合法ドラッグのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:合法ドラッグ

淫乱な奴隷女を作る合法ドラッグの媚薬を飲ませたらどれだけ性欲を刺激されるのか?

淫乱液とも言われている合法ドラッグ、普段は人見知りをするような女の子が飲んでみたらどうなるのか?
020_20191108223354e60.jpg21_20160703183643a08_2019110822335529a.jpg22_20160703183644ad0_201911082233562e1.jpg23_20160703183646c76_20191108223358c97.jpg24_201607031836481f8_20191108223359b4e.jpg25_20160703184245f54_20191108223401a2a.jpg26_2016070318424646d_20191108223402197.jpg27_20160703184248d69_20191108223404fa9.jpg
合法ドラッグビクトリアほど、刺激的なものは他にないだろう。通称、淫乱液。わずか一滴飲んだだけで、普段はどんなにおとなしい女の子でも、メロメ口の淫乱メス犬状態になると言われている。本ルボでは、このドラッグの効き目を見るため、M女代表、「私を奴隷にしてください」のももに飲
んでもらうことにした。もちろん、うたわれている効能を伝えての上でだ。不届きな男性は、狙った女にこっそり飲ませるのがスジとお思いだろうが、それは犯罪である。やはり同意がなければ。むろん、事前に効能を伝えることで、一種のブラシーボ効果があらわれ、淫乱になったような気分になるだけの可能性もある。そのあたりは差し引いて考えたほうがよかろう。
普段は人見知りするような子なのに
実験当日、待ち合わせ場所に、スカート姿のももが現れた。
「お疲れ様です。今日もよろしくね」「はい、よろしくお願いします」
いつも通りに挨拶を交わし、まずは近くのバーに。
合ドラとお酒を一緒に飲むと体に良くないので、パイナップルジュースを注文し、グラスの中に淫乱液を垂らす。「こんなちょっとでいいんですか?」
液体を入れたジュースをかき混ぜ、ももが一口飲んだ。
「味は変わらないですね。甘いバインジュースです」ひとまずゴクゴクと全て飲み干してもらい、効果が現れるのを待つ。「どう?何か変化はあった?」「うーん、特にいつもと変わらないですよ」とは言っているが、普段の彼女とはどこか様子が違う。1人でニヤニヤしながらボーっとしたかと思えば、大股の上を両手でさすったり、股に両手を挟んだりして落ち着かない感じだ。
「うふ、うふふふふ」唐突に笑いだした。なんかおかしいぞ。絶対効いてるだろコレ。
「なんかさっきから笑ってるけど、楽しくなってきたの?」
「んー、そんなに変わらないと思うけど、あ、なんか、ちょっと飲み物買ってきますね。うふふふ」飲み物を持って戻る途中、突然、ももが近くのテーブルに座っていた黒人男性に話かけた。普段は人見知りするような子なのに。
「タネイチさーん、ちょっと写メ撮ってくださーい」黒人男性に抱きついて、「イエーイ」とボーズを取っている。なんだ、このテンション?
「ちょっと、大丈夫」「大丈夫ですよー」
喋り方もさっきよりヘラヘラしてきた。このままだと、黒人さんに食われちゃうかも。
「なんかずっと気持ちいい。まだ物足りない…」
こんな場所で淫乱になられるのはちょいマズイ。続きはホテルで観察しよう。
「そろそろ出ようか」「はい。あー、なんか足に力が入らないですね。でも大丈夫ですよー」
ホテルに移動する途中も、彼女は何が楽しいのかニタニタと笑みを浮かべている。自販機で買った、ミネラルウォーターを飲みながら、俺の腕にもたれかかるようにして歩くもも。まるで恋人に甘えているかのような接し方だ。ちなみにだが、月に一回、お仕事している彼女と俺だが、ビジネス上、裸を見る見られる機会はあっても、エ口い関係になったことは一度もない。あくまでスタンスはビジネスライクに。これが暗黙のルールとなっている。なのに、今日のももはどうだ。まるで抱いてくれと言わんばかりじゃないか。
近くのラブホテルに到着。部屋に入ると、ももは靴とコートを脱ぎ捨てョタョタとベッドの上にダイブした。「はー、もうなんか、気持ちいいですねー」うつろな目で股の間に手を挟み、天井を見上けている。そしてときおり何かを思いだしたかのようにニヤニヤと笑いだす。じゃあ、オナニーでもしてもらおうか。
「いつも家でオナったりするの?」
「はい、手ではやらないけど、電マか口ーター使ってます」
「試しに手で触ってみてよ」「はい」
ももは素直に領き、パンツの中に手を突っ込んだ。しかし、わずか3分後、「うー、タネイチさん、電マ持ってきてるんですよね?」早くも電マを所望してきた。どうやら我慢できないみたいだ。仕方ないのでバッグから取り出し手渡してやる。
「んふふふー」ベッドの上でこちらに股を開くと、震える電マを股間に押し当てていく。
「あああ…0うふふ、なんか恥ずかしいです…ね…」とロでは言ってても、電マは股問にピッタリ張り付いている。が、すぐに体勢は変わった。横向きになり、片手で持った電マを背後かり股間に押し当て始めたのだ。どうやらいつも家でやるときと同じボーズが自然に出たらしい。
「あー、んー、ウフフフ。気持ちいいー」
空いた方の手で服の上から胸を操みだした。ブラがじゃまそうだったのでホックをはずしてやると、すかかず手を中に突っ込んで乳首も触りはじめる。
「私おっばいちっちゃいからなー。でも柔らかいんだよっあー、気持ちいい、気持ちいい…」
何をブツブツつぶやいてるんだろう。こんなもも、初めて見るんだけど。瑞ぎ声が大きくなってきた。乳首はすでにビンビンに立っている。
「ああー、ああー気持ちいい。もうイッちゃうかも、ああ、あああーー」
片足をピンと伸ばして、身体が硬直した。もうイッたのかよ。早すぎないか?
「ああ、すごい…。なんかヤバいですよ、コレ」「いつものオナニーと違うっ」
「うん、なんかずっと気持ちいい。まだ物足りない・・」「じゃバイブも使ってみる?」
手渡したバイフの先端を、ももは愛おしそうに舐め回した。ちょっと、目かイッちゃってる。バイブの口ーター部分がパイパンの股間に押し当てられた。ブブブブ…と室内に響き渡る振動音をかき消すように、ももがさらに大きな声を上げる。
「ふああああ、ヤバイです。ああ、あああーーー」
「タネイチさん、お願い。指入れてください・・J
すごいことになってきた。バイブオナニーが止まらないのだ。
「んああふああ」などと瑞ぎながら、何かに取り悪かれたかのようにバイブを握り続けている。すでに30分は経過したか。「そんなに気持ちいいのっ」
「うん、ずっと気持ちいい」「どこが気持ちいいの」「中も、外も…おおああ、ヤバイ…電気が流れてるうう、ウフフフー」没頭する姿をパシャバシャ撮影していると、彼女の手が伸びてきた「タネイチさーん、ちょっと触って」こんな懇願、長いお付き合いだけど初めてのことだ。
「触って・・お願い、触って…」
バイブの脇から、クリトリス周辺を指先で軽くこすってやる。「ふあ、ふああああ」
背中が急激に反り返った。怖くなって、いったん指を離してみる。
「あんっ、ちゃんと、触ってくださいよー」
俺の腕を両手で掴み、グイグイとクリトリスに押しつけようとするもも。腔の周辺はヌルヌルの液体でぐっしょりだ。
「タネイチさん、お願い。指入れてください・・。入れて入れて」
リクエスト通り、薬指をー本だけ挿入する。
「ぐふあああ」悪魔のような端ぎ声が漏れた。「もっと・・」「え?」
「もうー本お願いします・・」「じゃ2本入れてみようか?」
「うん、うん、そうしてください」ということで、中指も追加して合計2本挿しだ。
「あ、あ、あ、ああ、気持ちいい。うああーー」
一段と大きな瑞ぎ声をあげ、さらに自分の左手でクリをイジりだした。なんて貧欲なんだ。
「ずっと気持ちいいーああ、そこ、そこ、うあああ」
2本の指先をクイクイ動かすと、ジュワジュワと愛液が溢れてきた。こりゃ潮吹きするかもな。
「あああ、そこ、そこ、あ、出る、出そうー」
ブシュブシュブシュー本当に潮が飛び出て、シーツに巨大なシミができてしまった。
「あああだって、気持ちいいんだもん」
ビショビショになった俺の指をぺ口ぺ口と紙めながら、ももが甘えたような口調で言う。
「なんで?なんで指だけなの?」「ほかに何かあるの」「チンチン・・」「チンチンはダメ」「えー、なんでっ」「仕事だからダメ」「えー、なんでなんで?」「駄目なものはダメー」
正直、入れたい気持ちもあったけど、クスリを利用して本番しちゃうのは後々の仕事に問題がある。「代わりにこんなのもあるよ」冗談のつもりで持参した天狗のお面を手渡した。「えーなにコレー」と言いながら、おもむろに天狗の鼻をぺ口ぺ口紙め、股間にあてがうもも。「あ?バイブよりも本物ぽいかも…ああ、あああ」なんだよ、天狗でオナニー始めちゃったぞ(させるつもりだったけど)。その後、再びバイブを渡してあげると、今度はそんきょのような姿勢で出し入れを始める。
「ああ、気持ちいいです。ああん、うああ、あああ」「まだ気持ちいいのっ」
「うん、ずっと気持ちいいんだもん。あん、ああん」
いつまでもオナニーをやめようとしない。ホテルの利用時間も迫ってきてるし、そろそろ終ってもいいんじゃないか
「ももちゃん、ちょっとさ、そろそろ時間だかり、終りにしようか」
「えー、ホテル延長すればいいじゃないですかー」
「いや、でもさ、キリがないからね」「うああ、だって、気持ちいいんだもん。ふあああ」
駄目だこりゃ。もうしばらく好きにさせてやるか。
★最後に。この手のモノは効能に個人差がある。誰もが同じような反応を示すとは考えぬように。また、ビクトリアは現在、法的には問題のない商品だが、多くの合法ドラッグがそうであるように、人体への影響については未知数である。十分に注意していただきたい。
※ビクトリアは2012年12月16日現在は合法でしたが、それ以降は法改正により違法となる可能性がありますのでその当時の体験談としてお楽しみください

【エッチな実験】合法ドラッグは真面目な素人女も淫乱にさせるのか

aqc217.jpgaqc216.jpgaqc218.jpgaqc219.jpgaqc220.jpgaqc221.jpgaqc222.jpgaqc223.jpg合ドラの効果は、過去、裏モノ誌上でも何度か取り上げられてきたが、試す女性が身内であった点が少し不満だった。
たとえば奴隷のももちゃんが合ドラを飲んで淫乱になったときも、そのお相手は編集部のタネイチ氏だった。過去に肉体関係はなかったにしろ、やはりそこは身内、もともと彼女の中に安心感があったことは間違いない。だから効いたのだとも考えられる。
 しかし我々多くの男性には、身の回りに合ドラを飲んでくれる女性などそういるもんじゃない。妻や恋人なら快諾もしてくれようが、勝手知ったる彼女らを淫乱にさせて楽しいのかとの疑問はある。
 ならば飲み会や街コンなどでこっそりドリンクに混ぜる? それは犯罪だ。
 残るはエンコー女しかない。キスは嫌だのフェラはムリだのと注文をつけ、挙げ句、1時間ちょいでさっさとホテルを出て行く、あの憎々しい存在。性格のイイ子でも、せいぜい3時間も楽しませてくれれば御の字のあの連中。
 彼女らでも、合ドラを飲めば淫乱に変身するのか? 快楽に溺れ、何度も何度も懇願してくるのか?だとしたら、すごくお得なのだが。現在、市場に出回っている合ドラの中でも、特に評判がいいのが
「ドロシー」だ。
 ネット掲示板の口コミには、「とにかくエロい思考が頭から離れない」「全身性感帯になる」「5時間以上ィキっぱなしだった 」などとある。 こいつをエンコー女に飲ませれば…。 期待は高まる。
都内の出会いカフェでさっそくお相手を探してみた。 トークルームでワリキリを持ちかけ、O K が出れば合ドラを飲んでプレイしたい旨を伝える。 断られたら、また別の子と交渉だ。
2人ほど説得したところで、 ようやく好反応を示す女が現れた。
「え、合ドラってなんか危なくないですか? 」
「 飲むとエロい気分になって、感度も上がって気持ちよくなるから。ちゃんと商品として売られてるヤツだよ。 ほらコレ 」
ドロシーの実物を見せる。 
「少しずつ飲めば大丈夫だよ」
「あの、その前にお金いいですか? 」
「あ、 はいはい。 そうだよね」約束のニーゴーを渡すと、 彼女はしっかりサイフにしまい込んだ。
「お兄さんは飲まないの? 」
「女の子用なんだよね。 男が飲むとチンコ勃たなくなるから」
「そうなんだ 」
「じゃ、ニーゴー出してくれますか?それと、 2ー3 時間で終りますよね?このあとちょっと予定があるんで 」
この言い草、まさに生意気エンコー女だ。 仕方あるまい。 条件を飲んで交渉成立だ。
彼女は24オのエステティシャンで、 チアキと名乗った。 顔は若槻千夏をぶん殴った感じで、 エンコー女にしてはレベルが高い方だと思う。
オレンジジュースをコップに半分ほど注ぎ、 その中にドロシーをボトルの半分ほど入れ、よくかきまぜる。
「はい、これで完成。様子見ながら少しずつ飲めば大丈夫だよ 」
しばらくすると、 彼女に変化が現れた。 目をパチパチさせ、 両手を膝の上でこすりながらそわそわと落ち着かない様子だ。
「あ、 なんか、 少しぼーっとしてきたかも… 」
「 大丈夫? 」
「 うん、 大丈夫、もうちょっと飲んでみる 」
結局彼女は15分ほど かけて、コップの中身をすべて飲み干した。
「どう? なにか変化あった? 」
「うん、ああ…なんか、 効いてきたみたい。フフフ」
よし、なんか知らんが笑ってる。気持ちいいってことだろう。先にシャワーを浴び、ベッドの上で待っていると、タオル一枚姿のチアキがしなだれかかってきた。
「あ..、やっぱりなんかボーっとするかも」
「大丈夫?」
「あ.、大丈夫…ハハハ。なんか、これヤバイね」
「でも悪くなさそうでしょ?」
「うん…、悪くないと思う。フフ」
 目があきらかにさっきと違ってトローンとしたエロ顔になってる。たまらず押し倒すようにして彼女に覆い被さる。
「キスしても平気?」
 問うまでもなかった。彼女のほうから俺の首に腕を回して顔を引き寄せ、ねっとりと舌を絡めてきたのだ。ディープなキスだ。なんて積極的な援交娘なんだ。ドロシー効果、発動か?
 首筋から胸のまわり、脇腹の方まで舌を這わしてやる。
「はあ..…」
 長いため息を出しながら身体をくねらせるチアキ。指先で乳首に触れた途端、ビクっと身体が震えた。めちゃくちゃ敏感だぞ。
「はあ…。ヤバイね…、なんかスゴい…敏感になってる」
 こんなにすぐ効くものなのだろうか。演技で喜ばせようとしてるのかもな。まだ疑わしい。
 反応を探るように、脇腹や背中に軽く触れてみる。
「あっ、ああん」
 乳首を軽くペロリ。
「はうん!」
 甘い声を発しながら、俺の頭を抱え込んできた。演技とすればたいしたもんだ。
 続いて、本丸のクンニだ。同時にビンビンに立った乳首も指でコネコネしてやろう。
「ん、んん、んああ…なんかすごい…、ああ、もうイキそう」
 早えーよ! 舐めはじめてまだ15秒しか経ってないぞ。
「あ..、あ..、あ..、イク!イクっ! あっ! あっ!」
 全身を激しく波打たせながら、彼女は大きな声を上げた。本当にイッたみたいだ。
「はあ、はあ…、ハハ、ハハハ、ヤバい。イッちゃった。はあはあ」
「ちょっとー、早すぎない?」
「はあはあ、だって、なんか、カラダ触られてるだけでヤバいし…、はあはあ」
「元々感じやすいほうなの?」
「はあはあ、ハハ、なんか、ヤバイ、もう、気持ちいい。ほんとヤバいね、コレ。ねえ、私も舐めていい?」
 おねだり来ました! これまで15人ほどワリキリ経験のあるオレだけど、「舐めていい?」なんてセリフ初めて聞きました。どうぞどうぞ、どんどん舐めちゃってください。
 股間に顔を埋め、チンコを優しくにぎりながら、チロチロと亀頭まわりを舐めるチアキ。チンコが硬度を増し、彼女の息も荒くなっていく。
「ハア、ハア、ヤバい、めっちゃ興奮する…」
 勃起チンコを舐めて興奮してやがる。なんてドスケベなんだ君は。
 しかも空いた方の手で乳首を刺激してくるなんて、サービス抜群じゃん。
「彼氏にフェラするときも、こうやって乳首攻めたりしてあげるの?」
 チュポッ。(口からチンコを抜いて)
「しないよ。なんか…スゴい興奮して…」
 パクッ。(再びチンコを咥える)
 ああ、やっぱりこの淫乱っぷりはすべてドロシーちゃんのおかげみたいです。ありがたやありがたや。
 それにしてもフェラを始めてからかれこれ30分は経ってる気がするけど、ちょっと長すぎないか。
 チュポッ(再び抜いて)
「だって、舐めてるだけで気持ちいい…」
 チュポッ(再び咥える)
 上目遣いでそんなセリフを言ってくれるのは嬉しいけど、そろそろ体勢を変えてみないかい?
 股間がベチョベチョになるまでしゃぶり倒した彼女は、「じゃ、また私のも舐めてくれる?」と耳元でささやき、ハアハア息を荒げながらお尻を俺に向け、シックスナインのポジションをとった。
 マンコからヌルヌルなヤツが垂れている。
「ちょっと、ここスゴイ濡れてるよ。ほら」
 語りかけても、彼女はすでにチンコ舐めに夢中になってる。ううう、気持ちいい。
 負けじと彼女のヌルヌルマンコに舌を這わせると、腰をビク付かせながら「んふぅっ、んふっぅっ!」
と喘ぎ声が漏れてきた。
 コリコリに勃起したクリトリスを舌で転がし、キツキツのマンコに指を1本だけ入れてみる。
「ああ、もっと入れて…」
「もっと? 2本?」
「2本入れて……あ、ヤバイ…」
 2本入れてやったら、また追加注文がきた。
「ああ、もう一本、入れて…」
 3本かよ。シックスナインで3本は腕がしんどいけど、ほらどうだ!
「あ! ヤバイ! イクかも!」
「ちゃんとイクときは言わなきゃだめだよ」
「んん、イキそう、イキそう! イクッ! ああっ!」
 再び全身をビクビク痙攣させ、グッタリ倒れてしまった。またもや5分も経ってないのにイッたみたいだ。
「チアキちゃん、イキやすいんだね。彼氏とエッチしてもこんな感じ?」
「全然ちがう…。いつもは、舐められて一回イッちゃうと、もう舐めて欲しくないのに…」
 ならば連続でどれくらいイケるのか試してみようか。ほら舐めまくるぞ!
「あ.イク、あ..イク、イク!
(ビクビク)…あ.もうヤバいって…、あ.イク、あ.イク、イクッ、イクッ!(以下、10セット以上続く)」
 5分に一回の割合で絶頂を迎えるのが楽しくて、結局1時間近くも指とクンニで攻め続けてしまった。
その間、彼女も彼女で「私も舐めたい」「もう一回舐めさせて」「今度は私ね」と絶頂の合間ごとにフェラを所望してくるのだから驚きだ。
 開始から3時間が経過したことに気付いたのは、フロントからの電話でだった。
「もしもし、お客さま。もうお時間過ぎてますけど。最初にお伝えしたように延長はできませんので退室してくださいね」やってしまった。まだ射精どころかチンコも挿入してないのに。どうしよう…。
 が、電話の内容をチアキに伝えたところ、彼女は驚きの言葉を返してくれた。
「じゃ、別のホテル行きませんか?」
 2.3時間で終りの約束はあっさり反故にされたようだ。ドロシー、恐るべし。
 時刻は夜の8時。急いで身支度を済ませてチェックアウトし、目の前のコンビニで水だけ買って、すぐ隣りのホテルにチェックインした。
「ホテルはしごしたの初めてなんだけど」
「俺も初めてだよ。まだムラムラしてるの?」
「うん、ヤバいよ。早くお部屋行こう」
 これが援交女と交わす会話だなんて信じられない。
 チアキは移動の途中も、ハァハァ興奮したままの状態で、部屋に入るやシャワーも浴びずにベッドの上で服を脱いだ。すぐに続きをおっぱじめるつもりらしい。
「やばいね…コレ。ホントヤバイ。ぜんぜん抜けないよ(クスリが)…」
 入室30秒で2人とも素っ裸になり、第2部に突入!
 唾液を吸い合うようなディープキスをして、彼女の硬くなったままの乳首を触った瞬間、またもや身体を大きく震わせながら艶めかしい喘ぎ声が漏れた。
「わたし、乳首こんなに気持ちよくないんだけど…。もうなんかすごい…。また私も舐めていい?」
 彼女は濃厚フェラでチンポを勃たせ、「もう中に入れて?」と上目遣いでリクエストを出してきた。この淫乱女め。
 正常位の格好で、マンコ周辺にチンコをゆっくりこすりつけ、焦らしてやった。
「ああ.、もう、ヤバい。もうイキそう…」
「え? こんなんでイッちゃうの?」
「だって気持ちよすぎて…ああ、イキそう、イク! イク!」
 もはやこの程度の早イキぐらいでは驚かなくなってしまった。ビクビクと身体を痙攣させてるところに、チンコをゆっくり挿入してやる。
「うあああああ!!」
 本日最大級の声を上げ、身体にしがみついてくるチアキ。ケモノだ、もはや淫獣だ。
 指入れの段階でわかってはいたけれど、この子のマンコ、キツキツで気持ちいいっす。
「あっ、ああ、スゴイ。カタイ、気持ち、いい、いい…」
 夢中になって腰を動かしながら、途中でふと思い出した。ゴム着けてなかったよ。もうそれどころじゃないみたいだし、いいよね。
 正常位のまま、クリを指で触ってやると、チアキは何度も絶頂に達した。
 その後、騎乗位で一回、バックで一回と、5分ほどのピストン運動だけで次々にイッてくれるので、テンポよくプレイが進んで行く。
 再び正常位に戻ったところで我慢出来ずに射精してしまい、一気に賢者タイムに突入してしまったが、彼女は精子まみれのチンコを咥えて離そうとしない。
「ねえ、私のも触って。また舐めてくれる?」
 これは困ったな。賢者タイムに突入した身には、この淫乱振りはもてあましてしまう。用意しておいた電マとバイブを使ってみるとしようか。「電マとバイブがあるんだけど、使ってみようか」
「え? 電マ持ってるの? ヤバイよ…」
「何が?」
「だって、気持ちよ過ぎてなんか出ちゃうから」
「え? 電マ好きなんだ?」
「うん…。ハマりそうで怖い」
 それならそうと早く言ってくれればいいのに。
 電源を入れてクリにあてがう。と、次の瞬間、
「ああっ、うあああっ、イキそう!出る出る!」
 ブシュ!
「ああっイキそう! 出る出る!ブシュ!(以下、3セット続く)」
 小便なのか潮なのか、とにかく液体が次々と飛び出てくるせいで、シーツがズブズブだ。
「ああん、スゴイよ。やめないで、やめないで!」
 2軒目のホテルに入って4時間が経過した。俺はもうお腹いっぱ
い状態だが、彼女が延々と「舐めてイカせて」「入れて欲しい」「チンチン舐めたい」と要望を出すので、なかなかプレイを終われない。
 結局、彼女が落ち着いたのは、深夜1時をまわってからだった。8時間もエッチしっぱなしだったことになる。
「なんかね、身体はすっごい疲れてるのに、頭が冴えてるっていうか…まだムラムラするんだよね」
「ヤバいよね。てか時間大丈夫なの? 明日仕事なんでしょ?」
「うん、もうムリ…。仕事休むことにした…」
「マジで? なんか、ゴメンね」
「ううん、大丈夫」
 そのまま2人でホテルに泊まることになり、翌朝6時、彼女に起こされホテルをチェックアウト。
「なんか一睡も出来なかった…多分クスリのせいだと思う」
 そう言い残したチアキは、ヨタヨタと朝の駅の方向に帰っていった。ドロシー、恐るべし。
※この記事は2014年7月16日現在合法ドラッグだったドロシーの記事で当時の内容です。現在は違法指定されている可能性もあるので当時の読み物としてお楽しみください。

【アダルト漫画】合法ドラッグ試吸ルームはハプニングバー状態だ

0208_2018072617591077f.jpg 0209_20180726175912103.jpg 0210_2018072617591370b.jpg 0211_2018072617591526d.jpg 0212_20180726175916239.jpg 0213_20180726175918860.jpg 0214_20180726175919332.jpg 0215_20180726175921199.jpg 0216_2018072617592275b.jpg 0217_20180726175924c76.jpg 0218_20180726175925067.jpg 0219_2018072617592709c.jpg 0220_20180726175928e2a.jpg 0221_201807261759304c3.jpg※法律は絶えず変化しています。雑誌販売時には合法なものですが、時代の法律を遵守したうえで自己責任で読み物としてお読みください。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます