刑務所のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:刑務所

  • 2019/07/31その他

    シャバのチンコに飢えてるはずー刑務所から出てきたばかりの女はやはり性欲がタマっとりましたシャバに出たら思いっきりセックスしてやる、好きなだけオナニーしまくってやると考えるのは、なにも男性受刑者だけじゃない。たまりにたまった性欲を持て余すのは女性受刑者だって同じこと。塀の向こうで待つ恋人を想い、たまに見かける男性看守にムラムラし、彼女たちは夜な夜なひっそりとオナニーに耽る。ああーん、誰かこの火照った...

    記事を読む

  • 2018/12/01その他

         犯罪激増中の我が国では、現在、7万5千人以上の服役囚が刑務所(拘置所含む)に溢れ返っている。実に全国のうち3割が収容率100%をオーバー、独居房に二段ベッドが置かれ、6人部屋に8人が押し込まれ、窮屈な生活は限界まで達しようとしている。罪を犯したのだから、償うのは当然。過酷なムショ暮らしも自業自得.世間の見方はそんなものかもしれない。しかし、厳しい規律ばかりで人間が真に...

    記事を読む

刑務所から出てきたばかりの女は性欲がタマってる!?

SnapCrab_NoName_2019-7-31_7-30-59_No-00.png
シャバのチンコに飢えてるはずー刑務所から出てきたばかりの女はやはり性欲がタマっとりました
シャバに出たら思いっきりセックスしてやる、好きなだけオナニーしまくってやると考えるのは、なにも男性受刑者だけじゃない。たまりにたまった性欲を持て余すのは女性受刑者だって同じこと。
塀の向こうで待つ恋人を想い、たまに見かける男性看守にムラムラし、彼女たちは夜な夜なひっそりとオナニーに耽る。ああーん、誰かこの火照った体をどうにかしてえ、と。
以前、そんな話を知人から聞いて、目からウロコがーダースほどこぼれ落ちた。そうだったんだ。なんで今まで気がつかなかったんだろ。これって、ムショを釈放された女をナンパすればホイホイついてくると考えられるよねっヤリ放題だよね?だって相手は、性欲マックス状態なんだし。
鼻息あらく作戦を開始したものの、成果はまったく上がらなかった。栃木刑務所では、毎週水曜日の午前9時過ぎに、仮釈放となった女たちが正門から出てくる決まりになっている(広報に電話をかけたらあっさり教えてくれた)。
おれとしては、まず門の外で待ち伏せをし、手ころな女に声をかけるつもりだったのだが、見事に目論みが外れてしまった。どの女も出迎えに来た家族の車に乗ってしまうため、接触すらできないのだ。ま、考えてみれば当然の結果かも。
だけど全員が全員、身内の出迎えがあるとも思えない。諸事情のため、ひとり寂しくムショを出ていく女だっているはずだ。辛抱強く作戦を続行して3週目、ついに待望の瞬間が訪れた。正門からトボトボと現われた、ひとりの若い女。スッピンの顔と両手にぶら下がった紙袋は、まさしく彼女が釈放されて間もないことを証明している。
見た感じ20代後半ってとこか。しばし観察を続けたが、やはり迎えが来る様子はない。あいにくの小雨模様のなか、女は傘もささず(持ってないのだろうが)刑務所そばの国道に出た。タクシーでも捕まえる気だろう。逃がすか。
「ねえねえ、どっか行くなら送ってこうか」
女のそばに車を停め、声をかける。驚きの表情を浮かべた彼女は、やや間を空けて口を開いた。
「…野州大塚駅に行こうと思って」「お安い御用だよ。乗って」「えーでも」「ここ、あんまりタクシー通らないよ。洋服も濡れちゃうし、ほらはやく」「…あ、うん」
第一関門突破ー
女を車に乗せてからファミレスに誘うと、あっさりOKの返事が出た。口数こそ少ないものの、どこか楽しそうに見えるのは、やっばチンボに飢えてるからなのか。力レーをパクつきながら何気なく聞いてみる。
「あんな何もないところで何してたのっ」「ん、まあ、ちょっとね」
さすがに初対面の人間に「ムショかり出たばかりなの」とは言わないか。歳は27とのことだが、いったいどんな罪を犯したのやら。あらためて、女の様子を観察する。コケシみたいなのっぺり顔は57点だが、推定D力ップの乳はなかなか操みこたえがありそうだ。外見上から、彼女がムラムラしてるかはわからない。というか、先ほどからおれの話などうわの空でパフ工をほおばってるってどういつことよ?夢にまで見た(ハズの)『オトコ』が目の前にいるというのに
「いま彼氏とかいるのっ」「ずーっと前にわかれた」
「ふうん。ところでこのあと予定とかあるの?」
「タ方までに干葉に行かなきゃいけないんだよね」
「それまでヒマなんだっ」
「そうなるのかなあ」
おやおやーっこれって暗に誘ってるっムラムラきてるわけっ
ファミレスを出て、そのまま国道沿いのホテルに突入した。女の顔に抗議の色はない。ただ黙ったまま、紙袋のヒモを弄んでいる。ひさしぶりのことで緊張しているのかと思いきや、部屋に入ってキスをかますと女は急に積極的になった。ちぎれそうになるほどおれの舌を吸い、はげしく抱きついてくるのだ。案の定、パンツをはぎ取った股間はグショグショに濡れている。うれしくなり、クリトリスを思い切り証め回す。
「うっ、うううう、やだあ、あはあ」いいねいいね。んじゃ、お次は手マンをば。
「くーーーーー、あはあ、うううっ」
押し殺したような端ぎにド興奮。辛抱タマらず、仰向けにした女に思いきり挿入する。ブスリ。
「んーーーーーー」「気持ちいいのか、えっ感じてるんだろっ」
「うん、気持ちいい。気持ちいいのーー」
女は一度イってからも、しつこくチンポをくわえ、挿入をねだった。その様は、まさにセックスマシーン。いやーうれしいっす。努力が報われて。
「アタシさ、実は今日、刑務所から出てきたの」
汗だくでベッドにぶっ倒れてるおれに、突然、女が語りはじめた。やはりといっか原因はシャブで、今回が3度目の懲役だったという。累犯者ともなるとこんな告白など慣れっこなのだろう。
「へえ。じゃ、やっばタマってたの?」
「じゃなきゃ、わざわざついて来ないっしよ」
女のことばを信じ、おれは現在もムショ前でのナンバをせっせとくり返している。が、以降の戦績は。勝3敗。ビギナーズラックだったんでしようか?
カテゴリ

大物ヤクザが刑務所に入所すると大御所歌手の慰問が飛躍的に増える

0020_2018120116144403a.jpg 0021_2018120116144564c.jpg 0022_20181201161446f57.jpg 0023_20181201161448f9b.jpg 0024_201812011614490a5.jpg 0025_20181201161451070.jpg
犯罪激増中の我が国では、現在、7万5千人以上の服役囚が刑務所(拘置所含む)に溢れ返っている。実に全国のうち3割が収容率100%をオーバー、独居房に二段ベッドが置かれ、6人部屋に8人が押し込まれ、窮屈な生活は限界まで達しようとしている。罪を犯したのだから、償うのは当然。過酷なムショ暮らしも自業自得.世間の見方はそんなものかもしれない。しかし、厳しい規律ばかりで人間が真に矯正されるだろうか。ストレスを溜め込んだ受刑者が、出所直後に大事件を起こしては元も子もない。ムチの合間にアメも必要ではないか。受刑者にとってのアメで、彼らに最も歓迎されるのが《慰問》である。舞台俳優やお笑い芸人、歌い手たちが、所内のステージで演劇やコンサートを披露。プロアマ不問のボランティアながら、コワモテ集団が歓喜感涙にむせぶほど、場内は熱気に包まれるという。
「最初は、僧侶の説法や牧師の説教を受刑者たちに聞かせていたそうです。一種の社会復帰プログラムだったんですね」神仏の話など、馬の耳に念仏かと恩いきや、外界の刺激に飢えた受刑者たちは、熱心に耳を傾けるらしい。それから月日を重ねてボランティア活動の裾野が広がり、演劇にバンド演奏、マジシャン、尺八、講話、郷土民謡など。数多の芸が披露されるようになったそうだ。
「慰問は、基本的にボランティアですので、謝礼は発生しません。昔から、アマチュアが多いのも、そのせいでしょう。一方で、私のような芸能プロダクション所属の人間が呼ばれるのは、単純な理由です。ペケちゃん(ヤクザ)が絡んでいるんですよ」
芸能界と暴力団は、昔から切っても切れぬ関係と言われるが、実際のところ、親分や幹部クラスの一声で、人気歌手が慰問に駆り出されるケースは珍しくない。特に、超大物演歌歌手Kが率いる事務所は各方面と繋がりが強く、慰問の常連という。
「中には流し目のSさんのように、何のしがらみも無く、真面目に活動されている方もおります。けど、大物の登場には、やはり口添えが必要なんですよ」それが証拠に、広域団体の上位幹部が入所すると、その刑務所だけ大御所の登場が飛躍的に増える。むろん、表向きはボランティア。当局も黙認するしかないようだ。
「有名所のギャラはわかりませんが、私の場合で、刑務所から足代1万5千円から3万円をいただき、正式な出演料も事務所から支払われます。その資金は、たぶんペケちゃんが出しているんだと思いますよ」南白川が出向くのは、何も男ばかりの刑務所ではない。ときには女子刑務所で歌声を披露する。「忘れられないのは、A子さんという女性です。覚醒剤で服役してたんですが、それが私に一目惚れしたとかで…」憧れの歌手に会いたい。その一心で予定より早く保釈を勝ち取った彼女は、出所後、南白川の追っかけを始めた。毎日のように南白川の元にファンレターが届き、地方のスナックのイベントにも姿を見せるほどの熱の入れようである。「そのうち話すようになりまして。『慰問があった夜は興奮して大変だった』なんて言われました(笑)。美人歌手のFさんやIさんが男子刑務所を慰問すると、その晩はイカ臭くて大変になると言うけど、まさか女性もだったとはねえ」
しかし、熱烈なファンレターも、その後1年でプッッリ途切れる。たぶん、どこかでいい相手でも見つけたのだろう。南白川は楽観的に考えていたが、現実は違った。
「しばらくして、検閲マークが入った便菱が届いたんです。『覚醒剤でまた捕まりました』って。
何だか無性に情けなくて、涙が出てきましたよ」数カ月後、九州の某女子刑務所に出向いた南白川は偶然、客席の中にA子を発見する。彼女は、満面の笑みで小さく手を振ってきた。自らの境遇を苦しむ姿ではない。本当に幸せそうな表情だった。これは男女の感覚の差なのだろうか。南白川は、何が何だか、よくわからなくなったそうだ。
「女性ファンは、彼女みたいなタイプが多いですよね。でも、本当に気の毒なのは、障害者の刑務所ですよ。確かに官服は着ているんですが、彼らは、全く状況を把握できてない。たぶん、刑務所という概念そのものがないんじゃないでしょうか」
障害受刑者たちは、形式上、粘土細工や窯業、単純作業に従事しているが、中にはトイレもままならない者も少なくない。ステージの最中に大便を漏らしたり、奇声を上げて走り回ったり、ときには、女性歌手に男性器を露出し、しごいてしまう者までいるという。
「いつもね刑務官が悲しげに言うんです。『この子らは、無銭飲食とかその程度のことで入れられてる。厄介者がいなくなったと面会にすら来ない親族も多い』って。他人事ながら、切ないですよね」
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます