作戦のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:作戦

  • 2020/01/13出会い攻略

    テンション高めで手紙を配ったものの、惨敗してしまった前回の「巨乳店員さん」。エロすぎるオッパイたちを前にして、このままでは引き下がれない。再度チャレンジすることにした。 日曜の昼下がり、改札前に現れたのはイチオシの6番のコだった!ラッキー!思わず胸を見てしまう。やっぱプルプルしてるなー。…いかんいかん。あくまでも緊張しながらラブレターを渡した純朴な青年を演じなければ。「わざわざ来てくれてありがとう...

    記事を読む

  • 2018/10/14その他

    何かとチン見せネタの続く読者投稿欄ですが、この際、私も流れに乗じてみようと投稿した次第です。私の場合、主な主戦場は地元でよく開催されている街コンでして、そこに必ず親友のMを引き連れていくことにしています。実はこのMという男、佐藤健のフェイスに速水もこみちのボディを持つ大変なイケメンで、こいつの協力ナシにはチン見せ作戦も成立しないのです。どういうことか、ご説明いたしましょう。作戦は、街コンのスタート...

    記事を読む

  • 2018/10/09セフレの作り方

    私も自身の風俗嬢ナンパ作戦を投稿したい。私は、仕事がいつも午後3時くらいに終わるので、夕方に町へ繰り出し、風俗へレッツゴー、ってなことがけっこうある。よく使うのはホテヘルだろうか。その際は、まず風俗店のホームページで出勤嬢のシフトを確認し夕方に仕事が終わる女(通称『一部嬢』)をチェック。その中から気になる女を指名し、自分がその日最後の客になる形で遊ぶのがいつものパターンだ。なぜ一部嬢を選ぶのか?目...

    記事を読む

彼氏に浮気されて落ち込んでる巨乳店員にラブレターを渡すもじっくり作戦が裏目のナンパ失敗談

0188_2019010210325527f_20191027080644257.jpg0189_201901021032579eb_20191027080645f92.jpg0190_201901021032584b0_20191027080647a26.jpg0191_201901021033009d7_201910270806483b1.jpg0192_201901021033014cf_20191027080650b1f.jpg0193_20190102103303e48_20191027080651a12.jpg

テンション高めで手紙を配ったものの、惨敗してしまった前回の「巨乳店員さん」。エロすぎるオッパイたちを前にして、このままでは引き下がれない。再度チャレンジすることにした。

日曜の昼下がり、改札前に現れたのはイチオシの6番のコだった!ラッキー!
思わず胸を見てしまう。やっぱプルプルしてるなー。
…いかんいかん。あくまでも緊張しながらラブレターを渡した純朴な青年を演じなければ。
「わざわざ来てくれてありがとうございます」
「いえいえこちらこそ。じゃあ、食事行きますか」 
今回ばかりは失敗したくないと、駅ビル内の洒落たレストランを探してみたが、どの店もすさまじい混雑ぶりだ。ならばと大通りに移動してみても、なかなかいい店が見つからない。と、そのとき、ホッピーを飲みながら焼き鳥をつまむような大衆居酒屋を、みほさんが指さした。
「飲みますか?(笑)」
ほー、こういうトコでもいいんだ。しかも自分から飲みたがるなんて。これはキックオフ直後のゴールもありえるぞ。店に入るなり、飲んでいるおじさん達からの視線が集まった。女が来るだけでも珍しいのに巨乳美女だからなあ…。
「とりあえずビールで」
「私はレモンハイ」
「でも彼氏いないなんて意外ですね」
「いやいや、これがいないんですよ」
「いつごろからいないんですか?」
「一年くらい前ですね…」
「なんで別れちゃったんですかね?」
「それが…付き合って一週間くらいで浮気されたんですよ」
それはたぶんアナタが浮気相手だったんですよ、とはもちろん言わず、男を軽くなじった上で、こちらもフリーの期間を1年ということにしておいた。話した感じ、雰囲気は悪くない。もう少し飲ませるため、近くで昼間からやってる居酒屋へ移動した。
「色々な男のお客さんに迫られたりするんじゃないですか?」
「そんなこと一回もないです」
「ラブレター渡されたことも?」
「ないですよー。郷田さんこそ、色んな人に渡してるんじゃないですか?フフ」
「そんなわけないじゃないですか。かなり恥ずかしかったですよ」
「ホントですかー」
手紙ナンパ師というのは、過去100人単位で配りまくっていても顔に表れないみたいだ。
「手紙受け取ったときどう思いました?」
「正直言うと…、怪しいと思いましたよ(笑)」
「そう思われるのも仕方ないですよね…。でも本気なんですよ」
「はい…うれしいですけど…」
目を見つめて誠実な表情で語りかけると、ちょっぴり頬を赤らめる彼女。これは今がチャンスではないか!
「あの、会ったばかりなのは承知してるんですが、よかったらお付き合いしてもらえませんか?」
「え…。早すぎないですか(笑)」
「まあ、そうですよね(笑)」
軽くいなされた。でも強引に押すのは賢明じゃない。なにせ貴重な巨乳、じっくり進めないと。
「でも、郷田さんいい人そうですね」
「はい、絶対大事にしますよ」
「じゃあ…。はい…」  はい? 
それってさっきの告白に対する返事? 
あれ、お付き合い決定ですか?
こういうところが、彼女が遊ばれてしまう要因なのだろう。こっちにすりゃありがたい性格だけど。勝負をかけるため、居酒屋を出てカラオケに入った。そして2、3曲歌ったところで…。
「みほちゃん…」
「ん?」
振り向いた彼女に、ゆっくりと顔を近づける。唇が触れた。
「なんか恥ずかしい…」 
そういう彼女に「そうだね…」
とうなずき返しながら、唇を甘噛みするようなキスを何度もかます。自然に手がオッパイに伸びた。初めて見かけたときから揉みたかった巨乳だ。ああ、服の上からでも柔らかくて、大きい。
「ちょっと…。待って。会ったばっかりだよ」
しっかりを手をつかまれてしまった。
「でももう恋人なんだし…」
「うん、でも今度ね」
やはり一週間浮気カレシの痛手を忘れていないのか。今日はあきらめて、次回のデートでたっぷり揉みまくるとしよう。

チラ事故を起こしそうな服装・下着姿や胸チラ谷間画像を快く送ってもらう作戦

何かとチン見せネタの続く読者投稿欄ですが、この際、私も流れに乗じてみようと投稿した次第です
。私の場合、主な主戦場は地元でよく開催されている街コンでして、そこに必ず親友のMを引き連れていくことにしています。実はこのMという男、佐藤健のフェイスに速水もこみちのボディを持つ大変なイケメンで、こいつの協力ナシにはチン見せ作戦も成立しないのです。
どういうことか、ご説明いたしましょう。作戦は、街コンのスタート前に自分とMのケータイを交換し、ヤツに私の姓を名乗らせるところから始まります。狙いは、イケメンMに会場で出会った女たちと片っ端からラインの交換をさせること。街コンでは、開始から終了まで2人連れの女子と代わる代わる4回ほどじっくり話すチャンスがあるので計8人分のラインをゲットできるわけです。街コンの間、私は女たちと普通に会話する以外、特別なことはしません。しいて言えば、彼女らがMにより好意を持つように、太鼓持ちを買って出ることくらいでしょうか。ブサメンの自分がここで頑張っても仕方ありませんし。本番は街コン終了後、Mからケータイが戻ってきてから。さっそくヤツがゲットした女たちのラインにメッセージを送りつけます。
〈今日は楽しかったよ。正直、●●ちゃんはタイプだから、もっと仲良くなりたいな〉
〈え〜、ホントに!?こんな私でいいの?超うれしいんですけど!〉
恥ずかしげもなく有頂天にるのは女どもがMからのラインだと信じているからこそ。お下劣な会話だって喜んでついてきます。
〈●●ちゃんはオナニーってするの? 教えてよぉ〉
〈えー、しません!…毎日は(笑)てか、そっちは?〉
〈俺はしょっちゅうだよ! 今だって●●ちゃんのこと考えてるから、もうこんなになっちゃったよ〉
こうしてついに硬直した自身のチンコ画像を送りつけてやるわけですが、愉快なのは彼女たちの半数近くがその状況を歓迎してくれることです。
〈やだ、何やってんの〜!こんなことする人、初めて見た(笑)〉
ゲリラ的なチン見せで女の不快感を煽るやり方も嫌いじゃない。ですが、一度実際に会話した女にチンコを見せつけ、なおかつアットホーミィに受け入れられるというのはちょっと得がたい快感です。
さらにおねだりすれば、8人中1人か2人は下着姿や谷間画像を快く送ってくれるのですから、もうこの趣味はちょっとやそっとじゃ止められないのです。
胸の開いた服が好き
猫背になって文字を書くもんだから、吉田先生によく怒られたものです。
「姿勢は正しく!」
あのころはなんで怒られるのかよくわからなかったんですけど、こういうことだったんですね。ま、私は男なので被害は受けてませんが。さて、ではこの状況、どこに行けば出くわしやすいんでしょうか。一番はやはり、結婚式の受付の席に座ることだと思います。新婦のともだちって、胸の開いた服が好きですもんね。
二番目はコンビニで宅配便を出すときでしょうか。「午前着でお願いします。いや、やっぱり午後で」なんつって時間稼ぎをするのも手かと思われます。
今月の授業、これにて終了。
チラ事故を起こしそうな服装
私も仕事をしてますので、昼間のテレビなんて視てる余裕はないんですが、なんでも太古の昔から、毎日のようにチラ現象が起きている番組があったそうで。 
ごきげんよう。いったい何なんすかこの素晴らしい番組。ゲストが必ず前かがみになるなんて、イスの位置がちょうどいい高さにあるなんて。そりゃご機嫌もようなりますよ。生徒諸君にお願いです。番組を見ていて、ゲストがいかにもチラ事故を起こしそうな服装のときは、すぐさま会社に電話をください。ごきげんよう係を呼び出してくれれば私が応答いたします。
カテゴリ

風俗嬢をアフターに誘うナンパ作戦|口説き体験談

私も自身の風俗嬢ナンパ作戦を投稿したい。
私は、仕事がいつも午後3時くらいに終わるので、夕方に町へ繰り出し、風俗へレッツゴー、ってなことがけっこうある。よく使うのはホテヘルだろうか。その際は、まず風俗店のホームページで出勤嬢のシフトを確認し夕方に仕事が終わる女(通称『一部嬢』)をチェック。その中から気になる女を指名し、自分がその日最後の客になる形で遊ぶのがいつものパターンだ。
なぜ一部嬢を選ぶのか?
目的はアフター狙いだ。深夜に仕事が終わる嬢に「この後ゴハンでもどう?」と誘ったところで、すんなりついてくるとは考えにくい。対して一部嬢は、まだ夕方だし、ちょうど小腹の減る時間帯だったりもするし、とりあえず可能性が高いのは何となく想像できるだろう。
が、もちろんというか、そうすんなりアフターへ、とはなかなかいかない…。ラブホで缶ビールをすすめてみれば…そんなある日、いつものように一部嬢狙いでホテヘルへ。プレイ場所のラブホで一通り遊んだ後、何の気なく冷蔵庫から缶ビールを取り出した。
「あ、いいですね!」
女が羨ましそうに見てきたので、相手の分も取り出して渡してやる。
「ほら飲みなよ」「えー、いいんですか?」
「今日はオレで仕事終わりなんでしょ?」
「はい。じゃあもらっちゃおっかな」
彼女がプルタブをプシュっと開け、缶ビールをグビグビっとあおる。
「いい飲みっぷりだね。仕事終わりの一杯はやっぱ美味いでしょ?」
「ですね」
「あ、そう言えば…」
事前にホームページでシフトを確認したときに見たプロフの『写メ日記』を思い出した。
「写メ日記にも、ビール飲んでる写真がけっこう載ってたけど」
「お酒好きなんでー」
「ふーん。じゃあ、よかったら、この後軽く飲みに行かない?」
「えっ?」
「もちろん奢るし。今日はオレで仕事終わりなんでしょ?」
「じゃあ、まあ、はい」
よっしゃあ!何だかとってもすんなり進んだんだけど。かくして彼女はいったん事務所に戻って帰り支度を済ませ、待ち合わせ場所の居酒屋にやってきた。そして普通にしっぽり飲み、さすがにラブホに連れ込むとかまでは至らなかったが、けっこう打ち解けた感じに。
そこで数日後、何気にメールしてみると、
︿お疲れさま。今日出勤でしょ?よかったら仕事終わった後一杯どう?﹀
︿行く(^_^)19時くらいになるけどいいですか?﹀
2回目の飲みでは、すんなりお持ち帰り成功。しかも、以降ちょくちょく飲みに誘ってはセックスする関係になった。
というわけで、この一件以降、私は一部嬢狙いでホテヘル遊びをするときは、女たちのプロフィールを見て酒好きのコを選んで指名している。この作戦、なかなか成績はいい。いざラブホで缶ビールを勧めればだいたい全員が飲むし、アフターに誘うと3人に1人は乗ってくる。みなさんもぜひ試してみて下さい。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます