危険 - 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方
2018/08/19

町田の立ちんぼ出没エリアに危険な若い子がいるらしい

201505010.jpg 201505011.jpg 201505012.jpg 201505013.jpg
東京都・町田市。何年も前から駅南口のホテル街は立ちんぼ出没エリアとして有名でしたが、1年ほど前に大規模摘発をくらい、しばらくナリを潜めることに。しかしここにきてまたゾロゾロと復活し、しかもずいぶん若すぎる子までが立っているとのことです。調査の結果、20人ほどいる立ちんぼの多くは日本人おばちゃんとアジア系外国人で、その中には確かに「遊べる。年齢は内緒」の幼い子が2人おりました。手を出さぬよう注意しましょう。
急がば立て。自転車運転中ならば当たり前の鉄則です。そもそも遅刻しそうなアナタが悪いんだから、文句言わずにせっせと漕ぎなさい。ボクは後ろからついていくからね!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2018/07/03

自宅エンコーを誘ってくる女の危険度

0124_20180703172925696.jpg 0125_20180703172926ce9.jpg
出会い界には、エンコーという危ない橋を渡っておきながら、自宅プレイを誘ってくる女が、ごくごく稀にいます。その時点で少し頭の中がアレな気がしますが、ホテル代がかからぬうえ、女の生活ぶりを垣間見られる魅力には抗えません。イチゴでアポってみることにしました。
〈2万円なら生中出し2回でもいいですよ〉
と悪魔のような誘いも受けましたが、ここはぐっとこらえてゴム一回戦にしておきましょう。指定されたマンションの前から電出話をすると
「4階まで上がって。ワタシも部屋から出て待ってるから」
ドキドキしながら4階で下りたところ、廊下の向こうに赤い人影が見えました。丁重なお出迎えといったところでしょうか。近づけばそこには40代後半らしきデブが。つっかけを履くのも億劫なのか、裸足のままです。「入って入って」 部屋の中は異臭がしました。足の臭いのようなすえた香りです。「右の部屋ね。お父さんと住んでるから奥は行っちゃダメよ」右の部屋はゴミの山で、足の踏み
場もありません。
「先にお金もらっていい?お兄さん若いからすぐ出しちゃっていいからね。さ、さ、早く脱いで」
「あの、なんで自宅でエンコーやってるんですか?」
「どういう意味?」
「いや、そういう人って珍しいなあと思って…」
「駅から近いし、ホテル代かからなくていいでしょ」
「お父さんは今日はいないんですか?」
「いないの。ほら、脱いで、早くしよ」 
ずいぶん急かすのは、父親にバレたくないからでしょうか。こんな娘を心配する親もいないと思いますが。 積極的なアナル舐めと激しいフェラは、やや評価してあげてもいいのでしょうが、こんな岩石のような女を相手に興奮するはずもなく、3割勃起のまま挿入し、無射精のまま魔窟を後にすることになりました。