同級生のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:同級生

  • 2018/05/30突撃リポート

           おれは来年36才になる。といえば、もう結婚し、子供が2人くらいいて、何ならマイホームを所有していてもおかしくない。はるか20年前、中3年の文化祭が間近にせまったある日のことだ。「ねえ、岩戸くんって好きな人とかいるの?」昼休みの教室で、同じクラスのA子がおれをつついた。「別に。いね-よ」二つ隣のクラスに片思いの相手がいたがウソをついた。センシティブな年頃であ...

    記事を読む

  • 2018/03/01突撃リポート

    地元イオンへ買い物に出かけたその日、どこからともなく私の名を呼ぶ大きな声が聞こえた。「鍋島くん!?」 振り返った先には初老の女性が手を挙げている。あ〜、荒井さんか! 荒井清美は中学時代の同級生だ。特に親しかったわけでもなく、数年前の同窓会で再会していなければ、まず彼女だとは気づかなかったはずだ。まあ、それは向こうも同じだろうが。それはさておき、先ほどから彼女の隣に佇んでいる若い女は誰だろう。少しギャ...

    記事を読む

学生時代に好かれていた女子なら久しぶりの再会でもSEXできるか?

0042_20180530114407c17.jpg 0043_20180530114408c86.jpg 0044_20180530114409119.jpg 0045_20180530114411c62.jpg 0046_20180530114412176.jpg 0047_20180530114414ef9.jpg 0048_2018053011441537b.jpg 0049_20180530114417606.jpg
おれは来年36才になる。といえば、もう結婚し、子供が2人くらいいて、何ならマイホームを所有していてもおかしくない。
はるか20年前、中3年の文化祭が間近にせまったある日のことだ。
「ねえ、岩戸くんって好きな人とかいるの?」
昼休みの教室で、同じクラスのA子がおれをつついた。
「別に。いね-よ」
二つ隣のクラスに片思いの相手がいたがウソをついた。センシティブな年頃である。こつ恥ずかしい質問に、バカ正直に答えるわけがない。
「ふうん、いないんだ」
納得したような表情でA子は立ち去り、同じクラスの女子へと駆け寄った。学年でも地味ベスト、に入る女、谷口依子(仮名)の元へ。2人がこちらをチラチラ見ながら話しはじめたとき、おれは悟った。A子に質問させたのは彼女だと。谷口とは何度かしゃべったことがあった。他の女子とは違う、なんだかよくわからぬ好意の視線があった。
モテ人生を歩む者ではなかろうとも、誰しもが思春期のあるときぐらいは、同じような酸っぱい体験を持っているのではないか。好きでもない子が自分を好いてくれている〃らしい〃という、どう対処していいかわからぬ気分。本心をはっきり確かめることもなく、またその必要も感じず、暖昧なまま過ぎ去ってしまった時間。お調子者、足が速い、ギターが弾ける、そんな一点のみで女子の好意の対象となりえたあのころには、誰もが誰かに片思いされていたと思う。
卒業以来いちども会っていない谷口のことを思い出すようになったのは、30才を過ぎてからだろうか。恥ずかしながら恋人もできぬ暗い日々を送るうち、あんなにも昔のことが輝かしく思えてきたのだ。後ろ向きすぎる。だからこの部分についての同意は求めない。でもちょっとばかし夢想してみたくなりやしないか。自分を好きだった女子の気持ち、それってまだ形を変えて生きてるんじゃないかってことを。今でも好きですか?というのとは違う。そんなのはありえないし、求めてもいない。
「好きだったんだから、いまセックスを求められても断りませんよね?」告白できなかった女子が、久しぶりにあなたに再会する。彼女はどんな瞳をしているだろう。彼女の頬はどんな色をしているだろう。おれは北関東の実家にまい戻った。谷口に会うためだ。
おれが35才だから、谷口も35才。どう見積もっても結婚して子供もいるはず。どこに住んでるかもわからないし、下手すりゃ他界してる可能性だってある。でもまずは動いてみねば。実家の押し入れから卒業アルバムを引っ張り出し、巻末の自宅番号へかけてみる。つながらなければご破算だ。トゥルルル。
「はい、谷口でございますが」
母親らしき声が聞こえた。引っ越してなくてよかった。
「あの、私、依子さんの中学時代の同級生なのですが、彼女はもう結婚されて…」
「はい、もう結婚して○○のほうに住んでますけど」
幸いにも同じ県内だった。田舎の同級生によくあるパターンだ。
「でしたら私の番号をお伝えしていただけませんか。岩戸と申します」
お母さんは娘の携帯番号を教えてくれようとしたが、どどって断ってしまった。なんとなく連絡を待つほうがいいような気がしたというのもある。上手くいくだろうか。アムウェイと勘違いされなければいいが。ケータイが鳴った。未登録の番号だ。
「はい、もしもし」
「…あ、あの岩戸くんのケータイですか。谷口ですけど」
まるで別人の声に感じたのは、20年ぶりというブランクのせいだけでなく、電話でもそれとわかるくらい彼女が緊張していたせいだろう。もっともそれはこちらにも言えることだが。
「あ、ど、どうも。岩戸です。久しぶり」
「あ、うん。…あの実家に電話もらったみたいだけど」
「ああ、あのね…」
あらかじめ考えておいた文句をたどたどしく伝えた。いま所用で東京から地元に帰っていて、中学時代の男友だちと飲んだのだが、そのとき谷口の名前が出てきて急に懐かしくなり、迷惑かなと思いつつ電話してしまったと。
「突然ゴメンな。いやホントに久しぶりだからどうしてっかなと思って」
「うん元気だよ」
「それでさ、今日とか時間ないかな。せっかくだしお茶でもしないかなと思ったりしたりしてて」
なにが「せっかく」なのか「したりしてて」なのかわからんが、不自然きわまりない申し出を彼女はあっさりと快諾してくれた。
「1時間くらいだったら平気かも。4時には保育園に子供迎えに行くから」連絡さえとれればここまでは進むと信じていた。だっておれは、彼女がかつて好きだった男子なのだから。わずか1時間では、まだ間に合うのかだのセックスできるのかだの、つっこんだ話はできっこない。今日は再会を懐かしむだけにとどめて、なんとか次戦(あるかないかわからないが)に持ち込ませたいところだ。
待ち合わせのファミレスに到着して5分、入り口のドアから見覚えのある顔が現われた。
「あ、どうもお待たせ」
「ゴメンな、忙しいのに」
20年経っても谷口は地味なまんまだったが、中学時代よりは数倍オンナらしくなっていた。この彼女に「間に合う」と言われれば、喜んで抱きつくことだろう。
2人でケーキをパクつきながら、しばらく互いの近況を報告しあった。谷口は高校を卒業後、名古屋の短大に入学し、Uターン就職した地元企業の男性と7年前に結婚していた。いまは2児の母親だという。平平凡々たる、でもなぜかうらやましい人生だ。
「なんで私の話題なんか出たの?誰が来てたの?」
架空の設定にツッコミが入った。そりゃたしかに気になるところかも。
「石山とか倉田とかだよ・なんか谷口っていたよなあとか、そんな感じ」
「ふうん」少し意図を見透かされたような気がした。とっさに名前を出した倉田というのは、中学のとき「お前のこと好きらしいぜ」と伝えてきた友人だ。そことここがつながっててこの展開ってことは…と勘が良ければ気づくかも。ややキョドるおれに、ふと彼女が顔を向けた。
「岩戸くん、結婚は?」
「おれ?おれはまだだよ」「もう来年調だからね。そ6ろそろいい人見つけなきゃ密ね」
「ああ。そっちはどうなの?ダンナさんとは上手くいってんの?」
「まあ普通かな」「普通かぁ…」
逆の立場だったらどう答えるだろうと考えた。むかし好きだった女子に嫁さんとの仲を聞かれたならば。気を引こうと「ケンカばっかだよ」と言うか、眼中にないとアピールするため「すごく仲いいよ」と言うか。谷口の「まあ普通かな」は、どういう意味をはらんでいるんだろう。どことなく天秤は「まだ気がある」側に振れてるように思えるのだが。気がつけば約束の1時間からすぎていた。帰り支度をととのえ連絡先を交換する。
「じゃ、ケーキごちそうさま」
「こっちこそ、久々にあえて楽しかったよ。後でメールする」
「うん」
パイパイと手を振り、谷口は小型車の運転席に乗り込んだ。翌日の昼間にメールを送った。
《昨日は楽しかったよ。あと数日はこっちにいるから、よかったら2人で飲みに行かない?》
返事が届いたのは3時間後だ。
《あさってなら時間とれるけど、もう東京に帰ってる?》
天秤は大きく傾いた。考えてもみてほしい。好きでもない元同級生と20年ぶりに、1度ならまだしも2度も続けて出かける女性がいるだろうか。迎えた当日、午後6時。電車でやってきた谷口と駅前で合流し、さびれた商店街のチェーン居酒屋へ入った。本日の目的は「まだ間に合うか」を確認すること、そして近所のラブホでしめやかに彼女と結合することだ。そのためにはまず前ブリとして「中3時、谷口は本当におれのことが好きだったのか」の確認を取らねばならんのだが、こちらから聞くのは野暮ったい。なんてつたってホレられた側なんだから。ここはホレた側に口を割らせて、「え、そうだったの?」と驚くぐらいがちょうどいい。谷口も自ら告白すれば勢い(ホテル行きの)がつくだろうし。
「そうだ、いいモノ持ってきたんだ」
そう言っておれはバッグから卒業アルバムを取り出した。当時の気分を思い出させるための小道具だ。谷口は懐かしいと連発しながらアルバムを眺めはじめた。
「みんなさすがに若いねえ」
「あ、この写真、おれと谷口、一緒に写ってるよ」
「きゃ-岩戸くん、痩せてるね〜」
どうだ、そろそろ白状してくれていいんだぞ。そこに写ってるのは、好きだった男子だぞ。ほら、早く早く。ねえ、なんで言ってくれないのさ◎我慢できなくなった。だからおれはまつすぐに尋ねた。彼女の照れを隠してやるぶっきらぼうな口調で。
「そういえば中3のとき、おれのこと好きだとか言ってなかった?」
「ああ、そんなこと言ってたかも。あったねえ、そんなことも」
そんなこと、というボカした言い方に照れ隠しが見え、なん
だかうれしくなる。そんなことってどんなことなんだい、ねえ、谷口っちゃんってば。
入店から1時間が過ぎた。アルコールも入った。そろそろ核心に迫りたい。かつておれに寄せていたその気持ち、まだ間に合うのか。ときどきアルバムをめくっては目を細める谷口に、おれはそっとつぶやいた。
「あのとき付き合うことになってたらどうなったんだろな。いまごろ夫婦になってたりして」
「ははは、なってたかもね」
「もう手遅れだよな〜」
一瞬の反応を見逃すまいと表情を観察したが、変化はない。ならば言っちまおう。
「なあ、いまからでも間に合わないかな?」
彼女は笑いをかみしめるような表情に変わり、そのままの顔で口を開いた。
「あはは間に合わないね〜」
すかさず冗談を気取って切り返す。
「だよな〜。間に合ったらおかしいもんなぁ」
「そうだよ、過去は過去だよ」
やや真意を取り違えてるのかもしれない。おれはなにも、ずっと好きだったかを聞いているのではない。ダンナと離婚してくれと言ってるのでもない。あのとき好きだった相手になら、いま抱かれ得るかどうかを知りたいのだ。しかしそれは口に出して問う種類の設問ではないのかもしれない。となれば行動あるのみだ。店を出ると、谷口はまっすぐ駅の方へと歩きはじめた。
「まだ8時過ぎだよ。もう1軒くらいいいっしょ」
「う-ん、でも帰らなきゃ」
幼子をなだめるかのように、また今度ねと彼女はおれの肩をポンと叩き、街灯のとぼしい路地を歩き出す。目の前に古い雑居ビルがあった。反射的にその入り口へ谷口の手をひっぱる。
「どうしたの?」
体を抱きよせ、くちびるを奪った。彼女の体が硬直した。ただ皮層と皮層が触れ合うだけのようなキスは10秒ほど続いた。でもそこまでだった。
「駄目だったら.過去は過去だからね」
また同じフレーズを口にした谷口は、さっきと同じ足取りで駅へと歩いていった。このままではいけない気がして、東京に戻ってからメールを送った。
〃昨日は楽しかったよ。また地元に戻ったとき飲もうな〃
返事はすぐに来た。
〃いっぱい箸ってもらってゴメンね。早くいい奥さん見つけないとね″画面をいくらスクロール
しても、「実はね、」と続く告白文は出てこなかった。

同級生の孫娘と援交セックスきめた体験談

SnapCrab_NoName_2018-3-1_14-5-29_No-00.png
地元イオンへ買い物に出かけたその日、どこからともなく私の名を呼ぶ大きな声が聞こえた。「鍋島くん!?」
 振り返った先には初老の女性が手を挙げている。あ〜、荒井さんか!
 荒井清美は中学時代の同級生だ。特に親しかったわけでもなく、数年前の同窓会で再会していなければ、まず彼女だとは気づかなかったはずだ。まあ、それは向こうも同じだろうが。それはさておき、先ほどから彼女の隣に佇んでいる若い女は誰だろう。少しギャルっぽい雰囲気ではあるものの、なかなかの美人だ。娘にしては若すぎる。なにせ二十歳そこそこにしか見えないのだから。「ああ、この子。私の孫なの、うふふ」
 え、こんな大きな孫が?
「そうなのよ。ちょっとびっくりでしょ?」
 荒井さんは19の時に娘を産み、その娘さんもまたハタチで結婚し、すぐにこの子を出産したんだそうな。へえ。ウチのドラ息子はまだ結婚もしてないというのに、えらい差だ。孫娘がいかにも愛想よく挨拶する。
「アカリって言います。ここのイオンのマッサージ店で働いているんです」
そう言って紙切れを取り出す彼女。
「これ、割引き券です。気が向いたらぜひお店に来てください」
 (マッサージか…)
 後日、ふと彼女の店に顔を出そうと考えたのは、同級生の孫娘に体をほぐしてもらうのも一興だと思ったからに過ぎない。せっかくチケットももらったことだし。
 店に着くと、アカリちゃんは私の来店をことのほか喜んでくれた。カーテンで仕切られた半個室に通され、さっそく施術が始まった。ほどよい力加減で彼女の手が体のコリをほぐしていく。いやぁ意外と上手い。極楽極楽。あれこれと雑談を交わすうち、やがて話題はアカリちゃんの仕事に及んだ。
「そんな華奢な体で力仕事は大変でしょ」
「ホントですよ! 毎日くたくたです」
 急に声をひそめて彼女が続ける。
「給料だって激安なんです。好きなものもぜんぜん買えないし、正直、転職を考えてるんですよね」
 聞けば手取りは13万。確かに薄給だ。すでにマッサージが終盤に差しかかるなか、目を閉じて熟考した。彼女にエンコーを持ちかけるってのはどうだろうか?
 同時に、昔の荒井さんの姿を思い出してみる。決して美人ではなく憧れてもいなかった彼女だが、なかなかの人気者だった記憶はある。その彼女と血のつながった孫と一戦を交えるなんて、何だか欲望をくすぐられるものがあるではないか。幸運なことにアカリちゃんは荒井さんの「娘の娘」である。「息子の娘」だと全然しっくりこないが、女系でストレートにつながっているとなれば、アカリちゃんには荒井清美の「女」の遺伝子が濃厚に受け継がれているとは言えないか。
 意を決し、わざと軽い口調で言ってみた。
「アカリちゃん、そんなにお金に困ってるならお小遣いあげよっか」「え?」
「一緒にホテルに行ってくれたら3万払うけど、どうかな?」
キモいおっさんだったと荒井さんに告げ口されたところでどうってことはない。どうせもう、会う機会もないだろうし。その思い切りが良かったのか、アカリちゃんはニンマリと笑った。
「じゃあ、お店が終わるまでどこかで時間潰しててもらえます?」
 アカリちゃんとの淡々としたセックスで、かつて同級生だった女の痕跡を必死に探ってはみた。
 しかし、必死のクンニにも関わらず、さほど変化を見せないその表情にも、おざなりのフェラでお茶をにごそうとしたり、挿入時にシラけた態度を見せるその非協調的な性格にも、私の頭の中にある荒井清美的なものはいっさい見当たらなかった。やはり孫は孫にすぎないってことか。3万は払い過ぎだったかも。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます