SnapCrab_NoName_2018-8-12_15-3-57_No-00.png
チェーン喫茶店・ルノアール。あそこの店では、必ずといっていいほどある種の光景を目撃する。テーブルを挟んで座るマシンガントークの片割れと、うんうんうなずくもう一方。明らかに何かを説得されている様子だ。彼ら彼女らはいったい何のお話をしているのだろうか。薄々察しはつくけれど。新宿のルノアールに足を運んだところ、奥のテーブル席に妙な組み合わせの男性2人を発見した。1人はイケメン30代。もう1人はメガネにTシャツよれよれで、イケメンの話に「はい」「わかります」とうなずきながら、手元のノートになにか書き記している。いかにもな光景だ。30分ほどでメガネ君が立ち上がった。イケメンを残して1人で店を出るようだ。急いで追いかけて声をかける。
「すいません、今ルノアールから出てきましたよね? どんな話だったか教えてもらえませんか?」
仕事を紹介してもらってるというか。セミナーですね。最初はフェイスブックでメールが届いたんです。「一緒に仕事しませんか?」って。あの人のチームに参加すれば稼ぎになるって言われたので。今日会ったのが3回目なんですけど、やっぱりすごいマインドが高い人なんですよね。自分1人で仕事を見つけて積極的に動いてお金にして、僕みたいな人間に仕事の仕方を教えてくれる講師もやってらっしゃるんです。仕事の流れとか心持ちを教えてもらうセミナーの案内を受けたんで、5万円払って今受けてます。でもセミナーが終わってからサプリとかを販売すれば元がとれるっていうので、いいかなと思って。今やってたのがセミナーですよ。いつもこのルノアールでああやって30分から1時間、話を聞くんで
す。全部で8回あるみたいです。セミナーが終わって何をやるのかはまだ説明の途中なんですけど、サプリや仕事術のテキストの販売がメインですね。セミナーの内容ですか? たとえば「仕事はプラスからじゃなくてマイナスからスタートすること」とかですね。自分の周りにある娯楽をできる限りなくして、ハングリーな精神状態になってから仕事をはじめたほうが、結果的に仕事の効率もあがって収入に直結するとか。友人付き合いは密に取るべきで、週に1回は電話帳全員に電話して雑談したほうがいいと言うんで、先週からやりはじめました。たとえばパチンコ屋のバイトでも台を開けずに玉を取り出せる人はいないじゃないですか? あれと同じで、成功には必ずプロセスがあるので、できることからしっかりやって行けばいいと教わりましたね。明らかにマルチである。『マインド』にせよ、よくわからないパチンコ屋のくだりにせよ、明らかな受け売りの言葉を使うあたり、このメガネ君はマルチ世界にどっぷり浸かり始めているらしい。ご愁傷様です。
店に戻ったところ、マスク兄さんと、うつむきながら話を聞く大学生風のコンビを発見した。マスク氏の声がいきなり大きくなった。
「地震が来る前からすでに警告出されてたからね。すごくない?」
テンションがあがったのか身振り手振りを添えて話すマスク氏。大学生クンはただうなずいている
だけで、とても会話が成立しているようには見えない。1時間ほどして2人は席を立ち、店の前で別れた。すかさず大学生クンに近づく。「何の話をしてたんですか?」
 さっき近くで声をかけられて、
「ゲームとかやってます?」みたいに言われて。僕ゲーム好きなんで話をしてたんですけど、せっかくだから喫茶店に入ろうってことになったんです。お店に入ったらすぐに「生きてる中で何かにすがってますか」って聞かれました。だから親とか学校の先生は信頼してますって答えたら、素晴らしい心がけだって褒められて。その人の信頼してるものはナントカ会?とかっていうモノらしいんですけど、引きこもりだったのが毎日祈ってたら友達がめっちゃ増えたって言ってました。昔から家でゲームばっかりしてて高校を中退したらしいんですけど、人と話すのが怖くて仕事とかもできなかったらしくて。で、友達に誘われてその会に入ったら人生がうまくいくようになったみたいなコト言ってましたね。引きこもりなのに友達から誘われるって、よくわかんないですね。それで、今度はボクの友人も連れて話を聞きにくればって言われました。集会所みたいなところに集まって先生の話を聞くらしいんですけど。ちょっとその日は予定があるので行くかどうかはまだわからないです。宗教勧誘である。第一声で何にすがってるのか聞くだなんて、マスク兄さん、まだ勧誘に慣れていないようだ。この彼、予定さえなければ先生の話を聞きに行きそうな点、ちょっとヌケている感は否めない。そもそも道端で声をかけられてホイホイついていくぐらいだから仕方ないか。新宿の別の店舗に出向いた。普通のカップルや学生連中にまぎれて、若い兄さん二人が顔をつき合わせて何か話をしている。奥に座るチャライ男がクチに手を当てて話をし、対面の兄ちゃんが「え? マジですか?」と大げさに驚いている。と、チャラ男を残して兄ちゃんが店を出ていった。後を追い声をかける。
「すいません、ちょっといいですか?」
「イヤ、そういうのイイんで」
「ルノアールで話してましたよね?なんの話だったのか取材してまして」
「え? 取材?」
駅の近くで声をかけられて、「意識の高い人の話を聞きませんか?」って。なんかネット関係の仕事で成功してる人って言うんで、ついついていったんです。ネット関係の仕事ってのがオレはよくわからないんで話を聞いてたんですけど、結局声をかけてきた人がそのままずっと話をしてくれて。なんかその人は成功して、そういう仲間と一緒にバリ旅行に行ったとか言ってて。ショウザイ?商材は人によって違う、みたいな感じで。でもその旅行の写真みたいのを見せてきて、ああ、結構すごい人なんだなって思いました。ネットで何かを売るっていう話らしいんですけど、その人の仲間はホームレスから一流のビジネスマンになったらしくて。アフィリエイトとか、そんなのも一緒にやってめっちゃ成功したらしいです。で、「オレでもできますかね?」って質問をして。そしたら何だったっけな、たしか最初はとにかく沢山の人に会って、名刺交換することからはじまるって言われてちょっとメンドクサイなって。「スキームはしっかりしてるし、僕らが逐一フォローは入れるから一緒に頑張ろう」って手を握ってきたんですよね。あとは仕事を進める上で重要な話、みたいな感じでした。まず目を見て人と会話するとか、とにかく初対面の人とは必ず握手をするとか。そうするとその人は自分から離れづらくなるとか、そんな感じでした。これもどうやらマルチくさい。「意識の高い人の話を」と誘われてルノアールについていってしまうとは、面倒クササさえなければ彼も入会していたことだろう。再びルノアールへ。しばらく観察していたら、不自然な男女を発見した。ピアスだらけの男と、ものすごく大人しい雰囲気の女性のコンビで、男が一方的に話しかけており、女性はときおりうなずくだけなのだ。 20分後、二人が席を立った。女性が1人になったところで声をかける。いったい何の話でしたか?え、なんですか? はい…そう、何か良くわからないものを勧められてたんですけど…。前からツイッターでやりとりしてた人なんですけど、たまたま新宿にいるからお茶しようって誘われたんですよ。でも行かなきゃ良かったかもしれないですね…。喫茶店に入ってすぐ、「すごい肌キレイですね」とか言われて、なんか怪しいなぁとは思ってたんですけど…。肌キレイとか、爪がイイ形してるとか、髪の毛がキレイとか、とにかく色々ホメてきて、そんな、怪しいじゃないですか。この人なんだろうって思ってて。なんか美容グッズの販売の仕事してるらしくて、やたら勧めてくるんですよ。顔に蒸気をあてる美顔器が20万ですよ? もうびっくりして声が出なくて。なんか「アナタの肌はキレイだけど、肌は年々どうしても劣化してしまう」みたいな感じで。「劣化を防ぐには蒸気しかないですよ」とかはじまって、ケータイでその商品を見せられました。やんわりお断りしてたんですけど、次は髪の毛のアイロンみたいなのも始まって。それも12万もするんです。結局あそこで2時間もそんな話されて、疲れましたよ。最終的に3万の爪きりを勧められたんですけどね。それはちょっとイイ物だから考えちゃいましたけど、お金がないのでお断りしました。ツイッターでルノアールに誘導するパターンというのは初めて聞いた。3万円の爪切りならつい買ってしまいそうになっているあたり、この営業方法もムダではないようだ。