営業のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:営業

  • 2018/07/18出会い攻略

     この連載も回を重ねるにつれ、読者からの反響が大きくなっているようです。「いったい、どのような手を使って営業ウーマンを喰い返しているのか。その方法がいまいちわからない」というのが問い合わせの大半のようです。すべて教えましょう。なんとか契約にこぎつけようとする彼女たちの股をいかに開いていくのか。もっとも一般的な成功パターンをご紹介します。◆ステップ 1 アポの時はあくまで「客」まずは営業ウーマンと...

    記事を読む

  • 2018/05/11セフレの作り方

     喫茶店ルノアールに入ったところ、さっそくいました。グレーのスーツを着てちょうど営業真っ最中の女性が。やや茶髪のショートカット。年齢はちょうど30才くらいかな。隣にすわって商談に耳を傾けます。「美容液が~」「お友達に紹介してもらって~」「世界企業で~」などなどのキーワードを聞くに、アムウェイの営業だということが一発でわかります。客が帰ったあとで事務作業をしている女のもとに「自分から営業されに行く...

    記事を読む

  • 2018/04/25突撃リポート

     ネットで見つけた「副業のためのレンタルスペースお貸しします」という業者に飛び込んでみることにしました。昼下がり、東京・某所の雑居ビルに。フロアで迎えてくれたのは、肩まで伸びた黒い髪が艶やかなツヤを放っている松坂慶子似の上品な女性、羽田さん(仮名)。50代前半くらいでしょうか。まずはざっと説明を受けます。「男性の方ですと、レンタルスペースを利用して、整体やアロマテラピー、なかには占いをされる方も...

    記事を読む

  • 2018/04/17セフレの作り方

     昼下がり、喫茶店でゆっくりしていたところ、隣の席で女性2人が会話していました。「キレイになりましょう」「幸せになりましょう!」「夢を実現しましょう!」。そんな台詞を聞けば誰だって気づきます。そう、これは化粧品のマルチ営業の場面です。勧誘されていた女性が先に帰ったところで、すかさず話しかけました。「お姉さん、さっき化粧水の話をしてましたよね? 最近肌が荒れちゃったのでなにかおすすめってありますか...

    記事を読む

  • 2018/02/05セフレの作り方

    巧みな話術で様々な商品を買わせようと近づいてくる営業ウーマン。いわば客を食い物にして生きている女たちですが、ボクは客という立場から、逆に彼女らを「喰って」しまうことを趣味としています。僕が「喰い返した」のが投資用マンションの営業ウーマンです。彼女らはまず、駅前を歩く人(主にサラリーマン男性)に声をかけ、「人脈を広げるため」などと名刺交換します。その後、名刺の連絡先に電話をかけ、資産運用のために投資...

    記事を読む

港の魚屋に受け継がれるセックス営業

0246_20181118142953886.jpg 0247_201811181429544b2.jpg 0248_20181118142956f42.jpg 0249_2018111814295756a.jpg 0250_201811181429597e5.jpg 0251_20181118143000da0.jpg 0252_20181118143002324.jpg 0253_201811181430034c4.jpg 0254_20181118143005f71.jpg 0255_201811181430067cf.jpg 0256_20181118143008204.jpg 0257_201811181430098f0.jpg 0258_20181118143011ae3.jpg 0259_20181118143012b65.jpg 
カテゴリ

営業ウーマンを巧みな話術で逆にエッチに持って行く

201512_000119.jpg 201512_000118.jpg
この連載も回を重ねるにつれ、読者からの反響が大きくなっているようです。「いったい、どのような手を使って営業ウーマンを喰い返しているのか。その方法がいまいちわからない」というのが問い合わせの大半のようです。すべて教えましょう。なんとか契約にこぎつけようとする彼女たちの股をいかに開いていくのか。もっとも一般的な成功パターンをご紹介します。
◆ステップ 1 アポの時はあくまで「客」
まずは営業ウーマンとアポを取る必要があります。このとき、当然ながら彼女たちは完全に仕事モードです。いきなりそのマインドを取り除くのは至難の業ですし、かえって逆効果。まずはじっくり彼女の話に耳をかたむけます。特段質問をする必要はなく、ふんふんとうなずくだけでOK。彼女たち、どんなに不マジメなコでも、客と会うときには「最低でもこれだけはやらなくちゃ」という義務感を持っています。言い換えれば、話を一通り終えると、初めてほっと落ち着く瞬間が訪れる。そこからゲームをスタートさせるのが正解です。一つだけ踏まえるべきポイントを。それは、商談を聞く場所です。営業ウーマンの多くはいつも自分が商談している場所を指定してきます。しかしそれに絶対乗ってはいけません。「仕事終わりになるので夜でもいいですか?」と言って繁華街で落ちあい、個室の居酒屋に入ってしまいましょう。
◆ステップ 2 プライベートな話題へ持っていく方法
仕事の話を終えたあたりから、彼女たちを「営業職」から「一人の女性」にしていきます。かと言って、いきなり「休日はなにをしてるんですか?」と聞くのはNG。まるで仕事の話をしているようでいて、実はプライベートなことを聞く作戦が正解です。「この仕事の前(学生時代)は何をやっていたんですか?」「なんでこの仕事をはじめたんですか?」などと。特に、ネットワークビジネスのような自己啓発色の強い仕事の場合、必ずそれまでの鬱屈した自分のエピソードを話してきますね。「私、変わらなきゃいけないと思って!」みたいな。これで自然と、過去の人間関係や恋愛の話が絡むことになる。このへんから仕事モードは徐々になくなっていきます。
◆ステップ 3 悩みを吐露させよ
プライベートな話をするだけなら、仲のいい客と営業の関係にすぎません。ここから憂鬱さを引き出していきます。キーワードは「悩みがなさそうって言われそうですね」「この仕事向いていると思う?」。彼女たちは悩みをペラペラと口にしていきます。「旦那とは冷えきっている」「いまの仕事は向いていない」。このへんのセリフが入ったらいよいよ詰めに入ります。
◆ステップ 4 性の話題はこう引き出す
恋人や旦那がいる女性だったらいまのパートナー、いなかったら過去の恋人の話をさせ、いまの不満を吐露させます。そして、もっとも重要なのはこの先。一番楽しかったときのこと、一番ドキドキしていたときの話を聞き出す。あるいは、どういう人がいたら落ち着くのか妄想させます。
「チューはどれくらいしてないの?」
「エッチは?」で始まり、「ホテルにしばらく行ってない」と言われたら、「いまのホテルってすっごく充実してるの知ってる?」「ホテルのこと知らないなんてもったいない」と様子を見る。
◆ステップ 5 最後はハグそして居酒屋を出ればハグです。
「今日は話して楽しかったから、ありがとうのハグをしよう」と言いながら軽く抱きしめる。
そのまま頭をなでてあげて、まずは身体を離す。そしてもう一回。次は少し長めに抱きしめてやる。この瞬間、女性の力が抜ければ陥落。先ほど話したホテルへと向かうのみです。

ネットワークビジネスの営業女性をセフレに

201502123.jpg 201502122.jpg
喫茶店ルノアールに入ったところ、さっそくいました。グレーのスーツを着てちょうど営業真っ最中の女性が。やや茶髪のショートカット。年齢はちょうど30才くらいかな。隣にすわって商談に耳を傾けます。「美容液が~」「お友達に紹介してもらって~」「世界企業で~」
などなどのキーワードを聞くに、アムウェイの営業だということが一発でわかります。客が帰ったあとで事務作業をしている女のもとに「自分から営業されに行く」のがボクのいつもの作戦です。
「すみません、いまちょっと耳に
入ってきたんですけど、美容液の話とかしてました? 最近ニキビひどいから興味あるんですけど」
この一言で、相手はすぐに営業をはじめてきました。マニュアル通りの説明がだいたい40分くらいですかね。一通り説明が終わったら身の上話を振ります。「アムウェイの仕事、どうして始めたんですか?」
はい、ここでポイント一つ目。アムウェイをしている営業女性って、ボク調べではまず借金を抱えています。
「えっと、私、成功したくって…」
「チームでナンバーワンになってちゃんとした報酬ももらったり?」
「そう、そうなんです! あの、でも実は私借金があって…」
はい、やっぱり。そしたら次はこの一言です。
「がんばってるのすごく伝わってきましたよ。誰にも言えなかったんじゃないですか?」
「はい…ほんとに言えなくて…」
「お金のことだったら、相談にのれるかもしれないからいつでも連絡して」
 ポイント2つ目は、金の話を相談される立場になれ。ついでに
「そんなに営業頑張ってるなら疲れてるでしょ? 時間あったらマッサージもしてあげるね」なんて言っておきます。そして後日。相手はアムウェイの営業ではなく、お金の相談に乗ってくれるものと思いながら会いに来るんですね。会ったらすぐに彼女の期待どおりにお金の話をします。
「営業がんばるのもいいけど、人に頼るのも悪くないよ? いくら足りないの?」
具体的に借金の面倒を見てやる意思を表明してやると、安堵の表情を浮かべます。「ああ、よかっ
た、今日はこれでひとつやりとげたわ」みたいな感じでしょうか。さて、ここからが勝負です。
「そうだ、この間言ってたマッサージしてあげないとね」
相手は緊張の糸が切れた後なので、好意と親近感を持ってホテルにあっさりとついてくるんです。

松坂慶子似の上品な営業レディをいただく

201508121.jpg 201508120.jpg
ネットで見つけた「副業のためのレンタルスペースお貸しします」という業者に飛び込んでみることにしました。昼下がり、東京・某所の雑居ビルに。フロアで迎えてくれたのは、肩まで伸びた黒い髪が艶やかなツヤを放っている松坂慶子似の上品な女性、羽田さん(仮名)。50代前半くらいでしょうか。まずはざっと説明を受けます。
「男性の方ですと、レンタルスペースを利用して、整体やアロマテラピー、なかには占いをされる方もいるんですよ」いわば副業のススメです。ただ、どうも彼女からはガツガツした姿勢を感じられません。どちらかというと、事務的で、どこか散漫な態度。これは何か裏がありそうです。
「ひと通り仕組みはわかりました。ところで、羽田さんはなんでこの仕事をはじめたんですか?」
「ここはね、私の夫が持つ不動産なんですよ。そこでこういうビジネスを夫が始めて。私はその営業を夫から頼まれちゃったんです」
「いいですね、ご夫婦で一緒にお仕事できるなんて」
「ううん、こんなこと言っていいのかわからないですけど、ずっと別居してるんです。いまの仕事させてもらってるから離婚はできないんですけど」
羽田さんは52才。この年で独り身になって生きていくことが困難なのは想像に難くありません。その
ため、彼女はこうして好きでもない夫の資産を頼りになんとか生きているのでした。狙いどころす。
「じゃあ、いろいろ悩みも多いんじゃないんですか」
「ううん、私、悩み相談したことないんですよ。いつも明るいって言われますし」
人は高齢になると本音とは真逆のことを言うケースが少なくありません。彼女も悩みはあるに違いな
い。しかも異性関係の。
「じゃあ、いつもドキドキできてるんですね」
「え? そういう歳じゃないわよ! アハハ」
「異性と手をつないだりってしてますか?」
「ううん、してないしてない」帰り支度をしながら冗談めいた笑いを見せてこんな提案をしてみます。
「今日はお会いできてよかったです、最後に仲良くなれた握手を!」
手を差し伸べるとぎゅっと手を握ってきた彼女。さらに強く握り返します。
「こういう経験もないんですか?」
「うん、ないですよ」
「じゃあ、ハグも?」
「ないですよ、もう!」
ハグをして、後日改めてアポを取り付けました。一応、仕事の話を聞くことになっていますが、互いにすでにその気がないことはわかっています。
〈仕事終わりなのでどこかでごはんを食べながらでも大丈夫ですか?〉
〈もちろんです!〉当日、スカートを履いてきた羽田さん。彼女を女にさせる質問を投げかけます。
「旦那さん以外に好きになった人は?」
「前の職場で10才年下の人とそういうことになったけど、もうそれから10年以上ないわ」
勝手に自分のことを悲観的に語り始める彼女。こんな女性をもういちど「女」にするのは、処女を卒業させる作業に似ています。
「全然大丈夫ですよ。怖いと思ってません?」
「…はい」
「怖くないですよ」
なにを意味しているのかはお互いにわかっていす。事実、彼女の右手は僕の太ももをずっと触って
いますし。店を出てホテルに入ると、ソファで羽田さんが震えていました。でもベッドではトビウオのようになるのが、この年頃の女性なんですね。熟女営業、狙い目ですよ。

化粧品のマルチ営業OLをナンパで即SEX

201504123.jpg 201504122.jpg
昼下がり、喫茶店でゆっくりしていたところ、隣の席で女性2人が会話していました。
「キレイになりましょう」「幸せになりましょう!」「夢を実現しましょう!」。そんな台詞を聞けば誰だって気づきます。そう、これは化粧品のマルチ営業の場面です。勧誘されていた女性が先に帰ったところで、すかさず話しかけました。
「お姉さん、さっき化粧水の話をしてましたよね? 最近肌が荒れちゃったのでなにかおすすめってありますか? 男なんですけど(笑)」化粧品マルチは、男性販売員の獲得にも躍起になっているので、彼女は水を得た魚のように話し始めました。「男性の方でも使われる化粧水があって・・・」から始まる20分強の説明を、とにかく興味深そうにうなずいて話に耳を傾けます。こうした態度をとっていると、必ずこう誘われます。
「もしよければなんですけど、このあと時間ってありますか?」連中は主要繁華街にいくつか「サロン」と呼ばれる拠点を持っており、ここにマルチの「師匠」が待っていて、さらに退屈な話
を聞かされることになります。というわけでサロンに移動して彼女の師匠、彼女、私の3人でマルチのビジネスモデルの説明を受けました。説明が終わり、会場を出たところでようやく彼女と2人に。この瞬間が一番の狙い目です。
「いっぱい聞いたけどまだよくわかんないかも。よかったらもう少しだけ話を聞かせてもらってもいい?」
ボクが興味を持っているのでムゲに扱うわけにはいかない。当然、相手は乗ってきます。そこでこの一言。
「ありがとう。でも、このあとアポがあるから○○(ホテル街)に行かなきゃいけないんです。移動してからそこで聞かせてもらってもいい?」
カモを逃したくない彼女はまんまとホテル街についてきました。自然に居酒屋に入ったところで、ここからは攻守交替。このマルチに入ったきっかけを聞きます。狙いは、過去の不幸話を引き出すことにあります。そもそも化粧品のマルチ女は「美容」と「幸せ」を志向しているので、過去はモテなく、そして不幸だったんです。だからこんな質問を投げます。
「前はどんな風に辛かったの?」
彼女はこれまでの辛さを話し始めました。元々イジメられっ子でどうのこうのと。
「・・・だから、がんばってキレイな女の子になって幸せになりたいんです!」
すっかり気が抜け、なんでも話してしまっているのは、師匠がその場にいないからに他なりません。そこにはむき出しの弱い女性が一人いるだけ。お酒も当然すすみますよね。一通り話を聞いたところで、自然とセックスに関する質問をします。
「じゃあぜんぜんドキドキするようなことしてないの?」
「うん、してない」
「いろいろ我慢してるんだね」
「そうかも…」
 ストレスをなんとかしたい、という方向に持っていったところで勝負の一言。
「じゃあ、このあとちょっと休んでこうか」
店を出てからホテルまでは一直線でした。

投資用のマンションの営業ウーマンをセフレにした方法

SnapCrab_NoName_2018-2-5_21-32-4_No-00.png
巧みな話術で様々な商品を買わせようと近づいてくる営業ウーマン。いわば客を食い物にして生きている女たちですが、ボクは客という立場から、逆に彼女らを「喰って」しまうことを趣味としています。僕が「喰い返した」のが投資用マンションの営業ウーマンです。彼女らはまず、駅前を歩く人(主にサラリーマン男性)に声をかけ、「人脈を広げるため」などと名刺交換します。その後、名刺の連絡先に電話をかけ、資産運用のために投資用のマンョンを買わないかと持ちかけてくるのです。
僕が声をかけられたのはサラリーマンが多く行き交うことで知られる新橋駅前でした。お相手は見た目23才くらいのショートカットの巨乳ちゃんです。
「すみません、いま名刺交換をしてまして・・・」
 僕が立ち止まって「いいですよ」と名刺を差し出そうとした瞬間、信じられないことが起きました。なんと彼女、その場で涙を流して泣き崩れてしまったのです。「どうしたの」と聞くと、
「私、今月名刺交換できたの初めてなんです!」とのこと。
 そう、このコたちはそもそも話を聞いてもらうだけでも大喜びなんです。特に入社したてのような若い女の子ならばなおさら。ここでポイントひとつめ。投資用マンション営業はとにかく若い子を狙いましょう!僕の中で最初の一言は決まってます。
「営業さんなんですね、いま若い女の子は何人くらいいるの?」
 この質問に彼女が答えます。
「男の人ばっかりで女の営業って私だけなんです、いたんですけどみんな辞めちゃって…」
 こんなふうに勝手に身の上話を始めたら気が抜けている証拠。さらに質問を矢継ぎ早にしていきます。「なんでこの仕事したの?」「営業って向いてると思う?」投資用マンション営業の特徴として「離職率が高い」「女性の比率が少ない」というのがあるのでそれを踏まえた話をすると心を開いて話が止まらなくなるんです。話題を終えたところで彼女が後日のアポを提案してきますので絶対に乗ってあげましょう。営業されるとわかっていても、です。後日、喫茶店で一通り営業トークを聞き、徐々に会社の話へ話題を広げていきます。
「昨日もこんなかんじで仕事してたの?」
「昨日はもっと遅くて、帰ったの終電ですよ…」
「新人ならよく怒られるんじゃない?」
「毎日怒られてますよ~!」
 ノルマがキツいので愚痴がどんどんこぼれていきます。
SnapCrab_NoName_2018-2-5_22-46-35_No-00.png 
 今回のポイントはここ。いかに仕事の愚痴を引っ張り出すか、です。このコたち、前回のネットワークビジネスのように自己啓発的な側面がなく、「洗脳」されていないぶんメンタルがかなり弱いんです。ノルマやらなんやらで精神は常にボロボロ。境遇を愚痴るうちに、なんでも話したい気分になってくるので、「場所変えようか?」と居酒屋へ移動です。そこからはプライベートな話題に終始し、適当なところで「仕事やめるか悩んでるでしょ?」と聞いたら「なんでわかったんですか!」
だって。そしてとどめの一言。
「お客さんとしてマンション売りたい?そうじゃなくてプライベートとして仲良くしたい?」
彼女は泣きながら首を横に振りました。そのまますんなりホテルへイン!今では彼女、仕事終わりに必ず〈今日ホテルいける?〉とLINEを入れるセフレになりました。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます