0087_201804021538278fd.jpg0088_201804021538286ce.jpg0089_2018040215382952e.jpg
エンコー代はいかにすれば値切れるのか
ネガティブな返事を繰り返し引きだすと女が引け目を感じる不思議
俺のやり方はシンプルだ。まずはホテルに入ってから、女がとても受け入れそうにない要求を次々と並べる。アナル舐め、ナマ挿入、精飲、顔射といったものだ。当然、相手はそのたびに「そんなのムリ」「ヤダ」と首を振り続けることになるから、最後にこう言って引導を渡す。
「そんなにNGばっかりじゃ困るな。約束の額より安くしてよ」
こっちがムリなことばっか言っててそりゃないだろうと思うかもしれないが、中にはネガティブな返事をくり返すうち、俺に対してだんだんと引け目を感じだして、値引きに応じる女もいるから不思議だ。成功率は7割といったところか。
エンコー女といえど新たに他の客を探すのは面倒くさいワケでして
不思議で仕方ないんです。エンコー代を値切りたがらない人って何なんでしょう。もしかして女が怒って帰ってしまうことを恐れているんでしょうか?だとしたら大きな間違いです。彼女たちって客1人捕まえるのに結構な労力をかけてるんです。安全そうな男をみつけてからアポに至るまで軽く1時間はかかってるんじゃないでしょうか。だから、こちらからストレートに「2万の約束だったけどイチゴーにならない?」と切り出せば、渋々ながらOKしちゃうことがよくあるんです。また新たに客を探すくらいなら、5千円くらい安くしてもいいやって。遠慮などせず、思い切って交渉しないと損ですよ。
「写メと違うじゃん」と容姿の欠点をバシバシと
援交オンナって、ちょっとオツムが弱くて気の弱いコが多い。そういう手合いは顔や態度をみればすぐにピンとくる。どことなくオドオドして、動きがスローモーというか。待ち合わせ場所に気弱そうな女が現われたら、おれはここぞとばかりに容姿の欠点をあげつらう(例えかわいくても)。遠慮なくバサバサと。「胸ちっちゃいなー。なんか写メと顔もビミョーに違うし。イチゴーって話だったけど、1万しか払わねーよ」値下げを切り出すときは、断定口調で。相手が呆気にとられてるうちに金を押しつけてしまえば、たいていは何も言ってこない。おれの黄金パターンだ。
はやく客から解放されたいエンコー女の心理をつけば
以前、裏モノで見かけた方法を私も常習しています。客と一緒にいるときのエンコー女の心理というのは「はやくコイツから解放されたい」のひと言に尽きる。ですので、この点を上手くつく形で値引きをもちかけると効果はテキメンです。「さっさと終わらせるからさ、最初に決めた額より安くしてくんない?俺、早漏だし」これだけで、大半のコは2つ返事で応じてくれる。簡単な話です。
振り込み明細の『ご依頼人』を女の名前で
俺はエンコー代の支払い方法にちょいと工夫している。女と落ち合ったらすぐにこう申し出るのだ。「お金のことなんだけど、キミの口座に振り込むって形にさせてくんない?会社の経費ということにしたいんだよね」理由は何だっていい。とにかく女に振り込みの件を承諾させ、ATMの中へ連れ込むところまでが第1段階だ。続いて画面を覗かれないよう体で隠しながら尋ねる。「口座番号教えてくれる?」ただし、ここで女の口座を入力しては意味がない。
財布のチェックを防ぐには安全無害な紳士であれ
エンコーのやり逃げ手段は、何も金を支払わずトンズラをかますことだけがすべてではない。私などはいつもホテルに着いた時点できっちり金を渡す口だ。「こういうのは先に済ましておいた方がお互い気持ちいいよね〜」とか何とか抜かしながら。紳士的な振る舞いはセックス時も忘れない。「大丈夫?痛くない?」と相手をいたわり、優しく扱うことで自分が安全無害な男であることをアピールするのだ。いったい何のために?そうしておけば、女がフロ場へ消えた後、先ほど支払った金をこっそり取り戻しても、財布をチェックされる危険がなくなるんです。なんたって私は品行方正なジェントルマンなのだから。ホント曲者だな、俺ってやつは。
イマドキの援交業界には『ヤリ逃げ』のことすら知らない初心者オンナがわんさか
ここ最近の援交ガールズを見ていると、時代は一周してしまったんだなあとの感慨が深い。一緒にホテルに入っても、先払いを要求してこない女がやたらと目立つのだ。いかにもスキだらけのボーッとした女が。おそらく『ヤリ逃げ』という言葉さえ知らない初心者なのだろう。むろんコレ、私のような悪人には願ってもない現象であります。だって「お金はホテルを出てから払うよ」と言いくるめて、そのまま光の速さで猛ダッシュすればコト足りるのだから。ややこしい策を弄する必要はこれっぽっちもない。
ATMコーナーから入って窓口側から逃げる
女とアポってから最初に取りかかるのは、後払いの承諾を取り付けることだ。ホテルに入ってから申し訳なさそうに、「いま財布みたらこれだけ(数千円)しか入ってなかったんだ。ホテル出たら銀行で降ろすからついてきてくんない?」抗議しようにも、金を持ってないのは本当なんだから女も納得するしかない。きっちりやることをやってから、ATMコーナーと窓口側にそれぞれ出入り口のあるタイプの銀行へ向かう。そこで「ATMで金降ろしてくるわ」と言えば、女はたいてい中まではついてこない。で、あとはそのまま窓口側からスルリと出て行くと。お気づきのとおり、このワザが使えるのは午後3時まで。女との待ち合わせ時間はそこから逆算して決める必要がある。
「2発させてくれたら4万払うよ」でエンコー代は後払いに
ポイントは最初の交渉にあります。「ホ込み2万って話だったけど、もし俺の体力がまだ残ってたら2回戦に突入してもいいかな?そんときは4万払うから」こう言うとほとんどの女は4万を選ぶので、ごく自然な流れで金の支払いは『後払い』になりますよね。で、1回戦が終わったら、「よっしゃ、2回目も頑張るぞ」と、やる気マンマンなところを見せてひとまずシャワーを浴び、女にも「キミも入ったら?」とフロを勧めます。ここでイヤがることはまずありませんよね。その間に悠々とホテルから逃げちゃえるってワケです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ