基地のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:基地

基地で男もレズも選び放題・女性自衛官の淫らなハーレム性活

0219_201912161629164bc.jpg0218_2019121616291504a.jpg0220_20191216162918c6f.jpg0221_201912161629194a3.jpg0222_20191216162924dec.jpg0223_201912161629250d3.jpg
厳しい規則に縛られた女性自衛官は休日の外出時にハメを外す。
それを狙って駐屯地の入口でナンパ
かつて裏モノで女性自衛官といえば、格好のエロターゲットだった。国を守る兵士とはいえ中身は女。外出中は浮かれてお股も緩くなるという読みだが、現実は少しばかり事情が違うようた。彼女らがハメを外すのは何も休日ばかりじゃない。基地の中でも日常的に乱れているというから驚きだ。
「こんなコト話したのがバレたらマズイですけど、外でナンパなんか待たなくても、女性自衛官ってハーレムですから。あまりに男女比がアンバランスなので、森三中でもモテモテですよ(笑)」
こうぶっちゃけるのは、河崎晴美さん(仮名)、28才。現在、陸自の現場で活躍するバリバリの現役3曹である。ショートヘアに、引き締まった肉体は日頃の訓練の厳しさを想像させるが、一皮剥けば、ドエロな妄想が詰まりまくってるらしい。知られざる、女性自衛官の淫らな日常を語ってもらった。
私が自衛官を目指したのは、自衛隊好きの父の影響である。自然とあこがれを抱き、大学卒業後、幹部候補生の採用試験に挑んだ。体力自慢の男性と違い、女性の合格率は140倍の狭き門。一般教養試験に専門択試験などを猛勉強の末、合格を果たした。最初の配属先はF駐屯地教育連隊第432共通教育中隊第6区隊2班の教育隊。10人部屋での共同生活が始まったその日、いきなり班長が怒鴫り声を上げた。
「そんな長さで、髪を結う時間なんてありませんーあなた方は国家の安全を守るために入隊するんですー肝に銘じなさいー」
まもなく数名の美容師さんが現れ、バッサバッサと新人女性隊員の髪の毛をハサミの餌食にしていく。いくらなんでも短髪過ぎと思っても、文句など言えるはずもない。もっとも、こんなものは序の口だった。来るべき入隊式の前に敬礼や行進などの基本動作、すべての衣服に名札を縫い付けるハリ地獄を終え、いざ式典当日で新隊員の宣誓を読み上げた後は、本格的な軍隊モードに突入する。6時半の起床と同時に、点呼、食事、掃除。課業(授業のこと)の準備を進め8時には国旗を掲揚する。肝心の訓練は64式小銃の分解・結合、座学、ガスマスク装着など。タ方5時までみっちり休む暇もない。
当然ながら上官の監視は厳しく、さながら刑務所のよう。その違いはボリュームたっぷりの食事くらいではないか。入寮2週間、仲良くなったチカが風呂の中でささやいてきた。
「ねえねえ、今日、食堂でジャニーズ系の男の子がいたの見た?晴美のことずっと気にしてたっぽいよー」「そんなことないって」
「あーあ。訓練ばっかで、そろそろHしたくならない?」
力ラオケやオシャレ、お買い物。女性としての楽しみを根こそぎ奪われると、どうやら性欲ばかりが膨らんでしまうらしい。わからないでもないが。「キャッー」湯船の中で彼女が突然、お尻を撫でてきた。が、それを冗談と笑えない自分がいる。ふとしたことで火がつき、たまらない感覚で一杯になるのだ。それをゴマかすように脱衣所でハシャイでいたら、上官が鬼の形相で駆け寄ってきた。
「貴女たち男子としゃべるのも、タバコもお酒も化粧も、ダメですよー何考えてるんですか」
教育期間中、駐屯地内で男子と口を利くと腕立て伏せ50回の罰が与えられる決まりになっていた。自分が望んだとはいえ、私は大変なところに入ってしまったようだ。
ツボを押さえた同僚の愛撫に
入隊3週目、行軍が始まった。4・3kgの小銃と背のうを担ぐと、装備重量は10キロ弱。新品の半長靴に足が食い込み、マメが潰れて激痛が走る。
やっぱりオンナが就く仕事じゃなかったかも。
弱気の虫を胸の内に秘めながら、ひたすら上官の後を追う。彼女の話では、男より女の方が忍耐力が強く、除隊率も低いというが。ツライ修行に耐えぬいていたある日の深夜、ふと目を覚ますと、隣のベッドのアヤ力がモゾモゾと動いていた。
「あ、あ、あああ」え、もしかしてー人Hつ思わず布団を被って耳を塞いだものの、どうにも気になって眠れない。Hな声が私のアソコを変な具合にさせ、疲れているはずの指が自然と動き。ヤバっ、いっちゃうー「ねえねえ、昨日、私のことで感じてたでしょつ」翌日の消灯前に米倉涼子みたいな大きな瞳で、アヤ力が声をかけてきた。「えっっ何言ってんのっ」「ふーん、知ってるよ。今日、プレゼントしたいものがあるから、夜中、起きててね」自衛隊員は、ホモやレズが多いと聞いたことはあるが、まさか新人時代か「り走る人がいたなんて。ただ、それを本心かり拒めない自分がいるのも確か。実際、アヤカが強引に潜り込んできても、とても拒否できなかった。「待ってたでしよついいことしてあげるね」大きな声を出せぱ騒ぎになる。そんな言い訳を頭に描きながら、彼女の細い指先にされるがままの私。え、その固いの何
「いいから、じっとしてて」ピンクローターだった。小刻みな振動がクリを巧みに刺激して、どうにもならないぐらい気持ちいい。恥ずかしいかな、その晩、私は5回もイカされた。
隊舎の裏手で鬼上官がフェラ
教育期間中の唯一無二の楽しみは日曜の集団外出だ。団体行動を義務付けられており、外出着も制服だったが、上官の目から離れた場所は最」局の開放感である。もっとも、行き先はほぼ限られていて、地元のショッピングモールなど官服だらけ。男性自衛官と知り合う絶好のチャンスだ。「君はどこの部隊が地元なのっ」「F駐屯地です」「地元一緒じゃん一緒になれるといいねーよろしく」
翌日からはまた地獄の訓練が始まる。飼飼前進や、コンバットマーチを歌いながらのハイポート(銃を持って走る)。こうした基本を学ぶのが前期の教育課程で、後期は希望の配属先によって駐屯地が変わる。私が進んだのは、WAC(陸自婦人自衛官)の多い『通信隊』で、そこで新たに伊藤かずえ似の中園上官(仮名)に教えを乞うことになる。猛女で厳しいことこの上ない。通称『台風』と呼ばれる隊容検査(隊員の訓練中に行われる抜き打ちの持ち物検査)では、早くも仲間の一人が犠牲になった。「何ですか、アナタ方の精神はとことんたるんでます」こうした《不祥事》があると、5キロのランニングを班の連帯責任で科せられる。にもかかわらず、誰かが何かを持ち込む。さほどに性欲が強くなってしまう暮らし。それは上官とて、例外ではなかったようだ。ある夜、私は見てしまった。自由時間、隊舎の裏手を歩いていたところ、上官が男性区隊長と植林地へ入っていくではないか。怪しい。どう考えても、雰囲気がおかしい。思わず後ろを付いていったら、なんと、2人が迷彩服のまま抱き合ってるではないかー男性区隊長が上官の戦闘服を捲り上げると、ド派手なヒョウ柄ブラが。ほぼ同時に、たわわな乳房がプリンッと飛び出し、区隊長が音を立てながらしゃぶりついている。は、始まった。驚いたのは、中園上官の甘えっぶりだった。訓練では絶対に見せることない、クネクネしたフェロモンボディで、隊長のズボンを下ろすや、必死にペニスをパクついている。思わず生唾を飲んだ。自分でもアソコが激しく濡れるのがわかった。中園上官はクスノキに両手をつき、区隊長のペニスをバッグから受け入れ、激しく腰を振っている。
「うぐぐ、っぐういぐー」わずか3分もしないうちにお尻に大量の精子が飛んだ。無意識に股間を慰めていた私は、身体の火照りを下半身に残したまま、部屋までダッシュした。2カ月後、後期教育を終え、地元の駐屯地へ戻ることになった。仕事は陸自通信隊の通信手。全員で砲人ほどの班である。ちなみに新人当時の初任給は21万で、期末・勤勉手当と呼ばれるボーナスがー年間で4・4カ月分。まさか戦地に出向く機会はないだろうが、給料をもらってる以上、有事や災害、PKO、国際緊急援助活動に備えて演習を繰り返さねばならない。女性自衛官のモットーは《強く、明るく、麗しく》という。が、仕事場での毎日は、驚くほど男性自衛官からナンパの連続だった。
「君が新しいWACなんだあ彼氏いるのっ」「ケータイのアド教えてよー」本心では、誰彼構わず相手をしたい。が、新人だけに大胆な行動もとれない。んー悩ましい。そんな私を見かねたのか、ー人の先輩WACが昼食時に話しかけてくれた。「晴美さん、楽しんでるっ」「ええまあ。皆さん優しいの
「貴女も少しは工ンジョイした方がいいわよ。男は風俗で垢を落とせるけど、オンナはそういうわけにはいかないじゃない。結局、男性自衛官から選ぶしかないの」「そ、そうみたいですね」「その代わり、モテるわよお(笑)巨乳というだけで男をとっかえひっかえなんだから」
見れば、森三中の村上似が数名の男性に囲まれ、笑顔を浮かべている。独身自衛官は給与の大半を風俗に落とすといっから、多少デブでもモテて当然らしい。いずれにせよ、先輩の一言で何か吹っ切れた。実は、中園上官の痴態を見てからというもの、オナニーだけでは性欲を止められなくなっていたのだ。いったん開き直ると、周囲がバラ色に見えてきた。なんせ男女比は1対10ぐらい。とにかく選び放題である。「今度の休みに、焼肉喰わないフラストレーション(戦闘糧食)ばっかじゃ生きてる気いしねえっしょ」何十人とアプローチされる中、私が選んだのは上田隊員(仮名)だった。2年先輩のオタジョー似で、もろ好み。さっそく、その週末にデートへ出かけることになった。
昼間からホルモンとビールをぺロっと平らげ、街中を散歩する。が、頭の中は、すでにエッチなことで一杯。触れたい。彼のジーンズの真ん中が気になって仕方ない。ホテル街へ誘導するように歩き、ふと立ち止まった。「ね、ちょっと休んでいかない?」昼酒の力に任せて、彼の手を握る。淫乱だと思われたって仕方ない。だって、そうなんだからー「お、おう」意外にシャイな先輩の手を引っ張り、ホテルの部屋へ。玄関で彼のジーパンを下ろすや、そのまま、半年ぶりのフェラチオを味わった。「うううう、あああ」ジュルジュルと喉の奥まで吸い込むと彼が声を洩らす。そして、5分ともたない内に、ザーメンがドピュピュピュピュッ。さすが体力自慢の自衛隊。すっこい量だ。「ね、え」息つく間もなく、今度は私がシャワーも浴びていないアソコを彼に向け開いた。鳴呼、もう、見られてると思うだけで切なくなってくる。早く舐めて。クン二を強要している間に再び大きくなったイチモツを引き寄せ、そのまま上になって腰を振った。ああ、ひさしぶりい
「そんなに動くと出ちゃうって」
こうしてHしまくりの毎日が始まった。実は、駐屯地内には、公然の秘密とも言うべき青姦スポットが点在している。隊員のシーツが100枚以上干され、死角になったブッカンバ(物干場)に、各隊ことの自衛隊車両が置かれたモータープール等々。そうした場所で短時間でコトを済ませるのだ。絶対少数の女性自衛官にとって、お相手は事欠かない。間もなく上田先輩に飽きた私は、アソコが大きい篠原3曹、愛撫の上手な2等陸士、ピストンの激しい早乙女2曹など、次々に好みの男を渡り歩いていった。これみよがしにシャンプーの香りを漂わせたり、ブラチラ攻撃をすれば、みなソク撃沈するから面白い。男性自衛官の場合、海外派遣も他人事ではなく、種を残すのに必死なようだ。しかし、一方で女には危険も付き纏う。レ〇プだ。実際に犯されたという話を聞いたことはないが、噂話はしょっちゅう耳にする。何を隠そう私も未遂に遭った。相手は、脂ぎったハゲの橋本陸士長だ。ある日、備品テントまで呼び出され、突然押し倒された。「誰とでもやってるみたいやないか。ワシにも昧見させてえなー」「やめてくださいー通報しますよー」凄まじい力で押さえつけられたが、私とて女自衛官のはしくれ。体術は相応に身につけている。しかも相手は股間に血が上った状態。冷静に中指を握り、勢いよく反り返らせると、たちまち全身の力が抜けた。
「堪忍、堪忍やー」それ以来、彼はワタシの半径5メートル以内に近づいてこなくなった。
18才の新人隊員と給湯室で立ちバック
一見、華のない自衛隊生活を始めて5年。28才になった私は、先輩風を吹かして、後輩をつまみ食いするようになっていた。ここ最近で一番美味しかったのは、小栗旬似のファニーフェイス。18才の初々しい青年で、ー力月前の某日、勤務終了の5時に通信室脇の給湯室まで呼び出した。
「ちょっと、最近たるんでるって噂だけど、彼女がいるからって浮ついた気持ちでいるんじゃないでしょうね」「いえー彼女はおりませんー」自衛隊員独特の雄叫びのような返答。ほほ、っ、彼女、いないのか。「じゃあ、どうしてるのよ、溜まってくるでしょっ」「えっ何がでありますかー」「ザーメンが」もはや完全にパワハラだが、小栗君が日頃から私の身体をマジマジと見ているのは気づいている。緊張でガチガチの彼の前で、ゆっくりとズボンを脱ぎ、徐々にパンツを下ろした。それをジッと食い入るように見つめる、彼の視線がたまらない。すでにアソコはクショグショだ。
「ン、ンン、よくみてえ」「は、はいー」
「あああ、気持ちよくしてえ」「い、いいんすか」「班長命令よ」
彼がクリトリスに吸い付き、必死にアソコをナメまわす。もう、我慢できない。力チコチの彼のアソコを舐め、そのままバックで挿入。発射まで2分と持たなかった。若いだけあって回復力は早く、そのまま2回戦まで楽しんだ。小栗君とは、その後も仲良くやってるがそれも春が過ぎるまでだろう。新人隊員がやってきたら、どうしても目移りしてしまう。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます