目の女の中には若すぎる子の登録者が混じっていることだ。関わりを持ったために逮捕された者もいる。このアプリ、年齢確認が実質存在しないために、こんなことになっているのである。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます