0042_2018092820511566b.jpg 0043_20180928205116830.jpg 0044_201809282051177d0.jpg 0045_20180928205119856.jpg 0046_20180928205120758.jpg 0047_20180928205122140.jpg1998生夏。しがないフリーター生活を送っていたオレは友人に勧められたテレクラにハマリ、その日もバイトをサボリ昼過ぎからコール待ちをキメこんでいた。祐子という43才の主婦からコールが入った。
「ねぇ誰に似てるって言われる?」
「う〜ん、岡江久美子かな。あなたは?」
「竹野内豊」
「ウソー」
「じゃ会ってみる?」
「いいよ〜」
誰が岡江久美子だと?待ち合わせのファミレスに現われた祐子は完璧なオバチャン、どちらかというと少々若めの庶民的なデビ夫人という感じか。
「電話の感じからコワイ人だと思った。もうドキドキした〜」
「カンベンしてよ。オレ、スゲエ優しい男なんだから」
「でも竹野内豊じゃないね」
「奥さんだって岡江久美子ってのはどうなの?」
「ハハハハハ」
コレはイケるの直感どおり店を出てすんなリホテルヘ。お腹の贅肉とタレ気味のオッパイはいただけないが、それでもたっぷり濃厚な2時間を楽しんだ。
「今日は付き合ってくれてありがとう。やっぱり若い男のコは違うわねぇ」
行為を終え、バンティを穿きながら祐子がテッシュで包んだ金を差し出してきた。中には2万円。
「おこづかい。これで好きなものでも買って」
「いらねぇよ。だいたいそんなつもりじゃないし」
金欠であれば迷わず飛びついたが、前日パチンコで大当たりして5万円ほど稼いでいる。
「気持ちだけもらつておくよ」
ティッシュだけを丸めてポケットに突っ込み、2万を祐子につき返した。カッー、キマッた。
この何気ないカソコ付けが後に団地妻たちとの運命的な絆を作るきっかけになるとは・・・
「ねえ。今度、友だちの家でパーティやるんだけど来ない?キミなら信用できるしさ」
祐子から携帯に電話があったのは、それから1週間後のことだ。先日、カネを受けとらなかったのが好印象だったのだろう。
「友だちも呼んできていいよ。お酒とお料理とかたくさん用意して待ってるから」
場所はA団地のとあるお宅だという。オレの住む地域ではかなり有名なマンモス団地だ。そこで奥さん方が集まってパーティだと。いかにもアヤシゲな香りがするではないか。
「わかった。誰か見つけて一緒に行くよ。じゃあ明後日の昼2時ね」
高校の後輩でまだチェリーボーイのSを誘うと二つ返事で乗ってきた。いよいよコイツも童貞とオサラバするときが来たようだ。そして当日。指定された家のチャイムを押すと、
「は〜い。待ってたわよ〜」
祐子がドアを開けるなリオバチャンたちのけたたましい笑い声が聞こえてきた。
「上がって、上がって」
「お邪魔しま―す」
奥の部屋に案内されたオレたちがそこで見たものは…。柴田理恵に野村沙知代、ある者はデブ、またある者は出っ歯にメガネ一癖も二癖もありそうな6人の個性的な熟女たち。実に濃い光景である。
Sが「こんなトコに連れてきやがって」と言わんばかりの不満そうな目でコチラを呪んでいる。が一方でオレの股間は急速に熱くなっていく。自慢ではないが、オレは大半の女とエッチができる体質だ。ここにいるオバチャンなど、さすがにド真ん中ではないものの十分ストライクゾーンなのである。思い返せば18の春、友人らと新宿に遊びに行ったとき、こんなことがあった。
「オマエ、あいつらでもセックスできんの?」
友人の1人が指さして一言った。その先には小汚い格好をしたオバチャンが1人。ボサボサの髪に鼻
をつく体臭、おまけに体は積年のアカで浅黒くなっている。女のホームレスだ。
当時から穴さえあればどんなブス、デブ、ババアでもヤレると公言していたオレに対する挑発的な発言である。友人にしてみりゃ「ヤレるもんならヤツてみろ」とでも言いたかったのだろう。迷いはなかった。すぐさまオレは女ホームレスに近づき500円を差し出す。
「これでオバチャンとHできねえかな」
しばらくボツーとオレと500円を見比べるオバチャン。
「頼むよ。いいだろ」
「すぐ終わんならいいわよ」
商談成立。彼女は新宿ルミネの男子トイレにオレを引っ張って行き、個室に入るなリフエラを始めた。ホームレスだが日紅はしていたようで、チンコがベツタリと赤く染まる。フィニッシュはバックだった。生ゴミのような臭いに耐えながら無心で腰を振り続ける。
「おう、ヒィ、ヒィ」
意外とキレイなピンク色のアソコと、こんな汚いオバチャンが感じている大きなギャップ。オレは異常な興奮を覚え、アッという間に射精した。こうして見事ヤリ終えたオレに友人らが言った「スゲ〜」のことばは今もはつきり覚えている。いや、誤解のないように断っておくがオレは汚いオバチャンが好きなわけではない。セックスさえできればオバチャンでも全然OKということが言いたいのだ。話をパーティに戻そう。
「2人とも飲めるんでしょ。どんどんいっちゃってよ〜」
テーブルにはケンタツキーや小僧寿司、誰かの手作りだろうかクッキーやケーキなどが並んでいた。もちろんビールにワイン、チューハイなどの酒もたんまりと用意されている。
「へ〜、このコが例のこ」
すっかりでき上がった様子の野村沙知代似のオバチャンが限鏡の奥からオレに好奇の眼差しを送ってきた。「ね、いいコでしょ」
得意気な祐子。どうやらオレと肉体関係があることは周知の事実らしい。
「あなたオバン好きなの?」
「ハア。オレ、大人の女性ってすごく憧れてんですよ」
「ウマイこと言うのねぇ」
「魅力っていうんスか、教えてもらえないですかね」
「からかわないでよ」
「教えて、教えて、今ココで教えてくださいよ〜」
オレはカワイらしくダダをこねてみた。と、ほんのりと桜色となった沙知代がうれしそうに目じりを下げる。「もう、仕方ないわね〜」沙知代がオレの手を引き、立ち上がった。
「ヤダ〜。奥さんったら大胆!」
他のオバチャンたちが一斉に声を上げる。オバサン方、興奮してきましたな。
「キミ、まだ童貞クンなの〜?カワイイ〜」
見ればSも数人のオバチャンに囲まれている。最初相当困惑したようだが、ヤツも満更でもなさそうだ。驚くほどスムーズな展開にオレはようやくこのパーティの真意を理解した。
祐子がテレクラで釣り上げた若い男をオバチャン仲間全員でオモチャにして楽しもうというワケだ。
早い話が、オレたちはイケニエ…。ならばこの状況を楽しまない手はない。
オレは隣の洋室に入るなり、沙知代のトドのような体に抱きつきスカートの中をまさぐった。
「アフッ。いきなり乱暴ねぇ」
醜い裸体。濃く生い茂った陰毛。かき分けかき分け、アソコに顔をうずめる。
「オフッ、いいのよもっと甘えて。ア、ヒィ」
こうしてオレは、夜7時まで続いたパーティで6人全員とヤリまくる。最後の2人はもう煙すら出ない。精も根も果てるとはまさにこのことだ。しかし、根っからのモノ好きなオレは、それ以後も月1ペースでこのパーティに参加するようになる。そしてそれが5回、6回となるうち、気がついたら20人近い団地妻たちとイイ仲になっていたのだった。
ちなみに、Sはこの日めでたく童貞とオサラバできたにもかかわらず、最初の体験がよほど衝撃的だったのか、以後A団地の前を通るのも恐怖するようになってしまった。悪いことをしたものである。
そんなハーレム生活を送り半年が過ぎようとしていたある日のことだ。
「ねえ、キミ、バレーやったことある?」
パーティで小谷実可子似のスレンダーな奥さん、ミホ(仮名・37才)が腕をからめてきた。今まで
にない健康的な雰囲気を持つ彼女に胸がときめく。聞けば彼女は団地のママさんバレーチームに所属しており、オレに週一度の練習に出てみないかという。
「若いコが来てくれると、みんな張りきるし、違った練習相手も欲しかったのよ」
「マジっすか。オレ、バレー部だったんですよ」
バレーなど体育の授業でしかヤッたことがないが、この際ナンとでも言っとけ。ママさんバレー。聞
くだけで興奮する響きではないか。数日後。バレー部出身の友人を2人連れ小学校の体育館へ出向くと、館内には多くのジャージ姿のオバサンが顔を揃えていた。ミホを始め、中田久美似のいかにもバレー選手風の主婦や市原悦子のような熟女。全部で20人ほどいるだろうか。イヤ〜、何とか全員イタダきたい。オレは練習そっちのけで妄想を膨らませた。練習終了後、全員で「つぼ八」へ。飲み会の雰囲気は今までの団地妻のパーティと一味違う体育会のノリである。少しでも酒が入れば腕はからめる、抱きつくわ下ネタは飛び出すわ。こりゃ簡単にヤレちまいそうだ。果たして、オレはホロ酔い気分の団地妻1人を持ち帰り、そのスポーツで鍛えられた肢体を存分に堪能させていただいた。
2人の友人はオバチャンの迫力に押され、とてもそんな気分になれなかったらしい。
「あの後、どうしたのよ」翌日、数人のオバチャンから携帯に電話があった。みなチームメイトのスキャンダルに興味津々の様子だ。
「ボクの方が誘われたんスよ」
「ウソおっしゃい」
「でも…ボク、ホントはアナタに誘われたかったんですけどね」
「また…。誰にでも同じようなこと言ってるんでしょ」
「本気ですよ。ですから今度ゼヒ」
こうしてオレは練習のたびにメンバーの奥様方を1人ずついただいてしまう。最初は誰かに咎められるかと思ったが、さすが体育会系ノリ。誰1人として気にする様子はない。そして、そのうち、このグループでも同様のホームパーティが開催されるようになったからタマラない。当然、オレは彼女たちの性のオモチャ。もうどうにでもしやがれ。
「ダンナとはしたことがない体位があるんだけど…」
この手のリクエストには、駅弁で応え、サドっぱい奥さんには、
「お願いします。奥さんのアソコを紙めさせてください」
「しょうがないコね〜。それじや優しく紙めるのよ」
と、従順を装う。20人もいれば、好みも多種多様である。いつのまにか、オレは彼女たちの性欲処理係の男子マネージャーとなっていた。普段は練習の雑用、飲み会では注文からお酌、タバコの使いパシリと彼女らにこき使われる一方、試合のときはコーチのフリしてドンと構える。が、オレに一言えるのは、
「声が出てね―ぞ!」
「シマッテいこ―」
ルールも理解していないのだから、これが精一杯だ。突然.ダンナが帰つてきたらA団地と関わりを持ち2年が過ぎると、オレは日常的にもバレーチームの面々と過ごすことが多くなっていた。もちろん主目的はセックスだが、彼女らと一緒に借りてきたビデオを観たり、パチンコに行ったりとマッタリ楽しむのも悪くない、と思うようになってきたのだ。昼間各家庭を訪れれば、メシを食わせてくれる。買物に付き合えば、タバコや生活用品を分けてくれる。「お金がない」とでも言おうものなら少ない生活費の中から1、2万のおこづかいまでくれる。おかげで無職ながら生活の心配は全くなくなった。むろん、金目当てで彼女たちと付き合っているのではない。各家庭の負担になったり、ダンナとの関係をブチ壊すような付き合い方もゴメンである。
そのためにもオレはルールを設けた。こちらからは一切連絡しない。彼女たちから「明日ヒマ?」と連絡が無いかぎりA団地にも近づかないように決めたのだ。
なんせ20人と不倫をしているのである。これぐらいの注意は最低限必要だろう。
しかし、それでもピンチはやつてくる。
ママさんバレーチームの1人、キミ子(仮名・40才)の家でいつものように昼メシをご馳走になり
ゴロゴロとしていたときだ。ガチャ、ガチャ。「ただいま〜」なんとダンナが突然帰宅してきた。ドラマではこんな展開はよく見るが、まさか現実に起きるとは。オレはとっさに寝室へ逃げ、頭からタオルケットを被った。
「ア、アナタどうしたの?」
「イヤ、仕事が急に早く終わっちゃってさ」
スーツを脱ぎ、足音がこちらに近づいてきた。ヤベー!さぁどう
する?ベランダから飛び降りるか。
イヤ、ここは5階だ。まさに絶体
絶命。クソ、もうこれしかない!
「ウエッ、オウ、アェッ」
オレは障害者のフリをして夫の前によろけながら現われた。
「うわっ、何だぁ!」
仰天する夫にキミ子が一一一専つ。
「アラ、一言ってなかったっけ。ホラ、向かいの棟にいるケンジ君よ。よく遊びにくるの」
「ケ、ケンジ君?」
「カワイソウな子だから、よく面倒みてるの。ちょうどオヤツだつたのよね〜」
さすがバレーで培ったチームワーク。以前からオレが障害者のマネをして電車やバスをタダ乗りしたことがあるのを思い出してくれたのだ。まさに絶妙の連係プレー
「ジュース、ジュース」
オレはキミ子から受け取ったジュースを飲むと、口をだらしなく開けダラダラとこぼした。
「大変〜。大文夫?ケンジ君」
ヨダレまで垂らすオスカーばりの演技に夫は疑う様もなく、ただオロオロするばかり。オレは見事に窮地を乗り切った。
オレとママさんバレーチームの交際は3年目に入った。関係は依然順調。というか、時間が経つにつれ、彼女らとの間柄はより深まった。悩みを聞き、セックスをしている。