出会い系のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:出会い系

出会い系で潮吹きを繰り返すセックス依存症|全国ヤリマン伝説

0097_201901171612400f1_20191103001450538.jpg0098_2019011716124140d_201911030014524f6.jpg0099_20190117161242f60_201911030014535b0.jpg
1、立ちんぼマニアのボクは知ってます。彼女は8年前からずっとこの場所に立ち続けています。現在の年齢は20代後半で斉藤由貴に少し似た雰囲気。客と目が合うと軽く会釈するのが彼女のやり方です。
毎日何時間も立っていると相当疲れるようで、仏頂面なときも多いです。それが暗い感じに映って、立ちんぼ仲間やオンナを求めてやって来る客たちからは「陰気ちゃん」と呼ばれています。一度遊ぶとケータイ番号を教えてくれます。着信履歴を残せば必ず掛けなおしてくるんですが、定期的に全く繋がらないときがあります。そんなときは決まってパクられています。これまで8回はありましたね。
2、界隈に10代ギャルの立ちんぼも多い中なぜか人気があるのは、諭吉1枚で遊べる激安価格と、24時間ヤリたいときに電話したらいつでも飛んでくる便利さがウケているからです。昼間、このバス停に行ってみてください。ほぼ毎日のようにお婆さんがベンチに腰掛けています。年齢は75、76才くらいでしょうか。いつも紺のスーツみたいな服を着ています。最初はバスを待っているのかと思ったのですが、にしてもいつもいるのはヘンだと思い、近所の人たちに聞いてみて初めて彼女が立ちんぼだとわかったんです。恐る恐る声をかけると、僕のような若造は全く相手にされません。ジュースをあげたら会話が出来ましたが、試しにフェラができるか聞いたところ、小首をかしげながらこう言います。「フェラ?あんまハイカラなことはできんで」
どうもフェラということばを知らないみたいなので尺八のことだと告げると、「それはヤレるで」。小5枚を提示された時点で、丁重にお断りして帰ったため、残念ながら本番の有無と料金はわかりません(買った人は見たことない)。
3、このサイトのピュア掲示板に友達募集の書き込みをしていたら、彼女から『あしあと』があったんです。気になってプロフを見たら日記が毎日書いてありました。その内容は〝昨日、潮を吹かしてもらった〟〝オナニーし過ぎた〟などエッチなものばかり(写メを見ると30 代と思しきぽっちゃり体型の女だった)。どうやらサイト内でオトコを探しては取っ替え引っ替えしているみたいです。ならばとメールを送ってみたら、いともカンタンに会う運びとなったのですが(写メより顎が長いオンナが来た)、本題はここから。彼女は私のことを自分の家に誘いこむや、そのままベッドに押し倒してきたのです。指マンしたらカンタンに潮を吹くわ、ボッキしたペニスを挿入したらまたまた潮吹くわ。もちろんお金なんて一切取られません。ボクはかなり重度のセックス依存症だと見ています。 4、彼女はこのテレクラの常連女です。自称30代のバツイチで、目的はエンコー、金額1万円です。いつ店に来ても必ずといっていいほどつながります。私はいつもガチャ切りしてたんだけど、その日はたまたま鳴りが悪く、つい彼女とアポってしまいました。少なからずどんな女なのか見てみたいという気持ちがあったのだと思います。待ち合わせ場所にやって来たのは顎が猪木みたいにヒンまがったシャクレ女でした。ま、こんなもんかとテキトーな言い訳をして逃げようとした途端、ガッシリ腕を掴まれました。「頑張りますから、一生懸命がんばりますから!」
結局、買わなかったけど、容姿のマズさをプレイ内容でカバーしようってことなんでしょうかね。
5、たまたま入ったスナックで知り合った女は、本業が医療関係のちょいポチャ。店で2人きりで飲んでるうちに、なんとなくいい雰囲気になり、その日のうちに彼女の住む寮に招かれたのだが、部屋のドアを開けて腰を抜かした。凄まじいゴミ屋敷だったのだ。コンビニ弁当の喰いさしなどの生ゴミだらけで足の踏み場はなく、台所には食器や大量の缶詰があふれ、トイレは飛び散り悪臭を放っている。風呂は赤い湯垢と黒ずみカビがビッシリで、足がヌルヌルと滑りまくって立つのもやっとだった。どうにかやることはやり、話を聞いてみると、俺のほかにもスナックで知り合った客たちを何度もこの汚部屋に連れ込んでるとか。俺は二度と行く気はないが、かなりの名器なので、関係を持った男たちが足繁くこの部屋へ通うのもわからないでもない。
6、食材の戸別配達会社のスタッフに、はるな愛に似た30代の女性がいる。彼女は営業(チラシを投函し、玄関で説明)をしながら、伴侶を亡くしたジイサンや単身赴任の男性を手コキやフェラで慰め、次々に契約を取り付けている。俺が思わず契約を結んでしまったのも、その過激なサービスがあったからだ。
「旦那さん、すごく男前ですね!ちょっとお話しできますか?」などとおだてられ、部屋に招き入れると、商品説明もそっちのけで、こちらにそっと身を寄せてくる。されるままにしていると、股間をまさぐってきて手コキ、さらにウェットティッシュを取り出し、チンコを消毒。そのままパクッと咥えてくれたのだ。一連の動作が慣れているので、おそらくこの作戦でいくつもの契約を取っているんだろう。

出会い系のサクラの手口とシステム全公開

さらば平成を振り返るルポ。今回は出会い系のサクラの話だ。※この記事は2005年の話です。当時のものとしてお読みください。
0108_20181118002717947_20191006114857f69.jpg0109_20181118002718c9e_20191006114859b8c.jpg0110_201811180027202c4_2019100611490026d.jpg0111_2018111800272148b_20191006114902922.jpg0112_20181118002723c3d_20191006114903d19.jpg0113_20181118002724beb_20191006114905984.jpg

ツーショットや伝言・出会い系ビジネスの経営は儲かるのか?

0144_20181108130912a1a_20191003170150237.jpg0145_20181108130913cb6_201910031701523ce.jpg0146_20181108130915d1f_20191003170153d3e.jpg0147_20181108130916915_20191003170155224.jpg0148_20181108130918ac8_20191003170156e39.jpg0149_20181108130919b46_201910031701581d9.jpgエ口雑誌や夕刊紙を見ると、必ず掲載されているのがツーショットダイヤルの広告。夜中、一人身の寂しさについ電話をかけてしまう男性読者も多いはず。テレクラと違って、自宅から利用できるのがツーショットの良いところだ。電話をかけると最初に流れてくるのはコンピュータの自動音声。その指示従って操作を進めると、すぐに女性とドッキングできる。でも、よく考えてみると、コレって実にオイシイ商売なんじゃないだろうか。まず店舗を構えなくていいのが魅力的だし、男性と女性、それぞれのコールを取り次ぐ作業もコンピュータが勝手にやってくれる。実際、コンピュータとそれを設置する場所さえあれば1人でも開業できるし、そのような業者は多数存在する。あとは発行部数の多い雑誌に広告を出しておけば、ジャンジャン電話がかかってきて、男が銀行口座に金を振り込んで来るのを寝ながら待つだけ…。
コレがホントなら皆が皆手を出してそうなもんだが、それじゃあまりに話がウマ過ぎるというもの。簡単に儲かりそうな商売だからこそ、裏は必ずついて回る。開業の手順を見ながら、説明しよう。ツーショット番組を始めるにあたっての第一歩は、まず、男女のコールを繋ぐためのシステム(要するにコンピュータ)を購入すること。現在、国内にはこのシステムを販売する専門メーカーが数十社あ
り、購入の際には電話回線などもセットで付いてくるので、番組を運営するのに必要なハード面はほ
ぼ揃ってしまう。販売メーカー選びは、どれだけ慎重になろうと、なりすぎることはない。なんせ、ツーショットの心臓部ともいえるほど重要なモノだからだ。多くのメーカーは無想艇極誌などに広告を掲載しているが、中でも有名なのはイーステムやベルウッドといった都内の会社だ。特に前者は、素人でもすぐに使えるほど扱いやすい商品が多く、ほとんどのツーショット業者が採用している。
ただ、システムと一口に言っても、番組の形態によってタイプが分けられてくる。男女がランダムに繋がるねるとん系の番組ならドッキング一忽式、SMなどのマニア向けの番組ならプロフィール方式を採用しなければならない。さて気になるお値段だが、決して人目に触れないモノだけに、安くて100万、高いと1千万円以上と相場はあってないようなもの。メーカーによっては個人レベルで質のよいシステムを安価で販売してくれるケースもあるが、うっかりヘンな販売元から買ってしまうと、言い値でかなりの高額を吹っかけられることも。とはいえ、逆に値切る余地がでてくるのも事実。相手と交渉する際には、希望小売り価格の半額にさせるくらいの意気込みで臨みたいところだ。また、値段ばかりでなく、購入後のアフターケアが充実しているかどうかも販売元選びの大切なポイントのひとつ。特に、地方で開業する場合、トラブルにすぐ対応してくれるかどうかは絶対に確認すべき点である。大家に(したら、一巻のオシマイシステムを購入すれば、それを設置するための物件選びである。実は、これがけつこう厄介な問題なのだ。通常、ツーショット業者は、郵政省の認可を受け、場所的にもテレクラ規制条例(学校などの施設の付近では営業してはならない、などの細かい規制がある)に抵触しない範囲で営業を行うようになっている。ま、実際には無許可で営業しているところも少なくないのが現状だが、ならばどんな物件でも選び放題かといえばさにあらず。ツーショットは最低でも男女各8本、合計でも拓本という大量の電話回線を必要とするため、一般家庭用のマンションの造りでは、とても対応できず、どうしてもオフィス仕様の物件を選ぶ必要があるからだ。
もっとも、家賃の安そうな木造モルタルのアパートの一室を借り、電信柱から直接電話線を引いてく
る、なんて荒ワザもできなくはない。表向き、NTTはそうした危ない工事は受け請っていないが、交渉次第では何とかなってしまうものなのだ。しかし、そこまで寛容な大家がどこにいるだろうか。「マンションヘルス」の事情とまったく同じで「部屋はツーショットに使います」などと馬鹿正直に言えば、門前払いを食らうのがオチ。せいぜい広告代理店などと称して入居し、バレないのを祈るしかない。ヒサンなのは営業中に(してしまった場合。当然ながら、追い出しを食らって引っ越さなければならなくなるが、事務所の住所が変われば、同時に電話番号も変わる。ようやくリピーターが定着しつつあるツーショット番組にとって電話番号が変わることは、死を意味するほど大きな痛手なのだ。この問題をクリアするいちばんの方法は、システムを購入した先の販売メーカーに相談してみることだ。実は、メーカーによってはサクラがロリ声で大人気。宣伝はどんな商売にもつきものであるが、ツーショット広告に関するかぎり、これほど重要な要素もない。男性向けと女性向けの媒体は別々なので、順を追って説明することにしよう。まずは男性から。男性コールを募る上で、最も効果があるのが実話系週刊誌である。ところが、人気の媒体にすぐに広告が打てるかといえば、実際はまずムリ。広告代理店の力関係にもよるが、すでに大手の業者がスペースを確保しており、どれだけ金を積もうが新参者にはなかなか空きが回ってこない。専用スペースを有料で提供または紹介してくれる場合がある。これなら、事務所は別の場所に構えておき、モデムを介して機能を遠隔端末に呼び出すことで業務が可能。自由に事務所を移転できるというメリットもある。そこで、弱小業者は男性ユーザーの目を引くべく、なるべくコピーを過激にしたり、マニア向けの番組を小スペースで掲載したり、他業者の広告に相乗りさせてもらう(よほど相手と親密な関係がないと難しいが)など、苦肉の策を講じている。さらに、他社の伝言ダイヤルの女性用フリーダイヤルからアクセスして自分の番組をダダで宣伝したり、一回くらいはパクられることも覚悟の上で、町中の電柱に捨て看板をくくりつけたり、シールを作って公衆電話に貼ったり、駅前でゲリラ的にティッシュをバラ撒いたりする業者もいるほどだ。続いては、女性向けの広告。といっても、男性と同じ要領で考えるのは間違い。むろん、マジメに素人女性向けに広告を打つ業者もたくさんあるが、ほぼ100%に近い業者が、同時にサクラ募集の広告を出しているのだ。ソレ用の媒体で有名どころと言えば「ていんくる」や「yukai」などに代表される風俗.水商売専門の女性向け求人誌。
たいていは「テレホンレディ募集!在宅でしっかり稼げます」なんて名目で載っており、給料の金額を誇張して掲載するのはアルバイト募集の常套手段。一定の仕事量をクリアして初めてボーナスが加算される能力給制度にしておき、その最高額を載せておく分にはウソにならない。実際の平均時給は、800円から高くて1千円だ。ま、これでうまく集まればシメたもんだが、どっこいそうもいかないのが現状。というのも、テレクラ規制条例の施行以降、素人女性のコールが激減した影響か、後ろめたさが先立つのか、最近ではバイト希望者の数も減っているのだ。そんなワケだから、バイト希望者がナンバーディスプレイをしたまま電話をかけてくれば、たとえ条件面で折り合いが付かなくてもこちらから電話をかけ直して強引に登録させたり、他番む業者もいる。組の男性用回線から入って片っ端一見、非効率的なように思われから引き抜いてくるなど、あの手るかもしれないが、あなどるなかこの手を使ってサクラ確保に勤しれ。1週間かけてゲットしたのが女性専門求人誌を見れば、サクラ募集が腐るほど掲載されている1人だったとして1人だったとしても、人気の高いロリータ声の女の子なら、人分の戦力に相当するのだ。ただ、本物のロリータ娘を使ってしまうと摘発の対象になりかねない。パスポートや免許証など、偽造しにくい顔写真付きの身分証明書をバイト希望者から事前にファックスや郵送で送らせる業者が増えているのはそのためだ。
もっとも、案外と稼ぐので不思議に思って会話をモーターしてみたら、母親が娘に仕事をさせていた、なんてシャレにならないケースあるほど。そんなモン、いちいち会ってられるかとの声もあろうが、1年ほど前には某大手ツーショット業者が青少年保護育成条例の違反で摘発されている。二の舞いにならないためにも、女の子を登録する時は細心の注意を払うべきだろう。
サクラのコツ生かさず殺さず
こうして集めたサクラも、最初のうちは海千山千ではなく、素人丸出しなのは当たり前。もともとしゃべり上手でどんなきわどい会話もOK、なんて女のコはそうザラにはいない。変態オヤジとの会話に辞易して自分から電話を切るくらいならまだいいが仲良くなった客にサクラとバラしてしまえば、客は二度とかけてこなくなってしまう。そこでやはり、サクラの教育がどうしても必要になってくる。全員に職菱忌識を浸透させるために、どの業者もマニュアルを作って郵送しているのだ。マニュアルは、会話のノウハウだけでなく「男性客と会った人間はクビにする」などのペナルティも必要。なぜなら、客と会ったサクラが援助交際をして事件にまで発展した場合、業者側は売春防止法のほう助罪を食らい、営業停止処分どころかブタ箱に入るハメにもなりかねないからだ。そこでいちばん効果的な教育方法は、客との会話をモーターしておき、電話が切れた後で注意を促すという手。余談だが、これを1番の楽しみにしている経営者も少なくない。他人の会話を盗聴できるという喜びもさることながら、サクラとコミニュケーションを計ることで、いとも簡単にお近付きになれてしまうのだ。客に会うのは抵抗があるサクラも、業者の人間には心を開くのだから不思議なもの。客にとっては不愉快極まりない話だが、業者の人間にしてみれば、仲良くなったサクラとヤれてしまうのは当り前の役得なのである。

知られざるナンパ・出会い系ツールとして外人サイトかなり使える

0028_20181105014910ddc_20191001180815820.jpg0029_20181105014911906_2019100118081642d.jpg0030_20181105014913f7b_201910011808188cb.jpg0031_20181105014914313_201910011808197e6.jpg0032_20181105014916f6c_20191001180820bda.jpg0033_20181105014917dab_201910011808221f3.jpg感覚的な話になってしまうが、この外国人出会い系サイトには、いわゆるガイジン好きバカ女系と、男慣れしてない非フェロモン系の2種類が混在し、圧倒的に後者が多いようだ。が、逆を言えば、男好きするタイプじゃない女性こそ、倍率が低く落としやすいとも言える。キンパツ姉ちゃんと一発という夢は、傍くも幻に終わってしまったが、約2ヶ月にわたりこのサイトを利用して、知り合った女性の数は6人、うち2人とは体の関係までに至った。この先もう少し粘れば増える気もする。出会い系シールとしては外人サイト、かなり使えそうだ。

出会い系で若いコを探す***検索法

201508105.jpg 201508106.jpg 201508107.jpg
生でセックスしたい。だけどゆきずりの女やエンコーのときは基本断られる。であれば、挿入直前にこっそりコンドームを外せばいいのだが、あの「パチン」音でバレてしまう。そう考えたときにまず思いついたのがラブホの有線を大音量で流すことだった。だけどさすがにJポップとかロックなんかを流してるのは不自然だし、やかましいったらありゃしない。そこでたどりついたのが以下の方法だ。ラブホに入ってベッドインする際に一言。
「オレさ、スローセックスにハマってるんだよね。ゆったりまったりみたいな。そういう音楽かけて
いい?」
自然に音楽を流すための名目だ。そういうキーワードって流行ってるし、女も理解してくれる。言い終えるやいなや枕元の有線をいじる。小鳥のさえずりとか波の音みたいなチャンネルに合わせ、大音量にする。あとは普通にセックスを始め、バックで挿入するときにゴムを外すだけ。チュンチュン、ザザーにまぎれてパチン音が聞こえなくなるという寸法だ。
●オススメ有線チャンネル
D-56(森林浴)
E-16(小鳥の声)
J-17(バリ・ヒーリング~神々の島の癒し~)
J-24(癒し空間BGM~α波の誘い~)
2アスタリスク***を入力する作戦
出会い系をやってる友人がある日、スマホの画面を見せてきた。
女の子の募集文面だ。現役***です 大人の交際で会える人メールくださいん? 現役ってもしや、出会い系をやるには若すぎる年齢の子では…。問いただした結果、コイツ、様々な出会い系で若すぎる子を探しているらしい。だが普通に検索するのは難しいそうで、コツがあるとぬかす。
掲示板検索の「キーワード」欄に『*(アスタリスク)』を入力するのだとか。若すぎる子が自分た
ちの年齢や所属を書き込んだときに伏字(*)にされることを逆手に取った検索方法だ。探すだけならいいのかもしれないけど…。ああ、恐ろしい。
3ローションフェラを堪能する方法
唾液の少ない子や下手くそな子のフェラってガッカリしますよね。ところが、女の子にローションを口に含んでフェラしてもらうと、それはもう滑らかでトロトロの感触になり、一気に気持ちよさが倍増するんです。でも女の子って、ローションを舐めること自体に抵抗があるみたいで、ローションフェラを頼んでもイヤな顔をされてしまいます。巷にはイチゴ味のフレーバーローションだとか、昆布のエキスで作った身体に害がないローションなんて商品も出まわってますが、いくらオイシイとか安全だとか説明しても、ぜんぜん乗ってきてくれない。そこでこの「ラブシロップ」です。見てください、この広告。パンと一緒に並べられたローションの写真は、一目で「食べても安心」と納得させるパワーを持っています。なんだこれ、休日のおしゃれブランチかよ! 安全だなんだと言葉を尽くすよりも、1枚の写真のなんと説得力のあることよ。なので、女の子とエッチする場面になったら、この写真を見せつつ、「このローション面白そうだから買って見たんだけど」と言いつつラブシロップ
を取り出せばよろしい。思う存分、ローションフェラを堪能できるでしょう。
4パンツに精液シミを付けないのではなく、付いても平気なパンツをはけ
パンツの裏地についた精液のシミは、浮気バレの原因になりうるが、困ったことにこの現象を完全に防ぐのは難しい。射精後にいくら亀頭を拭っても、尿道に残った精液があとでじんわりと漏れてくるからだ。ならば発想そのものを変えよう。精液のシミが裏地についても、嫁がソレと気づかないような色のパンツを履けばいいのだ。しかしこれが意外と難しい。黒や紺、グレーのような暗色ではシミが白く目立つし、かといってホワイトではくっきりと黄ばみが出来てしまう。だが、実験を続けた結果、ようやく最適の色を発見した。イエローだ。中でもGUのボクサーパンツ(490円)が素晴らしく、どこにシミがついているのか、本人ですらわからない。まさに賞賛すべきカモフラージュ力だ。女遊びのお盛んなダンナ連中はすぐにGUへゴー!

出会い系のピュア掲示板に乙女の精一杯のシグナルを見つけたので会ってみた|パパ活体験談

0126_201809240030500ab.jpg 0127_2018092400305155d.jpg
出会い系のピュア掲示板には「買い物」「映画」「食事」など女からのデートの誘いも多くあります。そのほとんどは男に奢らせて用事が済んだら即バイバイという都合の良いデートなのでありますが、その中で平日の昼間に異彩を放っていた書き込みが一つありました。
『新宿のバッティングセンターに一緒に行ってくれる人いませんか?』
一見すると帝京高校野球部員の書き込みかと思いますが、これがなんと21歳女子のものなのです。
果たしてそんな若い女子が平日の昼間からバッティングセンターに行く相手を募集するでしょうか。そうです、これは遠回しにラブホに誘ってもらいたがっているのです。新宿のバッティングセンターと言えばご存知の通り、歌舞伎町コマ劇裏のラブホが乱立する一帯に存在します。つまり、これはラブホに行きたいという気持ちを持ちつつも恥ずかしくて言えない乙女の精一杯のシグナルと捉えるのが正解なのです。早速アポを取り西武新宿駅で待ち合わせたところ、そこに現れたのはマイ金属バットを担いだ長与千種によく似た女性でありました。わざわざマイ金属バットを持参するとは随分なカムフラージュです。相当な恥ずかしがり屋なのでしょう。見た目は残念でしたが据え膳食わぬは男の恥、軽く挨拶を交わしラブホ街へ向かいます。歩きながら「よく募集してるの?」と聞くと長与は「チームの練習が今日休みなんで」と奇妙なことを口走りました。
「こういう時に少しでもバット振ってスタメンに追いつかないと」
雲行きが怪しくなりつつラブホ街に突入するも、長与は迷うことなくバッティングセンターへIN。さらに革製の手袋まではめて本格的な野球スタイルに変身しました。「300円っす」言われるままにマシンにコインを投入すると、豪快なスイングで110キロの球をセンター返ししだしました。俺も付き合いで80キロの球を打ったのですが「脇しめて」とか「最後までボール見て」とかアドバイスされる始末です。最後の手段として「ホテルで軽くマッサージでもしようか」と言ってみるも「自分そんなヤワじゃないんで」とさらに80球ほど弾丸ライナーを飛ばし、その後ランニングで駅方向へと消えていきました。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます