合宿のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:合宿

  • 2018/10/11突撃リポート

             まだ朝早い中、JR新富士駅を出たタクシーは市街地を通過した後、橋を渡って山間部へと進入して行った。街を眼下に見下ろすと、向こうには大きな山が見える。富士山だ。不安を膨らませながら景色を眺める僕に、運転手がぽつりとつぶやく。「逃げ出してもねえ」「・・・・。。」「下の町までは、結構歩くことになるよ」僕に体験取材の命令が下りたのは、その2週間ほど前の...

    記事を読む

  • 2018/10/07人生ドキュメント

         メタボリック症候群──。要するにデブのことである。男の場合ウエストが85センチ以上であれば該当し、成人病や糖尿病など様々な疾患の原因になるのだそうだ。要するに、写真のようなオレのことを指す。身長173センチ、体重72キロ。これだけならやや太めと言えなくもないが、なぜか腹だけポッコリ出ており、みっともないことこの上ない。痩せなければ。腹を引っ込めねば。そう願いつつ、夜は満腹た...

    記事を読む

  • 2018/09/25出会い攻略

     男女が一つ屋根の下に寝泊まりすれば、オイシイことが起こりやすいのは当たり前。セックスだって難しい話じゃない。じゃあ、その手の場所で使いやすいのはどこか? オレの答は、長野県と新潟県の県境・信越地方の有名ユースホステルMだ。ユースホステルとは、食事の配膳や食器洗いなど、何でもセルフサービスが原則の安宿だが、ゲストハウスによくあるような小汚い二段ベッド部屋ではない。だから女性客が多い。中でもMは...

    記事を読む

  • 2018/07/19出会い攻略

     ここの素晴らしさは、なんと言っても、免許合宿用の寮が男女共同だってことです。免許合宿という環境に、ただでさえ浮かれてしまいがちな若い男女たちが、2週間も同じ屋根の下で暮らせばどうなるか。漫画のような楽しすぎる出来事が、寮内のあちこちで起きるんです。ナンパの上手い人なら、2人目、3人目と次々に女を落とせるからパラダイスでしょう。処女捨て寮とはよく言ったものです。ゴール地点でワニも待機するポロリ....

    記事を読む

  • 2018/05/11セフレの作り方

     近隣に2店舗ある立ち飲みバー。ここの面白いところは、男も女も9割がたナンパ目的の客しかいないところだ。実際行ってみればすぐに気づくだろう。OL3人組なんかがヒマそうに突っ立っていれば、すぐに男が近づいていく。ドリンクは300円なのでそれをおごってやり、会話がスタートする流れだ。埼玉や千葉からわざわざやってくる女も多く、出会いのモチベーションはすこぶる高いのでやりやすい。もちろん多少のコミュ能力は....

    記事を読む

  • 2018/03/01素人の本物ヌード

     すみませーん。アンケートお願いできませんか?あ、はい。都知事選って興味あります?うーん、私、まだ選挙権がないんで。ってことは10代?はい、19です。大学2年なんですけど。それじゃあ選挙なんかには興味ないかぁ。…すみません。いや、ぜんぜん大丈夫。でもさ、10代なりに不景気を感じたりはするのかな? たとえばお小遣いに余裕はある?それはないです。バイトはしてます?考え中です。引っ越しがお給料イイっぽいんで...

    記事を読む

社長養成合宿の内容は?富士山で過ごした3日間

0050_20181011090730dd8.jpg 0051_201810110907322b1.jpg 0052_20181011090732dc8.jpg 0053_20181011090734b48.jpg 0054_20181011090735eaa.jpg 0055_2018101109073758c.jpg 0056_2018101109073823e.jpg 0057_20181011090740d81.jpg 0058_20181011090741933.jpg 0059_20181011090743bc2.jpg
まだ朝早い中、JR新富士駅を出たタクシーは市街地を通過した後、橋を渡って山間部へと進入して行った。街を眼下に見下ろすと、向こうには大きな山が見える。富士山だ。
不安を膨らませながら景色を眺める僕に、運転手がぽつりとつぶやく。
「逃げ出してもねえ」
「・・・・。。」
「下の町までは、結構歩くことになるよ」
僕に体験取材の命令が下りたのは、その2週間ほど前のことだった。とある学校の合宿に参加してほしいと言う。その学校とは「管理者養成学校」といい、いわゆる企業における優秀な人材を育成するための機関だ。フリーのカメラマン。管理者になんかなれるはずないし、なる気もない。どうしてそんな学校に入る必要があるのか。
「いや、やっぱどんなこと教えてもらえるのか気になるじゃん」
合宿は目的に合わせて数コース設置されていて、その中の「社長特設、3日間コース」に参加して
くれという。本当なら長期コースが望ましかったのだが、あいにく料金が予算をオーバーするので、3日コースでいきたいとのこと。
「楽しそうだる、旅行みたいなもんだよ」
勧めてくれるのはいいが、当然のことながら僕は社長じゃない。こんな人間が参加できるのか。
「いいんだよ。社長だけじゃなくて専務クラスでもOKなんだってさ◎その3日間だけ鉄人社の専務
にしてやるからさ」
なんてデタラメな会社なんだ。いくら企画のためとはいえ、フリーの人間を簡単に専務にしてしま
っていいのか。しかしブッブッ文句を言えるのもそこまでだった。すでに編集は学校に電話して送り込む手続きを済ませてしまったという。
●マネジメントのポイントをつかむ
●アイデンティティのレベルアップ
●行動力レベルアップ
合宿の目的として、パンフレットには以上のようなことが書かれているが、具体的に何を行うのかは不明だ。僕は想像を巡らせた。なにせ大の大人が参加する合宿なのだから、内容は推して測るべし。要するに座禅を組んだり、孔子の本を読んで心を落ち着かせたりする、つまりは「ちょっとした教養講座」のようなものに違いない。場所は、静岡県富士郡芝川町とある。富士山の麓。精神をリラックスさせるには格好の地域じゃないか。が、編集が隠し持っていた広告を覗き見ると、そこにはこんな文句が書かれていた。地獄の特訓
タクシーは走り続け、ようやく緑に囲まれた学校に到着した。芝生に覆われた、だだっ広い校庭を囲む形で3つの建物(校舎)が立っている。それぞれが大きなガラス戸で囲まれていて、全ての部屋が外から良く見えるような造りだ。
校庭では人々が白い体操服のような上着姿でぶらぶらしている。どうやら全員で大声で歌を歌ったり、呪文のような文句を繰り返しているようだ。あれはいったい何だろう。校舎に入り、言われるままに入校申し込み用紙に記入。その後、作業服と布団カバーを受け取り、ペンションの一室のような宿泊部屋で、白い作業服と濃紺のズボンに着替えた。集団が自分と同じ立場の人間だということに気づく。いずれ僕もあんなふうになるのだろうか。おびえながらおずおずと集合場所とされる部屋へ。
そこには講師らしき人物が1人、そして彼の前には受講生らしき人たちが座っている。頭に白いものの混じってる人もいる。僕はその受講生の集団に入り、何が始まるのかを他人事のように静かに見守った。「起立!」講師が叫ぶ。何が始まるのかとゾロゾロ立ち上がる僕たち。
途端また座らされる、皆ドッコイショと座る。と、また「起立!」
ここでようやく何をしているのか理解。これは、合わせる訓練なのだ。
「起立!着席!起立!着席!」
言っだけの講師はいいが、こっちは大変だ。頭と足腰がフラフラしてくる。誰師はいきなり大声で歌い始めた。一度も聞いたことのない僕たちはあわあわとするのみ。これもどうやら訓練のようで、唐突に歌われる歌詞を考える間もなく復唱すると、なんらかの効果があるらしい。
その後は、場所を校庭に移動。当然駆け足だ。皆、よろよろと、両手をだらりとさせたまま走り出、魂「気をつけええ!」
講師の声が、少し肌寒い富士のすそ野にこだまする。
「番号!」
「1!」「2!」「3!」「4!」「5!」「6!」「7!」「8!」「9!」
全員の番号が読み上げられた後は、班長に命ぜられた男が敬礼。そそくさと講師の前に歩み出てこれもまたバカでかい声で怒鳴る。
「報告します・特社(特別社長コースの略)第2班です!総員9名、現在員9名!異常ありません、以上!」
これを何度も何度も繰り返し繰り返しやらされる。
「テキパキやってください。やり直し!」
「敬礼はどうした。礼儀がなってない、やり直し」
この屈辱感は何だ。「今日、卒業試験があります。みなさんで一緒に覗かせてもらいましょう。講師が誘う。僕たちの前に合宿に来ていた別コースの生徒たちが卒業していくらしい。あまり気が乗らないまま行ってみると、生徒たちが座り、奥に陣取った講師が1人ずつ順番に名前を呼んでいる。大きな声で「はい」と返事した男は所定の位置まで走ってくると、お辞儀をして名前を名乗り「お願いします」と大声で怒鳴り出した。

参加者は全員が女・出会いとメタボ解消の一石二鳥を狙ってダイエット合宿へ

0016_20181007113628dac.jpg 0017_2018100711363062a.jpg 0018_20181007113631c83.jpg 0019_20181007113632332.jpg 0020_20181007113634f10.jpg 0021_20181007113635dc4.jpg
メタボリック症候群──。
要するにデブのことである。男の場合ウエストが85センチ
以上であれば該当し、成人病や糖尿病など様々な疾患の原因になるのだそうだ。要するに、写真のようなオレのことを指す。身長173センチ、体重72キロ。これだけならやや太めと言えなくもないが、なぜか腹だけポッコリ出ており、みっともないことこの上ない。痩せなければ。腹を引っ込めねば。そう願いつつ、夜は満腹たいらげ、ビールを痛飲。意思の弱さはついにウエストを93センチにまで到達せしめた。このままでは早死にしかねない。かくしてオレは重い腰を上げることにした。ダイエット合宿への参加だ。
1人ではできないことも合宿の仲間とならば乗り越えられる。参加期間は3日間。やや短いような気もするが、このまま怠惰な生活を続けていては、明日はないのだ。
真夏の某日。ダイエット合宿の所在地、神奈川県の某駅に降り立った。いわゆる『湘南』と呼ばれる海沿いの地域である。まもなく迎えに来た女性の車に乗り、合宿所へ。5分ほど走ったところで、車は住宅街の一角で停まった。
「では、説明しますので中に入ってください」
一軒家のような建物のドアを開けると、中央部のソファに座るうら若き女性3人が声をかけてきた。
「こんにちは〜」短パン、Tシャツ、すっぴん。まるで自宅でくつろぐような彼女らは、何日も前から参加しているらしい。誰一人、太ってはいない。
「あ、お邪魔します」いそいそソファに座ったところで、主催者のヒゲ面男性から説明が始まった。
この合宿、プログラムの基本は断食である。水と黒糖しか口にできない『本断食』、野菜ジュースなども飲める『プチ断食』と、コースは自由だが、大半は本断食を選ぶらしい。オレもそれに従おう。
「3日ぐらいなら大丈夫でしょう。では、後は自由に生活してください。当合宿では、特に何かを強制することはありませんから」合宿というからにはビシバシしごかれるスパルタを覚悟していたが、まったく正反対のようだ。1人で町へ出るなり、部屋で寝るなり、自由に生活できるスタイルらしい。てことは、女性参加者たちも、ただ時間を潰してるのか。どう見ても10代としか見えない子が、屈託なく話しかけてきた。
「何才なんですか?」
「36だよ」
「男の人で痩せたいって思うなんて偉いですよね」
「そうかな。何才なの?」
「18です」
彼女、大学受験を控えた高校のため、問題集持参で参加しているようだ。こんなことしてる場合じゃなかろうに。あとの2人は20代で、他にももう2人、寝ている女の子もいるらしい。つまり、参加者はオレを除いて全員が女となる。
「みんな太ってないのに、どうしてここへ?」
「も〜、見えないところが色々大変なんですよ〜」
短パンから太ももを露にして3人が口を揃える。なんだかイケそうな気がする〜。
食べ物の話はしないでください!参加者は下の名前で呼び合うのが慣わしのようだが、36才のオッサンであるオレは『先生』と名づけられた。風貌がグータラ教師っぽいのだと。
「先生、これからどうします?一緒に散歩します?」
今日は午後から、女性陣たち揃って茅ヶ崎の海岸までカロリー燃焼の散歩に出るらしい。メンバーは以下の通りだ。
A子=モデル体系の美人。参加10日目
B子=ヤンキー茶髪。参加5日目
C子=B子の妹。参加5日目
D子=童顔の20代。参加3日目
E子=高校3年生。参加2日目
それぞれ日数の違いはあれ、全員が本断食コース。朝食を食ってきたオレですらすでに腹ペコなのに、みんな空腹のまま長い距離を歩けるのか。ラーメン屋やとんかつ屋を横目に見ながら、黙々と歩く6人。道中、うなぎ屋の軒先からなんとも香ばしい匂いが漂ってきた。
「あぁ、うなぎ食いてぇ〜」
思わず唸り声を上げると、童顔のD子が振り返った。
「食べ物の話はしないで!」
「あ、ごめん…」
彼女ら、本気だ。必死に我慢しているのだろう。オレも食い物のことを考えるのは止めだ。水を飲み飲み、黒糖を舐め舐め、なんとか茅ヶ崎海岸までたどり着いたが、波打ち際で遊ぶ気力は残ってない。ただ浜辺に座ってボソボソ話すだけだ。
「疲れたよね…」
「もう歩きたくないね」
「あぁ、私、ロレツが回らなくなりそう」
「ウンチもぜんぜん出なくなったしぃ」
「でもナゼかオナラは出るんだよね」
とても真夏の湘南でかわされる会話ではない。フラフラになりながら、合宿所に戻ってきたのが夕方の6時。休憩1時間を挟んで6時間も歩き続けたことになる。いったい何カロリー消費しただろう。タコ部屋のような薄暗い室内の二段ベッドに寝転がると、悪魔が囁いてくる。
『今なら近所のコンビニで買い食いしてもバレないぞ』
誘惑は次第に大きくなる。そうだよな、別にオニギリ一個ぐらい構わんよな。意を決して路上に出ると、女性陣が洗濯物を干していた。
「先生、どこ行くんですか?」
「え、ちょっとタバコを…」
虚を突かれ、さりげなくタバコを口にくわえる。1本吸い終わったころ、悪魔の囁きは消え、なんとか初日を乗り越えた。女どもがジャマで自販機に近づけぬ2日目、5時起床。本日は鎌倉の円覚寺で座禅を組むことになっている。女性参加者は、姉妹を除く3人。早朝の鎌倉を車で走り、円覚寺境内へ。一般人に混じって足を組み、般若心経を唱える。と、隣に座っていたD子が突然倒れこみ、そのまま外へ這い出て行った。貧血か?読経後に外へ出ると、D子がうずくまっていた。今日で4日目の彼女、胃が弱っていたらしく、ビタミン剤を吐き出してしまったらしい。ヤバくないか。まかり間違えば、死だって…。
この心配はそっくりそのまま、こっそり何か食ってやろうという考えを復活させた。問題は、いつどこで食い物を入手するかだ。寺から戻ってくると、新しい参加者がソファに座っていた。16才の女子高生、F子。夏休みを利用して近畿地方からやってきたというが、一体、この娘の両親は何を考えてるんだ。主催者の男性が口を開く。
「今日は登山にしましょう」
山登りは、本合宿のメインイベントのひとつだ。過酷な運動だから、確実にカロリーは消費されるだろう。2日目にして早くも倒れそうなオレだが、参加せぬわけにはいかない。女性陣も、ビタミン剤を吐いたD子を除く全員が参加となった。隊列が一列になって登山道を進む。足取りはフラフラで、
ぬかるみに滑ってこける者が続出した。笑顔もない。会話もない。ただ登るだけ。まるで修行のようだ。3時間後、ようやく山頂に到達した。心地よい風に吹かれていると、ヤンキー顔のB子がオレに向かって言った。
「先生、痩せたよね」
「ほんと?」
「だって来たとき、Tシャツがテントみたいだったじゃん」
そうか。痩せたか。でも、オレはもう食うぞ。このまま下山したら、途中で倒れてしまう。が、休憩所の菓子パン自販機の前を女性陣に占拠され、近づくこともできない。うぉぉ〜。なんたるバッドタイミング。結局、死にそうに空腹のまま下山と相成った。夜になって、また新規参加者がやってきた。女子大生1人に女子高生2人。計9名の女性に囲まれるとはまるでハーレムだが、彼女らハナから女を捨てていて、汚いジャージ姿に化粧すらしていない。皆で交わす会話も、減量ネタばかりだ。
「プロテインダイエットはやったことある?」
「あぁ、あれダメだってね。耳ツボがいいらしいよ」
「へぇ」
聞いた感じ、一通りのことは経験して、最終的に合宿へたどり着いたようだ。やはり、「食わない→痩せる」という明快な構図に惹かれたのか。まもなく布団に入ったオレは、眠れぬまましばらくボー
っとしていた。カリッと揚がった天麩羅。脂の浮いたラーメン。ピリ辛マーボ豆腐…。あ〜、もう死にそう!!
3日目、朝9時から滝行へ出発した。参加者は昨日やってきた3人と、今朝到着した美人イベントコンパニオン、そしてオレの5人だ。空手着に着替え、山中の滝へ。ビキニの女子高生。すけすけ空手着のコンパニオン。夏の水遊びとしては最高のシチュエーションである。しかし、もはや興奮する余裕もない。空腹のため目眩がする上に、滝の水圧が強く、身体がよろめいて仕方ない。
「なむあみだぶつ、なんみょほーれん、神様、仏様…」
上流から、そうめんを流してください!帰京後、体重はわずか200グラム減にすぎなかったが、ウエストは3センチも減っていた。ところが、とんかつ定食を一気呵成に貪り食っただけで、すべては元通りに。3日間の我慢は水の泡と消えた。

ヌーディスト御用達の海岸・女子大生が合宿中に押し寄せる混浴露天

0144_2018092510103697c.jpg 0145_201809251010370de.jpg
男女が一つ屋根の下に寝泊まりすれば、オイシイことが起こりやすいのは当たり前。セックスだって難しい話じゃない。じゃあ、その手の場所で使いやすいのはどこか? オレの答は、長野県と新潟県の県境・信越地方の有名ユースホステルMだ。
ユースホステルとは、食事の配膳や食器洗いなど、何でもセルフサービスが原則の安宿だが、ゲストハウスによくあるような小汚い二段ベッド部屋ではない。だから女性客が多い。中でもMは(料金1泊3千円)、女性客に人気で、週末はいつも女の子の予約でいっぱいだ。
春の信越地方は、菜の花シーズン。お花畑目当ての女子学生と出会いに行かなきゃソンですね。
教育県として名高い我が郷土だが、近ごろは時代の流れか、精神の退廃した若者の姿が目立つようになり、古き良き時代を知る私は大いに心を痛めている。荒れた若者。その象徴こそ、夜な夜な北野文芸座周辺に現われるシロート立ちんぼの面々だろう。もともとここら一帯は、プロの立ちんぼが幅を利かしていて、いまでも深夜になると熟女どもが客を取っているのだが、ここ最近、その中に混じって、やけに年若い女性の姿をチラホラ見かけるようになったのだ。確認した限り、5、6人はいるのではないか。ああ、な んと嘆かわしいことよ。さっそくそのうちのひとりと交渉を試みたところ、ホ込み1万5千円でOKとなった。安い。なかなか見所のある若者じゃないか。彼女は現在、市内の専門学校に通っているとかで、たまに友人と一緒に小遣い稼ぎをしてるそうだ。
 別の日に同じ額で買ったコも学生を自称していた。が、やたらと会話がこなれていた辺り、お茶引きのデリヘル嬢だったのかもしれない。真偽はさておき、ギャル立ちんぼは文芸座近くのセブンイレブン前によくたまっている。お近くにお寄りの際は、気軽に声をかけてみてはいかがだろう。
こんなコが座っていればすかさず交渉すべし
人気のビーチなのに更衣室がなければどうなるか?
うざいナンパ野郎が少なく、地元ギャルの間で人気のあるビーチですが、実はここ、近くにだだっ広い無料駐車場がある以外、施設らしい施設が何にもないんです。海の家はおろか、更衣室やシャワーすらも。ということは何を意味するのか。そう、この海水浴場に来る女のコたちは、車などの物陰でこそこそと着替えざるを得ないワケなんですね。恥ずかしげにバスタオルを巻きつけながら、パンティを脱いだり履いたりする彼女たちの姿には、何とも言えないエロスを感じられるし、なかには平気で裸体をさらして着替える連中もまれにいるのでタマげます。
西伊豆・雲見海水浴場の北東は、リアス式になっています。海岸沿いの丘陵にはコテージが建っていて、夏になると客が余暇を楽しみに来ます。海で遊ぶ場合、ここのロケーションは最高です。複雑な地形がブラインドになって、まわりから入り江は見えませんから、プライベートビーチ状態で遊べる。コテージ客はそれを目当てに来るのです。
釣り好きの私、このへんによく出かけるのですが、ごくまれに素晴らしい集団と出くわします。めったに人が来ないから大丈夫と思ってるのでしょう、男も女もみんな素っ裸なのです。最初に見たときは、そりゃあビックリしました。若い女もけっこういましたから。
ただし、エッチなことは一切ない。ビーチボールで遊んだり泳いだり。普通に水浴びしてるだけです。いわゆるヌーディストってやつのようです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

男女が一緒に泊まる処女捨て免許合宿

0008_201807192256278bc.jpg 0009_20180719225628b29.jpg
ここの素晴らしさは、なんと言っても、免許合宿用の寮が男女共同だってことです。免許合宿という環境に、ただでさえ浮かれてしまいがちな若い男女たちが、2週間も同じ屋根の下で暮らせばどうなるか。漫画のような楽しすぎる出来事が、寮内のあちこちで起きるんです。ナンパの上手い人なら、2人目、3人目と次々に女を落とせるからパラダイスでしょう。処女捨て寮とはよく言ったものです。

ゴール地点でワニも待機するポロリ続出スライダー
三重・桑名長島スパーランド内フリーフォールスライダー

理屈は単純です。高さ23メートル、傾斜60度のスライダーから滑り落ちれば、強烈な摩擦と水圧に耐えきれず、ブラがせり上がって乳首がポロリすると。下手すりゃ両乳もろ見えなんて事態もフツーに起きます。ホントかって? だったらスライダーのゴール地点に行ってみてください。ポロリ目的のワニ連中がアホみたいに大勢、待機してますから。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

処女捨てSEXの出来る免許合宿

0096_20180511132552c00.jpg 0097_20180511132553b18.jpg
近隣に2店舗ある立ち飲みバー。ここの面白いところは、男も女も9割がたナンパ目的の客しかいないところだ。実際行ってみればすぐに気づくだろう。OL3人組なんかがヒマそうに突っ立っていれば、すぐに男が近づいていく。ドリンクは300円なのでそれをおごってやり、会話がスタートする流れだ。埼玉や千葉からわざわざやってくる女も多く、出会いのモチベーションはすこぶる高いのでやりやすい。もちろん多少のコミュ能力は必要だけども。
このビル2階は小さな飲み屋やバーが入っている。そのどれもが女客と気軽に近づけるようになっているのだが、オレみたいに女をひっかけに行ってる男は、店の外や廊下で声かけすることが多い。ちょっとサブカルチックというか、小洒落た店が多いので、「この店入りたいけど緊張するし一緒に入ろうやぁ」の一言でオッケーだ。声をかけられる目的で来てる子もいるし、観光客女
性2人組なんかもいて、かなり緩い空間になっている。こじんまりした店ですけど、仕事帰りのOLとかが多くて週末はけっこう混んでます。シャンパンやスパークリングワインの種類が豊富なので女の子が集まってくるんですね。ナンパのメッカとして有名なので、出会いの場として意識した女の子がやってきます。自分の周りだけでも何度も持ち帰れてますね。「一杯おごるから話そう」って普通に声をかけるだけで、あとは店員を交えてアホトークするのみです。
相席ダイニングバーってやつで、宮城にはこういう店は少ないので、かなり女客が多い。20代前半から40代まで、年齢層も幅広い。なぜか主婦もいたりしてそれもまた良し。店員が相席を進めてくるのでそれに乗っかればいいんだけど、見た目が気にいらなかったりしたら断れるのがイイ。土日は普通の女子大生が多くて、この店で飲んだあとカラオケに流れてそこでハメたこともある。
相席屋は都内でもたくさんあるけど、客の多さと持ち帰り率の高さから言ってこの歌舞伎町店がナンバーワンですかね。女は家出風とか風俗嬢とか、まあ普通の仕事の子もいます。とにかくアホみたいに飲ませて外に出ればすぐにラブホ街なんで、ラクチンです。
相席系の店っていろいろ行きましたけど、ココがいいのは独りで言っても相席になるときがあることですかね。独り女も来てるので、そのまま1対1で飲めるわけです。もちろん二人で行ったほうが相席率は高いんですけど、で、人気店なので客も多い。かなり使い勝手イイです。
どうしてそうなってるのかよくわからんが、人妻連中の姿がかなり目立つ。オープンの夕方5時から7時ぐらいは主婦二人組が多くて、オレはそこが気にいっている。簡単に言えばお股のユルイ奥様が、火遊び相手を探しに来てるわけだ。ここで飲んでからカラオケでいちゃいちゃするのが鉄板となっている。ものすっごいオシャレな内装の店で、ものめずらしさに女が集まりまくってます。地元の女もいますけど、観光客のほうが狙い目ですかね。どこかのオシャレ誌で紹介されたみたいで、旅行のついでに寄る女がめっちゃ増えたんです。ここで出会って飲んで、「オススメのもつ鍋屋教えてあげるよ」とかって誘うだけでホイホイついてきます。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

おまんこに指3本入る女子大生のサークル合宿乱交体験談

0010_20180301234225d89.jpg 0011_201803012342272f1.jpg
すみませーん。アンケートお願いできませんか?
あ、はい。
都知事選って興味あります?
うーん、私、まだ選挙権がないんで。
ってことは10代?
はい、
19です。大学2年なんですけど。
それじゃあ選挙なんかには興味ないかぁ。
…すみません。
いや、ぜんぜん大丈夫。でもさ、10代なりに不景気を感じたりはするのかな? たとえばお小遣いに余裕はある?
それはないです。
バイトはしてます?
考え中です。引っ越しがお給料イイっぽいんでいいかなぁと思ってるんですけど。私、高校のときソフトボール部だったんで体力には自信あるし。
なかなか渋いチョイスだね。でもさ、キミかわいいんだし、そのルックスを活かせばもっと簡単にお小遣いを稼ぐことはできると思うよ。
いやいや。
実はぼく、雑誌のカメラマンもやっているんだけど。今、モデルさんのバイトやってくれる人を探していて、条件はごにょごにょごにょ……。どう?
やりまーす!(挙手)
というわけでホテルへ。
カレシはいる?
いないんですよ。
いままで付き合った人数は?
……3人かな?
じゃあ経験人数は?
ん〜……4人。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます