00086_20180109095624ddc.jpg 00087_20180109095626a2c.jpg
オレはデリヘルを呼ぶたびに毎回、大量の酒を用意して遊んでいる。一緒に飲んでプレイするのが楽しいからだ。店外に誘い出すのも高確率でいける。嬢を呼ぶ時間は勤務時間の終了が近い深夜の3時くらいがいいだろう。やってきた子に酒を勧めてカンパイ、からスタートだ。
デリヘル嬢ってのは客の部屋に行くだけあって、割と自分の裁量で仕事をこなす余地が与えられている。だから酒を勧めても断られることは少ない。そうして缶チューハイを1本、2本と空けながら時
間が過ぎていくわけだ。もちろん時間内でプレイするだけで終わってしまうこともあるけれど、酒に弱い子なんかはぐでんぐでんになったりヘラヘラしはじめたりするので、ここで水を向「けっこう酔ったでしょ。今日はもう仕事終わりにしちゃえば?店に電話しちゃえばいいんじゃない?」
これでほとんどがプレイ時間終了後にドライバーに売上げ金を渡したのち、近くで合流する形にもっていける。そのあとは簡単だ。ホテルでもカラオケでもいいが、さらに酒を飲みながらいちゃいちゃすることで簡単に股を開いてくれる。連絡先交換をしておけば、「また飲みに行こうよ」などと友達のような関係になり、適度にセックスできる関係になる、との寸法だ。
裏モノの『拝啓、美人店員様』を参考にさせてもらってる。オレが手紙を渡してる店員は、ずばり風俗嬢だ。デリヘル、セクキャバなどどんなジャンルでも渡してるのだが、一番リターンがいいというか、その後の関係がホットなのは間違いなくピンサロ嬢だ。適当なピンサロに入って狙いを定めた子に、プレイが終わったところで手紙を渡す。カバンからノートとペンを取り出して走り書きだ。
『口で言うのは恥ずかしいので手紙にします。正直言ってアナタに一目惚れしてしまいました。一生懸命仕事をしてくれる姿とか、もちろん見た目も含めてですけど、すごくいいなと思って…。良かっ
たらお返事もらえると嬉しいです(ラインID)』文面はいつもこれ。返事がくる確率はざっくり30パーセントくらいか。その後食事なんかを挟んでセックスできることもあればできないこともあるが、なぜかピンサロ嬢はやたらと喜んでくれる傾向にある。風俗業界でも底辺と言われる仕事だからか、大方の女性がこんな具合の感謝の言葉をくれるのだ。
「仕事がんばってるって言われてうれしかったんだよね」
「一生懸命なんて言われたの初めてで泣きそうになっちゃった」
実際、渡した手紙をその場で読んで涙を流した子もいる。彼女は今でも休みの日に連絡をとって朝から晩までセックスする仲だ。向こうは彼氏とでも思ってるのかもしれないけど。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ