出会える - 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレの作り方
2018/08/07

即ハメ率が妙に高い女性と出会えるサイト・アプリ

0063_201808070928530c3.jpg 0064_20180807092854647.jpg
テレビCMでもやってた、「売ります・あげます」でおなじみのジモティー。意外に知られていないが、実はサークルメンバーや飲み友募集などのコーナーもある。僕はここのサークルにいくつも所属しており、オフ会にも頻繁に参加している。たとえば『同世代オフ』とか『既婚者限定で飲みに行きましょう』『恋活サークル』などだ。これ、オフ会(基本的には飲み会)で仲良くなってライン交換して、後日2人で会う、みたいなオーソドックスな出会いももちろんあるのだが、もう一つオイシイ手法が。メンバー数が少ないサークル(もちろん近隣で探す)の女性オーナー、もしくは参加女性に、ジモティー内でメールを送りまくるのだ。せっかくサークルを作ったのに盛り上がらず凹んでるオンナと、サイト内で仲良くなってしまうわけだ。そして『オフ会の前にサークルの盛り上げ方を話し合おう』みたいに持っていき、アポイント。女の年齢は20代~40代と幅広いものの、皆さびしがり屋でであることは共通していて、即ハメ率が妙に高い。僕が見つけた穴場なので、あまり荒らさないでくださいね。
『25才以上限定!大人専用の出会いの場』がコンセプトのSNSである。有名なブログ会社の「アメーバ」が運営しているということもあってか、ユーザー数はかなり多い。オレが注目したのは、さすがは大人専用のSNSと言おうか、不倫をテーマにしているコミュニティが豊富にあるところだ。
『不・倫・関・係☆作りたい』
『決して認められない恋してますけど、ナニカ』
『immoral Love』
『結婚しててもトキメキたい』
どのコミュニティも、基本はユーザー同士が掲示板(全員が見れる場所)に書き込むスタイルで交流する。「新鮮な出会いが欲しいです」「婚外カノジョと11ヵ月目を迎えました」といった具合に。
なもんで、まずは掲示板で目星を付けた女性ユーザーと何度かやりとりし、個別のやりとりへ誘うのが王道パターンだ。不倫系コミュニティなんかに入って入る女は普通に食い付いてくるし、アポのハードルも低いと断言する。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2018/08/05

ペアーズは出会い系サイトにはいないような普通の女性と出会える説検証

0118_20180805104130e41.jpg 0119_20180805104131648.jpg
ペアーズの特徴は、出会い系サイトにはいないような「普通の女性」と出会えるところにあります。今回見つけた30才のサキもやはりその例に漏れませんでした。
プロフィールの職業欄には「教育関係」とだけ書いてあった彼女。あまり触れられたくないのかもと察し、仕事の話は置いておいて適当な雑談で彼女の生い立ちを聞き出しました。大学を卒業後、すぐに今の仕事に就いたというサキ。最後に彼氏がいたのは高校時代までさかのぼるといいます。大学は女子大で(ペアーズは女子大卒のコが本当に多いです)、合コン経験もゼロ。アプリを始めたきっかけは、いよいよ30になり結婚を意識したからとか。アポ後に入ったのは明るめのワインバーでした。
「そういえば、仕事聞いてなかったね。なんだっけ?」
「フルートの先生やってるの。大学が音大で、卒業してから教室でずっと働いてて」なんと!
ペアーズは、こういうレア職業の女のコを次々ハメていくスタンプラリー的な楽しさがあるんですよね。サキは週に3回、市内の中学校で吹奏楽部の指導もしてるんだとか。
「サキちゃん、男子生徒のこと誘惑してるんじゃない?思春期の男の子をからかったら許さないから!」
「してないよ?!ってか色気欲しいくらいだもん(笑)」 「それは大変だ!だってずっと男のコと手とかつないでないんでしょ?練習しよっか?」
そういって手を握り、彼女の手のひらを自分の胸に持って行きます。
「あ、なんかドキドキしてきたかも。サキちゃんは?」
「うーん、わかんないかも…」
恥ずかしがるも、身体を触られることに抵抗がない音楽の先生。店を出て再び手をつなぎ、腰に手を回すともたれかかってきました。その後は僕の下のフルートを上手に吹いてもらいましたとさ。
2018/05/26

出会える電書喫茶にワンナイトラブ居酒屋

201506101.jpg 201506102.jpg
店内は一人がけのソファがいくつも並んでおり、客は店員からタブレット端末を渡される。そのタブレットを使って店内にいる女性客とチャットをし、仲良くなったらそこで飲むもよし(バーカウンター併設)、外に出て遊ぶもよしってな流れだ。こういう店は非常に珍しいので、平日休日問わず、けっこうな賑わいだ。何よりいいのは、直接的な声かけをしなくていい点だ。店内に目ぼしい女性客を発見したらタブレットで、『黒のキャミソールの女の子、めっちゃ可愛い』などと会話をスタートさ
せられるので、俺みたいな勇気ナシ男に嬉しいシステムだ。ここだけの話、普通に食事とかカラオケ希望の女にまぎれて、エンコー女もちょこちょこいる。そんな子を、あらかじめ顔を見た上で選べるのだからその点でも素晴らしい。店員さんのノリがとにかくイイ店です。僕がここをたびたび利用してるのは、けっこうな確率で見知らぬ女性と飲めるからにほかなりません。
この店、合コン希望の男女グループが登録しており、日時が合えばいざ合コンというのをウリにしています。ですが、僕みたいに飛び込みで行っても合コンをさせてくれるのです。その場にいる女性客や、店員さんの知り合い女性を呼んでくれることも。で、即席なのでだいたい男女人数があわないことが多く、店員さんが合コンに混じって会話をリードしてくれるんですね。そんなにおしゃべりが面白くない僕らにとっては最高の相棒です。地元の人間だけじゃなくて観光客も多く、過去ワンナイトラブができた女性も旅の途中でフラっとやってきた子でした。お酒と旅の開放感のたまものです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?