地方のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:地方

地方の女を駅弁感覚で食いまくる

0132_20181115082533137.jpg 0133_20181115082534e77.jpg 0134_2018111508253645b.jpg 0135_201811150825372d1.jpg 0136_201811150825398c4.jpg 0137_20181115082540702.jpg
地方のテレクラはどうですか?と、よく聞かれる。
テレクラに関しては、全国の事情に詳しいと思われているようだ。が、実際は6年前、週刊誌の取材で博多と大阪に1回足を運んだだけだ。その土地のテレクラ事情を知るには最低でも2泊3日は必要。資金面の問題に加え、高齢の母を抱えている身で、なかなか遠出は難しい。つい最近も、近所で独居老女を狙った強盗未遂事件があったばかりなのだ。ただ、上京ついでにテレクラにかけてくる女とヤることは少なくない。デパートの名産展で売ってる駅弁と同じで、その女の住んでる土地の女を喰ったつもりを楽しむ。むろん、旅情には欠けるが。
カテゴリ
タグ

女も食える居酒屋にラーメン屋・地方の温泉では、飲食店ぐるみの売春行為が行われているのだろうか

0034_201810251048142dd.jpg 0035_20181025104816cff.jpg 0036_201810251048174e1.jpg 0037_201810251048183bb.jpg 0038_20181025104820475.jpg 0039_20181025104821df9.jpg
アパートを出ると満月が輝いていた。仕事を果たしたという満足感にしばし酔いたい自分と得体の知れないヤルせなさをごまかしたいとい気持ちが交錯し、とてもじゃないがまっすぐ宿に帰る気にはなれない。都合のいいことに、見渡せば、四方八方に飲み屋が軒を連ねている。しかし、まだ20代のオレには一見でオネーチャン付きのスナックに入れるほどの度胸はなく、フッウの居酒屋でチビチビ飲むのがせいぜいだ。そこで、ちょうど目に入った居酒屋「H」の暖簾をくぐってみた。ところがいざ入ってみると、ちょっと様子が違う。ママらしきオバサンと、ド派手なスーツを着たホステス風中年女が2人で手もみしながらお出迎えしてくれるではないか。しまった。居酒屋とは名ばかりで、中身は単なる田舎のスナックだったのだ。そのままUターンして出て行こうかと思ったが、さすがは観光地。半ば強引に席に着かされたオレは、一杯注文させられるハメになってしまった。
「ドコから来たのョ」ラーメン屋のママとはまたひと味違うアクセントのママは、台湾人。彼女以上にかしましいホステス軍団は、片方は台湾人、残りがタイ人らしい。どっちも個人的には酒だけの付き合いに留めておきたいキャラクターだが、温泉の夜がここまで国際化しているとは。しかしこのホステスたち、客商売のワリにはどこか奥歯に物が詰まったような話しかしてこない。「仕事はナニ?」「お金持ち?」と聞いてきたかと思えば、結婚しているなどとは一言も言っていない独身のオレに「奥さん、キレイな人?」とカマをかけてくる。その遠回しな話題の振り方にどこかさっきのラーメン屋のママに似た空気が感じられるのだ。1杯目を飲み干し、おかわりを頼むと、今度は台湾人ホステスが自分にも焼酎をおごってくれと言ってきた。一塁尿のキャバクラならその時点で即座に店を出るところだが、このまま消化不良で宿に戻るのも脈に落ちない。でも、コレで単なるボッタクリだったらシャレにもならんしな。そう考えていたときのこと。
「オニーサンね、ストリップに興味ある?」
なんと、またまたママが突然、割引券があるので行ってみるかと言い出したのだ、何の脈絡もなく。
まったく、全店挙げてのキャンペーンをやっているとでもいうのか。
「でも、見るだけ、おもしろくない。女の子は遊ぶのがいいね」アレ?どこかで聞いたセリフ…。
「オニーサン、遊ぶ?」どうやらスナックの正体は、女も食える居酒屋だったらしい。注文すれば、2万4千円。で、肝心の女の方はといえば…。「どっちか選んでョ。好きな方でいいから」
オレは、今度こそ迷わずその場を後にしたのだった。I温泉では、こうした飲食店ぐるみの売春行為はしょっちゅう行われているのだろうか。実は最後に入ったスナックで、勘定を払う際に尋ねてみたのだが、それは教えられないと冷たくあしらわれてしまった。ただ、ラーメン屋ですら女が買えてしまうこの事、実。温泉地の底力をあなどってはいけない。

地方は早婚者が多く独身女は焦りでやりやすい

0116_20180823180405468.jpg 0117_20180823180407e08.jpg
ペアーズの醍醐味は、検索項目で居住地を地方にすれば、東京だけでなく全国の素人と出会えること。たまには地方女も攻めてみたいと思い、適当にいいねをつけていたところ、群馬県に住む一人の女性、あゆみがヒットしました。
〈はじめましてー! 東京よく遊びに行くよ!〉
〈そうなんだ! 予定合えばおいしいとこで飲もうよ〉
〈うん、いきたーい! 連れてって?〉
〈次にこっち来る予定あったら教えてね〉
かなりノリがよさそうな女ですが、焦りは禁物。がっついている態度を見せないほうが女は食いつくものです。彼女が東京に遊びに来るまではシコシコと距離をつめる作業に徹します。高校卒業後、職を転々とし現在は地元の居酒屋で働いているというあゆみ。ペアーズを始めたきっかけは「まわりがみんな結婚し始めたから」。彼女の年齢を考えるとまだ早い気もしますが、地方住みのため早婚者が多いのでしょう。
ついでにセックスのほうはご無沙汰なのか伺ってみます。
〈公園のベンチでエッチって昔流行ったよね。今はもう大人だからカーセックスがメインか?笑〉
〈ヤらんしwwてかエッチぜんぜんしてないしw〉
彼女、前の彼氏と3カ月前に別れて以来、セックスはしてないとのこと。ちなみに、その彼氏はどれくらい続いたの?
〈うーん、2カ月ちょいかな〉  軽いです、群馬の女ってこんなに軽いんですね。
それから2週間後。東京の友達とディズニーランドに行くというあゆみから、前日入りするので飲もうとの報せが。ラブホから近い新宿三丁目の店を手配してスタンバイOKです。
〈絶対Mだよね? 尽くしちゃうタイプでしょ〉
〈うん! てか、なんでわかったの?〉
〈食べ方がドMだもん。舐めてって言ったらずっと舐めちゃうタイプだ〉
〈うーん、間違ってるとは言えない…〉
こんなのはデタラメに言っても当たるものです。日本酒をしこたま飲ませた後は、そのままホテルへ。彼女のMっぷりは想像以上で、足の指先から丁寧に舐めあげる愛撫が絶品でした。

地方の女友達を作っておいて上京したときに喰う

0060_20180512103428ae1.jpg 0061_20180512103430697.jpg
おっさんが美女をモノにするなら文字から入るべし
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

田舎の女はセックスのことばっかり考えてる?地方の出会い系天国説

SnapCrab_NoName_2018-2-8_10-47-32_No-00.png
仕事が休みなので昼間からタダトークしまくりです。でもやっぱ人が多い(ログインしてる女が多い)のは夜なんで、結局話がまとまりそうな子が見つかったのは夜7時でした。この子は『ヒマだしカラオケでも行きたいなー』っていうシンプルな文面でしたね。やっぱ男からめっちゃメール来たらしいんですよ。でもその大半が、「ラブホでエッチしながらカラオケしよう」とかそんなのばっかりで、うんざりしてたらしいです。
そこにオレが「ブサイクだけど〜」っていういつものメールを送って、エロいこと言わずにカラオケに連れてくって言うもんだから「会ってもいいかな」って思ったんですって。カラオケで手マンしたとこまでは良かったんですけど、生理だったんですよね。オレはいいんですけど彼女が引いちゃって。結局2時間カラオケして帰しました。車で一人になって、すぐさまタダトークの女に片っぱしからメールです。返事をよこした中で速攻会えそうなのが『寝れないからドライブ行きたい』っていう
24才でした。時刻は夜10時。これから会ってドライブするなんて、それはもうどうにでもしてくれってことですよね。こっちは車文化なんで終電がどうこう言われることもないですし。僕の好きにできちゃう格好のターゲットですよ。彼女の家の近くまで迎えに行って到着電話をしたら、すぐに車がノックされました。パフュームののっちに似てるショートカットちゃんです。
「やっほー」
「おお、やっほー。元気だなあ」
「寝れなくてえ。ねえねえ、ドコ行くドコ行く?」
「じゃあぐるっと走ってラブホ行っちゃうべー」
「早っ!展開はやっ!」
 アホみたいでしょ。わずか30秒ほどでラブホ行きが決定しちゃうんですから。
『相手の反応を見てから徐々にエロトークに持っていこう』
『即セックスするのは抵抗あるだろうから、もっと仲良くなってから誘ったほうがいいかな』
 こういう駆け引きっていらないんですよ。地方の出会い系なんてそんなもんなんです。結局ドライブなんてロクにしませんでしたもん。10 分ぐらい走って(要するにラブホに向かう道中)から車を降りて、もう部屋を選んでましたから。ベッドに座っていちおう素性を探ってみました。
「仕事なにしてんの?」
「歯科技工士って知ってだが?」
「なんだべそれ?」
「入れ歯とか差し歯とかを作るみたいな感じだずねー」
「なんかスゴそう!頭良いんだ?」
「んなことねえけどさあ」
 良く知らないけど急にインテリに見えてきて、それで妙に興奮したというか。シャワーも浴びずにナマで入れさせてもらって。すごいのは一発終わった後でした。
「なあなあ。もう一回、もう一回」
「してーのかあ?」
「うんうん」
 そのまましなだれたチンポを舐めてくるんです。そんで、今度は騎乗位でずっぽし。ここまで5日間で会ったのは5人で、内ヤレたのは3人。もうちょっとヤレると思ってたんですけどね。
 6日目は正直言ってサボりました。いや、仕事帰りにタダトークを開いてメールを送ったりはしたんですけどね。初日に会った子とか昨日会った歯科技工士とか、ヤッた子ばっかりがログインしてたんです。田舎の出会い系でツライのはこういうところですかね。やっぱりログインしてる女が常連ばっかりっていうか。もちろん新規もいるはいるんですけど、当然都会よりは少ないです。この日はそのへんでめんどくさくなっちゃって、最終日に二人会えればいいかって思っちゃったんですよね。
 そして7日目。日曜ですけどオレは仕事なので、やっぱり夜の6時ごろから相手を探し始めました。注目したのはこの子です。
〈軽くゴハンとか行きたいです〉
SnapCrab_NoName_2018-2-8_11-23-25_No-00.png 
プロフを見れば20才のフリーターで、すごい言葉遣いが丁寧なんですよ。
『あんまりこういうのをやったことないですが、色んな人とやり取りをして知識を深めていきたいと思っています』
 なんかイイでしょ。メールしたら10分ほどしてから返信がきました。
〈私なんかでイイんですか? というかブサイクっていう雰囲気ではないですよ笑〉
〈ブサイクですよー。シクシク…だから是非メシ行ってくれませぬか? すぐ迎えに行けますよ…〉
〈電話して声聞いてからでも、大丈夫ですか?〉
この電話ってのもけっこう大事なポイントです。たぶん直接声を聞くことで安心するんじゃないですかね。こうやって会う前に電話を求めてくる子は多いですよ。ライン交換して、ライン通話します。
「どうもブサイクだずー」
「あはは、面白いですよねえ」
「そんなことないですってえ。何食べたいですか?」
「なんか中華とかですかねー」
30分後に迎えに行くと言ってクルマを走らせました。通話時間はわずか2分ほどでしたかね。車に乗ってきたのは、ちょっとムチムチっていうかぽっちゃりした丸顔の子でした。顔面偏差値は52ぐらいでしょうか。この日は普通に腹が減ってたので、チェーンのラーメン屋に入ってメシを食いました。でもやっぱこれって、裏モノの人がよくやる、「セックスに繋げるためのメシ」じゃないんですよね。感覚的にはもうセックスするのはあたりまえだから腹ごしらえしてる感じなんです。たとえば酒飲ませてどうにかセックスに持ち込むなんてことも良く載ってますけど、そんなのまずしません。カネもかかるし、なにしろコッチは車文化なんで、そういうのって違うんですよ。出会い系ってもっとシンプルなんです。
 メシが終わって車に乗ったところで、何も言わずにホテルに向かいました。女からしても「どうしても生理的に受け付けない男だな」って思ったらメシ行く前に帰ってますから。あくまで自然にホテルに行くんです。服を脱がせたら思ったよりも腹が出ててちょっとテンション下がりました。
「お腹見ないでよお。恥ずかしいし」
「ムニムニしていい? ほれほれ」
「キャハハ、くすぐったいってば」
まあ機嫌損ねられるのもアレなんでこんな感じでやっときました。それでもバックで突いたらアソコの締まりがなかなか良くて、ついつい即発射しちゃって。
「ゴメンもう出てしまったよ」
「ううん。気持ちよかった」
なんかまだ帰りたくなさそうだったんで一緒にお風呂入って、2発目のセックスをして、話が合う子だったんでまた会う約束をして帰りました。残念ながらこの日はこれで終了でしたけどね。
驚いた。セックスするために労した策といえばファーストメール程度のもんで、あとはあたりまえのようにホテルに連れ込めてしまう。地方の出会い系にはこんな現実があるだなんて、いまだに信じられない。彼が1週間で会った女性は6名。セックスできたのが4名だ。舐めててすみませんでした。地方に引っ越したいです。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます