写真のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:写真

観光地で効果的な写真撮ってあげるよナンパの最強版|出会い攻略

0107_20190128085634651_20191106193753c5b.jpg0102_20190128085627963_201911061937470fd.jpg0103_20190128085628ac0_20191106193748fe5.jpg0104_20190128085629d51_201911061937506ec.jpg0106_2019012808563273b_20191106193751bb7.jpg
1、『モデル掲示板』で〝オプ有り〞女の美醜を事前に知るには?
カメラマンにヌード写真を撮影してもらってギャラをもらう。そんな素人女たちが集うサイトがいくつかあります。そこにいる女たち、結構な確率でエンコーまでしてるんですよね。まず以下のようなサイトでターゲットを探しましょう。
『モデルカフェ』
『素人ヌードモデルします』
『モデルすりゅよ』
ここからオプション(エンコー)ができる女をそれぞれの募集文面から判断していきます。「内容応相談」や「オプも考えてます」とか、「ヌード以上も…」みたいに匂わせてるのがエンコー可となります。しかしオプション可能な子は顔出ししていないことが多いので、写真を送ってもらう必要があります。そのときのコツは、オプションにはまったく触れず、ただノーマルな撮影をしたいとだけ伝えること。〈あらかじめイメージをしておきたい〉などの理由で。最初からエロ目的とバレると警戒して送ってくれません。もし可愛い写真が来れば、実際に会ってからオプションの話をすると。相場はトータルで3万程度が多いです。

2、マッサージの勉強で若い子を誘い込むには足裏作戦で

「マッサージの勉強中です。謝礼5千円で練習させてもらえませんか」ただのマッサージ募集では女が集まらないんです。似たような輩が増えたのでしょうか。そこでボクが発見した、もっといい募集法を教えます。『足裏マッサージの勉強中』にするんです。さすがにいかがわしいことにはならないだろうと、若い子なんかも連絡をくれます。で、いざ足裏マッサージなんですが、やはり場所はホテルです。横にならなきゃあーだこーだ理由をつけて。もちろん足裏マッサージってのはあくまできっかけ。グイグイやり終えると、今度は肩も、腰も、背中もとリクエストがくるので、後はさわさわパウダーやオイルを使って徐々に股間周辺を攻めていくわけです。

3、ニセの愛人募集でイイ女を3万で抱く

『月30〜40万で愛人を募集しています』不景気のおかげで、愛人募集系の掲示板にこういうカキコミをすると、だいたい5人ほどからメールがくる。
〈容姿も重要ですので写真を見せてもらえますか〉さらにこれに応じてくるのは2人ほどか。以上の手順を繰り返せばいつか上玉の写真がやってくる。では契約しましょうと、シティホテル内の喫茶店(それらしく見せるため)で落ち合い、そこでこう持ち出す。「身体の相性を知りたいので、まず一度、確かめさせてもらえますか」以前はこのままタダマンしてトンズラもできたが、最近はスレた女が多く、事前に金のことを気にしてくる。雲行きが悪くなれば「もちろん初回分ということで、3万円はお支払いしますが」くらいの約束は必要だ。で、2〜3発ハメて音信不通に。3万で上玉を抱けるならいいと思いませんか?

4、理屈は考えるな。 セクキャバ嬢とヤるなら 「延長」と「同伴」

セクキャバに関するある法則に気づきました。店内指名した嬢に延長を申し出ると、すんなりアフターに行けるばかりか、そのままヤレちゃうケースが多いんです。そもそもセクキャバで延長する
客はほとんどいません。ハッスルタイムなんて、どんだけ延長しようが内容は一緒なのだから。そこに突如あらわれる延長のお客様。えらい気に入ってくれたものと喜んじゃうのかもしれません。
もうひとつの法則も教えましょう。同伴です。セクキャバに同伴なんてシステムがあることすら知らない人が大多数でしょうが、キャバクラ同様、夕方4時くらいからメシを食って店に向かうあれ、できるんです。すでにチチ揉みまくった女とメシ食ってもおもしろくないわけで、誘うは当然ホテル。これがついてきよるんです。本格的なフーゾクがイヤだからセクキャバで働いてるはずなのに、なんであっさり股を開くのか。理屈はわかりません。

5、連載当時、夏の特別企画と題して居酒屋の2人客に手紙を渡し、4組中3組と一緒に卓を囲むことができました。あれ以降もプライベートで同じことをやってます。口ケーションは居酒屋なので、こちらも最低2人で行動するのが基本。2人組の女の子を見つけたらメモ帳の切れ端に、なるべく大仰な文章で手紙をしたためるのが成功の―秘訣です。

「こんばんは。さっきお店に入ってきたとき、何やら店内の一部がまぶしく光り輝いてるので目を凝らしてみると、そこにいたのはあなたたち2人でした。こんなまぶしい2人と一緒に飲めたら一生の思い出になるはずだと慌てて手紙を書いています。よければ一緒に飲みませんか9もちろん書っちゃいます。OKなら手を振ってもらえませんか」恥ずかしい文面ですが、これぐらいの方が酒の席では笑いが取れるのかもしれません。仮に無視されても、別の席の子たちを狙えばいいわけで、臆する必要はありません。

6、観光地で力メラを自分たちに向けながら四苦八苦してる子らに「撮ってあげようか」と声をかけ、その後しばらくしてから別の場所で「あ、さっきの」と偶然を装って再会し、食事や飲みにと清水寺で観光客をナンパしている男性たちの話が以前の裏モノにありましたが、ぼくはあれをさらに改良しています。写真を撮ってあげるだけだとあまり印象に残らないかなと思って。女の子を撮影してあげた後、自分も撮ってくださいと頼むんです。しかも「ジャンプした瞬間をお願い」もちろんピンボケしまくるので、何度も取り直しを重ねるうちに確実に印象に残り、再会のときには「ああ、ジャンプの」と、すぐに思い出してもらえますよ。 

スーパーでの胸チラにジムのマシンでおっぱいが揺れる|日常の巨乳スポット

0092_20181201230059629_20191010150144bc5.jpg0093_20181201230100baf_20191010150146338.jpg0094_2018120123010298f_20191010150147a24.jpg0095_2018120211354747d_20191010150149616.jpg0096_20181202113548e69_201910101501515f7.jpg0097_201812021135494dd_2019101015015273e.jpg0098_20181202150451761_20191010150157c3c.jpg0100_2018120215045383e_20191010150159d62.jpg0099_20181202150452a55_20191010150159201.jpg0101_20181202150455228_201910101502005fe.jpg1、シャツの隙間を見たければキープレフト!
2、本物の揉み心地!「おっぱいアイちゃん」と「ガチでリア乳」
巨乳ブレイの代表格は何と言ってもパイズリだがその際、コレを用意するといい
シリコン製の皮膚には普通の口ーションよりもこっちとの相性が抜群なのだ
滑らかでそれでいて骨太な刺激がもう最高だ
擬似おっぱいは外出先でも威力を発揮する
3、フーゾク指名写真でデブ巨乳を引かない方法
4、偽ポートフォリオで街で見かけた巨乳を激撮
5、電車巨乳の前に立つだけでは奥まで見えません
6、ジムの大人気ブルブルマシンでおっぱいが揺れまくる!
最近こんな形態のジムが全国的に増えている便利なシステムだ
とにかく凄まじいまでの光景を堪能できるのだ
この手のジムでは大人気のダイエットマシーン
女性人気か抜群で設置台数も多いため常にいくつもの揺れチチを観賞できるのだ
7、菅野美穂法でデカパイちゃんの胸を反らさせよ
8、フーゾクの写真指名でデブ巨乳を引かないテクニックです
その1「写真の角度が高い巨乳」
このアングルで撮ると胸が大きく、身休が細く見えるので避けましよう
お腹を手で踊してある女の子は3段腹の可能性が高いです
寒くてシャツを着てるわけではなく、肩や腕のデブ肉を隠すため。避けましよう
可愛いらしい巨乳キャラを狙ってますが、単なるデブ隠しです。ご注意を

写真とシミがなけれはパンツは売れない・ブルセラ下着売りドキュメント

コンビニ店長、女子大生バイトの脱ぎたてパンティ盗む
SnapCrab_NoName_2019-7-29_22-23-51_No-00.png
私が店長を務めるコンビニに1人の女性アルバイトが入ってきました。名前はヨウコ、20才の短大生です。清楚な雰囲気と黒髪に、私は年甲斐もなくすっかりハマってしまいました。
しかし、どうにもうまくいきません。やんわりデートに誘っても、ノラリクラリと力ワされてしまうのです。力レシはいないらしいのに。やはりこんなハゲのオッサンじゃダメなんでしょうか。どんどん卑屈な気分に陥った挙げ句、私はあらぬことを考えはじめました。
(そういえば、彼女、1人暮らしだって言ってたな。部屋の合い鍵を作れば・・)
翌週、都合良く彼女と2人だけの勤務になった日、私はさりげなくバックヤードに向かいました。我が店では、従業員は荷物を個人ロッ力ーに入れることになっています。マスターキーを使って中をあさると、ありました、力バンの中に部屋の鍵が。
「ちょっと外に出てくるから、レジ頼むね」「わかりました」
そのまま近所の鍵屋に走り、合い鍵を作ってからまた元の場所へ。むろん接客に忙しい彼女が気づくはずもありません。
合い鍵を使って部屋にこっそり侵入するー。
ヨウコのシフトを完全に把握している私にとって、この悪巧みは絶対にバレつこない自信がありました。
数日後、彼女がバイトにやってきたところで、いよいよ計画実行です。
「ちょっと外出するからレジ頼むね」「行ってらっしゃいー」
履歴書の住所を頼りに、あちこち探すと、ほどなく小締麗なアバートの前に辿りつきました。どうやら二階が彼女の部屋のようです。階段を上り、ドアの前へ。念のためピンポーンと呼び鈴を鳴らしても返事はありません。そりゃそうです今はレジに立ってるのですから。
おもむろに中へ入ると、間取りは6畳一間の1Kで、小さなキッチンとユニットバス、シングルベッドが置かれています。白の色調がいかにも女性らしい雰囲気です。(ああ、この甘酸っばい臭い)さんざん部屋の香りを唄いだ後は、いよいよ本題へ。そう、狙いは下着です。洗濯かこからパンティとブラジャーを引っ張りだし、臭いを唄いだり、頭に被ったり。
ああ、あの黒髪のョウコがこんなヤラしい匂いをさせてるなんて・。もちろん衣装棚も漁りました。派手目のバンティ、可愛いパンティ、履き古したバンティ、もろもろを頭にかぶるうちに股間はばつんばつんです。ティッシュを拝借してオナニーし、部屋を元通りにしてから私はコンビ二に舞い戻ったのでした。
「お疲れさん、大変だったっ」「いえ、大丈夫ですよ」ニコリと微笑む彼女。ふふふ、私はもうただの店長じゃない。君のメスの匂いを知った男なんだよ。
こうして彼女がシフトに入る度に何度か不法侵入するうち、物足りなさを感じ始めました。いくら洗濯力ゴに入った、つまり洗濯前の下着とはいえ、ョゴレや臭いが不足気味なのです。私としてはできるだけナマ脱ぎに近いブツを味わいたいのに。
(そうだー)素晴らしい秘策を思いつきました。店長とバイトという関係性、そして彼女が近所に住んでいるという好状況、この二点を利用すれば…。ぼかぽか陽気の日に、私は行動を起こしました。
「ちょっと、表の段ボールの整理とゴミ出しお願いできるかな。あと、窓も汚れてきたから拭いてもらっていい?」
普段はレジと簡単な品出しぐらいしか頼まない彼女に、ちょっとした肉体労働を命じたところ、ー時間ほど顔に汗をかくまで働いてくれました。このぶんだと、恐らくや下着もビショビショに違いありません。さぞかし臭いも。私はョダレをこらえながら、彼女に近づきました。
「お疲れさま。汗かいたでしょ。休憩取っていいから、家でシャワーでも浴びてきなよ」「えっいいんですか」
「うん。どうせこの時間ヒマだからね。時給は付けとくし、心配しないでいいよ」いっそのこと早上がりさせてあげればいいのでしょうが、それでは意味がありません。のんびり部屋に侵入するためには、この後ちゃんとレジに立ってもらわないと。数十分後、彼女はさっばりした顔で店に戻ってきました
そこで例のごとく私は、所用を理由に外出です。ー脱ぎたてのブツは、洗濯力ゴの中に丸まっていました。まずはブラジャーを顔にあててみます。ほんのりしめってるのは汗でしよう。いつも以上にスエた臭いが拡がります。
続けて、パンティを手に取り、肝心な部分の臭いをかぎながら、べろべろ証めまくり。鳴呼、この強烈な臭み。肉体労働させた甲斐がありました。自慰に耽った私は、ものの10秒で射精していました。★何食わぬ顔で店長をやりながら、下着漁りを続けていたところ、春先になって彼女がバイトを辞めてしまいました。しんどい仕事を振りすぎたせいでしょうか。
~~ドキュメント~~
写真がなけれはパンツは売れない
そもそものきっかけは、昨年の冬、たまたまアクセスしたヤフーオークションのページで、『ワタシの使用済みパンティ』という商品を見つけたことに始まる。
いかにも女の名前っぽく、掲載のパンティ写真にも若干のシミ跡が認められるが、だからといってそれが女性のはいたものかどうかなんてことは確認のしようがない。なのにちゃっかり入札の履歴が残っていて、すでに2千円の値がついているのだから驚きだ。世の中にはブルセラショップなんてものがあるくらいだから、オークションにも下着の需要供給それぞれあっておかしくはない。
しかしパソコン上のやり取りだけで、どこの誰がはいたかわからないパンティを買う男がいるなんて馬鹿丸出しである。これを見て当然のように俺は思った。自分で買ったパンティを適当に汚してオークションにかければ稼ぎができるんじゃないのか。
オークションの値を上げるにはシミが必要なんだよシミが
思い立ったが吉日、すぐさま安物のパンティをジャスコで購入して写真を撮影、ちょこちょこっと股かん部を汚してヤフオクのランジエリー部門に出品してみる。希望最低落札価格は2千円。もしかするとー万円ぐらいになるやも知れない。しかし淡い期待もむなしく、数日経っても一向に入札はなく、反応は唯一、出品者(つまり俺)への質問として届いたこんな要望だった。
「どんな子がはいたのか写真を見たいんですが」
当然と言えば当然である。バカな男ならともかく、やはり普通の男はブツだけでなく便用者本人の写真でもなければとても金など出しはしないのだ。これで手詰まり。その後も入札される様子はまったくなく、俺は手元に残ったパンティをゴミ箱に捨てて、子供編しレベルの計画からすっかり手を引いたのだった。
ところがこの失敗からー週間後、俺はーつのアイディアをひらめいてしまう。チャチな小遺い稼きなどかすんでしまう、成功率100%のタダマン法を。後の4カ月余りで喰った女は13人。妻の目から隠れて、仕事の合間を見つけて。少ない時間でのこの成果は我ながら立派だと思うのだがどうだろう。
あなたのパンティをオークションにかけたい
俺はそれまでによく、出会い系サイトを利用しては、援助交際を楽しんでいた。出会い系とはいえその掲示板は金銭授受を匂わすメッセージばかりで、『お小遺い欲しいコ連絡ちょうだい』などとメッセージを入れれは30分後にはリターンが来る、非常に便利なツールだったのだ。
ただ、毎回2万3万と出費を重ねるのは正直かなり痛く、できることならタダにならぬものかと頭を悩ませていたところだった。さて、ジャスコパンティを捨てた翌週、工ンコー掲示板に俺はこんなメッセージを載せた。
「使用済みのパンティ売ってください。高値で売れます。詳しくはメールで」
本意ではない。あくまでも撤き餌のようなものだ。さて、魚は寄ってくるか。体までバンバン売っている連中が、こんな時代錯誤とも思えるメッセージに反応するものか心配だったが。高値の文字が功を奏したか、まもなくー人の女、サトミが食いついてきた。
『メッセージ見ました。いくらで売れるんですか』
こちとらパンティなとに興味はない。返答はこうだ。
『ヤフーオークションにかけるので、まだ金額ははっきりしません』
アイディアのポイントはここにある。そう、買い取るのは俺ではなくオークションの落札者なのだ。つまりパンティと引き換えにお金は渡せないという理屈が成り立つ。拒否されれば次の女を探すつもリだった。が、この「いくらで売れるかまだわからない」という点がサトミの金欲を刺激する。
『だいたいどれくらいになるんですか』
「シミの程度にもよりますが、高いときは2万円程度になります」
「そんなにもらえるんですか」
「私が手数料をー割いただきます。パンティ使用中の写真が必要になりますが大丈夫ですか」
何度かのメールのやり取りを経て、サトミはパンティが金に変わる仕組みを理解し、2人は次の週末、郊外のスーパー前で待ち合わせることになったのだった。
「こうやって汚さないと高く売れないよ」
「こんにちはー」「あ、どうもー」ジャスコ前に現れた自称18才の専門学校生サトミは、そそくさと車の助手席に乗り込み、カバンの中かり2枚の白いパンティを取りだした。
「あ、2枚も持ってきたんだ」「うん」
「メールにも書いたけど、オークションだから、はいてるところの写真がいるんだよ」
「ああ、はい」「じゃ、今かり撮影しに行こうか」「え、どこにですかー」
あれだけ説明しておいたのに、どうやらサトミはちょっとしたパンチラ写真があれば十分だと誤解していたらしい。驚くサトミを説き伏せるように俺は言った。スカートの裾からチラっと見えているような写真では、なかなか値がつり上がらない。ちゃんとしたところでセクシーなポーズを取ると、どんどん入札されて天井知らずの額になる
「ふーん、そういうものなんだー」
「うん、オークションはここが一番大事なんだよ。どれだけ商品を良く見せるかがね」「へえ」
所詮はエンコー掲示板にアクセスしてきた女。それなりの理由さえあれば、ホテルぐらいは簡単に付いてくるはずとのヨミがあった。
しかも今回はヤルのではなく撮影のみなのだから。案の定、女はあっさり了承し、俺は車をラブホへと走らせた。
第一関門突破。いつもの援助交際なら部屋に入るなりいきなり襲いかかる俺だか、この日は微妙な距離を置きながら、それっぽく力メラのファインダーをのぞき込む。
「じゃあポーズ取ってみて。うん、顔は載せないかーり」「こうです?」
「いいねえ、ちょっとスカートめくってみようか」「はい」
いっぱしに注文をつけてはみるが、これはあくまでもポーズ。どんな写真か撮れようと関係ない。オークションにかける気などさらさらないからだ。俺の目的はーつ、サトミ/の肉体をちょうだいすることのみ…。
「ちょっとオナニーしてみよっか」「えー」「フリだけでいいから。オークションに参加する人に、こうしてシミがついたんですよって説明できればいいんだよ」
サトミにも、どうせなら高く売りたいという色気があったのだろう。両手を股間にあてがい、恥ずかしそうにモゾモゾ動かし始める。
「もっと真剣にやらなきゃ汚れないよ」「はい」
「うーん、これじゃちょっとシミが足りないなあ。ほら、もっとここをこうやって・・にカメラを脇に置き、俺は自分の右手をサトミの股間にあてがった。
「ほら、この辺をグリグリって」「えーっ」
「ほーら、こんな感じで」「やだー」
「だいぶん濡れてきたね」「ウーン」
ここまで来れば止まるはずがない。指をパンティの脇からすべりこませ、すでにヌメリと湿った果肉を弄ぶ。
「アーン、いやー」「ほら、こうやってもっと汚さなきゃ」
女の心理とは不思議なもので、ある壁さえ超えてしまうと後は流れに身をまかせようとする意識が
働く。俺は経験的にそのことを知っていた。最初は、ゴム付きしかイヤだという女もフェラはしないという女も、いさベッドに入れば何でもやらせるものだ。そしてサトミもまた、下手に抵抗してすべてを水の泡にするよりは、せっかくここまで来たことを無駄にしたくないと考えたのだろう。あっさりと、実にあっさりと彼女の肉体は俺のものになった。見事なまでの展開である。
悪いのは俺じゃなくて価値を見抜けない男ども
一戦を終えて車で市内へ戻る途中、サトミが聞いてきた。
「いくらもらえるんですか」「え」「お金・・」
一発やらせたんだから金をもらうのが筋と考えているらしい。まったく。
「うん、だからオークションにかけないと、いくらになるかわかんないかりさ」「--…」
2人は援助交際のために会ったのではない。お金云々はオークションの話であって、今ヤッたこととは関係ないのだ。
「結構汚れたから高くなると思うよ。期待しておいて。連絡するから」
何か肺に落ちないような顔で、しかしいずれもらえるだろう大金に口元を緩めながら、サトミはジャスコ前で車を降りた。さようならー。後で間い合わせてきても、「落札されなかった」の一言ですべて済む。それで怒るなら言ってやる。悪いのは俺じゃなくて、商品に価値を見いださなかった連中なんだよと。それにしてもこんなにうまくいくとは。勝因は、ヤフーオークションという、実態はよくわからないがなんだか先進的っぽいイメージのキーワードを持ち出すことで、サつまく煙に巻いたおかげだろう。この調子でいけば、半水久的にタダマンできるんじゃないのか。
よし、またメッセージ出してみるカーしかしその前に俺は、サトミから入手したパンティに写真をつけ、実際にヤフオクに出品しておくことにした。売れる売れないはどうでもいい。これからも同じ手法でいろんな女を落とすとき、実際の出品ページを見せてやったほうがダマしやすいだろうと思ってのことだ。入札履歴がないのはマズイから、
別IDを取得して入札にも去加し、商取引が成立していることをアピールしておく。あまりに高いのも変なので途中経過の額として3千円ぐらいにしておけばいいだろう。
「写真なんかどこにもないじゃない」
この准備が無駄に終わらなかったことは、その数日後に捕まえた短大生のヒロコが証明してくれた。前回と同じメッセージに同じように食いついてきた彼女は、対面していざラブホに向かおうとした矢先、こんなことを聞いてきたのだ。
「そんなエッチなのオークションで売ってるんですか?」
ヒロコの知識の中では、ネットオークションで売買されているのは家具や電化製品なのだそうだ。「うん何だっていいんだよ。ほら、見てみる?」
ヤフオクにアクセスし、現に出品されている画面を見せてやる。パンティ3000
「ね、こーゆーの好きな男がいるんだよ」「えー、でも写真なんてないじゃないですか」
うむ確かにそのとおり。文字のみしか見られないからしょうがない。
「これは、ほら、ケータイだから。パソコンからならちゃんと写真も見えるよ」「ウッソだー」
「ほんとほんと」「えーウソだあ」
疑い深い性格なのか、実際に見てみないと信用できないと言う。それならノコノコ出てくるなっての。
「家に帰ってパソコン見ればいいじゃない」「だって持ってないもん」
困った。俺の家にはあるが、ヤリ逃げするんだから連れて帰るわけにもいかず、かといってこんな田舎町にインターネットカフェなんて粋なものはない。くそ、こんなことならページをプリントして持ってくればよかった。
「でも見る方法ないしなあ」「じゃあ先にお金ちょうだいよ」
「だかり俺が買うんじゃないから、それは無理だよ」「だってー」
まあ、彼女の言い分もわかる。といつかむしろこれが普通だろう。サトミがヌケてただけなのだ。うーんどうしよう。
「あ、そうだ・・」
俺は家電屋の店頭にデモ用のパソコンがー台置いてあることを思い出した。常に横にくっついてくるうっとおしい店だが、この際あそこに行くしかない。店員や客の目を気にしつつ、オークションページへ。打ち込むと、大股を開いたサトミの写真がどーんと登場した。ヤバイヤバィ、あっち行けー「ね、あったでしよ」
やれやれ。ため息をつきながら俺は、今後のためにとすかさずそのページを「お気に入り」に追加しておいた。ごめんなさい、〇〇電気さんー
あるパンティに男が入札。その額なんと2万円ー
この後も俺は、エンコー掲示板を利用しては力モを見つけ、ちょくちょくと彼女らの肉体を頂戴した。誰も疑わず、誰も抵抗せず。今までこんな連革に金を払ってヤラせてもらっていたのか悔しくなるほどの簡単さだ。おかしいのは、疑惑対策として出品しただけのパンティに、実際に入札があったことだ。
落札されたはずの商品をまた出品するのもおかしかろうと、オークションが終了するたびに新しい女の写真をアップして出品し直していたところ、ある女のパンティにー人の男(たぶん)が興味を示したのだ。その男XXbabγ9-9氏は、初めに俺の入札価格からアップの3-00円で入札し、試しに俺が額をつり上げると自動入札制度を利用してすぐに追いかけてきた。5000円、6000円、そして一気にー万円と入力しても、babVは100円増しで入札してくる。落とし合いの末、2万円を超えたところでbabXは振り切られた。
こんなものに2万円も出そうなんて男がいるのだ。そんなに女が良かったのか。売ってやりたい気持ちは山々だったが、モノがモノだけにイザコザに巻き込まれそうで怖い。俺は5万円で入札してbabyの追撃を振り切った。今は、どうせ女をダマすためだけなんだからと、開始価格を3万円にして他人の落札を防ぐことにしている。またこのほうが、女もほいほい付いてくるのだ。まったく金の亡者たちめー
★13人の女とタダマンして、トラブルは一切なし。メールアトレスは頻繁に変えるので女かりの苦情もなく、今もなおこの方法は続いている。これだけうまくいくのも、パンティを高く売りたい→写貢が必要→もっと高く売りたい→シミが必要と、いったん話に乗ったが最後、ズルズルと引き込まれざるをえないルール(理屈)を用意しているからだろう。
※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすために自己責任で読み物としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。

素人エロ写真・ヤラセと本物ハメ撮りの見分け方

SnapCrab_NoName_2019-6-9_9-9-24_No-00.png
裏モノの読者ページを読んでビックリした。というのも、この投稿主、
「素人ハメ撮り・野外露出は仕込みのモデル。エ口本雑誌はヤラセで作られている」
などと題し、エロ本に掲載されている素人がらみの写真が、すべてツクリだと抜かしているのだ。いやはやヒドイ思いこみと言わざるを得ない。確かに星の数ほど出版されているエ口本業界、中には素人をうたい文句に仕込みのモデルを使う雑誌もあるだろう。
が、一方で正真正銘、本物のハメ撮り写真がきちんと存在してることもまた事実
フリー編集者として、マニア雑誌の大手出版社で10年以上仕事をしてきた私が制作現場の実状を紹介しよう。
プ口のモデルに趣つギャラを考えたら…
まず、エロ雑誌にはおなじみ、素人ハメ撮り。私がかかわったマニア誌には女性読者も少なくない。といっても、何らかの形で編集部にコンタクトを取ってくるのは月にして4、5人程度だろうか。彼女らの目的は、ずばり雑誌に素人モデルとして出ることだ。当然ながら作り手としては「編集部に遊びにきたスケぺ読者が・・」といっノリで、プ口のモデルをハメ撮りをさせてもらう。素人のリアルな痴態が見たい。作り手としては、そんな読者の期待に応えなければならない。
読者から送られてくる読者投稿はおばさんから掲載不可能な低年齢の女のコまで、それこそ段ボール箱に山積みになるほどだ。その中には、公園はおろか、性器、挿入、野外露出、とにかくた<さんくる。
ガラガラに空いた電車内で本番を実演、を送りつけてくるバカップルまでいたりといずれも掛け値なしの本物。プ口のモデルでねつ造することを考えれば、投稿や読者モデルへ支払う謝礼など微々たるものだ。
しかし、冒頭でも言ったとおり、この業界であちこちヤラセが横行しているのもまた事実。実は私が過去に編集した雑誌でも、会社に編集費の無駄づかいだと文句を言われいた。もちろん、それは素人モデルが見つからないからでも、野外露出マニアのカップルがいないからでもない。素人の写真を寄せ集めただけでは、誌面がつまらなくなってしまうからだ。
当然のことだが、素人の写真だけで雑誌を作っても、どこか片寄った、チープで寂しい内容になってしまう。裸ばかりではなく、たまには洋服を着た写真がないと女性の魅力はわからない。あるいは性器のアップだけではスタイルの良さすら、わからないだろう。
どうやれば女性がより恥すかしがるかを考慮しただけで、読者に与える興奮度が大きく変わってくるのだ。とはいえ、まさか編集者が投稿者に写真の構図を指示するわけにはいかない。そこで、ヤラセの写真を本物の投稿写真に混ぜておくことで、投稿マニアに、どんなアングルや表情が読者に受けるのかをそれとなく伝えているのだ。
エ口本雑誌の編集者は、間違っても、手間や金を惜しんでヤラセをしているのではない。ヤラセはあくまで雑誌の質を高めるため。少なくとも、私が出入りしている出版社では、どこも似たような事情だった。
女性読者から執勘なストーキング
さて、ここまでの話を読んだみなさんは、素人の、それもハメ撮りしたがりの女性と接触できて、さぞやオイシイ仕事だとお思いになるかもしれない。まあ撮影と称して、やってることは確かにセックス。その意見はもっともだ。正直なところ、エ口雑誌の仕事にたずさわるまで素人童貞であった私が、この業界ではモテモテ気分を味わっている。話術もなく、スポーツもてんで苦手のサル顔。そんな、モテる要素がーつもない私に女が絶えないのだ。
ごくまれだが、信じられないほど外見、中身ともに最高の読者モデルと出っくわす機会もある。当然、プライベートでじっくり楽しんだこともー度や2度ではない。最近の若者の風潮なのだろうが、面白かったらいいじゃん的なノリで脱ぎたがるコにバッティングする率は高まる一方だ。
そう考えると我ながらベストな職業選択をしたと思うこともあるにはある。しかし、事はさほど単純ではない。実はこの読者モデル、とんでもなく危なっかしい存在なのだ。考えてもみてほしい。わずかな謝礼で、自分の裸体を公にさらせる女がマトモなわけがない。その大半は、世間一般の常識から逸脱した方々である。
精神的に不安定なぶん、話を熱心に聞いてやるだけでコロッとなびいてくる女の多いこと。そういった誘いが身近にあるだけに、後でエライ目に遭わぬよう、十分に用心を重ねなければいけないのである。端目には、何をノーテンキな戯れ言を抜かしてやがるんだ、などと思われるかもしれない。
確かに、自分の異常さを自覚して応募してくるマシなケースだってある。社会復帰へのリハビリを兼ねようというのだ。モデルやライターをやるうち、見事に社会復帰を果たしたコもいた。が、心のバランスを崩した読者モデルの執勘なストーキングに悩まされういには自分までイカれてしまった者、軽い気持ちでやっちゃったはいいが、女が抱えた深刻なトラブルに巻き込まれて社会から脱落していった者など、恐ろしい例は周りにクサるほどある。目の前の快楽に飛びつくには、それなりのリスクが待ち構えていると覚悟しなければならないのだ。

リベンジポルノ対策はハダカ写真やハメ撮り動画を撮らせないのがベスト

201512_000060.jpg 201512_000061.jpg 201512_000062.jpg
近年流行りのイタズラと言えば、やはりリベンジポルノだろう。男が過去に撮影した女のハダカ写真やハメ撮り動画を、痴情のもつれからネットにアップする事例が頻発している。
『リベンジポルノ防止法』が整備され、リベンジポルノをやらかした男たちの逮捕が相次いでいるが、最近は、法の網をくぐろうとするテクニックも生まれている。使われるのは、『写真袋』だ。スマホで撮った写真をネット上に保存するアプリだが、〝合言葉〞さえ判明すれば他人のフォルダものぞけるため、合言葉探しマニアたちが跳梁跋扈している。
リベンジポルノを企てる連中は、そこに目を付けて次のように悪事を働く。
1.ターゲット女性のハメ撮りを『写真袋』にアップ。
2.〝合言葉〞をシンプルなモノにする。例えば「1234」とか「デート写真」とか。
3.マニアたちに合言葉が簡単に見つかり、ネット上にハメ撮りがアップされる。
この流れでの流出ならば、意図的ではない(むしろ被害者)ため、現行法で処罰することは難しいという認識なのだろう。
エンコー女性、要注意!小さな機器で自宅がバレるかもしれません
最近、GPS発信器が進化を遂げて、かなり小型のものが巷に出まわっている。精度も高く、屋外であれば半径10メートルの範囲で特定することもできる。こいつを使って、援交女たちにキツイお仕置きをしようとする輩が存在する。まず、援交女とのプレイを盗撮したら、フランクなキャラで積極的に打ち解けていき、なるべく多くの家族情報を手に入れる。ターゲットが実家暮らしで、親が経済的に恵まれていたり、社会的立場の高い人物だとわかれば、隙を見てターゲットのカバンの中に小型GPS発信器を入れ、自宅を特定するのだ。発信器は小型なので、カバンの底に入れられるとすぐに発見するのは難しい。盗撮映像をカラー写真に焼いて実家に送りつける、ユスリ紛いの連中もいるという。ご注意を。
画像を見れば最後、スマホの通信速度がメチャ遅にスマホを持っている人はだいたい、パケ放題プランに加入していることだろう。1カ月間に5ギガや7ギガ(契約による)のネット通信を超過したら、以降の通信速度が異常に遅くなるというものだ。ネット通信が遅くなる条件はもう一つある。各携帯キャリアとも、3日間に1ギガ(もしくは3日間に3ギガ)の通信量を超えた場合、翌24時間の通信速度が劇的に遅くなる、というものだ。実際これに陥ると、ユーチューブはおろか、グーグル検索やなんてことないサイトの読み込みですら異常に遅くなり、いわばスマホが機能しない状態となる。今年の春以降、これを狙った悪事が流行っている。突然、ラインにこのURLが送られてきたら注意だ。下の写真を表示するURLなのだが、これ、実に2ギガものサイズなのだ。4G回線でこれを開いたが最後、途端に3日間1ギガの制限を超えてしまう。いきなりURLが送られてきても開かない? でもこんな言葉が添えられていたらどうか。
〈●●(共通の女友達など)がAV出てたんだって! これ見て〉
我慢できるだろうか。

出会い系でプロフィール写真と実物が違う女の言い分|パパ活体験談

201503120_20200106221648d95.jpg201503121_20200106221649bfb.jpg
ワリキリ掲示板に、こんなタイトルと共に、黒髪ストレートの美少女写真が貼られておりました。
もし「本人」と書いていなければ、単なるニセ写真としてスルーするところですが、わざわざ本人ですと断言している以上、嘘ではないのでしょう。会ってみるしかありません。
美少女ちゃんはメールでナマ中2・5の条件を提示してきました。カワイイ顔して大胆なものです。
では、このプロフィール写真をよく見て、次のアポ現場の様子をご覧ください。
やってきたのは南海キャンディーズのしずちゃんでした。絶対に別人なのですが、おもしろいもので髪型は一緒なのです。
「いや、あれ?」
「どうしました?行きましょうよ」
「うーん、ちょっと待って。なんか写真と雰囲気違うなと思って」
「えー、そう?でもそれワタシだよ」
「なんか目とかぜんぜん違いません?」
「一緒でしょ。だって本人なんだもん」
「写真はもっとパッチリしてるような気がするんだけど」
「えー、なんでー?いまけっこう眠いからかなぁ? わかんなーい。今日ね、オール明けで寝てないの」
「そうなんだ」
「お酒も飲んだし、仕方なくない?」
「輪郭もなんか違うと思うんだけど」
「そりゃあ時間経てば多少変わるかもしんなくない?」
…そんなこんなで逃げ帰ってきたわけですが、まあ、同じ髪型の写真を用意しただけでも、その努力を認めてあげるとしましょう。

カガミ越しのケツ撮り写真|エロ画像

0006_201807252008022da_20190824070447f70.jpg0007_2018072520080372b_20190824070449298.jpg0009_20180725200806744_20190824070452437.jpgニコ動やYouTubeには『弾いてみた』動画が多数アップされています。自分で楽器を演奏したので聴いてくださいねってことですね。でも素人の音楽などそうそうアクセスされるわけもありません。そこで女子演奏者が考え出したのがパンチラプレイです。これなら下手クソだろうが最後まで見入ってしまいますもんね。音声を消して拝見しましょう。
この秋、ハリウッド女優のスカーレット・ヨハンソンさんがこんな写真を流出させてくれたおかげで、女子の間でカガミ越しのケツ撮りが流行中だそうです。お洒落ってことなんでしょうか。
セレブってことなんでしょうか。みんな、必死でケツの穴きゅっとしぼって撮ってるんでしょうね。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます