名古屋のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:名古屋

  • 2019/08/08裏風俗・風俗体験談

    1、東海エリアで今もっともアツいと言われているハプニングバーだ。若くてそこそこのレベルの単独女性が多い、変な常連がいないので初心者でも馴染みやすいなど、人気の理由はいくらでも挙げられるが、何と言ってもスゴいのは、漫画のように店内の至るところでセックスできる点だ。摘発を恐れて、他のハプバーがヤリ部屋以外でのセックスを厳禁としているこのご時世に。2、このイケイケな姿勢、客としては大歓迎だけど、いつ当局...

    記事を読む

  • 2019/08/06裏情報

    1、着飾った熟女が次から次へと声をかけてくる逆ナンディスコ若者に人気のクラブだが、毎週火曜と木曜に開催されるディスコナイトだけは、いつもと様子が変わる。若かりしあの日よ再びってな感じで、着飾った熟女たち(と中年オヤジたちが)がドっと押し寄せてくるのだ。そんなところへ30の若造である俺がわざわざ出向くのは、ただそこにいるだけで次から次へとオネーサマ方に逆ナンされるからに他ならない。彼女たちの世代にとつ...

    記事を読む

  • 2018/09/28出会い攻略

      名古屋で女ジョガーの痴態を鑑賞するなら、ここ以上に適した場所は存在しない。なぜか。①若い女がやたらと多い…名城公園はもともと朝晩ともに、マラソン大会でもやってるのかと錯覚するほどジョガーが多いが、その6割は若い女性である。②コース沿いのあちこちにベンチがある…のんびり座っていれば、目の前を揺れ乳が勝手に通り過ぎてくれるので長時間楽しめる。③夜でも明るい…コース沿いには十分な数の街灯が設置され...

    記事を読む

  • 2018/09/27出会い攻略

    お腹のたるみが気になり、ジョギングを始めたある夏の午後、天白川沿いの遊歩道で衝撃的なシーンを目撃しました。河原でビキニ姿のギャルが寝そべったり、友人らしき男どもとバトミントンをしてるんですよ。何人も何人も。もともとこのあたりは週末になるとバーベキュー客などで賑わう場所で、若者も大勢やってくるのですが、にしても水着って。しかも一過性の現象なのかと思いきや、その後もさらにビキニ人口が増えてるんだから驚...

    記事を読む

  • 2018/07/29裏情報

    真っ暗な店内に、布で覆われたテント型の個室が点在する、いかにもカップル向けのオリエンタル風居酒屋だ。個室は座席タイプと靴を脱いで地べたに座るタイプの2種類あるが、食後のセックスを目指すなら、選ぶべきは後者だ。このタイプの部屋には、どでかいクッションが2人分用意されているので、初めはそいつにもたれながらまったりと談笑し、ある程度アルコールが回ってきたところで、女のクッションへ移動だ。柔らかいクッショ...

    記事を読む

  • 2018/07/28出会い攻略

    まだヤレてもいない女と温泉宿に泊まるのはさすがに無理があるけれど、ドライブ中、日帰り温泉にフラッと立ち寄るくらいなら、まだ何とかなる。ひとっ風呂浴びて休憩でもしねえ? てなノリで。まんまとOKをもらったら、目的の半分は成功したも同然だ。実はこの温泉施設では、完全個室の休憩所をレンタルできるのだ(3時間3千円)。もっとも、女がそばいるときに個室をレンタルすれば警戒される可能性もある。受付に行くのは、女...

    記事を読む

  • 2018/04/13出会い攻略

    カウンター8席のみの人気ホルモン焼き屋だ。非常に狭い造りのため、やって来るのは、ひとり焼き肉の好きな客がほとんどと言っていいのだが、どういうわけか、肝心の七輪が5台しかない。カウンター8席に七輪が5台。店が混んでくると、必然的に隣客と同じ七輪を共有する状況が生まれるわけだ。その上、この店のある界隈は、名古屋でも屈指の風俗エリアであり、仕事をハネたフーゾク嬢がここへふらりと焼き肉を食べに来るなんてこ...

    記事を読む

  • 2017/03/21裏風俗・風俗体験談

     1、男の脳ミソというのは不思議なもので、出会ったばかりの女といきなりイヤらしいことをするより、事前にある程度のコミュニケーションを取った方が輪をかけて興奮するように出来ている。さっきまでにこやかにソフトクリームを舐めてた子が、同じ口で俺のチンポしゃぶってくれるの? うひゃー感激! みたいな。2、私が近ごろハマッているこの店は、まさにそんなシチュエーションを堪能できるデリヘルだ。 300 分のロン...

    記事を読む

愛知県・名古屋のおすすめハプニングバーガールズバー|体験ルポ

0090_2018062308135086c_20190817120556762_20191013084924916.jpg0091_20180623081351fba_20190817120558b85_20191013084926ff1.jpg0090_20171104185600bb7_20191013084923421.jpg0088_20171104185557ae3_20191013084918930.jpg0089_201711041855589d0_2019101308492035c.jpg1、東海エリアで今もっともアツいと言われているハプニングバーだ。若くてそこそこのレベルの単独女性が多い、変な常連がいないので初心者でも馴染みやすいなど、人気の理由はいくらでも挙げられるが、何と言ってもスゴいのは、漫画のように店内の至るところでセックスできる点だ。摘発を恐れて、他のハプバーがヤリ部屋以外でのセックスを厳禁としているこのご時世に。
2、このイケイケな姿勢、客としては大歓迎だけど、いつ当局に店が潰されるかと思うと心配でならない
名古屋の納屋橋エリアといえば、外国人立ちんぼのメッカだが、2年ほど前から、かなり若く見える日本人が複数現れるようになった。2、3人のグループでいることもあれば、どういうわけかたった1人でオバハン立ちんぼとコンビでたたずんでいることもある。で、いつぞや連中のひとりに歳を尋ねたところ、彼女はニヤニヤと笑って答えた。
「んー、そういうのは教えないことにしてるんだよね。引く人もいるしさ」
 引く人がいるってことは、やはりそういうことか?
3、かつて、若いコのパンチラが見られると大流行した見学クラブ。いまでは大半が摘発を食らって消滅してしまい、名古屋で生き残ってるのは唯一ここだけだ。そんな状況にあって店側も神経をとがらせているのか、以前ほど大胆なパンチラ(というかモロパン)は拝めなくなり、今では女のコが立ったり座ったりする瞬間にチラ、チラっと見える程度に過ぎない。が、それでも俺がここへ通うのを止めないのは、撮影コースがあるからに他ならない。女のコを指名すれば、マジックミラー越しに堂々と持参のケータイでパンチラを撮ることができるのだ。画像でもムービーでも。
Tバック店員だらけなのでゆっくり飲んでられません

愛知県・名古屋の大人の遊び場エロスポット|体験ルポ

0089_20180620101004961_2019081710522843d_201910130849217db.jpg0081_20190131131319276_20191013084916e6f.jpg0083_20190131131322c6d_20191013084917573.jpg201510_000078_201910130904566df.jpg201510_000079_201910130904576e2.jpgajk077_2019080521512776e_20191013090459ed6.jpgajk078_20190805215129b48_201910130905010a0.jpgajk079_20190805215130ffc_20191013090502172.jpgajk080_20190805215132401_201910130905035d4.jpgajk081_20190805215133c67_201910130905055a5.jpgajk082_201910130905068ae.jpg
1、着飾った熟女が次から次へと声をかけてくる逆ナンディスコ
若者に人気のクラブだが、毎週火曜と木曜に開催されるディスコナイトだけは、いつもと様子が変わる。若かりしあの日よ再びってな感じで、着飾った熟女たち(と中年オヤジたちが)がドっと押し寄
せてくるのだ。そんなところへ30の若造である俺がわざわざ出向くのは、ただそこにいるだけで次から次へとオネーサマ方に逆ナンされるからに他ならない。彼女たちの世代にとつて、ディスコとは出会いの場。けれど周りはオツサンばっかだし、どーせなら若い男と遊ぶ方がいいわあってことなんだろう。普段は若さだけが取リ柄のさえない僕ですがある場所に行きさえすれば、モテ男に変身することができます
この店で毎週開催されているディスコナイトには熟女がわんさかおりまして
あら、若いのにこんなイベント興味があるの?
ええまあ珍しいわね、
でもステッフとか全然わかんないんですよ
じゃあ教えてあげる
一緒に踊ろっか
とにかく押しの強い女性が多いので
うふふ上手じゃんいやあそうですか
あれよあれよといつ間にこんな展開になっちゃいます
くたびれたオッサン連中にナンパされるよリは若い男がマシってことなんでしょうか
2、ビキニを眺めながらゆったり酒を飲む
しかも格好は、年がら年中ビキ二姿。この素晴らしさは、実際に店に行ってみなけりゃわからない。10代特有の瑞々しい肌が最高にまぶしいんだよなあ。そして何より、良い意味で、お仕事意識が希薄なところがいい。女のコ同士でぺちやくちゃおしやべりしたり、客の他愛ない冗談に大笑いしたり。まるで学生の海合宿に参加してるような気分まで味わえるのだ。連日、店が激混みなのもまったくうなずける話だ。
3、マリアージユ
引け目を感じるバツイチ女には優位な立場でのびのび話せる
このお見合い業者は月に1度『ばついち&理解者編』なるイベントを行っている。文字通り、男女ともバツイチかあるいは相手がバツイチでもかまわないという人に向けた催しだ。こういう場は普段、女に奥手な俺でものびのびと話せるからありがたい。独身である俺はもちろん理解者として参加する。この時点でバツイチ女性に対して心理的優位に立てるからだ。あなたの離婚経験など気にしませんよという上から目線の立場に加えて、女自身もバツイチということに引け目を感じている事実。こんな状況では、気が大きくなるのも無理はない。
4、名古屋ではここだけ。力ワイイ女とディープキスを楽しめる幸せな手コキ専門店
手コキ風俗には目のない俺だが、中でもここは、最近もっとも足しげく通っているお気に入りの店だ。理由は2つ。女のコのレベルがダントツで高いこと、そして、おそらく名古屋の手コキ店ではここだけと思われる、ディープキスのオプションがあるからだ。性欲は自分の手を使っても解消できるが、キスは相手がいなければどうしようもない。もう10年近く女と付き合ってない俺のような
ダサ男にとつて、このキスオプションがいかに重要かは、言うまでもないことだろう。
5、フレンドリーな外人店員のパンチラが多発する多国籍スポーツバー
このスポーツバーの特徴は、店員の女のコが多国籍なことです。日本の他にもアジア系、欧米系と何でもござれで、店からそういう教育を受けているのか、みな呆れるほど気さくです。ドリンクを運びにきたついでに、ずっとおしやぺりしてるくらいですから。あんまりにもフレンドリーなので、思わずこっちもドキドキしちゃうってもんです。でも、僕が本当に声を大にして言いたいのは、店員のパンチラが多発することです。制服がミニス力なうえに、テーブルを拭く時など、大胆にお尻を突き出すもんだから、あっちでチラ、こっちでチラなんてことがしよっちゅうで。
6、ハグやキス。この店舗型ヘルスの最大のウリは、恋人プレイを置いて他にありません。女のコはプレイのエ口度よりも、ハグ、キス、フレンドリーな会話などを重視するよう徹底教育されているため、客に「こいつ俺に気があるのでは」と思い込ませるスキルが抜群なのです。したがって、リピート率も高い。自分を含め、待合室に詰めかけてる大勢の客のほとんどがモテなさそうな連中なのですから、このあたり、まんまと店の戦略にしてやられたって感じです。おまけに、プレイルームはひとり暮らしの女のコのような部屋になっており、ベツドにはちゃんと掛け布団まで敷くほどの凝りよう。あくまでも恋人プレイをプッシユしてくる姿勢に、もはや敬意すら抱きます。
7、ああ、来週は俺の誕生日だってのに、祝ってくれる女がいないんて寂しすぎるぜ。誰かバースデーパーテイやってくんないかなあ。彼女のいない男は時にしようもないことに心を痛めるものだが、ここはそんないじましい願いをかなえてくれる、天使のような便利屋さんだ。自宅に派遣されてくるのは、本物の現役女子高生。そう、まだ10代のきゃびきゃびした娘っ子たちが、バースデーソングを歌い、クラツ力一を鳴らし、他にもケーキをあーんとかしちやって、盛大に盛りあげてくれるのだ。寂しいオッサンを励ますために。素敵すきるではないか。ただし自宅に呼ぶ際は、防犯上の理由で少なくとも2名以上からになるので、その点はお忘れなく。
8、シングルズバー・F
いつも女が余ってるから力ップル成立率、高し
男女の出会いをコンセプトとする酒落たパーだけあって、特に金曜の夜などは、30前後の若い男女の客で盛り上がっている。システムは単純明快だ。男性客の席に、スタツフに案内された女性客がやって来て、約30分ほど会話。その間に互いが気に入れば、連絡先を交換するも良し、2人で店を出て飲みに行くも良し。どうもフイーリングが合わない場合!ま、またスタツフによつて、新しい異性が紹介される仕組みだ。
こんなお見合いパーティもどきのシステムで、ちゃんと力ップルになれるのか?心配無用だ。実はこの店、なぜか男女比のバランスがおかしく、常に店内は女余りの状態なのだ。
このピンサロは他の客のプレイが丸見えで、ドエライことになっている。仕切りは無し(厳密にはあるが仕切りの意味を成してない)、背の低いソファ、明るすぎる照明。そんなワケで、とにかく前後左右、どこを見渡してもフェラやシックスナインの光景が飛び込んでくるのでメチャメチャ興奮するのだ。ちなみにこのピンサロ、名古屋では料金最安クラスでもあり、その点もお勧めポイントだ。
9、オッサンだって仲良くなりたい。セックスが駄目なのはわかってるけど、せめてお茶くらいと思う人は意外と多いんじゃないか。ここは、そんな願望を叶えてくれるJKマニア向けの店だ。入店すると、待機部屋にいる女のコをマジックミラー越しに吟味、気に入ったコがいれば指名して店外デートを楽しむことができる。といっても、せいぜいスタバやゲーセンに行く程度だが、日常ではそんな機会さえ皆無なだけに心が弾む。仕事と割り切ってるせいか、女のコのノリも抜群で、いつぞや、ゲーセンでたまたまパンチラを拝んだときは目頭が熱くなったものだ。
ひとつ気がかりは、この店がいつまで存続できるかということ。法的にグレーな営業形態だけに、いつ当局からクレームが入ってもおかしくないのだ。興味のある方は今のうちに遊んでおくのが得策かと。
10、同性愛者のハッテン場ってのは、ゲイばかりでレズは滅多に見かけないものだけど、地元の公園にはわりといます。ひとりで停んでる女陛に、別の女が声をかけ、しばらくすると手をつないで立ち去っていく、なんて光景を何度も目撃してますから。きっとその後、ラブホなり、居酒屋なりに行くのでしょう。しかし中には、しばらく公園に留まっていちゃつく連中もいます。場所は図書館配本センターの裏手あたり。さすがに裸になってどうのこうのはないけど、キスしたり、胸をまさぐるくらいならバッチリ。しかも、多少の人通りがあっても平気でいちやつき続けるあたりは、こちらとしてもありがたい限りです。
11、名古屋の遊び人で、このクラブを知らない人はモグリです。いわゆるナンパ箱ってやつで、客もみなそういうつもりでやって来る。男はもちろん、女だって。だから店内のハッチャケぶりはハンパない。身動きが取れないほどの混雑のなか、すれ違い様に女にキスをする、胸を操むなんてことが当然のように行われ、される側の女たちも嬉々としてその状況を受け入れているのです。初めて訪れた人には、ちょっと信じがたい光景に映るのではないでしょうか。
もちろんお持ち帰り成功率もバカ高。俺は昨年あたりからここへ通うようになったのですが、3回に一度は上手くいっています。つい先日も、クスリでラリッたようなギャル(実際、こういう輩は多いように思う)と30分ほど話しただけで、ホテルにシケこめましたし。クラブが苦手って人も、ここだけは敬遠しない方がいいと思いますよ。
12、東海エリアでは、手コキ風俗の名店として広く知られてます。なので、女のレベルが高いのは当たり前。でも、ここが名店と呼ばれるのは、それだけが理由じゃないんスよね。いい意味で、シロート臭い女が揃ってるんですわ。具体的に言いましょうか。例えば、胸のデカイ子がやってきたとしますよね。そいつに「乳大きいね。ちょこっとパイズリしてよ」なんて頼むと黙ってやってくれたりするんです。よくわかんないけど、お客が要求してるんだし、ま、いいっか的なノリで。オプション料金なんて支払ってないのにですよ。あっさり店外デートをしてくれる女も少なくありません。で、当然、流れによってはセックスまでできちゃうし、とにかく、プ口のフーゾク嬢なんですわ。その辺にいる普通の子っちゅうか。噂じゃこの店、業界未経験のコをじゃんじゃん入店させてるっていうし、そのあたりがユルサの原因なんじゃないすかね。つーわけで、リピーターが続出。俺の先輩なんか、すでに200万近くこの店に落としてるしね。マジでハマりますよ。

お見合いバスツアーの非日常空間で浮かれた女をオトす|愛知県の出会い

0158_20180928092811d26.jpg 0159_20180928092812ef4.jpg0156_201809280928083bc.jpg 0157_20180928092809160.jpg名古屋で女ジョガーの痴態を鑑賞するなら、ここ以上に適した場所は存在しない。なぜか。
①若い女がやたらと多い…名城公園はもともと朝晩ともに、マラソン大会でもやってるのかと錯覚するほどジョガーが多いが、その6割は若い女性である。
②コース沿いのあちこちにベンチがある…のんびり座っていれば、目の前を揺れ乳が勝手に通り過ぎてくれるので長時間楽しめる。
③夜でも明るい…コース沿いには十分な数の街灯が設置されており、夜でもバッチリ女体を鑑賞できる。完璧でしょ?
以前に摘発された「大人のバスツアー」なんかとはもちろん違って、至極健全なお見合いバスツアーだ。1年におよそ5回程度、季節ごとといった感じで定期的に開催されている。集合場所からバスに乗り(人数は男女20対20ほど)目的地へと向かう。たとえば冬の場合だとまずは手打ち蕎麦体験に行き、昼食を食べ、夜になるとライトアップされた公園に行き、最後にカップル成立という流れだ。
それぞれのイベントでは、必ず男女ペアとなって行動しなければならない。車内で仲良くなれればそのまま誘うまで、うまく会話ができなくてもスタッフが仲をとりもってくれるから、オレみたいに引っ込み思案な男でも心配無用だ。オレが参加してきた経験で言うと、女性側も小旅行という非日常空間に浮かれているので、なんでもない話でも会話は弾む。自分からグイグイいけない男子には助かるシステムだ。
ふらっと立ち寄った夜の公園で、同じようにヒマそうにしている女たちと、なんとなく意気投合し、なんとなくセックスをする。そんな、誰もが夢想する夏らしい一夜を実現させるのに、もっとも適した場所だ。特に園内の図書館あたりは、何をするでもなく、ただだべってるだけの女が、あちこちに
落ちている。まるで誰かに拾ってもらえるのを待つかのように。狙い目は夜9時を過ぎたころ。
女は2人組でいることがほとんどなので、出陣の際は友人を引き連れていくのが正解だ。名古屋の大須商店街では、毎年ド興奮のイベントが開催されている。ジャグリングやチンドン屋などの大道芸人が全国から集結する、大須大道町人祭だ。注目は金粉ショーだ。体に金粉を塗りたくった男女の集団が、ヘンテコな舞踊を披露するのだが、その際、女性ダンサーの体が、ビキニTバック以外モロ裸なのだ。ダンスで鍛えたしなやかなボディの上で、プルプルと揺れる乳房。芸術として見るには、あまりにエロい。だって乳輪のポツポツまでクッキリ見えるんだもの。股間をふくらませたカメラ親父が場所の取り合いでケンカになるのも止むなしといった状況である。さらにオイシイのは、ダンス中にビキニがずれて、ときどきアソコの具が見えてしまうことだ。エグイです。

愛知県・名古屋の出会いにつながるカフェ・飲み屋・イベント

0152_20180927095150865_20190814195039e5f.jpg0153_20180927095151e84_201908141950402b9.jpg0154_201809270951529f8_20190814195042b68.jpg0155_2018092709515498a_201908141950436e0.jpgお腹のたるみが気になり、ジョギングを始めたある夏の午後、天白川沿いの遊歩道で衝撃的なシーンを目撃しました。河原でビキニ姿のギャルが寝そべったり、友人らしき男どもとバトミントンをしてるんですよ。何人も何人も。もともとこのあたりは週末になるとバーベキュー客などで賑わう場所で、若者も大勢やってくるのですが、にしても水着って。
しかも一過性の現象なのかと思いきや、その後もさらにビキニ人口が増えてるんだから驚きです。1人で読書しているのもいれば、腹ばいで缶ビールを飲んでるグループなんかもいて、ここはNYのセントラルパークかよってなもんです。行ったことないけど。とにかく、ビキニin河原は名古屋の文化(?)として立派に根づいている模様。今年の夏が待ち遠しいですな。
この初心者向けサーフィン教室が設けているレッスンは、1日コースだけなので、顔を出すたびにいつも来ているメンツが異なる。別にサーフィン好きでもない俺がここをよく利用するのは、受講生の女の子たちと仲良くなれるからに他ならない。秘密は生徒同士が共有する時間の長さにある。というのもこの教室、いったん名古屋で生徒を集合させてから、1台のワンボックスカー(スクールの定員は毎回8名)で静岡などの海へ向かうのが常で、往復に5時間ちかくもかかるのだ。それだけの間、狭い車内で一緒にいれば、見知らぬ男女が仲良くなっても無理はない。さらに海でも共に波乗りを楽しめば(女のウエットスーツ姿を視姦する楽しみさえある)、帰グループなんかもいて、ここはNYのセントラルパークかよってなもんです。行ったことないけど。とにかく、ビキニin河原は名古屋の文化(?)として立派に根づいている模様。今年の夏が待ち遠しいですな。り際に飲みにいく流れも自然に生まれる。
串カツ、どて鍋、味噌おでんが絶品の居酒屋だ。オフィス街のど真ん中にあり、毎日、仕事帰りのOLやサラリーマンで大いに賑わうのだが、俺はいつも中には入らず、職場の同僚と店の前でひたすら
待つことにしている。泥酔したOL二人組を。実はここ、夏になると店内の気温が凄まじいことになる。一応、2台のクーラーが稼働しているものの、おでんや串カツなどを調理する際の火に加え、店自体が熱を逃がさない構造になっているのか、クーラーの冷気が追いつかないどころか、むしろ外より暑くなってしまうのだ。人間、汗だくになれば、自然と酒の杯は進む。そしてついつい適量をオーバーしてしまう。かくしてこの店は、毎晩のようにへべれけ客を量産しているのだ。
何をアホなことをと笑うなかれ。現に俺たちは普段、この作戦で何組ものOLを難なく持ち帰っている。建物を改修でもしない限り、今後も数多くの泥酔女が排出されることだろう。
普段クラブなんぞに縁のない俺でも、このイベントにだけは毎年必ず参加している。題して「水着DEナイト」。タイトルそのまんま、フロア中に溢れかえったビキニ女たち(もちろん一般客だ!)が
乳を揺らし、ケツを振って夜通し踊りまくる、狂乱の宴だ。当日は俺と同じ、ビキニ女目当ての男どもが大挙して押し寄せるので、店内は踊るどころか、身動きが取れないくらいに混み合う。これがイイのだ。人混みをかき分けて10メートルも歩けば、その間にビキニブラの先っちょが腕に当たったり、プヨンとしたオケツが手の甲に触れたりと、タマらんことになるワケで。さらに曲が最高潮に達すれば、興奮した女どもが乱舞し、四方八方からもみくちゃにされる。ムギュムギュ、ムニムニとマシュマロのような女体で。
ボクが思う「ソソるなぁ」は、レズである。女と女がいちゃこいてる状況に、とにかくめっちゃ興奮
する。だけど、ナマでそういう場面を見ることはなかなかない。レズバーとかに行けばお目にかかれるんだろうけど、男のボクは入店できないし。
毎年6月、名古屋市中区の池田公園で開催される、日本有数のゲイの祭典「NLGR」は、そんなボ
クが楽しみにしているイベントだ。当日はライブがあったり屋台が出たり、ゲイ同士の合同結婚式があったり。レズ同士のイチャイチャ場面もあちこちで見受けられる。ただ、イベントがイベントなだけに、会場には酔っ払ったホモもわんさか。うっかり連中に絡まれないように注意を。
このあたりはいわゆる工場街で、夜になると、路上といわず空き地といわず、そこかしこでカーセックスが行われております。なかでもオススメは工業用水路が流れる土手の上。深夜、ここで見かける車では必ずカップルがエロっちいことをやってます。大事なことなのでくり返しますが、100%カーセックス中です。ときには土手に車が10台以上も並び、それぞれが上下に揺れてるのだから笑えます。ちなみにここ、多発地帯としても有名で、実際に何度も事件化しています。覗きに行った際、車から女性の悲鳴が聞こえたら、ちゃんと通報してあげてくださいね。
みなさん、熟女は好きですか。30代〜40代のエロ姉さんと仲良くなりたいですか。だったらもう、名古屋イチのディスコ「●ラチナム」に決まりですよ。もともとこの箱は若者向けの店で、金曜土曜はギャルや今どきのニーチャンで一杯ですが、火曜と日曜だけは70年代や80年代のヒットナンバーがかかり、かつてディスコで鳴らしたおばちゃんたちがワラワラとやってくるんです。しかも大量に。
名古屋はクラブ文化がショボイと言われておりますが、その昔はディスコが大いに栄えた土地でもあり、こうしていまだに若かりしころの気分のまま、熟女たちが羽根を伸ばしにくるわけでして。 ディスコに行けばナンパされてナンボ。そんな時代を経験してきた連中ですから、ノリはメチャクチャ軽い。むしろ声をかけられるためにやってくる女性もいるほどで、こちらとしてもありがたい限りです。それでもまだ緊張するなぁって方は、まず「ドリンクでもおごらせてよ」と言って、ご機嫌を伺ってみてはどうでしょうか。よろこんで応じるハズです。
名古屋でチカンの多い路線といえば、かつては地下鉄東山線と名鉄名古屋本線がツートップとして君臨していたが、ここ最近は、東山線の女性車両導入により、名古屋本線のひとり勝ち(というのも変だけど)状態となっている。それまで分散していたマニアるためにやってくる女性もいるほどで、こちらとしてもありがたい限りです。それでもまだ緊張するなぁっが一気に集中したためだ。
特にどえらいことになっているのが、特急と快速の先頭車両。なにしろ朝夕のラッシュ時は激混みなうえに、名古屋駅と国府宮駅間にある5つの駅をノンストップで通過するのだ。チカンにとっては天国のような状態だろう。て方は、まず「ドリンクでもおごらせてよ」と言って、ご機嫌を伺ってみてはどうでしょうか。よろこんで応じるハズです。
むろん紳士である私は愚劣な行為などしない。チカンに迫られ、身をよじって抵抗するOL。我慢しきれずビクビクっと体を震わす女子大生。そんなエロい光景をニヤニヤと眺めつつ、ポケット内の右手で股間を刺激するのみである。

愛知県・名古屋のエッチに持ち込みやすいバー・居酒屋・デートスポット

0172_20180729093627915_2019081419355202d.jpg0173_20180729093628675_2019081419355393b.jpg0169_20180728081200ccd_20190814193013456.jpg0170_201807280812018bb_20190814193014f35.jpg0171_20180729093626125_20190814193016cae.jpg
0092_20190330205748dfc_201908141946301c2.jpg真っ暗な店内に、布で覆われたテント型の個室が点在する、いかにもカップル向けのオリエンタル風居酒屋だ。個室は座席タイプと靴を脱いで地べたに座るタイプの2種類あるが、食後のセックスを目指すなら、選ぶべきは後者だ。このタイプの部屋には、どでかいクッションが2人分用意されているので、初めはそいつにもたれながらまったりと談笑し、ある程度アルコールが回ってきたところで、女のクッションへ移動だ。柔らかいクッションに2人の体が沈み、自然な形で密着できる。こうなったら攻めの一手あるのみ。反応を見ながらボディタッチの頻度を少しずつ高めていくのが俺のいつものやり方だ。ねずみ小僧は、名古屋市内にいくつも店舗を構える居酒屋チェーンだが、この名駅近くの店舗だけは、ある一点において、他の系列店と一線を画している。カップル向けの個室が、トンでもなく過激なのだ。なんと畳一畳ほどの狭いスペースに、背もたれ付きのベッドを設置しているのである。つまり、この部屋に入った男女は、横たえた体を密着させ合った状態で酒を飲むことになる。
ここまで理屈抜きにいちゃつきが可能な店もそうはないだろう。
果たして、この女はヤラせてくれるのか否か。その答えを手っ取り早く見極めるには、とにかく女をラブホ街へ引きずり込むことだ。そこで妙に女のテンションが上がったり、恥じらったりするようならOK。さっさとホテルにしけ込むまでだ。問題は、拒否反応を示した場合どうするか。そんな時こそ、ラブホ街のど真ん中にあるこの店が大いに役立つ。鳥料理が絶品と評判なだけに、最初からあたかもこの店を目指していたかのように装えるからだ。おいら、ホテルへ行くつもりなんざ、さらさらなかったぜと。そして、名物の味噌かしわ鍋と日本酒に舌鼓を打って店を出るころには女もほろりと酔ってるハズ。第2ラウンドを有利に戦うためにも、打ってつけの店といえる。
カラオケの個室は女とイチャつくのに便利と言うけれど、僕のようなナンパスキルの低~い男にとっ
ては、必ずしもイエスとはならない。ソファに女と並んで腰掛けてても、どこか改まった感じがして、手が出しづらいのだ。完全にリラックスしてないというか。自分はもちろん、相手も。その点、このカラオケ店の個室は非常に使える。クツを脱いでマットの上に上がり込むタイプのため、寝転ぶことができるのだが、そうなると途端にイチャイチャへのハードルが下がってしまうから不思議だ。
女のヒザの上にごろんと頭を乗っけたり、抱きついてキスしたりなんてことが、自然にできるようになるし、それを受け入れてくれるってことは、女のガードも下がった証拠。使わない手はない。
アブサンって酒、知ってます? 幻覚作用があるとされ、むかし世界中で製造が中止になり、10 年ほど前にまた解禁となった幻の酒です。もちろん今のアブサンに幻覚成分は入ってないんですが、なぜか取り扱う飲み屋が少ないため、いまだ珍しい酒ではあるんですね。ここで紹介するバーは、僕が知る限り、名古屋で唯一、スイス産の本格的なアブサンが飲める店です。で、ここに女のコを連れてきては、冒頭のウンチクを語りつつ、アブサンを飲ませるワケです。滅多にお目にかかれない幻の酒だから飲みなよって。ポイントは、アルコール度数の高さです。実に70 度以上もあるので、ショットで飲めばイチコロになるのはもちろん、割モノで薄めてもグラス1杯で確実にへべれけになっちゃうんですね。
女は甘い酒が大好きだ。カルアミルクとか喜んで飲むし。なので俺は、一発やりたい女を必ずこの店に誘うことにしている。普通の居酒屋メニューにはまず載ってない、珍しいカクテルがあるからだ。
その名はルシアン。甘いカカオ味で飲みやすさ抜群、ぐいぐい飲めるにもかかわらず、アルコール度数はカルアミルクの5倍もあるのだ。しかも、カルアミルクほど知名度はないのでまず警戒される心配もない。レディーキラーの異名は伊達じゃないってことだ。
普段、俺がここをカーセックスへ持ち込むための場所として重用している理由は2つある。ひとつは、Uターンの名目で、ごく自然に車を進入させられることだ。女に無用な警戒心を抱かせる心配がいっさいない。もうひとつは、すでにカーセックスのメッカになっているので、いつ訪れても誰かしら車内でハッスルしてる点だ。他人の痴態を目の当たりにすれば、否が応にも女の気分は高揚する。そこから「じゃ俺たちも」という展開に持っていくのはさほど難しいことじゃない。
本格的メキシコ料理の店で、名物のタコスがめちゃ旨い。が、私がこの店を何よりも気に入っているのは、テキーラシュータータイムがあるからに他ならない。
毎日夜9時と0時に、突然、あの陽気な名曲「テキーラ」が店内に鳴り響き、店員のオニーサンがすべての客にテキーラショットをタダで振る舞ってくれるのだ。何杯も何杯も。
♪チャッチャチャチャラッチャ
「はい飲んで~」
♪チャッチャチャチャラッチャ
「はい、もういっちょ」
♪チャッチャチャチャラッチャ
「まだいけるかな?」
♪チャッチャチャチャラッチャ
とまあ、こんな感じで飲ます飲ます。勧められた方も、他の客が大盛り上がりの中、「もう飲めませーん」とも言えず、しぶしぶ杯を重ねざるを得ない。店を出るころには女も(私も)フラフラだ。で、店を出たあとはベッドに倒れ込み、う~~テキーラ!何でもここのマスターが名古屋SM業界の大物だそうで、SMクラブの女王様、緊縛師、M奴隷などが、がん首揃えて酒を飲んでいるのだ。もっとも、みなプライベートで来ているので、ソレ系のショーやイベントの類が行われることはないが、そうは言っても変態は変態である。口から出る話題はエロオンリー、カラオケ「シダックス名古屋栄住吉通クラブ」至近の住吉小路へ。その隣にある横町の奥見知らぬ客にも平気で下ネタを振るような連中だから、ここへ女を連れて行くと何かと便利なのだ。たとえばこんな風に。
M奴隷「アナルの経験ないの? じゃあ、そこの彼氏(俺のこと)に掘ってもらいなよ」
女「いえ、この人、彼氏じゃないんで…」
女王様「彼氏じゃなくてもいいじゃん。ヤラせてあげなよ、減るもんじゃないし。ははは」
俺「そうそうそう、その通り!」
これであっさり落ちるほど女も甘くはないが、少なくとも店を出てからのアタックはずいぶんとラク
になる。

岐阜・静岡デートでエッチに持って行けるバー・居酒屋・スポット

0167_20180728081157346_20190814193010a98.jpg0168_201807280811583ff_20190814193011a86.jpg
まだヤレてもいない女と温泉宿に泊まるのはさすがに無理があるけれど、ドライブ中、日帰り温泉にフラッと立ち寄るくらいなら、まだ何とかなる。ひとっ風呂浴びて休憩でもしねえ? てなノリで。まんまとOKをもらったら、目的の半分は成功したも同然だ。実はこの温泉施設では、完全個室の休憩所をレンタルできるのだ(3時間3千円)。もっとも、女がそばいるときに個室をレンタルすれば警戒される可能性もある。受付に行くのは、女が風呂へ向かったあとがいいだろう。で、入浴が終わったら、「休憩所を押さえておいたから、そっちで休もうよ」この流れで落とせなかった女は1人もいない。金華山ドライブウエイは全長5キロ弱の山道だ。その途中にある展望公園は、市内でも有数の夜景スポットになっており、週末は大勢のカップルで賑わっている。ま、それだけならどうってことはないが、実はこのドライブウエイ、暴走族や走り屋の進入を防ぐため、夜10時から翌朝7時までの9時間、入口がゲートで封鎖されてしまうのだ。そうなればもちろん、内側の車も外には出られない。もうおわかりだろう。俺はこの仕組みを利用し、いつもオイシイ思いをしている。閉鎖時間を過ぎてから下山し、ゲートを見て「やべぇ、閉じ込められたよ!」とすっとぼけるワケだ。その気になれば、ゲートを乗り越えて女だけ徒歩で帰ることも可能だが、
「この辺、族とか出て危ないし、車で寝ていきなよ」といえば(実際その通りなのだ)、十中八九あきらめる。
テキーラボールを考えたやつは天才だ。酒に弱い女でもホイホイ食えるほど美味いのに、アルコール度数は高いままだなんて。東京や大阪あたりなら、テキーラボールを出す店なんかいくらでもあるんだろうけど、俺の地元岐阜ではここにしかない。しかも普通の居酒屋なので、バーへ女を誘うよりも、ずっと気軽なのが高ポイントだ。ちなみに、俺は東京の複数の飲み屋でテキーラボールを食べたことがあるのだが、それらと比べると、この店のはナゼか格段に味がいい。本物のフルーツゼリーを食ってるような舌触りで、全然酒の味がしないのだ。20%もアルコールが入ってるというのに。道理で女を潰しやすいはずだ。ここ、オレらが女の子との飲み会によく使ってる居酒屋です。
めっちゃいいですよこの店。「学生コース」ていう宴会プランがあって、2 時間で1人3 千円と値段は普通なんですけど、内容がヤバイ。スピリタスっていう酒を聞いたことありませんか? 95度のウォカです。黒ヒゲ危機一髪みたいな名古屋駅から桜通りを進む、300メートル右手、資生堂ビルの脇の路地を入り、すぐ。ゲームと一緒に、そんなブツが出てくるんです。そう、ゲームで盛り上がって負けたヤツが罰ゲームで飲めってことですよ。おかげで、ぶっ倒れる人間が続出、毎回オレ、女の子を送って帰ってますよ。へへっ

名古屋の出会いにつながるカフェ・飲み屋・イベント

201506079.jpg201506080.jpg201506077.jpg201506078.jpgカウンター8席のみの人気ホルモン焼き屋だ。非常に狭い造りのため、やって来るのは、ひとり焼き肉の好きな客がほとんどと言っていいのだが、どういうわけか、肝心の七輪が5台しかない。カウンター8席に七輪が5台。店が混んでくると、必然的に隣客と同じ七輪を共有する状況が生まれるわけだ。その上、この店のある界隈は、名古屋でも屈指の風俗エリアであり、仕事をハネたフーゾク嬢がここへふらりと焼き肉を食べに来るなんてことがしょっちゅうある。そんな彼女たちと仲良く七輪を囲みながら、
「オネーチャン、おっきいオッパイしてるね。ちょっと揉ませてよ」
「ダーメ。お店に遊びに来てくれたら好きなだけ触らせてあげる」
「ぐふ、んじゃ行こうかな!」
なんて会話を交わすのが最近の私の一番の楽しみだ。そして素の彼女たちに接したあとでの風俗プレイが、最高に興奮するのは言うまでもないだろう。
名古屋で人気の会員制婚活バーだ。男性は1時間5千円で飲み放題のシステムで、席に着くと、15分おきに店員が次々と女客を紹介してくれる。ちなみに同席した女客のドリンク、フードはすべて無料なので、男客が負担させられることはない。この店の良い点は、女がOKすれば外への連れ出し(無料)が可能なことだが、その際、俺はいつもグループ客を狙うことにしている。単独女より若くてかわいい率が高いだけでなく、気軽に連れ出しに応じてくれる場合が圧倒的に多いからだ。そんなわけで、ここへ遊びに行くときは、こちらも友人を誘った方が効率的に楽しめる。マリッジ(右ページ)と人気を二分する名古屋のシングルズバーで、最大の特徴は女客の年齢層の高さにあります。なんせ30代、40代の熟女客がわんさかいるので、僕のような年上好きにはタマらん場所でして。入場料1千円を支払えば、時間無制限で好きなだけ店内に滞在可能で、気になる相手がいれば自由に話しかけることができます。自分から積極的に攻めるのはちょっと…という人でも、スタッフに頼めば、快くアテンド(紹介。別途5千円必要)してくれるので、地蔵になる心配は皆無かと。ここ最近の女客の傾向として、ガチの交際相手を求めてるというよりは、気楽に飲みや食事に出かける相手を探してる人が目立つように思います。先日ここで出会った熟女3人組などもまさにそうでした。合コン相手を物色しに来たと言うので、一緒にいた僕の友人と近くのオシャレ居酒屋へ行こうと誘ったところ、二つ返事でOKしてくれました。
週4日ほどのペースで相席デイを設けている小洒落た居酒屋だ。女性客との相席が成立すると、通常料金から10分500円飲み放題のコースに自動変更する(男性客のみ)。同じような相席デイを行っている飲み屋は他にもあるものの、ズバ抜けてこの店が女子人気を集めている理由は、客のニーズ別に
様々な内容の相席デイを開催しているからだろう。中でもオススメは「年上彼氏×年下彼女」デイだ。男客は26才~35才まで、女客は20才~28才までの年齢制限イベントなのだが、意外にもオッサンと飲みたがる若い女子がたくさんやって来るのだ。もうね、これが楽しいの何の!

愛知県・名古屋のおすすめホテヘル・デリヘル体験談ガチンコリポート

akl078_20190808220208d15.jpgakl079_20190808220209278.jpgakl080_201908082202119b4.jpgakl081_2019080822021255a.jpgakl082_20190808220214151.jpgakl083_20190808220215160.jpgakl084_20190808220217d16.jpgakl085_20190808220218016.jpgakl086_20190808220220c86.jpg
akl077_20190808220206d26.jpg0090_20171023160317438.jpg0091_20171023160318770.jpg0086_20171102202943033.jpg 0087_20171102202938f1d.jpg
1、男の脳ミソというのは不思議なもので、出会ったばかりの女といきなりイヤらしいことをするより、事前にある程度のコミュニケーションを取った方が輪をかけて興奮するように出来ている。さっきまでにこやかにソフトクリームを舐めてた子が、同じ口で俺のチンポしゃぶってくれるの? うひゃー感激! みたいな。
2、私が近ごろハマッているこの店は、まさにそんなシチュエーションを堪能できるデリヘルだ。 300 分のロングコースを選択すれば、ドライブ、食事、ショッピング、カラオケなど客の思うがままのデートを楽しむことが可能なのだ(時間配分は自由)
清純系、モデル系、ハーフ系などなど、あらゆるタイプの美女が勢ぞろいし、たとえフリーで入っても絶対にハズすことのない、まさに王道を行く高級デリだ。もちろんプレイ内容も期待を裏切ることはない。積極的なディープキス、濃厚なフェラと基本に忠実なうえに、接客態度もパーフェクト。ちなみにこの店、中日ドラゴンズの選手らがよく利用しているとの噂がある。実際、俺自身も複数の姫がそう匂わせていたのをこの耳で聞いたことがあるが、店のクオリティの高さを考えれば、まったくもって納得できる話だ。
3、一般的に、NGプレイのないフーゾク嬢ってのは、ルックスが不味いことが多い。無茶な要求を呑まなければ客がつかないからだ。同じ理屈はアナルファック(以下、AF)OK嬢にも当てはまるわけだが、しかし、俺が足繁く通うこの店だけは例外である。AF専門ヘルス店というとんがった看板を掲げながらも、在籍している嬢のレベルは総じて高く、愛らしいメイドのコスチュームで恭しく出迎えてくれるのだ。え、こんなかわいいコが肛門にチンコを入れさせてくれんの? と感動すること必至だろう。
4、風俗マニアなら「新人嬢」と聞いてヨダレを垂らさぬ者はいないだろう。不慣れでどこかオドオドした風俗嬢というのは、妙に男心をくすぐるものがある。その意味でこの店が実施しているサービスは究極と言っていい。何しろ、その子にとって初めての客になれるどころか、店長に成り代わって新人指導までできちゃうのだから。
5、M男向けのフーゾクは、とかくプレイ内容が変態路線に走りがちだが、ここはその意味で、最高峰に位置する店だ。ローソク責め、ムチ打ち、縄縛りなどは当たり前。尿道拡張にドライオーガズム、打撃責めなどなど、ありとあらゆるマゾヒスティックな願望が叶うのだ。見とれるほど美しい淫乱痴女ドクターたち(女王さま)の手によって。中でも圧巻は、ペニスバンドをつけたドクターに、女装して犯される倒錯プレイだろう。常人にはもはや狂ってるとしか思えないだろうが、精神が崩壊するかしないかのギリギリのところでしか味わえない、あの猛烈な快楽はヘタな麻薬より中毒性が高い。
6、アナル舐めと精飲プレイ(精子を女にゴックンさせる)をとりわけウリにしている、非常にフェティッシュ色の濃厚な店だ。まずアナル舐めは「チンぐり返し器具」なる拘束具を使い、体の自由を奪われた状態で行われる。それも、その辺の店のように、チョロチョロっと舐めて終わりじゃない。プレイ開始から射精に至るまで延々と続くのだ。その間、チンコはローション手コキでにゅるにゅる攻撃を受け、やがて下腹がモゾモゾし出したら事前に決めておいた場所へ精子をぶっ放す。鉄製のトレーとか、ジュースの入ったコップとか、プリンとか、そのあたりは好き好きだが、とにかくそうやって出した精子を嬢に目の前で飲んで(食って)もらうわけだ。この喜び、わかる人にはわかる、でもわからん人には一生わからんだろうな。
7、この老舗ヘルスは女の子の指名の仕方がちょいと変わっている。客が店を訪れると、マジックミラー張りの部屋に女の子が7人~10 人ぞろぞろと現れ、上下2段のひな壇に着席。客はその様子を眺めながら好みのコを選べるのだ。こういったシステムは、90年代初頭にはわりとよく見かけたものだが、現在は全国的に数が激減したようで、私の地元、名古屋ではこの店と姉妹店の2つしか残ってない。パネマジが横行する昨今の風潮にあって、女の子の姿を直接確認できるマジックミラー指名は有りがたい存在だ。ガラスの向こう側で澄ましている嬢を1人ひとりつぶさに観察し、さて、どの子にしようかとワクワク思案する瞬間。あるいは友人とあれはイイ、これはマズイと冷やかしながら吟味するひと時。いずれにせよ、このいかにも女を商品として見るような、下品な雰囲気がたまらなく面白いのだ。
8、ヘルスなのに花びら3回転のある珍しい店だ。プレイ時間は50分コースのみ。ピンサロならいざしらず、ヘルスで3回転50 分はやや短い気もするし、実際のところ、嬢たちとのやり取りも慌ただしいものになるが、満足度は高い。サービスがあまりにも濃厚だからだ。頭からつま先までの全身リップ攻撃。丁寧かつ情熱的なフェラ。その間、ずっと客の目を見つけるエロい態度。果ては素股中、「お願いします、出してくだ私でイッてください」と必至願してくる。こんなのが次かへと3人も続くのだから容易身が想像できるだろう。もうパラダイス!
9、ピンクコンパニオンと聞けば、温泉旅館でしか遊べないイメージがあるが、この業者は街のカラオケや居酒屋などにも女の子を派遣してくれる。男同士のシケた飲みの席に、下ネタOKの下品なネーチャンが加わってくれれば、場も大いに盛り上がるというものだ。サービスの限度はセクキャバと同じで、ナマ乳のタッチまで。下半身へのおさわりはNGだし、当然、ヌキもない。が、それはあくまで業者の言い分。コンパニオンの中には、おこづかい次第でそれ以上のしてくれる子ものだ。俺の手コキなら5フェラなら8千万円が相場だろう。
10、ハプニングバーの名店を探すのは意外と難しい。流行っていた店でも、摘発のウワサなどが浮すれば途端に客足は離れるし、さほど人気のなかった店が、ささいなキッカケから急に賑わいすなんてこともよくあるからだ。現時点で多くの単独女性客に出会える店は、私の知る限りここが一番だろう。もともとファンの間では人気の高いとろだったのだが、なぜか近ごろよりいっそう単独女の姿が増えのだ。中心層は20代後半から30前半。さらに週末の夜は、2人3人組の女子大生風もけっこうみかけるなど、ソートーに美味しい状況となっている。スタッフは、女王様、M女ともにルックスがイイだけでなく、知性をも兼ね備えた女性ばかり。本来、SMというものがインテリの遊びであることをよくわかっているのだろう。もちろんプレイの質が高いのは言うまでもない。ムチ、ろうそく、言葉責め等々。M男である俺の立場からすると、何をするにも所作が洗練されていて、没頭できるのだ。少しでもSMに関心があるなら、一度は利用してみるべきである。
11、嬢にマジ惚れしがちな方には、タマらない店だと思います。入店してから帰るまで終始、マンガにあるような嬉し恥ずかしな時間を過ごせるのですから。恋人プレイはやっぱこうじゃなきゃ。
妹感覚エステと自称することからもわかるように、ロリ好みへの趣向をこらしたマッサージが主内容だ。女のコは18才、19才の10代が中心で、施術の際は、シースルーキャミ&Tバッックといった格好で行われる。他にも体操服ブルマや学生服などコスチュームも豊富にあり、どうにか客の目をよろこばせようとする姿勢には拍手を送りたい。マッサージのきわどさについてはソケイ部までがマックスと、ややソフトだが、ドキドキコースを選択すれば嬢が胸や股間を客の体にぐいぐい押しつけてくれるので文句ナシだ。
12、しゃぶしゃぶが主力メニューの居酒屋だが、この店の真の名物はなんといっても年中ビキニ姿で接客をしてくれる従業員の女のコたちだろう。人生にはこういうささやかな幸せこそ重要なのだ。煮えた肉をハフハフと頬張りながら、若いオネーチャンの半裸を視姦できるなんて。しかも貧乳やおデブちゃんは皆無、みんなほどよく乳があって体の線もキレイなのであっちこっちと目で追うのが大変だ。とりわけ混雑時は女のコたちも注文取りに追われて右往左往するため、揺れ乳が店内のいたるところで発生する。いわゆるセクシー居酒屋の一種だ。胸元がぱっくりと開いた和服を着ているため、女性スタッフの谷間が露出しているのである。乳房のおよそ3分の1が垣間見える程程度に。
若い方にはまだ難しいかもしれないが、私のような中年になると ビキニだ何だとストレートなお色気より、この程度のアピールの方がむしろエロスを感じるものだ。露出が控え目なぶんだけ、より一層、妄想をかき立てられるからだろうおまけにこの店の従業員は巨乳揃いなだけでなく、ルックスレベルも総じて高い。それだけで十分すぎるほど楽しめる。
13、ニップレスギャルの踊りが楽しめる、大阪では有名なショーパブだ。ステージ上で踊る女の子たちのニップレスはよく見えないので、まるでオッパイ丸出しで踊ってるかのように錯覚する。圧巻は女の子にチップを払ったときのサービスだ。ニップレスのまま客のソファ席まで降りて来て、抱きつくようにまたがって顔にオッパイをムニュっと押しつけてくれるのだ。
キケンな店だ。なんたってここのオーナーには、未成年の女のコを働かせた罪でパクられた過去があるのだから。それも一度ではなく二度も。  
そして現在、彼が経営している店のHPには、やたらと若く見える女のコたちの画像がずらり。てことは、またアレがアレしてたりするんだろうか?うーむ
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます