出張のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:出張

  • 2018/09/23裏情報

      セフレと一晩しっぽり過ごしたいとき、嫁さんへの言い訳として“出張”を持ち出す人は多いと思う。「来週、京都で会議なんだ」とか、「名古屋支社の視察に行ってくるわ」とか。ホントは隣町のラブホに宿泊するくせに。むろん、口先だけのウソで通用する嫁さんなら言うことはないが、日ごろから疑り深い嫁には出張先の土産くらいは用意しておかないとあとでいろいろ面倒だ。でも、いったいどうやって?いい方法がある。全...

    記事を読む

  • 2018/06/02突撃リポート

         怪しげなエステのことではない。ああいうとこは追加料金でエ口いサービスをしてくれるのが暗黙の了解になっている。そうじゃなくて、ビジネスホテルに来てくれる、日本人のおばちゃんによるごくごく真っ当な指圧。てもみんの延長のような、エロスの香りなど微塵もないマッサージのことだ。はたしてあのおばちゃんたち、お願いすればチンコのコリまでほぐしてくれるのか?AVなら成功例は目にする。...

    記事を読む

  • 2018/05/03援助交際・パパ活

    ゴム付きイチゴーの条件で打診したところOKの返事が届いた。女の自宅は杉並にある某駅近くとのことだ。電車を乗り継ぎ、指定の駅へ到着。その道中、メールで駅の出口からマンションまでの道のりが送られてきた。『…その横が新聞屋さんで、さらにその隣がわたしのマンションです。部屋は○○号室なのでインターホン押してくださいね』メールの通りに進んでいくと駅から3分ほどで目的地に到着。またもや予想を裏切る立派な造りのマ...

    記事を読む

出張とウソをついて浮気するには現地の土産が必要だ

201508095.jpg 201508096.jpg 201508094.jpg
セフレと一晩しっぽり過ごしたいとき、嫁さんへの言い訳として“出張”を持ち出す人は多いと思う。「来週、京都で会議なんだ」とか、「名古屋支社の視察に行ってくるわ」とか。ホントは隣町のラブホに宿泊するくせに。むろん、口先だけのウソで通用する嫁さんなら言うことはないが、日ごろから疑り深い嫁には出張先の土産くらいは用意しておかないとあとでいろいろ面倒だ。でも、いったいどうやって?いい方法がある。全国47都道府県それぞれの土産物を一手に販売する通販サイト「ギフトランド」を使えばいいのだ。土産の種類は各県につき5種類以上と豊富なので、嫁の気に入りそうな銘菓や食品は必ず見つかる。出張(浮気)前に土産を職場にでも届けておいて、そいつを持って帰宅すればまず疑惑は持たれない。なにかしらのクスリをこっそり飲ませたいときってのがある。イヤイヤ言う子供に、苦い薬をそれと知らずに飲ませるとか。ただ、味が変だとさすがにバレる。味が少々おかしくてもグビグビ飲んでもらうには“新品の”ペットボトル飲料に溶かしておくのがベストだろう。自分の舌が変なだけだと勘違いするだろうし。さて、ペットボトルのキャップを開けずに中に細工をすることなど可能なのか?マジック用品の通販サイトにはこんなものが売っている。いったんキャップを開けたペットボトルを未開封にする「手品用キャップ」だ。これを使えばどんな相手にどんなクスリでも…。いま、良からぬ考えが頭をよぎったが、あわてて打ち消した。
夏。憎たらしいゴキブリが活気づく時期となりましたが、ヤツらを退治するとき、いつも不満に思うことがあります。ゴキブリって、殺虫剤をかけてもすぐにくたばりませんよね。いつまでもちょこまか走り回って怖いし、そのうち台所の隙間みたいな、手の届かないところに逃げこまれたら最悪です。いずれ死ぬにせよ、そこに死骸が放置されていると思うと非常に気分が悪い。でも知ってます? 世の中には殺虫剤じゃないのにゴキブリを瞬殺できるアイテムが2つもあるんです。
 ひとつはソルベント。本来は画材として使われる溶解液なのですが、こいつをジッポーオイルの空き缶などに詰め、ノズルからぴゅっとかけると、その瞬間ゴキブリはくたばります。まさに瞬殺。ただし、このソルベント、可燃性が非常に高いので使用時は必ず火気に注意してください。
続いて、このソルベントに負けず劣らず強力なのがパーツクリーナーです。機械の油汚れ専用の洗剤(スプレー式)ですが、なぜかゴキブリには大敵のようで、噴射した直後に即死です。ホント、笑ってしまうくらいの威力ですよ。以上の2つは、いずれも町のホームセンターで手軽に入手できるうえ、値段も800円前後と激安です。買わなきゃ損!
カテゴリ

普通の真面目な出張エステの女性にエロマッサージを頼んだらどうなる?

0208_201806021128257e1.jpg 0209_201806021128266b4.jpg 0210_201806021128284d5.jpg 0211_2018060211282999e.jpg 0212_201806021128311ec.jpg 0213_20180602112832467.jpg
怪しげなエステのことではない。ああいうとこは追加料金でエ口いサービスをしてくれるのが暗黙の了解になっている。そうじゃなくて、ビジネスホテルに来てくれる、日本人のおばちゃんによるごくごく真っ当な指圧。てもみんの延長のような、エロスの香りなど微塵もないマッサージのことだ。
はたしてあのおばちゃんたち、お願いすればチンコのコリまでほぐしてくれるのか?
AVなら成功例は目にする。あれよあれよとフエラや本番までしちゃうおばちゃんもいたりする。リアルっぽくて興奮する。
でもあんなのはどう見たってヤラセだ.俺は本当のとこが知りたい。自ら体験したいのだ。ヤラセAVでもあんな興奮するのだから・・・

旦那が出張してる間に自宅で援交する専業主婦の自宅拝見

SnapCrab_NoName_2018-1-18_19-25-13_No-00.pngSnapCrab_NoName_2018-1-18_19-27-33_No-00.png
ゴム付きイチゴーの条件で打診したところOKの返事が届いた。女の自宅は杉並にある某駅近くとの
ことだ。電車を乗り継ぎ、指定の駅へ到着。その道中、メールで駅の出口からマンションまでの道のりが送られてきた。
『…その横が新聞屋さんで、さらにその隣がわたしのマンションです。部屋は○○号室なのでインターホン押してくださいね』
メールの通りに進んでいくと駅から3分ほどで目的地に到着。またもや予想を裏切る立派な造りのマンションだ。インターホンを押して女の住む部屋へ向かう。
「ああ、こんにちはー。今日は雪がすごいですね〜」
写真よりも老け顔のおばさんが爽やかな挨拶で出迎えてくれた。彼女もデブだが、ごく普通の30代のオバサンという雰囲気である。玄関から室内を覗くと、廊下の先にいくつかの部屋に通じるドアがみえた。随分と広い家に住んでるな。
「いやー、なんだかいいマンションですね」
「ここ社宅なんですよ」「えっ? なに、会社員なの?」
「結婚してて、わたしは専業主婦ですよ」
「結婚してるんだ?」
3LDKの社宅に越してきて今年で3年目。彼女の部屋は玄関脇の六畳間で、マットレスベッドとパソコン用のローテーブルのほか、化粧品や生活雑貨などが散らかっているものの、それほど汚い部屋という印象ではない。
「旦那さんは仕事行ってるの?」
「いまシンガポールに行ってます」
「単身赴任?しばらく帰ってこないんだ」
「いや、出張なんで明後日には帰ってくるかな」
 旦那が出張してる間に自宅で援交するなんて。胆力のある専業主婦がいたもんだ。
「見知らぬ男を家に呼んで大丈夫?恐い目に遭ったことないの?」
「ぜんっぜん。ないですよ。メールのやり取りで変な人はわかるんで、そういうのは呼ばないし」
「でも社宅なら近くに知り合いも住んでるでしょ?」
「付き合いないんですよ。会社大っきいから。ぜんぜん知ってる人いないし」
 そんなもんなのか。
「わたし、洗濯とかアイロン、掃除とかは完璧にこなすんですけど、料理できないんですよね」
「じゃゴハンはどうしてんの?」
「買ってくるか、外食とか。新婚のころからずっとそうかな」
「旦那さんとは仲よし?」
「いいですよ。今も一緒にお風呂も入るし、エッチもしてるし」
10才以上歳の離れた旦那さんとは8年前に結婚し、子供はいないそうな。どうにも解せない。どうしてそんな満ち足りた人妻がこんなことしなきゃいけないんだ。
「なんでエンコーしてんの? エッチが好きなの?」
「いや、お小遣い稼ぎかな。夫から十分お金はもらってるし生活に不満はないけど、お金はあった方がいいでしょ?」
彼女が旦那からもらえる小遣いは5万以上あり、生活に必要なもの以外にもわりと自由に使っているそうだ。だったらこんなことする必要ないだろ。
「実は貯金もしてるんですよ。貯めといて、旅行にでも行こうかなって」
 動機が軽い。いまどきの専業主婦はそんな程度の理由で自宅エンコーしちゃうのか。
「あと、わたし、葉巻が好きで」
「葉巻? って、あの煙を吸う葉巻のこと?」
「そう。わたしパークハイアットのニューヨークバーで吸うって決めてるんですよ」
「優雅だね。高いんでしょ?」
「そんな高くないよ。お酒2杯飲んでも5千円程度だから」
よく見ると、高級ブランドの買い物袋や高そうな香水の瓶が無造作に転がってる。ホントにお金には困ってないのかもな。
「そういう香水も高いの?」
「ああ、それは3万しますね。ボンドってニューヨークのブランドなんですけど」
色々と香水のウンチクを語り出したが適当に相槌を打っておいた。ふとベッドサイドに置かれた数冊の本が見えた。
「どんな本読んでるの?」
「小説ばっかりですね。伊集院静さんとか藤沢周平さんとか」
「なんだか中年のオッサンみたいだね」
「あ〜、それ友達にも言われたことある」
 ヒマを見つけてホテルのバーで葉巻を吸いつつ、伊集院静や時代小説を読む援交妻。彼女は何を目指してるんだろう。彼女のプレイは手を上手に使ったフェラがよく、挿入すると身体をビクビクさせて感度も悪くない様子。本人は否定していたが、プレイが終ってみると、単にエッチが好きでこんなことをしてるだけのような気もしてきた。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます